素人投資家の株日記
株式投資で生活できるようになりました
01 | 2010/02 | 03
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -

ニュースや記事に振り回されてはいけない
株日記は特別な事情がない限り平日の夕方5時頃に更新します ちな♪
株日記はブログに公開してからも訂正を加える時があります。全て完成してからホームページ「素人投資家の挑戦」内にあります新着情報にてお伝えしますので、そちらを先に確認されてからお読み下さいませ。
また「勉強できる私の買い付け」などの更新情報もホームページ上で行っておりますのでご確認下さいませ。

お知らせ

こちらの株日記が、月刊誌に掲載されました。
廣済堂出版
ネットマネー 08年7月号 ~ 今月の最強株ブロガー

○ 掲載内容をご紹介 ⇒ こちら

青春出版社
BIG tomorrowビッグ・トゥモロウ 09年 5月号 (3月25日発売)
○ 掲載内容に少し誤りがありました ⇒ こちら
○ 掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

とても貴重な経験をさせていただき、感謝しております。
この場を借りて、お礼申し上げます。
----------------------------------------------------------------------------------------------

2月10日 水曜日

本日の日経平均は、前日比31円高の9963円となりました。
米国株は150ドル高の10058ドル。

「米国株について」
需給関係が影響して取引開始直後から1万ドル(100ドル高)を回復。また欧州中央銀行(ECB)のトリシェ総裁がオーストラリア訪問を中止して急遽EU会議へ向かったとの報道が、ギリシャ支援の協議が行われるとの見方に繋がり10050ドル(150ドル高)まで上昇しました。その後は少しずつ上げ幅を縮小するのですが、お昼前にギリシャ支援報道が流れると一気に買い戻され再び10050ドルまで上昇。それからも少しずつ下値を切り上げ、お昼過ぎには高値10139ドル(231ドル高)まで上げ幅を拡大しました。さすがに200ドルを超えると上昇一服となり、後は10100ドル近辺での揉み合いに終始しています。

米国株 日中足チャート
100210d.gif

○ギリシャ支援は時間の問題
「財政が悪化しているギリシャに対してユーロ圏が支援する」との報道が買い材料になりました。(ドイツ政府はこの報道を否定)。ただ、EU(欧州連合27ヵ国)が何の為にあるのかを考えればギリシャ支援は時間の問題だったのではないでしょうか。もちろん、加盟国の財政悪化を支援することだけを目的としたものではありませんが・・・
実際、具体的な支援案は示されなくても悪化が指摘された時点で支援されるであろうというのは大勢の見方でした。よって、ある意味で今回の報道は想定範囲内であり特別材料視されることでもなかったと考えています。

この考えを補足する為、2月8日の株日記で書いていたことをコピーします。
(コピーここから)
○ギリシャやスペインが問題とは思わない
少し乱暴な書き方になりますが、ギリシャやスペインの財政赤字問題が最近の下げに「大きく影響している」とは考えていません。証券サイト等で大きく取り上げられている問題なので、常識?から逸脱した考えになってしまうのですが、大きく影響しているのは「中国と米国における金融への新規制案」そして先日の3つのショックが直近の下落を招いたと考えています。もちろんギリシャやスペインの影響もあると思いますが、それらの売り圧力は大きくないと思っています。
ここで5日(金)の株日記に貼り付けていた欧州チャートを見てもらいたいのですが、渦中の欧州は中盤までわずか1%程度の下げ幅に留まっていました。ところが米国市場がスタート直後から急落し始め150ドルほど下げ幅を拡大すると、その下落率1.5%程度へ合わせるかのように欧州市場も1%安から更に1.5%安程度下落して結果2.5%安。
結果だけを見れば欧州市場は軒並み2.5%安と急落しているので(欧州が)強く影響しているように見えるのですが、実際のところは米国市場に強く影響を受けていることが分かります。
このような考えでいた為、証券サイトで大きく取り上げられていた「ギリシャなどの財政懸念による売り」について材料視していませんでした。大きく取り上げられている問題なのに株日記で全く無視しているのはどうかなぁと思い、自分の考えを書いてみました。正確に言えば、「ギリシャなどの財政懸念問題を自分の投資に取り入れない」です。
(コピーここまで)

支援についてドイツは否定しているうえ具体的な策も示されていません。よって、支援報道だけで買われたとすれば早々に売られてしまう危険もあるのですが、昨日に続いて需給関係が大きく影響したと考えていますので下値不安は少し後退したと感じました。また、支援は時間の問題だったので期待先行で買われた部分も少ないと思っています。こちらも同様に期待先行は失望売りにつながりかねないものですが、その影響が少ないことでそれほど心配する必要はないと考えています。
支援報道で100ドル上昇させたのは事実ですが、支援報道よりも需給が少し改善した部分を見ておく方が良いと思っています。

