素人投資家の株日記
株式投資で生活できるようになりました
07 | 2018/08 | 09
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

米中貿易交渉が進展、300円ほどの下落から12円安まで下げ幅縮小
株日記は特別な事情がない限り、平日の夕方に更新しますちな♪
株日記および「勉強できる私の買い付け」などの更新情報は、ホームページ「素人投資家の挑戦」右上にある新着情報でお知らせしますので、ご確認下さい。

スマートフォンでご覧になる場合、PCサイトの画面に設定すると(PCサイトを表示する設定)、画面下部の広告が表示されなくなります。

---------------------------------------------------------------------------

お知らせ
○ こちらの株日記が、情報誌に掲載されました。
廣済堂出版 ネットマネー 08年7月号
今月の最強株ブロガー

掲載内容をご紹介 ⇒ こちら

○ 私の投資法が、情報誌に掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 09年5月号
逆発想で稼いでいる人達の奥の手

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

○ こちらの株日記が、All About(オールアバウト)で紹介されました。
マネー投資「好パフォーマンスの個人投資家」 
11年10月
 掲載内容をご紹介 ⇒ こちら

○ 私の投資法が、情報誌に掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 13年3月号
株投資の裏ワザ!こんなテクニックで勝ち馬に乗ることができる!

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

○ 私の投資体験記が掲載されました。
ビッグローブ株式会社 サーイ・イサラ
14年8月号 ネット de 資産運用

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

○ 私の投資法が情報誌に掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 16年11月号
投資で勝ち続ける人の黄金リズム masaさんの ヒッソリ投資

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

〇私の「ヒッソリ投資」が増刊号で再掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 17年5月号 増刊
16年11月号で「私のヒッソリ投資」が掲載されたのですが、反響が大きく再掲載されました。


〇投資本との向き合い方が掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 17年6月号
一生「貧乏脳」の人、「金持ち脳」に変わる人。この習慣が決め手になる。

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

とても貴重な経験をさせていただき、感謝しております。この場を借りて、お礼申し上げます。

---------------------------------------------------------------------------

いただいたメールを、(プライベートな部分を省いて)順番に紹介しています。
niko.gif 掲示板 

メールはこちらからどうぞ
niko.gif メール

---------------------------------------------------------------------------

8月16日 木曜日

本日の日経平均は、前日比12円安の22192円になりました。
米国株は137ドル安の25162ドル。

「米国株について」
トルコの報復関税をキッカケとした需給関係の崩れが影響し、午前中は右肩下がりで25000ドルを割り込みました。その後は25100ドルまでの間で長く揉み合いますが、引けにかけて大きく戻し137ドル安まで下げ幅縮小。

米国株 日中足チャート
180816d.png

米国株 日足チャート
180816d2.png

〇主要3指数の動向
ダウ平均は0.54%安、ナスダックは1.23%安、S&P500指数は0.76%安。
主要3指数が揃って反落。

〇S&P500指数業種別
上昇率の高い順
不動産、公益、電気通信

下落率の高い順
エネルギー、素材、一般消費財

〇ダウ構成銘柄の動向
13銘柄が上昇、 17銘柄が下落しました。
上昇率の高い順
メルク 1.37%高、P&G 1.22%高、ファイザー 1.11%高

下落率の高い順
シェブロン 3.79%安、ボーイング 2.18%安、キャタピラー 2.15%安

〇経済指標
・7月の鉱工業生産は、前月比プラス0.1%になりました。
市場予想よりも悪く、6月のプラス1.0%から大幅に低下。

・7月の小売売上高は、前月比0.5%増になりました。
市場予想を上回り、6ヶ月連続の増加。

〇トルコの報復関税による影響は限定的か
米国による関税引き上げに対して、トルコが報復関税を示しました。一方で、交渉の用意もあるとして過度な緊張を回避。

株価は300ドルほど売られた25000ドルを下値としながら長く揉み合いましたが、引けにかけて大きく戻し137ドル安まで下げ幅を縮小させています。前日の日本株でも、この報道を受けて下げ幅を拡大させますが、引けにかけて戻していました。

貿易問題は売り要因ですが、これを警戒した売りというよりも「キッカケ」になったと考えています。

〇よくあるパターン
直近高値から4営業日続落で、一旦崩れた印象。
そこから株価が戻すと、「戻り売り、売り逃げそびれていた投資家とAIによる売り」などの影響で急落する展開はとてもよくあるパターンです。

〇下ヒゲの長い足
安値24965ドルから終値25162ドルまで大きく戻したことで、下ヒゲの長い足が出現。
180816d4.png

戻りの強さを示し、経験則では目先強含み。

〇目先の上値抵抗と下値抵抗
上値は25300ドルで、下値は25000ドルになると考えています。

前日に「勉強できる私の買い付け」を更新しています。

タイトルは・・・待つも相場

「勉強できる私の買い付け」とは
私の取引から勉強していただけると判断したものを、1ヶ月数銘柄(1週間に1銘柄程度)限定で紹介しているブログです。
「私の取引について」の詳しいご説明はhand02[1]こちら

「 日本株について 」
米国株の下落が売り材料となり、21900円から22000円の間で揉み合いになりますが、米中貿易交渉の報道をキッカケに急騰すると29円高で前引け。後場は前日値付近で動かないまま12円安の22192円で取引終了。

