素人投資家の株日記 2009年08月26日素人投資家の株日記
素人投資家の株日記
株式投資で生活できるようになりました
07 | 2009/08 | 09
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

日本・年初来高値更新、米・大統領がバーナンキ議長を再指名、住宅価格、消費者信頼感指数
ブログ(株日記)の文章はネットに公開してからも2~3度読み直し、訂正を繰り返しております。その後、完成してからホームページ上「素人投資家の挑戦」内にて更新のお知らせをさせて頂きます。よって、訂正を繰り返している間に読まれますと、完成したものと大きく違う場合がありますので、更新を確認されてからお読み下さいませ。
又、「勉強できる買い付け」などの更新情報も、ホームページ上で行っておりますので定期的にご確認下さいませ。


お知らせ

こちらの株日記が、月刊誌に掲載されました。
廣済堂出版
ネットマネー 08年7月号 ~ 今月の最強 株ブロガー

○ 掲載内容をご紹介 ⇒ こちら

青春出版社
BIG tomorrowビッグ・トゥモロウ 09年 5月号 (3月25日発売)
○ 掲載内容に少し誤りがありました ⇒ こちら
○ 掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

とても貴重な経験をさせていただき、感謝しております。
この場を借りて、お礼申し上げます。
----------------------------------------------------------------------------------------------

8月26日 水曜日

本日の日経平均は、前日比142円高の10639円となりました。
米国株は30ドル高の9539ドル。

「米国株について」
バーナンキFRB議長が再指名されたことや、予想を大きく上回る経済指標を好感。取引開始直後から大きく買われ、一気に高値となる9620ドル(111ドル高)まで上昇しました。その後、一旦は30ドル高まで上げ幅を縮小しますが、お昼過ぎには再び9600ドルを突破。しかし、そこから買い進まれることはなく、逆に利益確定の売りに押されて右肩下がりになってしまい、結局は30ドル高で取引を終了しています。

○ ケース・シラー住宅価格指数は上昇
6月のケース・シラー住宅価格指数は前月比1.4%の上昇。これは市場予想の0.2%を大きく上回ると同時に、5月の0.5%上昇に比べて3倍近い伸びでサプライズとなっています。
住宅販売が伸びる一方で、価格下落に歯止めがかからない状態は景気回復を遅らせる一つの要因だとして不安材料になっていたのですが、この結果を受けて不安は少し和らいだと感じました。

前月は、わずかながらもプラスに転じた為、価格下落に歯止めがかかったかどうかを見極めたいとして今回の発表はとても注視されていたのですが、大幅な伸びになったことで価格も底打ちする可能性が高まってきました。仮に価格が底打ちすれば、販売と価格が足並みを揃えて回復へ向かうことになりますので景気回復への追い風になることは間違いありません。
価格が下がり続けている状態だと、購入を考えている人は 「 まだ下げるかもしれない 」 「 もう少し下げてから買おう 」 と思いますが、価格が上昇(下げ止まる、底打ち)し始めると高くなる前に買おうという心理が働きますので、販売を促進させる効果も働きます。販売業者さんによる 「 今が買い時ですよ。今、底を打ったので早い購入を 」 といった売り文句も連発されそうです。また、販売促進といった類の効果だけではなく、既に購入している人の資産価値も改善しますので大きな効果をもたらすと思っています。

○ ホワイトハウスが失業率悪化とGDPの伸び率を引き上げ
・失業率が今までの予想以上に上昇すると示され、失業率予想を引き上げ。
09年は9.3%、10年は9.8%で、低下しはじめるのは10年の半ばになると示されました。
・GDPの伸び率予想を引き上げ
09年が前年比マイナス2.8%、10年がプラス2.0%、11年がプラス3.8%になると示されました。

失業率の予想を引き上げられましたが、悪化は既に示されていたことなので大きな売り材料にはなっていません。GDPの伸び率予想の引き上げは、景気回復を裏付けるものとして買い材料になりました。

○ オバマ大統領がバーナンキ議長を再指名
来年1月末で任期切れとなるバーナンキ議長を、2期目に向けて再指名。
崩壊の瀬戸際だった金融システムへの冷静な対応で、経済の更なる急落を回避したと手腕を高く評価されました。正式に再任されると、2期目は2014年1月までになります。

バーナンキ議長が100年に1度の金融危機から経済を救ったことは誰もが認めるところ。
本来、政策が上手くいけば当然の事として評価されず、失敗すれば間違った判断を下したと悪く言われてしまう宿命にあるのですが、今回ばかりは誰もが手腕を評価したのではないでしょうか。それを別の新しい人がFRB議長に指名されるようだと今までの政策が失敗だったことを意味しますので、再指名は最善の選択だったと思います。また、金融緩和政策解除(出口戦略)の方法を誤れば景気回復の腰を折りかねないことからも、政策を導入した議長自身に任せるべきだとの見方もあるようです。市場関係者の8割が再指名を望んでいた為、安心感につながりました。

ノーベル経済学賞を受賞したクルーグマン教授も高く評価
バーナンキ議長以外、この事態に対処できた人物はいないだろうと高く評価されました。そして、バーナンキ議長以外の人選は思いつかないとも。

○ 消費者信頼感指数は上昇
8月の消費者信頼感指数は54.1。これは市場予想の47.5を上回る良い結果となりました。
前月は46.6から47.4に修正されました。
・現況指数は24.9に上昇。
・期待指数は73.5に上昇。
・雇用について 「 就職困難 」 と答えた割合は45.1%で前月の48.5%から低下。
・雇用が 「 十分 」 と答えた人は4.2%で、前月の3.7%から上昇。
・住宅の購入を計画していると答えた人は2.7%で、前月の2.1%から上昇。
・自動車の購入を計画していると答えた人は5.2%で、前月の4.8%から上昇。

