素人投資家の株日記
派手な売買は無く、地道にコツコツと進めています
03 | 2009/04 | 05
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

豚インフル拡大も影響一服 米国株は全面高でまんべんなく買われる
ブログ(株日記)の文章はネットに公開してからも2~3度読み直し、訂正を繰り返しております。その後、完成してからホームページ上「素人投資家の挑戦」内にて更新のお知らせをさせて頂きます。よって、訂正を繰り返している間に読まれますと、完成したものと大きく違う場合がありますので、更新を確認されてからお読み下さいませ。
又、「勉強できる買い付け」などの更新情報も、ホームページ上で行っておりますので定期的にご確認下さいませ。


お知らせ

こちらの株日記が、月刊誌に掲載されました。
廣済堂出版
ネットマネー 08年7月号 ~ 今月の最強 株ブロガー

○掲載内容をご紹介 ⇒ こちら

青春出版社
BIG tomorrowビッグ・トゥモロウ 09年 5月号 (3月25日発売)
○掲載内容に少し誤りがありました ⇒ こちら
○掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

とても貴重な経験をさせていただき、感謝しております。
この場を借りて、お礼申し上げます。
----------------------------------------------------------------------------------------------

4月30日 木曜日

本日の日経平均は、休日前に比べて334円高の8828円となりました。
米国株は168ドル高の8185ドル。

「米国株について」
GDPが市場予想より大幅に落ち込むものの、個人消費が予想を上回る回復になったことで取引開始直後から上昇。その後、上値8200ドル(184ドル高)で下値8150ドルとする高値揉み合いになりますが、FOMCの声明で一段高となり8257ドルまで上昇するところがありました。ただ、既に200ドル近く上昇していたこともあり、上げ幅は限定的。加えて、クライスラーの破産法申請ニュースという売り材料も加わり、引けにかけて上げ幅を縮小しています。

○ 豚インフルエンザ
米国で初の死者が出るなど猛威を振るっていますが、相場への影響はほとんどなかったようです。
しかし、世界的に大流行する恐れがあるとして、警戒水準が初の 「 5 」 に引き上げられるなど予断を許さない状況です。(警戒水準と意味については、28日の株日記 をご覧下さいませ。)

株価動向だけを見ると、あまり悪影響を受けていないように感じられますが、「 好材料によって、豚インフルエンザの問題が注視されていないだけ 」 だと考えておきましょう。被害が沈静化へ向かっていれば安心ですが、拡大している中で楽観することはできません。

○ FOMCの声明
・経済の悪化は進んでいるものの、そのペースは緩やかになっている
・引き続き、ゼロ金利を続けていく
・必要であれば更なる資金供給も行う

今までは 「 悪化はとても早いスピードで進んでいる 」 とされてきましたので、穏やかになっていると示された今回の内容は市場を安心させたようです。
ただ、3つのお話はあるていど市場が予想していた内容でありサプライズにはなっていません。加えて、株価は既に200ドル程度の上昇になっていましたので、声明発表後の上昇は小幅なものに留まっています。

GDPの悪化を個人消費が救う
GDPは-6.1%となり市場予想の-5%より大きな落ち込みになりましたが、GDPの7割を占める個人消費が2.2%増になったことで売りを相殺しました。
金融不安の落ち着きに加えて、住宅を取り巻く環境も良くなりつつあります。ここへ個人消費の改善が加われば今以上に安心感が広がると思われますし、相場の底打ちを感じた投資家による資金流入もあるような気がします。

○ 銀行株へは2つの好材料
不良資産を買い取る官民合同ファンドに、100社を超える資産運用会社の応募があるようです。
3月末に具体的な政策が発表されるも、「 応募する会社が少ないのでは? 」 という懸念もあったのですが、そんな心配を一蹴する発表になりました。

金融調査会社による投資判断引き上げも、買い材料になっています。
金融調査会社フォックスピット・キャピタルは、04年4月から3段階中1番下の 「 アンダーウェート 」 で続けてきましたが、5年ぶりに真ん中の 「 マーケットウェート 」 に引き上げています。業務の悪化はしばらく続くとしながらも、改善傾向にあると判断されたことが主な理由。

○ クライスラーが30日に連邦破産法第11条を申請
米連邦破産法第11条は、日本でいう 「 破産、倒産 」 ではなく、優良資産を残して事業経営を継続させることを目的としています。ちなみに、日本でいう 「 破産、倒産 」 は米連邦破産法第7条。
24日の株日記でも取り上げていましたが、知らされていたとおり破産法第11条を申請、その後にフィアットと提携する方向で調整が進んでいるようです。

24日の株日記で書いていましたように、どうなるのか分からない不安材料が消えたことでプラスに働く部分もあると考えています。
取引終了前に発表されたことで、慌てた売り(悪材料に対する早めの売り)につながったようですが、それでも影響は50ドル程度。明日に続く売りにはならないと思いました。

○ 限られた業種が引っ張り上げたのではなく、幅広く買われる
業種別で見ると金融が4.8%高とリードしているものの、他業種との差は大きくありません。ダウ銘柄を個別で見ても、大まかに2%から3%上昇している銘柄が多くあり、下げた業種はなく全面高になっています。

今までは金融主導の相場でしたが、幅広い銘柄に資金が向かうようになりました。
相場環境によって変化するので一概には言えませんが、限られた業種が相場をリードし続けるよりも、他の業種も買われて上昇する方が相場の底上げにつながりますし、上昇も長続きする傾向にありますのでとても良い流れだと思っています。

○ ストレステストは織込み済みかも
前日の売り要因となった 「 シティやバンカメの資本増強 」 のお話に加えて、資産査定で6行が不合格との観測も出ている中、金融を含めて全面高になりました。この動向を踏まえると、実際に6行が不合格になっても相場全体への売り要因にはならないと思っています。

ガイトナー財務長官は 「 ほとんどの金融機関は、規制当局が十分だと考える以上の資金を保有している 」 とお話されています。よって、「 ほとんど 」 という部分に注視すると、ストレステストの対象になっている19行のうち既に6行が不合格だとすれば、それ以上に増える可能性は極めて低いと思えます。
また、シティやバンカメの資本増強についても、政府が新たに資金を注入するのではなく政府保有の優先株を普通株へ転換することで混乱は起きないと考えられていますので、ストレステストの結果でビックリするようなことも起きないのではないでしょうか。

(チャートで考えた場合)
8000ドルを上抜けてスタートした後も、売り込まれることなく大きく上昇。抵抗線突破の大陽線になっていますので目先は強含み。豚インフルエンザが猛威を振るっているなど全く感じさせない強い1日となりました。

騰がれば言うこと無し。下げた時の目安は、下値抵抗線8000ドル付近になると考えています。


「日本株について」
米国株の大幅高を受けて取引開始直後から急騰し、一気に8800円(300円高)まで上昇しました。その後も売り込まれることなく8833円(339円高)で前引け。後場に入ってからも8800円が下値抵抗となる強い展開に終始しました。

米国株の大幅高だけではなく、3月の鉱工業生産指数が前月比1.6%上昇となり市場予想を大きく上回ったことも買い材料になったようです。

売買代金は1兆6717億円で売買高が25億1636億株。値上がり銘柄数が1378で全面高。
売買を伴うとても強い1日になりました。

お忙しいところ申し訳ありませんが、お役に立てる内容であった場合には以下 3つのランキング 全てにクリックをお願い致します。1クリックで1カウントされますので、応援して下さい。(自分の投資に影響が出ない範囲で書いてはいるものの、日記に多くの時間を要していますので、どうか宜しくお願い致します。)
クリックが多くいただけた場合は(1週間のクリック数で判断します)お礼の意味を込めて、私の取引を1週間に1銘柄紹介しているブログ 「素人投資家の株日記(勉強できる私の買付)」 こちらで取引した銘柄を、3つのランキングのどれかで ご紹介します。(紹介期間は1日~2日) ( まず、ランキングで私のブログを見つけて下さい。そのすぐ下に銘柄を書いています。)

はーと オール株式情報ランキング はーと 株ブログ ランキング
はーと FC2 ブログランキング
直近1週間のクリック数によって表情が変化します kiss.gif(笑顔)
只今、5月1日ご紹介の銘柄が対象になっています。


豚インフルエンザ
ブログ(株日記)の文章はネットに公開してからも2~3度読み直し、訂正を繰り返しております。その後、完成してからホームページ上「素人投資家の挑戦」内にて更新のお知らせをさせて頂きます。よって、訂正を繰り返している間に読まれますと、完成したものと大きく違う場合がありますので、更新を確認されてからお読み下さいませ。
又、「勉強できる買い付け」などの更新情報も、ホームページ上で行っておりますので定期的にご確認下さいませ。


お知らせ

こちらの株日記が、月刊誌に掲載されました。
廣済堂出版
ネットマネー 08年7月号 ~ 今月の最強 株ブロガー

○掲載内容をご紹介 ⇒ こちら

青春出版社
BIG tomorrowビッグ・トゥモロウ 09年 5月号 (3月25日発売)
○掲載内容に少し誤りがありました ⇒ こちら
○掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

とても貴重な経験をさせていただき、感謝しております。
この場を借りて、お礼申し上げます。
----------------------------------------------------------------------------------------------

4月28日 火曜日

本日の日経平均は、前日比232円安の8493円となりました。
米国株は51ドル安の8025ドル。

「米国株について」
豚インフルエンザによる経済への悪影響が懸念され、下落してのスタート。ただ、影響がどこまで広がるかは今のところ不透明であり、売りも限定的になりました。加えて、市場予想を上回る決算が相次いだことで8000ドルを境に一転買い戻される展開となり、お昼頃には高値となる8122ドル(46ドル高)まで上昇しました。ところが、 米疾病予防管理センターが国内で感染者数が増加したことを発表すると、再び豚インフルエンザへの懸念が広がり14時頃には8000ドルまで下落。最後は少し買い戻されたものの、警戒感が残る1日になっています。

○ 好決算が買い材料になるも、豚インフルエンザが相殺
・携帯電話向け半導体最大手のクアルコムは、4.4%高
・ガラス大手のコーニングは、3.3%高
・医療保険全米2位のヒューマナは、1.9%高
これら主力銘柄が市場予想を上回る決算を発表。何もなければ、好感する買いが他の銘柄にも入って相場を上昇させたと思いますが、豚インフルエンザの影響が相殺する結果になっています。

○ 豚インフルエンザ
最も影響したのはこの問題です。

世界保健機構は、世界の警戒水準を 「 4 」 に引き上げました。
・警戒水準と意味
「 1 」 動物間に新しいウイルスが存在。但し、人への感染はない。
「 2 」 動物間に新しいウイルスが存在。人への感染はある。
「 3 」 人から人への感染は、無い。または極めて限定されている。
「 4 」 人から人への感染が、増加している。
「 5 」 人から人への感染が、とても多くなっている。
「 6 」 人から人への感染が、効率よく持続したもので確立されている。

警戒レベル 「 4 」 は、世界的に大流行する恐れがある可能性を認定するものですが、世界保健機構は今のところ発生国であるメキシコへの渡航禁止などは勧告していません。加えて、メキシコは 「 非常事態宣言 」 を発令しながらも、 「 疑わしい症状が出ている人の渡航を強制的に止める 」 といった具体的な行動には出ていませんので、正直なところアナウンス効果だけで終わっている感じです。この為、他国への感染拡大が懸念されています。
実際、米国や欧州でも感染が広がっている為、感染および悪い影響がどれほど拡大するのかを市場は見守っている状態です。

○ もう少し状況を見てから判断
豚インフルエンザの動向によっては、相場が乱交下するかもしれません。よって、本日の相場を深く考え日記に書いても意味があまりないように思えましたので、株日記は簡単なものとさせてもらいます。

(チャートで考えた場合)
こちらにつきましても、今はチャートで判断しても意味がないように思っていますので、省略させてもらいます。


「日本株について」
米国株の下落と豚インフルエンザへの警戒感から小幅安でスタートしますが、上昇へ転じた後は8800円(74円高)まで上げ幅を拡大しました。ただ、上値は重く、徐々に上げ幅を縮小して38円高で前引け。後場入ってからも弱い流れは続き、引けまでズルズルと右肩下がりになってしまいました。

ウォールストリートジャーナル電子版が、「 FRBが米銀大手のシティとバンカメに対して資本増強を要請する 」 と報じたことも売り要因になりました。昨日に続いて売買代金は1兆1258億円、売買高は18億1748億株と薄商いになっていますので、様子を見る投資家が多くなっていたようです。

お忙しいところ申し訳ありませんが、お役に立てる内容であった場合には以下 3つのランキング 全てにクリックをお願い致します。1クリックで1カウントされますので、応援して下さい。(自分の投資に影響が出ない範囲で書いてはいるものの、日記に多くの時間を要していますので、どうか宜しくお願い致します。)
クリックが多くいただけた場合は(1週間のクリック数で判断します)お礼の意味を込めて、私の取引を1週間に1銘柄紹介しているブログ 「素人投資家の株日記(勉強できる私の買付)」 こちらで取引した銘柄を、3つのランキングのどれかで ご紹介します。(紹介期間は1日~2日) ( まず、ランキングで私のブログを見つけて下さい。そのすぐ下に銘柄を書いています。)

はーと オール株式情報ランキング はーと 株ブログ ランキング
はーと FC2 ブログランキング
直近1週間のクリック数によって表情が変化します kiss.gif(笑顔)
只今、4月24日ご紹介の銘柄が対象になっています。


ストレステスト白書が失望売りを誘うもV字回復
ブログ(株日記)の文章はネットに公開してからも2~3度読み直し、訂正を繰り返しております。その後、完成してからホームページ上「素人投資家の挑戦」内にて更新のお知らせをさせて頂きます。よって、訂正を繰り返している間に読まれますと、完成したものと大きく違う場合がありますので、更新を確認されてからお読み下さいませ。
又、「勉強できる買い付け」などの更新情報も、ホームページ上で行っておりますので定期的にご確認下さいませ。


お知らせ

こちらの株日記が、月刊誌に掲載されました。
廣済堂出版
ネットマネー 08年7月号 ~ 今月の最強 株ブロガー

○掲載内容をご紹介 ⇒ こちら

青春出版社
BIG tomorrowビッグ・トゥモロウ 09年 5月号 (3月25日発売)
○掲載内容に少し誤りがありました ⇒ こちら
○掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

とても貴重な経験をさせていただき、感謝しております。
この場を借りて、お礼申し上げます。
----------------------------------------------------------------------------------------------

4月27日 月曜日

本日の日経平均は、前日比18円高の8726円となりました。
米国株は119ドル高の8076ドル。

「米国株について」
耐久財受注が市場予想ほど悪化しなかったとに加えて予想を上回る決算が買い材料となり、お昼頃には8100ドル(143ドル高)まで上昇しました。その後、ストレステスト白書が発表されると、内容に失望した売りが膨らみ一時は8000ドルまで急落。ところが、銀行の資本は十分にあるというお話が出ると今度は一気に買い戻され、高値となる8127ドル(170ドル高)まで上げ幅を拡大しました。引けにかけて大口の売りが連発したことで上げ幅を縮小していますが、8000ドルをしっかり上抜ける強い展開になっています。。

○ 経済指標は安心感につながる内容
3月の耐久財受注は-0.8となり、市場予想ほど落ち込みませんでした。加えて、3月の新築住宅販売件数は35万6000戸で、ほぼ市場予想と一致。前日に発表された中古住宅販売が市場予想以上に落ち込んでいた為、安心感につながったようです。
先週末の株日記で書いていましたように、全米不動産業者協会やガイトナー財務長官など多くの方が 「 住宅市場は改善傾向にある 」 とお話しされていますので、今はそれを信用すれば良いと考えています。
先週末のように、1ヵ月だけの数値悪化で投資法方が狂わされないようにしましょう。

○ ストレステストの審査方法のみ公表
「 審査している資産分類および損失の規模をどのように決定するのか 」 このように審査方法のみ公表され、合否の目安になる 「 規制当局が十分だと考える自己資本比率 」 などの具体的な数値が示されなかったことで、失望売りが膨らんでしまいました。ただ、「 市場の混乱によって資本は大きく低下しているものの、大半の銀行は基準を上回る資本がある 」 と示されたことで、急落した株価はV字回復しています。

・市場は公表される内容に期待し過ぎた
そもそも、政府は5月4日に結果を発表すると示されていました。
関係者に対しては強く口止めされ、一切の内容が漏れないよう厳重に注意されていましたので、現時点において合否の目安になる数値を示すはずがありません。

・「 失望 」 は、本質を見極める必要がある
合否の目安となる数値が示されなかったことに失望したのであり、ストレステストの結果に失望したのではありません。後者なら再び金融不安になる恐れがありますので早く逃げたもの勝ちですが、前者の場合は結局のところストレステストの結果待ちとなり失望が続くことはありません。

・V字回復は想定内
22日にガイトナー財務長官が 「 ほとんどの金融機関は、規制当局が十分だと考える以上の資金を保有している 」 とお話されたことで、それまでの不安を一蹴した格好になっていました。本日も、数値が示されなかったことによる失望を 「 大半の銀行は基準を上回る資本がある 」 というお話でV字回復する結果になっているのですが、このお話が無くても既に上記した内容が示されていましたので、失望売りで下げた80ドル安程度はすぐに回復していたのではないでしょうか。

・目先の材料に一喜一憂で乱高下
米国株で起こった値動きですが、「 本質を見極めながら進めれば動揺することはない 」 という良い見本だったような気がします。
中古住宅販売の落ち込みで売り、新築住宅販売の横ばいで買う。ストレステスト白書で売り、資本十分のお話で買う。こんなことをやっていれば 「 安いところで売って、高いところで買う 」 という、損をする可能性が高い投資になってしまいますので、本質を見極めて動揺しないことが大切です。(少し乱暴な書き方になりますが)どうしても投資をするなら、中古住宅販売の落ち込みで買って、翌日の横ばい発表で売る。ストレステスト白書で買って、資本十分のお話で売る。そんな感じでしょうか。

○ 主力銘柄の決算は、市場予想を上回る内容が目立つ
前日の夕方に予想を上回る決算を発表したマイクロソフトやアメリカン・エキスプレスの他、同じく予想を上回ったフォードが2桁上昇の大幅高になりました。
ちなみに、フォードはビッグ3で唯一 政府から支援を受けていないメーカーです。
ヘンリーフォードが創業。大量生産の方式を開発し、自動車を大量に普及させたことから自動車の育ての親とされています。ちなみに産みの親は、カール・ベンツ(ガソリンで動く自動車を発明。後のメルセデス・ベンツ。)

今のところ市場予想を上回る銘柄が増えている状態なので、「 思ったより悪くない 」 という安心感が買いに結びついていくかもしれません。よって、金融主導の相場が一服すれば、幅広い銘柄へ資金が流れる良い環境になってくるのではないでしょうか。

(チャートで考えた場合)
8000ドルを下抜けてから3日間上値を抑えられてきましたが、再び上抜けてきたことで需給関係および投資家心理は少し強気に傾いていると感じました。また、8000ドルまで急騰後、長く揉み合ってきたことから当初の加熱感もありません。
チャートでみた場合だけではなく、「 ストレステストについて、大半の銀行は基準を上回る資本がある 」 という強い外部要因も加わっていますので、目先は底堅い展開になる可能性が高まってきたのではないでしょうか。先週末の株日記で書いていましたように、そろそろ動き出すような気がしています。


「日本株について」
米国株の上昇を受け、取引開始直後は76円高でのスタート。その後、一旦は前日値付近まで売り込まれるものの、10時頃には高値となる8840円(133円高)まで上げ幅を拡大しました。しかし、買いの勢いは続かず徐々に売り込まれる展開となってしまい、8776円(68円高)まで上げ幅を縮小して前引け。後場に入ると一段安となり、13時30分頃には安値となる8648円(59円安)をつけました。ただ、前場と同じように今度は売りの勢いが続かず徐々に回復。小幅高で終える結果になっています。

売買代金は極端に減って1兆2714億円。売買高は20億4365万株。
連休の谷間で市場参加者が減っていることや、相次ぐ企業決算の見極めが求められる状況の為、薄商いになっています。

個別の材料で賑わったところもあったようですが、先週に続いて深く考える必要はないと思っています。

お忙しいところ申し訳ありませんが、お役に立てる内容であった場合には以下 3つのランキング 全てにクリックをお願い致します。1クリックで1カウントされますので、応援して下さい。(自分の投資に影響が出ない範囲で書いてはいるものの、日記に多くの時間を要していますので、どうか宜しくお願い致します。)
クリックが多くいただけた場合は(1週間のクリック数で判断します)お礼の意味を込めて、私の取引を1週間に1銘柄紹介しているブログ 「素人投資家の株日記(勉強できる私の買付)」 こちらで取引した銘柄を、3つのランキングのどれかで ご紹介します。(紹介期間は1日~2日) ( まず、ランキングで私のブログを見つけて下さい。そのすぐ下に銘柄を書いています。)

はーと オール株式情報ランキング はーと 株ブログ ランキング
はーと FC2 ブログランキング
直近1週間のクリック数によって表情が変化します kiss.gif(笑顔)
只今、4月24日ご紹介の銘柄が対象になっています。


「勉強できる買い付け」で紹介した銘柄を公開
4月25日 土曜日

たくさんの応援(クリック)、ありがとうございました。

直近1週間のクリック数が目標値に達しましたので銘柄を公開

本日は、4月17日の 「 勉強できる私の買い付け 」 で紹介した銘柄をブログランキングで公開予定です。
下にあるランキングのどれかで更新しますので、ご覧下さいませ。 (まず、ランキングにある 「 素人投資家の株日記 」 を見つけて下さい。そのすぐ下にあるコメント欄に銘柄を書いています。)

はーと オール株式情報ランキング はーと 株ブログ ランキング
はーと FC2 ブログランキング


明日から大手金融に対してストレステストの結果を報告
ブログ(株日記)の文章はネットに公開してからも2~3度読み直し、訂正を繰り返しております。その後、完成してからホームページ上「素人投資家の挑戦」内にて更新のお知らせをさせて頂きます。よって、訂正を繰り返している間に読まれますと、完成したものと大きく違う場合がありますので、更新を確認されてからお読み下さいませ。
又、「勉強できる買い付け」などの更新情報も、ホームページ上で行っておりますので定期的にご確認下さいませ。


お知らせ

こちらの株日記が、月刊誌に掲載されました。
廣済堂出版
ネットマネー 08年7月号 ~ 今月の最強 株ブロガー

○掲載内容をご紹介 ⇒ こちら

青春出版社
BIG tomorrowビッグ・トゥモロウ 09年 5月号 (3月25日発売)
○掲載内容に少し誤りがありました ⇒ こちら
○掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