日経平均 日中足チャート
180816j.png

日経平均 日足チャート
180816j2.png

〇東証1部の売買代金と騰落状況
売買代金は2兆5867億円、売買高は15億4677万株。
値上がり銘柄数は367、値下がり銘柄数は1673、変わらずは64銘柄でした。

〇業種別
4業種が上昇、29業種が下落
上昇率の高い順
銀行、証券商品先物、電気・ガス、保険

下落率の高い順
石油石炭、非鉄金属、化学、情報通信、倉庫運輸など

〇個別銘柄の動向
上昇率の高い順
コムシスHD 2.40%高、アマダHD 2.37%高、ファーストリテイリング 2.14%高、松井証券 2.14%高、関西電力 2.05%高

下落率の高い順
太平洋金属 6.82%安、資生堂 5.35%安、JXホールディングス 4.67%安、三井金属 4.51%安、昭和電工 4.04%安

〇米国株の見方が分かれます
ダウ平均は0.54%安(137ドル安)、ナスダックは1.23%安、S&P500指数は0.76%安。主要3指数の下落は売り材料になりますが、25000ドル割れから25162ドルまで大きく戻していることは好感されたはず。また、ダウ平均はシェブロン、ボーイング、キャタピラーの3銘柄で100ドル押し下げている為、これを差し引けば僅かな下落。これも安心材料。

〇欧州3市場の大幅安も見方が分かれます
イギリス(FTSE)1.49%安、ドイツ(DAX)1.58%安、フランス(CAC)1.82%安。主要3指数の大幅安(日本株にあてはめると300円を超える下落)は売り材料。但し、米国株が後半に大きく戻したことは反映されていません。

〇米中貿易交渉へ
中国の商務次官が貿易交渉の為、8月下旬に訪米するとの報道で大口買いが連発。
21900円付近から22200円まで300円も暴騰しました。

米国とトルコ間での貿易摩擦問題が注視されている中、それまで同じように注視されていた米中貿易摩擦問題。
後者が進展したことで、貿易摩擦が和らぐとの見方から買い材料になりました。あっという間の暴騰なので、主に一部のAIが大口買いを連発させたのではないかと。

〇AI による大口買いで戻す銘柄も限られた
暴騰で戻したわりには、全33業種のうち4業種しか上昇していません。29業種が下落。
東証1部でも367銘柄しか上昇しておらず、値下がり銘柄数は1673 と8割が下落。

上記しています通り、主に一部のAIが大口買いを連発させたと考えれば、戻す銘柄が限られるのも納得。

〇ジェットコースター相場
180816j3.png

荒い値動きになっていますが、一喜一憂、振り回されないように注意したいところです。

 ランキングへの応援(バナーをクリック)
お願い致します。

にほんブログ村 株ブログ 専業投資家へ  

皆さまからのクリック数で、ランキングの順位が決まります。クリックするとランキングサイトへ進みますが、必要なければそのまま閉じて下さい。

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

夏季休暇で市場参加者少なく、また材料不足でもあり閑散相場
株日記は特別な事情がない限り、平日の夕方に更新しますちな♪
株日記および「勉強できる私の買い付け」などの更新情報は、ホームページ「素人投資家の挑戦」右上にある新着情報でお知らせしますので、ご確認下さい。

スマートフォンでご覧になる場合、PCサイトの画面に設定すると(PCサイトを表示する設定)、画面下部の広告が表示されなくなります。

---------------------------------------------------------------------------

お知らせ
○ こちらの株日記が、情報誌に掲載されました。
廣済堂出版 ネットマネー 08年7月号
今月の最強株ブロガー

掲載内容をご紹介 ⇒ こちら

○ 私の投資法が、情報誌に掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 09年5月号
逆発想で稼いでいる人達の奥の手

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

○ こちらの株日記が、All About(オールアバウト)で紹介されました。
マネー投資「好パフォーマンスの個人投資家」 
11年10月
 掲載内容をご紹介 ⇒ こちら

○ 私の投資法が、情報誌に掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 13年3月号
株投資の裏ワザ!こんなテクニックで勝ち馬に乗ることができる!

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

○ 私の投資体験記が掲載されました。
ビッグローブ株式会社 サーイ・イサラ
14年8月号 ネット de 資産運用

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

○ 私の投資法が情報誌に掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 16年11月号
投資で勝ち続ける人の黄金リズム masaさんの ヒッソリ投資

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

〇私の「ヒッソリ投資」が増刊号で再掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 17年5月号 増刊
16年11月号で「私のヒッソリ投資」が掲載されたのですが、反響が大きく再掲載されました。


〇投資本との向き合い方が掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 17年6月号
一生「貧乏脳」の人、「金持ち脳」に変わる人。この習慣が決め手になる。

