素人投資家の株日記 2009年05月11日素人投資家の株日記
素人投資家の株日記
株式投資で生活できるようになりました
04 | 2009/05 | 06
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

世界同時株高
ブログ(株日記)の文章はネットに公開してからも2~3度読み直し、訂正を繰り返しております。その後、完成してからホームページ上「素人投資家の挑戦」内にて更新のお知らせをさせて頂きます。よって、訂正を繰り返している間に読まれますと、完成したものと大きく違う場合がありますので、更新を確認されてからお読み下さいませ。
又、「勉強できる買い付け」などの更新情報も、ホームページ上で行っておりますので定期的にご確認下さいませ。


お知らせ

こちらの株日記が、月刊誌に掲載されました。
廣済堂出版
ネットマネー 08年7月号 ~ 今月の最強 株ブロガー

○掲載内容をご紹介 ⇒ こちら

青春出版社
BIG tomorrowビッグ・トゥモロウ 09年 5月号 (3月25日発売)
○掲載内容に少し誤りがありました ⇒ こちら
○掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

とても貴重な経験をさせていただき、感謝しております。
この場を借りて、お礼申し上げます。
----------------------------------------------------------------------------------------------

5月11日 月曜日

本日の日経平均は、前週末比19円高の9451円となりました。
米国株は164ドル高の8574ドル。

「米国株について」
予想ほど落ち込まなかった雇用統計やストレステストの結果が買い材料となり、取引開始直後は8550ドル(141ドル高)まで急騰しました。その後、一旦は8450ドルまで上げ幅を縮小しますがV字回復。15時頃には高値となる8578ドル(178ドル高)をつけました。最後は売りに押されるものの、前日比で2%ほど上昇する強い1日になっています。

○ 雇用悪化のスピードにブレーキがかかる
4月の雇用統計は、非農業部門雇用者数が53万9000人減少。
およそ60万人の減少が予想されていた為、予想ほど落ち込まなかった数値は大きな買い材料になりました。7日にADPが先行指標となる雇用者数を発表していましたので、ある程度の改善は予想されていたようですが、あらためて好感する動きになったようです。減少ペースも緩やかになり、およそ半年ぶりの減少幅になりました。

失業率は8.9%となり、1983年9月以来の水準まで上昇
ただ、これは市場予想と一致していますので、悪い数字でも売り材料にはなっていません。

○ ストレステストの結果に安心感が広がる
対象になっていた19の結果。
(増資が必要とされたのは10社で、合計746億ドルが資本不足)
バンク・オブ・アメリカ、シティグループ、ウェルズ・ファーゴ、GMAC、モルガン・スタンレー、フィフス・サード・バンコープ、キーコープ、サントラスト、リージョンズ・ファイナンシャル、PNCファイナンシャル・サービシズ・グループ

(増資の必要はないとされた9社)
JPモルガン、ゴールドマン・サックス、バンク・オブ・ニューヨーク・メロン、アメリカン・エキスプレス、メットライフ、USバンコープ、キャピタル・ワン・ファイナンシャル、BB&T、ステート・ストリート

増資が必要とされる数は少し増えたものの、事前に知らされていた内容と大きく違わなかったことから不安心理払拭となり安心感が広がりました。主力どころでは、バンカメが4.9%高、シティが5.5%高、JPモルガンが10.5%高。強烈な上昇になったのは大手地銀のフィフス・サード・バンコープで59%高。セクター別でもダウの2%高に対して金融は8.3%高で突出しています。

事前に知らされてた内容と違わない場合、それまでに株価が上昇していれば 「 発表売り (一旦は利益確定) 」 で下げることも多いのですが、前日の100ドル安が既に 「 発表売り 」 となっていたのかもしれません。
発表前に発表売り ⇒ 発表後に買い戻し このようなパターになったようです。

○ 世界同時株高
MSCI指数(先進23カ国の銘柄で構成)
週間ベースで6.4%上昇。
直近安値の3月9日からは38%上昇。

ストレステストの結果を受けて金融不安後退。そこへ、住宅、消費、雇用に改善の兆しが見えている状況なので、多くの市場関係者が予想しているとおり株価は底打ちしたのかもしれません。
ただ、過去の暴落相場から読めるように、底打ちを感じさせるほど大きく上昇しても後で大きな下落になる場合も多々あることから楽観はできないと考えています。なんといっても100年に1度の金融危機と大暴落だったのです。そんな簡単に回復するとは思えません。

(チャートで考えた場合)
大きな続落になれば調整が進んだところ、大きな上昇になってしまいました。前日の100ドル安で少し調整されていますが、これでは不足気味。再び8500ドルを超える展開になっていますが、疑りの目で見ておくことが必要かもしれません。
ただ、出てくる指標は改善を示す数値が相次ぎ、ストレステストの結果が分かったことで金融への不安も後退。まさに死角無しといったところなので、加熱感があっても一方的な売り圧力になる可能性は今のところ低いような気がします。よって、このまま波乱(予期せぬ悪材料)が連発しなければ、日柄調整(株価は同じ水準でも、日が経つことで加熱感は和らぐ)になることもあると思っています。

