素人投資家の株日記
株式投資で生活できるようになりました
05 | 2019/06 | 07
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

米国株はG20での米中首脳会談を前に様子見ムード
情報誌に掲載されました。
詳しい内容は、HP「素人投資家の挑戦」上段をご覧下さいませ。
----------------------------------------
 ランキングへの応援(バナーをクリック)
宜しくお願い致します。

にほんブログ村 株ブログ 専業投資家へ  
皆さまからのクリック数で、ランキングの順位が決まります。
----------------------------------------
niko.gif twitter @mm333m 
niko.gif メール
----------------------------------------
「米国株について」を朝の8時頃、「日本株について」を夕方に(1日2回)更新しています。

6月25日 火曜日

米国株について
ダウ平均は8ドル高の26727ドル。
買い先行で100ドル近く上昇しますが、その後は小刻みに上下しながら上値を切り下げる展開に。結局、最後まで大きく動かず8ドル高で取引終了。

米国株 日中足チャート
190625d.png

米国株 日足チャート
190625d2.png

〇主要3指数の動向
ダウ平均は0.03%高(8ドル高)、ナスダックは0.32%安、S&P500指数は0.17%安。小動きで高安まちまち。

〇S&P500指数業種別動向
5業種が上昇、6業種が下落しました。
上昇率の高い順
素材、生活必需品、情報技術、通信、公益

下落率の高い順
エネルギー、一般消費財、ヘルスケア、不動産、金融、資本財

〇ダウ構成銘柄の動向
19銘柄が上昇、 11銘柄が下落しました。
上昇率の高い順
ダウ 2.52%高、メルク 1.11%高、ユナイテッド・テクノロジーズ 1.11%高、P&G 1.02%高、ベライゾン 0.87%高

下落率の高い順
ホームデポ 1.86%安、ナイキ 1.46%安、ユナイテッドヘルス 1.05%安、ウォルグリーン 0.95%安、エクソンモービル 0.95%安

〇様子見ムード
G20での米中首脳会談を前に、様子見ムードが強くなりました。
ダウ平均は過去最高値まであと少し。短期急騰していることもあり、ここから一段高となるには大きな好材料が必要かもしれません。

〇とくに注視するところは無し
前日と同じ見方をしています。
----- 前日に書いていた内容です -----
〇上昇一服、調整必至
米中首脳会談決定から3営業日で640ドルも上昇していました。26000ドルからみると僅か1週間ほどで700ドル超の上げ幅。

取引時間中に過去最高値を更新しましたが、その後は上げ幅縮小。これだけ短期急騰すれば「当然の上昇一服」だと思っています。
----- ここまで -----

〇目先の下値抵抗と上値抵抗
下値は26550ドルで、上値は26900ドルになると考えています。

勉強できる私の買い付け」を更新しています。
タイトルは・・・日本株が暴落する中で淡々と安値拾い 第5弾
~ 失望決算が買いチャンスになることもある ~

まだ上昇中
まだ紹介しない方がよかったかなぁ

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

東証1部の売買代金は4年半ぶりの低水準。膠着感極まる相場
情報誌に掲載されました。
詳しい内容は、HP「素人投資家の挑戦」上段をご覧下さいませ。
----------------------------------------
 ランキングへの応援(バナーをクリック)
宜しくお願い致します。

にほんブログ村 株ブログ 専業投資家へ  
皆さまからのクリック数で、ランキングの順位が決まります。クリックするとランキングサイトへ進みますが、必要なければそのまま閉じて下さい。
----------------------------------------
niko.gif twitter @mm333m 
niko.gif メール
----------------------------------------
「米国株について」を朝の8時頃、「日本株について」を夕方に(1日2回)更新しています。

6月24日 月曜日

日本株について
本日の日経平均株価は、27円高の21285円になりました。
前場は73円安まで売られますが、ダブルボトムをつけた後は急上昇。後場の高値では59円高となりますが、引けにかけて上値を切り下げ27円高の21285円で取引終了。

日経平均 日中足チャート
190624j.png

日経平均 日足チャート
190624j2.png

〇東証1部の売買代金と騰落状況
売買代金は1兆4115億円、出来高は8億3001万株。
値上がり銘柄数は1066、値下がり銘柄数は966、変わらずは113銘柄でした。

