素人投資家の株日記
株式投資で生活できるようになりました
03 | 2010/04 | 05
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

決算前、大型連休前でも急騰~これが相場
株日記は特別な事情がない限り平日の夕方5時頃に更新します ちな♪
株日記はブログに公開してからも訂正を加える時があります。全て完成してからホームページ「素人投資家の挑戦」内にあります新着情報にてお伝えしますので、そちらを先に確認されてからお読み下さいませ。
また「勉強できる私の買い付け」などの更新情報もホームページ上で行っておりますのでご確認下さいませ。

お知らせ

こちらの株日記が、月刊誌に掲載されました。
廣済堂出版
ネットマネー 08年7月号 ~ 今月の最強株ブロガー

○ 掲載内容をご紹介 ⇒ こちら

青春出版社
BIG tomorrowビッグ・トゥモロウ 09年 5月号 (3月25日発売)
○ 掲載内容に少し誤りがありました ⇒ こちら
○ 掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

とても貴重な経験をさせていただき、感謝しております。
この場を借りて、お礼申し上げます。
----------------------------------------------------------------------------------------------
4月26日 月曜日

本日の日経平均は前週末比251円高の11165円になりました。
米国株は69ドル高の11204ドル。

「米国株について」
朝方発表の耐久財受注減で小安くスタートするも、概ね良好な決算および新築住宅販売急増で11120ドルから11180ドルまで60ドル急騰しました。その後お昼頃には往って来いとなりますが、再び強含み始めると引けにかけて右肩上がりになっています。

米国株 日中足チャート
100426d555.gif

○耐久財受注は減少
3月の耐久財受注は前月比1.3%減少。市場予想の0.3%増を大きく下回る結果でしたが、輸送機器を除いた受注が市場予想の0.7%増を大きく上回る2.8%増になったことで大きな失望とはなりませんでした。受注を押し下げた輸送機器は12.9%の減少で項目別最大の減少。

○新築住宅販売が大幅増
3月の販売件数は前月比26.9%増の41万1000戸になりました。これは市場予想の33万戸を大幅に上回ると同時に、伸び率としては1963年4月以来。在庫も2.1%減少して22万8000戸となり、こちらは1971年以来の低水準。販売価格の中央値は前年同月比4.3%上昇して21万4000ドル。

販売増、在庫減、価格上昇と3拍子揃う好内容。
大手米銀および調査会社発表の住宅ローン延滞率の低下と合わせると、住宅関連が再び明るくなってきたと感じました。少し前までは、住宅が売れても販売価格低迷やローン延滞率上昇といった問題があり買い材料としては今一つといったところでしたが、今回の発表で何もかもが好転。大きな買い材料につながっています。ただ、住宅購入支援制度(税控除)の期限切れを前にした駆け込み需要という見方もできる為、買いが一服した後は弱含む展開になりました。

○原油価格上昇も追い風
原油が1.7%上昇して85.1ドルになりました。これを受けてエネルギー関連株が買われて上昇。相場全体を後押ししています。
この価格水準ならインフレ懸念にはつながらず、株式市場を後押しする良い材料になります。少し前に書いていた通りです。

○ファンドマネジャー調査
全米110人にアンケートを実施。今後3ヶ月の相場を強気とみる人が前回調査(昨年秋)より13ポイント低下して46%になりました。株価見通しについても、今年12月が11285ドルで来年6月が11655ドルという結果。現在の株価が11200ドルですから、今年12月まで上値余地は80ドルから90ドル程度しかないことになります。

悲観的な見方は不要
相場格言「騰がり続ける株はない」の通り、上昇し続ける相場はありません。また、12月まで上値余地が少ないということは、それだけ上下が多くあるということですから「下がれば買って騰がれば売る」この基本さえ守ればチャンスは多くなると思っています。当然、チャンスが多くなれば回転が効くので利益も得やすくなります。私は米国株を売買しているわけではありませんが、この考え方は日本株を含め全ての相場に通用するはずです。

もうひとつ
直近の強い相場が良い例ですが、多くの市場関係者は「好決算期待で買われているので相場は既に織込み済み」「過去の経験則でも、好決算期待で買われている時は決算が進むにつれ相場が下落」という見立てが大勢でした。ところが、なんと8週連続で上昇を続けているのです。これが相場。3ヶ月や半年先の予想などできるはずがありません。そんなことができるなら、世界長者番付の上位にファンドマネジャーの多くが名前を連ねるはずです。

○力強い展開
強弱入り混じる経済指標によって朝方は乱高下しましたが、後は大口の買いが引っ張り上げるのではなく大勢が買う流れで右肩上がりになっているのでとても力強い上昇だと感じました。相場環境によるので一概には言えませんが、大口の買いが主因で上昇してもその大口が売りに転じれば簡単に下げてしまうもの。しかし、大勢で買い向かっている時は大きな流れになるので強含むことも少なくありません。今回は後者なので、とても良い上昇だと思っています。