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

とても貴重な経験をさせていただき、感謝しております。この場を借りて、お礼申し上げます。

---------------------------------------------------------------------------

いただいたメールを、(プライベートな部分を省いて)順番に紹介しています。
niko.gif 掲示板 

メールはこちらからどうぞ
niko.gif メール

---------------------------------------------------------------------------

8月15日 水曜日

本日の日経平均は、前日比151円安の22204円になりました。
米国株は112ドル高の25299ドル。

「米国株について」
日本株の大幅高をキッカケに押し目買いが先行。25300ドルまで上昇した後は、ほとんど動かないまま取引終了。

米国株 日中足チャート
180815d.png

米国株 日足チャート
180815d2.png

〇主要3指数の動向
ダウ平均は0.45%高、ナスダックは0.67%高、S&P500指数は0.64%高。
主要3指数が揃って反発。

〇S&P500指数業種別
全11業種のうち10業種が上昇、1業種が変わらず。下げた業種はありません。
上昇率の高い順
一般消費財、金融、素材

〇ダウ構成銘柄の動向
20銘柄が上昇、 10銘柄が下落しました。
上昇率の高い順
ウォルグリーン 3.28%高、マクドナルド 1.56%高、ダウデュポン 1.46%高

下落率の高い順
インテル 0.68%安、ジョンソン&ジョンソン 0.55%安、ホームデポ 0.54%安

〇リラ(トルコの通貨)急落で売られていた金融が上昇
ゴールドマン・サックス 1.23%高、JPモルガン・チェース 0.77%高、バンク・オブ・アメリカ 1.02%高、シティ・グループ 1.23%高、ウェルズファーゴ 0.80%高、大手金融株は全て上昇。

リラ急落で売られていた金融と書いていますが、そもそもリラ急落が業績に与える影響は小さく、利益確定のキッカケだと思っていました。買い戻されて当然という感じ。

〇日本の大幅高が買い材料
前日の日本株は498円(2.28%)も急騰。これを好感する買いが大きく影響したと考えています。通常、米国株の動向が日本株に影響を与えますが、これだけ上昇すれば逆の展開になってもおかしくありません。押し目買いのキッカケとしては十分だと思いました。

〇調整後の押し目買い
4営業日続落で値幅調整が進んでいたことも買い材料。

〇上値追いは限られた
値幅調整は進みましたが、直近高値から一旦崩れた相場なので「まずは打診買い」という感じでしょうか。

〇目先の上値抵抗と下値抵抗
上値は25400ドルで、下値は25150ドルになると考えています。

本日は「勉強できる私の買い付け」を更新しています。

タイトルは・・・待つも相場

「勉強できる私の買い付け」とは
私の取引から勉強していただけると判断したものを、1ヶ月数銘柄(1週間に1銘柄程度)限定で紹介しているブログです。
「私の取引について」の詳しいご説明はhand02[1]こちら

「 日本株について 」
前日値付近で寄り付きますが、前場は緩やかに右肩下がり。後場は一段安となり、13時頃には安値となる246円安の22110円まで売られるところがありました。その後は引けにかけて少しずつ戻し、151円安の22204円で取引終了。

日経平均 日中足チャート
180815j.png

日経平均 日足チャート
180815j2.png

〇東証1部の売買代金と騰落状況
売買代金は2兆402億円、売買高は12億4476万株。
値上がり銘柄数は422、値下がり銘柄数は1618、変わらずは64銘柄。

夏季休暇をとる市場参加者が多く、閑散相場になりました。
なんとか2兆円を維持しています。

〇業種別
5業種が上昇、28業種が下落
上昇率の高い順
海運、電気・ガス、水産・農林、鉱業など

下落率の高い順
パルプ・紙、ガラス土石、金属、その他製品、石油石炭など

〇個別銘柄の動向
上昇率の高い順
川崎汽船 3.25%高、ヤマトHD 2.23%高、キッコーマン 2.20%高、商船三井 1.99%高、ヤマハ 1.76%高

下落率の高い順
三井金属 5.75%安、古河電気工業 5.45%安、東海カーボン 5.29%安、SUMCO 5.40%安、太平洋セメント 4.84%安

〇米国株高による影響は限定的
ダウ平均は0.45%高(112ドル高)、ナスダックは0.67%高、S&P500指数は0.64%高。主要3指数揃っての上昇は買い材料となりますが、前日に500円近く上昇していたことで影響は限定的。

〇欧州市場による影響はほとんど無し
イギリス(FTSE)0.40%安、ドイツ(DAX)変わらず、フランス(CAC)0.16%安。小動きでまちまちの展開は日本株に影響せず。

〇トルコが報復関税
米国によるトルコ製品の追加関税に対し、トルコが米国製品に報復関税を示しました。
この報道を受けて22200円から22100円付近まで売られましたが、引けにかけて少しずつ戻し22204円で取引終了。

今は夏季休暇をとる市場関係者が多いので(売買が低調なので)、一部の機関投資家およびAIによる大口売買が大きく影響します。この為、報復関税の報道で即反応した大口売りが影響し、一気に100円近く下げ幅を拡大させたと思いました。

トルコの報復関税は織込み済みか
米国がトルコ製品の関税を引き上げようとしている中で、トルコが黙っているはずありません。
当然のことであり、想定範囲内。
大きな懸念材料なら売られっぱなしになるところ、終値では報復関税報道で下げた分を取り返しています。

〇見方が分かれる
朝の(私の)予想では、見方が分かれると思っていました。

前日の上昇要因が悩ませるところ。
前日の相場は3回の大口買いが大きな上昇要因になりました。それ以外の時間帯ではほぼ横ばいで推移。

慎重な見方
・前日に498円(2.28%)も急騰していますから、買いは一服。米国株の上昇を反映する買いは入り難い。
・大口買いが短期目的なら、早々に手仕舞いしてくる可能性もあり。

