素人投資家の株日記
株式投資で生活できるようになりました
04 | 2019/05 | 06
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

米国株は2番底(ダブルボトム)を探る展開に
情報誌に掲載されました。
詳しい内容は、HP「素人投資家の挑戦」上段をご覧下さいませ。
----------------------------------------
 ランキングへの応援(バナーをクリック)
宜しくお願い致します。

にほんブログ村 株ブログ 専業投資家へ  
皆さまからのクリック数で、ランキングの順位が決まります。クリックするとランキングサイトへ進みますが、必要なければそのまま閉じて下さい。
----------------------------------------
niko.gif twitter @mm333m 
niko.gif メール
----------------------------------------
「米国株について」を朝の8時頃、「日本株について」を夕方に(1日2回)更新しています。

5月24日 金曜日

米国株について
ダウ平均は286ドル安の25490ドル。
やはり、前日の悪い内容が本日の大幅安を示唆していたようで(前日の株日記に書いていました)。取引開始直後から大幅に下落。午後の安値では448ドル安まで売られますが、引けにかけて下げ幅縮小。

米国株 日中足チャート
190524d3.png

米国株 日足チャート
190524d2.png

〇主要3指数の動向
ダウ平均は1.11%安、ナスダックは1.58%安、S&P500指数は1.19%安。
3指数揃って大幅安。

〇S&P500指数業種別動向
2業種が上昇、9業種が下落しました。
上昇率の高い順
公益、不動産

下落率の高い順
エネルギー、情報技術、資本財、素材、金融、一般消費財

〇ダウ構成銘柄の動向
6銘柄が上昇、 24銘柄が下落しました。
上昇率の高い順
ホームデポ 1.64%高、インテル 1.20%高、ジョンソン&ジョンソン 0.74%高、コカ・コーラ 0.40%高、メルク 0.05%高

下落率の高い順
ユナイテッド・テクノロジーズ 3.66%安、ダウ 2.99%安、IBM 2.90%安、シスコシステムズ 2.69%安、ウォルグリーン 2.51%安

〇前日の悪い内容が本日の大幅安を示唆
前日の相場はそれほど下げていませんが、全体に影響を与える主力株が軒並み下落。先行き不安(手仕舞いと手控え)につながる可能性があると思っていました。また、主力株が軒並み下落する一方で、ディフェンシブ性の高い業種が堅調。上昇した5業種が全てそれであり、逆に下落した6業種はそれ以外。

この展開が先行き不安となり、本日の大幅安につながったと考えています。
本日も主力の外需関連が軒並み下落。一方でディフェンシブ性の高い業種が上昇もしくはそれほど下げずに済んでいます。

〇原油価格暴落
原油価格が6%の暴落し、エネルギー関連株が大きく売られました。業種別でも突出した下げになっています。
また、原油価格も相場なので、エネルギー関連株以外にも損失補てんの株売りが出たと思いました。

〇2番底を探る展開に
典型的な2番底(ダブルボトム)を探るパターンに。
大きく下げた後にV字回復することはありますが、2番底を形成してから上昇することも少なくありません。過去のチャートを見れば一目瞭然。もちろん、このまま下げ続けて下落トレンドになる可能性もありますが、今は前者の状況。

日々変わる貿易摩擦絡みの発言で、市場関係者のコメントも振り回されている感ありますが、今は経験則の範囲内で動いている為、貿易摩擦絡みの発言やコメントを(良くも悪くも)鵜呑みにしてはいけないと思っています。

〇目先の下値抵抗と上値抵抗
下値は25300ドルで、上値は25650ドルになると考えています。

勉強できる私の買い付け」を更新しています。
底打ちの先取り

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

本日の日本株はリスク回避が強まり、ディフェンシブ性の高い内需関連に資金が向かいました
情報誌に掲載されました。
詳しい内容は、HP「素人投資家の挑戦」上段をご覧下さいませ。
----------------------------------------
 ランキングへの応援(バナーをクリック)
宜しくお願い致します。

にほんブログ村 株ブログ 専業投資家へ  
皆さまからのクリック数で、ランキングの順位が決まります。クリックするとランキングサイトへ進みますが、必要なければそのまま閉じて下さい。
----------------------------------------
niko.gif twitter @mm333m 
niko.gif メール
----------------------------------------
「米国株について」を朝の8時頃、「日本株について」を夕方に(1日2回)更新しています。

