素人投資家の株日記 2008年11月20日素人投資家の株日記
素人投資家の株日記
投資歴は20年以上、株式投資だけで生活しています
10 | 2008/11 | 12
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

素人投資家の株日記
ブログ(株日記)の文章はネットに公開してからも2~3度読み直し、訂正を繰り返しております。その後、完成してからホームページ上「素人投資家の挑戦」内にて更新のお知らせをさせて頂きます。よって、訂正を繰り返している間に読まれますと、完成したものと大きく違う場合がありますので、更新を確認されてからお読み下さいませ。
又、「勉強できる買付」などの更新情報も、ホームページ上で行っておりますので定期的にご確認下さいませ。


お知らせ
私が書いているこのブログが、廣済堂出版 『 ネットマネー 7月号 ~ 今月の最強 株ブロガー 』 にて、紹介されました。
内容はホームページ 「 素人投資家の挑戦 」 上段をご覧下さいませ。
月刊誌なので、1ヵ月に1人。1年で12人しか紹介されませんので、とてもありがたいことだと思っています。


11月20日 木曜日

本日の日経平均は、前日比570円安の7703円となりました。
米国株は427ドル安の7997ドル。

「米国株について」
取引開始から少しの間は堅調に推移しますが、午後にかけて下げ幅を拡大。その後、8200ドル付近を下値として長く揉み合うのですが、引けまで1時間を切った時点から一気に売り込まれてしまい急落。わずかな時間で更に200ドルも下げる展開になってしまいました。

09年実質国内総生産(GDP)成長率見通しが、前回の2%~2.8%からマイナス成長へと大幅に下方修正されました。景気後退は確実視されていたものの、より可能性が高くなったことで売りが膨らんでしまったようです。また、住宅着工件数や先行指数になる住宅着工許可件数が過去最低の下落になったことも、住宅関連の悪化から引き起こるさまざまな悪影響が強く警戒されることになりました。更に、消費者物価指数も最大の下落となり、発表された経済指標は全て売り材料になってしまいました。

半導体工業会は、業界における来年の売上高見通しが前年比マイナスになると発表。これを受けて半導体関連が大きく売られました。また、原油価格の下落によってエネルギー関連も売られています。

ダウ構成銘柄は全滅、業種別S&P500種株価指数でも全十種が下落。
昨日に大幅高となり、ダウ平均を大きくリードしたヒューレット・パッカード(HP)は唯一高止まりしていますが、大きく買われた後に大きく売られてしまう上ヒゲの長い足になっている為、目先で弱含むことを考えれば今度はダウ平均を引き下げる悪者になってしまうかもしれません。一企業ではありますが、少し注意しなければいけないと思っています。

経済指標の悪化に加えて個別でも悪材料が重なっていますので、引き続き弱含むことを予想しています。

(チャートでみた場合)
株日記で書いていました通り、最低の下値ライン8000ドルまで下落しました(終値7997ドル)。引けにかけて売り込まれていますが、引け間際の8000ドル割れから10ドル戻していますので、その水準では予想通り強い抵抗になるのかもしれません。ただ、11月から上値が切り下がっていることを考えれば、およそ1ヵ月に渡って下値抵抗として機能してきた8000ドルといえども下抜ける可能性は高くなってきているような気がしています。仮に8000ドルを割り込めば、今度はその水準が上値抵抗になると思われますので下げがきつくなるかもしれないと考えています。

「日本株について」
ここ最近は、米国株の大幅安でも底堅く推移してきましたが、本日は売り気配で始まる銘柄が続出するスタートになりました。昨日までは8100円から8200円付近で大口の買いが入っていたことから、その水準で底堅くなっていましたが、本日は一気にそれらの水準を下抜け、次の抵抗と考えられていた8000円をあっさりと割り込んでしまいました。その後、前場は7900円付近を下値とする揉み合いになりますが、後場に入ると徐々に下げ幅を拡大。7750円付近まで下げると一旦は7850円付近まで上昇しますが行って来い。結局、引け間際の大口売りも影響して600円近い急落になってしまいました。