とても貴重な経験をさせていただき、感謝しております。
この場を借りて、お礼申し上げます。
----------------------------------------------------------------------------------------------

4月24日 金曜日

本日の日経平均は、前日比139円安の8707円となりました。
米国株は70ドル高の7957ドル。

「米国株について」
週間新規失業保険申請件数が増加するも、市場予想と一致。企業決算は強弱入り混じる内容で売り買い拮抗。この状況を受けて取引開始直後は小幅高でスタートしますが、中古住宅販売件数が市場予想以上に減少したことで失望売りが膨らみ7820ドル(66ドル安)まで下落。その後、V字回復して前日値を回復するも行って来い。お昼頃には安値となる7800ドル(88ドル安)まで下げ幅を拡大しました。
お昼からは一転買い優勢の展開となり、15時頃には7950ドル(64ドル高)まで上昇しますが、15時30分頃には再びマイナス圏へ。そして最後の30分で70ドル高まで急伸。本日は午前と午後で大きく乱高下する動きになりました。

○ 雇用に関する指標は市場予想と一致
週間新規失業保険申請件数は、前の週に比べて2万7000件の増加で64万件となりました。依然、悪化は続いているものの市場予想と一致したことで目立つ売り材料にはなっていません。

少し前の株日記でも書いていましたが、景気が良くならないのに雇用の改善は見込めません。
物が売れる ⇒ 企業が利益を上げる ⇒ 人を雇う(雇用の改善) 簡単に書くとこのようなサイクルになりますので、企業が利益を上げていない中では人を雇う余裕はありません。
今は企業が利益を上げる為にさまざまなリストラでスリム化。その後、利益をしっかりと確保できるようになり、それから人を雇う動きになるのが自然の流れではないでしょうか。
失業の増加という部分だけを見ると悪い材料に感じますが、景気の悪化に歯止めがかかっている(その可能性が高い)状態である今となれば 「 増加は織込み済み 」 だと考えています。よって、(本日の申請件数は市場予想と一致しましたが)少し上回る数値だったとしても売り要因にはならなかったような気がします。

○ 住宅関連の指標は悪化
3月の中古住宅販売件数は前月比-3%となりました。
こちらは市場予想以上に悪い数値となりました。加えて、住宅関連の指標は改善を示すものが多くなっていただけに、失望感も広がってしまいました。ただ、株価で見ると50ドルほどの押し下げ要因にしかなっていないうえ、すぐにV字回復して前日値を上回る水準になっていますので、影響は一時的だったと感じました。全米不動産業者協会は 「 小幅な増減を繰り返しながら安定に向かいつつある 」 と示されています。

今後も悪化し続ければ状況も変わってくると思いますが、本日の全米不動産業者協会だけの見方ではなく、ガイトナー財務長官を含めた多くの方が 「 住宅市場は改善傾向にある 」 とお話されていますので、信用すれば良いと考えています。

○ クライスラーは、早ければ来週にも米連邦破産法第11条を申請
米連邦破産法第11条は、日本でいう 「 破産、倒産 」 ではなく、優良資産を残して事業経営を継続させることを目的としています。ちなみに、日本でいう 「 破産、倒産 」 は米連邦破産法第7条。
既に労働組合と話し合いはついていますので、来週には発表されるのではないでしょうか。その後、提携を進めているフィアットと正式に合意する見通しになっているようです。

申請しても、相場への影響は大きくないと考えています。
申請は好ましくない結果ですが、前触れや気持の準備が整っていないところへ突然降りかかってきたものではなく、長く注視され続けてきましたので 「適用の申請 」 を相場は織り込んでいるような気がします。
むしろ、どうなるのか分からない不安材料が消えたことで、プラスに働く部分もあるのではないでしょうか。

○ 引き続き、ストレステストが心理的に大きく影響
本日は、チャートの項で少し詳しく説明しています ↓

(チャートで考えた場合)
1日を通して見ると、ほとんどの時間を7800ドルから7900ドルの間で動いています。そして、引けまで30分を切ったところから一気に急上昇して70ドル高。昨日は、引け間際に82ドル安まで急落。どちらも材料のない急な値動きでした。このような動きを追ってみると、一部の大口が動かした相場であり大勢は様子見だったような気がします。

昨日には分からなかったことですが、2営業日続くと少し見えてくる部分もあります。
結果は70ドル高ですが、上記した動きと相場環境を合わせて考えると70ドル高はオマケのようなものであり、7900ドル付近(前日と変わらない水準)を終値として見た方が良いと思いました。よって、見た目は下ヒゲの長い陽線で目先の強さを感じさせるものですが、実際はトンボ(上昇力は強くないが、売りは吸収。売り買い拮抗で転換を意味。)になっていると考えています。
ストレステストの結果を控えて様子見ムードが強くなっていますが、チャートが示すように そろそろ動き出すのかもしれません。


「日本株について」
米国株の上昇を受けるも、小幅安でのスタート。その後、8750円付近(100円安)まで下げ幅を拡大させますが、ダブルボトムを形成した後は急上昇。29円安の8817円で前引けとなりました。しかし、後場に入ると一転売り込まれる展開となり8700円(150円安)まで下落。その後も少し買い戻される程度で弱い動きに終始しました。

○ 米国株と同じく 「 ストレステスト 」 の結果待ち
米国株が上昇しても、先でどうなるのか分からない状態なら一旦手仕舞っておこうといった感じでしょうか。
昨日に続いて、深く考える必要は無いと思っています。

お忙しいところ申し訳ありませんが、お役に立てる内容であった場合には以下 3つのランキング 全てにクリックをお願い致します。1クリックで1カウントされますので、応援して下さい。(自分の投資に影響が出ない範囲で書いてはいるものの、日記に多くの時間を要していますので、どうか宜しくお願い致します。)
クリックが多くいただけた場合は(1週間のクリック数で判断します)お礼の意味を込めて、私の取引を1週間に1銘柄紹介しているブログ 「素人投資家の株日記(勉強できる私の買付)」 こちらで取引した銘柄を、3つのランキングのどれかで ご紹介します。(紹介期間は1日~2日) ( まず、ランキングで私のブログを見つけて下さい。そのすぐ下に銘柄を書いています。)

はーと オール株式情報ランキング はーと 株ブログ ランキング
はーと FC2 ブログランキング
直近1週間のクリック数によって表情が変化します kiss.gif(笑顔)
只今、4月17日ご紹介の銘柄が対象になっています。


主力企業の決算が相次ぐも、金融主導の相場が続く
ブログ(株日記)の文章はネットに公開してからも2~3度読み直し、訂正を繰り返しております。その後、完成してからホームページ上「素人投資家の挑戦」内にて更新のお知らせをさせて頂きます。よって、訂正を繰り返している間に読まれますと、完成したものと大きく違う場合がありますので、更新を確認されてからお読み下さいませ。
又、「勉強できる買い付け」などの更新情報も、ホームページ上で行っておりますので定期的にご確認下さいませ。


お知らせ

こちらの株日記が、月刊誌に掲載されました。
廣済堂出版
ネットマネー 08年7月号 ~ 今月の最強 株ブロガー

○掲載内容をご紹介 ⇒ こちら

青春出版社
BIG tomorrowビッグ・トゥモロウ 09年 5月号 (3月25日発売)
○掲載内容に少し誤りがありました ⇒ こちら
○掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

とても貴重な経験をさせていただき、感謝しております。
この場を借りて、お礼申し上げます。
----------------------------------------------------------------------------------------------

4月23日 木曜日

本日の日経平均は、前日比119円高の8847円となりました。
米国株は82ドル安の7886ドル。

「米国株について」
昨日に続いて強弱入り混じる決算を受け、取引開始直後は小幅安でのスタートになりました。しかし、住宅関連の指標が良かったことで急騰。7900ドル(69ドル安)から8040ドル(71ドル高)まで一気に上昇しました。しかし、8050ドルが上値抵抗になって伸び悩むと、お昼過ぎから徐々に売り込まれて小幅安へ。その後、再び8050ドル目前まで上昇しますが、引けにかけて急落。結果は82ドル安まで下げ幅を拡大する安値引けになってしまいました。

主力企業の決算は強弱入り混じる内容
・通信大手のAT&Tは、市場予想を上回って1.8%高。
・航空機大手のボーイングは、市場予想を上回って1.8%高。
・半導体大手のサンディスクは、市場予想を上回って13.4%高。
・マクドナルドは、市場予想とほぼ一致で1.4%安

○ モルガン・スタンレーは赤字
証券大手モルガン・スタンレーの決算は赤字になりました。市場予想を大幅に上回る赤字が嫌気され、同社の株価は取引開始直後から急落。その後、相場の上昇に連れる形で大きく上昇し、一時は前日値付近まで戻すところがあったものの、結果は行って来い。9%の下落になっています。

同じ証券大手ゴールドマンは0.1%高。銀行大手シティは0.3%高、JPモルガンは1.9%安、バンカメは5.7%安になっています。モルガンは売られてしまいましたが、既に金融大手の決算が出揃っていたことから他の金融および相場全体への悪影響は小さなものに留まったようです。

○ 住宅指標は良い内容
住宅価格指数は、前月比0.7%の上昇になりました。2ヵ月連続の上昇になったことで、「 価格の底打ちは本当なのか?」 という疑りの目が少し減ったのではないでしょうか。ガイトナー財務長官をはじめとする多くの方が指摘されているとおり、住宅を取り巻く環境は良い方向へ向かっているような気がします。

価格指数は、前年同月比で6.5%の下落になっていますが、市場が注目しているのは前月比。
依然低い水準のままですが、今は 「 底打ち 」 と 「 改善 」 が期待されていますので、前年と比べるのではなく前月と比べなければいけません。マイナスを予想する投資家が多かった中、2ヵ月連続プラスは大きな安心感につながったと思いました。加えて、週間住宅ローン申請件数も前の週と比べて5.3%の上昇。

○ 昨日に続いて、注目されるのは 「 ストレステスト 」
大手19行が対象となっており、24日にもそれぞれの銀行へ結果を伝えると報じられたようです。正式な発表は5月の始め頃に予定されていますが、しばらくの間は情報の開示に注意が必要かもしれません。
ただ、昨日の株日記で書いていましたように、ほとんどの金融機関が合格する結果になれば安心感は今よりも更に広がると考えています。

○ あまり深く考えないこと
昨日に続いて、「 ストレステスト 」 の結果待ちといったところがありますので、個別の材料を深く考える必要はないと思っています。82ドルも下落していますが、何かの悪材料が影響して下げたというのではなく、引けにかけて手仕舞い売りが膨らんだといった感じなので、とくに気にする必要はないと思いました。

(チャートで考えた場合)
少し上ヒゲの長い陰線になっていますが、25日線と75日線が下に控えていますので力関係は拮抗していると考えています。加えて、ゴールデンクロスになるも75日線が下向きになっていますので、こちらも同じく拮抗。まさに迷いの相場になっています。
外部環境を見ても 「 ストレステスト 」 の結果待ちで大きく動けない状態であると同時に、商いも減少傾向で一旦手仕舞いの動き。

環境とチャートが一致していますので、やはり 「 迷い 」 になっている状態です。
今は動き出すのを静かに待つ状態だと思います。

「日本株について」
米国株の下落に加え、国内主力企業の決算が悪かったことで前場中頃までは右肩下がりの展開になりました。ただ、大きく売り込まれることはなく、8650円(77円安)で底値をつけると少し買い戻されて前引け。後場は再び8650円まで売り込まれるものの、今度は一転右肩上がりの展開となり13時頃には前日値まで回復。その後、14時頃まで揉み合いますが、結果は上放れとなり引けまで急上昇する強い動きになりました。

○ 米国株と同じで、本日のところは深く考えなくても良いと思っています。
深く考え勉強することはとても大切なことですが、売買と同じように 「 勉強するタイミング 」 が大切だと思っています。どれだけ勉強しても、力を入れて買い付けても、相場の流れが悪ければ勝つことはできません。勉強もこれと同じで、(少し乱暴な言い方になりますが)余計な時に勉強しても、勉強した気分になっているだけで実は身に付かない場合が多いのです。

効率良く勝率をアップさせる為にも、必要な時にたっぷりと時間をかけて勉強し、そうでない時はゆっくり休む方が良いと思います。当り前のことですが、休むといっても完全に休んでしまっては浦島太郎(相場から数日間も離れると感覚が鈍ってしまう)になってしまいますので、「 最低でも私の株日記だけには目を通す 」 ようにして下されば大丈夫だと思います。

お忙しいところ申し訳ありませんが、お役に立てる内容であった場合には以下 3つのランキング 全てにクリックをお願い致します。1クリックで1カウントされますので、応援して下さい。(自分の投資に影響が出ない範囲で書いてはいるものの、日記に多くの時間を要していますので、どうか宜しくお願い致します。)
クリックが多くいただけた場合は(1週間のクリック数で判断します)お礼の意味を込めて、私の取引を1週間に1銘柄紹介しているブログ 「素人投資家の株日記(勉強できる私の買付)」 こちらで取引した銘柄を、3つのランキングのどれかで ご紹介します。(紹介期間は1日~2日) ( まず、ランキングで私のブログを見つけて下さい。そのすぐ下に銘柄を書いています。)

はーと オール株式情報ランキング はーと 株ブログ ランキング
はーと FC2 ブログランキング
直近1週間のクリック数によって表情が変化します kiss.gif(笑顔)
只今、4月17日ご紹介の銘柄が対象になっています。


ガイトナー財務長官のお話が、悪い噂を一蹴。安心感を与える。
ブログ(株日記)の文章はネットに公開してからも2~3度読み直し、訂正を繰り返しております。その後、完成してからホームページ上「素人投資家の挑戦」内にて更新のお知らせをさせて頂きます。よって、訂正を繰り返している間に読まれますと、完成したものと大きく違う場合がありますので、更新を確認されてからお読み下さいませ。
又、「勉強できる買い付け」などの更新情報も、ホームページ上で行っておりますので定期的にご確認下さいませ。


お知らせ

こちらの株日記が、月刊誌に掲載されました。
廣済堂出版
ネットマネー 08年7月号 ~ 今月の最強 株ブロガー

○掲載内容をご紹介 ⇒ こちら

青春出版社
BIG tomorrowビッグ・トゥモロウ 09年 5月号 (3月25日発売)
○掲載内容に少し誤りがありました ⇒ こちら
○掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

とても貴重な経験をさせていただき、感謝しております。
この場を借りて、お礼申し上げます。
----------------------------------------------------------------------------------------------

4月22日 水曜日

本日の日経平均は、前日比15円高の8727円となりました。
米国株は127ドル高の7969ドル。

「米国株について」
強弱入り混じる企業決算を受けて、小幅安でのスタート。その後も軟調な動きとなり7800ドル(41ドル安)付近で推移していたのですが、ガイトナー財務長官のお話がキッカケとなり金融関連に強い買いが入ると相場全体へも強い流れが波及。7800ドルから一気に7900ドルまで上昇しました。それからしばらくの間は7900ドル付近で揉み合いますが、14時30分頃から上昇に勢いが付き始めると高値となる7979ドル(138ドル高)まで上昇。結局、8000ドルの上値抵抗に抑えられた形となりましたが、再び8000ドルを目指す強い動きになっています。

○ 寄り付き前に発表された決算はまちまち
・化学大手のデュポンは市場予想を下回るも、終値は4.9%高。
・建設機械大手のキャタピラーは17年ぶりの赤字に転落するも、終値は3ドル高。
・飲料大手のコカ・コーラは市場予想とほぼ一致で、終値は2.8%安。
・コンピューター大手のIBMは市場予想を下回るも、1.8%高。
・高級ブランドのコーチは市場予想を上回って、14.8%高。
・医薬品大手のメルクは市場予想を下回って、6.7%安。

このように、ダウ構成銘柄を含む主力企業の決算が相次ぐ1日になっていますので、本来なら決算内容が相場に大きく影響を与えるところ。しかし、ガイトナー財務長官のお話をキッカケとして金融関連が急騰した為、その流れに大きく影響される展開になっています。

市場予想を下回った銘柄を簡単に見てみると・・・
デュポンは上昇トレンドになっていましたので、決算で失望売り。
キャタピラーは揉み合い下放れになっていましたので、下げに勢いがつく。
コーラーも同じく揉み合い下放れ。
このような展開になっても不思議ではありませんでしたが、結果は堅調な1日になっています。
メルクなど、下げトレンドからの一段安といった予想できる展開もありますが、総じて金融関連に引っ張り上げられたところがあるように感じました。
ここ最近よく起こっている 「 悪い決算は織込み済み 」 といえばそれまでになりますが、金融が相場の軸になっているのであれば、目先は 「 ストレステスト(銀行の資産査定) 」 がとても大きな影響を与えるはずです。

○ ガイトナー財務長官のお話が、悪い噂を一蹴。安心感を与える
「 ほとんどの金融機関は、規制当局が十分だと考える以上の資金を保有している 」 このようにお話されました。これはストレステストを前にアナウンス効果を狙ったものになりますが、大きく影響して安心感を広げる結果になっています。
昨日は、「 多くの金融機関がストレステストに合格しない。多くの金融機関が合格すれば、とても不自然だ。 」 このような類のお話や噂が飛び交い、それに影響を受けた売りも出ていたようですが、財務長官のお話で一蹴。本日は一気に買い戻される展開になりました。
シティが10.2%高、バンカメが9.2%高、JPモルガンが9.6%高となり、セクター別でもダウの1.6%高に対して金融は8.2%も上昇しています。

○ 住宅市場へ追い風
政府が新たな住宅ローン支援策を検討中だと報じられました。詳しい内容は明らかになっていませんが、間違いなく住宅市場改善へ向けた追い風になると思っています。加えて、S&Pが住宅市場の改善を指摘しており、こちらも好感される内容になりました。

○ 金融への安心感が相場の下支えに
上記していますように、これだけ主力企業の決算があっても相場の軸は金融(可能性が高い)です。
よって、目先で注目されるのはストレステスト。ただ、ガイトナー財務長官のお話にありますとおり、ほとんどの金融機関がストレステストに合格する結果になれば、売る理由はありませんし安心感は更に広がるのではないでしょうか。

注意点としては、一部の地銀が赤字であること。
この一部がストレステストにひっかかれば、良い材料にはなりません。ここに市場が注視するのかしないのかで大きく変わってくると思いますが、今のところは悪い影響を受けていないようです。

(チャートで考えた場合)
財務長官のお話に救われたところもありますが、下値抵抗でしっかりと反発。本日のところは8000ドルの上値抵抗に抑えられた形になっていますが、前日の300ドル近い下落からの戻りであれば仕方がありません。
8000ドルまで急上昇してきましたが、ほぼ1ヵ月近く揉み合っていますので加熱感は和らいでいます。加えて、直近2営業日でしっかりと8000ドルを上抜けていますので、売りは多くこなしていると判断。そして最後に財務長官のお話が加わってきましたので、8000ドルを再び上抜ける土台は完成したような気がします。

但し、このように安心感が広がりつつあるところで落とし穴は出現するもの。
4月20日の株日記で書いていましたとおり、高値でウロウロしている状況を楽しめる投資にしておくことが大切だと思っています。


「日本株について」
米国株の上昇を受け、買い優勢でのスタート。しかし、早々に高値となる8802円(91円高)をつけた後は急落し、前場は1円安となる8709円の安値引け。後場に入ると一段安になりますが、8700円を割り込むと急反発。ところが再び売り込まれてしまい、結局は15円高になっています。

売買代金は1兆5407億円で売買高は25億9451万株。
日中の値幅がわずか120円程という方向感の出ない1日でしたが、商いの増加を伴いながら値下がり銘柄数が1103になっていますので、加熱感を和らげる良い展開になっていると思いました。

お忙しいところ申し訳ありませんが、お役に立てる内容であった場合には以下 3つのランキング 全てにクリックをお願い致します。1クリックで1カウントされますので、応援して下さい。(自分の投資に影響が出ない範囲で書いてはいるものの、日記に多くの時間を要していますので、どうか宜しくお願い致します。)
クリックが多くいただけた場合は(1週間のクリック数で判断します)お礼の意味を込めて、私の取引を1週間に1銘柄紹介しているブログ 「素人投資家の株日記(勉強できる私の買付)」 こちらで取引した銘柄を、3つのランキングのどれかで ご紹介します。(紹介期間は1日) ( まず、ランキングで私のブログを見つけて下さい。そのすぐ下に銘柄を書いています。)

はーと オール株式情報ランキング はーと 株ブログ ランキング
はーと FC2 ブログランキング
直近1週間のクリック数によって表情が変化します kiss.gif(笑顔)
只今、4月17日ご紹介の銘柄が対象になっています。


バンカメの決算は市場予想を上回るも、クレジットの損失拡大で相場急落
ブログ(株日記)の文章はネットに公開してからも2~3度読み直し、訂正を繰り返しております。その後、完成してからホームページ上「素人投資家の挑戦」内にて更新のお知らせをさせて頂きます。よって、訂正を繰り返している間に読まれますと、完成したものと大きく違う場合がありますので、更新を確認されてからお読み下さいませ。
又、「勉強できる買い付け」などの更新情報も、ホームページ上で行っておりますので定期的にご確認下さいませ。


お知らせ

こちらの株日記が、月刊誌に掲載されました。
廣済堂出版
ネットマネー 08年7月号 ~ 今月の最強 株ブロガー

○掲載内容をご紹介 ⇒ こちら

青春出版社
BIG tomorrowビッグ・トゥモロウ 09年 5月号 (3月25日発売)
○掲載内容に少し誤りがありました ⇒ こちら
○掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

とても貴重な経験をさせていただき、感謝しております。
この場を借りて、お礼申し上げます。
----------------------------------------------------------------------------------------------

4月21日 火曜日

本日の日経平均は、前日比213円安の8711円となりました。
米国株は289ドル安の7841ドル。

「米国株について」
バンカメは市場予想を上回る決算となりましたが、織込み済み。加えて、クレジットの損失拡大が金融を含めた相場全体への売りにつながり、取引開始直後から100ドルを超える急落になりました。その後、8000ドルで一旦下げ止まるものの早々に下抜けてしまい、7950ドル ⇒ 7900ドル ⇒ 7850ドルと徐々に下げ幅を拡大。結局、最後まで買い戻されることはなく安値引けになっています。