5月23日 木曜日

日本株について
本日の日経平均株価は132円安の21151円。
米国株の反落を受けて売り先行。前場の安値では211円安まで売られるところがありました。後場は下げ幅を縮小させるも上値追いは限定的。21150円付近での揉み合いに終始しました。

日経平均 日中足チャート
190523j.png

日経平均 日足チャート
190523j2.png

〇東証1部の売買代金と騰落状況
売買代金は2兆853億円、出来高は11億5542万株。
値上がり銘柄数は783、値下がり銘柄数は1258、変わらずは100銘柄でした。

〇東証1部の業種別ランキング
11業種が上昇、22業種が下落
上昇率の高い順
水産・農林、陸運、食料品、電気・ガス、保険、小売、医薬品、サービス

下落率の高い順
鉱業、石油・石炭、海運、建設、電気機器、金属、パルプ・紙

〇日経平均採用銘柄の騰落率
値上がり銘柄数は81、値下がり銘柄数は142、変わらずは2銘柄でした。
上昇率の高い順
マルハニチロ 3.82%高、アサヒグループHD 2.62%高、キリンHD 2.51%高、京王電鉄 2.37%高、東武鉄道 2.20%高

下落率の高い順
TDK 6.52%安、SCREENホールディングス 5.68%安、ソフトバンクG 5.30%安、安川電機 5.00%安、三井金属鉱業 4.97%安

〇写真相場
米国株では、貿易摩擦問題など外部環境の影響を受けにくいディフェンシブ性の高い業種が堅調。上昇した5業種全てがそれであり、逆に下落した6業種はそれ以外。

日本株でも全く同じことが起こっています。
外需関連が総じて軟調に推移、上昇した業種のほとんどがディフェンシブ性の高い内需関連でした。本日の相場は、典型的なリスク回避の流れになっています。

〇米国株の展開が売り材料
ダウ平均は0.39%安、ナスダックは0.45%安、S&P500指数は0.28%安。
米国株の項で書いています通り、相場全体に影響を与える主力株が軒並み下げている為、数字から受ける印象以上に売られる可能性を考えていました。

〇欧州株による影響は限定的
ドイツ(DAX)0.21%高、フランス(CAC)0.12%安、イギリス(FTSE)0.07%高。高安まちまちで小動きの為、日本株に与える影響は限定的だと考えていました。

〇悪い予想が的中
上記しましたとおり、米国株の下落が大きな売り材料になると考えつつも、直近の相場は欧米株が下落しても底固く推移していた為、意外に下げない可能性もあると思っていました。

本日は前者の展開となり、悪い予想が的中。

〇朝の考え
どちらに動くか分からない相場では、いつも通り無理に先読みせず「なるようになる」で良し。そう思っていました。

〇下抜け
前日に書いていましたが、寄り付きから5日線を下抜けたことで短期売買目的の投資家とAIが売り出した可能性あり。
----- 前日に書いていた内容です -----
〇やがて抜ける
この狭い値幅で収まり続けることはありません。上下どちらかに抜けるのは時間の問題。
75日線を上抜ければ下値抵抗に。
下値不安が後退し、買いが優勢になりそう。

5日線を下抜ける
短期なので弱い抵抗ですが、5日線と75日線が上にあることで、上値の重さを感じる投資家は売り出してくるかもしれません。
----- ここまで -----

勉強できる私の買い付け」を更新しています。
底打ちの先取り

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

米国株は前日の勢い続かず半値押し
情報誌に掲載されました。
詳しい内容は、HP「素人投資家の挑戦」上段をご覧下さいませ。
----------------------------------------
 ランキングへの応援(バナーをクリック)
宜しくお願い致します。

にほんブログ村 株ブログ 専業投資家へ  
皆さまからのクリック数で、ランキングの順位が決まります。クリックするとランキングサイトへ進みますが、必要なければそのまま閉じて下さい。
----------------------------------------
niko.gif twitter @mm333m 
niko.gif メール
----------------------------------------
「米国株について」を朝の8時頃、「日本株について」を夕方に(1日2回)更新しています。