強気な見方
・前日の大口買いが続けば大幅に続伸。
・「大口買い」を言い換えれば「大勢が買っていない」為、潜在的な買い手は多く残っている。

このようなことから、普通に考えると上値は重い。でも、先読みするのが難しいと思っていました。
結果は151円安、全33業種のうち上昇したのは5業種、東証1部の7割が下落。

 ランキングへの応援(バナーをクリック)
お願い致します。

にほんブログ村 株ブログ 専業投資家へ  

皆さまからのクリック数で、ランキングの順位が決まります。クリックするとランキングサイトへ進みますが、必要なければそのまま閉じて下さい。

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

日経平均498円高!でも・・・3回の大口買いで相場がつくられた印象
株日記は特別な事情がない限り、平日の夕方に更新しますちな♪
株日記および「勉強できる私の買い付け」などの更新情報は、ホームページ「素人投資家の挑戦」右上にある新着情報でお知らせしますので、ご確認下さい。

スマートフォンでご覧になる場合、PCサイトの画面に設定すると(PCサイトを表示する設定)、画面下部の広告が表示されなくなります。

---------------------------------------------------------------------------

お知らせ
○ こちらの株日記が、情報誌に掲載されました。
廣済堂出版 ネットマネー 08年7月号
今月の最強株ブロガー

掲載内容をご紹介 ⇒ こちら

○ 私の投資法が、情報誌に掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 09年5月号
逆発想で稼いでいる人達の奥の手

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

○ こちらの株日記が、All About(オールアバウト)で紹介されました。
マネー投資「好パフォーマンスの個人投資家」 
11年10月
 掲載内容をご紹介 ⇒ こちら

○ 私の投資法が、情報誌に掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 13年3月号
株投資の裏ワザ!こんなテクニックで勝ち馬に乗ることができる!

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

○ 私の投資体験記が掲載されました。
ビッグローブ株式会社 サーイ・イサラ
14年8月号 ネット de 資産運用

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

○ 私の投資法が情報誌に掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 16年11月号
投資で勝ち続ける人の黄金リズム masaさんの ヒッソリ投資

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

〇私の「ヒッソリ投資」が増刊号で再掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 17年5月号 増刊
16年11月号で「私のヒッソリ投資」が掲載されたのですが、反響が大きく再掲載されました。


〇投資本との向き合い方が掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 17年6月号
一生「貧乏脳」の人、「金持ち脳」に変わる人。この習慣が決め手になる。

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

とても貴重な経験をさせていただき、感謝しております。この場を借りて、お礼申し上げます。

---------------------------------------------------------------------------

いただいたメールを、(プライベートな部分を省いて)順番に紹介しています。
niko.gif 掲示板 

メールはこちらからどうぞ
niko.gif メール

---------------------------------------------------------------------------

8月14日 火曜日

本日の日経平均は、前日比498円高の22356円になりました。
米国株は125ドル安の25187ドル。

「米国株について」
小幅な上昇でしばらく揉み合った後は右肩下がり。25200ドルを割り込むと一旦買い戻されますが、引けにかけて再び売り込まれて125ドル安で取引終了。

米国株 日中足チャート
180814d.png

米国株 日足チャート
180814d2.png

〇主要3指数の動向
ダウ平均は0.50%安、ナスダックは0.25%安、S&P500指数は0.40%安。

〇S&P500指数業種別
上昇率の高い順
公益、ヘルスケア

下落率の高い順
エネルギー、素材、金融

〇ダウ構成銘柄の動向
6銘柄が上昇、 24銘柄が下落しました。
上昇率の高い順
メルク 0.98%高、アップル 0.65%高、ビザ 0.34%高

下落率の高い順
ダウデュポン 1.70%安、JPモルガン・チェース 1.59%安、IBM 1.23%安

〇トルコとの貿易摩擦問題を警戒する動きは低下
米国経済に大きな影響を与える問題なら(想定されるなら)、売りの動きは止まらないはずですが、取引開始からしばらくの間は小幅高で揉み合いました。

大きく下げたのは前週末だけで、週明け早々に押し目買いが入っています。結果は125ドル安になりましたが、トルコとの貿易摩擦問題を警戒する動きが低下しているのではないかと。

〇一旦手仕舞い
直近高値を更新したあと4営業日続落しましたが、この流れは普通。
決算は出揃い、株価は直近高値を更新。こうなると、確実なところで一旦利益を確定しておき、決算内容を検証した後で押し目買い。そんなことを考える投資家とAIは多くなってくるはず。

〇値幅調整が進む
好感される値幅調整で、失望する投資家とAIは少ないと考えています。想定内の下落であり驚きもありません。

〇目先の上値抵抗と下値抵抗
上値は25350ドルで、下値は25000ドルになると考えています。

勉強できる私の買い付け」を更新しています。

タイトルは・・・割安株の押し目買い

「勉強できる私の買い付け」とは
私の取引から勉強していただけると判断したものを、1ヶ月数銘柄(1週間に1銘柄程度)限定で紹介しているブログです。
「私の取引について」の詳しいご説明はhand02[1]こちら

