素人投資家の株日記 素人投資家の株日記
素人投資家の株日記
株式投資で生活できるようになりました
11 | 2019/12 | 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

前場は戻りの強さを見せるも、後場は全く動かず
情報誌に掲載されました。
詳しい内容は、HP「素人投資家の挑戦」上段をご覧下さいませ。
----------------------------------------
 ランキングへの応援(バナーをクリック)
宜しくお願い致します。

にほんブログ村 株ブログ 専業投資家へ  
皆さまからのクリック数で、ランキングの順位が決まります。
----------------------------------------
niko.gif twitter @mm333m 
niko.gif メール
----------------------------------------
「米国株について」を朝の8時頃、「日本株について」を夕方に(1日2回)更新しています。

12月10日 火曜日

日本株について
本日の日経平均株価は、20円安の23410円で取引終了。
欧米株の下落を受けて、9時31分に安値となる94円安まで売られるところがありました。その後は買い戻されて2円安で前引け。後場は全く動かないまま20円安で取引終了。

日経平均 日中足チャート
191210j.png

日経平均 日足チャート
191210j2.png

〇東証1部の売買代金と騰落状況
売買代金は1兆9042億円、出来高は10億4711万株。
値上がり銘柄数は989、値下がり銘柄数は1035、変わらずは133銘柄でした。

〇東証1部の業種別ランキング
10業種が上昇、23業種が下落
上昇率の高い順
その他製品、医薬品、水産・農林、情報・通信、繊維

下落率の高い順
電気・ガス、パルプ・紙、輸送用機器、陸運、鉄鋼

〇日経平均採用銘柄の騰落率
値上がり銘柄数は66、値下がり銘柄数は154、変わらずは5銘柄でした。
上昇率の高い順
第一三共 3.67%高、太陽誘電 3.49%高、日本水産 3.23%高、コナミ 2.54%高、カシオ計算機 2.38%高

下落率の高い順
トクヤマ 4.29%安、ヤマトHD 3.32%安、関西電力 3.28%安、サイバーエージェント 2.85%安、ディー・エヌ・エー 2.68%安

〇米国株の下落は少し売り材料
ダウ平均は0.38%安(105ドル安)、ナスダックは0.40%安、S&P500指数は0.32%安。
但し、米国株の項で書いています通り、当然の調整なので大きな売り材料にはならないと考えていました。

〇欧州株の下落も少し売り材料
ドイツ(DAX)0.46%安、フランス(CAC)0.59%安、イギリス(FTSE)0.08%安。
こちらも少しだけ売り材料になると考えていました。

〇ドル円相場による影響は無し
1ドル108円半ばで推移。前日比で変わらず影響は無し。

〇前場で取り返すも後場は動かず
前日の相場は、米国株が337ドルも上昇していたにもかかわらず76円高。
上昇率でみると、ダウ平均は1.22%高、ナスダックは1.00%高、S&P500指数は0.91%高。これに対して日本株は0.33%高。ダウ平均に対して4分の1、他2指数に対して3分の1しか上昇していません。

また、ボックス相場(23000円から23500円の間)の上限となる23500円が上値抵抗になっていたことから、本日の外部環境で23500円を上抜けて終えるのは難しいと思っていました。

取引開始から30分で100円近く売られた後、買い戻されて2円安で前引け。前場は戻りの強さを見せましたが、後場は買いの勢いは途絶えて全く動かず。大きな売りが出なかったことも幸いして、20円安で取引終了。

勉強できる私の買い付け」を更新しています。
タイトルは・・・騰がりきったら下がるだけ

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

米国株は、大幅高に伴う利益確定売りで反落
情報誌に掲載されました。
詳しい内容は、HP「素人投資家の挑戦」上段をご覧下さいませ。
----------------------------------------
 ランキングへの応援(バナーをクリック)
宜しくお願い致します。

にほんブログ村 株ブログ 専業投資家へ  
皆さまからのクリック数で、ランキングの順位が決まります。
----------------------------------------
niko.gif twitter @mm333m 
niko.gif メール
----------------------------------------
「米国株について」を朝の8時頃、「日本株について」を夕方に(1日2回)更新しています。

12月10日 火曜日

米国株について
ダウ平均は105ドル安の27909ドルで取引終了。
前週末の大幅高に伴う利益確定売りが先行。午後は安値揉み合いの後、引けにかけて一段安となりました。

