素人投資家の株日記 2009年08月24日素人投資家の株日記
素人投資家の株日記
株式投資で生活できるようになりました
07 | 2009/08 | 09
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

日本・値上がり銘柄数1526、値下がり109の全面高、米・中古住宅販売が大幅増、FRB講演
ブログ(株日記)の文章はネットに公開してからも2~3度読み直し、訂正を繰り返しております。その後、完成してからホームページ上「素人投資家の挑戦」内にて更新のお知らせをさせて頂きます。よって、訂正を繰り返している間に読まれますと、完成したものと大きく違う場合がありますので、更新を確認されてからお読み下さいませ。
又、「勉強できる買い付け」などの更新情報も、ホームページ上で行っておりますので定期的にご確認下さいませ。


お知らせ

こちらの株日記が、月刊誌に掲載されました。
廣済堂出版
ネットマネー 08年7月号 ~ 今月の最強 株ブロガー

○ 掲載内容をご紹介 ⇒ こちら

青春出版社
BIG tomorrowビッグ・トゥモロウ 09年 5月号 (3月25日発売)
○ 掲載内容に少し誤りがありました ⇒ こちら
○ 掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

とても貴重な経験をさせていただき、感謝しております。
この場を借りて、お礼申し上げます。
----------------------------------------------------------------------------------------------

8月24日 月曜日

本日の日経平均は、前日比335円高の10573円となりました。
米国株は155ドル高の9505ドル。

「米国株について」
ユーロ圏の上昇を背景に小幅高でのスタートとなりますが、10時に発表された中古住宅販売件数が記録的な増加になると一気に急上昇。30分も経たない間に9500ドル(150高)まで上げ幅を拡大しました。その後も売り込まれることなく推移しますが、買い進まれるわけでもなく値幅の少ない高値揉み合いに終始しました。15時過ぎに一時は9500ドル突破の動きを見せますが、結果は9500ドル付近に落ち着いています。

○ 中古住宅販売が前月比で最大の伸び率
7月の中古住宅販売件数は、前月比7.2%の年率524万戸になりました。これは市場予想の500万戸を上回ると同時に、前月比では1999年の調査開始以来最大の伸び率になっています。前年同月比でも5.0%の上昇。・1戸建ては6.5%増の年率461万戸。・集合住宅は12.5%増の年率63万戸l。・在庫は前月比7.3%増の409万戸で、9.4ヶ月分

3ヵ月連続の上昇で 「 悪化の底打ち 」 という見方になっていたのですが、4ヶ月連続の増加になったことで 「 悪化底打ちは確実で、好転へ向かっている 」 という今まで以上に明るい見方が多くなったようです。先週末に書いていました 「 フィラデルフィア連銀景気指数に対する慎重論 」 と同じく、こちらの住宅指数に関しても初回購入者への支援策など政府の一時的な政策によって救われているところもありますが、今は売れている良い流れを素直に受け入れるべきだと思っています。

先週末の慎重論に関する内容をコピーしました。
~ コピーここから ~
(少し乱暴な書き方になりますが)投資家は、株が騰がる前に買って下がる前に売らなければ利益を出すことができません。それなのに、上記しました慎重論を重んじていればいつまでたっても様子見で買えない状態が続いてしまいます。改善を示せば素直にその流れへ乗り、実際に一時的な影響だったと見え始めた時に流れから降りれば良いのではないでしょうか。
(注)これは考え方であり、「 今すぐ買うべきだ 」 といったような投資法を意味するものではありません。
~ コピーここまで ~

○ バーナンキFRB議長のお話
経済政策シンポジウムで講演されました。
講演要旨
・失業率は少しずつしか回復しない。
・米国および世界経済は景気後退から脱却し始めた。
・景気回復は緩やかなものになる。

失業率に対する懸念は周知されていますように、既に織込み済み。ただ、「 景気後退から脱却し始めた = 景気回復へ向かう 」 この内容は、ある程度市場に織込まれている内容だったものの、今まで慎重な見方で伝えられてきた景気動向に関して明確に表現されたものと受けとめられ、好感されたところはあったようです。また、量的緩和政策の解除(出口戦略)に関しては今まで通り明確な内容を示されなかった為、こちらは安心感につながりました。今は景気が底を打って回復傾向になりつつあるところなので、ここで早々に出口戦略をとれば回復のコシを折りかねません。明確な内容を避けるお話は良かったと思いました。