EU(欧州連合27ヵ国)おさらい
100210e1u.gif
aicon_79.gif株式投資情報

加盟国
アイルランド | イギリス | イタリア | エストニア | オーストリア | オランダ | キプロス | ギリシャ | スウェーデン | スペイン | スロバキア | スロベニア | チェコ | デンマーク | ドイツ | ハンガリー | フィンランド | フランス | ブルガリア | ベルギー | ポーランド | ポルトガル | マルタ | ラトビア | リトアニア | ルクセンブルク | ルーマニア

○工業セクターの投資判断が引き上げられる
モルガン・スタンレーは先行きの見通しが明るくなったことを理由に、工業セクターの投資判断を「インライン」から「アクティブ」に引き上げました。同時にキャタピラーについても「アンダーウエート」から「オーバーウエート」へ引き上げ、目標株価も51ドルから70ドルに変更。これを受け同社の株価は急騰。終日高値圏を維持して5.4%高となりダウ構成銘柄では上昇率首位。株価は53.53ドル。
当り前のことですが、工業は米景気に大きく影響するセクターなので相場全体にとっても明るい材料になっています。

○金融の投資判断は引き下げられる
格付け会社S&Pは政府による追加支援の確実性が薄れてきたとして、バンク・オブ・アメリカとシティ・グループの見通しを「安定」から「ネガティブ」に引き下げたことで、金融はやや軟調に推移。バンカメが0.07%安、シティが0.95%高、JPモルガンが1.83%高。

(チャートで考えた場合)
目先の上値は昨年11月中旬から12月中旬にかけて形成したボックス相場の下限と、直近の揉み合い中央値となる10200ドル付近。下値については、トリシェ総裁の行動およびギリシャ支援の報道による影響で少し行き過ぎた買われ方をしているとも考えられますから、1万ドル前後を予想。
(補足)
昨日の株日記で「前日の安値を割り込まずに終えていますから、下ヒゲの長い足による影響(強含み)の流れは変わっていないと考えています。」と書いていましたが、昨日の場合は相場の流れと合わせて判断したのであり常にそうなるものではありません。前日の安値を割り込まなくても弱含むことは多々あります。


昨日に「勉強できる私の買い付け」を更新しています さとと-音符ブルー  

「空売り」9連発!5連発!から「買い付け」へ移行・・・
そして今度は再び「空売り」6連発!!!
是非ご覧下さいませ
じー !!
「勉強できる私の買い付け」とは
勉強していただけると判断した私の取引を、1ヶ月数銘柄(1週間に1銘柄程度)を限定で紹介しているブログです。
私からの配信を希望されていらっしゃる方へは、買い付けた当日に「目先の上値と下値予想」「買い付け理由」などをお伝えする他、相場が動き始めると「私の投資法~狙っている銘柄やセクターなど」も全てお伝えしています。ちなみに、上記しています「米国株について」は、特別な事情がない限り平日の朝8時30分前後に配信。(余談)買い付け後の配信なので買いを煽っているように見えるかもしれませんが、売買する銘柄のほとんどが東証1部の主力なので全く影響はありません。
「勉強できる私の買い付け」は ⇒ こちら
「配信についての詳しい説明」は ⇒ こちら


「 日本株について 」
米国株の急騰および寄り前に発表された経済指標が予想を上回ったことで、窓を空けてのスタート。その後も少しずつ上げ幅を拡大して前場は102円高の10035円で取引を終えました。しかし、後場に入ると状況は一変して売り優勢の展開に。一旦は10000円で下げ止まったものの、13時30分頃に下抜けると右肩下がりになってしまい 1万円回復ならず。
僅か7銘柄で32円ほど日経平均を押し上げている為、実際のところはマイナスという感じです。

日経平均 日中足チャート
100210j.gif

○機械受注統計が大幅増
12月の機械受注統計は、(船舶・電力を除く)民需の受注額が前月比20.1%も増加して7512億円になりました。市場予想の8.0%増を倍以上も上回るサプライズ。
・製造業が17.1%増。
・非製造業が22.9%増。
09年通年では受注額が前年比26.9%減の8兆4762億円となり、金額ベースおよび前年比共に1988年の統計開始以来最悪。

10-12月期では前期比0.5%の増加で08年1-3月期以来7期ぶりの増加。
・製造業が17.8%増で、統計開始以来最大の増加率。
・非製造業が28.4%増で、こちらは過去2番目の増加率。
1-3月期も前期比2.0%の増加が見込まれ、総じて良い結果になっています。過去(直近を除く)の指数で株価が動くのではなく先の指数で動きますから、前年比で最悪でも全く問題はありません。本日は寄り天のようになってしまいましたが、見通し明るい統計は後になって効いてくると思います。

○ニュースや記事に振り回されてはいけない
「他人の不幸は蜜の味」ではありませんが、大損を連想させるお話は大きく報道されるものです。
例えば、昨日の米国株1万ドル割れ。1万ドルを回復した時の数倍吹聴されたような気がします。