○ バンカメは増収増益でも、クレジットの損失拡大が懸念材料に
前の年に比べて3.5倍になる利益を確保。これは市場予想を上回るものでしたが、昨日のシティと同じく 「 織込み済み 」 になりました。加えて、クレジットの損失が57%も増加したことで、「 利益の質 」 を不安視する売りが出てしまったようです。

ウェルズ・ファーゴに始まり、JPモルガンやシティが市場予想を上回る決算を発表。本日のバンカメもそれに続く内容でしたが、既に金融は期待感から大きく買われていた為、今の水準から上昇していくには新たな良い材料が必要なのかもしれません。
JPモルガンが10.7%の下落、バンカメが24.3%の下落、シティが19.5%の下落。この結果、3行が高値揉み合いから下放れした形になりましたので、昨日の株日記に書いていましたとおり、下げに勢いが付くかもしれません。ただ、下放れ早々、たった1日で大幅な下落となり、前回揉み合った水準(3月中旬から4月中旬までの間)まで到達している為、下値抵抗は強くなるとも考えています。

○ オラクルがサン・マイクロシステムズを買収
サン・マイクロシステムズを巡る買収のお話は決裂続きでしたが、今回は合意に達したようです。
直近ではIBMとの交渉が続いていました。それに伴い、さまざまな憶測でサンの株価も乱高下していたのですが、結果は決裂。株価も急落。そして今回、合意に達したとのことでサンの株価は37%も急騰しています。

本来なら、今回の合意は大型買収となり好感されるのですが、本日は金融関連の影響が大きかっ たことで相場全体への買い材料とはならず、個別企業への影響に留まっていました。

○ 経済指標の悪化も大きな影響はなし
景気先行指数は-0.3%となり市場予想よりも悪い数字になりましたが、目立つ売り材料にはなっていません。正確には、金融への利益確定をキッカケとする売りの流れに呑み込まれたといった感じでしょうか。

○ 本日のところは利益確定の売り
下げた要因はいろいろあったと思われますが、本日に限れば環境の悪化ではなく利益確定の売りが最も影響していたと考えていますので、目先は 「 下値抵抗に支えられた買いが、悪材料をどれだけ吸収できるのか。 」 にかかっている気がします。

(チャートで考えた場合)
大陰線の丸坊主が出現。これは強い下落力を意味しますが、25日線と75日線がクロスする7800ドルに限りなく近づきましたので買いの力は強くなると考えています。ただ、8000ドルを下抜けていますので買いの力をある程度相殺するような気もします。よって、7800ドルから8000ドルの狭い値幅で推移すると予想。

(良いふうに考えた場合)
幸いにも、金融大手の決算は出揃ってきました。今後は主力ハイテクなどの決算およびストレステスト(銀行の資産査定)の結果が控えていますので楽観はできないものの、懸念材料出尽くしと値幅または日柄で株価が調整すれば、再び8000ドル上抜けも十分に考えられると思っています。
(悪いふうに考えた場合)
7800ドルを下抜けて推移すると、75日線が下向き始めますので需給関係は悪化。この場合は、7500ドルを目指す強い下落トレンドになるかもしれません。


「日本株について」
米国株の大幅安を受け、取引開始直後から急落。その後も緩やかな右肩下がりとなり、安値となる8612円(312円安)まで下げ幅を拡大して前引け。しかし、後場に入ると今度は緩やかな右肩上がりとなり、213円まで下げ幅を縮小して取引終了となりました。目立つ乱高下はなく、振り子のように緩やかな動きになっています。

○ 米国株と同じく、利益確定の動きが主な要因
2%も下落させる大きな悪材料はなく、米国株と同じく利益確定の動きが主な要因だったと感じました。値下がり銘柄数が1382で、値上がり銘柄数が265。良い調整になったのではないでしょうか。

お忙しいところ申し訳ありませんが、お役に立てる内容であった場合には以下 3つのランキング 全てにクリックをお願い致します。1クリックで1カウントされますので、応援して下さい。(自分の投資に影響が出ない範囲で書いてはいるものの、日記に多くの時間を要していますので、どうか宜しくお願い致します。)
クリックが多くいただけた場合は(1週間のクリック数で判断します)お礼の意味を込めて、私の取引を1週間に1銘柄紹介しているブログ 「素人投資家の株日記(勉強できる私の買付)」 こちらで取引した銘柄を、3つのランキングのどれかで ご紹介します。(紹介期間は1日) ( まず、ランキングで私のブログを見つけて下さい。そのすぐ下に銘柄を書いています。)

はーと オール株式情報ランキング はーと 株ブログ ランキング
はーと FC2 ブログランキング
直近1週間のクリック数によって表情が変化します kiss.gif(笑顔)
只今、4月17日ご紹介の銘柄が対象になっています。


不安材料になっている米銀は良い決算が続く
ブログ(株日記)の文章はネットに公開してからも2~3度読み直し、訂正を繰り返しております。その後、完成してからホームページ上「素人投資家の挑戦」内にて更新のお知らせをさせて頂きます。よって、訂正を繰り返している間に読まれますと、完成したものと大きく違う場合がありますので、更新を確認されてからお読み下さいませ。
又、「勉強できる買い付け」などの更新情報も、ホームページ上で行っておりますので定期的にご確認下さいませ。


お知らせ

こちらの株日記が、月刊誌に掲載されました。
廣済堂出版
ネットマネー 08年7月号 ~ 今月の最強 株ブロガー

○掲載内容をご紹介 ⇒ こちら

青春出版社
BIG tomorrowビッグ・トゥモロウ 09年 5月号 (3月25日発売)
○掲載内容に少し誤りがありました ⇒ こちら
○掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

とても貴重な経験をさせていただき、感謝しております。
この場を借りて、お礼申し上げます。
----------------------------------------------------------------------------------------------

4月20日 月曜日

本日の日経平均は、前日比17円高の8924円となりました。
米国株は5ドル高の8131ドル。

「米国株について」
銀行大手および主力企業が市場予想を上回る決算を発表しますが、小幅高でスタートした後は早々に下落へ転じてしまう 「 織込み済み 」 の展開に。ただ、午前中にダブルボトムを形成した後は緩やかな右肩上がりとなり、お昼中頃には高値となる8200ドルの一歩手前(70ドル高)まで上昇するところもありました。結局、引けにかけて大口の売りが連発した為、一気に上げ幅を縮小して5ドル高で終えています。

○ 米銀大手シティグループが黒字決算を発表
先行して発表されていた金融の決算が良かっただけに、シティの決算はとても注視されていました。結果は、市場予想を上回る良い内容。これによって、金融関連に対する安心感は更に広がったのですが、既にCEOが良い内容になるとお話されていたこともあり、「織込み済み」の展開になってしまいました。同社の株価は小幅高でスタートするも、早々に11%も急落。その後、一旦は前日値付近まで買い戻されるも、引けにかけて再び右肩下がりとなり9%安で終える結果になっています。

・他行はまちまち
バンカメは2.5%高。JPモルガンは変わらず。
シティは急落で揉み合い下放れとなり、4ドルの上値抵抗ができてしまいました。一方で、バンカメが11ドルでJPモルガンが33ドルの高値揉み合いになっていますので、今後は業績だけでなく需給面でも注視され始めるような気がしています。

3行のうち残るはバンカメのみ。金融以外にも主力企業の決算が相次ぎますので一概には言えないものの、バンカメの決算も良い結果となり、JPモルガンとバンカメが共に高値揉み合いから上抜けることができれば、相場全体への買い材料につながるかもしれません。ここに、シティが再び4ドルの高値にトライする動きになれば言うこと無しといったところでしょうか。
逆に、バンカメが失望決算となれば3行が揉み合い下放れになる可能性があり、仮にそうなれば相場全体へも売りが波及するような気がしています。とくに金融関連は改善が期待されて買い進まれてきただけに、利益確定のキッカケ待ちになっている状態。気が抜けない状況だと考えています。

○ 他、目立つ決算
・ゼネラル・エレクトリック(GE)は、36%の減益になるも市場予想を上回りました。
上昇トレンドが続いていた為、寄り付き前に発表された決算を受けてまずは利益確定でスタート。しかし、4%ほど下げた後は一転買い戻される展開となり、結果は1%高。ちなみにGEは、ダウ平均算出開始以来、唯一残り続けている企業です。

・バービー人形で知られる世界最大規模の玩具メーカー マテルはおよそ6年ぶりの大幅高
赤字が拡大するも、ほぼ市場予想と一致。こちらは、金融関連に当てはまっている 「 好材料は織込み済み 」 とは逆に 「 悪材料は織込み済み 」 となりました。加えて、在庫の減少およびバービー人形の売上が18%増加したことを受け、取引開始直後から急騰。終値は15.2%の記録的な大幅高になっています。
需給面から見ても、13ドル付近で揉み合いながら売りを吸収していましたので、買いのキッカケさえあれば上昇し易かったのではないでしょうか。

○ 経済指標は材料視されず
4月の米消費者信頼感指数は、61.9となり前月より上昇。加えて、市場予想を上回る良い内容になりましたが、今は金融を含めた主力決算が注視されていますので目立つ買い材料にはなっていません。

(チャートで考えた場合)
始値と終値がほぼ同じになる十字線が出現。これは迷いを意味すると同時に、一方向へ動き始めるとその方向へ力が偏る転換点も示す足です。揉み合い上放れの可能性を期待しながらも、主力企業の決算を控えていることで強気になれない ・・・ そんな相場環境が示すとおり、まさに迷いです。

先週末と同じく、騰がれば良しとしながら下げることを想定。
こちらも同じく値幅をとって7800ドルから8000ドルの間が強い下値抵抗になると考えていますが、まずは8000ドルで一旦下げ止まるような気がしています。


「日本株について」
米国株はプラスで終えるも 「 迷い 」 になっていたことで、日本株も一旦利益確定の動きが強くなるスタートでした。その後、8850円(57円安)付近で下げ渋るものの最後は下抜けてしまい、ほぼ安値になる8822円(85円安)で前引け。後場に入ると一転買い戻される展開となり8900円まで上昇しますが、行って来い。しかし、前場から続く8850円で反発した後は再び買い戻され、8900円を突破して取引終了となりました。


○ 日米共に緊張感のある展開が続く
米国株は8000ドルの値固めができるのか?日本株は9000円を突破できるのか?このように、日米共に緊張感のある展開が続いています。主力企業の決算および経済指標が重要なカギを握っており、出てくる内容次第といったところですが、今のところは底堅く推移。

振り返れば、3月は 「 底抜け 」 を警戒しなければいけない相場環境でしたが、1ヵ月経った今では状況が一変。今度は 「 上抜け 」 が期待される相場環境になっています。株価の上昇が示すとおり楽しめる相場となりましたが、今度は 「 上抜けられなかった時の下げ 」 という贅沢な警戒感が出始めています。

下がって警戒、騰がって警戒では楽しむことができません。
今の相場環境に限って言えることですが、高値でウロウロしている状況を楽しめば良いのではないでしょうか。

○ 大切なことは、楽しめる状況にしておくこと。
自分で相場環境を変えることはできませんが、自分が楽しめる環境を作り出すことは可能です。
もちろん 「 騰がる株を保有しておく 」 というような単純なお話ではありません。

お忙しいところ申し訳ありませんが、お役に立てる内容であった場合には以下 3つのランキング 全てにクリックをお願い致します。1クリックで1カウントされますので、応援して下さい。(自分の投資に影響が出ない範囲で書いてはいるものの、日記に多くの時間を要していますので、どうか宜しくお願い致します。)
クリックが多くいただけた場合は(1週間のクリック数で判断します)お礼の意味を込めて、私の取引を1週間に1銘柄紹介しているブログ 「素人投資家の株日記(勉強できる私の買付)」 こちらで取引した銘柄を、3つのランキングのどれかで ご紹介します。(紹介期間は1日) ( まず、ランキングで私のブログを見つけて下さい。そのすぐ下に銘柄を書いています。)

はーと オール株式情報ランキング はーと 株ブログ ランキング
はーと FC2 ブログランキング
直近1週間のクリック数によって表情が変化します kiss.gif(笑顔)
只今、4月17日ご紹介の銘柄が対象になっています。


「勉強できる買い付け」で紹介した銘柄を公開
4月17日 金曜日

たくさんの応援(クリック)、ありがとうございました。

直近1週間のクリック数が目標値に達しました

本日は、4月10日の 「 勉強できる私の買い付け 」 で紹介した銘柄をブログランキングで公開予定です。

引き続き、ランキングへの応援を宜しくお願い致します
お忙しいところ申し訳ありませんが、お役に立てる内容であった場合には以下 3つのランキング 全てにクリックをお願い致します。1クリックで1カウントされますので、応援して下さい。(自分の投資に影響が出ない範囲で書いてはいるものの、日記に多くの時間を要していますので、どうか宜しくお願い致します。)
クリックが多くいただけた場合は(1週間のクリック数で判断します)お礼の意味を込めて、私の取引を1週間に1銘柄紹介しているブログ 「素人投資家の株日記(勉強できる私の買付)」 こちらで取引した銘柄を、3つのランキングのどれかで ご紹介します。(紹介期間は1日) ( まず、ランキングで私のブログを見つけて下さい。そのすぐ下に銘柄を書いています。)

はーと オール株式情報ランキング はーと 株ブログ ランキング
はーと FC2 ブログランキング

本日の株日記は下に続きます

JPモルガンの良い決算は織込み済み。しかし、相場の需給は改善
ブログ(株日記)の文章はネットに公開してからも2~3度読み直し、訂正を繰り返しております。その後、完成してからホームページ上「素人投資家の挑戦」内にて更新のお知らせをさせて頂きます。よって、訂正を繰り返している間に読まれますと、完成したものと大きく違う場合がありますので、更新を確認されてからお読み下さいませ。
又、「勉強できる買い付け」などの更新情報も、ホームページ上で行っておりますので定期的にご確認下さいませ。


お知らせ

こちらの株日記が、月刊誌に掲載されました。
廣済堂出版
ネットマネー 08年7月号 ~ 今月の最強 株ブロガー

○掲載内容をご紹介 ⇒ こちら

青春出版社
BIG tomorrowビッグ・トゥモロウ 09年 5月号 (3月25日発売)
○掲載内容に少し誤りがありました ⇒ こちら
○掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

とても貴重な経験をさせていただき、感謝しております。
この場を借りて、お礼申し上げます。
----------------------------------------------------------------------------------------------

4月17日 金曜日

本日の日経平均は、前日比152円高の8907円となりました。
米国株は95ドル高の8125ドル。

「米国株について」
住宅に関する指標が悪化するも、雇用に関する指標は改善。
米銀大手JPモルガンの決算は良かったものの織り込み済み。
このように強弱入り混じる内容だったこともあり、小幅高でスタートした後は利益確定の動きに押される形になっていました。ただ、11時頃に安値となる7962ドル(67ドル安)をつけた後は一転買い戻される展開となり、V字回復。その後、一旦は8050ドルで押し戻されるも、揉み合い上放れになった後は引けにかけて急上昇。結局、100ドル近い上げ幅になっています。

○ 住宅指標が悪化
3月の住宅着工件数は前月比10.8%減少、年率換算で51万戸となりました。
ここ最近は、改善を示す住宅指標が相次いでいた為、住宅を取り巻く環境の悪化に歯止めがかかるのではないかという期待がもたれていました。ところが、着工件数が減少。期待が不透明へと変わり売り材料になってしまいました。
ただ、中古住宅販売が伸びていますので、自動車販売と同じく贅沢な新築ではなく節約できる中古へ関心が向かっているのではないでしょうか。新築と中古の両方が伸びれば言うこと無しですが、景気悪化で収入が減少していれば、まず中古が売れてそれから新築だと考えています。このように順当に進んでいる部分や、振れの大きいマンションが42.6%減(一戸建ては横ばい)となり大きく影響していた部分を踏まえると、着工件数の悪化は悪材料でも株価動向が示すとおり一時的な売り要因に過ぎなかったと感じました。いまのところ、大きな不安に陥る可能性はとても低いと考えています。

○ 雇用に関する指標は改善
新規失業保険申請件数は、前週比5万3000件減少して61万件となりました。これは市場予想よりも少ない数値で買い材料になりました。悪化が続くと予想されていただけに、少しサプライズになったようです。ただ、オバマ大統領やバーナンキFRB議長が 「 雇用はしばらく悪化し続ける = 失業者は増える 」 とお話されていますように、さまざまな物が売れて企業が利益を得ないと雇用の改善にはつながりません。順序としては雇用の回復が一番最後になると考えられます。
(雇用回復の流れについては過去の株日記で書いているとおりです。)
このようなことから、今回の数字で雇用悪化のスピードが減少したと考えるのは時期尚早だと思っています。

○ フィラデルフィア連銀景気指数は改善
依然マイナスで推移しているものの、-24.4となり前月の-35から大幅に改善。市場予想よりも良い数値になりました。加えて、6ヵ月先の見通しについては前月の14.5から36.2となり、こちらも大幅に改善。好感される内容になっています。

JPモルガンは予想を上回る良い内容
米銀大手JPモルガンの決算発表がありました。
1-3月期の決算は、利益が前年同期比で10%の減少になるも市場予想を上回る結果になりました。ちなみに昨年10-12月期では76%の大幅な減益。
先で発表した金融大手に続く良い内容が、金融関連に安心感を与えました。ただ、結果論になりますが、株価は既に良い内容を織り込む上昇になっていたこともあり一旦利益確定の動きになったようです。同社は2%高で終えていますが、3.6%高でスタートするも一旦はマイナスに沈む動きになっていますので、やはり 「 発表売り 」 が影響していたのではないでしょうか。
他、シティは1%高、バンカメは1%安でまちまちの結果になっています。

本日はシティ、月曜日はバンカメ、火曜日はモルガンスタンレーと主力どころの金融決算が目白押しです。楽観することなく気を引き締めておきたいところです。

(チャートで考えた場合)
8000ドルをしっかりと上抜けました。金融関連への不安は残るものの、需給関係だけを見ればとても良い形になっています。騰がれば良しですが、あえて下げることを想定。少し幅をとっていますが、下値は7800ドルから8000ドルまでの間になると考えています。


「日本株について」
米国株の続伸を受け、取引開始直後から大幅高でのスタートになりました。しかし、8950円に差し掛かると上値が重くなり、前場は8000円と8950円の間で揉み合う展開に終始しました。結局、8949円(194円高)の高値で前引け。ところが後場に入ると一転売り優勢になってしまい、前場の下値抵抗になっていた8900円を下回ると一気に8850円まで上げ幅を縮小。ただ、そこから更に売り込まれることはなく、徐々に右肩上がりとなり150円を超える大幅高になっています。

昨日は中国のGDPに対する期待で乱高下。本日は152円高になるも、目先の材料が大きく影響していた印象を受けました。材料で振られる展開が続いていますので、冷静に見極めることが大切かもしれません。

お忙しいところ申し訳ありませんが、お役に立てる内容であった場合には以下 3つのランキング 全てにクリックをお願い致します。1クリックで1カウントされますので、応援して下さい。(自分の投資に影響が出ない範囲で書いてはいるものの、日記に多くの時間を要していますので、どうか宜しくお願い致します。)
クリックが多くいただけた場合は(1週間のクリック数で判断します)お礼の意味を込めて、私の取引を1週間に1銘柄紹介しているブログ 「素人投資家の株日記(勉強できる私の買付)」 こちらで取引した銘柄を、3つのランキングのどれかで ご紹介します。(紹介期間は1日) ( まず、ランキングで私のブログを見つけて下さい。そのすぐ下に銘柄を書いています。)

はーと オール株式情報ランキング はーと 株ブログ ランキング
はーと FC2 ブログランキング
直近1週間のクリック数によって表情が変化します kiss.gif(笑顔)
只今、4月9日ご紹介の銘柄が対象になっています。


スイスの主力銀行赤字は対岸の火事、中国GDPは予想に届かず
ブログ(株日記)の文章はネットに公開してからも2~3度読み直し、訂正を繰り返しております。その後、完成してからホームページ上「素人投資家の挑戦」内にて更新のお知らせをさせて頂きます。よって、訂正を繰り返している間に読まれますと、完成したものと大きく違う場合がありますので、更新を確認されてからお読み下さいませ。
又、「勉強できる買い付け」などの更新情報も、ホームページ上で行っておりますので定期的にご確認下さいませ。


お知らせ

こちらの株日記が、月刊誌に掲載されました。
廣済堂出版
ネットマネー 08年7月号 ~ 今月の最強 株ブロガー

○掲載内容をご紹介 ⇒ こちら

青春出版社
BIG tomorrowビッグ・トゥモロウ 09年 5月号 (3月25日発売)
○掲載内容に少し誤りがありました ⇒ こちら
○掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

とても貴重な経験をさせていただき、感謝しております。
この場を借りて、お礼申し上げます。
----------------------------------------------------------------------------------------------
ご連絡
メールを下さった内山様へ
お返事したのですが、エラーメッセージとして送り返されてきました。お手数をかけますが、もう一度ご連絡をいただけませんでしょうか?PCのアドレスと一緒にご連絡を下されば間違いないと思われます。

4月16日 木曜日

本日の日経平均は、前日比12円高の8755円となりました。
米国株は109ドル高の8029ドル。

「米国株について」
予想よりも悪い経済指標およびスイスの銀行大手が赤字になったことで、金融を中心に売り優勢でのスタートになりました。ただ、取引開始直後につけた安値7870ドル(50ドル安)で底を打つと急回復し、一気に7950ドルまで上昇。その後は、7900ドルと8000ドルの間を行ったり来たり。結局、引け間際に8000ドルを上抜け100ドルを超える大きな上昇になっています。

○ スイスの主力銀行が赤字になるも、米銀への売りは一時的
スイスの主力銀行UBSが赤字になったと伝わり、イギリスの主力銀行ロイヤル・バンク・オブ・スコットランドを始めとするヨーロッパの金融関連が売られる展開になりました。この流れを受け、米銀大手3行のシティは12%安、バンカメは6%安、JPモルガンは1.4%安でスタート。加えて、昨日の株日記で書いていましたように 「 調整=利益確定 」 の動きが加わったことも下げ幅を拡大させた要因になっていたようです。
ただ、ヨーロッパの下げ幅が限定的だったことや、米金融の決算が今のところ良好であることから今後発表される金融への期待もあり、主力3行は大きく買い戻される展開になっています。
シティ 12%安 ⇒ 1%安
バンカメ 6%安 ⇒ 3.5%高
JPモルガン 1.4%安 ⇒ 6.1%高