本日は特別に、私の投資法を紹介
買い付けは行わずに、 『 待ち 』 で進めてきました。
これは、相場が急落した後で書いている後出しではなく、相場の雰囲気が悪くなり始めた11日頃から進めてきた投資法でした。 実際に、12日からどのような投資法で進めてきたのかを知っていただく為に、私からの配信(私の買い付け銘柄および私の投資法)を希望されていらっしゃる方へ送らせていただいたメール内容を全て紹介したいと思います。(昨日19日にもメール配信をさせていただきましたが、その内容は本日20日と明日21日の予想およびそれに伴う投資法になりますので、お知らせすることができません。また、一部の内容を伏字にしていますがご理解下さいませ。)

メール内容をより理解していただく為に、12日からの日経平均チャートを2種添えさせていただきます。
0001252139.gif
20512421.gif

-----------------------------------------------------------------------------
11月12日 8時30分
私の投資法を、お伝え致します。
米国株が176ドル安と大幅安になりました。欧州の株価が下落したことや、失望決算が主な悪材料になっていますが、本日に限れば材料よりも需給と換金売りの方が影響していたように感じました。昨日の株日記で書いておりましたとおり、9000ドルが上値として意識された為、上値余地の少なさ(昨日の時点で100ドル程度)や上値の重さを意識した売りが膨らみ、一時は300ドル安程度まで売り込まれてしまったのだと思っています。午後には前日値付近まで急回復するも、すぐに急落して再び 300ドル安近くまで売り込まれてしまったところは、換金に伴うファンドの売りを感じていました。先日までは9000ドルが上値とされながらも買いが強かったことで強含みを考えていたのですが、昨日の動向を見て9000ドルが上値になる予想に変更。そして本日、9000ドルが上値になる可能性は更に高くなったと思いました。
上記していることに加え、25日線が9000ドルを割り込んできたことや、9000ドルを上値とする揉み合いが4営業日続いていることから「上抜ける為の揉み合い」よりも「やがて下抜ける揉み合い」のような気がしています。仮に下抜けた場合は、揉み合い下放れとなり下げがきつくなるかもしれません。その場合、目先の下値は直近安値の8200ドル付近になると考えています。

米国株の大幅安を受けて、日本株も大きく売られる展開を予想しています。また、日本株についても、米国株と同じく需給が大きく影響してくるように考えています。・・・・・を形成し始めたところからの下落になる為、ひょっとすれば下げがきつくなるかもしれないと思っています。更に、9000円をしっかりと割り込んでしまうことや、その水準では25日線の角度も影響してくると考えていますので、目先は弱含むことを予想しました。米国株の弱含みや換金売りを考えれば、今は勝負よりもリスクを回避する ことが大切だと思っています。
弱含むお話になっていますが、GMの支援策など明るい材料もありますので悪いことばかりではありません。また、揉み合いに関しても必ず下抜けるというものでもありませんし、揉み合い上放れになれば9000ドルを回復する上昇になる可能性もあると思っています。日本株についても全く同じで、25日線や9000円を回復する可能性はあると考えています。ただ、今はリスク回避に重点を置くべきだと考え「待ち」でいきたいと考えました。「待ち」は予定であり、買い付ける場合もあります。買い付けた場合のみ、大引け後にご連絡します。