「 日本株について 」
前日までの下落から一転、大幅高。前場は大口買いで急騰したあと22100円付近で揉み合いました。後場も大口買いで一段高になると次は22250円付近での揉み合いに。最後も大口買いで更に上げ幅を拡大させて498円高の22356円で高値引け。

日経平均 日中足チャート
180814j.png

日経平均 日足チャート
180814j2.png

〇東証1部の売買代金と騰落状況
売買代金は2兆533億円、売買高は12億624万株。
値上がり銘柄数は1795、値下がり銘柄数は264、変わらずは45銘柄。

〇業種別
33業種全てが上昇しました。
上昇率の高い順
倉庫運輸、精密機器、情報・通信、陸運、電気・ガスなど

〇個別銘柄の動向
上昇率の高い順
古河機械金属 5.31%高、スズキ 5.12%高、京王電鉄 4.64%高、コムシスHD 4.25%高、NTTデータ 4.11%高

下落率の高い順
SUMCO 2.21%安、神戸製鋼所 1.53%安、パイオニア 1.50%安、ディー・エヌ・エー 1.46%安、東海カーボン 1.32%安

〇欧米市場の下落を跳ねのけた
ダウ平均は0.50%安(125ドル安)、ナスダックは0.25%安、S&P500指数は0.40%安。
イギリス(FTSE)0.32%安、ドイツ(DAX)0.53%安、フランス(CAC)0.04%安。

欧米市場が下落するも、押し目買いで大幅に反発。
朝の(私の)予想でも押し目買いは想定していましたが、それを大きく上回る上げ幅に。

〇閑散相場で大口買いの影響が大きくなった
夏季休暇をとる市場参加者が多く、東証1部の売買代金は僅か2兆533億円しかありません。
この為、大口買いの影響が大きくなったと考えています。

前場は急騰(大口買い)で寄り付いた後に22100円付近で揉み合い。
後場も急騰(大口買い)で22250円まで上昇すると、その付近で揉み合いました。
最後の一段高も大口買い。
このようにみると、大勢が買い向かったのではなく3回の大口買いで相場がつくられた印象。

 ランキングへの応援(バナーをクリック)
お願い致します。

にほんブログ村 株ブログ 専業投資家へ  

皆さまからのクリック数で、ランキングの順位が決まります。クリックするとランキングサイトへ進みますが、必要なければそのまま閉じて下さい。

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

米国とトルコの対立をキッカケに需給関係が大きく悪化
株日記は特別な事情がない限り、平日の夕方に更新しますちな♪
株日記および「勉強できる私の買い付け」などの更新情報は、ホームページ「素人投資家の挑戦」右上にある新着情報でお知らせしますので、ご確認下さい。

スマートフォンでご覧になる場合、PCサイトの画面に設定すると(PCサイトを表示する設定)、画面下部の広告が表示されなくなります。

---------------------------------------------------------------------------

お知らせ
○ こちらの株日記が、情報誌に掲載されました。
廣済堂出版 ネットマネー 08年7月号
今月の最強株ブロガー

掲載内容をご紹介 ⇒ こちら

○ 私の投資法が、情報誌に掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 09年5月号
逆発想で稼いでいる人達の奥の手

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

○ こちらの株日記が、All About(オールアバウト)で紹介されました。
マネー投資「好パフォーマンスの個人投資家」 
11年10月
 掲載内容をご紹介 ⇒ こちら

○ 私の投資法が、情報誌に掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 13年3月号
株投資の裏ワザ!こんなテクニックで勝ち馬に乗ることができる!

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

○ 私の投資体験記が掲載されました。
ビッグローブ株式会社 サーイ・イサラ
14年8月号 ネット de 資産運用

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

○ 私の投資法が情報誌に掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 16年11月号
投資で勝ち続ける人の黄金リズム masaさんの ヒッソリ投資

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

〇私の「ヒッソリ投資」が増刊号で再掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 17年5月号 増刊
16年11月号で「私のヒッソリ投資」が掲載されたのですが、反響が大きく再掲載されました。


〇投資本との向き合い方が掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 17年6月号
一生「貧乏脳」の人、「金持ち脳」に変わる人。この習慣が決め手になる。

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

とても貴重な経験をさせていただき、感謝しております。この場を借りて、お礼申し上げます。

---------------------------------------------------------------------------

いただいたメールを、(プライベートな部分を省いて)順番に紹介しています。
niko.gif 掲示板 

メールはこちらからどうぞ
niko.gif メール

---------------------------------------------------------------------------

8月13日 月曜日
夏休みが終わりましたので、本日から更新します。

本日の日経平均は、前週末比440円安の21857円になりました。
米国株は196ドル安の25313ドル。

「米国株について」
トルコとの貿易摩擦懸念から売り先行。25300ドル付近で長く揉み合いますが、午後の安値では287ドル安の25222ドルまで売られるところがありました。その後は大口買いで戻しますが、上値は重く25313ドルで取引終了。

米国株 日中足チャート
180813d.png

米国株 日足チャート
180813d2.png

〇主要3指数の動向
ダウ平均は0.77%安、ナスダックは0.67%安、S&P500指数は0.71%安。

〇S&P500指数業種別
上昇率の高い順
エネルギーのみ上昇

下落率の高い順
素材、金融、不動産

〇ダウ構成銘柄の動向
5銘柄が上昇、 24銘柄が下落、1銘柄が変わらず。
上昇率の高い順
ウォルマート 1.31%高、シェブロン 0.66%高、ウォルグリーン 0.48%高