〇東証1部の業種別ランキング
20業種が上昇、13業種が下落
上昇率の高い順
繊維、石油・石炭、海運、ゴム、サービス

下落率の高い順
不動産、陸運、鉱業、電気・ガス、水産・農林

〇日経平均採用銘柄の騰落率
値上がり銘柄数は125、値下がり銘柄数は94、変わらずは6銘柄でした。
上昇率の高い順
トクヤマ 3.69%高、第一三共 3.25%高、NTTデータ 3.20%高、日揮 2.58%高、東レ 2.41%高

下落率の高い順
サイバーエージェント 4.80%安、ユニー・ファミリーマートHD 2.86%安、スカパーJSAT 2.78%安、スズキ 2.27%安、東急不動産HD 2.25%安

〇米国株の小幅反落は織込み済み
ダウ平均は0.13%安(34ドル安)、ナスダックは0.24%安、S&P500指数は0.13%安。3指数揃って反落。
米国株の項で書いています通り、「当然の上昇一服」なので大きな売り材料にはならないと考えていました。また、前週末の日本株は203円も下げていますので、米国株の僅かな下落は織込み済み。

〇欧州市場の下落も材料視されず
欧州3市場も僅かな下落なので、こちらも材料視されないと考えていました。
ドイツ(DAX)0.13%安、フランス(CAC)0.13%安、イギリス(FTSE)0.23%安。

〇2つの警戒要因
1ドル107円割れに対する警戒感と、今週開催されるG20での米中貿易協議に対する警戒もあり。これは手控えと手仕舞いにつながります。

〇記録的な閑散相場
東証1部の売買代金は1兆4115億円。
記憶に無い程の薄商いでしたが、調べてみると2014年12月26日以来の低水準。
膠着感極まった相場になっています。

寝ているような相場ですが、私は寝ている暇がありません(^^;)
相場が暇な時こそ、銘柄検証にたっぷりと時間をかけられるので。

「休むも相場」という有名な相場格言もありますが、本当に休んでいてはもったいない。
休めるような相場の時こそ、銘柄検証にたっぷりと時間をかけてチャンスを待つのです。

さぁ次はどこで・・・これ以上は秘密です (^^)

勉強できる私の買い付け」を更新しています。
タイトルは・・・日本株が暴落する中で淡々と安値拾い 第5弾
~ 失望決算が買いチャンスになることもある ~

まだ上昇中
まだ紹介しない方がよかったかなぁ

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

米国株は短期急騰により上昇一服
情報誌に掲載されました。
詳しい内容は、HP「素人投資家の挑戦」上段をご覧下さいませ。
----------------------------------------
 ランキングへの応援(バナーをクリック)
宜しくお願い致します。

にほんブログ村 株ブログ 専業投資家へ  
皆さまからのクリック数で、ランキングの順位が決まります。クリックするとランキングサイトへ進みますが、必要なければそのまま閉じて下さい。
----------------------------------------
niko.gif twitter @mm333m 
niko.gif メール
----------------------------------------
「米国株について」を朝の8時頃、「日本株について」を夕方に(1日2回)更新しています。

6月24日 月曜日

米国株について
ダウ平均は34ドル安の26719ドル。
前日までの勢いが続き、154ドル高の26907ドルまで買われますが、その後は売り込まれて上げ幅縮小。午後は26800ドル付近で揉み合った後、最後に下放れてしまい34ドル安で取引終了。

米国株 日中足チャート
190624d.png

米国株 日足チャート
190624d2.png

〇主要3指数の動向
ダウ平均は0.13%安(34ドル安)、ナスダックは0.24%安、S&P500指数は0.13%安。3指数揃って反落。

〇S&P500指数業種別動向
4業種が上昇、7業種が下落しました。
上昇率の高い順
エネルギー、公益、ヘルスケア、通信

下落率の高い順
不動産、資本財、情報技術、一般消費財、生活必需品、素材、金融

〇ダウ構成銘柄の動向
12銘柄が上昇、 18銘柄が下落しました。
上昇率の高い順
ユナイテッドヘルス 1.82%高、エクソンモービル 1.41%高、ベライゾン 0.75%高、ウォルマート 0.73%高、ナイキ 0.60%高

下落率の高い順
ウォルト・ディズニー 1.26%安、ダウ 1.16%安、ユナイテッド・テクノロジーズ 0.98%安、ホームデポ 0.88%安、ウォルグリーン 0.81%安