-----------------------------------------------------------------------------
11月13日 8時30分
私の投資法を、お伝え致します。
米国株が411ドル安になりました。昨日に続いて、欧州の株価下落や失望決算が主な悪材料になっているようです。本日は、家電量販店最大手が09年度の業績予想を下方修正したことに加え、百貨店大手も赤字決算となり、消費低迷が強く意識されることになりました。他、原油価格の下落によりエネルギー関連が急落しています。
ポールソン財務長官は、金融安定化法に基づく資本注入の対象をノンバンクまで広げると発表。ノンバンクは自動車ローンなどを扱っている為、消費者に欠かせないサービスになっていると説明。資本注入の必要性をお話されました。ノンバンクは金融危機によって資本が低下している為、自動車ロ ーン等を貸し出す際の基準が高くなっています。これにより、自動車の購入ができなくなる人が急増。ノンバンクの資本増強により、問題を解決したいとの考えがあるようです。この発表は好感されるものでしたが、当初の目的であった「住宅ローンの買い取り」が中止になったことは大きな悪材料となりました。サブプライムローン問題が解決する大きな一歩とされていただけに、ショックが広がったようです。銀行が抱える不良債権(住宅ローン)が大きく減少するという見込みがなくなった為、再びサブプライムローン問題が浮上すると同時に、悪影響を受ける銀行株が大きく売られる結果になっています。
昨日のメールで書いていましたとおり、揉み合い下放れとなり下げがきつくなったと考えています。1日で400ドルを超える下げになることは想定外でしたが、予想通り8200ドル付近(本日の安値8265ドル)が下値になっています。8200ドル付近は強い下値抵抗になることや、3営業日で660ドルほど下げていますので、いつ反発があってもおかしくない水準になってきたと考えています。ただ、2回のボトムの後、9000ドルを回復するも再び下落して3回目のボトム到達になっていることで、今度は前回よりも強い売りが出てくると予想。8200ドルの水準を保てるのかどうか、あと1日待ちたいと考えました。

日本株については、昨日に書いておりましたとおり・・・・・を形成しはじめたところからの下落になる為、本日は下げがきつくなると考えています。よって、前回は・・・・・の8340円付近が予想通りに反発地点となりましたが、今回はその水準を保つことはできないと思っています。・・・・・を形成する為の最後の砦「・・・・・日に付けた安値〇〇〇〇円」が重要なポイントになると考えています。この水準を下抜ければ、・・・・・が崩れる為に売りが加速するかもしれません。その場合は・・・・・・・・・・〇〇〇〇円付近までの下落を考えています。〇〇〇〇円まで下落すれば〇〇〇円安(〇〇%)になります。これは、米国株の・・・・・に対して行き過ぎる水準だと思われますので、本日は下抜ける可能性は低いように考えています。ただ、この水準に近づくことは間違いないと思っていますので、明日の相場で下抜ける危険性を考えた場合、あと1日待ちたいと思いました。日米共に1日待ちたいと思える環境にある為、今日も「待ち」で行こうと思っています。ただ、大きな下落になれば反発する可能性も高くなる為、少しだけ買い付けるかもしれません。買い付ける可能性の高い水準は、〇〇〇〇円から〇〇〇〇円の間になります。買い付けた場合のみ、大引け後にご連絡します。

-----------------------------------------------------------------------------
11月14日 8時30分
私の投資法を、お伝え致します。
米国株が552ドル高になりました。午前中は8200ドルが下値抵抗となりますが、午後に下抜けると売りが加速して一気に8000ドルを割り込んでしまいます。ここまでは昨日にお伝えしていた予想通りでしたが、その時点から870ドルも上昇することは全く予想外でした。朝方に発表された新規失業保険申請件数が市場予想を上回ったことが売り材料になった他、失望決算などが加わり一時は300ドル以上の下落になっていました。しかし、8000ドル割れを押し目の好機とした大口買いをきっかけに反転。原油価格の急騰によりエネルギー関連が相場を引っ張ったこともあり、大幅高となりました。昨日の高値を抜いていることや、出来高の急増も良い兆候だと考えられますので目先は強含むことを予想しています。
注意しなければいけないところ。米国株が安値から870ドルも回復させている背景には、サミットへの期待感から大きく買われたところがあったのかもしれません。その影響が大きかった場合、仮にサミットが期待外れに終われば失望売りが膨らむ可能性があるので、注意しなければいけないと思っています。