ニュースや記事で「1万ドル割れ!」と題し、その後に下げていく理由が多く語られます。更には9500ドルや9000ドル、2番底になる8000ドルや7000ドル台といった予想まで出てきます。そうなってくると情報量の少ない個人投資家(特に経験の浅い方)は、これからもっともっと下げていくのではないかと不安になりがち。その不安感から一旦売っておこうなどと考え保有株を手放すと・・・本日のように150ドルも急騰するのです。
米国株を売買するわけではありませんし、残念ながら日本株は100円高まで上昇するも31円高まで上げ幅縮小。ほぼ寄り天のような展開になってしまいましたが・・・
(注)主旨は「ニュースや記事に振り回されてはいけない」という部分なので、保有を続けたほうが良いという意味ではありません。

いつも書いていることですが、相場の流れを変えることはできなくても自分の流れは投資法で変えることができますから、慌てることなく対応しなければいけません。ニュース、雑誌、新聞記事がどれだけ大きく取り上げても、自分の心理が振り回されないように注意しましょう。

少し偉そうな書き方になっていますが、実は昔の私です。
昔の私は大きく吹聴される度に、それ以上に気持ちが揺れて揺れて揺れて・・・下がると吹聴されれば怖くなって売り。騰がると吹聴されれば強気になって買い。結果は、安値で売って高値で買う。こんなことを繰り返していました。自分の周りで株式投資を理解している人がいなかった(正確には周りにいる全ての人は、株=博打=危険=不労所得で悪い稼ぎだと考えていた)その為、誰にも相談できず独学で進めたこともあり「振り回されないこと」の重要性に全く気付きませんでした。ニュースを見たり記事を読んだりすれば影響を受けるのが当然であり、またそれに従っておく方が良い(安心)という考えに何の疑問も持たなかったのです。どれだけ負けを連発しても。
「ニュースや記事に振り回されてはいけない」このことに気が付いてから、少しずつ勝率が高くなっていきました。

お役に立てる内容だった時は、以下3つのランキング全てをクリックして下さいね。
応援ボタン07.gif      にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ  kiss.gif
応援ボタンを押すとランキングサイトへ移動しますが、必要なければ閉じて下さい。


テーマ:勝てない人におすすめ投資術 - ジャンル:株式・投資・マネー

朝の更新♪寄り付き前の外国証券経由売買動向
2月10日 水曜日

株日記は夕方5時頃に更新します ちな♪

朝の更新♪ 

○寄り付き前の外国証券経由売買動向
売り1630万株 買い2000万株

差し引き万株の370買い越し
金額ベースも買い越し
    にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ 

テーマ:投資に役立つデータ - ジャンル:株式・投資・マネー



ランキング

ランキングに参加しています。 クリックの数で順位が決まりますので、応援宜しくお願い致します。

私が作成したホームページ

私が作成したホームページ
「素人投資家の挑戦」

私の取引

こちらは、私の取引から勉強していただけると判断したものを、1ヶ月数銘柄(1週間に1銘柄程度)限定で紹介しているブログです。
「勉強できる私の買い付け」

これまでの道

私は、株式投資に対し全くの素人でした。
そして大の勉強嫌いで、自慢出来る学歴も経歴もありません。その私が株式投資で利益を出し続けている実録です。

全くの素人から投資をスタートさせました。
50万円を元手に始めたものの、利益よりも損失が膨らむ一方で資金は激減。あまりのショックに投資を止めていた時期がありました。
順調に資金が増えた時もあったのですが、「勝ちが続くと調子に乗って大勝負」「負けると一発で取り返そうと大勝負」こんなことを何度も繰り返してしまった為、3歩進んで4歩下がるようなことが続いてしまいました。負ける度に反省するのですが、また同じことを繰り返してしまうのです。
その結果、塩漬け株ばかりとなり力尽きてしまいました。

資金が半減、激減した時・・・忘れもしません。
食欲がなくなり、食べても味がしません。仕事にも影響が出ていたうえに、毎日が損損損という気持ちばかりで楽しいことが全くありません。土日は休場なので本来はゆっくりできるはずなのに、株価が動かないことで逆にストレスが溜まってしまい・・・ 表現できないほど辛い日が続いていました。

時が流れ~
心機一転もう一度頑張ってみようと思い、塩漬け株を全て損切り。再スタートさせました。
大勝負で大失敗して資金半減や激減を数え切れないほど多く経験してきましたが、50万円 ⇒ 100万円 ⇒ 500万円 ⇒ 1000万円 ⇒ ???と、少しずつではありますが確実 に資金は増えることになりました。
投資を始めた頃は1銘柄に数万円のミニ株投資でしたが、今では1銘柄に数百万円の分散投資ができるようになったのです。

FC2

Archives

証券会社の広告

ご注意

この株日記は、私の独断と偏見によって書いているものです。当ブログの運営は購読を目的としたものであり、投資顧問業ではありません。よって、具体的な売買の指示およびご案内は致しかねます。又、内容に関して正確性および安全性を保障するものではありませんのでご理解願います。当サイトをご利用のうえ、被ったいかなる損害についても「素人投資家の挑戦」管理人masaは一切の責任を負いませんので、ご了承下さいませ。

相互リンク

検索フォーム