〇経済指標
・5月の中古住宅販売件数は、前月比2.5%増の534万戸になりました。
市場予想を上回り、4月分も519万戸から521万戸へ上方修正。

・6月の製造業景気指数速報値は50.1になりました。
市場予想を下回り、拡大と減速の境目となる50に迫っています。

〇上昇一服、調整必至
米中首脳会談決定から3営業日で640ドルも上昇していました。26000ドルからみると僅か1週間ほどで700ドル超の上げ幅。

取引時間中に過去最高値を更新しましたが、その後は上げ幅縮小。これだけ短期急騰すれば「当然の上昇一服」だと思っています。

〇上ヒゲの長い足が出現
高値から大きく売り込まれている為、上ヒゲの長い足が出現。
経験則では弱含み。

〇とくに注視するところは無し
前週末の相場は「当然の上昇一服」これだけで良いと思いました。

〇目先の下値抵抗と上値抵抗
下値は26550ドルで、上値は26900ドルになると考えています。

勉強できる私の買い付け」を更新しています。
タイトルは・・・日本株が暴落する中で淡々と安値拾い 第5弾
~ 失望決算が買いチャンスになることもある ~

まだ上昇中
まだ紹介しない方がよかったかなぁ

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

絶好調の米国株(ダウ平均は0.94%高)に対して日本株は真逆で0.95%安の反落
情報誌に掲載されました。
詳しい内容は、HP「素人投資家の挑戦」上段をご覧下さいませ。
----------------------------------------
 ランキングへの応援(バナーをクリック)
宜しくお願い致します。

にほんブログ村 株ブログ 専業投資家へ  
皆さまからのクリック数で、ランキングの順位が決まります。クリックするとランキングサイトへ進みますが、必要なければそのまま閉じて下さい。
----------------------------------------
niko.gif twitter @mm333m 
niko.gif メール
----------------------------------------
「米国株について」を朝の8時頃、「日本株について」を夕方に(1日2回)更新しています。

6月21日 金曜日

日本株について
本日の日経平均株価は、203円安の21258円になりました。
絶好調の米国株が買い材料になるも、警戒感もあり前場は前日値付近で揉み合いました。後場に入ると右肩下がりになってしまい、203円安で取引終了。

日経平均 日中足チャート
190621j.png

日経平均 日足チャート
190621j2.png

〇東証1部の売買代金と騰落状況
売買代金は2兆7182億円、出来高は15億3666万株。
値上がり銘柄数は619、値下がり銘柄数は1458、変わらずは68銘柄でした。

〇東証1部の業種別ランキング
7業種が上昇、26業種が下落
上昇率の高い順
鉱業、石油・石炭、非鉄金属、海運、水産・農林

下落率の高い順
医薬品、建設、不動産、倉庫・運輸、その他製品

〇日経平均採用銘柄の騰落率
値上がり銘柄数は79、値下がり銘柄数は144、変わらずは22銘柄でした。
上昇率の高い順
国際石油開発帝石 4.44%高、スカパー 2.86%高、出光興産 2.37%高、三井E&S 2.30%高、日立造船 2.20%高

下落率の高い順
大和ハウス工業 5.75%安、サイバーエージェント 4.47%安、第一三共 4.14%安、エーザイ 3.93%安、資生堂 3.04%安

〇絶好調の米国株が買い材料
ダウ平均は0.94%高(249ドル高)、ナスダックは0.80%高、S&P500指数は0.95%高。3指数揃って大きく上昇。米中首脳会談決定から米中貿易摩擦問題への懸念が後退、S&P500指数は過去最高値を更新。ダウ平均は5月からの暴落分2000ドルを全て取り返し、暴落前の高値を更新。過去最高値更新まで、あと75ドルになりました。この展開は日本株にプラス材料。

但し、短期急騰しているだけに、米国株が反落すれば日本株にマイナス材料となりますから、「それを警戒した売りと手控えがあるかもしれない」と考えていました。

〇円高
1ドル107円の攻防に。
前日と同じく、輸出関連株にはマイナス材料。

〇戻り高値を突破できるか正念場
前日の終値は21462円。21250円から21500円の間は、5月に揉み合った水準なので上値抵抗になります。その上限まで上昇していましたから、日本株も正念場になると考えていました。

