素人投資家の株日記
株式投資で生活できるようになりました
05 | 2007/06 | 07
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

素人投資家の株日記
6月21日 木曜日
本日の日経平均は、前日比28円高の18240円となりました。年初来高値更新で、約7年ぶりの高値水準です。米国株は146ドル安。外国証券経由の売買動向は820万株の売り越し。金額では買い越し。
米国株の急落を受けて寄り付きは100円ほど安く始まりますが、一気に急上昇。前場で前日比を上回ることになります。後場は前場の流れを引き継いで堅調に推移。大引けは少し売り込まれますが28円高で終えることになりました。

米国株は大きな下落となりました。金利の急上昇が原因のようです。少しこの部分について考えてみます。
ここ数日は直近5.3%の高水準から下落傾向にありました。そして5.1%まで下落したところで5.15%まで急上昇しております。確かに急上昇ではありますが、それだけの理由で150ドル近い下げになるとは思えません。金利5.2%程度の水準は株価に織り込まれていると思われ、それだけが理由で大きな売りにつながる可能性は低いと思われます。

金利は下げるきっかけとなりましたが、他にも要因があったような気がします。
6月まで続いてきた上昇トレンドでは、「株価が停滞している時期=売りをこなして上昇へのエネルギーを溜めている」こような状況でした。この強い状況を作り出していた一つの理由が、相次ぐM&Aの案件でした。そのM&Aの案件が鈍化し始めているのではないでしょうか。金利上昇による急落から、徐々に下値を切り上げる強い展開が続いておりました。そして、急落前の高値水準で揉み合っている状況では、6月までのトレンド中に起こっていたことと同じく、揉み合いは次の上昇へ向けたエネルギーの溜め込みだと考えられていました。
ところが、高値を更新するどころか大きな下落となりました。高値を上抜けるだけの材料がない為に見切り売りへつながったのだと思われます。この材料について、M&Aが一つの要因ではないかと考えられるのです。

米国株をチャートで判断するには時期尚早です。もう少し動きを見てから判断するべきでしょう。150ドル近い下落になりましたが、良くも悪くも考えることができます。

米国株について少し深く考えてみましたが、投資としては全く難しいことではありません。投資方法および注意点などは、直近の株日記でお伝えさせてもらっている通りです。相場は複雑でも投資は簡単な時期だと思います。




私が作成したホームページ

私が作成したホームページ
「素人投資家の挑戦」

私の取引

こちらは、私の取引から勉強していただけると判断したものを、1ヶ月数銘柄(1週間に1銘柄程度)限定で紹介しているブログです。
「勉強できる私の買い付け」

これまでの道

私は、株式投資に対し全くの素人でした。
そして大の勉強嫌いで、自慢出来る学歴も経歴もありません。その私が株式投資で利益を出し続けている実録です。

全くの素人から投資をスタートさせました。
50万円を元手に始めたものの、利益よりも損失が膨らむ一方で資金は激減。あまりのショックに投資を止めていた時期がありました。
順調に資金が増えた時もあったのですが、「勝ちが続くと調子に乗って大勝負」「負けると一発で取り返そうと大勝負」こんなことを何度も繰り返してしまった為、3歩進んで4歩下がるようなことが続いてしまいました。負ける度に反省するのですが、また同じことを繰り返してしまうのです。
その結果、塩漬け株ばかりとなり力尽きてしまいました。

資金が半減、激減した時・・・忘れもしません。
食欲がなくなり、食べても味がしません。仕事にも影響が出ていたうえに、毎日が損損損という気持ちばかりで楽しいことが全くありません。土日は休場なので本来はゆっくりできるはずなのに、株価が動かないことで逆にストレスが溜まってしまい・・・ 表現できないほど辛い日が続いていました。

時が流れ~
心機一転もう一度頑張ってみようと思い、塩漬け株を全て損切り。再スタートさせました。
大勝負で大失敗して資金半減や激減を数え切れないほど多く経験してきましたが、50万円 ⇒ 100万円 ⇒ 500万円 ⇒ 1000万円 ⇒ ???と、少しずつではありますが確実 に資金は増えることになりました。
投資を始めた頃は1銘柄に数万円のミニ株投資でしたが、今では1銘柄に数百万円の分散投資ができるようになったのです。

FC2

Archives

証券会社の広告

ご注意

この株日記は、私の独断と偏見によって書いているものです。当ブログの運営は購読を目的としたものであり、投資顧問業ではありません。よって、具体的な売買の指示およびご案内は致しかねます。又、内容に関して正確性および安全性を保障するものではありませんのでご理解願います。当サイトをご利用のうえ、被ったいかなる損害についても「素人投資家の挑戦」管理人masaは一切の責任を負いませんので、ご了承下さいませ。

相互リンク

検索フォーム