米国株 日中足チャート
191210d.png

米国株 日足チャート
191210d2.png

〇主要3指数の動向
ダウ平均は0.38%安(105ドル安)、ナスダックは0.40%安、S&P500指数は0.32%安。
3指数揃って反落。

〇S&P500指数の業種別動向
3業種が上昇、8業種が下落しました。
上昇率の高い順
生活必需品、不動産、一般消費財

下落率の高い順
ヘルスケア、公益、情報技術、資本財、金融、通信、エネルギー、素材

〇ダウ構成銘柄の動向
12銘柄が上昇、 18銘柄が下落しました。
上昇率の高い順
ホームデポ 1.05%高、P&G 0.55%高、IBM 0.53%高、ビザ 0.41%高、トラベラーズ 0.41%高

下落率の高い順
アップル 1.40%安、ゴールドマン・サックス 1.25%安、ウォルト・ディズニー 0.98%安、スリーエム 0.96%安、ユナイテッドヘルス 0.95%安

〇利益確定売り
前週末の相場は、雇用統計を好感する買いで337ドル高と大幅高。3営業日で500ドルほど上昇していたこともあり、利益確定売りが出たと考えています。

〇とくに注視するところは無し
大幅高に伴う当然の調整(下落)であり、とくに注視するところは無いと思いました。
この下落で失望する投資家も少ないはず。

〇目先の下値抵抗と上値抵抗
下値は27800ドルで、上値は28000ドルになると考えています。

勉強できる私の買い付け」を更新しています。
タイトルは・・・騰がりきったら下がるだけ

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

日本株については上値の重さを嫌気する投資家が増えるかも
情報誌に掲載されました。
詳しい内容は、HP「素人投資家の挑戦」上段をご覧下さいませ。
----------------------------------------
 ランキングへの応援(バナーをクリック)
宜しくお願い致します。

にほんブログ村 株ブログ 専業投資家へ  
皆さまからのクリック数で、ランキングの順位が決まります。
----------------------------------------
niko.gif twitter @mm333m 
niko.gif メール
----------------------------------------
「米国株について」を朝の8時頃、「日本株について」を夕方に(1日2回)更新しています。

12月9日 月曜日

日本株について
本日の日経平均株価は、76円高の23430円で取引終了。
前週末の米国株大幅高を受けて190円高で寄り付きますが、すぐに売り込まれて上げ幅縮小。23400円を下回ると買戻しが入って107円高で前引け。後場は全く動かず、76円高で取引終了。

日経平均 日中足チャート
191209j.png

日経平均 日足チャート
191209j2.png

〇東証1部の売買代金と騰落状況
売買代金は1兆8170億円、出来高は10億8518万株。
値上がり銘柄数は1423、値下がり銘柄数は624、変わらずは109銘柄でした。

〇東証1部の業種別ランキング
29業種が上昇、4業種が下落
上昇率の高い順
鉱業、石油・石炭、保険、海運、鉄鋼

下落率の高い順
精密機器、医薬品、不動産、証券商品先物

〇日経平均採用銘柄の騰落率
値上がり銘柄数は174、値下がり銘柄数は46、変わらずは5銘柄でした。
上昇率の高い順
出光興産 4.19%高、日揮HD 3.31%高、IHI 3.29%高、川崎汽船 3.25%高、SOMPOホールディングス 3.21%高

下落率の高い順
アドバンテスト 2.95%安、太陽誘電 2.57%安、大日本住友製薬 2.20%安、第一三共 2.20%安、三井不動産 1.77%安

〇米国株大幅高が買い材料
前週末のダウ平均は1.22%高(337ドル高)、ナスダックは1.00%高、S&P500指数は0.91%高。
3指数揃って大幅高になりました。警戒要因だった雇用統計がポジティブサプライズ。

11月の米雇用統計は、非農業部門雇用者数が前月比26万6000人増になりました。
10月分は15万6000人、9月分も19万3000人に、合わせて4万1000人の上方修正。前月から大幅に増加、市場予想の18万人も大幅に上回りポジティブサプライズ。ADP雇用統計のネガティブサプライズにより警戒された雇用統計ですが、杞憂に終わりました。