絶好調の米国株は買い材料ですが、「週末、円高、米国株の短期急騰による反落懸念」などを踏まえると、一旦反落する可能性もありました。

〇米国株と真逆の展開に
ダウ平均は0.94%の上昇になりましたが、日経平均株価は0.95%安で真逆の展開に。

前日に「勉強できる私の買い付け」を更新しています。
タイトルは・・・日本株が暴落する中で淡々と安値拾い 第5弾
~ 失望決算が買いチャンスになることもある ~

まだ上昇中
まだ紹介しない方がよかったかなぁ

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

米国株は絶好調、S&P500指数は過去最高値更新、ダウ平均は最高値まで75ドル
情報誌に掲載されました。
詳しい内容は、HP「素人投資家の挑戦」上段をご覧下さいませ。
----------------------------------------
 ランキングへの応援(バナーをクリック)
宜しくお願い致します。

にほんブログ村 株ブログ 専業投資家へ  
皆さまからのクリック数で、ランキングの順位が決まります。クリックするとランキングサイトへ進みますが、必要なければそのまま閉じて下さい。
----------------------------------------
niko.gif twitter @mm333m 
niko.gif メール
----------------------------------------
「米国株について」を朝の8時頃、「日本株について」を夕方に(1日2回)更新しています。

6月21日 金曜日

米国株について
ダウ平均は249ドル高の26753ドル。
米中首脳会談決定からの勢いは止まらず大幅高。買い先行の後、お昼過ぎにかけて上げ幅を縮小させますが、午後は大きく買い戻されて249ドル高で取引終了。

米国株 日中足チャート
190621d.png

米国株 日足チャート
190621d2.png

〇主要3指数の動向
ダウ平均は0.94%高(249ドル高)、ナスダックは0.80%高、S&P500指数は0.95%高。3指数揃って大きく上昇。

〇S&P500指数業種別動向
下げた業種はありません。11業種全てが上昇。
上昇率の高い順
エネルギー、資本財、情報技術、素材、生活必需品、一般消費財

〇ダウ構成銘柄の動向
26銘柄が上昇、 4銘柄が下落しました。
上昇率の高い順
ユナイテッド・テクノロジーズ 2.58%高、キャタピラー 2.31%高、シスコシステムズ 2.28%高、ナイキ 2.02%高、スリーエム 1.87%高

下落率の高い順
ユナイテッドヘルス 0.97%安、メルク 0.89%安、ベライゾン 0.50%安、ウォルグリーン 0.04%安

〇米中首脳会談決定からの勢いが止まらない
来週、大阪で開催されるG20で米中首脳会談が決定。これを受けて米中貿易摩擦懸念が後退、前々日に353ドル高となりました。チャートでは揉み合い上放れとなり、環境と需給関係が共に好転。前日は急騰後の一服となりましたが、本日は再び勢いづいて大幅高に。

S&P500指数は過去最高値を更新。ダウ平均は5月からの暴落分2000ドルを全て取り返し、暴落前の高値を更新。過去最高値更新まで、あと75ドルになりました。

〇上昇後の正念場
26500ドルから26750ドルの間は、4月下旬に揉み合ったところなので上値抵抗となります。この付近まで株価が戻ってくると、その後の暴落で含み損に耐えていた投資家が戻り売り(やれやれの売り)を出してきます。また、それを警戒した利益確定と手控えも出てくるはず。

その上値抵抗26750ドルまで戻してきました。
抵抗の上限に位置することから、完全に上抜けるのか一旦押し戻されるのか正念場と言えそうです。但し、ここまでの強さがあれば、押し戻されても下げ幅は限定的になるのではないかと。

〇目先の下値抵抗と上値抵抗
下値は26600ドルで、上値は26950ドルになると考えています。

前日に「勉強できる私の買い付け」を更新しています。
タイトルは・・・日本株が暴落する中で淡々と安値拾い 第5弾
~ 失望決算が買いチャンスになることもある ~

まだ上昇中
まだ紹介しない方がよかったかなぁ

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

円高でも日本株は上昇基調
情報誌に掲載されました。
詳しい内容は、HP「素人投資家の挑戦」上段をご覧下さいませ。
----------------------------------------
 ランキングへの応援(バナーをクリック)
宜しくお願い致します。