5月23日 木曜日

米国株について
ダウ平均は100ドル安の25776ドル。
前日の勢いは続かず反落。半値押しの水準(およそ100ドル安)で、ほとんど動かないまま取引終了。

米国株 日中足チャート
190523d.png

米国株 日足チャート
190523d2.png

〇主要3指数の動向
ダウ平均は0.39%安、ナスダックは0.45%安、S&P500指数は0.28%安。
3指数が揃って反落。

〇S&P500指数業種別動向
5業種が上昇、6業種が下落しました。
上昇率の高い順
公益、ヘルスケア、生活必需品、不動産、通信

下落率の高い順
エネルギー、一般消費財、資本財、素材、情報技術、金融

〇ダウ構成銘柄の動向
12銘柄が上昇、 18銘柄が下落しました。
上昇率の高い順
コカ・コーラ 2.16%高、メルク 1.86%高、スリーエム 1.46%高、ウォルマート 1.10%高、ファイザー 0.77%高

下落率の高い順
アップル 2.05%安、ゴールドマン・サックス 1.80%安、ボーイング 1.66%安、シスコシステムズ 1.47%安、ホームデポ 1.33%安

〇ディフェンシブ性の高い業種が堅調
貿易摩擦問題など、外部環境の影響を受けにくいディフェンシブ性の高い業種が堅調。上昇した5業種全てがそれであり、逆に下落した6業種はそれ以外。

〇数字でみるより悪い内容
ダウ平均は0.39%安とそれほど大きく下げていませんが、相場全体に影響を与える主力株が軒並み下落しています。アップル、ゴールドマン、ボーイング、キャタピラー、インテル、JPモルガンなど。

前日とは一転、これらの銘柄が下落に転じたことは先行き不安(手仕舞い、手控え)につながるかもしれません。但し、前日から一転したように、再び強含む可能性もあり。
このような時は無理に先読みせず「なるようになる」で良し。

〇目先の下値抵抗と上値抵抗
下値は25600ドルで、上値は25900ドルになると考えています。

勉強できる私の買い付け」を更新しています。
底打ちの先取り

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

大損した時、どのように考えていたか
情報誌に掲載されました。
詳しい内容は、HP「素人投資家の挑戦」上段をご覧下さいませ。
----------------------------------------
 ランキングへの応援(バナーをクリック)
宜しくお願い致します。

にほんブログ村 株ブログ 専業投資家へ  
皆さまからのクリック数で、ランキングの順位が決まります。クリックするとランキングサイトへ進みますが、必要なければそのまま閉じて下さい。
----------------------------------------
niko.gif twitter @mm333m 
niko.gif メール
----------------------------------------
「米国株について」を朝の8時頃、「日本株について」を夕方に(1日2回)更新しています。

5月22日 水曜日

日本株について
本日の日経平均株価は、10円高の21283円。
欧米株の上昇を受けて買い先行。取引開始直後には100円を超える上げ幅となりますが、10時頃には前日値付近まで急落。前場は71円高で終えますが、後場は再び売り込まれてしまい、僅か10円高で取引終了。

日経平均 日中足チャート
190522j.png

日経平均 日足チャート
190522j2.png

〇東証1部の売買代金と騰落状況
売買代金は2兆930億円、出来高は12億334万株。
値上がり銘柄数は945、値下がり銘柄数は1097、変わらずは99銘柄でした。

〇東証1部の業種別ランキング
15業種が上昇、18業種が下落
上昇率の高い順
水産・農林、鉱業、非鉄金属、ゴム、機械

下落率の高い順
陸運、空運、石油・石炭、倉庫・運輸、小売

〇日経平均採用銘柄の騰落率
値上がり銘柄数は103、値下がり銘柄数は114、変わらずは8銘柄でした。
上昇率の高い順
三井E&S HD 3.52%高、東急不動産HD 3.34%高、太陽誘電 3.19%高、NTTデータ 3.14%高、アマダHD 3.09%高

下落率の高い順
スズキ 5.52%安、SOMPO HD 4.00%安、東宝 3.78%安、ヤマトHD 3.20%安、カシオ計算機 3.17%安

〇米国株の上昇が買い材料
ダウ平均は0.77%高、ナスダックは1.08%高、S&P500指数は0.85%高。
3指数が揃って反発。前日まで大きく下げていたナスダックもしっかりした展開。主力の外需関連株が軒並み上昇していることから、日本株も外需を中心に全体が強含むと考えていました。