・12月のミシガン大学消費者信頼感指数(速報値)は、99.2になりました。
11月の96.8から上昇、5月以来7ヶ月ぶりの高水準。市場予想も上回っています。

良好な指標が大きな買い材料となり、主要3指数が揃って大幅高になりました。
これを好感する買いが先行、190円高で寄り付きました。しかし・・・

〇寄り天
190円高で寄り付くも、すぐ右肩下がりになってしまい完全な寄り天(寄り付き天井)に。この展開が示す通り、買いの勢いは早々に失速。

〇ドル円相場も109円を超えられず
108円半ばで推移。株の失速で108円60銭超えから50銭台へ。

〇ボックス相場
191209j3.png

23000円から23500円の間で推移するボックス相場になっています。

〇上値の重さを嫌気する投資家が増えるかも
日本株に大きな影響を与える米国株が大幅高でも、寄り天で76円高どまり。
上昇率でみると分かり易いです。
ダウ平均は1.22%高、ナスダックは1.00%高、S&P500指数は0.91%高。
これに対して日本株は0.33%高。ダウ平均に対して4分の1、他2指数に対して3分の1しか上昇していません。

こうなると、上値の重さを嫌気する投資家が増えるかもしれません。

勉強できる私の買い付け」を更新しています。
タイトルは・・・騰がりきったら下がるだけ

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

売買の判断時(とき)について
売買する時に終値で判断する理由について、ご質問をいただきました。

いただいたメールになります。
----- ここから -----
いつも・・・・・
楽しみにしています。また 勉強させて頂いてます。
質問があります。
masaさんは 売買するときには終値で判断されていますが、ザラ場ではない理由を教えて頂けますか?まだまだ初心者なのですみません。
よろしくお願い致します。
----- ここまで -----



回答になります。
----- ここから -----
ご丁寧なメールを下さり、ありがとうございます。
勉強して下さっていると伺い、嬉しく思っています。

早速ですが、終値で判断する理由について
売買両方での理由を書かせていただきます。

買い付けの場合
取引時間中に狙っている水準まで下げれば買い付けます。
理由は、「狙っている水準=安いところ」なので買いチャンスと判断。
終値まで待たずに約定させます。
(狙っている水準まで下げれば、全ての銘柄を買い付けるという意味ではありません)


損切りの場合
終値で確実に(買値から)1割減と判断すれば損切り、微妙なら持越しです。
理由は、取引時間中に損切りラインまで下げても、終値では戻すことがあります。
この一時的な下落で損切りするのは、もったいないと考えています。

以上が、回答になります。何か少しでもお役に立てれば幸いです。

私も最初は初心者でした。初心者のご質問も大歓迎なので、遠慮なくどうぞ。
一緒に少しずつ学び、そして少しずつ前進していきましょう。
----- ここまで -----

以上になりますが、何か少しでもお役に立てれば幸いです。

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

米国株は雇用統計のポジティブサプライズで大幅高
情報誌に掲載されました。
詳しい内容は、HP「素人投資家の挑戦」上段をご覧下さいませ。
----------------------------------------
 ランキングへの応援(バナーをクリック)
宜しくお願い致します。

にほんブログ村 株ブログ 専業投資家へ  
皆さまからのクリック数で、ランキングの順位が決まります。
----------------------------------------
niko.gif twitter @mm333m 
niko.gif メール
----------------------------------------
「米国株について」を朝の8時頃、「日本株について」を夕方に(1日2回)更新しています。

12月8日 日曜日

米国株について
ダウ平均は、337ドル高の28015ドルで取引終了。
雇用統計がポジティブサプライズとなり、午前中に28000ドルへ到達。午後は高値揉み合いのまま取引終了。

米国株 日中足チャート
191208d.png

米国株 日足チャート
191208d2.png

〇主要3指数の動向
ダウ平均は1.22%高(337ドル高)、ナスダックは1.00%高、S&P500指数は0.91%高。
3指数揃って大幅高になりました。

〇S&P500指数の業種別動向
公益のみ下落、他10業種は全て上昇しています。
上昇率の高い順
エネルギー、金融、資本財、情報技術、素材、一般消費財、通信、ヘルスケア

〇ダウ構成銘柄の動向
27銘柄が上昇、 3銘柄が下落しました。
上昇率の高い順
スリーエム 4.32%高、ゴールドマン・サックス 3.44%高、ボーイング 2.43%高、ダウ 2.35%高、アメリカン・エキスプレス 1.97%高

下落率の高い順
ウォルグリーン 0.80%安、P&G 0.35%安、ユナイテッドヘルス 0.26%安

〇経済指標
・11月の雇用統計は、非農業部門雇用者数が前月比26万6000人増になりました。
10月分は15万6000人、9月分も19万3000人に、合わせて4万1000人の上方修正。前月から大幅に増加、市場予想の18万人も大幅に上回りポジティブサプライズ。