過去に、イギリスの主力銀行ロイヤル・バンク・オブ・スコットランドが巨額の損失を計上。その時は欧州市場が軒並み3ケタの下落となり、米国株も米銀が叩き売られ300ドルを超える急落になっていました。もちろん、UBSの赤字程度では大きな影響はなかったとも言えますが、金融不安が後退しつつある中では冷静さも維持されているように感じました。

○ 経済指標はあまり材料視されず
・住宅ローン申請件数は11%低下。借り換えと新規購入共に11%低下。
・消費者物価指数は0.1%低下。前年比では0.4%低下。前年比でマイナスになるのは54年ぶりとのこと。市場予想は0.1%の増加だったので、予想よりも悪い内容になりました。
・鉱工業生産指数は1.5%低下。
市場予想は1%の低下だったので、こちらも予想より悪い内容になりました。
このように悪い内容ばかりとなりましたが、今は 「 住宅、金融、雇用 」 の動向が即座に読み取れる指標へ関心が向かっている為、本日はあまり材料視されなかったようです。

○ 地区連銀経済報告もあまり材料視されず
・12地区のうち5地区で景気悪化のペースが鈍化している。
・数地区で、いくつかの業種および個人消費が低い水準でありながらも改善している。
他にいくつかありますが、既に知られている内容だったので特に材料視されていません。

○ 原油価格は長い期間でみると上昇トレンドへ
週間石油統計では、原油在庫が先週に比べて大幅に増加。産油国が減産で価格上昇を狙うも、景気悪化の消費低迷が相殺している格好になっています。在庫は市場予想を大きく上回り およそ18年ぶりの高水準まで上昇。

この発表を受けるも、原油価格は0.2ドル安の49.3ドルに留まっています。
過去の日記で 原油価格の揉み合い上放れについて書いていましたが、その通り大きな上昇になっていました。その後、上値は重くなり再び揉み合いになっていますが、下値は限られると思っています。
経済指標が示していますように、景気の回復には時間を要するも悪化のスピードは鈍化もしくは底打ちになっている状況だと考えられますので、原油の消費減少に歯止めがかかるのも時間の問題だと思っています。これに減産が効いてくるはず。

下げても45ドル付近までではないでしょうか。
仮に45ドルとなれば1割減で大きな下げ幅になりますが、少し長い期間で見ると緩やかな上昇トレンドの中で起こる良い調整になると思っています。

(余談)
原油価格は上昇を続け、昨年の7月頃には140ドルという凄まじい上昇になっていました。その上昇によって産油国は潤い、価格の上昇に比例して資産を膨らませた投資家も多くいたはずです。当時、150ドルは時間の問題とされ、180ドルや200ドル説も飛び交っていましたが、7月を高値に一転急落。昨年末には30ドルまで下落するという凄まじい急落になってしまいました。この下げによって今までの利益は吹き飛び、資産を膨らませた投資家は淘汰されふりだしに戻る結果になっています。

そして今、再びゆっくりと価格は上昇し始め、産油国が利益を出せる水準まで戻ろうとしています。
ちなみに、最大の産油国サウジアラビアの損益分岐点は50ドルです。
続いて
カタール 60ドル
アルジェリア 60ドル
クウェート 60ドル
アラブ 70ドル
イラン 90ドル
ベネズエラ 100ドル
およそ このようになっていますので、神様は60ドル前後まで戻してくれるのではないでしょうか。

相場というのは、うまくできているのです。
上昇基調に入ればいつまでもそれが続くと考え、保有を続けたり強気で買い進めがち。しかし、ほどほどにしておかないと ふりだし に戻ってしまうだけではなく、悪い場合はマイナスです。騰がり続ける相場はありません。
「 ほどほどの上昇で利益確定、そして下落してくれば再び買い直す 」 この小さな努力の繰り返しが大きな利益に結びつくのです。「 保有するだけで大きな利益が出せる 」 そんなオイシイお話はありません。
これは原油相場だけのお話に限ったものではなく、株式投資にも当てはまることではないでしょうか。過去の相場を振り返れば一目瞭然です。

(チャートで考えた場合)
取引開始直後と引け間際は予想の範囲を少し行き過ぎていますが、ほとんどを7900ドルと8000ドルの間で推移していますので、ほぼ予想とおりの動きになっています。

お昼過ぎに8000ドルで押し戻されるも、引けにかけて突破していることから買いの力はまだ残っていると考えています。ただ、大手銀行の決算を控えていますので8000ドル突破が確実になるのかを予想することはできません。下値抵抗は変更せず7800ドル付近になると思っています。


「日本株について」
米国株の大きな上昇および中国の1-3月期GDPへの期待から、午前中は右肩上がりの展開になりました。10時頃に高値となる9030円(288円高)をつけた後も、高値揉み合いのまま前引け。ところが、中国のGDPが予想に届かなかったことで一転売り優勢となり急落。前場に買い向かった投資家の見切り売りとも相まって、引け前には前日値を下回る8720円(22円安)になるところもありました。結局、最後はプラスになりましたが、中国に振り回される1日という感じでした。

○ 中国は悪くない
GDPが予想に届かなかったことで失望売りとなり急落。しかし、勝手に期待して買い進んだのは投資家であり中国が煽ったわけではありません。まさに 「 株式投資は自己責任 」 といったところでしょうか。過度な期待で上昇する相場は注意しましょう。
よって、複雑に考えることは一切なく、「 前日値と変わらない水準で終わった 」 ただそれだけで良いと思っています。

お忙しいところ申し訳ありませんが、お役に立てる内容であった場合には以下 3つのランキング 全てにクリックをお願い致します。1クリックで1カウントされますので、応援して下さい。(自分の投資に影響が出ない範囲で書いてはいるものの、日記に多くの時間を要していますので、どうか宜しくお願い致します。)
クリックが多くいただけた場合は(1週間のクリック数で判断します)お礼の意味を込めて、私の取引を1週間に1銘柄紹介しているブログ 「素人投資家の株日記(勉強できる私の買付)」 こちらで取引した銘柄を、3つのランキングのどれかで ご紹介します。(紹介期間は1日) ( まず、ランキングで私のブログを見つけて下さい。そのすぐ下に銘柄を書いています。)

はーと オール株式情報ランキング はーと 株ブログ ランキング
はーと FC2 ブログランキング
直近1週間のクリック数によって表情が変化します kiss.gif(笑顔)
只今、4月9日ご紹介の銘柄が対象になっています。


米小売売上は予想を下回るが、減少したのは高額商品
ブログ(株日記)の文章はネットに公開してからも2~3度読み直し、訂正を繰り返しております。その後、完成してからホームページ上「素人投資家の挑戦」内にて更新のお知らせをさせて頂きます。よって、訂正を繰り返している間に読まれますと、完成したものと大きく違う場合がありますので、更新を確認されてからお読み下さいませ。
又、「勉強できる買い付け」などの更新情報も、ホームページ上で行っておりますので定期的にご確認下さいませ。


お知らせ

こちらの株日記が、月刊誌に掲載されました。
廣済堂出版
ネットマネー 08年7月号 ~ 今月の最強 株ブロガー

○掲載内容をご紹介 ⇒ こちら

青春出版社
BIG tomorrowビッグ・トゥモロウ 09年 5月号 (3月25日発売)
○掲載内容に少し誤りがありました ⇒ こちら
○掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

とても貴重な経験をさせていただき、感謝しております。
この場を借りて、お礼申し上げます。
----------------------------------------------------------------------------------------------
ご連絡
メールを下さった内山様へ
お返事したのですが、エラーメッセージとして送り返されてきました。お手数をかけますが、もう一度ご連絡をいただけませんでしょうか?PCのアドレスと一緒にご連絡を下されば間違いないと思われます。

4月15日 水曜日

本日の日経平均は、前日比99円安の8742円となりました。
米国株は137ドル安の7920ドル。

「米国株について」
小売売上高が予想より悪かったことで、一気に100ドル以上の下げ幅になりました。その後、急回復して8000ドルを上抜けるものの右肩下がりで行って来い。更には、お昼過ぎに下げ足を速めて急落し、安値となる7902ドル(155ドル安)まで下げ幅を拡大するところもありました。それからは底堅く推移しますが、7950ドル付近まで上昇すると売り込まれてしまう上値の重い展開になっています。結局、8000ドルを回復することなく7920ドルで終了しました。

○ 小売売上高は市場予想を大きく下回る。
3月の小売売上高は前月比1.1%の減少となり、市場が予想していた0.3%の増加を大きく下回る結果になりました。大きな回復は見込めないものの、先月と同じ水準位にはなるであろうと予想されていたところへ1.1%の減少。最近は改善を示す経済指標(雇用は除く)が相次いでいた為、本日の結果は失望売りにつながってしまいました。

・数値は悪化しましたが、再び大きな不安に陥る可能性は今のところ少ないと考えています。
特に減少したのは自動車とその部品、電化製品、家具、建設資材などの高額商品。

まず自動車を考えてみます。
米国は車社会なので自動車は必需品ですが、景気悪化で給料が減っている今は贅沢な新車ではなく、節約できる中古車が求められています。新車販売は激減していますが、中古車販売は増加傾向にあることがそれを証明。よって、自動車や部品の落ち込みは既に予想されていたはずですし、今更驚くことはないと思っています。

次は電化製品、家具、建設資材
住宅に関する指標が改善傾向にありますので、近いうちに減少幅は小さくなると思っています。古くなったから買い替えるという贅沢な需要は減少傾向にあると考えられますが、住宅の購入に伴い電化製品や家具を揃える需要は今より増えるのではないでしょうか。

○ 金融株へは利益確定の売り
好決算を発表したゴールドマン・サックスは12%の下落。モルガンも同じく12%の下落。主力3行では、バンカメが8%の下落でJPモルガンが9%の下落。シティのみ5%高になっています。セクター別でも ダウが-1.7%に対して金融が-7.7%となり、昨日とは一変して下げを主導する形となりました。
2日間に渡って書いていました 「 注意点 」 そのままの結果になっています。

・こちらにつきましても、再び大きな不安に陥る可能性は今のところ少ないと考えています。
今週から来週にかけてJPモルガン、シティ、バンカメ、モルガンといった主力どころの金融が決算を控えていますので、それらを見てから総合的に判断しなければいけませんが、主力3行は揉み合い上放れで大きく上昇していましたし、ゴールドマンやモルガンも右肩上がりになっていましたので、当然の下落だと思いました。騰がり続ける株はありませんし、上昇基調が続くにしても必ず調整を繰り返すものです。
このようなことから、本日に限っては金融主導の下げとはいえ金融不安が再燃する可能性はとても低いと考えています。

・金融の決算に関しては、先読みしなくてよいと思っています。
今まで示されてきたデータや情報をもとに、さまざまな予想および憶測が飛び交っている状況です。
よって、分かるはずのない結果を複雑に考えてちまいがち(昔の私は、市場関係者の予想および憶測が飛び交い始めると自分も同じように時間をかけて分析していました)ですが、正直なところ(言葉は乱暴になりますが)無駄だと思います。当り前のことですが、決算の内容は絶対に分かりません。
「 予想して投資を楽しむ 」 なら良しですが、「 予想を信じて本気の投資 」 は絶対に避けましょう。

・大切なこと
決算を予想するのではなく、「 こうなればこうする 」といった投資法を考えておくことだと思っています。
決算の予想に時間を費やすよりも、自分の投資法に同じだけ時間をかける方が有益になるはずです。

(チャートで考えた場合)
昨日の株日記に書いていましたとおり、下ヒゲの長い足はダマシとなり下落しました。7900ドルで下げ止まる形になりましたが、目先の下値は変更せず7800ドル付近になると考えています。
明日に限れば・・・サプライズ無しで下値7800ドル、上値8000ドルの間に挟まれた方向感の出ない推移になると考えています。


「日本株について」
米国株の急落を受けて売り優勢でスタートしますが、大きく売られた後は同じだけ買い戻される底堅い展開になりました。結局、マイナスで推移するも74円安で前引け。米国の1.7%安に対して、わずか0.8%の下げ幅に留まっていました。後場に入ると一段安で揉み合い、更には揉み合い下放れとなり13時30分頃には安値となる8681円(161円安)まで下げ幅を拡大するところもありました。しかし、その後は逆三尊型を形成、上値は重かったものの後場の高値圏で終了しました。

○ 円高、米国株急落、米主力企業の決算というトリプルパンチ
米国株の137ドル安に加えて、為替が1ドル98円まで高くなったこと。そして米主力企業の決算を警戒した手仕舞い売りが大きく影響したようです。

お忙しいところ申し訳ありませんが、お役に立てる内容であった場合には以下 3つのランキング 全てにクリックをお願い致します。1クリックで1カウントされますので、応援して下さい。(自分の投資に影響が出ない範囲で書いてはいるものの、日記に多くの時間を要していますので、どうか宜しくお願い致します。)
クリックが多くいただけた場合は(1週間のクリック数で判断します)お礼の意味を込めて、私の取引を1週間に1銘柄紹介しているブログ 「素人投資家の株日記(勉強できる私の買付)」 こちらで取引した銘柄を、3つのランキングのどれかで ご紹介します。(紹介期間は1日) ( まず、ランキングで私のブログを見つけて下さい。そのすぐ下に銘柄を書いています。)

はーと オール株式情報ランキング はーと 株ブログ ランキング
はーと FC2 ブログランキング
直近1週間のクリック数によって表情が変化します kiss.gif(笑顔)
只今、4月10日ご紹介の銘柄が対象になっています。


GMへの悪材料を、好決算期待の金融が相殺
ブログ(株日記)の文章はネットに公開してからも2~3度読み直し、訂正を繰り返しております。その後、完成してからホームページ上「素人投資家の挑戦」内にて更新のお知らせをさせて頂きます。よって、訂正を繰り返している間に読まれますと、完成したものと大きく違う場合がありますので、更新を確認されてからお読み下さいませ。
又、「勉強できる買い付け」などの更新情報も、ホームページ上で行っておりますので定期的にご確認下さいませ。


お知らせ

こちらの株日記が、月刊誌に掲載されました。
廣済堂出版
ネットマネー 08年7月号 ~ 今月の最強 株ブロガー

○掲載内容をご紹介 ⇒ こちら

青春出版社
BIG tomorrowビッグ・トゥモロウ 09年 5月号 (3月25日発売)
○掲載内容に少し誤りがありました ⇒ こちら
○掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

とても貴重な経験をさせていただき、感謝しております。
この場を借りて、お礼申し上げます。
----------------------------------------------------------------------------------------------
ご連絡
メールを下さった内山様へ
お返事したのですが、エラーメッセージとして送り返されてきました。お手数をかけますが、もう一度ご連絡をいただけませんでしょうか?PCのアドレスと一緒にご連絡を下されば間違いないと思われます。

4月14日 火曜日

本日の日経平均は、前日比81円安の8842円となりました。
米国株は25ドル安の8057ドル。

「米国株について」
GMへの悪材料から、取引開始直後は売り優勢でのスタート。一気に7950ドル(133ドル安)まで売り込まれるものの、3度のボトムを形成した後は買い戻される展開になりました。8000ドルと8050ドルで一旦上値は重くなりますが、8100ドル(17ドル高)まで上昇するところもありました。結局、引けにかけて売り込まれた為に小幅安となりましたが、130ドルを超える下落から25ドル安まで戻す強い1日になっています。

○ 米財務省がGMに破産法適用申請の準備を指示
追加支援を受ける条件としてコストや債務の削減が迫られているGM。しかし、GMは労働組合や債券保有者と話し合いがまとまらず、ほとんど進展していない状況でした。これに財務省が業を煮やし、今回の指示に至ったようです。
ここまで話し合いが進んでいないことを考えれば、このままズルズルと待っていても合意に至らないのではないでしょうか。同社を取り巻く環境は更に悪化したと考えています。

同社の株価は取引開始直後から急落、その後も買い戻されることなく16%安で終了。2月初めに底を打って上昇しましたが、完全に行って来いの形になっています。
このように、GMを取り巻く環境とチャートが一致していますので、「 破産法適用申請 」 を株価は織り込み始めたような気がしました。よって、本日のところは相場全体へ売りが波及した形になっていますが、今後は小さな影響に留まると考えています。

GMに関しては、株日記で取り上げ続けていました。(右サイドバー内にあります過去の記事から、GMの文字が入ったタイトルをクリックされると、当時の記事をご覧になることができます。)

○ 一方でクライスラーは?
GM問題の陰に隠れていますが、こちらも危険が漂います。
こちらは30日間以内にフィアットと提携するようにと、指示されていました。当時、「 大筋で合意した 」 とクライスラーのナルデリCEOは発表していたのですが、雲行きが怪しくなってきたようです。

CEOの発言後にフィアットも格下げされていますので、当時とは状況が大きく異なっているような気がします。弱者同士が下手に提携すれば共倒れになりかねませんので、「 大筋で合意 」 が大どんでん返しになるかもしれません。

○ 引き続き金融セクターへは期待が高まる
先週発表された米銀大手ウェルズ・ファーゴが予想外の好決算だったことを受け、連休明けとなる本日も金融株へは強い買いが入っています。GM問題などにより一時は130ドルも下げていた相場の中、シティは10%近い上昇、バンカメとJPモルガンは連休前と変わらない水準で推移していました。その後、3行の上昇とゴールドマンやモルガンといった主力どころの上昇とが相まって相場を引っ張り上げる形になっています。セクター別でも金融が4.8%高でダントツです。

当時の株日記に書いていたのですが、他の銘柄が上値を抜けていくのに対し、銀行は上抜けずに上値が重たい状況でした。金融は全体で5%程度しか影響はないものの、金融不安の発端になっているセクターだけに投資家心理へは大きな影響があります。よって、上値の重たい状況を心配していたのですが、この数日間で完全な上抜けとなり状況は一変しました。
主力3行共に揉み合い上放れとなっていますので、普通なら上昇に勢いがつきそうなところ。しかし、環境と合わせて考えれば一旦売られて揉み合いの高値付近まで下落。その後に再び上昇といった流れになる可能性が高いように思っています。

○ 金融セクターへの期待はあるも、上値は重く
今週は金融セクターの決算発表が目白押しなので、慎重な投資家が増えているようです。
ゴールドマン・サックスは、明日決算発表を予定していたのですが取引終了後に発表。市場予想を大きく上回る好決算になりました。(純利益は市場予想の倍。ポジティブサプライズです。)昨日のウェルズ・ファーゴに続くサプライズであると同時に、金融セクターが最悪期を脱したのではないか?という見方も少し広がったようです。
16日(木)JPモルガン
17日(金)シティ
20日(月)バンカメ
21日(火)モルガンスタンレー

○ 注意点
金融への期待はあるものの、既に大幅高となっているだけに注意が必要です。
(先週末の株日記で書いていましたが、もう一度コピーておきます。)
金融機関の好決算を期待する買いが多く入っていますので、期待通りの好決算でも利益確定が優勢になるかもしれません。仮に悪い内容となれば失望売りで大きく売られる可能性も無きにしも非ず。

(チャートで考えた場合)
大きく売られた後に同じだけ買い戻されている為、下ヒゲの長い足になっています。よって、目先は強含みとなるのですが、今は相場環境と合わせて考えなければいけません。
様子見ムードが強くなりかけている相場環境と、下ヒゲの長い足になっていながら前日値を超えることができなかった株価動向を合わせて考えると 「 売り買い拮抗 」 だと感じました。よって、どちらかと言えば下げることを想定、まずは8000ドルが小さな壁となり、その下に控える7800ドル付近が大きな壁になると思っています。


「日本株について」
米国株が大幅安から小幅安へと健闘するも、早々に高値を付けた後は右肩下がりとなり安値になる8749円(175円安)まで売られるところがありました。しかし、前引け前に大きく買い戻されたことで8800円を回復。後場に入ると一時は8860円まで上昇しますが大口の売り連発により、行って来い。ただ、8800円を割り込んだところが底値となり、その後は調整を繰り返しながら徐々に下げ幅を縮小しました。

○ 騰がると売られるが、大きく売られると買い戻される
結果は81ドル安ですが、下げると強い買いが入っています。
商いは増加傾向にありますので、大口の売買がぶつかり合っているような感じ。
上昇時に備えた投資家の買い vs 既に買っていた投資家の売り
こんな感じでしょうか。

お忙しいところ申し訳ありませんが、お役に立てる内容であった場合には以下 3つのランキング 全てにクリックをお願い致します。1クリックで1カウントされますので、応援して下さい。(自分の投資に影響が出ない範囲で書いてはいるものの、日記に多くの時間を要していますので、どうか宜しくお願い致します。)
クリックが多くいただけた場合は(1週間のクリック数で判断します)お礼の意味を込めて、私の取引を1週間に1銘柄紹介しているブログ 「素人投資家の株日記(勉強できる私の買付)」 こちらで取引した銘柄を、3つのランキングのどれかで ご紹介します。(紹介期間は1日) ( まず、ランキングで私のブログを見つけて下さい。そのすぐ下に銘柄を書いています。)

はーと オール株式情報ランキング はーと 株ブログ ランキング
はーと FC2 ブログランキング
直近1週間のクリック数によって表情が変化します kiss.gif(笑顔)
只今、4月10日ご紹介の銘柄が対象になっています。


材料無し。外国人お休み。こんな時は自分の投資勉強に時間を費やす
ブログ(株日記)の文章はネットに公開してからも2~3度読み直し、訂正を繰り返しております。その後、完成してからホームページ上「素人投資家の挑戦」内にて更新のお知らせをさせて頂きます。よって、訂正を繰り返している間に読まれますと、完成したものと大きく違う場合がありますので、更新を確認されてからお読み下さいませ。
又、「勉強できる買い付け」などの更新情報も、ホームページ上で行っておりますので定期的にご確認下さいませ。


お知らせ

こちらの株日記が、月刊誌に掲載されました。
廣済堂出版
ネットマネー 08年7月号 ~ 今月の最強 株ブロガー

○掲載内容をご紹介 ⇒ こちら

青春出版社
BIG tomorrowビッグ・トゥモロウ 09年 5月号 (3月25日発売)
○掲載内容に少し誤りがありました ⇒ こちら
○掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

とても貴重な経験をさせていただき、感謝しております。
この場を借りて、お礼申し上げます。
----------------------------------------------------------------------------------------------

4月13日 月曜日

本日の日経平均は、前日比39円安の8924円となりました。
米国株は休場。

「米国株について」


休場


「日本株について」
材料が無いうえに海外市場が休場の為、一旦手仕舞う動きでのスタート。しかし、安値となる8888円(76円安)をつけた後は急激な回復となり、一時は9000円を超えるところもありました。ただ、上値は重く6円高で前引け。後場に入ると再び9000円を突破しますが、同じく行って来い。結局、39円の小幅安になっています。