下落率の高い順
インテル 2.57%安、キャタピラー 1.88%安、ダウデュポン 1.85%安

〇トルコとの貿易摩擦懸念
トランプ大統領が、トルコ製の鉄鋼とアルミに対して関税を2倍に引き上げると示したことで、貿易摩擦懸念が膨らみ売り材料となりました。但し、「関税引き上げを示してから交渉に入る」というのはいつものパターンなので、利益確定と戻り売りのキッカケになったところもあるのではないかと。

〇金融株が売られた
トルコとの貿易摩擦懸念からトルコの通貨が急落。これを受けて、金融株が大きく売られました。業種別でも金融が下落率2位。

〇需給面からみると程良い調整
直近高値を更新後、3営業日続落。貿易摩擦懸念で売られましたが、過熱感を和らげる程良い調整だと思いました。

〇目先の上値抵抗と下値抵抗
上値は25400ドルで、下値は25150ドルになると考えています。

勉強できる私の買い付け」を更新しています。

タイトルは・・・割安株の押し目買い

「勉強できる私の買い付け」とは
私の取引から勉強していただけると判断したものを、1ヶ月数銘柄(1週間に1銘柄程度)限定で紹介しているブログです。
「私の取引について」の詳しいご説明はhand02[1]こちら

「 日本株について 」
米国とトルコ間による貿易摩擦懸念とテクニカル的な悪化を受けて売り先行。22100円付近でしばらく揉み合いますが、そこから右肩下がりになってしまい355円安で前引け。後場に入っても下げ続け、13時30分には400円を超える下げ幅に。その後、押し目買いで100円ほど戻しますが、引けにかけて再び売り込まれ440円安の21857円で取引終了。

日経平均 日中足チャート
180813j.png

日経平均 日足チャート
180813j2.png

〇東証1部の売買代金と騰落状況
売買代金は2兆5144億円、売買高は15億2364万株。
値上がり銘柄数は191、値下がり銘柄数は1884、変わらずは28銘柄でした。

〇業種別
1業種が上昇、32業種が下落
上昇率の高い順
サービスのみ上昇

下落率の高い順
機械、海運、非鉄金属、電気機器、ゴムなど

〇個別銘柄の動向
上昇率の高い順
リクルートHD 5.86%高、太平洋金属 2.51%高、日本郵政 2.44%高、SOMPOホールディングス 1.79%高、スズキ 1.46%高

下落率の高い順
三井金属 14.10%安、日本製鋼所 7.62%安、太陽誘電 5.86%安、SCREENホールディングス 5.78%安、東邦亜鉛 5.63%安

〇米国株の大幅安が売り材料
ダウ平均は0.77%安、ナスダックは0.67%安、S&P500指数は0.71%安。主要3指数の下落は売り材料。

〇米国とトルコ間での貿易摩擦問題
これを嫌気して前週末の米国株は大きく売られましたが、米国株の項で書いています通り「関税引き上げを示してから交渉に入る」というのはいつものパターンなので、冷静に見ている投資家とAIは多いと考えています。

〇日米新貿易協議
初会合が終了。両国間の貿易拡大を目指すことで合意しましたが、肝心の自動車関税などでは折り合わず、9月以降の会合へ持越しに。但し、完全な決裂ではなく次回に持越した流れは安心感につながったはず。

〇ハイテク(半導体)が弱い
前週の相場では、モルガン・スタンレーが米半導体業界の投資評価を引き下げ、日米の半導体が売られる展開に。週末はゴールドマン・サックスが投資判断と目標株価を引き下げたインテルが下落率トップ、他にマイクロソフト、アップルなども下落。これを受けて、日本株でも半導体関連に対する売りが止まらず下げ幅が大きくなりました。

〇内需関連株へ資金が向かう
米国とトルコ間での貿易摩擦問題を受けて、外部要因の影響を受けにくい内需関連株(ディフェンシブ関連株)に資金が向かいました。業種別ではサービスのみ上昇、他に下げ幅が小さいものから小売、医薬品、保険、電気・ガス、不動産、情報・通信、食料品、農林・水産と並んでいます。米国株では、内需関連の生活必需品およびヘルスケアなどの下げが小さいので、日本株でも似たような展開になりました。

〇需給関係の悪化
7月下旬から、およそ22400円から22800円の間で推移するボックス相場(揉み合い相場)になっていましたが、前週末の300円安で下抜けました。この影響が大きかったと考えています。

私の(朝の)予想では、前週末に300円も下げているので戻す可能性はあると考えていましたが、結果は戻らず右肩下がりで440円安の21857円。予想以上の売られ方になりました。

2営業日で740円も下げていますが・・・実はノーダメージ。
下げる前に利益確定を連発させていますが、その詳細はこれから更新していく「勉強できる私の買い付け」こちらを楽しみにお待ち下さい。派手な売買はありませんが、地道にコツコツと進めています