ADP雇用統計のネガティブサプライズにより警戒された雇用統計ですが、杞憂に終わりました。

・12月のミシガン大学消費者信頼感指数(速報値)は、99.2になりました。
11月の96.8から上昇、5月以来7ヶ月ぶりの高水準。市場予想も上回っています。

これらが大きな買い材料となり、午前中は右肩上がり。
お昼前には28000ドルまで上げ幅を拡大させました。午後は上値重くなりましたが、午前中に300ドルも上昇すれば当然。逆に売り込まれなかったことを評価したい。

〇過去最高値が視野に入るも一旦調整か
28000ドル回復で過去最高値が視野に入ってきました。雇用に対する安心感は引き続き買い材料となりますし、米中貿易協議絡みで悪い話が出てこなければ買い優勢という印象。

但し、3営業日で500ドルほど上昇していますから、高値を更新しても一旦調整する日は近いかもしれません。

〇目先の下値抵抗と上値抵抗
下値は27900ドルで、上値は28150ドルになると考えています。

勉強できる私の買い付け」を更新しています。
タイトルは・・・騰がりきったら下がるだけ

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

日本株は米雇用統計待ちで動意薄
情報誌に掲載されました。
詳しい内容は、HP「素人投資家の挑戦」上段をご覧下さいませ。
----------------------------------------
 ランキングへの応援(バナーをクリック)
宜しくお願い致します。

にほんブログ村 株ブログ 専業投資家へ  
皆さまからのクリック数で、ランキングの順位が決まります。
----------------------------------------
niko.gif twitter @mm333m 
niko.gif メール
----------------------------------------
「米国株について」を朝の8時頃、「日本株について」を夕方に(1日2回)更新しています。

12月6日 金曜日

日本株について
本日の日経平均株価は、54円高の23354円で取引終了。
買い先行で10時頃には100円超の上げ幅となりますが、すぐに売り込まれる「往って来い」。後場はほとんど動かないまま、54円高で取引終了。

日経平均 日中足チャート
191206j.png

日経平均 日足チャート
191206j2.png

〇東証1部の売買代金と騰落状況
売買代金は1兆7909億円、出来高は10億5492万株。
値上がり銘柄数は1308、値下がり銘柄数は737、変わらずは112銘柄でした。

〇東証1部の業種別ランキング
21業種が上昇、12業種が下落
上昇率の高い順
証券・商品先物、建設、鉄鋼、ガラス・土石、繊維

下落率の高い順
ゴム、水産・農林、鉱業、パルプ・紙、空運

〇日経平均採用銘柄の騰落率
値上がり銘柄数は125、値下がり銘柄数は92、変わらずは8銘柄でした。
上昇率の高い順
エーザイ 5.81%高、アドバンテスト 3.44%高、神戸製鋼所 3.23%高、太陽誘電 2.64%高、川崎汽船 2.64%高

下落率の高い順
トレンドマイクロ 2.02%安、住友化学 1.96%安、日本水産 1.90%安、旭化成 1.89%安、電通 1.83%安

朝の予想です
----- ここから -----
米雇用統計を控えて様子見ムードが強まりそう。
閑散相場で動意薄を予想しています。

〇米国株による影響はほとんど無し
ダウ平均は0.10%高(28ドル高)、ナスダックは0.05%高、S&P500指数は0.15%高。3指数揃って続伸しましたが、この程度の上昇では影響はほとんど無さそうです。

〇米雇用統計待ち
雇用統計で米国株は大きく動くかもしれません。
米国株の動向は日本株に大きく影響しますから、積極的に売買する投資家は少ないはず。とくに注視するところも無い相場展開を予想しています。

〇本日の下値抵抗と上値抵抗
下値は23200円で、上値は23400円になると考えています。
----- ここまで -----


雇用統計が警戒される理由
朝に更新している「米国株について」で書いていたこと
----- ここから -----
〇明日の雇用統計を控えて様子見ムード
前日に発表された11月のADP雇用統計は、民間部門雇用者数が10月から半減。市場予想の半分以下となるネガティブサプライズ。

