素人投資家の株日記
派手な売買は無く、地道にコツコツと進めています
08 | 2007/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

素人投資家の株日記
ブログ(株日記)の文章はネットに公開してからも2~3度読み直し、訂正を繰り返しております。その後、完成してからホームページ上「素人投資家の挑戦」内にて更新のお知らせをさせて頂きます。よって、訂正を繰り返している間に読まれますと、完成したものと大きく違う場合がありますので、更新を確認されてからお読み下さいませ。
又、「勉強できる買付」などの更新情報も、ホームページ上で行っておりますので定期的にご確認いただければありがたく思います。

私(masa)がおすすめします
  マネックス証券
キャンペーンが始まりました 2007年9月3日(月)より、2008年1月31日(木)<約定分>
ミニ株の手数料が一律、一約定 99 円」になっております。
私が常にお伝えしている「小額分散投資」にうってつけのミニ株投資。ここまで安ければ、手数料が少し割高だと感じられることはないと思います。詳しくはこちらから マネックス証券



9月28日 金曜日

本日の日経平均は、前日比46円安の16785円となりました。
米国株は34ドル高。外国証券経由の売買動向は1100万株の大幅な買い越し。金額でも大幅な買い越し。
これらの好条件を受けて大きく上昇してスタートしますが、寄り付き間もなく売りが優勢となり前日を下回って前場を終えます。後場に入って一時はプラスに転じるものの、大引けにかけて売られることになりました。

昨日お伝えしておりましたように、日米共に上値が意識される水準に近づいていることから上値が重たくなっています。しかし、相場環境が落ち着きを取り戻している中であれば全く問題はありません。株価が上を目指すにしても上下しながら緩やかに上昇していくものであり、いつまでも上昇を続ける事はありません。予想通りの展開です。

「少しずつ変わってきた相場の流れ」この状況に変化はありません。また、本日の値動きも想定通り。
よって、本日の相場において注視する部分はありません。

投資法や、目先で起こるであろう調整については、直近の株日記を参照下さいませ。
変更点はございません。

10月相場が始まります。
相場は少しずつ落ち着きを取り戻し始めている為、楽しめる10月相場になるかもしれません。とはいえ、楽観視することなく気を引き締め、慎重な取引で進めていきたいと思っております。

今週一週間、お疲れさまでした。

皆さまのおかげで、1つのブログランキングで1位となりました。他のランキングでも上昇し始めており、感謝しております。
これからもがんばって株日記を書き進めていきたいと思いますので、どうか応援「下にあります3つのランキングをクリック」を、お願い致しますm(_ _)m
皆さまの1クリックが1カウントとなりランキングに反映されますので、どうか宜しくお願い致します。

はーと株・投資 ランキング  はーと 株ブログ ランキング
はーとFC2 ブログランキング


素人投資家の株日記
ブログ(株日記)の文章はネットに公開してからも2~3度読み直し、訂正を繰り返しております。その後、完成してからホームページ上「素人投資家の挑戦」内にて更新のお知らせをさせて頂きます。よって、訂正を繰り返している間に読まれますと、完成したものと大きく違う場合がありますので、更新を確認されてからお読み下さいませ。
又、「勉強できる買付」などの更新情報も、ホームページ上で行っておりますので定期的にご確認いただければありがたく思います。

私(masa)がおすすめします
  マネックス証券
キャンペーンが始まりました 2007年9月3日(月)より、2008年1月31日(木)<約定分>
ミニ株の手数料が一律、一約定 99 円」になっております。
私が常にお伝えしている「小額分散投資」にうってつけのミニ株投資。ここまで安ければ、手数料が少し割高だと感じられることはないと思います。詳しくはこちらから マネックス証券



9月27日 木曜日

本日の日経平均は、前日比396円高の16832円となりました。
米国株は99ドル高。外国証券経由の売買動向は3190万株の大幅な買い越し。金額でも大幅な買い越し。
こられの好条件を受けて窓を空けた上昇でスタート。その後も売りに押されることなく強い上昇が続き、大引けまで右肩上がりの展開となりました。

米国株は引き続き堅調に推移することになりました。
外国人投資家も大幅な買い越しに転じており、やはりFOMCをきっかけに少しずつ流れが変わってきているような気がします。相場が乱高下している状況では、「悪材料が出るかもしれない」と感じた時点で早期に売っておくなど用心した売買方法が求められますが、今の相場環境では「悪材料が出てから」ゆっくりと決めていけば良いと思います。相場は強気の心理に傾きかけている為、1日や2日で大きな不安心理へつながる可能性は低く、何かが出てから動き出すくらいで十分だと思います。用心し過ぎて早めに勝負を終わらせてしまうと、先の利益を取り損ねることにつながりかねません。とはいえ、確実なところで利益確定しておくことも大切です。「頭と尻尾はくれてやれ」これはとても大切な事。貪欲に狙い続けた為に売り損ねる経験は誰にでもあることだと思います。
自分がこれ以上は騰がらないと考えたところで買ってくれた投資家がいるのです。天井はその人に譲ってあげようではありませんか。
保有を続ける銘柄と、一旦利益確定させておく銘柄を分けておくことが大切だと思います。

相場が弱い時には逆らわずに弱い流れに身を任せ、強い時にも同じように身を任せることが大切だと思います。弱い時には、いつでも逃げることができる体制を整えながら慎重に進めていき、強い時には少し過熱感を感じていてもドンと構えた投資で進めていく。これで良いと思います。先日お伝えしておりましたように、保有株のある場合は、とことん利益を乗せていく投資法で宜しいのではないでしょうか。

目先の調整は心積もりしておかなければいけません。
日本株は窓を空けた上昇になっているうえに、大きな売買高が控えている17000円まであと170円です。加えて米国株も高値14000ドルまであと120ドル。この14000ドル付近は誰もが感じている抵抗であり、ここを一回で上抜けて上昇し続けることは考えにくいものがあります。上抜けるにしても1回もしくは数回の調整があると考えられるのではないでしょうか。日米共にチャートで判断すれば、そろそろ利益確定の売りが多く出てくるころだと思います。
目先の調整はあるとしても、米国株がゴールデンクロスするのは時間の問題。こういったチャート形成からも分りますように、次のFOMCでの利下げを織り込む形で底堅く推移していくのかもしれません。米国において重要な指数の発表が控えていることからも、そういった材料で株価が調整をつけながら底を固めていくような気がします。

新しく買付を狙っておられる場合は、昨日の株日記に注意点を書いておりますので参照下さいませ。

皆さまのおかげで、1つのブログランキングで1位となりました。他のランキングでも上昇し始めており、感謝しております。
これからもがんばって株日記を書き進めていきたいと思いますので、どうか応援「下にあります3つのランキングをクリック」を、お願い致しますm(_ _)m
皆さまの1クリックが1カウントとなりランキングに反映されますので、どうか宜しくお願い致します。

はーと株・投資 ランキング  はーと 株ブログ ランキング
はーとFC2 ブログランキング


素人投資家の株日記
ブログ(株日記)の文章はネットに公開してからも2~3度読み直し、訂正を繰り返しております。その後、完成してからホームページ上「素人投資家の挑戦」内にて更新のお知らせをさせて頂きます。よって、訂正を繰り返している間に読まれますと、完成したものと大きく違う場合がありますので、更新を確認されてからお読み下さいませ。
又、「勉強できる買付」などの更新情報も、ホームページ上で行っておりますので定期的にご確認いただければありがたく思います。