○ 材料が乏しく方向感のない1日
米国の金融が決算を控えていることや、海外市場がお休みでは動きたくても動けないといった感じでしょうか。値幅が136円程度に留まっているところを見ても、方向感のない1日だったと分かります。

○ 深く考えなくてよい1日
「 材料なし 」 「 外国人はお休み 」 この状況で深く考える必要はないと思っています。39円安ですが、「 方向感のない1日だった 」 で良いのではないでしょうか。

こんな場合は、下落要因を深く考えることに時間を費やすのではなく、次に狙う銘柄や利益確定する銘柄を検証したりして、自分の投資に直結するような勉強へ時間を使うべきだと思います。

お忙しいところ申し訳ありませんが、お役に立てる内容であった場合には以下 3つのランキング 全てにクリックをお願い致します。1クリックで1カウントされますので、応援して下さい。(自分の投資に影響が出ない範囲で書いてはいるものの、日記に多くの時間を要していますので、どうか宜しくお願い致します。)
クリックが多くいただけた場合は(1週間のクリック数で判断します)お礼の意味を込めて、私の取引を1週間に1銘柄紹介しているブログ 「素人投資家の株日記(勉強できる私の買付)」 こちらで取引した銘柄を、3つのランキングのどれかで ご紹介します。(紹介期間は1日) ( まず、ランキングで私のブログを見つけて下さい。そのすぐ下に銘柄を書いています。)

はーと オール株式情報ランキング はーと 株ブログ ランキング
はーと FC2 ブログランキング
直近1週間のクリック数によって表情が変化します 少し下落 (涙) このままではご紹介できません。
只今、4月10日ご紹介の銘柄が対象になっています。


「勉強できる買い付け」で紹介した銘柄を公開
ブログ(株日記)の文章はネットに公開してからも2~3度読み直し、訂正を繰り返しております。その後、完成してからホームページ上「素人投資家の挑戦」内にて更新のお知らせをさせて頂きます。よって、訂正を繰り返している間に読まれますと、完成したものと大きく違う場合がありますので、更新を確認されてからお読み下さいませ。
又、「勉強できる買い付け」などの更新情報も、ホームページ上で行っておりますので定期的にご確認下さいませ。


お知らせ

こちらの株日記が、月刊誌に掲載されました。
廣済堂出版
ネットマネー 08年7月号 ~ 今月の最強 株ブロガー

○掲載内容をご紹介 ⇒ こちら

青春出版社
BIG tomorrowビッグ・トゥモロウ 09年 5月号 (3月25日発売)
○掲載内容に少し誤りがありました ⇒ こちら
○掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

とても貴重な経験をさせていただき、感謝しております。
この場を借りて、お礼申し上げます。
----------------------------------------------------------------------------------------------

4月12日 日曜日

たくさんの応援(クリック)、ありがとうございました。

直近1週間のクリック数が目標値に達しました

本日は、「 勉強できる私の買い付け 」 で紹介した銘柄をブログランキングで公開予定です。

引き続き、ランキングへの応援を宜しくお願い致します
お忙しいところ申し訳ありませんが、お役に立てる内容であった場合には以下 3つのランキング 全てにクリックをお願い致します。1クリックで1カウントされますので、応援して下さい。(自分の投資に影響が出ない範囲で書いてはいるものの、日記に多くの時間を要していますので、どうか宜しくお願い致します。)
クリックが多くいただけた場合は(1週間のクリック数で判断します)お礼の意味を込めて、私の取引を1週間に1銘柄紹介しているブログ 「素人投資家の株日記(勉強できる私の買付)」 こちらで取引した銘柄を、3つのランキングのどれかで ご紹介します。(紹介期間は1日) ( まず、ランキングで私のブログを見つけて下さい。そのすぐ下に銘柄を書いています。)

はーと オール株式情報ランキング はーと 株ブログ ランキング
はーと FC2 ブログランキング


米銀大手ウェルズ・ファーゴが予想外の好決算、相場環境を一変させる
ブログ(株日記)の文章はネットに公開してからも2~3度読み直し、訂正を繰り返しております。その後、完成してからホームページ上「素人投資家の挑戦」内にて更新のお知らせをさせて頂きます。よって、訂正を繰り返している間に読まれますと、完成したものと大きく違う場合がありますので、更新を確認されてからお読み下さいませ。
又、「勉強できる買い付け」などの更新情報も、ホームページ上で行っておりますので定期的にご確認下さいませ。


お知らせ

こちらの株日記が、月刊誌に掲載されました。
廣済堂出版
ネットマネー 08年7月号 ~ 今月の最強 株ブロガー

○掲載内容をご紹介 ⇒ こちら

青春出版社
BIG tomorrowビッグ・トゥモロウ 09年 5月号 (3月25日発売)
○掲載内容に少し誤りがありました ⇒ こちら
○掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

とても貴重な経験をさせていただき、感謝しております。
この場を借りて、お礼申し上げます。
----------------------------------------------------------------------------------------------

4月10日 金曜日

本日の日経平均は、前日比48円高の8964円となりました。
米国株は246ドル高の8083ドル。

「米国株について」
失業保険申請件数は市場予想を下回り、米銀大手ウェルズ・ファーゴは過去最高益(正式な決算発表は22日)。小売既存店売上はウォルマートが市場予想を下回ったものの、半数以上が予想ほど悪化しなかったこと。これらのポジティブサプライズが買い材料となり、取引開始直後から急騰。一気に8000ドルを突破して200ドルを超える上昇になりました。その後も売り込まれることなく、下値が8000ドルで上値が8050ドルになる高値揉み合いが長く続き、お昼中頃には8050ドルを突破。結果は、ほぼ高値引けになるとても強い1日となりました。

○ 米銀大手ウェルズ・ファーゴが予想外の好決算(正式な発表は22日にされます)
ウェルズ・ファーゴが過去最高益となる3000億円の黒字になりました。これは市場予想の2倍にあたり、市場を驚かせました。
その理由として、住宅ローン申請件数が前期の1.6倍に増えたことや、金融緩和によって資金調達コストが低下する中、貸出金利は前期3.1%に対して今期は4.1%まで引き上げており、利ざや(借りたお金の金利よりも高い金利で貸した時に発生する利益のこと)が拡大するようです。また、最高財務責任者(CFO)は、住宅ローン関連業務は非常に底堅いとお話され、こちらも安心感に結びつきました。

ウェルズ・ファーゴの業績改善により、来週から本格化する金融機関への不安も払拭される形となり主力銀行株は軒並み大幅高。同社の32%高に続き、シティが13%高、バンカメが35%高、JPモルガンが19%高となりました。業種別でもダウの3.1%高に対して金融はなんと15.5%高と突出しています。

○ ウェルズ・ファーゴの決算内容から、住宅関連の改善が読み取れる
昨日の株日記でも書いていましたが、政府が進める住宅ローン対策が功を奏して金利が大きく低下。
過去最低水準まで低下した金利をチャンスと考える人が増え、借り換えや新規の住宅購入に踏み切っておられるようです。最近は住宅環境の改善を示す指標が相次いでおり、その効果が銀行に反映された形になりました。こちらも書いていたことですが、住宅が売れると住宅に付随する買い物を促進しますので、今後は銀行だけではなく住宅を取り巻くさまざまな企業が恩恵を受け始めるような気がします。

○ 小売既存店売上は市場予想ほど落ち込まず
ディスカウント大手ウォルマートは予想を下回りましたが、半数以上は市場予想ほど落ち込んでいなかったことが買い材料になりました。また、休暇が翌月へずれ込んだことも影響している為、悪化は少し大目に見られていたところがあったようです。
ショッピングセンター国際評議会(ICSC)によると、4月と5月の既存店売上高は横ばいから2%増加。その後、年末にかけて少しずつ良くなると示されました。今までの状況を考えると、とても明るい見通しではないでしょうか。

○ サマーズ米国家経済会議委員長のお話
経済の急回復はないとされながらも、悪化は今後数ヶ月のうちに落ち着く可能性が高いとお話されました。
先日のダラス地区連銀総裁に続いて、好感されるお話でした。

○ 本日の立役者はなんといってもウェルズ・ファーゴの好決算です。
来週から始まる金融機関の決算で悪い内容が相次ぐようなことさえなければ、「 20%の上昇は強気相場入り 」 そんな経験則通りになる可能性はあると思っています。最も注視されると同時に懸念が強かったセクターだけに、本日の発表は安心感を与えたのではないでしょうか。

○ 注意点
上記していることと矛盾した書き方になってしまうのですが、金融機関の好決算を期待する買いが多く入っていますので、期待通りの好決算でも利益確定が優勢になるかもしれません。仮に悪い内容となれば失望売りで大きく売られる可能性も無きにしも非ず。チャートの項でも書きますが、目先は7500ドル付近までの下落を想定しておくことが必要だと思っています。

贅沢な悩みですが、強気モードが全開になっている状態では用心しなければいけません。

(チャートで見た場合)
昨日までは、8000ドルで上値が重くなっていたうえに商いも減少傾向で警戒感を持たなければいけない相場状況でした。しかし、本日は相次ぐポジティブサプライズによって商いは急増。
大幅高で気が大きくなっているわけではありませんが、相場環境は一変したと考えています。

8000ドルを上値とする揉み合いが続いていたところへ、上値突破の8083ドルの大陽線。ひょっとしたら揉み合い上放れとなり、上昇に弾みがつくかもしれません。今後発表される決算にも影響を受けることは間違いありませんが、上手くいけば8000ドルが下値、下抜けても25日線と接触する7500ドル付近までのような気がしています。


「日本株について」
米国株の急騰を受け、取引開始直後から窓を空けるスタートになりました。しかし、9000円突破で利益確定が多くなったのと、主力銀行の下方修正および増資が警戒する売りにつながってしまったようです。一旦は9000円が下値抵抗となり反発しますが、行って来いとなり8963円(47円高)で前引け。後場に入ると、安値となる8856円(60円安)まで売り込まれてしまうものの、その後は一転買い戻される動きとなり前引けと同じ水準まで戻す結果になりました。

○ 同じ業種でも国が違えば全く別の内容に
日米共に1つずつ発表していますので今のところ1対1といった感じですが、業務が大幅に改善した米銀に対して日本の銀行は下方修正と増資。あちらは32%高となったうえ他行も軒並み大幅高。一方こちらはストップ安比例配分で他行も軟調な展開になっています。高値による利益確定だけではなく、この動きが上値を抑さえたところもあったようです。

ヨーロッパ、米国、シンガポール、香港などが復活祭で明日から連休になります。

    もう少しクリックを、お願いします
クリック数があと少し増えれば、土曜日か日曜日に銘柄を紹介することができます
お忙しいところ申し訳ありませんが、お役に立てる内容であった場合には以下 3つのランキング 全てにクリックをお願い致します。1クリックで1カウントされますので、応援して下さい。(自分の投資に影響が出ない範囲で書いてはいるものの、日記に多くの時間を要していますので、どうか宜しくお願い致します。)
クリックが多くいただけた場合は(1週間のクリック数で判断します)お礼の意味を込めて、私の取引を1週間に1銘柄紹介しているブログ 「素人投資家の株日記(勉強できる私の買付)」 こちらで取引した銘柄を、3つのランキングのどれかで ご紹介します。(紹介期間は1日) ( まず、ランキングで私のブログを見つけて下さい。そのすぐ下に銘柄を書いています。)

はーと オール株式情報ランキング はーと 株ブログ ランキング
はーと FC2 ブログランキング
直近1週間のクリック数によって表情が変化します 少し下落 (涙) このままではご紹介できません。
只今、4月3日ご紹介の銘柄が対象になっています。その次は本日更新した銘柄が対象になります。



決算前に商いは減少傾向へ
ブログ(株日記)の文章はネットに公開してからも2~3度読み直し、訂正を繰り返しております。その後、完成してからホームページ上「素人投資家の挑戦」内にて更新のお知らせをさせて頂きます。よって、訂正を繰り返している間に読まれますと、完成したものと大きく違う場合がありますので、更新を確認されてからお読み下さいませ。
又、「勉強できる買い付け」などの更新情報も、ホームページ上で行っておりますので定期的にご確認下さいませ。


お知らせ

こちらの株日記が、月刊誌に掲載されました。
廣済堂出版
ネットマネー 08年7月号 ~ 今月の最強 株ブロガー

○掲載内容をご紹介 ⇒ こちら

青春出版社
BIG tomorrowビッグ・トゥモロウ 09年 5月号 (3月25日発売)
○掲載内容に少し誤りがありました ⇒ こちら
○掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

とても貴重な経験をさせていただき、感謝しております。
この場を借りて、お礼申し上げます。
----------------------------------------------------------------------------------------------

4月9日 木曜日

本日の日経平均は、前日比321円高の8916円となりました。
米国株は47ドル高の7837ドル。

「米国株について」
取引開始直後は買い優勢でスタートするも行って来いとなり、11頃には前日値を下回ってしまいました。しかし、その後はお昼にかけて右肩上がりとなり、高値となる7887ドル(98ドル高)まで上げ幅を拡大。ところが再び行って来いとなり、15時過ぎには安値となる7750ドル(39ドル安)まで下落。結局引けにかけて買い戻され47ドル高になっていますが、日中の値幅は わずか137ドルに留まっており、方向感の出ない1日となりました。

○ 新規住宅の購入が増加
週間住宅ローン申請件数が、先週に比べて4.7%上昇。新規住宅購入のローン申請は11.1%と急上昇。
政府が進める住宅ローン対策が功を奏し、金利が大きく低下。これにより、新しく住宅を購入する人が増えているようです。
何度も書いていることですが、住宅が売れるとそれだけではなく家財なども同じように売れる為、住宅の販売増は大きな経済効果をもたらします。また、「 物が売れる ⇒ 利益が出る ⇒ 労働者の給料へ 」 簡単に書くと このようなサイクルになりますので、消費や所得の改善にもつながります。最近は住宅環境の改善を示す指標が相次いでいますので、本日の内容も好感されたと思いました。

○ グリーンスパン前FRB議長のお話
「 景気はしばらく下降するも、経済が改善している兆候が出始めている 」 とお話されました。
経済指標から判断されたものですが、最近はこのような見方をされる人が増えてきましたので、悪化に歯止めがかかり始めていることを意識する投資家が以前より増してくるような気がします。

○ 大手企業の買収と生保への公的資金が買い材料に
住宅建設大手パルト・ホームズがセンテックスを買収すると発表。買収後の時価総額は住宅建設としては国内最大規模になるようです。ちなみに、パルト・ホームズは10%下落、センテックスは18.9%上昇しました。先日は、IBMとサン・マイクロシステムズの買収が決裂したことで相場に少し悪い影響を与えましたが、本日は買い材料になりました。

生命保険会社に公的資金注入が認められました。
銀行持ち株会社など一部の生命保険会社に限られるものの、公的資金による救済が可能になったことは好感されたと思います。少し前になりますが、保険大手AIGの経営悪化で相場が大きく下落した経緯もあった為、今回の決定は安心感を与えるものだと感じました。

○ FOMCの議事録が公表されました
・景気の悪化は下振れする可能性がある。
・金融不安は続いており、今だに不安定な状態である。
・雇用は全部門で悪化。来年は急激な悪化。
・設備投資は今後も落ち込む。
要約するとこのようになり、何一つ良いところがありません。
「 悪化も底を打ち、急激な回復は見込めないものの改善し始めている 」 と多くの投資家が感じ始めているところに水を差す形になりました。昨日のソロスさんのお話ではありませんが、上昇相場で熱を出している状況を冷ます良い薬になったと感じました。

○ 金融機関の決算を前に動きにくい状況
来週から金融機関の決算が本格化します。3日の株日記と重複しますが、ダウの構成比率で見た場合、金融は わずか5%程度です。少し矛盾した書き方になりますが、相場全体への 「 株価としての影響 」 は少ないものの、金融危機を引き起こした金融は 「投資家心理に大きな影響を与える 」 為、全体の動きが重くなっていると考えています。
本日の材料は良いものが多く、目立つ売り材料は議事録程度だったという部分を踏まえると、やはり金融機関の決算を警戒した動きになっているように思えました。

(チャートで見た場合)
まずはチャートをご覧下さいませ
9531245.gif

増加し始めていた商いが、4月に入って急激な落ち込みになっています。商いの減少は売りをこなせていないと見れる為、ここから上昇していくには商いの増加が必要だと考えられます。しかし、金融機関の決算を控えている状況では積極的な売買は見送られるような気がしますので、増加は難しいかもしれません。このようなことから、目先は上値が重くなると考えています。

商いの増加がなぜ好感されるのかを、簡単にご説明。(以前に書いたものをコピーしています)
売買が成立しないと売買代金や売買高には反映されません。よって、売買が多いということは買いだけではなく売りも同じだけ多く吸収したことになりますので、将来の下げ要因となる売りが少なくなり上昇しやすい環境になります。逆に、売買が少ない状態で上昇しても少しの売りしか吸収していませんので、多くの売りが残っていると判断できます。この場合は上昇しにくい環境になります。これが、商いを伴う上昇は好感され、商いを伴わない上昇は不安視される理由です。
(ご注意)
上記しましたことは、あくまでも一般論だとご理解下さいませ。商いが増加しても下落するケースは多々あります。


「日本株について」
米国株の上昇および機械受注統計が予想を大きく上回ったことで、買い優勢でのスタートになりました。その後も売り込まれることなく8800円まで上昇しますが、そこからは上値が重くなり8753円(158円高)で前引け。ところが、お昼にニューヨーク・タイムズが 「 ストレステストに米銀19行が合格する 」 と報じたことで後場寄りから右肩上がりの展開となり、ほぼ高値引けとなる8916円(321円高)で終えました。

○ 2月の機械受注統計
機械受注統計は前月比1.4%増となり、市場予想の6%減を大きく上回る良い結果になりました。
前月比でプラスになるのは5ヶ月ぶり。

○ ストレステストに米銀19行が合格
お昼に ニューヨーク・タイムズが報じました。これを受けて、後場寄りから銀行株が急騰。加えて、米国株の上昇を先取りする形で幅広い銘柄に買いが入った結果、値上がり銘柄数は1403となる全面高になっています。
お昼のサプライズになりました。

お忙しいところ申し訳ありませんが、お役に立てる内容であった場合には以下 3つのランキング 全てにクリックをお願い致します。1クリックで1カウントされますので、応援して下さい。(自分の投資に影響が出ない範囲で書いてはいるものの、日記に多くの時間を要していますので、どうか宜しくお願い致します。)
クリックが多くいただけた場合は(1週間のクリック数で判断します)お礼の意味を込めて、私の取引を1週間に1銘柄紹介しているブログ 「素人投資家の株日記(勉強できる私の買付)」 こちらで取引した銘柄を、3つのランキングのどれかで ご紹介します。(紹介期間は1日) ( まず、ランキングで私のブログを見つけて下さい。そのすぐ下に銘柄を書いています。)

はーと オール株式情報ランキング はーと 株ブログ ランキング
はーと FC2 ブログランキング
直近1週間のクリック数によって表情が変化します 少し下落 (涙) このままではご紹介できません。
只今、4月3日ご紹介の銘柄が対象になっています。


決算前の利益確定
ブログ(株日記)の文章はネットに公開してからも2~3度読み直し、訂正を繰り返しております。その後、完成してからホームページ上「素人投資家の挑戦」内にて更新のお知らせをさせて頂きます。よって、訂正を繰り返している間に読まれますと、完成したものと大きく違う場合がありますので、更新を確認されてからお読み下さいませ。
又、「勉強できる買い付け」などの更新情報も、ホームページ上で行っておりますので定期的にご確認下さいませ。


お知らせ

こちらの株日記が、月刊誌に掲載されました。
廣済堂出版
ネットマネー 08年7月号 ~ 今月の最強 株ブロガー

○掲載内容をご紹介 ⇒ こちら

青春出版社
BIG tomorrowビッグ・トゥモロウ 09年 5月号 (3月25日発売)
○掲載内容に少し誤りがありました ⇒ こちら
○掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

とても貴重な経験をさせていただき、感謝しております。
この場を借りて、お礼申し上げます。
----------------------------------------------------------------------------------------------

4月8日 水曜日

本日の日経平均は、前日比237円安の8595円となりました。
米国株は186ドル安の7789ドル。

「米国株について」
決算シーズン前と直近の大幅高とが相まって、利益確定の動きが優勢になるスタート。加えて、GM問題やキャタピラーの業績悪化見通しなども影響し、お昼過ぎには安値となる7762ドル(213ドル安)まで下げ幅を拡大させました。その後、一旦は大きく買い戻されるも7850ドルで上値を押さえられて行って来い。結局は200ドル近い大幅安になっています。

○ GMは破産する可能性が高くなった
破産法の申請に向けて準備を進めているという報道がありました。GMは、4月1日にCEOがお話されたのを最後に何も示しておられませんが、破産の可能性はとても高くなっているようです。ちなみに、ムーディーズは、破産の確立を70%とみています。
(GMの再建策について)直近では、3月31日の株日記4月1日の株日記で取り上げていました。参照下さいませ。

米連邦破産法第11章(チャプター11)に基づき、優良資産で新会社を設立する観測も出ているようですが、仮にそうなれば株の売買ができなくなる(厳密には細かな制約があって思うように売買できなくなる)為、同社には売りが殺到しました。全面安ではありますが、GMの11.9%安は目立つ下げ幅になっています。

○ 銀行への売りは続く?
大手3行は取引開始直後こそ大幅安でスタートしましたが、シティは1.5%高、バンカメは1.6%安と買い戻される展開になっています。JPモルガンだけは行って来いとなり3.4%安になっていますが、下げを主導するほどの売られ方にはなっていません。
これらの動きをみると、昨日の下げ要因となった 「 著名アナリストのネガティブなコメントによる影響 」 は一時的だったと感じました。

但し、需給関係やタイミング的には悪い状況になりつつあると思っています。
来週は金融機関の決算集中日。加えて高値で揉み合っていることを踏まえると、「 上値の重さを嫌気した売り 」 と 「 決算前に一旦利益を確定しておく 」 という動きが多くなってくるかもしれません。仮にそうなれば揉み合い下放れとなり、下げが勢いづく可能性もありますので用心したいところです。

○ キャタピラーの業績悪化見通し
キャタピラーは景気に大きく影響を受ける為、景気敏感株としてとても注目される会社です。 よって、これから本格化する決算を前にこのような見通しが発表されると、慎重になる投資家が多くなりそうです。来週は金融機関の決算を控えていますし、今までの楽観ムードは終焉するような気がしています。

