素人投資家の株日記 2008年06月02日素人投資家の株日記
素人投資家の株日記
投資歴は20年以上、株式投資だけで生活しています
05 | 2008/06 | 07
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

素人投資家の株日記
ブログ(株日記)の文章はネットに公開してからも2~3度読み直し、訂正を繰り返しております。その後、完成してからホームページ上「素人投資家の挑戦」内にて更新のお知らせをさせて頂きます。よって、訂正を繰り返している間に読まれますと、完成したものと大きく違う場合がありますので、更新を確認されてからお読み下さいませ。
又、「勉強できる買付」などの更新情報も、ホームページ上で行っておりますので定期的にご確認いただければありがたく思います。


お知らせ
私の株日記が廣済堂出版 『 ネットマネー 7月号 ~ 今月の最強ブロガー 』 へ掲載されました
月刊誌なので、1ヵ月に1人。1年で12人しか紹介されませんので、とてもありがたいことだと思っております。
5月21日発売の「 ネットマネー 7月号 損得メール受信トレイ 」 内にあります 「 今月の最強ブロガー 」で、私のことが紹介されています。ご覧になって下さいね。ただ、私のことが特集などで大きく紹介されているのではなく 『少しだけ』 です

6月2日 月曜日

本日の日経平均は、前週末比101円高の14440円となりました。
米国株は7ドル安。

「米国株について」
好決算を発表したパソコン関連や半導体関連銘柄によりハイテク銘柄が買われる一方、金融関連が売られることになり小幅安になっています。消費者態度指数は予想を上回るものでしたが特に材料視はされていなかったようです。個人消費支出は市場予想と同じでした。
影響を与える大きな材料がなかったことからも、取引時間中の値幅も小さなものになっていました。

週末は小幅な下落になりましたが、比較的堅調に推移しているのではないでしょうか。今週も引き続き原油価格の上下に一喜一憂しながら、経済指標の内容によって動く相場になると思っています。また、週末に少しボリュームが出た程度なのではっきり言えませんが、インフレ懸念の高まりから債券を売って株を買う流れ(インフレ懸念が高まることで金利が上昇。それに伴って債券が売られている)になっており、こういったことは株価を下支えする要因になってくるかもしれません。

(チャートでみた場合)
相場環境を素直に先取りおよび反映しているチャート形成になっています。
原油価格の動向に注視している環境そのままに、大きく上昇を続けるのではなく「下値を確かめるような」上昇になっています。この上昇であれば、売りをこなしている為に加熱感が出てくることはありません。実際、テクニカル的には割安な水準で推移していますので無理のない(急落する可能性が低い)理想的な上昇になっています。しかし、週末のローソク足が示すように相場は迷っていると考えられなくもありません。

上記しておりますように外部要因を踏まえれば原油価格の上下に一喜一憂しながら、経済指標の内容によって動く相場「簡単にいえば、1日2日先が読みにくい」であることを示唆するように、ローソク足は十字線(迷いの相場)に近い形となりました。
現在の株価水準は、書いておりましたボックス相場の上値12800ドル、下値12500ドルのほぼ中間地点であり、こういったことも迷いにつながっていると考えています。上値を低く考えれば12700ドルになりますが、これだと中間地点ではなく少し安値に寄る形になりますので、売りが多くなり週末の終値はもう少し下押ししていたような気がします。完全な十字線ではないにせよ、中間地点ほどまで戻していることから上値は12800ドル付近になる可能性が高いような気がしています。

「日本株について」
米国株の動きと同じく、債券を売って株を買う流れになっているようです。この流れは前から起こっていたことですが、それ以外の要因で大きく相場が動いていた為にあまり目立つものではありませんでした。しかし、ここ数日は影響が大きくなっており、それに伴う商いも膨らんでいる状態です。
少し前に「外国人の買い戻しはどこまで続くのか」といったニュースを多く見かけましたが、同じように「債券を売って株を買う流れはどこまで続くのか」といったことが今後は注目されるのではないでしょうか。但し、話が大きくなってくれば「そこでおしまい」というケースは良くあることなので、注意深く見る必要があると思います。

債券価格のベースになる長期金利が直近で大きく上昇。また、目先の抵抗に差しかかっていることから、今後の一段高は少し無理があると考えています。株と同じで「行き過ぎ」の状態だと考えられ、揉み合いになるか近いうちに下げてくるのではないでしょうか。上記しておりますように、話題が大きくなってくるということはそれだけ普通ではない動きになっている(行き過ぎ)場合が少なくないことから、「そこでおしまい」になることが良くあるのです。

「債券売り、株買い」この流れに楽観することは危険だと思います。
但し、これだけで相場が動くわけではありませんので、「楽観しない」程度に考えておけば良いのではないでしょうか。違った見方をすれば、どのような理由であれ株が買われれば上昇しますし、保有株があれば含み益は増えますので悪い買われ方はないのです。そういったことからも、極端な行動に出ることはなく「楽観しない」程度で良いと思っています。

3つのランキングへの心温かい1クリックをお待ちしております m(_ _)m
がんばって一人で書いておりますので、内容がお役に立てるものであった場合には下にあります3つのランキングを全てクリックして下さいませ。
皆さまの1クリックが1カウントとなりランキングに反映されますので、お手数をおかけしますが どうか宜しくお願い致します。
はーと オール株式情報ランキング はーと 株ブログ ランキング
はーとFC2 ブログランキング




私が作成したホームページ

私が作成したホームページ
「素人投資家の挑戦」

私の取引

こちらは、私の取引から勉強していただけると判断したものを、1ヶ月数銘柄(1週間に1銘柄程度)限定で紹介しているブログです。
「勉強できる私の買い付け」

プロフィール

【プロフィール】
〇名前 masa
〇年齢 40代
投資歴は20年以上。全くの素人から僅かな資金で株式投資を始めましたが、株式投資だけで生活できるようになりました。運用資金に対して少額分散投資と買値から1割減の損切りを徹底。初心を忘れず、楽しみながら続けています。

Archives

相互リンク 五十音順

検索フォーム

ご注意

この株日記は、私の独断と偏見によって書いているものです。当ブログの運営は購読を目的としたものであり、投資顧問業ではありません。よって、具体的な売買の指示およびご案内は致しかねます。又、内容に関して正確性および安全性を保障するものではありませんのでご理解願います。当サイトをご利用のうえ、被ったいかなる損害についても「素人投資家の挑戦」管理人masaは一切の責任を負いませんので、ご了承下さいませ。