〇欧州株の上昇も買い材料
ドイツ(DAX)0.87%高、フランス(CAC)0.50%高、イギリス(FTSE)0.25%高。
前日の半分も取り返せていませんが、3市場揃っての反発は買い材料。

〇じり貧
欧米株高を受けて買いが先行するも、上値が切り下がるじり貧に。
前日までの相場は欧米株が下落しても健闘したので、欧米株が上昇した本日の相場は強含むと考えていました。結果は、僅か10円高で予想外に弱い展開。

〇機械受注統計は2ヶ月連続の増加
3月の機械受注統計では、受注額が前月比3.8%増の8688億円になりました。
2カ月連続の増加、また減少を見込んでいた市場予想も大幅に上回るポジティブサプライズ。

4-6月期の受注見通しは前期比15.7%増と大幅増が見込まれており、こちらも好材料。
但し、内閣府の判断は「足踏みがみられる」に据え置かれています。

これを受けて機械株が堅調。
業種別では上昇率5位と健闘しました。

〇半導体関連株は軟調
米国では、「ファーウェイに対する一部の制裁」に90日間の猶予が示されたことを受けて、関連する懸念が後退。前日まで暴落していた半導体株が買い戻されていました。ダウ構成銘柄ではインテルが上昇率トップ。

これは日本の半導体関連株にプラス材料となりますが、総じて軟調。

〇5日線と75日線の間に挟まれて
190522j3.png

最近の相場は、意外と単純です。
チャートで一目瞭然ですが、4営業日共に5日線と75日線の間で推移。
本日は買いが先行するも、75日線で頭打ち。「移動平均線が抵抗になる」という教科書通りの展開が続いています。

〇やがて抜ける
この狭い値幅で収まり続けることはありません。上下どちらかに抜けるのは時間の問題。
75日線を上抜ければ下値抵抗に。
下値不安が後退し、買いが優勢になりそう。

5日線を下抜ける
短期なので弱い抵抗ですが、5日線と75日線が上にあることで、上値の重さを感じる投資家は売り出してくるかもしれません。

〇大損した時、どのように考えていたか
空売りで大損した方から、「大損した時はどのように考えれば良いのか」このようなメールをいただきました。

----- お答えした内容になります -----
損を出してしまった時、どのように考えれば良いか。
・・・・・
・・・・・
過去の大損を思い出すと、ひたすら耐えていました。
含み損が激減すれば一番の特効薬ですが、そう上手くはいきません。気を紛らわしたところで現実の損からは逃れることもできません。先のメールでも書いていましたが、食事をしても味がせず、毎日が「損、損、損」という気持ちで心ここにあらず。何をやっても上の空、そんな感じで過ごしていました。

そんな時は、無理に耐えようとせず現実を受け入れて「なるようになれ」「この損は諦めて、次からはもっと慎重に取り組もう」みたいな考えでいると、意外と気持ちが楽になったのを覚えています。
辛い時って「頑張れ、耐えろ」的な考えが一般的ですけど、本当に辛い時は既に精一杯頑張り耐えている時なので、もう頑張れないのです。逆に言えば、もうがんばらなくても良いのです。

私が乗り越えてこられたのは紙一重だったと思います。
頑張って耐えれる強い人間ではありません。本当に偶然乗り越えられたのだと思っています。そんなことから、もう偶然に頼らなくてもよい「運用資金に対して少額分散投資」を徹底するようになりました。
・・・・・
・・・・・
----- ここまで -----

現在、相場は少しずつ戻り基調になっていますが、それまでの暴落で損している方もいらっしゃると思います。
具体的な方法ではありませんが、精神的な部分で少しでもお役に立てれば幸いです。

勉強できる私の買い付け」を更新しています。
底打ちの先取り

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

米国株は2番底を探る展開にならず戻り基調持続
情報誌に掲載されました。
詳しい内容は、HP「素人投資家の挑戦」上段をご覧下さいませ。
----------------------------------------
 ランキングへの応援(バナーをクリック)
宜しくお願い致します。

にほんブログ村 株ブログ 専業投資家へ  
皆さまからのクリック数で、ランキングの順位が決まります。クリックするとランキングサイトへ進みますが、必要なければそのまま閉じて下さい。
----------------------------------------
niko.gif twitter @mm333m 
niko.gif メール
----------------------------------------
「米国株について」を朝の8時頃、「日本株について」を夕方に(1日2回)更新しています。

