素人投資家の株日記
株式投資で生活できるようになりました
01 | 2010/02 | 03
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -

資金引き揚げ一旦終焉か?金融新規制案で最も影響を受けるのはゴールドマン
株日記は特別な事情がない限り平日の夕方5時頃に更新します ちな♪
株日記はブログに公開してからも訂正を加える時があります。全て完成してからホームページ「素人投資家の挑戦」内にあります新着情報にてお伝えしますので、そちらを先に確認されてからお読み下さいませ。
また「勉強できる私の買い付け」などの更新情報もホームページ上で行っておりますのでご確認下さいませ。

お知らせ

こちらの株日記が、月刊誌に掲載されました。
廣済堂出版
ネットマネー 08年7月号 ~ 今月の最強株ブロガー

○ 掲載内容をご紹介 ⇒ こちら

青春出版社
BIG tomorrowビッグ・トゥモロウ 09年 5月号 (3月25日発売)
○ 掲載内容に少し誤りがありました ⇒ こちら
○ 掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

とても貴重な経験をさせていただき、感謝しております。
この場を借りて、お礼申し上げます。
----------------------------------------------------------------------------------------------

2月3日 水曜日

本日の日経平均は、前日比33円高の10404円となりました。
米国株は111ドル高の10296ドル。

「米国株について」
取引開始直後こそ前日値を挟む動きでしたが、10時頃からスルスルと上昇。その後は10250ドル付近(60ドル高)でしばらく揉み合いますが、お昼を過ぎた頃から緩やかに上げ幅拡大。最後まで売り込まれることなく終日強い1日になっています。

○住宅販売保留件数は上昇
中古住宅販売の先行指標となる12月の保留件数は、前月から1.0%上昇して96.6になりました。市場予想とピタリ一致。
上昇した結果は好感されますが、相場への影響は全くなかったと考えています。売り材料にならなかった程度。

○買い戻しが大きく影響した1日(本日は、ここだけがポイントだと思っています。)
昨日に続いて何もかも買い戻しの動き
・原油価格は2.8ドル上昇(3.76%)して77.23ドル。
・商品先物指数(CRB指数)は5.12ポイント上昇(1.94%)して273.19。
CRB指数チャートをHP(素人投資家の挑戦)のTOPページに加えました。他にも、金価格、バルチック海運指数などのチャートを追加しています。また、より見やすくなるよう配置換えしています。是非、ご利用下さいませ。
ホームページは ⇒ こちら

この2日間を振り返ると明らかに買い戻しの動きが強くなっています。
昨年8月からの日足チャート
100203d1.gif

赤い○で囲んだところを拡大
100203d2

ここで、1月29日の株日記で書いていたことをもう一度
(コピーここから)
○一旦資金引き揚げか?
中国における金融引き締めと米国における金融新規制案。これを警戒する動きはまだ収まっていません。
急落後に下げ渋っていたので底堅そうに見えた相場でしたが(これは客観的な見方であり、私masaは底堅いとは考えていませんでした。)実際は資金引き揚げの動きが続いていたと考えています。
(コピーここまで)

次に2月1日の株日記で書いていたこと
(コピーここから)
○やはり、一旦資金引き揚げか?
上記した経済指標、特にGDPのサプライズは大きな買い材料となり100ドル以上も上昇しましたが、結果は53ドル安。やはり、書き続けていますように「中国における金融引き締め」と「米国における金融新規制案」を警戒する動きが続いているようです。
○資金引き揚げは株式市場だけではない
原油その他商品からも資金引き揚げが続いています。
・原油価格は1ヵ月で約12%の下落。週末は0.75ドル安の72.89ドル。
・商品先物指数も完全に下落基調。こちらは1ヵ月で10%の下落。週末は1.99ポイント(0.74%)安の265.59。
・金も3ヵ月ぶりの安値水準まで下落。週末は0.9ドル安の1083.60ドル。
(コピーここまで)

相場だけではなく原油を含めた商品も大きく上昇してきた為、金融規制案をキッカケとして何もかもが一旦利益確定される動きになっていました。そして、昨日から相場は上昇。まだ2営業日しか経っていないのでハッキリとは分かりませんが、金融規制案への警戒感はあるものの「一旦利益確定する動き」は縮小したと感じました。

このようなことから、金融規制案が具体的に進展しない限りは規制案を警戒した売りはほとんど出てこないと考えています。簡単に書くと「売り圧力の低下」です。

○公聴会は材料視されず
ボルカー米経済再生諮問会議議長のお話
・金融新規制案への理解を求める
(銀行の自己勘定取引はリスクが高い。リスクの高い取引で被った損失を公的資金で救済することがあってはならない。)
・海外の銀行も米国の規制を受け入れるべき