にほんブログ村 株ブログ 専業投資家へ  
皆さまからのクリック数で、ランキングの順位が決まります。クリックするとランキングサイトへ進みますが、必要なければそのまま閉じて下さい。
----------------------------------------
niko.gif twitter @mm333m 
niko.gif メール
----------------------------------------
「米国株について」を朝の8時頃、「日本株について」を夕方に(1日2回)更新しています。

6月20日 木曜日

日本株について
本日の日経平均株価は、128円高の21462円になりました。
欧米株が上昇一服でも、日本株は買い先行で上げ幅を拡大。後場も売り込まれることなく高値揉み合いのまま取引終了。

日経平均 日中足チャート
190620j.png

日経平均 日足チャート
190620j2.png

〇東証1部の売買代金と騰落状況
売買代金は1兆7927億円、出来高は10億1796万株。
値上がり銘柄数は1259、値下がり銘柄数は767、変わらずは118銘柄でした。

〇東証1部の業種別ランキング
23業種が上昇、10業種が下落
上昇率の高い順
海運、証券・商品先物、水産・農林、不動産

下落率の高い順
輸送用機器、石油・石炭、空運、卸売、繊維

〇日経平均採用銘柄の騰落率
値上がり銘柄数は139、値下がり銘柄数は77、変わらずは9銘柄でした。
上昇率の高い順
川崎汽船 4.55%高、東京建物 4.48%高、トクヤマ 3.94%高、テルモ 3.03%高、東海カーボン 2.99%高

下落率の高い順
帝人 2.59%安、アルプスアルパイン 2.44%安、日揮 2.40%安、ニチレイ 2.03%安、アサヒグループHD 1.92%安

〇欧米株が上昇一服でも買い先行
取引前の(私の)予想は、欧米株と同じく日本株も上値は限定的。上値予想を21400円としながらも、反落する可能性も十分にあると考えていました。

・米国株は上昇一服
ダウ平均は0.15%高(38ドル高)、ナスダックは0.42%高、S&P500指数は0.30%高。この程度では買い材料として乏しい。

・欧州株も一服
ドイツ(DAX)0.19%安、フランス(CAC)0.16%高、イギリス(FTSE)0.53%安。こちらも上昇一服で、買い材料としては乏しい。

〇円高でも堅調に推移
1ドル108円を割り込み、107円半ばまで円高進行。
同じく、朝の(私の)予想では、円高による株売りを考えていました。

1ドル108円の攻防になっていましたので、108円割れに対する警戒感が株売りにつながると予想。とくに、輸出関連株は前日に急騰していますので、「利益確定、戻り売り、手控え」のキッカケになると考えていました。

結果は、円高懸念から輸送用機器が大きく売られるも全体では上昇基調。

〇21500円を前に上値が重くなりました
前日に361円も上昇していたので、3ケタ続伸すれば上値が重くなって普通。また、21500円は戻り高値の水準なので、その影響もあったのではないかと。こちらに関しては前日の株日記で詳しく書いていますので、そちらをご覧下さいませ。

本日は、「勉強できる私の買い付け」を更新しています。
タイトルは・・・日本株が暴落する中で淡々と安値拾い 第5弾
~ 失望決算が買いチャンスになることもある ~

まだ上昇中
まだ紹介しない方がよかったかなぁ

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

FOMC声明では7月の利下げを100%織込む
情報誌に掲載されました。
詳しい内容は、HP「素人投資家の挑戦」上段をご覧下さいませ。
----------------------------------------
 ランキングへの応援(バナーをクリック)
宜しくお願い致します。

にほんブログ村 株ブログ 専業投資家へ  
皆さまからのクリック数で、ランキングの順位が決まります。クリックするとランキングサイトへ進みますが、必要なければそのまま閉じて下さい。
----------------------------------------
niko.gif twitter @mm333m 
niko.gif メール
----------------------------------------
「米国株について」を朝の8時頃、「日本株について」を夕方に(1日2回)更新しています。

6月20日 木曜日

米国株について
ダウ平均は38ドル高の26504ドル。
午後のFOMC発表を控えて午前中は小高いところで様子見ムード。発表後は一時的に乱高下しますが、その後は午前と同じ水準で揉み合いながら取引終了。