私(masa)がおすすめします
  マネックス証券
キャンペーンが始まりました 2007年9月3日(月)より、2008年1月31日(木)<約定分>
ミニ株の手数料が一律、一約定 99 円」になっております。
私が常にお伝えしている「小額分散投資」にうってつけのミニ株投資。ここまで安ければ、手数料が少し割高だと感じられることはないと思います。詳しくはこちらから マネックス証券



9月26日 水曜日

本日の日経平均は、前日比34円高の16435円となりました。
米国株は19ドル高。外国証券経由の売買動向は100万株の買い越し。金額でも買い越し。米国株が停滞していることに加え、外国人の動向もはっきりしないことから、寄り付きは前日と変わらない水準でスタート。その後も値幅は100円以内に留まり膠着状態が続くことになりました。

米国では中古住宅販売件数が6ヶ月連続で減少。5年ぶりの低水準となりました。また、米消費者信頼感指数が市場予想以上に低下。これらは本来、悪材料となるべきものですが、次の利下げが期待できると受け止められて株価はジリジリ上昇することになりました。利下げが意識された底堅い展開になっているといえそうです。

これらの条件を受けて、日本市場でも今のところ慌てて売り出す投資家は少なくなっているのではないでしょうか。昨日の株日記でもお伝えしておりましたように、米国株が崩れなければ少しずつでも買い進んでくる可能性がある為、利益を伸ばせるところまで伸ばそうと考える投資家が多くなっているような気がします。日経平均の上値メドは、売買高が増える16800円付近だと考えられる為、今の水準からすれば上値余地が少ないということはありません。しかし、投資家の多くは直近のジェットコースター相場の恐怖が頭から離れず、まさかを警戒する慎重な動きになっています。もう一ついえることは、2番底を形成したように思えるうえ、25日線はしっかりと上向き始めました。その25日線を上抜いて推移している為、25日線を下値支持線として機能することが確認できるであろう「接触」を待っているような動きにもなっています。「上値余地はあるものの慌てて買い付ける必要はなく、調整を待ってから買い付けたい」このように考える投資家が多くなっているような気がします。

「乗り遅れたと感じていらっしゃる投資家の方へ」
日経平均は底堅いながらも停滞気味ですが、個別銘柄では大きく上昇しているものが数多くあります。このような場合、大きな下落からの戻りである為に「乗り遅れた」と考えてしまわれる場合が少なくありませんが、この考え方はいけないことなのです。
今の状況では、乗り遅れたと考えるのではなく、「底を見た」と考えましょう。「底を打った」のではなく「見た」です。自分が実際にトライしてリスクを被ることなく他人様が見せてくれたと喜ぶのです。底を見たのですから次は調整を待って買い付ければ良いだけのこと。この考え方はとても大切な事なのです。上昇相場に乗り遅れたということは、利益を出せなかったことになりますが、よく考えれば損失も被っていないのです。要はスタートラインに立ったまま。十分だと思いますよ。株は必ず上下するものです。次のチャンスを待てば良いのですから慌てることは全くありません。ゆったりとした気持ちで進めて行きましょう。
相場格言「頭と尻尾はくれてやれ」を忘れないようにしましょう。
どん底を捉える必要はないのです。2番目の底、3番目の底で十分だと思います。

私の投資法♪
勉強できる買い付けでも紹介しておりますが、上記しました「リスクを負って勝負し、底を見せた」ひとになりました。本当に安全な投資法は、他人様が底を見せてくれた後の調整で買い付けることですが、「リスクを負っても勝負する価値があると判断した時は迷わず買い進める」これが今回の投資法でした。9月はほとんど買い付けを行っておりません。8月にリスクを負って勝負したのですから、9月は8月に買い付けた銘柄の利益を大きく伸ばす時になっているのです。

休暇中にランキングが急落しました。
これからもがんばって株日記を書き進めていきたいと思いますので、どうか応援「下にあります3つのランキングをクリック」を、お願い致しますm(_ _)m
皆さまの1クリックが1カウントとなりランキングに反映されますので、どうか宜しくお願い致します。

はーと株・投資 ランキング  はーと 株ブログ ランキング
はーとFC2 ブログランキング


素人投資家の株日記
9月25日 火曜日

ブログ(株日記)の文章はネットに公開してからも2~3度読み直し、訂正を繰り返しております。その後、完成してからホームページ上「素人投資家の挑戦」内にて更新のお知らせをさせて頂きます。よって、訂正を繰り返している間に読まれますと、完成したものと大きく違う場合がありますので、更新を確認されてからお読み下さいませ。
又、「勉強できる買付」などの更新情報も、ホームページ上で行っておりますので定期的にご確認いただければありがたく思います。

私(masa)がおすすめします
  マネックス証券
キャンペーンが始まりました 2007年9月3日(月)より、2008年1月31日(木)<約定分>
ミニ株の手数料が一律、一約定 99 円」になっております。
私が常にお伝えしている「小額分散投資」にうってつけのミニ株投資。ここまで安ければ、手数料が少し割高だと感じられることはないと思います。詳しくはこちらから マネックス証券


1週間の夏季休暇を利用して大自然を満喫してきました。
頭は完全にリフレッシュ。気分爽快であります。
本日より株日記を再開します。今後とも宜しくお願い致しますm(_ _)m 

本日の日経平均は、前日比89円高の16401円となりました。
米国株は61ドル安、外国証券経由の売買動向は820万株の売り越し。金額でも売り越し。
寄り付きは前日と変わらない水準でスタートしますが、配当権利落ち分ほど下落した後は徐々に下値を切り上げ前場を終えます。後場に入ると右肩上がりになり、一時100円を超える上昇。その後は少し売りに押されて89円高となりました。

FOMCをきっかけに、日米共に少しずつ相場の流れが変わってきたように感じております。
連続した利下げにより米国株が上昇トレンドへ向かった経験則が、投資家の中で意識され始めているのではないでしょうか。当たり前のことですが、このまま右肩上がりに上昇することはありません。しかし、下値を少しずつ切り上げていく上昇トレンドになる可能性は高まってきているような気がします。

「少しずつ切り上げていく」ここがポイントです。
例えば、米国株の場合は、6月から8月にかけて形成された上値抵抗13700ドルから13600ドル付近までの調整、日本株の場合は25日線までの調整を考えておかなければいけません。

投資方法について
買付ける場合は、調整を待てば良いだけの事。
保有株のある場合は、少しだけ売り時が難しくなってくるかもしれません。「利食い千人力」を念頭に置きながらも、相場が好転しかかっていることから「利益を乗せられるだけ乗せてしまう」ことも意識しておきましょう。贅沢な話ですが、勝てる時にはたっぷり勝っておくことも大切なことだと思います。

1週間、相場から離れていた為に必死で感覚を取り戻している最中でございます。本日の株日記を読み返してみて「力が入っていない株日記だなぁ」と感じました。感覚を取り戻すまで、もう少しだけ時間を下さいませ m(_ _)m 

休暇中にランキングが急落しました。
これからもがんばって株日記を書き進めていきたいと思いますので、どうか応援「下にあります3つのランキングをクリック」を、お願い致しますm(_ _)m
皆さまの1クリックが1カウントとなりランキングに反映されますので、どうか宜しくお願い致します。