あらためて規制案への理解を求められたのであり、上記しました「進展」ではありません。
よって、材料視されなかったと考えています。

○オバマ大統領が中小企業への融資促進策を発表
中小企業への融資を促進する為、2兆7000億円の基金を設立する構想を発表。資産規模が100億ドル以下の地銀に限り、基金から中小企業向けの融資を調達することが可能。また、融資が多くなれば政府への返済条件が有利になる仕組み。

相場への影響はなかったようですが、こういった対策は間違いなく景気を後押しするので必ず後から効いてくると思います。市場が注視する経済指標(今は特に雇用関連)へ表れてから買い材料になるといった感じです。

(チャートで考えた場合)
連日書いていました10200ドルの壁に突入(終値10296ドル)です。
壁に突入したことで需給改善。1万ドル割れの危険は少なくなったと考えています。
目先の下値は10200ドルで、上値は昨年11月中旬から1ヵ月間揉み合った価格帯の中央値10400ドル付近になると予想。


本日は「勉強できる私の買い付け」を更新 さとと-音符ブルー  
「空売り」9連発!5連発!
から「買い付け」へ移行させた投資法・・解禁 第2弾
是非ご覧下さいませ
じー !!
「勉強できる私の買い付け」とは
勉強していただけると判断した私の取引を、1ヶ月数銘柄(1週間に1銘柄程度)を限定で紹介しているブログです。
私からの配信を希望されていらっしゃる方へは、買い付けた当日に「目先の上値と下値予想」「買い付け理由」などをお伝えする他、相場が動き始めると「私の投資法~狙っている銘柄やセクターなど」も全てお伝えしています。ちなみに、上記しています「米国株について」は、特別な事情がない限り平日の朝8時30分前後に配信。(余談)買い付け後の配信なので買いを煽っているように見えるかもしれませんが、売買する銘柄のほとんどが東証1部の主力なので全く影響はありません。
「勉強できる私の買い付け」は ⇒ こちら
「配信についての詳しい説明」は ⇒ こちら


「 日本株について 」
米国株の大幅続伸を受け、10428円(57円高)でスタート。その後、10400円が下値抵抗となり堅調に推移しますが、10時前から大口売りが連発すると一気に前日値を割り込む水準まで急落。ただ、前引けにかけて買い戻され何とか10400円を回復して終了しました。後場は10400円を挟む揉み合いに終始。値幅はわずか40円程度に留まっています。

○月給の減少幅が過去最大
厚生労働省が発表した毎月勤労統計調査(速報、従業員5人以上)によると、2009年の労働者1人当たりの月間現金給与総額は31万5164円。これは前年から3.9%の減少であると同時に、前年と比較できる1991年以来最大の減少率。残業を含めた年間実労働時間も前年比2.9%減の1733時間となり、こちらも最大の減少率。

○中堅企業経営者の景況感が4年連続最下位
国際会計事務所グループ、グラント・ソントンの調査によると、世界36ヵ国・地域の中堅企業経営者のうち2010年の景気見通しを最も悲観しているのが日本の経営者。前回より13ポイント改善したものの4年連続で最下位。
(従業員100人-750人の非上場企業の経営者を対象に09年10月-12月に実施)
非観的と考える理由
・内需縮小が58% ・販売価格の低下が41% ・政治の先行きが39%

○読みもの
オバマ大統領が提案した金融新規制案がそのまま成立した場合、最も影響を受けるであろう金融機関がゴールドマン・サックス。JPモルガンの調べでは、ゴールドマンの収益は20%減少するとの見立て。他社と比較しても突出したダメージです。
同社の09年10-12月期におけるトレード収入(自己勘定取引を含む)は総収入の3分の2を占め、同業のモルガンに比べてもトレード収入の割合がとても大きくなっています。これほどトレード収入の比率が高い金融機関は他にありません。ちなみに、1日トレードして得る収入は5000万ドル(約45億円)から1億ドル(約90億円)を連発させる凄い数字。

米国では「金融新規制案は悪影響が多過ぎて通らない」「妥協案で話は進展」そんな見方が少しずつ増えているようですが、そのまま成立すると大きなダメージを被りそうです。ただ、投資の神様ウォーレン・バフェットさんが巨額出資されたのは記憶に新しいところ。バフェットさんの知恵とゴールドマンの知恵が合わされば・・・