5月22日 水曜日

米国株について
ダウ平均は197ドル高の25877ドル。
本日の相場は買い戻す動きが先行。午前中は25800ドルを下値としながら揉み合いますが、午後は緩やかに右肩上がり。

米国株 日中足チャート
190522d.png

米国株 日足チャート
190522d2.png

〇主要3指数の動向
ダウ平均は0.77%高、ナスダックは1.08%高、S&P500指数は0.85%高。
3指数が揃って反発。前日まで大きく下げていたナスダックもしっかりした展開。

〇S&P500指数業種別動向
生活必需品のみ下落、他10業種は全て上昇。
上昇率の高い順
素材、情報技術、資本財、エネルギー、通信、金融、不動産

〇ダウ構成銘柄の動向
25銘柄が上昇、 5銘柄が下落しました。
上昇率の高い順
インテル 2.07%高、キャタピラー 2.06%高、アップル 1.92%高、ユナイテッド・テクノロジーズ 1.91%高、ボーイング 1.69%高

下落率の高い順
P&G 0.89%安、コカ・コーラ 0.51%安、トラベラーズ 0.47%安、ウォルマート 0.39%安、ジョンソン&ジョンソン 0.22%安

〇経済指標
4月の中古住宅販売は、年率換算で前月比0.4%減の519万戸になりました。
市場予想を下回っていますが、売り圧力は限定的。「売り材料になったが、買いが勝っていた」という方が正確かもしれません。

〇ファーウェイへの制裁に90日間の猶予
一部の制裁に90日間の猶予を与えると示され、関連する懸念が後退。
これを受けて、前日まで暴落していた半導体株に買い戻し。

〇押し目買い&買戻し
前日までの2営業日で再び値ごろ感が台頭。
暴落後の2番底を探る展開にならず、戻り基調持続

〇良好な企業決算と経済指標が買いを後押し
----- 前日に書いていた内容です -----
概ね良好と言える企業決算と、直近の良好な経済指標が買い安心感に。また、株価が暴落しているところでの2つの好材料は値ごろ感にもつながります。
----- ここまで -----
まさにこれだと思いました。

〇大物役者がトップ3に並ぶ
インテル、キャタピラー、アップルが、2%前後の上昇になっています。
相場に期待は禁物ですが、(ダウ平均の)戻り基調1発目の反発がこの展開だと、相場全体が勢いづく可能性あり。

〇目先の下値抵抗と上値抵抗
下値は25750ドルで、上値は26050ドルになると考えています。

勉強できる私の買い付け」を更新しています。
底打ちの先取り

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

貿易・ファーウェイ問題よりも企業決算と株価水準で正しい判断を
情報誌に掲載されました。
詳しい内容は、HP「素人投資家の挑戦」上段をご覧下さいませ。
----------------------------------------
 ランキングへの応援(バナーをクリック)
宜しくお願い致します。

にほんブログ村 株ブログ 専業投資家へ  
皆さまからのクリック数で、ランキングの順位が決まります。クリックするとランキングサイトへ進みますが、必要なければそのまま閉じて下さい。
----------------------------------------
niko.gif twitter @mm333m 
niko.gif メール
----------------------------------------
「米国株について」を朝の8時頃、「日本株について」を夕方に(1日2回)更新しています。

5月21日 火曜日

日本株について
本日の日経平均株価は、前日比29円安の21272円になりました。
欧米株の大幅安を受けても、前場は100円ほど下落した水準で揉み合う底固さ。後場は急騰して前日値を回復。その後は緩やかに下げますが、売り込まれることなく29円安で取引終了。

日経平均 日中足チャート
190521j.png

日経平均 日足チャート
190521j2.png

〇東証1部の売買代金と騰落状況
売買代金は2兆3313億円、出来高は12億5455万株。
値上がり銘柄数は743、値下がり銘柄数は1320、変わらずは78銘柄でした。

〇東証1部の業種別ランキング
9業種が上昇、24業種が下落
上昇率の高い順
ゴム、情報・通信、鉄鋼、銀行、食料品、ガラス・土石

下落率の高い順
海運、鉱業、石油・石炭、倉庫・運輸、保険

〇日経平均採用銘柄の騰落率
値上がり銘柄数は104、値下がり銘柄数は120、変わらずは1銘柄でした。
上昇率の高い順
スズキ 4.33%高、いすゞ自動車 4.26%高、ニコン 3.64%高、ソフトバンクG 3.53%高、日立造船 2.69%高

