素人投資家の株日記 2009年08月13日素人投資家の株日記
素人投資家の株日記
株式投資で生活できるようになりました
07 | 2009/08 | 09
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

日本・夏期休暇入り、FOMC波乱なく通過で1万500円回復。米・FOMCの結果は材料視されず?
ブログ(株日記)の文章はネットに公開してからも2~3度読み直し、訂正を繰り返しております。その後、完成してからホームページ上「素人投資家の挑戦」内にて更新のお知らせをさせて頂きます。よって、訂正を繰り返している間に読まれますと、完成したものと大きく違う場合がありますので、更新を確認されてからお読み下さいませ。
又、「勉強できる買い付け」などの更新情報も、ホームページ上で行っておりますので定期的にご確認下さいませ。


お知らせ

こちらの株日記が、月刊誌に掲載されました。
廣済堂出版
ネットマネー 08年7月号 ~ 今月の最強 株ブロガー

○ 掲載内容をご紹介 ⇒ こちら

青春出版社
BIG tomorrowビッグ・トゥモロウ 09年 5月号 (3月25日発売)
○ 掲載内容に少し誤りがありました ⇒ こちら
○ 掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

とても貴重な経験をさせていただき、感謝しております。
この場を借りて、お礼申し上げます。
----------------------------------------------------------------------------------------------

8月13日 木曜日

本日の日経平均は、前日比82円高の10517円となりました。
米国株は120ドル高の9361ドル。

「米国株について」
FOMCの結果を前にするも取引開始直後から右肩上がりとなり、10時頃には9350ドル(100ドル高)まで上昇。その後も売られることなく高値揉み合いで推移しますが、14時15分にFOMCの声明が発表されると9400ドル(150ドル高)まで上げ幅を拡大しました。しかし、引けにかけて売り込まれてしまい結果は 「 行って来い 」 になっています。

○ FOMCは、ほぼ市場予想と一致
(声明)
1、雇用の悪化は続いている。
2、企業は設備投資や人員を削減しつつも、在庫の調整が進んでいる。
3、金融市場は改善。
4、景気認識を 「 経済活動は横ばいになっている 」 と上方修正。
5、国債買い入れを10月末で終了。
6、金利は0-0.25%に据え置くと共に、長期間これを維持。

1、2、3については、経済指標および業績が示している通りで市場予想の範囲内です。

4、景気認識を 「 経済活動は横ばいになっている 」 と上方修正
こちらについては、今までの 「 悪化が続いている 」 から上方修正されたものの、改善を示す経済指標が相次いでいましたので既に周知されていたこと。よって、安心感は与えたものの買い材料にはなっていないと感じました。

5、長期国債の買い入れを10月末まで延長
こちらに関しては、9月末で終了予定とされていましたので市場予想とほぼ一致。買い取り枠の増額がされなかったことに加え、たった1ヵ月間の延長なら大きなインパクトは無し。

6、金利は据え置き
さまざまな経済指標が改善を示しているとはいえ、景気回復が本格化するのはまだ先のこと。この状況で利上げに踏み切れば回復の芽を摘み取ることになりかねない為、「 利上げは絶対にない 」 が市場予想でした。よってこちらも材料視されず。

FOMC発表後、9350ドルから9400ドルまで上昇しますが、結果は 「 行って来い 」。FOMC前の時点で既に9350ドル(100ドル高)になっていたこともあり、発表後の株価に大きな変化はありませんでした。
あくまでも結果論ですが、「 FOMCは材料に乏しい内容 」 このような予想が多くなっていたのかもしれません。
・利上げはない
・経済指標の改善が相次いでいる為、市場を不安に陥れるような内容にはならない。
・悪い部分は既に周知されている雇用の悪化。
こんな予想が大勢だった為、昨日の100ドル近い下落で 「 警戒した売り 」 は終了して本日は買い戻される動きになったのかもしれません。市場を不安に陥れるような可能性があるなら発表前に100ドル以上も上昇することはないと思いますので、声明への安心感が堅調な相場を作り出したような気がしました。また、ここ最近の強さから昨日の下げを 「 待ちに待った押し目 」 と考える投資家が多くいたことも、強さにつながったように思えました。