○ 著名投資家 ジョージ・ソロスさんのお話
最近の株高について 「 まだ景気は好転しておらず、金融危機も収束していない。弱気相場での一時的な上昇 」 とお話されました。
昨日は著名アナリスト、本日は著名投資家がネガティブなコメントです。しかし、振り返ると相場は大きな上昇になっていますし、投資家心理も改善しており最悪期は脱した可能性が高いのではないでしょうか。

○ 決算前の利益確定
今回の決算が悪くなるのは織込み済み。ここで相場が大きく下落していれば 「 悪材料出尽くし = 織込み済み 」 で買い戻されると思うのですが、良いのか悪いのか相場は高値圏で推移しています。よって、決算が悪くなると分かっていても実際に悪い数字が出てくれば売り材料になってしまうかもしれません。注意が必要だと考えています。

(チャートで見た場合)
6日の予想どおり7800ドル付近で下げ止まる形になっていますが、今後は決算が絡んでくる為に下値抵抗が読みにくくなると思っています。また、大きく上昇してきたことに加えて高値揉み合いになっていますので、売りが多く出れば揉み合い下放れとなり下げに勢いがつくかもしれません。相場環境とチャートが共に要注意なので、慎重に見ておくことが大切だと思います。


「日本株について」
米国株の急落を受け、取引開始から窓を空けるスタートになりました。その後は、8650円付近が下値抵抗となり下げ渋ったものの、8658円(174円安)まで下げ幅を拡大して前引け。後場に入ると一段安、一気に8600円を下回った後は8550円を下値とする揉み合いに終始する動きとなり、結果は200円を超える大幅安になってしまいました。

大きな下落になっていますが、昨日に続く動きであり問題はありません。
日米共に加熱感を和らげる動きになっているようです。

○ ジョージ・ソロスさんのお話を側面から考えてみる
単なる市場関係者(失礼な言い方ですが)のコメントではなく、このような方がネガティブなお話をされると先行き不安に陥ってしまいがち。しかし、ソロスさんがお話されていますように 「 一時的な上昇 」 ならば、逆にそれを狙う投資をすれば良いだけのこと。
何度も株日記で書いていることですが、下落相場でも上昇相場でも目先の上昇(日経平均で500円程度)を狙えば1年間で数え切れないほどのチャンスがありますので、その 「 一時的な上昇 」 を狙えば良いのです。逆に考えれば、一時的な上昇でなければ下げてきませんから 「 売ったら負け、押し目に押し目無し 」 となり、一度売ればチャンスが激減する相場になってしまいます。
ものは考えようです。
これは私が実際に行っている投資法でもあります。

お忙しいところ申し訳ありませんが、お役に立てる内容であった場合には以下 3つのランキング 全てにクリックをお願い致します。1クリックで1カウントされますので、応援して下さい。(自分の投資に影響が出ない範囲で書いてはいるものの、日記に多くの時間を要していますので、どうか宜しくお願い致します。)
クリックが多くいただけた場合は(1週間のクリック数で判断します)お礼の意味を込めて、私の取引を1週間に1銘柄紹介しているブログ 「素人投資家の株日記(勉強できる私の買付)」 こちらで取引した銘柄を、3つのランキングのどれかで ご紹介します。(紹介期間は1日) ( まず、ランキングで私のブログを見つけて下さい。そのすぐ下に銘柄を書いています。)

はーと オール株式情報ランキング はーと 株ブログ ランキング
はーと FC2 ブログランキング
直近1週間のクリック数によって表情が変化します 少し下落 (涙) このままではご紹介できません。
只今、4月3日ご紹介の銘柄が対象になっています。


いよいよ米企業の決算シーズンが到来
ブログ(株日記)の文章はネットに公開してからも2~3度読み直し、訂正を繰り返しております。その後、完成してからホームページ上「素人投資家の挑戦」内にて更新のお知らせをさせて頂きます。よって、訂正を繰り返している間に読まれますと、完成したものと大きく違う場合がありますので、更新を確認されてからお読み下さいませ。
又、「勉強できる買い付け」などの更新情報も、ホームページ上で行っておりますので定期的にご確認下さいませ。


お知らせ

こちらの株日記が、月刊誌に掲載されました。
廣済堂出版
ネットマネー 08年7月号 ~ 今月の最強 株ブロガー

○掲載内容をご紹介 ⇒ こちら

青春出版社
BIG tomorrowビッグ・トゥモロウ 09年 5月号 (3月25日発売)
○掲載内容に少し誤りがありました ⇒ こちら
○掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

とても貴重な経験をさせていただき、感謝しております。
この場を借りて、お礼申し上げます。
----------------------------------------------------------------------------------------------

4月7日 火曜日

本日の日経平均は、前日比25円安の8832円となりました。
米国株は41ドル安の7975ドル。

「米国株について」
金融セクターの著名アナリストによるネガティブな発言や、主力ハイテクの買収交渉決裂が影響して取引開始直後から急落。一旦は7900ドル付近で反発するも、お昼過ぎには安値となる7862ドル(155ドル安)まで下げ幅を拡大しました。しかし、その後は一転買い戻される展開となり、引けにかけて100ドル以上も回復する底堅い動きになっています。

○ 金融セクターの著名アナリストがコメント
マイク・メイヨ-氏が、大手銀行の投資判断をアンダーパフォームとしました。
会社によって定義は違いますが、「 売り、弱気 」 という意味になります。

主力3行のCEOが業績回復を示唆する等、金融不安も底を打ったとする見方が広がる中での 「 売り 」 はショック安を誘ったようです。
その理由として
・政府が進める政策は予想ほどの効果を上げない可能性がある。
・貸出し損失は大恐慌の水準以上に膨らむ可能性が高い。
このネガティブなコメントが影響し、主力3行を含めた銀行株は軒並み下落。シティが-4.6%、バンカメが-1.6%、JPモルガンが-3.7%になっています。セクター別でも、ダウが-0.5%に対して金融は-2.9%です。昨日とは全く逆の展開となり、本日は下げ幅こそ少ないものの下げを主導する形になってしまいました。銀行株のチャートはあまりよろしくない状況に戻っています。
銀行株のチャートについては4月3日の株日記で書いています。参照下さいませ。

金融が売られていますが、大きく上昇してきた相場なので金融不安再燃というよりも 「 利益を確定するきっかけ 」 になっていたのではないでしょうか。また、結果論ではありますが、相場が150ドル安から40ドル安まで回復している部分と合わせて考えると、本日のところは一過性のショック安だった感じもします。
金融セクターのアナリストは一人ではありませんし、同セクターを強気に見ているアナリストもいますので、今回のコメントを過信するのは良くないと思っています。ただ、本日の150ドル安が示していますように、高値圏にある時は利益確定のきっかけを待っている投資家が多くなっていますので、少し注意が必要かもしれません。
「 コメントの影響は今のところ深く考えなくてもよいが、投資法を考えるうえでは役立つ動きだった 」 そんな考え方で良いと思っています。

(注意するところ)
株日記で書いていましたように、主力3行であるシティ、バンカメ、JPモルガンのCEOが業績改善を示されているものの、これは全ての損を含めたお話とは違いますので 「 決算発表でビックリ 」 という可能性はあると考えています。

○ フォードが1兆円の負債を削減
ビッグ3の一つ、フォードが負債の38%にあたる1兆円を削減できると発表。これにより年間の利払いも500億円減少し、経営再建策が功を奏した形になりました。この発表を受け、同社の株価は取引開始直後から急騰。その後も大きく売り込まれることなく高値圏を維持し、16%もの大幅高になっています。また、GMにも連想買いが入り8.1%の上昇になりました。ほぼ全面安の中、自動車株の上昇は目立つ存在になっています。

○ 個別銘柄で悪材料
IBMとサン・マイクロシステムズの買収交渉が決裂。大手ハイテクによる買収交渉だっただけに少し売り要因になっていました。IBMは取引開始直後こそ大きく売り込まれるも、決裂の影響はほとんどないとして引けにかけて急回復。-0.7%程度の下げ幅に留まっています。一方、影響が大きくなるサン・マイクロシステムズは-22.7%の下落。

サン・マイクロシステムズにとっては大きな痛手。
ヒューレット・パッカードなど複数の大手ハイテクへ身売り交渉を求めるも決裂。やっとのことでIBMとの交渉がまとまるかと思いきや、またもや決裂。IBMへの見売りが報道された時には、同社の株価は およそ5ドルから9ドルまで80%近く急騰、その後も8ドル台で推移していたものの本日の急落によって6ドル台になってしまいました。
このように、サン・マイクロシステムズにとっては大きな痛手となりましたが、大手IBMの株価が示すとおり相場への悪い影響は取引開始直後に少しあった程度で、その後はほとんどないと考えています。

(チャートで見た場合)
大きく売り込まれるも同じだけ回復していますので、下ヒゲの長い足になっています。同じ下ヒゲの長い足でも昨日の 「 首つり線 」 とは少し違った見方をして、目先は強含みになると予想。但し、これはローソク足だけで判断したものであり、相場環境を考慮していません。

明日発表になるアルミ大手アルコアの決算を皮切りに、決算シーズン突入です。
今まで大きく上昇してきただけに、悪い内容は売りのきっかけになるかもしれません。よって、決算に大きく左右されると考えながらチャートを見ていかなければいけないと思っています。


「日本株について」
米国株の下落を受け、取引開始直後は売り優勢でのスタートになりました。その後、10時頃には安値となる8778円(79ドル安)まで下げ幅を拡大しますが、V字回復となり26円高で前引け。しかし、後場に入ると勢いは途切れ、わずか50円程度の値幅で推移する方向感の出ない展開に終始しました。

○ 5営業日ぶりの反落
当然の一服ではないでしょうか。本日も値上がり銘柄数と値下がり銘柄数が拮抗。米国株に連れる形で加熱感を和らげている感じです。

○ 日銀は金利の据え置きを決定
日銀は金融政策決定会合で政策金利の据え置きを決定しましたが、市場が予想していたとおりりの結果。相場への影響はほとんどありませんでした。

お忙しいところ申し訳ありませんが、お役に立てる内容であった場合には以下 3つのランキング 全てにクリックをお願い致します。1クリックで1カウントされますので、応援して下さい。(自分の投資に影響が出ない範囲で書いてはいるものの、日記に多くの時間を要していますので、どうか宜しくお願い致します。)
クリックが多くいただけた場合は(1週間のクリック数で判断します)お礼の意味を込めて、私の取引を1週間に1銘柄紹介しているブログ 「素人投資家の株日記(勉強できる私の買付)」 こちらで取引した銘柄を、3つのランキングのどれかで ご紹介します。(紹介期間は1日) ( まず、ランキングで私のブログを見つけて下さい。そのすぐ下に銘柄を書いています。)

はーと オール株式情報ランキング はーと 株ブログ ランキング
はーと FC2 ブログランキング
直近1週間のクリック数によって表情が変化します 上昇 (笑顔)
只今、4月3日ご紹介の銘柄が対象になっています。


日米共に、向かうところ敵なし?
ブログ(株日記)の文章はネットに公開してからも2~3度読み直し、訂正を繰り返しております。その後、完成してからホームページ上「素人投資家の挑戦」内にて更新のお知らせをさせて頂きます。よって、訂正を繰り返している間に読まれますと、完成したものと大きく違う場合がありますので、更新を確認されてからお読み下さいませ。
又、「勉強できる買い付け」などの更新情報も、ホームページ上で行っておりますので定期的にご確認下さいませ。


お知らせ

こちらの株日記が、月刊誌に掲載されました。
廣済堂出版
ネットマネー 08年7月号 ~ 今月の最強 株ブロガー

○掲載内容をご紹介 ⇒ こちら

青春出版社
BIG tomorrowビッグ・トゥモロウ 09年 5月号 (3月25日発売)
○掲載内容に少し誤りがありました ⇒ こちら
○掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

とても貴重な経験をさせていただき、感謝しております。
この場を借りて、お礼申し上げます。
----------------------------------------------------------------------------------------------

4月6日 月曜日

本日の日経平均は、前日比108円高の8857円となりました。
米国株は39ドル高の8017ドル。

「米国株について」
雇用統計がほぼ市場予想と一致したことで、前日値と変わらない水準でのスタートになりました。その後、10時に発表されたISM非製造業指数が予想より悪かった為に下げ幅を拡大。11頃には安値となる7897ドル(81ドル安)をつけました。しかし、その後は一転して買い優勢の展開となり、お昼過ぎには前日値を回復。途中、再び50ドル安程度まで2度売り込まれるものの、最後は8000ドル突破で終える強い結果になっています。

○ 雇用統計は予想の範囲内
・非農業部門雇用者数は66万3000人減少しましたが、市場予想の67万人以下となりました。
・失業率は8.5%と前月(8.1%)に比べて上昇するも、市場予想と一致。
悪化するも売り要因にならなかったのは市場予想とほぼ一致した為ではありますが、先週の株日記で書いていましたとおり 「 雇用の回復には時間が必要 = 雇用に関する指標の悪化は織り込み済み 」 と考えられている部分が大きく影響したと思いました。ちなみに、失業率8.5%は25年ぶりの水準だそうです。
雇用に関する考えは、3月27日の株日記4月2日の株日記 で取りあげていましたので参照下さいませ。

○ ISM非製造業景況感指数は改善されず
2月の41.6から42へと若干改善する市場予想でしたが、結果は40.8になってしまいました。
発表直後に50ドルほど下げ幅を拡大し、安値7897ドルをつけました。しかし、7900ドルが下値抵抗となりV字回復していますので、経済指標の悪化を需給関係が相殺したといったところでしょうか。

○ 先週末に発表された時価会計規則の緩和が買い材料となり、主力銀行株が上昇。
シティが4%、バンカメが5%、JPモルガンが4%高になっています。業種別でもダウが0.5%の上昇に対して金融は4.2%となり、上昇を主導する形になりました。
先週末の株日記で書いていましたように、上値を突破する銘柄が多くなっている中で銀行株だけが突破できずにいる状況は気がかりな部分でした。まだまだ安心できる状況ではありませんが、週末の株価は相場の上昇を主導する形になっていましたので一安心はされたと思います。
時価会計規則の緩和および主力銀行の懸念については、先週末の株日記で詳しく取り上げていますので参照下さいませ。

○ 投資判断および利益見通しの引き下げが相次ぐ
アナリストによって利益見通しが引き下げられたマイクロソフトが2.8%の下落。下げ幅は大きくありませんが、全体が堅調に推移する中では突出した下げ幅になっています。加えて、投資判断が引き下げられたウォルト・ディズニーは1%の下落。
最近は引き上げが目立っていた為、少し不安視される内容になってしまいました。
ただ、今のところは改善を示す経済指標などが根底にある為、明日に続く大きな売り材料になることはないと思っています。

(チャートで見た場合)
75日線(7900ドル)で支えられながら8000ドルを突破していますので、とても良い感じになっているように見えるのですが ・・・ 上昇し続けたところで出現する下ヒゲの長い足は 「 首つり線 」 と言われる不気味な形。 「 首つり線 」 については、私が作成しているHP 「 素人投資家の挑戦~ローソク足の読み方 応用② 」 を参照下さいませ。

先週末の予想では7900ドルの下値抵抗を信用できないと考えていたのですが、しっかりと機能しましたので目先の下値は7800ドルから7900ドルの間になると予想。上値は少し重くなるような気がしています。
首つり線と合わせて考えると、相場はもう少し加熱感を和らげたいのかもしれません。

「日本株について」
米国株が8000ドルを回復したことを好感し、取引開始直後から右肩上がりの展開になりました。10時30分頃には高値となる8992円高(243円高)まで上昇しますが、9000円の上値抵抗に押し戻されて8949円で前引け。後場に入ると再び9000円を目指しますが、一気に8900円まで売り込まれると上値を追いかける投資家よりも利益確定を急ぐ投資家が多くなり、右肩下がりの展開になってしまいました。

○ 凄まじい強さを見せる相場
4日続伸で売買代金も1兆5443億円になっており、商いを伴う理想的な上昇になっています。加えて、米国株も堅調に推移、為替も100円台まで円安が進むというすばらしい相場環境。
暴落相場ですっかり忘れかけていた数年前の 「 ありえない上昇 」 「 売ったら負け 」 「 テクニカルが全く通用しない 」 「 踏み上げ相場 」 「 押し目に押し目なし 」 ・・・ こんな市場関係者のコメントが毎日のように紹介されていた あの相場展開を思い出す今日この頃です。

但し、強い相場環境と投資法は別問題なので、そこは間違えないようにしなければいけません。

お忙しいところ申し訳ありませんが、お役に立てる内容であった場合には以下 3つのランキング 全てにクリックをお願い致します。1クリックで1カウントされますので、応援して下さい。(自分の投資に影響が出ない範囲で書いてはいるものの、日記に多くの時間を要していますので、どうか宜しくお願い致します。)
クリックが多くいただけた場合は(1週間のクリック数で判断します)お礼の意味を込めて、私の取引を1週間に1銘柄紹介しているブログ 「素人投資家の株日記(勉強できる私の買付)」 こちらで取引した銘柄を、3つのランキングのどれかで ご紹介します。(紹介期間は1日) ( まず、ランキングで私のブログを見つけて下さい。そのすぐ下に銘柄を書いています。)

はーと オール株式情報ランキング はーと 株ブログ ランキング
はーと FC2 ブログランキング
直近1週間のクリック数によって表情が変化します 上昇 (笑顔)
只今、4月3日ご紹介の銘柄が対象になっています。


米財務会計基準審議会(FASB)が時価会計の一部緩和を決定
ブログ(株日記)の文章はネットに公開してからも2~3度読み直し、訂正を繰り返しております。その後、完成してからホームページ上「素人投資家の挑戦」内にて更新のお知らせをさせて頂きます。よって、訂正を繰り返している間に読まれますと、完成したものと大きく違う場合がありますので、更新を確認されてからお読み下さいませ。
又、「勉強できる買い付け」などの更新情報も、ホームページ上で行っておりますので定期的にご確認下さいませ。


お知らせ

こちらの株日記が、月刊誌に掲載されました。
廣済堂出版
ネットマネー 08年7月号 ~ 今月の最強 株ブロガー

○掲載内容をご紹介 ⇒ こちら

青春出版社
BIG tomorrowビッグ・トゥモロウ 09年 5月号 (3月25日発売)
○掲載内容に少し誤りがありました ⇒ こちら
○掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

とても貴重な経験をさせていただき、感謝しております。
この場を借りて、お礼申し上げます。
----------------------------------------------------------------------------------------------

4月3日 金曜日

本日の日経平均は、前日比30円高の8749円となりました。
米国株は216ドル高の7978ドル。

「米国株について」
雇用に関する経済指標が悪化するも、既に織り込み済み。目立つ売り材料がない中、時価会計規則の緩和が買い材料となり急騰してスタートしました。その後、一旦は8000ドルで上値を押さえられるものの早々に突破。それからは8000ドルを下値抵抗としながら長く揉み合いますが、最後は売り込まれ下抜けてしまいました。
結果は8000ドル回復ならずでしたが、200ドルを超える大幅高になっています。

○時価会計規則の緩和
米財務会計基準審議会(FASB)が時価会計の一部緩和を決定しました。これにより、金融機関の評価損が大幅に圧縮されると同時に金融システム安定化につながるとされ、相場全体への大きな買い材料になりました。ただ、価格が著しく低下したものに関する評価方法については意見が分かれている為、最終的な内容は来週に持ち越されています。4月から導入されますが、1-3月期の決算にも適用可能とされました。時価会計の緩和は、金融機関にとって渡りに船。金融危機から脱する大きな第一歩になるのではないでしょうか。

朝方に発表されたこの材料を好感する買いが入り、シティとバンカメは共に12%高、JPモルガンは5%高でスタートしていましたが、結果は寄り天となり、シティが2.2%高、バンカメが2.7%高、JPモルガンが0.3%高で終えています。金融機関にとって追い風となる材料でしたが、どちらかといえば相場全体への買い材料になっており金融関連は小幅高に留まっています。金融不安後退により投資家心理が大きく改善。その影響で相場全体に買いが入ったという感じです。

少し気になるところ その①
不良資産を計上しなくても良いのであり、それが消えるわけではありません。根本的に解決する為には不良資産が少なくなる(例えば、焦げ付いているサブプライムローンなどが回収できるようになる)必要があります。また、不良資産の価格は各金融機関で決められる為、「 本当の不良資産が分かりにくくなる=(悪い言い方をすれば)ごまかせる 」 可能性がありますので、問題の先延ばしになるかもしれません。
緩和策は金融危機から脱出する第一歩になると思う一方で、損を計上しなくてよい(隠すことができる)間に不良資産が減らなければ、本当の脱出にはならないように思えます。ただ、金融サミットでまとめられたお話を引き合いに出せば 「 ありとあらゆる行動をとる 」 このとおり、今は少しでも良いと思えばなんでもありで進めなければいけない状況なのだと感じました。
不良資産が減らないのであれば、不良資産を切り離せばよい(隠せばよい)。後で減ればそれでいいじゃないか。そんな感じでしょうか。

少し気になるところ その②
相場上昇に連れる形で上値を突破する銘柄が多く出ている中、この主力3行は上値を突破できていません。1度目の凄まじい相場上昇をリードしたものの、2度目となる直近の上昇では上値が重くなってしまいました。
ダウの構成比率で見た場合は、金融は わずか5%程度です。少し矛盾した書き方になりますが、相場全体への 「 株価としての影響 」 は少ないものの、金融危機を引き起こした金融は 「投資家心理に大きな影響を与える 」 為、上値突破で需給が良くなってもらいたいところです。

○ 製造業受注額が予想外に増加
前月比1.8%の増加となり、マイナスとしていた市場の予想に反する良い内容となりました。増加になるのは7ヶ月ぶりです。

○ 出てくる経済指標は多くが悪化の底打ち
少し言い過ぎかもしれませんが、出てくる経済指標の多くが悪化の底打ちを感じさせるものになっていますので、「 20%上昇すれば強気相場の始まり 」 という経験則通りに、今後は底堅い動きになるような気がしています。少なくとも、底が見えない大暴落になる可能性は極めて低くなっているのではないでしょうか。

○ 金融サミットは材料視されず
20ヵ国の首脳が集まる会議でしたが、市場が予想していたとおり大きな買い材料になるものはありませんでした。「 財政出動など、ありとあらゆる行動をとることで一致 」 という無難な内容で閉幕。