本日は米国株の大幅高を受けて、大きな上昇でスタート。その後は、一旦売られるも買い戻される。このようにイメージしています。本日で解約に伴うヘッジファンドの換金売りが峠を超える(45日ルール)ことや、G20金融サミット(緊急首脳会合)を控えていますので、来週の相場に期待する買いが多く入ると考えています。換金売りが峠を超えれば、今後の売り圧力は小さくなることが予想できますし、G20金融サミットは緊急首脳会合なだけに悪い材料が出てくるとは思えません。ひょっとすれば、急激な円高に対する何らかのお話があるかもしれませんし、仮にそのような話し合いがあれば円高に歯止めがかかると思っています。
大きな上昇で買い向かうことは危険を伴いますが、上記しておりますとおり来週の相場は「今」の時点で強含むことを予想していますので、本日少しだけ買い付けたいと思いました。具体的には、・・・・・・・・・・8700円付近までの調整があれば狙いたいと思っています。ただ、こちらは日経平均を目安にしているものであり、個別で狙う場合とは異なる場合があります。買い付けた場合のみ、大引け後にご連絡します。

-----------------------------------------------------------------------------
11月14日 9時50分
(取引時間中の配信は例外となります)
狙うとお伝えしてました8700円を割り込んでいますが、今のところは買いを見送っています。8700円以上の上昇になって下げてきたのではなく、8700円付近が始めから天井になっている為、様子を見たいと思いました。下値を考えた場合、次のポイントは8500円付近になると考えています。

-----------------------------------------------------------------------------
11月14日 13時30分
(取引時間中の配信は例外となります)
先のメールでお伝えしましたとおり、8500円付近を下値とする揉み合いが続いておりますが、円高に振れていることや米先物が下げていることで、上値を追いかける買いが入りにくくなっていると感じています。為替相場では、米国株高に連れて95円台から98円台まで円安が進みました。その後、97円64銭付近を下値とする揉み合いになりますが、下抜けたことで一気に97円まで円高が進んでいます。ただ、95円台から98円台まで下落する間に97円付近で一旦調整していることから、その水準が抵抗になって一服となっています。
揉み合い下放れで勢いが付けば、前日の抵抗になる96円台まで円高が進むかもしれないと考えていた為(円高が進めば株が売られる要因になる)、午前中は買わずに見送っていました。しかし、現在は97円台で長く揉み合っていることから、98円からの勢いは止まったかもしれないと考えています。この場合、これ以上の売り要因にはなりませんが、先に天井を打ってしまった株価動向が気になります。
お伝えしておりましたように、本日大きく下げるようであれば買いチャンスになると考えていたのですが、米国株が予想外に大きく上昇したことに加え、日本株は抵抗を上抜けてから抵抗まで下げてくるのではなく、取引開始間もなく抵抗で頭を抑えられてしまったことは警戒するべきだと考えています。このようなことから今も様子見を続けていますが、本日は買いを見送るかもしれません。当初考えていた通り、米国株が強い展開になれば利益を逃すことになってしまいますが、その時は次の押し目を狙おうと思っています。買い付けた場合のみ、大引け後にご連絡します。

-----------------------------------------------------------------------------
11月17日 8時30分
私の投資法を、お伝え致します。
注目されたG20金融サミット(緊急首脳会合)では、株価にとって大きなプラス要因となる進展はなかったと考えています。米国株は、過去3番目の上げ幅を記録した翌日(週末)に300ドルを超える急落となっている為、サミットへの失望売りは大きくないと思っていますが、この2つの要因が週明けの相場にどのような影響を与えるのかを確認することが大切だと思っていますので、本日は「待ち」で進めたいと思いっています。「待ち」は予定であり、必ず買い付けないというものではありません。買い付けた場合は、大引け後にご連絡します。


-----------------------------------------------------------------------------
11月17日 13時25分
(取引時間中の配信は例外となります)
次の押し目ポイントは8600円付近だと考えています。この水準まで下げてくれば、買い付けるかもしれません。

-----------------------------------------------------------------------------
11月17日 14時30分
(取引時間中の配信は例外となります)
本日の買い付けは見送ることにしました。