米国株 日中足チャート
190620d.png

米国株 日足チャート
190620d2.png

〇主要3指数の動向
ダウ平均は0.15%高(38ドル高)、ナスダックは0.42%高、S&P500指数は0.30%高。3指数揃って続伸。

〇S&P500指数業種別動向
7業種が上昇、4業種が下落しました。
上昇率の高い順
ヘルスケア、公益、不動産、情報技術、生活必需品、一般消費財、通信

下落率の高い順
素材、エネルギー、金融、資本財

〇ダウ構成銘柄の動向
20銘柄が上昇、 10銘柄が下落しました。
上昇率の高い順
ユナイテッドヘルス 1.83%高、ウォルト・ディズニー 1.21%高、メルク 1.03%高、アメリカン・エキスプレス 1.01%高、ファイザー 1.00%高

下落率の高い順
ダウ 2.24%安、ボーイング 1.44%安、ナイキ 0.89%安、JPモルガン・チェース 0.72%安、スリーエム 0.65%安

〇FOMC
声明は「景気を維持する為、適切に行動する」と示されましたが、既に周知されている内容でサプライズは無し。一方、7人が年内2回の利下げを予想したところはポジティブサプライズで、7月の利下げを100%織込みました。

発表後の動きは限られました。
AIが瞬時に売買した程度で(株価は短時間に乱高下)、その後は小高いところで揉み合いながら取引終了。

〇大幅高の反動
前日に353ドルも上昇していたことで、買い一服。また、上値に控える抵抗も上値の重さにつながったと考えています(こちらは、前日の株日記に書いています)。

〇目先の下値抵抗と上値抵抗
下値は26400ドルで、上値は26600ドルになると考えています。

勉強できる私の買い付け」を更新しています。
タイトルは・・・日本株が暴落する中で淡々と安値拾い 第4弾
加えて、失望決算で叩き売られたところを「こっそりと買い付け」
失望決算でも、決算内容と株価を検証すれば「勝てる勝負」だと判断。その結果・・・

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

米中首脳会談決定で世界同時株高
情報誌に掲載されました。
詳しい内容は、HP「素人投資家の挑戦」上段をご覧下さいませ。
----------------------------------------
 ランキングへの応援(バナーをクリック)
宜しくお願い致します。

にほんブログ村 株ブログ 専業投資家へ  
皆さまからのクリック数で、ランキングの順位が決まります。クリックするとランキングサイトへ進みますが、必要なければそのまま閉じて下さい。
----------------------------------------
niko.gif twitter @mm333m 
niko.gif メール
----------------------------------------
「米国株について」を朝の8時頃、「日本株について」を夕方に(1日2回)更新しています。

6月19日 水曜日

日本株について
本日の日経平均株価は361円高の21333円になりました。
来週に開催される大阪でのG20で米中首脳会談が決定。これを受けて欧米株が大幅高となり、日本株にも大きな買い材料となりました。21300円まで急騰すると動きは止まり、高値揉み合いのまま取引終了。

日経平均 日中足チャート
190619j.png

日経平均 日足チャート
190619j2.png

〇東証1部の売買代金と騰落状況
売買代金は2兆365億円、出来高は11億6763万株。
値上がり銘柄数は1910、値下がり銘柄数は187、変わらずは47銘柄でした。

〇東証1部の業種別ランキング
下げた業種はありません。33業種全てが上昇しました。
上昇率の高い順
繊維、証券・商品先物、石油・石炭、非鉄金属、機械、電気機器、パルプ・紙、ガラス・土石、卸売、金属

〇日経平均採用銘柄の騰落率
値上がり銘柄数は213、値下がり銘柄数は10、変わらずは2銘柄でした。
上昇率の高い順
野村HD 10.54%高、住友金属鉱山 5.88%高、出光興産 5.66%高、太陽誘電 5.64%高、国際石油開発帝石 5.63%高

下落率の高い順
ニチレイ 1.10%安、オリンパス 0.99%安、富士通 0.84%安、コナミHD 0.79%安、新生銀行 0.37%安

〇米中首脳会談決定が大きな買い材料に
来週、大阪で開かれるG20で協議すると伝わり、貿易問題解決への期待から欧米株が大幅高に。
日本株にも大きな買い材料となりました。

〇主力の外需関連株が相場をけん引
米国株では、米中首脳会談決定という外部環境の好転を受けて外需関連株が軒並み大幅高。日本株も同じように、外需関連株が相場をけん引しました。