○ 週間失業保険申請件数は悪化するも影響はなし
申請件数は66万9000件となり、市場予想を大きく上回りました。およそ26年ぶりの高水準だそうです。
ただ、昨日の株日記で書いていましたとおり、「 雇用に関する指標が悪化したとしても相場は多くを織込んでいる 」そのままの結果になったような気がします。

(チャートで見た場合)
リスクあるトライ(こちらについては25日の株日記を参照下さいませ)から予想通りに下落。そして調整後に再びトライして本日は一旦突破。順当ではないでしょうか。
75日線(7900ドル)を突破していますが、200ドルを超える急騰になっていますので下値抵抗として考えるのはまだ早いと思っています。目先の下値抵抗としては、7800ドル付近になると予想。上値は8000ドル突破が射程に入ったと考えています。


「日本株について」
米国株の大幅高を受け、取引開始直後は窓を空けるスタートになりました。しかし、9時30分頃に高値となる8884円(165円高)をつけると次第に売り優勢の展開へ。結局、前場は右肩下がりとなり49円高まで上げ幅を縮小して取引終了。後場に入ると一段安になりますが、前日値付近まで下げると強い押し目買いが入って再び急反発。一気に8850円(131円高)まで上昇するものの結果は行って来い。14時30分頃には前日値を割り込むところもありました。

売買代金は1兆8912億円。売買高は28億4069万株。昨日に続いて活況となっており、とても良い感じで上昇を続けています。
本日は少し上値の重い展開となりましたが、2営業日で600円も上昇していれば当然かもしれません。一服して加熱感を和らげることが大切だと思います。

直近1週間のクリック数が目標値に達しました
よって、本日は 「 勉強できる私の買い付け 」 で紹介した銘柄をブログランキングで公開予定です。
更新後、しばらく経ってから反映されますのでランキングをご確認下さいませ

引き続き、ランキングへの応援を宜しくお願い致します
お忙しいところ申し訳ありませんが、お役に立てる内容であった場合には以下 3つのランキング 全てにクリックをお願い致します。1クリックで1カウントされますので、応援して下さい。(自分の投資に影響が出ない範囲で書いてはいるものの、日記に多くの時間を要していますので、どうか宜しくお願い致します。)
クリックが多くいただけた場合は(1週間のクリック数で判断します)お礼の意味を込めて、私の取引を1週間に1銘柄紹介しているブログ 「素人投資家の株日記(勉強できる私の買付)」 こちらで取引した銘柄を、3つのランキングのどれかで ご紹介します。(紹介期間は1日) ( まず、ランキングで私のブログを見つけて下さい。そのすぐ下に銘柄を書いています。)

はーと オール株式情報ランキング はーと 株ブログ ランキング
はーと FC2 ブログランキング
直近1週間のクリック数によって表情が変化します 上昇 (笑顔)
次は、本日ご紹介した銘柄が対象になっています。


連銀総裁の景気後退終焉および景気回復発言が相次ぐ
ブログ(株日記)の文章はネットに公開してからも2~3度読み直し、訂正を繰り返しております。その後、完成してからホームページ上「素人投資家の挑戦」内にて更新のお知らせをさせて頂きます。よって、訂正を繰り返している間に読まれますと、完成したものと大きく違う場合がありますので、更新を確認されてからお読み下さいませ。
又、「勉強できる買い付け」などの更新情報も、ホームページ上で行っておりますので定期的にご確認下さいませ。


お知らせ

こちらの株日記が、月刊誌に掲載されました。
廣済堂出版
ネットマネー 08年7月号 ~ 今月の最強 株ブロガー

○掲載内容をご紹介 ⇒ こちら

青春出版社
BIG tomorrowビッグ・トゥモロウ 09年 5月号 (3月25日発売)
○掲載内容に少し誤りがありました ⇒ こちら
○掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

とても貴重な経験をさせていただき、感謝しております。
この場を借りて、お礼申し上げます。
----------------------------------------------------------------------------------------------

4月2日 木曜日

本日の日経平均は、前日比367円高の8719円となりました。
米国株は152ドル高の7761ドル。

「米国株について」
朝方に発表された経済指標および前日のお化粧買いが影響し、取引開始直後は100ドルを超える急落となりました。しかし、早々に安値を付けた後は一転買い戻される展開となり10時30分頃には前日値を回復します。その後、7700ドルで上値を押さえられるも新車販売台数が追い風となり上げ幅を拡大。結局7800ドルの上値抵抗を超えることはできませんでしたが、150ドル高になる強い1日になっています。

○ 雇用は悪化
・ADPが発表した雇用報告によると、民間部門雇用者数は74万2000人減少しました。これは2001年の統計開始以降最大の落ち込みになったうえ、市場予想65万6000人を大きく上回る悪い内容でした。
・3月の人員削減数は前月比19.3%減の15万人となりました。

株日記で何度も取りあげていましたように、雇用の回復には時間が必要です。
最近では、ミネアポリスとフィラデルフィアの地区連銀総裁がお話されていましたように、まずは景気が回復。その後、雇用の改善という流れになるのではないでしょうか。よって、本日の雇用報告を含め、目先で雇用に関する指標(失業率など)が悪化したとしても相場は多くを織り込んでいるような気がします。

○ ダラス地区連銀総裁のお話
ミネアポリス地区連銀総裁と同じく、景気後退は中頃に終了。その後は緩やかな回復になるとお話されました。
改善を示す経済指標だけではなく、このような発言が多くなっていますので景気回復を意識する投資家が増えてくるかもしれません。最近の強い相場を見ていると 「 株価は景気の先を行く 」 これを感じずにはおれませんし、楽しんでいる投資家も多くいらっしゃるような気がします。

○ 自動車販売の悪化に歯止めがかかった?
新車販売台数は、大手が揃って前年同月比で30%~40%の減少になりました。ただ、市場が予想していたほど落ち込まなかったことに加え、前の月に比べると増加していますので悪化に歯止めがかかったと受け取られたようです。
ちなみに、日本のメーカーも3社(トヨタ、ホンダ、日産)揃って30~40%減になっています。

景気悪化(給料やボーナスのカット)により家計は厳しいものの、米国は車社会なので車は必需品です。しかし、新規買換え共に新車を買うほどの余裕はありませんので中古を買う人が増えている状況でした。こういった影響を受けて新車販売台数は急激に落ち込んでいたのですが、ここにきて販売悪化に歯止めがかかったとすれば、今後は自動車業界にも買いが集まってくるかもしれません。

新車販売台数の悪化に歯止めがかかったのであり、大きく回復するには時間が必要。
減らされた給料やボーナスが回復するまでには時間がかかりますので、新車を買える程の余裕が出てくるのは半年~1年先になるような気がします。それまでは、ごく緩やかな回復になるのではないでしょうか。
ただ、株式相場でみると ・・・
悪化で異常値まで売り込まれ ⇒ 悪化に歯止めがかかって回復期待が出れば一旦大きく回復 ⇒ その後、行き過ぎた上昇分が下落 ⇒ 実際に業績が回復 ⇒ 本当の強い株価上昇。
このような流れになります。いわゆる、業績と株価を合わせたダブルボトム。息の長い上昇へ向けた第一歩になっているような気がします。

○ 住宅関連に明るいニュース
2月の中古住宅販売予約件数が前年同月比2.1%高になりました。
住宅関連の改善を示す指標が相次いでいる中、本日も良い結果になりましたので買い材料になっていたと思われます。良い内容が続いていただけに、「 本当に回復したのか? 」 「 回復するのか? 」といったことを市場は見極めようとしていますので、2.1%高になったことは大きなプラスだと感じました。

(チャートで見た場合)
昨日の予想(7400ドルから7500ドルの間が少し強めの下値抵抗になっていますので、大きな悪材料さえ出なければ7400ドルまでに下げ止まるような気がします。上値は昨日と同じく7700ドルから7800ドルの間になると予想。)このとおりになっています。本日の高値は7789ドルで安値が7483ドル。
予想とおりになっていますが、これは翌日という超短期の予想なのでそれほど嬉しくはありません。それよりも、25日の株日記で書いていた 「 少し長い期間で見た場合の予想 」 が(今のところ)当たっていますので、そちらの方が嬉しいです。これは、私だけではなく全ての投資家が喜べる内容ではないでしょうか。
詳しくは25日の株日記(チャートで見た場合)の項をご覧下さいませ。
リスクあるトライが現実となりましたが、程よい調整に留まっていますので中期予想に変更はありません。相場はとても良い感じで進んでいます。


「日本株について」
米国株の大幅高を受けて、寄り付きは窓を空けた強い上昇になりました。その後、8500円と8550円で少し売り込まれるも、逆に良い調整となったことで無理のない右肩上がりになっていきました。前場は251円高の8603円で取引終了。後場に入ってからも強い流れは続き、更に上げ幅を拡大。ただ、8700円を超えるとさすがに上値が重くなり、一段高とはいきませんでした。とはいえ、上げ幅は367円にもなっていますので文句無しだと思います。

値上がり銘柄数は1413で全面高。TOPIXは33業種すべてが値上がりです。
売買代金も1兆7422億円。商いの増加を伴う理想的な上昇になっています。

○ 商いの増加がなぜ好感されるのかを、簡単にご説明。
売買が成立しないと売買代金や売買高には反映されません。よって、売買が多いということは買いだけではなく売りも同じだけ多く吸収したことになりますので、将来の下げ要因となる売りが少なくなり上昇しやすい環境になります。逆に、売買が少ない状態で上昇しても少しの売りしか吸収していませんので、多くの売りが残っていると判断できます。この場合は上昇しにくい環境になります。これが、商いを伴う上昇は好感され、商いを伴わない上昇は不安視される理由です。
(ご注意)
上記しましたことは、あくまでも一般論だとご理解下さいませ。商いが増加しても下落するケースは多々あります。

○ 相場環境は改善した?
3月までの暗い相場環境がウソだったかのように、上値追いの状況になっています。
相場で楽観するほど危険なことはありませんので、話半分として・・・ひょっとしたら100年に1度の大暴落は、昨年の11月から今年2月にかけて形成された7000円で終焉するのかもしれません。

引き続き、ランキングへの応援を宜しくお願い致します
お忙しいところ申し訳ありませんが、お役に立てる内容であった場合には以下 3つのランキング 全てにクリックをお願い致します。1クリックで1カウントされますので、応援して下さい。(自分の投資に影響が出ない範囲で書いてはいるものの、日記に多くの時間を要していますので、どうか宜しくお願い致します。)
クリックが多くいただけた場合は(1週間のクリック数で判断します)お礼の意味を込めて、私の取引を1週間に1銘柄紹介しているブログ 「素人投資家の株日記(勉強できる私の買付)」 こちらで取引した銘柄を、3つのランキングのどれかで ご紹介します。(紹介期間は1日) ( まず、ランキングで私のブログを見つけて下さい。そのすぐ下に銘柄を書いています。)

はーと オール株式情報ランキング はーと 株ブログ ランキング
はーと FC2 ブログランキング
直近1週間のクリック数によって表情が変化します 上昇 (笑顔)
只今、3月27日ご紹介の銘柄が対象になっています。


ゼネラル・モーターズ(GM)は破綻を織込む流れへ
ブログ(株日記)の文章はネットに公開してからも2~3度読み直し、訂正を繰り返しております。その後、完成してからホームページ上「素人投資家の挑戦」内にて更新のお知らせをさせて頂きます。よって、訂正を繰り返している間に読まれますと、完成したものと大きく違う場合がありますので、更新を確認されてからお読み下さいませ。
又、「勉強できる買い付け」などの更新情報も、ホームページ上で行っておりますので定期的にご確認下さいませ。


お知らせ

こちらの株日記が、月刊誌に掲載されました。
廣済堂出版
ネットマネー 08年7月号 ~ 今月の最強 株ブロガー

○掲載内容をご紹介 ⇒ こちら

青春出版社
BIG tomorrowビッグ・トゥモロウ 09年 5月号 (3月25日発売)
○掲載内容に少し誤りがありました ⇒ こちら
○掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

とても貴重な経験をさせていただき、感謝しております。
この場を借りて、お礼申し上げます。
----------------------------------------------------------------------------------------------

4月1日 火曜日

本日の日経平均は、前日比242円高の8351円となりました。
米国株は86ドル高の8277ドル。

「米国株について」
経済指標が予想を下回るも、押し目買いや期末のお化粧買いが相殺。7600ドルを突破した後は時間をかけながら50ドルずつ上昇、15時頃には高値となる7725ドル(203ドル高)をつけました。ところが、その後は引けにかけて大口の売りが連発。上げ幅を大きく縮小して取引を終えました。

経済指標は予想より悪い内容になりました
・ケース・シラー住宅価格指数は前年同月比で19%の下落となり、市場予想を上回る落ち込み幅となりました。01年の集計開始以来最大の落ち込み。
・消費者信頼感指数は26。こちらも市場予想を下回る悪い結果になりました。ただ、こちらに関しては前月の25.3よりは改善していますので、低水準ながらも悪化に歯止めがかかり始めているのかもしれません。

○ ゼネラル・モーターズ(GM)は破綻の可能性が高くなる
ヘンダーソン新CEOは、自力で再建することを望みながらも、与えられた60日間で政府が望むリストラを実行できなければ破産法の適用を申請するとお話されました。

話し合いは難航しているようです。
・工場閉鎖および人員削減においては労働組合と。
・破産した場合の回収額では債券保有者と。
両方の話し合いが難航している為、破産法の適用をちらつかせることで相手に譲歩を求めるという狙いがあったのかもしれません。昨日はオバマ大統領がGMに対して破産法をちらつかせて圧力をかけましたが、本日は新CEOが労働組合や債券保有者に向けて圧力をかけているような気がしました。
「 それでダメなら破産で良し 」 こんなふうに腹をくくられているのではないでしょうか。

このまま垂れ流しのように公的資金を使うのではなく、破産させた後で公的資金を使い再建する方が得策だという意見が多くなっているようです。これは、GMや関連企業にとってはマイナスになるものですが、相場全体で考えると良い方向へ進んでいるのではないでしょうか。
GMは28%の急落になりましたが、相場全体で見るとほぼ全面高になっています。この株価動向が示すとおり、GMは破産を織込み始める一方で相場は良い環境になっている気がします。

○ フィラデルフィア地区連銀総裁のお話
・2009年下半期にプラス成長になる可能性がある。
・失業率は遅行指標の為、経済は失業率がピークに達する前に上向き始める。

3月27日のミネアポリス地区連銀総裁のお話に続いて、とても好感される内容になっています。
詳しくは3月27日の株日記をご覧下さいませ。
また、雇用の悪化および上向き始める部分についても27日の株日記に書いていました。やはり、雇用の改善(雇用の増加や失業率の低下)には時間がかかるのです。

○ 期末特有のドレッシング買い?
どちらかといえば悪材料が目立つ1日でしたが、引けにかけて売り込まれたところ以外は強い展開になっていましたので、ひょっとすれば、期末特有のお化粧買いが入っていたのかもしれません。この場合は近く売り出される場合が少なくありませんので、少しだけ注意したいところです。
ただ、直近の経済指標は、景気の悪化に歯止めがかかり始めていることを示していますので、2営業日の下落をチャンスと考える投資家も多くいた気がします。仮に、お化粧買いではなく押し目買いが大きく影響していたとすれば、売り圧力は小さくなりますので底堅い動きになると予想。

(チャートで見た場合)
大きく買われるも同じだけ売り込まれている為、上ヒゲの長いトンカチになっています。よって、目先は弱含みとなりますが、7400ドルから7500ドルの間が少し強めの下値抵抗になっていますので、大きな悪材料さえでなければ7400ドルまでに下げ止まるような気がします。
上値は昨日と同じく7700ドルから7800ドルの間になると予想。
本日の高値は7725ドルでした。想定通りです。


「日本株について」
米国株の反発および円安などをうけ、取引開始直後は上昇してスタート。その後、早々に売り込まれて一旦は前日値を割り込んだものの、それからは急激な右肩上がりとなり前場は242円高の8351円となりました。後場に入ると一転売り優勢の展開となり上げ幅を大きく縮小させますが、引けにかけて大口の買いが連発。一気に高値まで上昇しました。

○ 日銀短観の影響はなし
日銀短観調査では、大企業製造業の業況判断指数(DI)がマイナス58となりました。これは、34年ぶりの悪い数値だそうです。前回がマイナス24だったこともあり、大幅な悪化は投資家心理も悪くするものでしたが、一旦売り込まれた後に急上昇しているところを見ると影響はなかったのかもしれません。
先行きDIはマイナス51。

○ 円安が追い風に
一時は円高への懸念が大きくなっていたものの、本日は99円台まで下落したことが安心感につながったようです。

引き続き、ランキングへの応援を宜しくお願い致します
お忙しいところ申し訳ありませんが、お役に立てる内容であった場合には以下 3つのランキング 全てにクリックをお願い致します。1クリックで1カウントされますので、応援して下さい。(自分の投資に影響が出ない範囲で書いてはいるものの、日記に多くの時間を要していますので、どうか宜しくお願い致します。)
クリックが多くいただけた場合は(1週間のクリック数で判断します)お礼の意味を込めて、私の取引を1週間に1銘柄紹介しているブログ 「素人投資家の株日記(勉強できる私の買付)」 こちらで取引した銘柄を、3つのランキングのどれかで ご紹介します。(紹介期間は1日) ( まず、ランキングで私のブログを見つけて下さい。そのすぐ下に銘柄を書いています。)

はーと オール株式情報ランキング はーと 株ブログ ランキング
はーと FC2 ブログランキング
直近1週間のクリック数によって表情が変化します 上昇 (笑顔)
只今、3月27日ご紹介の銘柄が対象になっています。




株ランキングに参加しています

応援(下のバナーをクリック)お願いします。
クリックの数で私の順位が決まります。

にほんブログ村 株ブログ 専業投資家へ

私が作成したホームページ

私が作成したホームページ
「素人投資家の挑戦」

私の取引

こちらは、私の取引から勉強していただけると判断したものを、1ヶ月数銘柄(1週間に1銘柄程度)限定で紹介しているブログです。
「勉強できる私の買い付け」

これまでの道

私は、株式投資に対し全くの素人でした。
そして大の勉強嫌いで、自慢出来る学歴も経歴もありません。その私が株式投資で利益を出し続けている実録です。

全くの素人から投資をスタートさせました。
50万円を元手に始めたものの、利益よりも損失が膨らむ一方で資金は激減。あまりのショックに投資を止めていた時期がありました。
順調に資金が増えた時もあったのですが、「勝ちが続くと調子に乗って大勝負」「負けると一発で取り返そうと大勝負」こんなことを何度も繰り返してしまった為、3歩進んで4歩下がるようなことが続いてしまいました。負ける度に反省するのですが、また同じことを繰り返してしまうのです。
その結果、塩漬け株ばかりとなり力尽きてしまいました。

資金が半減、激減した時・・・忘れもしません。
食欲がなくなり、食べても味がしません。仕事にも影響が出ていたうえに、毎日が損損損という気持ちばかりで楽しいことが全くありません。土日は休場なので本来はゆっくりできるはずなのに、株価が動かないことで逆にストレスが溜まってしまい・・・ 表現できないほど辛い日が続いていました。

時が流れ~
心機一転もう一度頑張ってみようと思い、塩漬け株を全て損切り。再スタートさせました。
大勝負で大失敗して資金半減や激減を数え切れないほど多く経験してきましたが、50万円 ⇒ 100万円 ⇒ 500万円 ⇒ 1000万円 ⇒ ???と、少しずつではありますが確実 に資金は増えることになりました。
投資を始めた頃は1銘柄に数万円のミニ株投資でしたが、今では1銘柄に数百万円の分散投資ができるようになったのです。

過去の記事

Archives

検索フォーム

証券会社の広告

ご注意

この株日記は、私の独断と偏見によって書いているものです。当ブログの運営は購読を目的としたものであり、投資顧問業ではありません。よって、具体的な売買の指示およびご案内は致しかねます。又、内容に関して正確性および安全性を保障するものではありませんのでご理解願います。当サイトをご利用のうえ、被ったいかなる損害についても「素人投資家の挑戦」管理人masaは一切の責任を負いませんので、ご了承下さいませ。