はーと株・投資 ランキング  はーと 株ブログ ランキング
はーとFC2 ブログランキング


素人投資家の株日記
9月21日 金曜日

私(masa)がおすすめします
  マネックス証券
キャンペーンが始まりました 2007年9月3日(月)より、2008年1月31日(木)<約定分>
ミニ株の手数料が一律、一約定 99 円」になっております。
私が常にお伝えしている「小額分散投資」にうってつけのミニ株投資。ここまで安ければ、手数料が少し割高だと感じられることはないと思います。詳しくはこちらから マネックス証券


少し遅めの「夏季休暇」をいただいております。
帰宅予定日は、23日(日)です。

留守にしておりますが、応援(下にあります3つのランキングをクリック)して下さると嬉しいです。 皆さまの1クリックが1カウントとなりランキングに反映されますので、どうか宜しくお願い致します。
はーと株・投資 ランキング  はーと 株ブログ ランキング
はーとFC2 ブログランキング


素人投資家の株日記
9月20日 木曜日

私(masa)がおすすめします
  マネックス証券
キャンペーンが始まりました 2007年9月3日(月)より、2008年1月31日(木)<約定分>
ミニ株の手数料が一律、一約定 99 円」になっております。
私が常にお伝えしている「小額分散投資」にうってつけのミニ株投資。ここまで安ければ、手数料が少し割高だと感じられることはないと思います。詳しくはこちらから マネックス証券


少し遅めの「夏季休暇」をいただいております。
帰宅予定日は、23日(日)です。

留守にしておりますが、応援(下にあります3つのランキングをクリック)して下さると嬉しいです。 皆さまの1クリックが1カウントとなりランキングに反映されますので、どうか宜しくお願い致します。
はーと株・投資 ランキング  はーと 株ブログ ランキング
はーとFC2 ブログランキング


素人投資家の株日記
9月19日 水曜日

私(masa)がおすすめします
  マネックス証券
キャンペーンが始まりました 2007年9月3日(月)より、2008年1月31日(木)<約定分>
ミニ株の手数料が一律、一約定 99 円」になっております。
私が常にお伝えしている「小額分散投資」にうってつけのミニ株投資。ここまで安ければ、手数料が少し割高だと感じられることはないと思います。詳しくはこちらから マネックス証券


少し遅めの「夏季休暇」をいただいております。
帰宅予定日は、23日(日)です。

留守にしておりますが、応援(下にあります3つのランキングをクリック)して下さると嬉しいです。 皆さまの1クリックが1カウントとなりランキングに反映されますので、どうか宜しくお願い致します。
はーと株・投資 ランキング  はーと 株ブログ ランキング
はーとFC2 ブログランキング


素人投資家の株日記
9月18日 火曜日

私(masa)がおすすめします
  マネックス証券
キャンペーンが始まりました 2007年9月3日(月)より、2008年1月31日(木)<約定分>
ミニ株の手数料が一律、一約定 99 円」になっております。
私が常にお伝えしている「小額分散投資」にうってつけのミニ株投資。ここまで安ければ、手数料が少し割高だと感じられることはないと思います。詳しくはこちらから マネックス証券


少し遅めの「夏季休暇」をいただいております。
帰宅予定日は、23日(日)です。

留守にしておりますが、応援(下にあります3つのランキングをクリック)して下さると嬉しいです。 皆さまの1クリックが1カウントとなりランキングに反映されますので、どうか宜しくお願い致します。
はーと株・投資 ランキング  はーと 株ブログ ランキング
はーとFC2 ブログランキング


素人投資家の株日記
9月14日 金曜日

ブログ(株日記)の文章はネットに公開してからも2~3度読み直し、訂正を繰り返しております。その後、完成してからホームページ上「素人投資家の挑戦」内にて更新のお知らせをさせて頂きます。よって、訂正を繰り返している間に読まれますと、完成したものと大きく違う場合がありますので、更新を確認されてからお読み下さいませ。
又、「勉強できる買付」などの更新情報も、ホームページ上で行っておりますので定期的にご確認いただければありがたく思います。

私(masa)がおすすめします
  マネックス証券
キャンペーンが始まりました 2007年9月3日(月)より、2008年1月31日(木)<約定分>
ミニ株の手数料が一律、一約定 99 円」になっております。
私が常にお伝えしている「小額分散投資」にうってつけのミニ株投資。ここまで安ければ、手数料が少し割高だと感じられることはないと思います。詳しくはこちらから マネックス証券


本日の日経平均は、前日比306円高の16127円となりました。
米国株は133ドル高。外国証券経由の売買動向は1270万株の売り越し。金額でも売り越し。
外国人の売り越しが水を差すことになりますが、米国株高を受けて100円ほどの上昇でスタート。その後は大引けまで右肩上がりの展開となりました。後場が始まってからも一段高となり300円を超える上昇、そこで一旦売りに押されることになりますが、大引けにかけて再度上昇することになりました。

本日の動きは、米国におけるFOMCで利下げが行われることを期待した先回り買いだと思われます。「利下げによって米国の株価が堅調に推移するかもしれないので、とりあえず買っておく。」このような考えで買い進まれたのだと思います。逆に考えますと、「利下げによって株価が下がれば売ればよい。」となります。利下げは株価を押し上げる要因となりますが、先日お伝えしておりましたように、利下げは織り込み済みであり、今は0.5%の引き下げになるのか0.25%になるのかといった幅が注視されています。仮に0.5%を株価が織り込んでいるならば、0.25%の利下げが発表されると下落要因になってしまいます。いわゆる失望売りです。米国株が堅調に推移していることからも0.5%を意識した動きになっている可能性はあると思います。

先日もお伝えしました通り、利下げの連発で株価が大きく上昇した経験則があることからも、今後も利下げが続くと考えられるなら、日米共にそれを先回りした買いが入ってもおかしくはありません。但し、期待感で買われている為に、失望した時はそれ相応の下げを覚悟しておく必要があります。
日米共に企業業績から判断して今の株価水準はとても割安な水準になっています。よって、企業業績から判断された見直し買いで買い進まれるなら全く不安視する必要はないのですが、今の時点では業績よりも利下げに期待する買いが優勢となっています。よって、資金の逃げ足も速いということを心積もりしておかなければいけません。

但し、危険含みの中にも光が見えてきました。
上昇のきっかけは利下げであったとしても、失望売りにつながらないような政策が行われるなら、今度は企業業績から判断された本当の買いが今まで以上に多く入ってくる事になり、よりいっそう底堅い株価推移になることも考えられるのです。
実は、そのような傾向がチャートの動きともピタリと一致しているのです。
あくまでも「そのような傾向」であるという意味です。上昇を確実視しているのではありません。

昨日もお伝えしておりましたが、現在の日本株は国内の材料で動くものではなく米国株に大きく影響を受けるものだと考えております。よって米国株の動向から日本株の今後を考えることが大切だと思っております。
米国株の日足チャートをご覧下さいませ
20070914165539.gif

赤い○で囲んだ箇所を見ますと、「逆三尊型」といわれるチャート形成になっていることが分ります。一つ目の急落で一旦戻りを見せますが、それより更に大きく下落。そこから上昇へ向かいますが再度下落、しかし前回ほど下げずに上昇へ向かいます。これはとても強い下値抵抗があることを意味しており、相場の転換期に差し掛かっているチャート形成と言われています。出現率が少なく信用度が高いものでもあります。米国でも「ヘッドアンドショルダーズボトム」と呼ばれており、参考にされています。