一方で、米国株ではディフェンシブ性の高い銘柄が売られ、日本株も同じく内需関連株が見送られています。33業種全て上昇していますが、内需関連の上げ幅は控えめでした。

〇半導体祭り
米国株では半導体関連株が軒並み暴騰。
これを受けて、日本の半導体関連株も大きく上昇しました。

〇機械株も上昇
米国株では建設機械大手のキャタピラーが大きく上昇。
中国での売上比率が高い銘柄でもあり、米中首脳会談を好感する買いも入っていました。
これを受けて、日本の機械株も買われています。

〇大幅高で下値不安後退
6月上旬に短期急騰で戻した後、日柄調整が続いていました。前日は21000円を割り込みましたが、なんとか揉み合い継続。

----- 前日に書いていた内容です -----
短期急騰後、21000円を下値としながら日柄調整が続いてきました。
本日、20972円となり21000円を下抜けましたが、この程度ならまだ大丈夫。21000円が下値抵抗になっていると思われます。

但し、明日の米国株が大きく下げるようだと(米国株の下落は日本株にマイナス)、21000円を完全に下抜けるかもしれません。この場合、下値抵抗の21000円が逆に上値抵抗となりますので、これを嫌気した見切り売りと失望売りが下げに拍車をかける可能性もあり。

米国株が大きく騰がれば(米国株の上昇は日本株にプラス)、21000円をしっかり回復して日柄調整継続の可能性が高くなると考えています。

----- ここまで -----

21000円を完全に下抜ければ「揉み合い下放れ」となり、下げに拍車をかける可能性もありましたが、欧米株の大幅高で懸念は払拭。下値不安後退から買いが膨らみ、窓を空ける急騰で寄り付きました。

〇買い一巡後は揉み合いに
21300円まで上昇すると、ほとんど動かなくなりました。
360円も上昇すれば上値重くなっても仕方ありませんが、上値に控える抵抗(売り圧力)も一つの要因だと考えています。
190619j3.png

現在の水準は、5月の戻り高値になっていますから、株価が戻ってくると「含み損に耐えていた投資家」による戻り売りが出てきます。更に、25日移動平均線が通る水準なので、こちらも売り圧力になります。更に、2つの上値抵抗を警戒した手控えなどもあったはず。

〇世界同時株高
ダウ平均1.35%高、ドイツ(DAX)2.03%高、フランス(CAC)2.20%高、イギリス(FTSE)1.17%高、日経平均株価1.72%高、上海総合1.12%高(株日記を書いている時点で)
米中首脳会談決定を受けて世界同時株高になっています。

勉強できる私の買い付け」を更新しています。
タイトルは・・・日本株が暴落する中で淡々と安値拾い 第4弾
加えて、失望決算で叩き売られたところを「こっそりと買い付け」
失望決算でも、決算内容と株価を検証すれば「勝てる勝負」だと判断。その結果・・・

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

米国株は、米中首脳会談決定を受けて大幅高
情報誌に掲載されました。
詳しい内容は、HP「素人投資家の挑戦」上段をご覧下さいませ。
----------------------------------------
 ランキングへの応援(バナーをクリック)
宜しくお願い致します。

にほんブログ村 株ブログ 専業投資家へ  
皆さまからのクリック数で、ランキングの順位が決まります。クリックするとランキングサイトへ進みますが、必要なければそのまま閉じて下さい。
----------------------------------------
niko.gif twitter @mm333m 
niko.gif メール
----------------------------------------
「米国株について」を朝の8時頃、「日本株について」を夕方に(1日2回)更新しています。

6月19日 水曜日

米国株について
ダウ平均は353ドル高の26465ドル。
米中首脳会談決定を受けて取引開始直後から急騰。26500ドルまで上昇した後は上値重くなりますが、売り込まれることなく高値揉み合いのまま大幅高で取引終了。

米国株 日中足チャート
190619d.png

米国株 日足チャート
190619d2.png

〇主要3指数の動向
ダウ平均は1.35%高(353ドル高)、ナスダックは1.39%高、S&P500指数は0.97%高。3指数揃って大幅高になりました。

〇S&P500指数業種別動向
8業種が上昇、3業種が下落しました。
上昇率の高い順
資本財、情報技術、エネルギー、金融、ヘルスケア、素材、一般消費財

下落率の高い順
生活必需品、不動産、公益

〇ダウ構成銘柄の動向
23銘柄が上昇、 7銘柄が下落しました。
上昇率の高い順
ボーイング 5.37%高、スリーエム 3.05%高、インテル 2.67%高、ナイキ 2.67%高、キャタピラー 2.36%高