(マウスで描いた絵 masa)
snap_3masa_201023174034.jpg

こんなふうにゴールドマンはとても大きな的ですが、金融規制案という矢に当たらない抜け道を沢山考えておられることだと思います。
お役に立てる内容だった時は、以下3つのランキング全てをクリックして下さいね。
応援ボタン07.gif      にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ  kiss.gif
応援ボタンを押すとランキングサイトへ移動しますが、必要なければ閉じて下さい。


テーマ:勝てない人におすすめ投資術 - ジャンル:株式・投資・マネー

朝の更新♪
2月3日 水曜日

株日記は夕方5時頃に更新します ちな♪

朝の更新♪ 

○寄り付き前の外国証券経由売買動向
売り1410万株 買い2100万株

差し引き690万株の買い越し
金額ベースも買い越し

お役に立てる内容だった時は、以下3つのランキング全てをクリックして下さいね。
応援ボタン07.gif      にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ  kiss.gif
応援ボタンを押すとランキングサイトへ移動しますが、必要なければ閉じて下さい。


お昼に更新予定です

本日は「勉強できる私の買い付け」を更新
さとと-音符ブルー  
「空売り」9連発!5連発!
から「買い付け」へ移行させた投資法・・解禁 第2弾
是非ご覧下さいませ
じー !!
「勉強できる私の買い付け」とは
勉強していただけると判断した私の取引を、1ヶ月数銘柄(1週間に1銘柄程度)を限定で紹介しているブログです。
私からの配信を希望されていらっしゃる方へは、買い付けた当日に「目先の上値と下値予想」「買い付け理由」などをお伝えする他、相場が動き始めると「私の投資法~狙っている銘柄やセクターなど」も全てお伝えしています。ちなみに、上記しています「米国株について」は、特別な事情がない限り平日の朝8時30分前後に配信。(余談)買い付け後の配信なので買いを煽っているように見えるかもしれませんが、売買する銘柄のほとんどが東証1部の主力なので全く影響はありません。
「勉強できる私の買い付け」は ⇒ こちら
「配信についての詳しい説明」は ⇒ こちら

テーマ:投資に役立つデータ - ジャンル:株式・投資・マネー



ランキング

ランキングに参加しています。 クリックの数で順位が決まりますので、応援宜しくお願い致します。

私が作成したホームページ

私が作成したホームページ
「素人投資家の挑戦」

私の取引

こちらは、私の取引から勉強していただけると判断したものを、1ヶ月数銘柄(1週間に1銘柄程度)限定で紹介しているブログです。
「勉強できる私の買い付け」

これまでの道

私は、株式投資に対し全くの素人でした。
そして大の勉強嫌いで、自慢出来る学歴も経歴もありません。その私が株式投資で利益を出し続けている実録です。

全くの素人から投資をスタートさせました。
50万円を元手に始めたものの、利益よりも損失が膨らむ一方で資金は激減。あまりのショックに投資を止めていた時期がありました。
順調に資金が増えた時もあったのですが、「勝ちが続くと調子に乗って大勝負」「負けると一発で取り返そうと大勝負」こんなことを何度も繰り返してしまった為、3歩進んで4歩下がるようなことが続いてしまいました。負ける度に反省するのですが、また同じことを繰り返してしまうのです。
その結果、塩漬け株ばかりとなり力尽きてしまいました。

資金が半減、激減した時・・・忘れもしません。
食欲がなくなり、食べても味がしません。仕事にも影響が出ていたうえに、毎日が損損損という気持ちばかりで楽しいことが全くありません。土日は休場なので本来はゆっくりできるはずなのに、株価が動かないことで逆にストレスが溜まってしまい・・・ 表現できないほど辛い日が続いていました。

時が流れ~
心機一転もう一度頑張ってみようと思い、塩漬け株を全て損切り。再スタートさせました。
大勝負で大失敗して資金半減や激減を数え切れないほど多く経験してきましたが、50万円 ⇒ 100万円 ⇒ 500万円 ⇒ 1000万円 ⇒ ???と、少しずつではありますが確実 に資金は増えることになりました。
投資を始めた頃は1銘柄に数万円のミニ株投資でしたが、今では1銘柄に数百万円の分散投資ができるようになったのです。

FC2

Archives

証券会社の広告

ご注意

この株日記は、私の独断と偏見によって書いているものです。当ブログの運営は購読を目的としたものであり、投資顧問業ではありません。よって、具体的な売買の指示およびご案内は致しかねます。又、内容に関して正確性および安全性を保障するものではありませんのでご理解願います。当サイトをご利用のうえ、被ったいかなる損害についても「素人投資家の挑戦」管理人masaは一切の責任を負いませんので、ご了承下さいませ。

相互リンク

検索フォーム