その後、緑の〇で囲んだところでは、ご存知のダブルボトムを形成しています。こちらも強い下値抵抗があることを意味しており、相場の転換期に差し掛かっていると判断できます。これら二つのチャート形成が重なっていることからも信用度は高いと判断できるのではないでしょうか。

続いて、米国株の週足チャートをご覧下さいませ
20070914171111.gif

緑のラインは13週線、黄色いラインは26週線です。2本のラインがクロスする部分は、6月から7月にかけて形成した下値抵抗となっており、とても強い抵抗線になります。その抵抗線に長く頭を押さえられ続けてきましたが、ようやく上抜けることになりました。加えて13週、26週共に上抜けており、相場の強さが裏付けされているチャート形成になっております。

これらのことから「今後の相場は、急落(13200ドル付近を大きく割り込む)ようなことはなく、底堅く推移する可能性が高い」と考えられるのではないでしょうか。「下落はあっても下値は見えている」と思えるのです。
相場環境も「利下げ」が控えていることに加え、好業績といえる状況です。よって上記しましたように、きっかけは利下げであっても好業績が見直された多くの買いがいつ入ってきてもおかしくはありません。不思議なことですが、チャート形成から読み取れる動向に外部要因が添うことは多くあることなのです。

目先、強い相場を意識させる株日記になっておりますが、不安材料が全て消えた訳ではありません。むしろ現在進行中であり、出てくる悪材料を株価が織り込んでいる状態です。よって楽観視は禁物です。
底堅く推移する可能性もあるのかな?この程度で良いと思います。

大変申し訳ありませんが、16日(日)より23日(日)まで、少し遅れた夏季休暇を取らせていただきます。
次回の株日記は、25日(火)からとなります。

皆さまのご健闘を、心より願っております。

皆さまのおかげで、ランキングが大きく上昇しました。感謝しております。
内容がお役に立てるものであった場合、「下にあります3つのランキングをクリック」を、お願い致します。日記を書く励みになりますので、宜しくお願い致します
皆さまの1クリックが1カウントとなりランキングに反映されますので、どうか宜しくお願い致します。
はーと株・投資 ランキング  はーと 株ブログ ランキング
はーとFC2 ブログランキング


素人投資家の株日記
9月13日 木曜日

ブログ(株日記)の文章はネットに公開してからも2~3度読み直し、訂正を繰り返しております。その後、完成してからホームページ上「素人投資家の挑戦」内にて更新のお知らせをさせて頂きます。よって、訂正を繰り返している間に読まれますと、完成したものと大きく違う場合がありますので、更新を確認されてからお読み下さいませ。
又、「勉強できる買付」などの更新情報も、ホームページ上で行っておりますので定期的にご確認いただければありがたく思います。

私(masa)がおすすめします
  マネックス証券
キャンペーンが始まりました 2007年9月3日(月)より、2008年1月31日(木)<約定分>
ミニ株の手数料が一律、一約定 99 円」になっております。
私が常にお伝えしている「小額分散投資」にうってつけのミニ株投資。ここまで安ければ、手数料が少し割高だと感じられることはないと思います。詳しくはこちらから マネックス証券



本日の日経平均は、前日比23円高の15821円となりました。
米国株は16ドル安、外国証券経由の売買動向は330万株の小幅売り越し。金額でも売り越し。
外部環境が落ち着いていたこともあり、寄り付きは100円の上昇15900円ほどでスタート。その後は売りが優勢となりますが15800円付近では強い押し目買いが入り再び15900円へ。後場も15800円を下値抵抗とする揉み合いが続いたまま終えることになりました。

本日の相場でとくに注視する部分はございません。

安倍首相辞任による株価への影響について
日本国内では、この話で持ちきりになっておりますが、株価への影響は少ないと考えております。よって、題材にするつもりはなかったのですが、あまりにもこの話題一色のようなところがありますので少しだけ私もお話させていただこうと考えました。

日本国内の大きな問題である為、この話題一色になるのは当然の事でありますが、投資と合わせて考えるのであれば、この話題に振りまわされないようにしなければいけません。
過去に例がないほどの大混乱した政局は続いてきたわけであり、今飛び出した悪材料ではありません。そして辞任。大混乱の中、辞任は時間の問題であると多くの方が感じていらっしゃたように、株価もそれを織り込んできました。ただ、米国におけるサブプライムローン問題などが大きく影響し、これら問題が大きく表面化することはありませんでした。このようなことから、辞任はむしろ好材料だと考えられるのではないでしょうか。辞任によって今ある問題が解決するわけではありませんし、今後の政策が大きく影響することはいうまでもありません。しかし、言葉は悪いですが一旦悪材料出尽くしという状況だと思います。

当然ですが、政策によって日本人は大きな影響を受けることになります。しかし、「株価動向」という意味では、政策をじっくりみていく必要があり、それが経済にどのような影響を及ぼすのか?どのような数値が出てくるのか?を長く見ていく必要があるのです。これを今から考えていては、長く投資を行うことはできません。「わずか1年ほどで政権交代」良く耳にしますが、これは「政策による成果が出てくるのは何年もかかること」といった意味も含んでいるのです。よって、何年も保有を考えるような長期投資スタイルを持っていらっしゃる投資家にとっては大きな問題になってきます。短期、中期の投資スタイルであっても、成果が出るまで待とうと考えるならば何年も待つことになってしまうのです。少なくとも短期、中期で考えておられるならば そこまで待つ必要はないのではないかと思います。

政治一色になっておりますが、視点をずらされないように気をつけましょう。テレビも政治、ネットも政治、新聞も政治、このように一つの話題で取り囲まれてしまいますと、「視点がずれてしまう」ことが良くあります。「米国次第でどうにでもなる」これを忘れないようにしましょう。サブプライムローン問題に端を発する信用問題により、米国は景気減速が懸念されております。その中で来週「利下げ」が行われることを前提とした株価動向になっており、「利下げ」によって株価は上昇へ向かうことになるかもしれません。逆に、当たり前の事ですが下落することも十分にありえます。その動向によって、日本株も連れ高、連れ安になると考えておかなければいけません。政局の混乱は株価にプラスとはなりませんが、米国経済が引き続き堅調であると判断されるなら、米国の株高へ連られるように日本株も上昇へ向かうことになるのです。その逆も同じ。

政治一色の中、政治と株価を関連付けた話題もメディアでは多くなってきましたが、簡単に考えることが大切です。結果、見ておかなければいけない部分がぼやけることはなくなるのです。
たった2つです。
今回の暴落は「米国におけるサブプライムローン問題に端を発する信用収縮懸念。が原因。」。
今後の株価は「米国における経済の動向によって変わる。」
これで良いと思います。

政治をどれだけ複雑に、難解に読み解こうとしても無理なのです。それは自分自身の自論であり「美人投票」にはつながりません。投資家の多くが複雑に、そして難解に読み解こうとしていたとしても、結局行き着くところは「米国株」なのです。そして、これを踏まえた「美人投票」になるのです。ということは、上記した2点を始めから押さえておけば、難解に読み解こうとする無駄な時間や労力を使わずに済みます。