下落率の高い順
ソニー 4.43%安、川崎汽船 4.11%安、SCREENホールディングス 4.01%安、商船三井 3.97%安、三井金属鉱業 3.74%安

〇米国株の下落が売り材料
ダウ平均は0.33%安(84ドル安)、ナスダックは1.46%安、S&P500指数は0.67%安。3指数揃って続落。本日も、ハイテク比率の高いナスダックの下げがきつくなっています。これを受けて、日本の電気機器も売られるのではないかと予想していました。

〇欧州株の大幅安も売り材料
ドイツ(DAX)1.61%安、フランス(CAC)1.46%安、イギリス(FTSE)0.51%安。とくに、ドイツとフランスが大きく下げており、日本株への売り材料になると予想していました。

〇欧米株の下落を受けても底固く
前場は100円ほど下げた水準で揉み合い、底固い印象を受けました。
後場に入ると大口買いが入って一気に前日値を回復。その後は勢いが無くなるも売り込まれることなく取引終了。

欧米株がこれだけ下げているのに、僅か29円安とは上出来です。
但し、多くの銘柄が底固かったわけではなく、東証1部全体の6割以上が下げています。業種別でも33業種中24業種が下落。

〇業績と株価で正しい判断を
米国を相手とした貿易問題、ファーウェイ問題などありますが、「国内企業の決算と株価」という大きな材料で判断することが大切だと思っています。そうすれば、一喜一憂することなくドンと構えていられます。

勉強できる私の買い付け」を更新しています。
底打ちの先取り

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

米国株は半導体関連株が暴落
情報誌に掲載されました。
詳しい内容は、HP「素人投資家の挑戦」上段をご覧下さいませ。
----------------------------------------
 ランキングへの応援(バナーをクリック)
宜しくお願い致します。

にほんブログ村 株ブログ 専業投資家へ  
皆さまからのクリック数で、ランキングの順位が決まります。クリックするとランキングサイトへ進みますが、必要なければそのまま閉じて下さい。
----------------------------------------
niko.gif twitter @mm333m 
niko.gif メール
----------------------------------------
「米国株について」を朝の8時頃、「日本株について」を夕方に(1日2回)更新しています。

5月21日 火曜日

米国株について
ダウ平均は、84ドル安の25679ドルになりました。
取引開始直後に200ドル下落しますが、1時間後には前日値付近まで回復。その後、25700ドル付近の揉み合いから下放れするも、25600ドルで底打ちすると引けにかけて買い戻され84ドル安で取引終了。

米国株 日中足チャート
190521d.png

米国株 日足チャート
190521d2.png

〇主要3指数の動向
ダウ平均は0.33%安(84ドル安)、ナスダックは1.46%安、S&P500指数は0.67%安。
3指数揃って続落。本日も、ハイテク比率の高いナスダックの下げがきつくなっています。

〇S&P500指数業種別動向
3業種が上昇、8業種が下落しました。
上昇率の高い順
公益、金融、エネルギー
但し、最も上昇した公益でも僅か0.17%高です。

下落率の高い順
情報技術、不動産、素材、通信、一般消費財、資本財

〇ダウ構成銘柄の動向
10銘柄が上昇、 20銘柄が下落しました。
上昇率の高い順
ユナイテッドヘルス 1.91%高、ベライゾン 1.58%高、ウォルマート 0.65%高、アメリカン・エキスプレス 0.65%高、IBM 0.60%高

下落率の高い順
アップル 3.13%安、インテル 2.96%安、ナイキ 2.03%安、スリーエム 1.68%安、マイクロソフト 1.44%安

〇中国の通信機器大手ファーウェイとの取引禁止が足かせに
取引禁止を受けて、同社へのサービスや部品供給が停止される見通しとなり、関連企業が売られています。半導体関連株は前日に続き、軒並み下落。インテル 2.96%安、マイクロン・テクノロジー 3.99%安、クアルコム 5.99%安、テキサス・インスツルメンツ 1.93%安、AMD 2.98%安、エヌビディア 3.05%安。暴落とも言える状況になっています。