前日の株価はこれを無視するような上昇になりましたが、書いていました通り明日の雇用統計に対する警戒感は高まっているはず。売られた後は戻しましたが、上値の重さはこれを示すものだと考えています。
----- ここまで -----
米雇用統計で米国株が大きく動けば、週明けの日本株に影響します。
米国株が大幅高なら買い材料、大幅安なら売り材料。


米中貿易協議絡みの発言と報道に振り回されない
朝に更新している「米国株について」で書いていたこと
----- ここから -----
米中貿易絡みでいろいろ報じられていますが、「合意は近い、合意は遠い、対中関税発動、発動延期、発動無し」と日々ばらばら。私は米国株を売買していませんが、このような情報に振り回されると勝率が悪くなると思います。このような時は、ドンと構えた投資法で。
----- ここまで -----
日本株に対しても同じことが言えます。
とくにAIは振り回されている印象ですが、同調しない投資法なら問題ありません。


本日の相場は予想通り、閑散相場で動意薄。
とくに注視するところが無い相場でした。米雇用統計待ちです。

勉強できる私の買い付け」を更新しています。
タイトルは・・・騰がりきったら下がるだけ

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

米国株は雇用統計を控えて方向感出ず
情報誌に掲載されました。
詳しい内容は、HP「素人投資家の挑戦」上段をご覧下さいませ。
----------------------------------------
 ランキングへの応援(バナーをクリック)
宜しくお願い致します。

にほんブログ村 株ブログ 専業投資家へ  
皆さまからのクリック数で、ランキングの順位が決まります。
----------------------------------------
niko.gif twitter @mm333m 
niko.gif メール
----------------------------------------
「米国株について」を朝の8時頃、「日本株について」を夕方に(1日2回)更新しています。

12月6日 金曜日

米国株について
ダウ平均は28ドル高の27677ドルで取引終了。
取引開始から30分で90ドル近く下げると安値揉み合いに。午後は少しずつ上昇して前日値を回復しますが、上値は重く28ドル高で取引終了。

米国株 日中足チャート
191206d.png

米国株 日足チャート
191206d2.png

〇主要3指数の動向
ダウ平均は0.10%高(28ドル高)、ナスダックは0.05%高、S&P500指数は0.15%高。3指数揃って僅かに続伸。

〇S&P500指数の業種別動向
8業種が上昇、3業種が下落しました。
上昇率の高い順
素材、情報技術、通信、金融、不動産、資本財、ヘルスケア、公益

下落率の高い順
エネルギー、一般消費財、生活必需品

〇ダウ構成銘柄の動向
17銘柄が上昇、 13銘柄が下落しました。
上昇率の高い順
ナイキ 2.21%高、アップル 1.47%高、ユナイテッドヘルス 0.96%高、ビザ 0.71%高、キャタピラー 0.66%高

下落率の高い順
スリーエム 1.66%安、ボーイング 0.91%安、シスコシステムズ 0.84%安、トラベラーズ 0.64%安、ウォルト・ディズニー 0.57%安

〇経済指標
・10月の耐久財受注改定値は、前月比0.5%増になりました。
速報値の0.6%増から下方修正。

・10月の製造業新規受注はは、前月比0.3%増になりました。
3ヵ月ぶりの増加で、市場予想と一致。9月分は0.6%減から0.8%減に下方修正。

〇明日の雇用統計を控えて様子見ムード
前日に発表された11月のADP雇用統計は、民間部門雇用者数が10月から半減。市場予想の半分以下となるネガティブサプライズ。

前日の株価はこれを無視するような上昇になりましたが、書いていました通り明日の雇用統計に対する警戒感は高まっているはず。売られた後は戻しましたが、上値の重さはこれを示すものだと考えています。

米中貿易絡みでいろいろ報じられていますが、「合意は近い、合意は遠い、対中関税発動、発動延期、発動無し」と日々ばらばら。私は米国株を売買していませんが、このような情報に振り回されると勝率が悪くなると思います。このような時は、ドンと構えた投資法で。

〇目先の下値抵抗と上値抵抗
下値は27400ドルで、上値は27850ドルになると考えています。
雇用統計が売買に大きく影響すると予想。上下の値幅を広くとっています。

前日に「勉強できる私の買い付け」を更新しています。
タイトルは・・・騰がりきったら下がるだけ

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

25日移動平均線に乗せるも迷いの相場
情報誌に掲載されました。
詳しい内容は、HP「素人投資家の挑戦」上段をご覧下さいませ。
----------------------------------------
 ランキングへの応援(バナーをクリック)
宜しくお願い致します。