投資はなるだけ簡単に考え、簡単に実行することが大切なのです♪

皆さまのおかげで、ランキングが大きく上昇しました。感謝しております。
内容がお役に立てるものであった場合、「下にあります3つのランキングをクリック」を、お願い致します。日記を書く励みになりますので、宜しくお願い致します
皆さまの1クリックが1カウントとなりランキングに反映されますので、どうか宜しくお願い致します。
はーと株・投資 ランキング  はーと 株ブログ ランキング
はーとFC2 ブログランキング


素人投資家の株日記
9月12日 水曜日

ブログ(株日記)の文章はネットに公開してからも2~3度読み直し、訂正を繰り返しております。その後、完成してからホームページ上「素人投資家の挑戦」内にて更新のお知らせをさせて頂きます。よって、訂正を繰り返している間に読まれますと、完成したものと大きく違う場合がありますので、更新を確認されてからお読み下さいませ。
又、「勉強できる買付」などの更新情報も、ホームページ上で行っておりますので定期的にご確認いただければありがたく思います。

私(masa)がおすすめします
  マネックス証券
キャンペーンが始まりました 2007年9月3日(月)より、2008年1月31日(木)<約定分>
ミニ株の手数料が一律、一約定 99 円」になっております。
私が常にお伝えしている「小額分散投資」にうってつけのミニ株投資。ここまで安ければ、手数料が少し割高だと感じられることはないと思います。詳しくはこちらから マネックス証券


本日の日経平均は、前日比80円安の15797円となりました。
米国株は180ドル高。外国証券経由の売買動向は60万株の小幅売り越し。金額でも小幅売り越し。
米国株高も、直近の乱高下による警戒感から積極的な買いは手控えられることになりました。「今日は弱含み」寄り付きからこのように感じられた投資家も多くいらっしゃったのではないでしょうか。

米国では、住宅に関する統計が悪材料となりましたが、企業の好決算等がそれをカバーすることになりました。180ドルという大幅高になった割には大きな材料が見当たりません。ひょっとすると、週明けのFOMCを期待した「買い」ではなく「売り」が控えられているのかもしれません。「利下げによって株価が上昇することを期待するも、信用問題に関する影響が不透明な為、あまり積極的には買い進めない。しかし、売り方も慌てて売り出す必要がない為に大きく売り出さない。」これらのことから、売りに押されることなく少しずつ下値を切り上げることになったのではないでしょうか。

ごく簡単に考えてみます。
180ドルも上昇させる要因がないとすれば、「利下げ」が意識された底堅さになります。よって、悪材料が出てきたとしても「ある程度の押し目買いは入る」ということになり、底堅さにつながるのではないでしょうか。
但し、注意しなければいけないことがあります。
「0.25%の利下げ」は当然の事になっていますが、同時に0.5%もありうるとする考えが織り込まれ始めているので、少し注意が必要です。0.5%が当然になっているところへ0.25%では失望売りにつながりかねません。

首相の辞意表明により、大きく上下した日本株でしたが。。。
辞意表明は、株価に影響しないと思っております。
少し乱暴な言い方になりますが、今までの波乱に満ちた政局の中で、株価は十分にそれらを織り込んでいたと考えています。よって辞意表明により、今後の株価が下落するとは思っておりません。

投資方法に変更点はございません。直近の株日記を参照下さいませ。

皆さまのおかげで、ランキングが大きく上昇しました。感謝しております。
内容がお役に立てるものであった場合、「下にあります3つのランキングをクリック」を、お願い致します。日記を書く励みになりますので、宜しくお願い致します
皆さまの1クリックが1カウントとなりランキングに反映されますので、どうか宜しくお願い致します。
はーと株・投資 ランキング  はーと 株ブログ ランキング
はーとFC2 ブログランキング


素人投資家の株日記
9月11日 火曜日

ブログ(株日記)の文章はネットに公開してからも2~3度読み直し、訂正を繰り返しております。その後、完成してからホームページ上「素人投資家の挑戦」内にて更新のお知らせをさせて頂きます。よって、訂正を繰り返している間に読まれますと、完成したものと大きく違う場合がありますので、更新を確認されてからお読み下さいませ。
又、「勉強できる買付」などの更新情報も、ホームページ上で行っておりますので定期的にご確認いただければありがたく思います。

私(masa)がおすすめします
  マネックス証券
キャンペーンが始まりました 2007年9月3日(月)より、2008年1月31日(木)<約定分>
ミニ株の手数料が一律、一約定 99 円」になっております。
私が常にお伝えしている「小額分散投資」にうってつけのミニ株投資。ここまで安ければ、手数料が少し割高だと感じられることはないと思います。詳しくはこちらから マネックス証券


本日の日経平均は、前日比112円高の15877円となりました。
米国株は14ドル高。外国証券経由の売買動向は1840万株の大幅売り越し。金額でも売り越し。
米国株が下げ止まったことに加え、昨日の日経大幅安から押し目買いも入り、寄り付きはほぼ変わらずのスタートになりました。その後は、売りが優勢となり一時は150円ほどの下落。しかし、前引け30分前から一気に急上昇し、前引けはプラスで終えることになりました。後場も買いが優勢となり、ジリジリ下値を切り上げながら112円高で終えました。

本日の上昇は「棚から牡丹餅」程度に考えておきましょう。
短期の利益を狙った先物に乱高下させられたと考え、底を打ったとは安易に考えない方が良いと思います。売買代金は2兆円程度、大勢は様子見ムードになっているままです。

米国において証券会社の決算発表が控えております。サブプライムローンに端を発する信用問題がどれほど影響しているのかが明らかになってくる為、多くの投資家が注目しています。厳しい内容が予想されているだけに、発表内容によっては悪材料出尽くしとなる可能性もあります。日本の大手証券会社が、サブプライムローン問題による影響を発表したことによって大きく上昇したように、影響の度合いが明らかになることで安心感が広がるかもしれません。
但し、予想以上の悪化が表面化すれば危険かもしれません。

落ち着き始めていた投資家心理ですが、雇用統計の悪化により再び大きな不安に陥っております。よって出てくる材料によっては大きく乱高下する可能性があることだけ、心積もりして進めていきましょう。

投資方法に変更点はございません。難しいことは何もありません。乱高下を高見の見物できるような「自分の投資」にしておけばよいだけのことなのです。相場の動きを決めることはできませんが、自分の投資は自分で決めることができるのです。難しいことはありません。

皆さまのおかげで、ランキングが大きく上昇しました。感謝しております。
内容がお役に立てるものであった場合、「下にあります3つのランキングをクリック」を、お願い致します。日記を書く励みになりますので、宜しくお願い致します
皆さまの1クリックが1カウントとなりランキングに反映されますので、どうか宜しくお願い致します。
はーと株・投資 ランキング  はーと 株ブログ ランキング
はーとFC2 ブログランキング


素人投資家の株日記
9月10日 月曜日

ブログ(株日記)の文章はネットに公開してからも2~3度読み直し、訂正を繰り返しております。その後、完成してからホームページ上「素人投資家の挑戦」内にて更新のお知らせをさせて頂きます。よって、訂正を繰り返している間に読まれますと、完成したものと大きく違う場合がありますので、更新を確認されてからお読み下さいませ。
又、「勉強できる買付」などの更新情報も、ホームページ上で行っておりますので定期的にご確認いただければありがたく思います。