FRB議長のお話やホワイトハウスが指摘していますように、大勢の見方は 「 雇用は更に悪化、改善はもう少し先 」 です。ところが 「 就職困難 」 「 十分 」 共に改善を示す内容となりましたので、「 改善はもう少し先 」 の確実性は高くなったと思いました。この「もう少し先」という見方はハズレ(予想外に悪化が続いた)になることも多いので今回の内容は市場に安心感を与えたのではないでしょうか。

住宅の購入を計画している人が増加したことも好感されたと思いました。
低金利の底打ち、住宅価格の底打ち、どちらが上昇しても安い間に買っておこうという心理は働きますので、住宅価格指数の項で書いていましたように今後は買いたい人がもう少し増えてくるような気がします。

自動車の購入に関しては、政府の自動車買い替え支援策によって購入者が殺到。支援策は1ヵ月延長されましたが、予算オーバーになったことを理由に支援策が突然打ち切られましたので、この影響がまだ織込まれていません。こちらは来月に大きく変化する可能性があると思っています。

○ 好材料目白押しでも伸び悩み
本日は好材料目白押しで一気に上値抵抗9600ドルを突破。ここまでは良かったのですが、結局は売り込まれる展開になっています。今まで順調に上値を追いかけてきた相場ですが、警戒感が強くなり始めていると感じました。

昨日は、重要な経済指標の発表を前に利益確定されたと判断しました。その場合、「 発表前に利益確定、好感される結果で買い戻される 」 という動きになるのですが、本日の流れを見ると買い戻される力よりも利益確定する力の方が強いと感じました。
6日続伸で少し上昇ピッチが早過ぎるような気がします。更なる上昇へ向かう為には、日柄か値幅で少し調整が欲しいところです。

(チャートで考えた場合)
昨日の株日記で書いていました通り、9600ドルが上値抵抗になりました。こちらも書いていたことですが、目先弱含みとしながら上値抵抗は9600ドル付近になると考えていましたので、9600ドル付近は大きな買い材料を見込む予想になっていました。結果論ではありますが、好材料目白押しで高値9620ドルを付けた後、弱含むと考えていた通り大きく売り込まれています。
昨日はトウバ、本日は上ヒゲの長い足。見た目は続伸していますが、やはり転換点に差し掛かっているような気がします。

目先の上値と下値に変更点はありません。
8月に入ってから形成した揉み合いは上抜けたと考えていますので、下げたとしても揉み合いの高値9400ドル付近になると予想。上値は本日の高値9600ドル付近になると予想しています。

「 日本株について 」
米国株の小幅高を受け、日本株株も50円程度上昇してスタート。ただ、10600円付近に差し掛かると上値を追いかける動きは少なくなり、10550円から10600円の間を行ったり来たりするボックス相場で前場を終了。ところが、後場に入ると一転買い進まれる展開となり10650円まで急上昇。その後も売り込まれることなく推移し、年初来高値を更新しました。

○ 貿易黒字は2ヵ月連続で拡大
7月の貿易収支は前年同期比4.6倍。3802億円の黒字となり、2ヵ月連続で黒字幅が拡大。

○ 夏休み明けの相場が楽しみ
夏休みもあと少し。薄商いの中で堅調に推移してきた相場ですが、総出になればどのように反応するのか楽しみになってきました。

お忙しいところ申し訳ありませんが、お役に立てる内容であった場合には以下 3つのランキング 全てにクリックをお願い致します。自分の投資に影響が出ない範囲で書いてはいるものの、日記に多くの時間を要していますので、どうか応援を(1クリックで1カウントされます)宜しくお願い致します。
クリックが多くいただけた場合
○ お礼の意味を込めて、私の取引を1週間に1銘柄紹介しているブログ「素人投資家の株日記(勉強できる私の買付)」 こちらで取引した銘柄を、3つのランキングのどれかで ご紹介します。( まず、ランキングで私のブログを見つけて下さい。そのすぐ下に銘柄を書いています。)
○ 土曜日から金曜日まで6日間のクリック数で判断します。
クリック数の増減は、ランキング下のクリックメーターを参照下さいませ。クリックメータ-とは、クリックの増減に合わせてハートマークも増減。金曜日に10個点灯していれば条件クリアとなり、土曜日に銘柄紹介です。
はーと オール株式情報ランキング はーと 株ブログ ランキング
はーと FC2 ブログランキング

クリックメータ-
前日に比べて 1個 プラス。銘柄紹介まであと 5 個 です。



カテゴリ 19年12月 から

私が作成したホームページ

私が作成したホームページ
「素人投資家の挑戦」

私の取引

こちらは、私の取引から勉強していただけると判断したものを、1ヶ月数銘柄(1週間に1銘柄程度)限定で紹介しているブログです。
「勉強できる私の買い付け」

プロフィール

【プロフィール】
〇名前 masa
〇年齢 40代
全くの素人から僅かな資金で株式投資を始めましたが、株式投資だけで生活できるようになりました。運用資金に対して少額分散投資と買値から1割減の損切りを徹底。「安くなれば買い、高くなれば売り、安くなるまで待つ」この単純な投資を繰り返しています。

Archives

相互リンク 五十音順

検索フォーム

ご注意

この株日記は、私の独断と偏見によって書いているものです。当ブログの運営は購読を目的としたものであり、投資顧問業ではありません。よって、具体的な売買の指示およびご案内は致しかねます。又、内容に関して正確性および安全性を保障するものではありませんのでご理解願います。当サイトをご利用のうえ、被ったいかなる損害についても「素人投資家の挑戦」管理人masaは一切の責任を負いませんので、ご了承下さいませ。