〇2番底を探る展開か
暴落後、少しずつ戻り基調になっていましたが、本日の下落で2番底を探る展開になりそう。

前日まで下値抵抗になっていた5日線を下抜けている為、短期売買目的の投資家は一旦見切り売りを出してくるかもしれません。

〇押し目買い意欲は強い
概ね良好と言える企業決算と、直近の良好な経済指標が買い安心感に。また、株価が暴落しているところでの2つ好材料は、値ごろ感にもつながります。

〇目先の下値抵抗と上値抵抗
下値は25500ドルで、上値は25850ドルになると考えています。

勉強できる私の買い付け」を更新しています。
底打ちの先取り

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

GDPと円安が買い材料になるも、75日線で頭打ち。本日も教科書通りの展開に
情報誌に掲載されました。
詳しい内容は、HP「素人投資家の挑戦」上段をご覧下さいませ。
----------------------------------------
 ランキングへの応援(バナーをクリック)
宜しくお願い致します。

にほんブログ村 株ブログ 専業投資家へ  
皆さまからのクリック数で、ランキングの順位が決まります。クリックするとランキングサイトへ進みますが、必要なければそのまま閉じて下さい。
----------------------------------------
niko.gif twitter @mm333m 
niko.gif メール
----------------------------------------
「米国株について」を朝の8時頃、「日本株について」を夕方に(1日2回)更新しています。

5月20日 月曜日

日本株について
本日の日経平均株価は、51円高の21301円になりました。
米国株安が売り材料になるも、予想外に上昇したGDPと円安を受けて買い先行。取引開始直後の高値では180円高となりますが、30分をまわった頃には50円高まで上げ幅縮小。その後は、下値が同じで上値が切り下がる「弱い三角持合い」を形成するも、下放れすることなく21300円台を維持。

日経平均 日中足チャート
190520j.png

日経平均 日足チャート
190520j4.png

〇東証1部の売買代金と騰落状況
売買代金は1兆9846億円、出来高は11億7824万株。
値上がり銘柄数は855、値下がり銘柄数は1203、変わらずは82銘柄でした。

〇東証1部の業種別ランキング
21業種が上昇、12業種が下落
上昇率の高い順
不動産、水産・農林、陸運、その他製品、倉庫・運輸

下落率の高い順
鉄鋼、電気機器、機械、金属、卸売

〇日経平均採用銘柄の騰落率
値上がり銘柄数は126、値下がり銘柄数は94、変わらずは5銘柄でした。
上昇率の高い順
スズキ 4.72%高、武田薬品工業 4.03%高、住友不動産 3.92%高、MS&AD 3.76%高、マルハニチロ 3.57%高

下落率の高い順
安川電機 5.72%安、三井金属鉱業 3.76%安、フジクラ 3.27%安、太陽誘電 3.17%安、東京エレクトロン 3.14%安

〇米国株の反落が売り材料
ダウ平均は0.38%安、ナスダックは1.04%安、S&P500指数は0.58%安。3指数揃って反落は売り材料。

〇円安は買い材料
1ドル110円台まで回復。これは株買い材料。

〇半導体関連株にマイナス材料
米国株ではインテルが1.41%安、他にマイクロン・テクノロジー 3.35%安、クアルコム 1.58%安、テキサス・インスツルメンツ 2.22%安、AMD 1.82%安、エヌビ ディア 2.28%安と半導体関連株が軒並み大幅安になっている為、日本の半導体関連株にもマイナス材料となり、厳しい展開に。

〇予想外に増加したGDP
1-3月期GDPは、前期比+0.5%、年率+2.1%になりました。
予想外に増加したGDPと円安が買い材料となり、取引開始直後の高値では180円高まで買われるところがありました。

〇ディフェンシブ性の高い銘柄が堅調
海外要因に左右されにくいディフェンシブ性の高い業種が買われています。
不動産、水産・農林、陸運、その他製品、倉庫・運輸、医薬品など