私(masa)がおすすめします
  マネックス証券
キャンペーンが始まりました 2007年9月3日(月)より、2008年1月31日(木)<約定分>
ミニ株の手数料が一律、一約定 99 円」になっております。
私が常にお伝えしている「小額分散投資」にうってつけのミニ株投資。ここまで安ければ、手数料が少し割高だと感じられることはないと思います。詳しくはこちらから マネックス証券


本日の日経平均は、前日比357円安の15740円となりました。
米国株は249ドル安。外国証券経由の売買動向は1280万株の売り越し。金額でも売り越し。
米国株の急落を受けて、窓を空ける下落でスタートすることになりました。前場で500円近い急落になったことから、2番底を意識した押し目買いが入り前引けにかけて少し戻します。後場は終始揉み合うことになり、前引けの水準で終えることになりました。

米国株は急落することになりました。注目されていた雇用統計が、市場予想11万人増のところ4000人減となる驚きの数値。急落を避けることはできませんでした。この発表を受けて世界の株は急落、為替は一気に円高へ進むことになりました。

相場は混乱が続いておりますが、連日お伝えしておりますように投資方法は難しくありません。相場が落ち着くまで待つか、投資方法の引き出しがおありの時だけ勝負すれば良いのです。最近、市場関係者のコメントとして「最近の相場はプロでも難しい相場」というお話が目に付くようになってきました。これをストレートに受け取りますと「プロでも難しいのだから自分のような素人が勝てるはずはない=負けて当然」となってしまうのですが、少し読み方を変えて「最近の相場はプロだから難しい」この「だ・か・ら」を加えて読み取ることが大切だと思います。プロは必ず売買しなければいけません。他人様のお金を運用なさっておられるなら、顧客が納得する利益を確保しなければいけませんし、他人様に投資アドバイス(推奨銘柄)をされている場合は、その銘柄がなるだけアドバイス通りに動くことが必要とされます。「だ・か・ら」難しいのです。
私達個人投資家は、危ない時には手出し無用、勝てそうな時だけ少し勝負すれば良いのです。これくらいお気楽投資で十分なのです。どのようなノルマも一切ありませんし、他人の目を気にする必要も一切ありません。よって、プロの投資家にとっては難しい相場でも、個人投資家にとっては楽しめる相場なのです。

先週からお伝えしていることですが、「底を打った」「利下げ期待から上昇へ向かう」「下値は固い」「テクニカルが・・・・」こういった類には、一切耳を貸してはなりません。先週の相場でも、このようなお話が市場関係者のコメントとして目立ち始めていましたが、本日357円安です。これが相場というものです。今はとても不安定な時期なのです。強気になることは避けなければいけません。
不安定な時期には、底堅く感じられ目先は上昇するのではないかと思える時こそ、急落の可能性が高いと考えておくべきなのです。口だけではありません、私の投資はこの考えに沿う方法になっております。

投資法については、上記しました通り変更点はございません。先週の株日記を参照下さいませ。

皆さまのおかげで、ランキングが大きく上昇しました。感謝しております。
内容がお役に立てるものであった場合、「下にあります3つのランキングをクリック」を、お願い致します。日記を書く励みになりますので、宜しくお願い致します
皆さまの1クリックが1カウントとなりランキングに反映されますので、どうか宜しくお願い致します。
はーと株・投資 ランキング  はーと 株ブログ ランキング
はーとFC2 ブログランキング


素人投資家の株日記
9月7日 金曜日

ブログ(株日記)の文章はネットに公開してからも2~3度読み直し、訂正を繰り返しております。その後、完成してからホームページ上「素人投資家の挑戦」内にて更新のお知らせをさせて頂きます。よって、訂正を繰り返している間に読まれますと、完成したものと大きく違う場合がありますので、更新を確認されてからお読み下さいませ。
又、「勉強できる買付」などの更新情報も、ホームページ上で行っておりますので定期的にご確認いただければありがたく思います。

私(masa)がおすすめします
  マネックス証券
キャンペーンが始まりました 2007年9月3日(月)より、2008年1月31日(木)<約定分>
ミニ株の手数料が一律、一約定 99 円」になっております。
私が常にお伝えしている「小額分散投資」にうってつけのミニ株投資。ここまで安ければ、手数料が少し割高だと感じられることはないと思います。詳しくはこちらから マネックス証券


本日の日経平均は、前日比134円安の16122円となりました。
米国株は57ドル高。外国証券経由の売買動向は930万株の買い越し。金額では小幅の買い越し。
米国株は上昇、外国人投資家も買い越し。条件は良かったのですが、現在の相場環境では、過去の好材料よりも目先の材料への警戒感が強くなります。米国において今晩発表される雇用統計は、たいへん注視されており、出てくる数値によっては乱高下しかねないことから、本日は手控えられることになりました。
本日に限って申し上げますと、右肩上がりの上昇は考えにくいものがありました。また、途中で大きく上昇したとしても大引けに向かって手仕舞いが多くなることも予想できることでした。当然ですが、結果論であり確信していたわけではありません。取引時間中で16100円が抵抗になっていましたが、後場の弱さから16000円付近までの下落をイメージしておりました。

国内では、景気動向指数などが発表されていましたが、今はどれだけ良い数値が出てきたとしても材料視はされないと思います。投資家の考えていることは、「悪材料」と「外国人投資家の動向」です。この2点に集中しております。よって、今晩発表される雇用統計などは、「悪材料」にも「外国人投資家の動向」にも大きな影響を与えることになる為、恐る恐る売買されているといった状況でした。

これらのことから、今はテクニカルもチャートもあまり意味を持たないかもしれません。連日お伝えしておりますように、「今後発表される内容によっては大きく乱高下する可能性がある」という心積もりだけは、忘れないようにしておきましょう。雇用統計を終えても次はSQがあります。その次はFOMCです。安全策を取られるなら「休むも相場」が良いでしょう。休むという投資法は、買ったり売ったりするのと同じほど大切なことなのです。
勝負をされる場合は、大きな金額を投入するのではなく、乱高下しても精神的に十分耐えることができる金額に留めておかれることが大切だと思います。

荒れた相場が続いておりますが、荒れ続ける相場はありません。
相場が静かになり始める頃が大きなチャンスになるのです。そのチャンスに備えておくことが大切だと思います。
今週一週間、お疲れさまでした。

皆さまのおかげで、ランキングが大きく上昇しました。感謝しております。
内容がお役に立てるものであった場合、「下にあります3つのランキングをクリック」を、お願い致します。日記を書く励みになりますので、宜しくお願い致します
皆さまの1クリックが1カウントとなりランキングに反映されますので、どうか宜しくお願い致します。
はーと株・投資 ランキング  はーと 株ブログ ランキング
はーとFC2 ブログランキング


素人投資家の株日記
9月6日 木曜日

ブログ(株日記)の文章はネットに公開してからも2~3度読み直し、訂正を繰り返しております。その後、完成してからホームページ上「素人投資家の挑戦」内にて更新のお知らせをさせて頂きます。よって、訂正を繰り返している間に読まれますと、完成したものと大きく違う場合がありますので、更新を確認されてからお読み下さいませ。
又、「勉強できる買付」などの更新情報も、ホームページ上で行っておりますので定期的にご確認いただければありがたく思います。

私(masa)がおすすめします
  マネックス証券
キャンペーンが始まりました 2007年9月3日(月)より、2008年1月31日(木)<約定分>
ミニ株の手数料が一律、一約定 99 円」になっております。
私が常にお伝えしている「小額分散投資」にうってつけのミニ株投資。ここまで安ければ、手数料が少し割高だと感じられることはないと思います。詳しくはこちらから マネックス証券