下落率の高い順
P&G 1.25%安、ウォルト・ディズニー 1.23%安、ベライゾン 0.52%安、コカ・コーラ 0.45%安、ビザ 0.17%安

〇経済指標
・5月の住宅着工件数は126万9000戸になりました。
市場予想を上回ると同時に前月分も上方修正。

着工件数の先行指標となる建設許可件数は129万4000戸となり、こちらは市場予想とほぼ一致。前月分は若干上方修正。

〇米中首脳会談決定が大きな買い材料に
来週、大阪で開かれるG20で協議すると伝わり、貿易問題解決への期待から大きな買い材料になりました。

〇主力の外需が軒並み大幅高
200機受注と伝わったボーイングが上昇率トップ。1銘柄でダウ平均を129ドル押し上げました。他、中国での売上比率が高いキャタピラー、半導体大手などが大幅高。

米中首脳会談決定という大きな好材料を受けて、主力の外需関連株が軒並み大幅高になりました。一方でディフェンシブ性の高い銘柄は売られています。

〇半導体関連株が暴騰
インテル 2.69%高、マイクロン・テクノロジー 5.74%高、クアルコム 4.12%高、テキサス・インスツルメンツ 4.05%高、AMD 4.28%高、エヌビディア 5.41%安、 ブロードコム 4.54高、フィラデルフィア半導体指数 4.33%高

インテルはやや控えめですが、他は4%から5%上昇する暴騰になっています。

揉み合い上放れ
短期急騰後、26000ドルを下値としながら揉み合ってきましたが、本日の大幅高で完全に「揉み合い上放れ」。
190619d3.png

経験則では強含みとなりますが、更なる株高には注意も必要。

〇上値に控える抵抗
26500ドルから26750ドルの間は、4月下旬の高値。その後、6月にかけて24800ドルまで暴落しました。
190619d4.png

この為、4月下旬の高値まで戻ると、含み損に耐えていた投資家による戻り売りが出てきます。また、安値で買い付けていた投資家は、戻り売りを警戒した利益確定売りも出してくるはず。

本日の大幅高で勢いづくこともありえますが、更に大きく上昇すれば反落への警戒感も高まりそう。但し、前回のような暴落まで意識する必要は無いと考えています。

〇目先の下値抵抗と上値抵抗
下値は26350ドルで、上値は26700ドルになると考えています。

勉強できる私の買い付け」を更新しています。
タイトルは・・・日本株が暴落する中で淡々と安値拾い 第4弾
加えて、失望決算で叩き売られたところを「こっそりと買い付け」
失望決算でも、決算内容と株価を検証すれば「勝てる勝負」だと判断。その結果・・・

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー



私が作成したホームページ

私が作成したホームページ
「素人投資家の挑戦」

私の取引

こちらは、私の取引から勉強していただけると判断したものを、1ヶ月数銘柄(1週間に1銘柄程度)限定で紹介しているブログです。
「勉強できる私の買い付け」

プロフィール

【プロフィール】
〇名前 masa
〇年齢 40代
〇好きな人
優しくて親切な人。人の輪を大切にする人。
〇嫌いな人
相手が嫌がることを知りながら、その事を話す人。
自分の話ばかりで、他人の話を聞かない人。
悪口の多い人。
乱暴な言葉遣いをする人。
〇投資歴は20年以上
〇初心を忘れることなく、丁寧な投資を心掛けています
〇他、具体的な投資法などはホームページ左上「プロフィール」欄でご覧下さいませ。

Archives

相互リンク 五十音順

証券会社の広告

検索フォーム

ご注意

この株日記は、私の独断と偏見によって書いているものです。当ブログの運営は購読を目的としたものであり、投資顧問業ではありません。よって、具体的な売買の指示およびご案内は致しかねます。又、内容に関して正確性および安全性を保障するものではありませんのでご理解願います。当サイトをご利用のうえ、被ったいかなる損害についても「素人投資家の挑戦」管理人masaは一切の責任を負いませんので、ご了承下さいませ。