〇5日移動平均線と75日移動平均線に挟まれて
190520j3.png

GDPと円安が買い材料となりますが、75日線まで上昇すると戻り売りが出てきて上げ幅縮小。
下値には21200円付近に5日線が通っています。

移動平均線が抵抗線になる・・・本日も教科書通りの展開になりました。

勉強できる私の買い付け」を更新しています。
底打ちの先取り

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

米国株は貿易絡みで一喜一憂するも、教科書どおりの展開でもあり
情報誌に掲載されました。
詳しい内容は、HP「素人投資家の挑戦」上段をご覧下さいませ。
----------------------------------------
 ランキングへの応援(バナーをクリック)
宜しくお願い致します。

にほんブログ村 株ブログ 専業投資家へ  
皆さまからのクリック数で、ランキングの順位が決まります。クリックするとランキングサイトへ進みますが、必要なければそのまま閉じて下さい。
----------------------------------------
niko.gif twitter @mm333m 
niko.gif メール
----------------------------------------
「米国株について」を朝の8時頃、「日本株について」を夕方に(1日2回)更新しています。

5月20日 月曜日

米国株について
ダウ平均は98ドル安の25764ドル。
戻り売りが先行するも、良好な経済指標と暴落後の戻り基調が相まって前日値を回復。午後は狭い値幅で揉み合いますが、最後の1時間で大口売りが連発すると下げに転じました。

米国株 日中足チャート
190520d.png

米国株 日足チャート
190520d2.png

〇主要3指数の動向
ダウ平均は0.38%安、ナスダックは1.04%安、S&P500指数は0.58%安。
3指数揃って反落。ハイテク比率の高いナスダックが大きく下げました。

〇S&P500指数業種別動向
公益のみ上昇、他10業種が下落しました。
下落率の高い順
資本財、エネルギー、情報技術、一般消費財、金融、素材

〇ダウ構成銘柄の動向
9銘柄が上昇、 21銘柄が下落しました。
上昇率の高い順
ユナイテッドヘルス 1.94%高、ベライゾン 1.24%高、シスコシステムズ 0.75%高、ウォルグリーン 0.40%高、ボーイング 0.34%高

下落率の高い順
ダウ 4.11%安、キャタピラー 3.04%安、スリーエム 1.58%安、インテル 1.41%安、IBM 1.15%安

〇経済指標
・4月の景気先行指数は、前月比+0.2%になりました。
市場予想と一致。

・5月のミシガン大学消費者信頼感指数速報値は102.4になりました。
およそ15年ぶりの高水準で、市場予想も上回っています。

〇貿易問題絡みで一喜一憂
カナダとメキシコに対するアルミニウムの追加関税は撤廃。日本と欧州に対する自動車の追加関税は先延ばし。こちらは買い材料となりましたが、米中貿易協議の行き詰まりが報じられると下げに転じています。

〇26000ドルが上値抵抗に
前日と同じく、26000ドル付近が上値抵抗になりました。
大きな節目なので、戻り売りが出やすい水準。貿易問題絡みで相場は一喜一憂していますが、教科書どおりの展開でもあり。

〇目先の下値抵抗と上値抵抗
下値は25600ドルで、上値は25950ドルになると考えています。

勉強できる私の買い付け」を更新しています。
底打ちの先取り

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー



私が作成したホームページ

私が作成したホームページ
「素人投資家の挑戦」

私の取引

こちらは、私の取引から勉強していただけると判断したものを、1ヶ月数銘柄(1週間に1銘柄程度)限定で紹介しているブログです。
「勉強できる私の買い付け」

プロフィール

【プロフィール】
〇名前 masa
〇年齢 40代
〇好きな人
優しくて親切な人。人の輪を大切にする人。
〇嫌いな人
相手が嫌がることを知りながら、その事を話す人。
自分の話ばかりで、他人の話を聞かない人。
悪口の多い人。
乱暴な言葉遣いをする人。
〇投資歴は20年以上
〇初心を忘れることなく、丁寧な投資を心掛けています
〇他、具体的な投資法などはホームページ左上「プロフィール」欄でご覧下さいませ。

Archives

相互リンク 五十音順

証券会社の広告

検索フォーム

ご注意

この株日記は、私の独断と偏見によって書いているものです。当ブログの運営は購読を目的としたものであり、投資顧問業ではありません。よって、具体的な売買の指示およびご案内は致しかねます。又、内容に関して正確性および安全性を保障するものではありませんのでご理解願います。当サイトをご利用のうえ、被ったいかなる損害についても「素人投資家の挑戦」管理人masaは一切の責任を負いませんので、ご了承下さいませ。