本日の日経平均は、前日比98円高の16257円となりました。
米国株は143ドル安、外国証券経由の売買動向は2130万株の大幅売り越し。金額でも大幅な売り越し。
これらの条件を受けて、寄り付きから100円以上の下げでスタートになります。そして10時ごろから急落。わずか30分で下落幅は300円ほどになりました。ところが前引けまでの30分で急騰、72円安まで戻します。後場は揉み合いながら徐々に下値を切り上げ、結局98円高という結果になりました。

本日の相場でとくに注視する部分はありません。
「先物に振り回された」これだけのことだと思っております。

連日お伝えしておりますように、「大きく乱高下する可能性」を心積もりされ、乱高下によって慌てた売買につながらない投資金額で進めておられるなら、本日の動きにも全く動じられることはなかったのではないでしょうか。残念ではありますが、投資金額が大きなものになっておられた場合は、300円安付近で恐怖の投売りになっていらっしゃるかもしれません。300円安から400円安、500円安。。。この動きは記憶に新しいところなので、本日の300円安は恐怖の売りにつながりかねない下落幅だったと思います。数百円単位の上下は今後も起こる可能性が高く、本日の急落で恐怖を感じられたならば、ほんの少し投資金額を控えられた方が良いかもしれません。

本日の相場は「寝て起きれば100円高で得した気分」くだけた表現になりますが、この程度の感覚で良いと思います。

絶対に考えてはいけないこと
米国株が143ドル安、外国証券経由の売買動向は2130万株の大幅売り越し。「それなのに、これだけ強かった」「底堅い、底を打った」と考えることです。強かったのではなく、先物に振り回されたのです。
先物に振り回されないような投資方法で進めて行きましょう♪

皆さまのおかげで、ランキングが大きく上昇しました。感謝しております。
内容がお役に立てるものであった場合、「下にあります3つのランキングをクリック」を、お願い致します。日記を書く励みになりますので、宜しくお願い致します
皆さまの1クリックが1カウントとなりランキングに反映されますので、どうか宜しくお願い致します。
はーと株・投資 ランキング  はーと 株ブログ ランキング
はーとFC2 ブログランキング


素人投資家の株日記
9月5日 水曜日

ブログ(株日記)の文章はネットに公開してからも2~3度読み直し、訂正を繰り返しております。その後、完成してからホームページ上「素人投資家の挑戦」内にて更新のお知らせをさせて頂きます。よって、訂正を繰り返している間に読まれますと、完成したものと大きく違う場合がありますので、更新を確認されてからお読み下さいませ。
又、「勉強できる買付」などの更新情報も、ホームページ上で行っておりますので定期的にご確認いただければありがたく思います。

私(masa)がおすすめします
  マネックス証券
キャンペーンが始まりました 2007年9月3日(月)より、2008年1月31日(木)<約定分>
ミニ株の手数料が一律、一約定 99 円」になっております。
私が常にお伝えしている「小額分散投資」にうってつけのミニ株投資。ここまで安ければ、手数料が少し割高だと感じられることはないと思います。詳しくはこちらから マネックス証券


本日の日経平均は、前日比262円安の16158円となりました。
米国株は91ドル高。外国証券経由の売買動向は920万株の売り越し。金額でも大幅な売り越し。
米国株高を受け、寄り付きから上昇してスタートすることになりますが、前場で上昇幅を全て消すことになります。後場に入ると徐々に下げ幅を拡大、そこへ先物による仕掛け売りが加わり下げ幅を拡大させることになりました。

「薄商いでの仕掛け売り」
とくに驚くことはありません。不安心理によって様子見ムードが強くなっている時には仕掛けられるのが普通です。今までも様子見ムードは続いておりましたが、出てくる材料によっては大きく上昇することも考えられました。よって下手に仕掛けると大きな痛手を被る可能性があった為、手控えられていたのだと思います。短期で仕掛けて勝負するには良いチャンスだったのかもしれません。

投資家の不安心理を上手く利用した「売り仕掛け」にも取れますが、目先(ほんの数日間)の日本株は弱含みになる可能性がある為、ごく自然な売りだとも考えられます。米国株はここ数日間、好調に推移しておりますが、そろそろ一服しそうな雰囲気です。本日100ドル近い上昇だったにも関わらず日本株は前場でマイナスに転じました。あまりにも単純な考えですが、米国株が100ドル上昇してマイナスなら上がる材料がないとも思えます。ここで米国株が一服すれば、日本株も下げる可能性が高くなりますし、米国株が何らかの理由で急落すれば日本株も急落することになるでしょう。このように考えれば、「売り仕掛け」は自然の流れかもしれません。
独り言~「売り仕掛け」と書けば、いかにも悪者というようなイメージがありますので、こういう時は「先物主導で」という言い方が良いのかもしれません。

260円安と急落しましたが、何も恐れることはありません。
昨日の株日記で書いておりましたように、上下しても何とも思わないような金額で進めていれば問題はなかったはずです。昨日の株日記を参照下さいませ 9月4日(火)株日記
本日は先物主導による下落でしたが、米国において発表される指標の内容によっては大きく乱高下する可能性があることを心積もりしておかなければいけません。こちらにつきましても、昨日の株日記でお伝えしている通りでございます。

投資方法につきましても変更点はございません。
「検証のうえに成り立っている自信ある投資法」を、お持ちでいらっしゃれば面白い相場になると思います。お持ちでいらっしゃらない場合は、「休むも相場」です。無理に勝負する必要は全くないと思います。
私は、もちろん「勝負するつもり」です。

皆さまのおかげで、ランキングが大きく上昇しました。感謝しております。
内容がお役に立てるものであった場合、「下にあります3つのランキングをクリック」を、お願い致します。日記を書く励みになりますので、宜しくお願い致します
皆さまの1クリックが1カウントとなりランキングに反映されますので、どうか宜しくお願い致します。
はーと株・投資 ランキング  はーと 株ブログ ランキング
はーとFC2 ブログランキング


素人投資家の株日記
9月4日 火曜日

ブログ(株日記)の文章はネットに公開してからも2~3度読み直し、訂正を繰り返しております。その後、完成してからホームページ上「素人投資家の挑戦」内にて更新のお知らせをさせて頂きます。よって、訂正を繰り返している間に読まれますと、完成したものと大きく違う場合がありますので、更新を確認されてからお読み下さいませ。
又、「勉強できる買付」などの更新情報も、ホームページ上で行っておりますので定期的にご確認いただければありがたく思います。


私(masa)がおすすめします
マネックス証券
キャンペーンが始まりました 2007年9月3日(月)より、2008年1月31日(木)<約定分>
ミニ株の手数料が一律、一約定 99 円」になっております。
私が常にお伝えしている「小額分散投資」にうってつけのミニ株投資。ここまで安ければ、手数料が少し割高だと感じられることはないと思います。詳しくはこちらから マネックス証券


本日の日経平均は、前日比104円安の16420円となりました。
米国株はお休み。外国証券経由の売買動向は390万株の小幅買い越し。金額でも小幅買い越し。
目立つ材料がなかったことから、薄商いとなりました。半日立会いを除いて今年2番目の少なさとなる1兆9025億円。米国において重要な指標の発表を控えていることから、売りが優勢となりました。前場は100円安から押し目買いが入って前日と変わらない水準まで戻しますが、後場に入ると再び売りが優勢に。70円安から100円安の間で揉み合いながら終えることになりました。