にほんブログ村 株ブログ 専業投資家へ  
皆さまからのクリック数で、ランキングの順位が決まります。
----------------------------------------
niko.gif twitter @mm333m 
niko.gif メール
----------------------------------------
「米国株について」を朝の8時頃、「日本株について」を夕方に(1日2回)更新しています。

12月5日 木曜日

日本株について
本日の日経平均株価は、164円高の23300円で取引終了。
欧米株高と少しの円安が買い材料。窓を空ける上昇で寄り付きますが、23300円付近で動かないまま164円高の23300円で取引終了。

日経平均 日中足チャート
191205j.png

日経平均 日足チャート
191205j2.png

〇東証1部の売買代金と騰落状況
売買代金は2兆375億円、出来高は11億5389万株。
値上がり銘柄数は1275、値下がり銘柄数は784、変わらずは98銘柄でした。

〇東証1部の業種別ランキング
27業種が上昇、6業種が下落
上昇率の高い順
鉄鋼、海運、ガラス・土石、金属、鉱業

下落率の高い順
水産・農林、サービス、陸運、情報・通信、その他製品

〇日経平均採用銘柄の騰落率
値上がり銘柄数は183、値下がり銘柄数は39、変わらずは3銘柄でした。
上昇率の高い順
日本製鉄 6.67%高、太平洋セメント 5.44%高、JFEホールディングス 5.24%高、ミネベアミツミ 4.84%高、神戸製鋼所 4.25%高

下落率の高い順
楽天 2.25%安、日本水産 1.56%安、NTTドコモ 1.33%安、ヤマトHD 1.08%安、資生堂 0.97%安

朝の予想です。
----- ここから -----
米中貿易絡みの報道で振り回されている相場ですが、一旦反発したことで日本株にも押し目買いが入りそう。

〇米国株の上昇が買い材料
ダウ平均は0.53%高(146ドル高)、ナスダックは0.54%高、S&P500指数は0.63%高。
3指数揃っての反発は買い材料。

〇欧州株の上昇も買い材料
ドイツ(DAX)1.16%高、フランス(CAC)1.27%高、イギリス(FTSE)0.42%高。
ドイツとフランスが大きく上昇、日本株への買い材料になると考えています。

〇少しの円安も買い材料
1ドル108円半ばから後半まで円安進行。
少しの円安ですが、買い材料になると考えています。

〇上値追いは少ないかも
米中貿易協議が不透明感あり、米国株は買い先行のあと上値が重く引けにかけて上げ幅縮小。ADPの統計が半減していますので、雇用統計に対する警戒感も高まるはず。米国株への先行き警戒感は、日本株での手控えにつながります。

上昇した業種にも警戒感が表れています
米国株の上昇率トップはエネルギーで、1.57%高。2位の金融0.99%高を大きく上回り突出した上昇になっています。エネルギーが大幅高になっても日本株への影響は限られます。3位以下はヘルスケア、公益、生活必需品とディフェンシブ性の高い業種。個別でも主力の外需は上昇率が控えめ。

このようなことから、積極的に買い進める投資家は少ないかもしれません。

〇本日の下値抵抗と上値抵抗
下値は23200円で、上値は23400円になると考えています。
----- ここまで -----

〇鉄とセメントが飛ぶ
上昇率上位には、日本製鉄、太平洋セメント、JFEホールディングス、神戸製鋼所など。
鉄とセメントの上昇が目立ちました。

〇25日移動平均線に乗せるも迷いの相場
191205j3.png

抵抗線として注目度(影響度)の高い25日移動平均線に乗せました。
再び下支えしそうな雰囲気ですが、十字線が投資家の迷いを示しています。
買って良いのか悪いのか、待って良いのか動くべきか。私に迷いはありませんが。

本日は、「勉強できる私の買い付け」を更新しています。
タイトルは・・・騰がりきったら下がるだけ

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

米国株は米中貿易協議絡みの報道や発言で振り回される
情報誌に掲載されました。
詳しい内容は、HP「素人投資家の挑戦」上段をご覧下さいませ。
----------------------------------------
 ランキングへの応援(バナーをクリック)
宜しくお願い致します。

にほんブログ村 株ブログ 専業投資家へ  
皆さまからのクリック数で、ランキングの順位が決まります。
----------------------------------------
niko.gif twitter @mm333m 
niko.gif メール
----------------------------------------
「米国株について」を朝の8時頃、「日本株について」を夕方に(1日2回)更新しています。