8500ドルの完全な上抜けを考えながらも、あえて下げることを予想。
目先の下値は8300ドル付近、その次が8200ドル付近を考えています。


「日本株について」
米国株の急騰をうけ、取引開始直後は9500円(70円高)まで上昇しました。ところが、ダブルトップを形成後は右肩下がりの展開になり、10時頃にはマイナス圏へ。前場は60円安の9371円まで下げ幅を拡大して終了しました。後場に入ってからもしばらくの間は安値圏で推移しますが、13時頃に底を打つと右肩上がりとなり逆三尊型を形成。しかし、9450円付近の壁は厚く跳ね上がるような動きにはなりませんでした。とはいえ、5日続伸で強い状態が続いています。

○ 世界同時株高にしっかりと連動
MSCI指数は直近安値の3月9日から38%も上昇。日本株もその流れにしっかりと連動し、30%を超える上昇率になっています。 「 世界同時株安では一番よく売られ、世界同時株高では一番戻りが悪い 」 そんな汚名を返上する動きになっており、楽しい相場が続いています。
しかし、米国株の項でも書いていますように、底打ちはウソ?だったかのように下げる展開も想定しておくことが大切だと思っています。

○ 資金を回転させながら楽しむ
3月に底打ちしたといっても騰がり続ける相場はありませんし、上記していますように大きな下落も想定しておかなければいけません。しかし、底を打った可能性があるなら、底割れの危険性が極めて低くなっていますので 「 安くなれば買って、高くなれば売る 」 という基本を守れば楽しめる相場になるのではないでしょうか。
まさに私が続けている投資法 「 楽勝 」 (楽して勝つのではなく楽しんで勝つ)投資法が良いと思っています。

○ 「 底打ちしたといっても騰がり続ける相場はない 」 ここがポイント
長期投資を否定するつもりは全くありませんが、資金を程良く回転させる方が安全で利益が大きくなると思います。バフェットさんのように、凄まじい能力を持っていらっしゃる方なら 「 長期に渡って成長する銘柄を安くなったところでドンと買い付ける 」 そのような投資法で資産は大きく膨れるかもしれませんが、普通の投資家にとっては神業ではないでしょうか。

戦後、東証で取引が再開されたのは1949年。それから60年経っているのですが、単純に平均すると8922円だそうです。今の水準が9385ということは ・・・ (単純過ぎる見方になりますが)あまり変わりません。そこまでさかのぼらなくても、日経平均が7000円をつけた時に再び7000円まで下落することを予想した投資家はいなかったと思います。相場は常に 「 行って来い (騰がれば下がり、下がれば騰がる 」 なのです。

長期保有で資産倍増にすることは立派な投資法だと思いますが、5年で結果を出すとして10回行えば私は90歳くらいになっています。もう死んでいるかもしれません。私は、数万円を分散投資していたところから、およそ10年(塩漬けに苦しみ撤退していた時がありましたので、正確な年数は分かりません。)かけて数百万円を分散投資できるようになりました。博打的に捉えられたり、簡単に増えると錯覚されては困るのですが、「 高くなれば売って、安くなれば買う 」 という資金を回転させる方法で資産は数百倍に増えています。
(繰り返しになりますが、長期保有は立派な投資法であり否定するつもりは全くありません。)

お忙しいところ申し訳ありませんが、お役に立てる内容であった場合には以下 3つのランキング 全てにクリックをお願い致します。1クリックで1カウントされますので、応援して下さい。(自分の投資に影響が出ない範囲で書いてはいるものの、日記に多くの時間を要していますので、どうか宜しくお願い致します。)
クリックが多くいただけた場合は(1週間のクリック数で判断します)お礼の意味を込めて、私の取引を1週間に1銘柄紹介しているブログ 「素人投資家の株日記(勉強できる私の買付)」 こちらで取引した銘柄を、3つのランキングのどれかで ご紹介します。(紹介期間は1日~2日) ( まず、ランキングで私のブログを見つけて下さい。そのすぐ下に銘柄を書いています。)

はーと オール株式情報ランキング はーと 株ブログ ランキング
はーと FC2 ブログランキング
直近1週間のクリック数によって表情が変化します 少し下落 (涙) このままでは銘柄紹介ができません。

只今、5月8日ご紹介の銘柄が対象になっています。




私が作成したホームページ

私が作成したホームページ
「素人投資家の挑戦」

私の取引

こちらは、私の取引から勉強していただけると判断したものを、1ヶ月数銘柄(1週間に1銘柄程度)限定で紹介しているブログです。
「勉強できる私の買い付け」

プロフィール

【プロフィール】
〇名前 masa
〇年齢 40代
全くの素人から僅かな資金で株式投資を始めましたが、株式投資だけで生活できるようになりました。運用資金に対して少額分散投資と買値から1割減の損切りを徹底。「安くなれば買い、高くなれば売り、安くなるまで待つ」この単純な投資を繰り返しています。

Archives

相互リンク 五十音順

検索フォーム

ご注意

この株日記は、私の独断と偏見によって書いているものです。当ブログの運営は購読を目的としたものであり、投資顧問業ではありません。よって、具体的な売買の指示およびご案内は致しかねます。又、内容に関して正確性および安全性を保障するものではありませんのでご理解願います。当サイトをご利用のうえ、被ったいかなる損害についても「素人投資家の挑戦」管理人masaは一切の責任を負いませんので、ご了承下さいませ。