素人投資家の株日記 2008年11月11日素人投資家の株日記
素人投資家の株日記
投資歴は20年以上、株式投資だけで生活しています
10 | 2008/11 | 12
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

素人投資家の株日記
ブログ(株日記)の文章はネットに公開してからも2~3度読み直し、訂正を繰り返しております。その後、完成してからホームページ上「素人投資家の挑戦」内にて更新のお知らせをさせて頂きます。よって、訂正を繰り返している間に読まれますと、完成したものと大きく違う場合がありますので、更新を確認されてからお読み下さいませ。
又、「勉強できる買付」などの更新情報も、ホームページ上で行っておりますので定期的にご確認下さいませ。


お知らせ
私が書いているこのブログが、廣済堂出版 『 ネットマネー 7月号 ~ 今月の最強 株ブロガー 』 にて、紹介されました。
内容はホームページ 「 素人投資家の挑戦 」 上段をご覧下さいませ。
月刊誌なので、1ヵ月に1人。1年で12人しか紹介されませんので、とてもありがたいことだと思っています。


11月11日 火曜日

本日の日経平均は、前日比272円安の8809円となりました。
米国株は73ドル安の8870ドル。

「米国株について」
最近の終値としては小幅な下げになっていますが、日中とくに引けにかけては100ドル前後を行ったり来たりする凄まじい値動きになっており、落ち着いてきたと言える状況にはありません。朝方は200ドルを超える大幅高でスタートするも、午後にかけて右肩下がりとなり100ドル安へ。その後、一旦は前日値まで戻しますが再び下落、200ドル安まで下げ幅を拡大させた後は10分から20分ごとに100ドルが上下する凄まじい値動きに。結局は引けにかけて大きく買い戻されるのですが、不安定な1日になっていました。

政府による保険大手AIGへの支援策拡大が好感されました。AIGへは今までの支援額に加えて新たな資本注入が決定、大幅高になっています。他に、中国の大規模な景気刺激策や、欧州の株価が大幅高になったことも買い材料となりました。
一方で、米家電量販チェーン第二位のサーキット・シティ・ストアーズが景気減速に伴う消費の落ち込みにより売上が低迷、破綻したことが相場の雰囲気を悪くしました。また、アナリストがゴールドマン・サックス、UBS、モルガン・スタンレー、グーグル、といった主力大手の利益見通しを引き下げたことも売り要因になっています。中でも、ドイツ銀行がGMの目標株価をゼロにしたことは大きなショックとなりました。これにより自動車各社へ悪影響が波及。下げを勢いづかせる形になってしまいました。
ただ、GMを含む自動車各社は支援策について政府と話し合いを進めており、近く何らかの策が発表されるのではないかという期待感もあるようです。また、オバマ次期大統領は選挙中から自動車メーカーへの支援に前向きな姿勢を見せておられることから、新政権が妨げになることはないと考えられています。

引き続き、解約に伴うヘッジファンドの売りを警戒しなければいけません。
日中を通して大口の売りは何度も見られるのですが、とくに引けまであと1時間という時点から、およそ100ドルの乱高下を繰り返しているところは危険な雰囲気が漂っています。週末にかけて追い込みの売りが出てくる可能性もあるので十分に注意したいところです。
ただ、こちらに関してはあらかじめ想定できる状況にありますので(株日記でも書き続けています)無理な上昇を狙うことさえなければ、小さな損失もしくは回避できると思っています。

(チャートでみた場合)
取引開始直後に200ドル以上も上昇しながら午後にかけて右肩下がりになった背景には、株日記で書いておりましたように、9300ドル付近の強い抵抗が大きく影響していたのではないかと考えています。大きな売り圧力に買いが耐えきれず下落、それが上値の重さを感じさせることになり早めの手仕舞いへ。更に、9000ドル付近の反発を期待した買いが余計に売りを膨らませてしまい(買い付けるも下落したことで、失望売りが加わってしまう)ズルズル下げ続けたのだと感じました。結果論ではありますが、9300ドルまでの上値余地150ドル(高値は9159ドル)を残して売り優勢となった時点で、本日の先行きを示していたような気がしています。

終値で9000ドルを割り込んでいることから、再び9000ドル付近が目先の上値として意識されるような気がしています。
この場合、上値余地は100ドル程度しかないことから上値を追いかける投資家は少なくなると考えられますので、目先は弱含むことを予想しています。

「日本株について」
米国株は小幅安に留まりましたが、為替相場が円高へ大きく振れたことが悪材料となり、取引開始直後から輸出関連を中心に幅広い銘柄へ売りが膨らみました。午前中は一時400円もの下げ幅となりますが、後場に入ると一気に買い進まれて9000円を回復。ところが高値を付けた後は一転売り優勢に。結局は引けにかけて売り込まれてしまい、300円近い大幅な下落になっています。

上海株の上昇やオバマ次期大統領が「自動車業界への緊急支援策を求めた」と、米紙(電子版)が伝えたことで一時は大きな上昇になりました。しかし、終えてみれば「行って来い」。一過性の上昇になってしまいました。

300円近い急落となりましたが、昨日に続いて重要視しているところはありません。
引き続き、慎重な姿勢で進めたいと思っています。

お忙しい中、申し訳ありませんが 「ランキングへのクリック」 を、お願い致します。
がんばって一人で書いておりますので、ランキングへの応援を宜しくお願い致しますm(_ _)m 
日記がお役に立てる内容であった場合には、以下3つのランキング全てをクリックして下さいませ。
(皆さまの1クリックが1カウントとなりランキングに反映されます)
はーと オール株式情報ランキング はーと 株ブログ ランキング
はーとFC2 ブログランキング





私が作成したホームページ

私が作成したホームページ
「素人投資家の挑戦」

私の取引

こちらは、私の取引から勉強していただけると判断したものを、1ヶ月数銘柄(1週間に1銘柄程度)限定で紹介しているブログです。
「勉強できる私の買い付け」

プロフィール

【プロフィール】
〇名前 masa
〇年齢 40代
投資歴は20年以上。全くの素人から僅かな資金で株式投資を始めましたが、株式投資だけで生活できるようになりました。運用資金に対して少額分散投資と買値から1割減の損切りを徹底。初心を忘れず、楽しみながら続けています。

Archives

相互リンク 五十音順

検索フォーム

ご注意

この株日記は、私の独断と偏見によって書いているものです。当ブログの運営は購読を目的としたものであり、投資顧問業ではありません。よって、具体的な売買の指示およびご案内は致しかねます。又、内容に関して正確性および安全性を保障するものではありませんのでご理解願います。当サイトをご利用のうえ、被ったいかなる損害についても「素人投資家の挑戦」管理人masaは一切の責任を負いませんので、ご了承下さいませ。