今週は、米国において重要な経済指標が相次いで発表される為、その内容によっては大きく乱高下する可能性があります。その時になってバタバタと慌てることがないように、心の準備を整えておきましょう。保有している場合は、たとえ乱高下しても「何とも思わない」と思えるような投資額にしておくことが重要だと思います。
「何とも思わない」金額は、上昇しても「何とも思わない」利益しか出すことはできませんが、今は無理をする時期ではないと思います。「大喜びできる」金額は、下落すれば「大泣き」です。このような状況に陥らない為にも、投資額を見直しておきましょう。

相場の先行きを判断することは、とても難しいものです。しかし、自分の投資額は自分で決めることができるのです。難しいことは一切ありません。自分との戦いです。相場に振り回されないような投資額で進めていけば怖いものはありません。

投資方法は、昨日と同じです。変更点はございません。

皆さまのおかげで、ランキングが大きく上昇しました。感謝しております。
内容がお役に立てるものであった場合、「下にあります3つのランキングをクリック」を、お願い致します。日記を書く励みになりますので、宜しくお願い致します
皆さまの1クリックが1カウントとなりランキングに反映されますので、どうか宜しくお願い致します。
はーと株・投資 ランキング  はーと 株ブログ ランキング
はーとFC2 ブログランキング


素人投資家の株日記
9月3日 月曜日

ブログ(株日記)の文章はネットに公開してからも2~3度読み直し、訂正を繰り返しております。その後、完成してからホームページ上「素人投資家の挑戦」内にて更新のお知らせをさせて頂きます。よって、訂正を繰り返している間に読まれますと、完成したものと大きく違う場合がありますので、更新を確認されてからお読み下さいませ。
又、「勉強できる買付」などの更新情報も、ホームページ上で行っておりますので定期的にご確認いただければありがたく思います。


私(masa)がおすすめします
マネックス証券
キャンペーンが始まりました 2007年9月3日(月)より、2008年1月31日(木)<約定分>
ミニ株の手数料が一律、一約定 99 円」になっております。
私が常にお伝えしている「小額分散投資」にうってつけのミニ株投資。ここまで安ければ、手数料が少し割高だと感じられることはないと思います。詳しくはこちらから マネックス証券


本日の日経平均は、前週末比44円安の16524円となりました。
週末の米国株は119ドル高。外国証券経由の売買動向は870万株の買い越し。金額でも買い越し。
米国株は大幅高になりましたが、寄り付きから利益確定の売りが優勢となり、下落してのスタートになりました。その後、一旦プラスに転じますが前引けにかけてズルズル下落幅を広げることになります。後場に入り、若干戻すも再び下落。しかし、前場の安値が下値線となり大引けにかけては少しずつ戻す結果となりました。

米国株は大幅高で終えることになりました。しかし、米国市場が休場であることや、急上昇を受けての一旦利益確定に押される形となりました。

「ブッシュ大統領およびFRBのお話」に関しては、週末の米国株高で織り込まれたはずです。よって、次は「実際に何が起こるのか」が注視されることになります。目先で現実的なのは、ブッシュ大統領のお話ではなくFRBによる金利政策ではないでしょうか。ブッシュ大統領のお話は「今から考える」というニュアンスですが、FRBのお話は目先で行動するお話です。過去の経験則からも、金利の引き下げにより株価が上昇に転じるケースは多くあります。例外として、ITバブル崩壊時には利下げを繰り返すも回復までには長い時間を必要としましたが、この時のPERは60倍。今の水準は16倍。このようなことから、「今回は利下げにより上昇へ向かう」と市場関係者の多くは考えておられるようです。

但し、上昇へ向かうとしても右肩上がりになることはありません。
不安材料はたくさんあるのです。「一度壊れた相場は簡単には戻らない」これを意識しておかなければいけません。日米共に相場は壊れたのです。よって今後は上昇トレンドへ向かうにしても、「トレンド」になるのであり右肩上がりに上昇するものではありません。楽観的になることは避けましょう。

投資は難しくありません。
「一度壊れた相場は簡単には戻らない」ならば、それに添う投資で進めれば良いだけの事です。投資方法の「引き出し」を、お持ちでいらっしゃる方には面白い相場になるのではないでしょうか。持ち合わせていらっしゃらない場合は、相場が少し安全になるまで「休むも相場」でよいと思います。「引き出しがない=検証結果が出せない」中での無理な投資は避けましょう。

皆さまのおかげで、ランキングが大きく上昇しました。感謝しております。
内容がお役に立てるものであった場合、「下にあります3つのランキングをクリック」を、お願い致します。日記を書く励みになりますので、宜しくお願い致します
皆さまの1クリックが1カウントとなりランキングに反映されますので、どうか宜しくお願い致します。
はーと株・投資 ランキング  はーと 株ブログ ランキング
はーとFC2 ブログランキング




私が作成したホームページ

私が作成したホームページ
「素人投資家の挑戦」

私の取引

こちらは、私の取引から勉強していただけると判断したものを、1ヶ月数銘柄(1週間に1銘柄程度)限定で紹介しているブログです。
「勉強できる私の買い付け」

これまでの道

私は、株式投資に対し全くの素人でした。
そして大の勉強嫌いで、自慢出来る学歴も経歴もありません。その私が株式投資で利益を出し続けている実録です。

全くの素人から投資をスタートさせました。
50万円を元手に始めたものの、利益よりも損失が膨らむ一方で資金は激減。あまりのショックに投資を止めていた時期がありました。
順調に資金が増えた時もあったのですが、「勝ちが続くと調子に乗って大勝負」「負けると一発で取り返そうと大勝負」こんなことを何度も繰り返してしまった為、3歩進んで4歩下がるようなことが続いてしまいました。負ける度に反省するのですが、また同じことを繰り返してしまうのです。
その結果、塩漬け株ばかりとなり力尽きてしまいました。

資金が半減、激減した時・・・忘れもしません。
食欲がなくなり、食べても味がしません。仕事にも影響が出ていたうえに、毎日が損損損という気持ちばかりで楽しいことが全くありません。土日は休場なので本来はゆっくりできるはずなのに、株価が動かないことで逆にストレスが溜まってしまい・・・ 表現できないほど辛い日が続いていました。

時が流れ~
心機一転もう一度頑張ってみようと思い、塩漬け株を全て損切り。再スタートさせました。
大勝負で大失敗して資金半減や激減を数え切れないほど多く経験してきましたが、50万円 ⇒ 100万円 ⇒ 500万円 ⇒ 1000万円 ⇒ ???と、少しずつではありますが確実 に資金は増えることになりました。
投資を始めた頃は1銘柄に数万円のミニ株投資でしたが、今では1銘柄に数百万円の分散投資ができるようになったのです。

Archives

証券会社の広告

ご注意

この株日記は、私の独断と偏見によって書いているものです。当ブログの運営は購読を目的としたものであり、投資顧問業ではありません。よって、具体的な売買の指示およびご案内は致しかねます。又、内容に関して正確性および安全性を保障するものではありませんのでご理解願います。当サイトをご利用のうえ、被ったいかなる損害についても「素人投資家の挑戦」管理人masaは一切の責任を負いませんので、ご了承下さいませ。

相互リンク(五十音順)

検索フォーム