下がれば買って、騰がるまで待つ。
騰がれば売って、下がるまで待つ。
株式投資はこれの繰り返し

 ランキングへの応援(バナーをクリック)
お願い致します。

にほんブログ村 株ブログ 専業投資家へ  

皆さまからのクリック数で、ランキングの順位が決まります。クリックするとランキングサイトへ進みますが、必要なければそのまま閉じて下さい。

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

日米相場と夏季休暇のお知らせ
株日記は特別な事情がない限り、平日の夕方に更新しますちな♪
株日記および「勉強できる私の買い付け」などの更新情報は、ホームページ「素人投資家の挑戦」右上にある新着情報でお知らせしますので、ご確認下さい。

スマートフォンでご覧になる場合、PCサイトの画面に設定すると(PCサイトを表示する設定)、画面下部の広告が表示されなくなります。

---------------------------------------------------------------------------

お知らせ
○ こちらの株日記が、情報誌に掲載されました。
廣済堂出版 ネットマネー 08年7月号
今月の最強株ブロガー

掲載内容をご紹介 ⇒ こちら

○ 私の投資法が、情報誌に掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 09年5月号
逆発想で稼いでいる人達の奥の手

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

○ こちらの株日記が、All About(オールアバウト)で紹介されました。
マネー投資「好パフォーマンスの個人投資家」 
11年10月
 掲載内容をご紹介 ⇒ こちら

○ 私の投資法が、情報誌に掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 13年3月号
株投資の裏ワザ!こんなテクニックで勝ち馬に乗ることができる!

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

○ 私の投資体験記が掲載されました。
ビッグローブ株式会社 サーイ・イサラ
14年8月号 ネット de 資産運用

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

○ 私の投資法が情報誌に掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 16年11月号
投資で勝ち続ける人の黄金リズム masaさんの ヒッソリ投資

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

〇私の「ヒッソリ投資」が増刊号で再掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 17年5月号 増刊
16年11月号で「私のヒッソリ投資」が掲載されたのですが、反響が大きく再掲載されました。


〇投資本との向き合い方が掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 17年6月号
一生「貧乏脳」の人、「金持ち脳」に変わる人。この習慣が決め手になる。

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

とても貴重な経験をさせていただき、感謝しております。この場を借りて、お礼申し上げます。

---------------------------------------------------------------------------

いただいたメールを、(プライベートな部分を省いて)順番に紹介しています。
niko.gif 掲示板 

メールはこちらからどうぞ
niko.gif メール

---------------------------------------------------------------------------

8月3日 金曜日

本日の日経平均は、前日比12円高の22525円になりました。
米国株は7ドル安の25326ドル。

「米国株について」
前日からの売りが止まらず、取引開始直後には200ドルを超える下げ幅になりました。その後は買い戻されるも午前中は乱高下。午後は一段高となりますが、前日値まで戻すと動かなくなりそのまま7ドル安で取引終了。

米国株 日中足チャート
180803d.png

米国株 日足チャート
180803d2.png

〇主要3指数の動向
ダウ平均は0.03%安、ナスダックは1.24%高、S&P500指数は0.49%高。
ナスダックは3日続伸。

〇S&P500指数業種別
上昇率の高い順
情報技術、生活必需品、一般消費財

下落率の高い順
素材、不動産、エネルギー

〇ダウ構成銘柄の動向
13銘柄が上昇、 17銘柄が下落しました。
上昇率の高い順
アップル 2.92%高、P&G 1.67%高、シスコシステムズ 1.60%高

下落率の高い順
ダウ・デュポン 2.24%安、シェブロン 1.30%安、ジョンソン&ジョンソン 1.05%安

〇経済指標
・6月の製造業受注は、前月比0.7%増になりました。
市場予想と一致。

〇アップルが牽引
前日の相場は、好決算を発表したアップルが大幅高になるも(1銘柄でダウ平均を76ドル押し上げていましたが)、他の銘柄による下落が大きくダウ平均は81ドル安。
本日の相場は、ダウ平均が売り先行で200ドルを超える下落になるも、アップルが右肩上がりになると下げ幅を縮小。相場を牽引すると同時に、アップルは米国企業初となる時価総額1兆円を突破。

〇ハイテク(半導体)が強い
ハイテク比率の高いナスダックは1.24%高となり、ダウ平均とS&P500指数よりも上げ幅がとても大きくなりました。
アップルの他、インテル、マイクロソフトなども1%を超える上昇になっています。

〇下値の壁で買い戻される
25000ドルから25200ドルの間には下値抵抗(壁)がありますので、この水準で買い戻されたと考えています。

〇下ヒゲの長い足が出現
大きく売られた後に大きく戻す「下ヒゲの長い足」が出現。経験則では強含み。

〇目先の上値抵抗と下値抵抗
上値は25450ドルで、下値は25200ドルになると考えています。

勉強できる私の買い付け」を更新しています。

タイトルは・・・割安株の押し目買い

「勉強できる私の買い付け」とは
私の取引から勉強していただけると判断したものを、1ヶ月数銘柄(1週間に1銘柄程度)限定で紹介しているブログです。
「私の取引について」の詳しいご説明はhand02[1]こちら

「 日本株について 」
ダウ平均の戻しとナスダックの大幅続伸が買い材料となり、取引開始から15分ほどで100円高になりました。しかし、その後は少しずつ上げ幅縮小。後場は前日値付近でほとんど動かないまま、12円高の22525円で取引終了。