○ 原油価格が続伸
一時74ドルを超える上昇になりました。振り返ると1週間で1割の上昇です。世界的な景気回復が意識され、株式市場だけではない 「 投資 」 への資金流入につながったようです。これを好感し、主力のエクソンモービルが1.9%高、シェブロンが1.6%高。セクター別でもエネルギーが2.7%で値上がり率トップ。上昇が続くとインフレ懸念へつながりますが、今の水準なら全く問題ないと思っています。むしろ、引き上げられた資金が再び投資へ戻ってくることを市場は望んでいます。

(チャートで考えた場合)
節目の9500ドルを突破したことで上昇に勢いがつくかもしれませんが、4日続伸した最後に150ドルの上昇で突破している為、節目突破はダマシになる可能性が高いと考えています。ローソク足は大陽線で目先の強さを示していますが、一旦調整すると予想。
目先の上値は9600ドル付近で、下値は8月に入ってから形成した揉み合いの高値9400ドル付近になると考えています。


「 日本株について 」
海外の株高を受け、取引開始直後から大きく上昇。一気に節目となる1万500円を突破しました。その後、1万600円が上値抵抗になって伸び悩むものの1万577円(319円高)まで上昇して前引け。後場に入ってからも1万600円が上値抵抗になり、14時頃には1万500円近くまで上げ幅を縮小するところがありました。ただ、引けにかけて再び買い戻される展開となり、結果はほぼ高値引けになっています。

○ 全面高
前場は、東証1部の値上がり銘柄数が1566で値下がり銘柄数が73。
引けでは、値上がり銘柄数が1526で値下がり銘柄数が109でした。

○ 薄商い
米国株の薄商いが示す通り、あちらはまだ夏休みムード。
その影響もあり、日本株の売買代金も1兆3049億円しかありませんでした。売買高は17億5898万株。

お忙しいところ申し訳ありませんが、お役に立てる内容であった場合には以下 3つのランキング 全てにクリックをお願い致します。自分の投資に影響が出ない範囲で書いてはいるものの、日記に多くの時間を要していますので、どうか応援を(1クリックで1カウントされます)宜しくお願い致します。
クリックが多くいただけた場合
○ お礼の意味を込めて、私の取引を1週間に1銘柄紹介しているブログ「素人投資家の株日記(勉強できる私の買付)」 こちらで取引した銘柄を、3つのランキングのどれかで ご紹介します。( まず、ランキングで私のブログを見つけて下さい。そのすぐ下に銘柄を書いています。)
○ 土曜日から金曜日まで6日間のクリック数で判断します。
クリック数の増減は、ランキング下のクリックメーターを参照下さいませ。クリックメータ-とは、クリックの増減に合わせてハートマークも増減。金曜日に10個点灯していれば条件クリアとなり、土曜日に銘柄紹介です。
はーと オール株式情報ランキング はーと 株ブログ ランキング
はーと FC2 ブログランキング

クリックメータ-
銘柄紹介まであと 8 個 です。




カテゴリ 19年12月 から

私が作成したホームページ

私が作成したホームページ
「素人投資家の挑戦」

私の取引

こちらは、私の取引から勉強していただけると判断したものを、1ヶ月数銘柄(1週間に1銘柄程度)限定で紹介しているブログです。
「勉強できる私の買い付け」

プロフィール

【プロフィール】
〇名前 masa
〇年齢 40代
全くの素人から僅かな資金で株式投資を始めましたが、株式投資だけで生活できるようになりました。運用資金に対して少額分散投資と買値から1割減の損切りを徹底。「安くなれば買い、高くなれば売り、安くなるまで待つ」この単純な投資を繰り返しています。

Archives

相互リンク 五十音順

検索フォーム

ご注意

この株日記は、私の独断と偏見によって書いているものです。当ブログの運営は購読を目的としたものであり、投資顧問業ではありません。よって、具体的な売買の指示およびご案内は致しかねます。又、内容に関して正確性および安全性を保障するものではありませんのでご理解願います。当サイトをご利用のうえ、被ったいかなる損害についても「素人投資家の挑戦」管理人masaは一切の責任を負いませんので、ご了承下さいませ。