東日本大震災感動ツイート

2011年3月11日 東日本大震災発生 大災害になっている中、涙が出るほど感動するTwitterが多数ありました。 それをまとめたものになります。

-----------------------------------
昨日の夜中、大学から徒歩で帰宅する道すがら、とっくに閉店したパン屋のおばちゃんが無料でパン配給していた。こんな喧噪のなかでも自分にできること見つけて実践している人に感動。 心温まった。東京も捨てたもんじゃないな。
-----------------------------------
スーパーで無事買物出来ましたヽ(´o`; でもお客さんのほとんどが 他の人の事を考えて必要最低限しか買わない感じだったのが感動しました(涙)
-----------------------------------
実際日本すごいよ。昨日信号が一カ所も機能していない御殿場市でもお互いにドライバー同士譲り合ってたし地元のおじいちゃんおばあちゃんが手信号や ってくれてたりで混乱もなく本当感動した。9時間運転してたけど前車を煽るようなドライバーはもちろんいなかったし、みんな譲り合い精神。
-----------------------------------
外国人から見た地震災害の反応。物が散乱しているスーパーで、落ちているものを律儀に拾い、そして列に黙って並んでお金を払って買い物をする。運転再開した電車で混んでるのに妊婦に席を譲るお年寄り。この光景を見て外国人は絶句したようだ。すごいよ日本。
-----------------------------------
ディズニーランドでは、ショップのお菓子なども配給された。ちょっと派手目な女子高生たちが必要以上にたくさんもらってて「何だ?」って一瞬思ったけど、その後その子たちが避難所の子供たちにお菓子を配っていたところ見て感動。子供連れは動けない状況だったから、本当にありがたい心配りだった
-----------------------------------
国連からのコメント「日本は今まで世界中に援助をしてきた援助大国だ。今回は国連が全力で日本を援助する。」に感動した。良い事をしたら戻ってくるのです。これがいい例なのです。
-----------------------------------
ドイツ人の友達が地震が起きた時に渋谷に居てパニックになっていた所を日本人に助けてもらったらしく、その時の毅然とした日本人の態度や足並み乱さずに店の外に出てやるべきことを淡々とこなす姿にひどく感動しまるでアーミーのようだったと言っていた。
-----------------------------------
日本人すごい!!こんな時にも山手線ホームできれいに整列してる …涙。
-----------------------------------
一回の青信号で1台しか前に進めないなんてザラだったけど、誰もが譲り合い穏やかに運転している姿に感動した。複雑な交差点で交通が5分以上完全マヒするシーンもあったけど10時間の間お礼以外のクラクションの音を耳にしなかった。恐怖と同時に心温まる時間で、日本がますます好きになった。
-----------------------------------
バスが全然来ない中、@saiso がバス停の前にある薬局でカイロを買ってきて並んで待ってる人みんなに配った!
-----------------------------------
昨日、裏の家の高1になるお兄ちゃんに感動した。家に1人で居たらしく、地震後すぐ自転車で飛び出し近所をひと回り。【大丈夫ですか―――!?】と道路に逃げてきた人達にひたすら声掛けてた。あの時間には老人や母子しか居なかったから声掛けてくれただけでもホッとしたよ。ありがとう。
-----------------------------------
ホームで待ちくたびれていたら、ホームレスの人達が寒いから敷けって段ボールをくれた。いつも私達は横目で流してるのに。あたたかいです。
-----------------------------------
昨日、信号が完全に機能していなかった鎌倉で人力車のお兄さんたちが手信号やってたのとモータープールで停電のために出られなくなってる車を近所の住民さんたちが車持ち上げるの手伝ったりと、人の温もりにすごく感動した。
-----------------------------------
1階に下りて中部電力から関東に送電が始まってる話をしたら、普段はTVも暖房も明かりもつけっぱなしの父親が何も言わずに率先してコンセントを抜きに行った。少し感動した。
-----------------------------------
サントリーの自販機無料化softbankWi-Fiスポット解放。色んな人達が全力で頑張っててそれに海外が感動・協力してる。海外からの援助受け入れに躊躇したり自衛隊派遣を遅らせたりしてた阪神淡路大震災の頃より日本は確実に強い国になってるんだ。みんな頑張ろう。
-----------------------------------
今朝の朝礼で「何があっても決して不安な顔は見せずに売り場に立つ以上はおもてなしをする気持ちを忘れずにお客様を安心させてあげてください」ちょっと感動した。がんばるか。開店です!
-----------------------------------
警備員の友人何人かが町田~相模大野で夜間警備のボランティアをしていたので手伝ってきた。年齢問わずいろんな知らない人同士が助け合っていて心強かった。 ちょっと感動してトイレの隅で泣いた。
-----------------------------------
僕は感動しました。バイトの先輩が1人でも救うために寒い中紙に「バイクでよければ送ります」と書き駅前で掲げ鳶職のお兄ちゃんを所沢まで送ったそうです。世の中まだ捨てたもんじゃないなって思いました。本当に尊敬です!!自分もなんか人の役に立ちたいと生まれて初めて思いました。
-----------------------------------
浦和美園からタクシー使えると思ったのが甘かった…30分歩いてたら知らない人が車に乗せてくれた(つд;*) 人間の優しさに感動。ありがとうございました。
-----------------------------------
昨日、歩いて帰ろうって決めて甲州街道を西へ向かっていて夜の21時くらいなのに、ビルの前で会社をトイレと休憩所として解放してる所があった。社員さんが大声でその旨を歩く人に伝えていた。感動して泣きそうになった。 いや、昨日は緊張 してて泣けなかったけど今思い出してないてる。
-----------------------------------
長女いわく、横浜の避難所に向かう時に、知らない人達と声を掛け合い場所を教え合っていたそうです。普段は冷たいと思っていた他人の優しさに触れ感動したそうです。日本人のいざという時の団結力を再認識しました。まだまだ日本も捨てたものではないです。
-----------------------------------
何時間も歩き続けてたんだけど、至る所でトイレかしますとか休憩できますとか言うビルや飲食店が沢山あって感動しました。とある企業ビルの人がボランティアで、○○線運転再開ですー!とか休憩できますー!!って呼びかけてるの見て感動して泣きそうになったマジでw日本も捨てたもんじゃないな
-----------------------------------
都営大江戸線の光ヶ丘方面行きは、非常に混雑しています。ホームにも、改札の外にも、電車を待つ溢れんばかりの人。でも、誰一人列を崩さず、通路を開け、係員の誘導に従っている。ロープがあるわけでもないのに、通る人のための通路スペースが。その不自然なほどの快適さに、ただただ感動するばかり。
-----------------------------------
終夜運転のメトロの駅員に、大変ですねって声かけたら笑顔で、こんな時ですから!だって。 捨てたもんじゃないね、感動した
-----------------------------------
昨日4時間かけて歩いて帰ってきた主人。赤羽で心が折れそうになってた時「 お寒い中大変ですね!あったかいコーヒーどうぞ!」って叫びながら無料配布してるおっちゃんに出会った。これがあったから頑張れたそうだ。もう5回もこの話をしてくるので本当に嬉しかったんだと思う。おっちゃんありがとう。
-----------------------------------
駅員さんに「昨日一生懸命電車を走らせてくれてありがとう」って言ってる小さい子達を見た。駅員さん泣いてた。俺は号泣してた
-----------------------------------
家屋に取り残され、42時間ぶりに救出された高齢の男性の映像。「チリ津波も経験してきたから、だいじょぶです。また、再建しましょう」と笑顔で答えていた。恵まれた環境にあぐらをかいてきたことに直面しなきゃって思った。私たちが、これから何をするかが大事。
-----------------------------------
"Operation Tomodachi" 米軍による救援活動作戦名
-----------------------------------
M9.0 世界最大級となったのか。じゃ、今後復興のためのエネルギーも愛も、世界最大級にしなくちゃ
-----------------------------------
千葉の友達から。避難所でおじいさんが「これからどうなるんだろう」と漏らした時、横に居た高校生ぐらいの男の子が「大丈夫、大人になったら僕らが絶対元に戻します」って背中さすって言ってたらしい。大丈夫、未来あるよ。
-----------------------------------
NHKの男性アナウンサーが被災状況や現況を淡々と読み上げる中、「ストレスで母乳が出なくなった母親が夜通しスパーの開店待ちの列に並んでミルクが手に入った」と紹介後、絶句、沈黙が流れ、放送事故のようになった。すぐに立ち直ったけど泣いているのがわかった。目頭が熱くなった。
-----------------------------------
一回の青信号で1台しか前に進めない中、譲り合い穏やかに運転している姿に感動した。交通が5分以上完全マヒするシーンもあったが、10時間の間お礼以外のクラクションの音を耳にしなかった。日本がますます好きになった
-----------------------------------
2歳の息子が独りでシューズを履いて外に出ようとしていた。「地震を逮捕しに行く!」とのこと。小さな体に宿る勇気と正義感に力をもらう。みなさん、気持ちを強く持って頑張りましょう。
-----------------------------------
今日、募金箱に金髪にピアスの若い兄ちゃんが万札数枚入れていた。そしてその友人に「ゲームなんていつでも買えるからな」と言っていたのが聞こえて私含め周りの人達も募金していた。人は見た目じゃないことを実感した。そんなお昼でした。この話感動しました。
-----------------------------------
うわーん!!感動し過ぎて超泣いた!さっきの知らない国際電話、誰か日本の人に繋がればいいなと思って日本の局番で自分と同じ番号おしてかけて来た、心配と応援の電話だったの!英語よくわからなかったけど、言ってることは理解出来た!向こうで沢山の人がpray for japanって!
-----------------------------------
昨日青葉台駅で帰宅困難者が溢れる中、車に乗ってる人が「○○方面の方どうぞ!」って行って車に乗せてた。「困った時はみんな一緒ですから!」って言ってた。超感動したの思い出した。
-----------------------------------
アメリカの空母。船上には「はじめまして」の大きな文字。アメリカらしいユーモアに思わず笑った。そして感動して涙。よく見てみたら、コレって人文字なんじゃ…。ありがとう!何か元気出たよ!
-----------------------------------
避難所にいたときに、社会人1年生で、研修でこっちにきてた女の子が、たまたま携帯のバッテリーも持参してたらしく、体育館のコンセントを使用する許可ももらい、「携帯の充電をされたい方は、ご自由につかってください」と呼びかけて回ってたんだ。僕はその子にとても感動したんだよ・・・
-----------------------------------
本当に感動。泣けてくる。⇒BBCめっちゃ誉めてる。地球最悪の地震が世界で一番準備され訓練された国を襲った。その力や政府が試される。犠牲は出たが他の国ではこんなに正しい行動はとれないだろう。日本人は文化的に感情を抑制する力がある
-----------------------------------
原発に勤めてる後輩から、今日か明日第一原子炉内の防御棒の除せんに向かうとメールが来た。みんなの為に頑張ってくるからって。俺より年下の奴が命かけて人を守ろうとしてるのに、俺には節電くらいしかできない。心配で情けなくて涙がとまらねー
-----------------------------------
おにぎりとパン、売り切れてたんだ。でもね、店員さんが「まんじゅうありますよまんじゅう!」とか言いながら配ってたの。タダだよ。私たちは黙って入口のポストに100円入れてたw誰が命じたわけじゃないよ。どちらも自発的に。それが出来るんだよ、この国は。
-----------------------------------
バイト先に若いお兄さんたちが軍団でお酒を買いに来たんだけど、その中の一人が「やべえ、オレお酒のためにしかお金持ってきてないから募金できん。ちょっとこれ買うのやめるわ」って言って商品返品してそのお金全部募金してた。お友達も続々と募金しててすごい感動した。 すごいよ
-----------------------------------
日本の意地、見せてやろうぜ。原爆受けても敗戦しても、俺らの先輩はここまで日本を発展させてくれたんだ。俺らが繋がないでどうする。有名人がやることじゃねえ。政治家がやることじゃねえ。俺らがみんなでやるんだ。俺らが協力すれば、絶対に大丈夫だ。日本なめんなよ。
-----------------------------------
CNNの専門家の言葉「日本の国民はミラクルだ。被害は確定しないが、他国だったら数倍の被害になっていただろう。ハイチの500倍以上の威力の地震で津波到達まで5分しか時間ない中で、信じられない対応だ。この国民には常に準備がある。この国は常に事態に準備ができるのだ」
-----------------------------------
仏語メディアでも日本国民の対応の迅速さには驚異的だとのコメントが相次いでました。関東大震災、神戸震災の教訓をきっちり生かしていると賞賛されています。日本人の民度の高さが証明されましたね
-----------------------------------
日本に住む外国人の友人から→「スーパーに買い出しに言ったら床にばら撒かれた商品を黙々と拾う人々が。みな横入りをせずに黙って列を作り、順番に並んでお金を払って買い物をしてる。略奪は起きていない。超満員電車では高齢の方が妊婦さんに席を譲っているのをみた。日本はすごい」と。胸が熱くなる
-----------------------------------
この地震が、きっかけになって、失いかけていた日本人本来の良さが戒間見れた気がする。犯罪はする様子はなく、助け合い、律儀、紳士的。普段日本人は冷たい人が多い…。って個人的に感じてるんだけど、多くの人が今回で「絆」を取り戻しつつあるように見えて、それがなんか感動して、泣けてくる。
-----------------------------------
日本は強いです!大阪難波の献血施設は被災地の方の為に超満員の順番待ちでした。私欲の無い列を初めて見ました。感動しました。被災地の方々、全国でその辛さを受け止めます。諦めずに頑張って下さい
-----------------------------------
ヨメが「こんな日本が大変な時に節電しないで暖房でヌクヌクしてられっかよ!」と言って暖房つけないので、この人について行こうと思いました。
-----------------------------------
バイト中に地震があってほぼ満席の状態からお客さんに外に避難してもらいました。食い逃げ半端ないだろうな、と思っていたがほとんどのお客さんが戻ってきて会計してくれました。ほんの少しの戻られなかったお客さんは今日わざわざ店に足を運んでくださいました。日本ていい国。
-----------------------------------
バイトくんの中に、東北が実家の子がいたらしく。弟「今日はバイト休んでいいよって伝えてくれる?」従業員「わかりました(電話で)あ、今日、店休みだってさ」......彼の伝え方に感動した。気遣いって、こういうことだ。
-----------------------------------
40年前の技術者が、想定すらされなかったM9.0の地震に耐えるほどの炉を作り、10mの津波に耐え、現代の技術者と作業員が、決定的な危機を命をかけた努力ではねのけ続けて、放射能が撒き散らされる事態を回避したというのに、一般人やマスコミが放射能の代わりに絶望を撒き散らしてどうする。
-----------------------------------
昨日、日本の”回復力”や”忍耐力”そして”社会の絆の強さ”を激賞していたNYタイムズが今日も「最悪の災害だが、それは最高の条件を持つ国で起こった。富と技術と高い士気を兼ね備えた国は日本だけ!」とコラムで紹介しています。
-----------------------------------
朝日新聞より。中国メディアで日本民衆の冷静さに感慨といった記事相次ぐ。普段は日本に厳しい論調だが、「地震後の東京では、男性が女性を助け、ゴミ一つ落ちてない」と紹介。中国中央テレビは被災地に中国語案内があることを紹介。「外国人にも配慮をする日本に、とても感動した」と締めくくる。
-----------------------------------
ニュージーランドのマカリー外相「援助が必要だった時に日本は私たちを支えてくれた。我々の心は日本国民とともにある」。キャメロン英首相「政府に(日本への)支援を指示」。サルコジ仏大統領「日本国民への連帯を表明する」。
-----------------------------------
来る時に電車で聞いたおばあちゃんの会話。「警察が電気足りないから電気(灯り)消せって」「私たちは御国のために電気消して過ごすのは慣れてるのよ。今回は頭の上に爆弾降って来るわけじゃないんだもの、喜んで消すわよね」周囲の人々一瞬しん・・・となる。涙が出そうになった。
-----------------------------------
TVで自衛隊の方が遺体見つけて泣いて手を合わせてた。過酷な仕事だと思った。救えなかった悲しみも背負わなくちゃいけない。どうか現地の方々、自衛隊警察官救助隊みなさんに優しく接して支えてあげて欲しい。きっと私たちが想像を絶するようなことを目にし頑張ってくれているんだから。
-----------------------------------
父が明日、福島原発の応援に派遣されます。半年後定年を迎える父が自ら志願したと聞き、涙が出そうになりました。「今の対応次第で原発の未来が変わる。使命感を持っていく。」家では頼りなく感じる父ですが、私は今日程誇りに思ったことはありません。無事の帰宅を祈ります。
-----------------------------------
大事な人が,自衛隊として現地にいます。24時間で3時間の休憩。メールで「大丈夫?」と聞いた私に「そのために訓練してるからな。俺には"無力じゃない"って信じさせてくれる人がいるから,気持ちも大丈夫。」そう言ってました。どうか彼らに,もっと強い感謝の意を。
-----------------------------------
母親より。今朝の横浜市営地下鉄…。乗り込んだ車内でアナウンス。「混み合っている中、誠に申し訳御座いませんが○号車は女性専用車両となります。」女性達も動揺したが、あれだけ混雑している中、文句一つ言わずに男性達は外に出て次の電車を待ったらしい。 侍魂。これが日本の男性です。
-----------------------------------
誰かの「あなたがいま怒号を向けたその駅員さんの出身は東北かもしれない」というTweetを見て瞬間的に泣いてしまった。俺の親友、宮城出身のJR東日本職員が。この状況でむしろ人一倍燃え、超頑張ってる姿がすぐに浮かんできたから。みんな怒鳴ったりしないであげて。
-----------------------------------
「日本ではこの災害でも暴動や略奪が起きていないから、治安維持のために警察や自衛隊の人員を割かずに済み、結果として人命救助がより効率的にできるようになっている」という話にすごく納得した。
-----------------------------------
昨日うちの嫁が天才的なアイデアを出した!「週末のサッカー中止になっちゃったんだよね。BIG買ってたんだけどなぁ~。キャリーオーバーまわしちゃえばいいのにね。60億円ぐらいでしょ?一度チャラにしちゃっても一般人も文句言わないよ」と発言。嫁は天才だと思った
-----------------------------------
英の原発専門家、「日本の技術者はよくやっている。これまでの爆発は実は大きな問題ではない。これだけの問題に収容している東電の技術と対応力は素晴らしい。東電の発電所は世界でも類を見ないほど堅牢な施設だ」と日本では到底聞けない東電擁護論を展開。
-----------------------------------
米国にいる原子専門の友人から言わせると 「部分停電で、需要と供給みながら全体停電を防ぐ」 とか日本にしかできない神業らしい。 数年前のニューヨーク⇔ワシントンの3日停電は最悪だったとのこと。 そんな東電さんの究極奥義が炸裂中の中、文句言う奴なんなの。電子ちゃんに謝れ。
-----------------------------------
子供がお菓子を持ってレジに並んでいたけれど、順番が近くなり、レジを見て考え込み、レジ横にあった募金箱にお金を入れて、お菓子を棚に戻して出て行きました。店員さんがその子供の背中に向けてかけた、ありがとうございます、という声が震えてました
-----------------------------------
買占めの皆様へ。トイレットペーパー12ロールで1千人がトイレに。バナナ1房で10人の子供にオヤツ。ガソリン10Lで怪我人4人を隣町に搬送。パン1斤で1家族が食事。ガスコンロ1本で10人が暖かいご飯。お米5kgでオムスビ120個。電池1個で100人がラジオ聞けます。
-----------------------------------
薄着で避難してきて震えているおばあさんに、通りかかった中学生がコートをかしてくれたそう。自分も寒いのに。感動です。がんばれ若者!!
-----------------------------------
英の新聞紙の見出しで「がんばれ、日本。がんばれ、東北」という言葉が出ましたよね。日の丸を使ったシンプルだけどすごく気持ちが伝わって来る見出しだった。他にも世界各国からの「日本頑張れ」のメッセージに日の丸が。見てたら泣けてしょうがない。自分にも出来る事をやろうと思う。
-----------------------------------
自宅は流されて自分は避難所にいるのに店が大丈夫だったから、って無料でラーメンをふるまっているラーメン屋さん…日本ってこんなに皆暖かい…日本に生まれたことを誇りに思う。
-----------------------------------
避難所で、4人家族なのに「分け合って食べます」と3つしかおにぎりをもらわない人を見た。凍えるほど寒いのに、毛布を譲り合う人を見た。きちんと一列に並んで、順番を守って物資を受け取る姿に、日本人の誇りを見た。
-----------------------------------
総理番A)東日本大震災の対応で官邸にとどまり、深夜早朝の記者会見もこなしながら不眠不休で働いてきた枝野官房長官。先程、「一旦、家に帰ります」と記者団に言い残して官邸を後にしました。発生から5日目、初めての帰宅です。官邸内には菅首相が引き続き残っています。
-----------------------------------
モンゴル在住の日本人です。モンゴル国税関全職員が今回の震災義援金のために、給料2日分を募金することをみんなで決定したんだそうです。これまで20年間の日本政府からの援助協力に対する恩返しであり、友情のあかしを示すのは今だ!ってモンゴル国は燃えてます
-----------------------------------
神戸の震災から復興した後、全国の人が観光に来てくれた。JR神戸線の中で、関西弁以外を聞くと嬉しくなった。今度は私たちが東北へ行こう。たくさんお金を落としに、東北へ行こう。復興したら「東北へ旅行するのが流行!」くらいのノリで。早くその日が来るといいなあ。
-----------------------------------
急に、給食中止・弁当持参になっても「もし弁当を忘れた子がいたら食べさせてください。」と余分におにぎりをにぎってくれる保護者がいた。その優しさ・あたたかさに感動(>_<)
-----------------------------------
ある自衛隊員が言った。「被災地で炊き出しをした際、たとえ余っても自衛隊員は絶対食べないで缶詰の冷たいご飯を食べます。被災地の人用にお風呂を用意しても自衛隊員は入りません。そして出来るすべての事をやったらひっそりと帰る。それが自衛隊です。」自衛隊は日本の誇りです。
-----------------------------------
うちの三歳の娘が、いきなり十円玉だらけのお小遣いを持ってきて、泣いてる人に一つずつあげるんだって。これで、地震治るねって。。みんな良く考えよう。自分にやれる事がやれているか。
-----------------------------------
募金箱の前にて幼稚園位の男の子と母親の会話。母「貯めてたのに本当にいいの?」子「3DS我慢する。これで地震の人の家建てる。」と言いお年玉袋から5000円を寄付。母「偉いね。地震の人、これで寒くなくなるね。」男の子思わず号泣。後ろにいた私、大号泣。
-----------------------------------
亡くなった母が言っていた言葉を思い出す「人は奪い合えば足りないが分け合うと余る」被災者で実践されていたこの国の東北関東地震被災者の方々を日本を誇りに思います、頑張ってください。
-----------------------------------
「太陽で明るいから」暗いのがとにかく苦手な弟がそう言って早く風呂に入る。トイレに入る。アイロンとドライヤーを当たり前に使っていた妹が「クシとタオルで我慢する」って言って使わない。こんなすぐ近くで意識して節電してる弟と妹。兄として少し誇り高いよ。
-----------------------------------
買い物に行った際、レジで後ろに並んでた奥様方に「買いだめとかして、思いやりないんやろか」みたいなことを言われた。そしたら顔馴染みのレジのお兄さんが「いつもありがとう御座います。ご家族が多いと毎日の買い物も大変ですね」って声をかけてくれた。ウチは8人家族。泣きそうになった。
-----------------------------------
国土交通省から国家要請が来た!被災地向けに根岸製油所から特別編成石油類タンク列車が発送される事が決定した!今まで自分の仕事にこんなに誇りを感じた事はないっ!待っててみんな!!
-----------------------------------
ぜんぜん眠っていないであろう旦那に、「大丈夫?無理しないで。」とメールしたら、「自衛隊なめんなよ。今無理しないでいつ無理するんだ?言葉に気をつけろ。」と返事が。彼らはタフだ。肉体も、精神も。
-----------------------------------
涙出てきた。-- <ニュース速報> 津波で大きく損傷している仙台空港に、建設資材を満載した米軍の大型輸送機が強行着陸 その結果、復旧作業が本格化し、仙台空港は明日から使用可能に 「もう大丈夫だ。自衛隊は明日から降りてこい」、と。
-----------------------------------
親父に、自衛隊の頑張りもうちょっとテレビで流せばいいのにね、って言ったら、笑われた。 「人の命を救いに行ってるのが当たり前の人達にくっついて回られたらそれこそ迷惑。別に自衛隊は頑張りを見せたい訳じゃないし、救出劇を見て安心したいのはお前だろう」と言われた。元自衛隊の言葉重ぇorz
-----------------------------------
台湾から報告!台湾のテレビ局全部で21社が集まって、日本の為に支援番組をやってくれました。今の時間でも、まだやってます。台湾の芸能人300人が参加して、歌ったり喋ったりしている間、電話募金が今まででなんと約3億5千万円ぐらい集まってます。