実は、私もFOMCの何が注視されているのか分からなかったので、昨日の株日記でもFOMCについてはたった2行で済ませていました。「 ひょっとしたら、あまり材料視されないかも・・・ 」 などと考えていたのですが、大きく外れると困るので書かなかったというのが正直なところ。
ただ、何が注視されているのか分からないだけに、内容によっては大きな買い材料もしくは売り材料になる可能性があると思っていましたので、発表後の株価は全く予想できませんでした。

(チャートで考えた場合)
FOMCの発表後に上昇するも 「 行って来い 」 になっていますが、売り材料にはなっていませんので120ドル高そのままを見ればよいと思っています。「 FOMCの結果は安心感を与えるも、材料視されず 」このように考えています。

昨日、短期線を割り込んだことについて書いていましたが、本日の上昇で不安は払拭されたと思いました。予想していました通り9300ドルは抵抗にならず一気に上抜け、9400ドルが上値抵抗になっています(高値9424ドル、終値9361ドル)。本日のところは9400ドルに押さえられましたが、押し目買いの強さを踏まえると再び9500ドルを目指す動きになるような気がしています。
目先の下値は9200ドル付近で、上値は9500ドルになると予想。


「 日本株について 」
FOMCが波乱なく通過したことで日本株にも買い安心感が広がり、一気に節目となる1万500円(70円高)を突破しました。ただ、その後は積極的な売買は控えられ揉み合いのまま前引け。前場は、わずか40円程度の値幅しかありませんでした。
後場も前場と全く同じ動き。一気に1万550円まで上げ幅を拡大しますが、寄りの上昇を除けば20円ほどの値動きしかありませんでした。
前場は1万500円の一本線、後場は1万550円の一本線。このような動きになっています。

○ FOMC通過で一安心
波乱なく通過したことで ひとまず買い戻す動きになりましたが、夏期休暇入りした機関投資家が多いので長期資金の買いはあまり入っていないようです。(順番に休暇を取られる為、全員の力を合わせた長期投資に向かえない)

お忙しいところ申し訳ありませんが、お役に立てる内容であった場合には以下 3つのランキング 全てにクリックをお願い致します。自分の投資に影響が出ない範囲で書いてはいるものの、日記に多くの時間を要していますので、どうか応援を(1クリックで1カウントされます)宜しくお願い致します。
クリックが多くいただけた場合
○ お礼の意味を込めて、私の取引を1週間に1銘柄紹介しているブログ「素人投資家の株日記(勉強できる私の買付)」 こちらで取引した銘柄を、3つのランキングのどれかで ご紹介します。( まず、ランキングで私のブログを見つけて下さい。そのすぐ下に銘柄を書いています。)
○ 土曜日から金曜日まで6日間のクリック数で判断します。
クリック数の増減は、ランキング下のクリックメーターを参照下さいませ。クリックメータ-とは、クリックの増減に合わせてハートマークも増減。金曜日に10個点灯していれば条件クリアとなり、土曜日に銘柄紹介です。
はーと オール株式情報ランキング はーと 株ブログ ランキング
はーと FC2 ブログランキング

クリックメータ-
前日に比べて 1個 プラス。銘柄紹介まであと 3 個 です。




カテゴリ 19年12月 から

私が作成したホームページ

私が作成したホームページ
「素人投資家の挑戦」

私の取引

こちらは、私の取引から勉強していただけると判断したものを、1ヶ月数銘柄(1週間に1銘柄程度)限定で紹介しているブログです。
「勉強できる私の買い付け」

プロフィール

【プロフィール】
〇名前 masa
〇年齢 40代
全くの素人から僅かな資金で株式投資を始めましたが、株式投資だけで生活できるようになりました。運用資金に対して少額分散投資と買値から1割減の損切りを徹底。「安くなれば買い、高くなれば売り、安くなるまで待つ」この単純な投資を繰り返しています。

Archives

相互リンク 五十音順

検索フォーム

ご注意

この株日記は、私の独断と偏見によって書いているものです。当ブログの運営は購読を目的としたものであり、投資顧問業ではありません。よって、具体的な売買の指示およびご案内は致しかねます。又、内容に関して正確性および安全性を保障するものではありませんのでご理解願います。当サイトをご利用のうえ、被ったいかなる損害についても「素人投資家の挑戦」管理人masaは一切の責任を負いませんので、ご了承下さいませ。