-----------------------------------------------------------------------------
11月17日 20時
私の投資法を、お伝え致します。
米国株が大きな下落になるも、60円高になる強い展開となりました。とくに前場から後場寄りにかけての300円高は凄まじいものがあり、先行きの強さを感じさせるところがありました。この動きから判断し、押し目買いポイントとになる8600円付近までの調整があれば買おうと考え、13時25分に配信させていただきました。時間が無かった為に詳しく書けなかったのですが、8700円を割り込み始めた時点で、8600円付近まで下げてくると考えていました。また、売られ方が強いと感じましたので一時的に8600円を割り込むだろうと予想。その水準で〇~〇銘柄程を買い付ける予定でした。ところが8600円を前に反発、8700円まで上昇。追いかけるのではなく押し目を狙うべきだと考えていたので、見送りました。その後、2度同じことを繰り返した為に上値は重くなり売りは強くなると判断。この状況で8600円を割り込んでも買うべきではないと考え、8600円まで下げてくる時点で見送るメールを送らせてもらいました。

本日の相場は強さを感じましたが、目先は・・・・・・・・・・を見てから判断するべきだと考えています。300円を超える上昇で完全に上抜けたかのように見えましたが、終わってみれば下抜け。また、〇〇〇〇円を・・・・・としながら・・・・・・・・・・いる為、・・・・・時は大きな下落になりかねないと思っています。このように、見方によれば弱含むことも考えられますので、「今」は様子を見るべきだと考えました。上昇して・・・・・・・・・・ようであれば、・・・・・による・・・・・と・・・・・へ向けた大きな一歩となり目先は強含み。逆に、下落していくようであれば、・・・・・・・・・・為に下げ幅が拡大するかもしれないと思っています。
・・・・・・・・・・が続けば・・・・・・・・・を狙う投資をしますが、今のように下げ幅が大きくなるかもしれない「耐えている状態」では、・・・・・よりも誰かが・・・・・・・・・・水準を狙う方が良いと考えています。「・・・・・・・・・・を狙う」こんなイメージです。

この投資法は、必然的に・・・・・を見逃す投資になる為、・・・・・を見て「・・・・・・・・・・」を感じたり「・・・・・・・・・・」と考えることはありません。・・・・・・・・・・に狙う投資ということを、忘れないようにしなければいけません。
-----------------------------------------------------------------------------
以上が、17日までの配信内容になります。

株式投資は、常に勝負して勝てるほど簡単ではないと思っています。
『 休むも相場 』 という相場格言がありますように、『 買う 』 『 売る 』 だけが投資法ではなく 『 休む=次のチャンスを待つ 』 ことも立派な投資法だと思っています。
相場は11日から少しずつ下げ始め、本日は570円もの急落になってしまいました。 『 休む=次のチャンスを待つ 』 この投資法を続けてきたことは正解だったと思っています。

お忙しい中、申し訳ありませんが 「ランキングへのクリック」 を、お願い致します。
がんばって一人で書いておりますので、ランキングへの応援を宜しくお願い致しますm(_ _)m 
日記がお役に立てる内容であった場合には、以下3つのランキング全てをクリックして下さいませ。
(皆さまの1クリックが1カウントとなりランキングに反映されます)
はーと オール株式情報ランキング はーと 株ブログ ランキング
はーとFC2 ブログランキング





私が作成したホームページ

私が作成したホームページ
「素人投資家の挑戦」

私の取引

こちらは、私の取引から勉強していただけると判断したものを、1ヶ月数銘柄(1週間に1銘柄程度)限定で紹介しているブログです。
「勉強できる私の買い付け」

プロフィール

【プロフィール】
〇名前 masa
〇年齢 40代
投資歴は20年以上。全くの素人から僅かな資金で株式投資を始めましたが、株式投資だけで生活できるようになりました。運用資金に対して少額分散投資と買値から1割減の損切りを徹底。初心を忘れず、楽しみながら続けています。

Archives

相互リンク 五十音順

検索フォーム

ご注意

この株日記は、私の独断と偏見によって書いているものです。当ブログの運営は購読を目的としたものであり、投資顧問業ではありません。よって、具体的な売買の指示およびご案内は致しかねます。又、内容に関して正確性および安全性を保障するものではありませんのでご理解願います。当サイトをご利用のうえ、被ったいかなる損害についても「素人投資家の挑戦」管理人masaは一切の責任を負いませんので、ご了承下さいませ。