12月5日 木曜日

米国株について
ダウ平均は146ドル高の27649ドルで取引終了。
経済指標が悪化するも、米中貿易協議の合意が近いとの報道を受けて押し目買いが先行。高値圏での揉み合いが続いた後、引けにかけて上げ幅縮小。

米国株 日中足チャート
191205d.png

米国株 日足チャート
1912205d2.png

〇主要3指数の動向
ダウ平均は0.53%高(146ドル高)、ナスダックは0.54%高、S&P500指数は0.63%高。3指数揃って反発。

〇S&P500指数の業種別動向
素材のみ下落、他10業種は全て上昇しています。
上昇率の高い順
エネルギー、金融、ヘルスケア、公益、生活必需品、通信、不動産

〇ダウ構成銘柄の動向
23銘柄が上昇、 7銘柄が下落しました。
上昇率の高い順
JPモルガン・チェース 1.97%高、ゴールドマン・サックス 1.74%高、ジョンソン&ジョンソン 1.62%高、メルク 1.48%高、ナイキ 1.36%高

下落率の高い順
ボーイング 0.92%安、シスコシステムズ 0.88%安、ビザ 0.71%安、ウォルト・ディズニー 0.20%安、ウォルグリーン 0.14%安

〇経済指標
・11月のADP雇用統計は、民間部門雇用者数が6万7000人増になりました。
14万人増を見込む市場予想の半分以下。10月分は12万5000人増から12万1000人増に少し下方修正。11月の雇用者数は、前月から半減しています。

・11月のISM非製造業景気指数は、53.9になりました。
市場予想を下回り、10月の54.7から低下。

共に重要視される指標で、本来なら大きな売り材料になるところ。
本日は、米中貿易協議の合意が近いとの報道による押し目買いで、悪材料が無視された印象です。

雇用の大幅減は注意が必要
本日は無視された印象ですが、後から悪い意味で効いてくるかもしれません。
雇用統計に対する警戒感も高まるはずです。

〇米中貿易協議の合意が近いとの報道
前日は、協議が長引く可能性および15日に対中関税第4弾(残りの全て)を発動すると示されたことで、一時458ドル安まで売られるところがありました(280ドル安で取引終了)。合意が前提の相場が続いてきただけに、ショック安という感じ。

本日は、合意が近いとの報道で押し目買いを誘発。
お昼前には225ドル高まで買われるところがありました。

〇押し目買い
報道は買い材料になったはずですが、大幅安に伴う押し目買いも入ったと考えています。前日の相場は、2日間で380ドル下げていたところへ売り先行、安値と合わせれば800ドルを超える暴落になっていた為、押し目買いで下げ幅縮小。この流れが続いたのではないかと。

〇疑心暗鬼
合意が近いのか遠いのか、対中関税はどうなるのか。
報道に振り回される状況で疑心暗鬼という感じ。(私は振り回されていませんが)これが上値の重さにつながっていると思いました。買い先行となりますが上値は重く、引けにかけて上げ幅を縮小させています。

〇目先の下値抵抗と上値抵抗
下値は27500ドルで、上値は27800ドルになると考えています。

勉強できる私の買い付け」を更新しています。
タイトルは・・・目先の天井を見極める

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー



カテゴリ 19年12月 から

私が作成したホームページ

私が作成したホームページ
「素人投資家の挑戦」

私の取引

こちらは、私の取引から勉強していただけると判断したものを、1ヶ月数銘柄(1週間に1銘柄程度)限定で紹介しているブログです。
「勉強できる私の買い付け」

プロフィール

【プロフィール】
〇名前 masa
〇年齢 40代
全くの素人から僅かな資金で株式投資を始めましたが、株式投資だけで生活できるようになりました。運用資金に対して少額分散投資と買値から1割減の損切りを徹底。「安くなれば買い、高くなれば売り、安くなるまで待つ」この単純な投資を繰り返しています。

Archives

相互リンク 五十音順

検索フォーム

ご注意

この株日記は、私の独断と偏見によって書いているものです。当ブログの運営は購読を目的としたものであり、投資顧問業ではありません。よって、具体的な売買の指示およびご案内は致しかねます。又、内容に関して正確性および安全性を保障するものではありませんのでご理解願います。当サイトをご利用のうえ、被ったいかなる損害についても「素人投資家の挑戦」管理人masaは一切の責任を負いませんので、ご了承下さいませ。