日経平均 日中足チャート
180803j.png

日経平均 日足チャート
180803j2.png

〇東証1部の売買代金と騰落状況
売買代金は2兆3264億円、売買高は13億9949万株。
値上がり銘柄数は435、値下がり銘柄数は1609、変わらずは59銘柄でした。

〇業種別
6業種が上昇、27業種が下落
上昇率の高い順
精密機器、石油石炭、鉱業、輸送用機器、小売など

下落率の高い順
食料品、海運、鉄鋼、銀行、保険など

〇個別銘柄の動向
上昇率の高い順
スズキ 8.55%高、日本水産 4.60%高、ニチレイ 3.68%高、日本板硝子 2.62%高、SCREENホールディングス 2.47%高

下落率の高い順
クボタ 8.29%安、東洋製罐グループHD 5.04%安、アサヒグループHD 5.00%安、ふくおかFG 4.09%安、東京建物 3.99%安

〇米国株の戻しが好感された
ダウ平均は200ドルを超える下げ幅から7ドル安まで戻している為、これを好感する買いが入ったと考えています。
米国株の大きな戻しは日本株への買い材料。

〇ナスダックの大幅高も買い材料
ハイテク(半導体)比率の高いナスダックが3日続伸で大幅高。アップル、インテル、マイクロソフトの御三家が共に大きく上昇していますので、日本のハイテクにも買い材料となりました。全体の8割近い銘柄が下落する中、ハイテク関連はしっかり。

〇欧州3市場の下落による影響は限定的
イギリス(FTSE)1.01%安、ドイツ(DAX)1.50%安、フランス(CAC)0.68%安と3市場揃って大きく下げていますが、米国株の戻しが反映されていない為(その前に取引終了)、日本株への影響は限定的だと考えています。

〇弱い
日経平均は12円高ですが、東証1部の8割近くが下落。
業種別でも全33業種のうち27業種が下落する弱い1日でした。

〇決算発表銘柄をしっかり検証する時
来週も多くの決算発表が予定されています。
6日(月)136件、7日(火)220件、8日(水)235件、9日(木)362件、10日(金)580件。
13日(月)74件、14日(火)119件
ここで決算発表シーズン終了です。

夏季休暇のお知らせになります
8月6日(月)から8月10日(金)までの5日間、夏季休暇をいただきます。

この間は更新できませんが、毎年いただいておりますので何卒ご理解のほど宜しくお願い致します。

 ランキングへの応援(バナーをクリック)
お願い致します。

にほんブログ村 株ブログ 専業投資家へ  

皆さまからのクリック数で、ランキングの順位が決まります。クリックするとランキングサイトへ進みますが、必要なければそのまま閉じて下さい。

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー



ランキング

ランキングに参加しています。 クリックの数で順位が決まりますので、応援宜しくお願い致します。

私が作成したホームページ

私が作成したホームページ
「素人投資家の挑戦」

私の取引

こちらは、私の取引から勉強していただけると判断したものを、1ヶ月数銘柄(1週間に1銘柄程度)限定で紹介しているブログです。
「勉強できる私の買い付け」

これまでの道

私は、株式投資に対し全くの素人でした。
そして大の勉強嫌いで、自慢出来る学歴も経歴もありません。その私が株式投資で利益を出し続けている実録です。

全くの素人から投資をスタートさせました。
50万円を元手に始めたものの、利益よりも損失が膨らむ一方で資金は激減。あまりのショックに投資を止めていた時期がありました。
順調に資金が増えた時もあったのですが、「勝ちが続くと調子に乗って大勝負」「負けると一発で取り返そうと大勝負」こんなことを何度も繰り返してしまった為、3歩進んで4歩下がるようなことが続いてしまいました。負ける度に反省するのですが、また同じことを繰り返してしまうのです。
その結果、塩漬け株ばかりとなり力尽きてしまいました。

資金が半減、激減した時・・・忘れもしません。
食欲がなくなり、食べても味がしません。仕事にも影響が出ていたうえに、毎日が損損損という気持ちばかりで楽しいことが全くありません。土日は休場なので本来はゆっくりできるはずなのに、株価が動かないことで逆にストレスが溜まってしまい・・・ 表現できないほど辛い日が続いていました。

時が流れ~
心機一転もう一度頑張ってみようと思い、塩漬け株を全て損切り。再スタートさせました。
大勝負で大失敗して資金半減や激減を数え切れないほど多く経験してきましたが、50万円 ⇒ 100万円 ⇒ 500万円 ⇒ 1000万円 ⇒ ???と、少しずつではありますが確実 に資金は増えることになりました。
投資を始めた頃は1銘柄に数万円のミニ株投資でしたが、今では1銘柄に数百万円の分散投資ができるようになったのです。

Archives

証券会社の広告

ご注意

この株日記は、私の独断と偏見によって書いているものです。当ブログの運営は購読を目的としたものであり、投資顧問業ではありません。よって、具体的な売買の指示およびご案内は致しかねます。又、内容に関して正確性および安全性を保障するものではありませんのでご理解願います。当サイトをご利用のうえ、被ったいかなる損害についても「素人投資家の挑戦」管理人masaは一切の責任を負いませんので、ご了承下さいませ。

相互リンク

検索フォーム