(チャートで考えた場合)
上記した通り、大勢が買い向かうとても良い上昇だと感じました。加えて揉み合いの上限11150ドルを突破する大陽線出現なので、目先は強含み。
(訂正)前週末に「11000ドルと11200ドルの間で推移する揉み合いになっている」と書いていましたが、「11000ドルと11150ドルの間」の間違いでした。申し訳ございません。


勉強できる私の買い付け」を更新しています

タイトルは・・・好業績銘柄の押し目買い

4月に入っていますので本来なら2月下旬から3月上旬にかけて買い付けたものを紹介するのですが(1ヵ月遅れを紹介するため)ほとんど買いつけていないので2月上旬に買い付けた銘柄の紹介がしばらく続きます。 3月はご存じのとおり凄まじい上昇になりましたので、2月上旬に買い付けた銘柄の利益確定および含み益を伸ばすことに集中。その期間はほとんど買いつけていなかったのです。いつも通り「下げれば買って、騰がれば売る」この基本を守りました。

是非ご覧下さいませ じー !!

「勉強できる私の買い付け」とは
勉強していただけると判断した私の取引を、1ヶ月数銘柄(1週間に1銘柄程度)を限定で紹介しているブログです。
私からの配信を希望されていらっしゃる方へは、買い付けた当日に「目先の上値と下値予想」「買い付け理由」などをお伝えする他、相場が動き始めると「私の投資法~狙っている銘柄やセクターなど」も全てお伝えしています。ちなみに、上記しています「米国株について」は平日の朝8時頃に配信。(余談)買い付け後の配信なので買いを煽っているように見えるかもしれませんが、売買する銘柄のほとんどが東証1部の主力なので全く影響はありません。
「勉強できる私の買い付け」は hand02[1]  こちら
「配信についての詳しい説明」は hand02[1]  こちら


「 日本株について 」
米国株の上昇および中国の新たな景気刺激策が大きな買い材料となりました。窓を空けて寄り付いた後も右肩上がりの展開となり、11100円(186円高)を簡単に突破。11150円まで上げ幅を拡大して前場の取引を終了しました。後場は全く動かず11150円付近のまま大引け。後場の値幅は20円程度でした。

日経平均 日中足チャート
100426j532.gif

○米国株の堅調さと中国の新たな景気刺激策が買いを誘う
米国株は相次ぐ好決算と改善示す経済指標で堅調に推移。そこへ中国が8月にも4兆円規模の景気刺激策を実施すると伝えられたことで寄り付きから大口の買いが連発。一気に窓を空ける急騰へつながりました。ただ、中国株は取引開始直後こそ高かったもののすぐにマイナス圏まで下落。一方、日本株は売られることなく高値を維持し続けていますので、どちらかといえば米国株の堅調さが強く影響していたように感じました。

○決算前でも急騰。これも相場
ここで、もう一度「米国株について」の項で書いていた内容を。
直近の強い相場が良い例ですが、多くの市場関係者は「好決算期待で買われているので相場は既に織込み済み」「過去の経験則でも、好決算期待で買われている時は決算が進むにつれ相場が下落」という見立てが大勢でした。ところが、なんと8週連続で上昇を続けているのです。これが相場。3ヶ月や半年先の予想などできるはずがありません。そんなことができるなら、世界長者番付の上位にファンドマネジャーの多くが名前を連ねるはずです。

こういった見立てを日本株に当てはめると「これからは日本企業の決算が本格化するので、手控える投資家が増える」「米国と同じく好決算期待で買われているので織込み済み」「決算を見るまで買えない」「大型連休前の手控え、手仕舞い」といったところでしょうか。これは一般的な考え方ですし、こういった予測を立てるのはリスク回避につながるので間違いではないと思います。でも、251円高という凄まじい上昇になりました。決算前なのに何故?と不思議がる必要はありません。これが相場です。

○企業の年金費用が縮小
~記事より~
株式相場上昇により、主要企業の年金資産運用利回りが改善している。
上場企業1798社(新興、金融を除く)の年金資産は前期で約34兆円。積立不足は約14兆円。格付け投資情報センターが約130の企業年金を対象に集計した前期運用利回り14%を当てはめると、年金資産が約1割(3兆円)増になる。その点に限れば理論上は積立不足も同じ額だけ減る。

お役に立てる内容だった時は、以下3つのランキング全てをクリックして下さいね。
応援ボタン07.gif      にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ  kiss.gif
応援ボタンを押すとランキングサイトへ移動しますが、必要なければ閉じて下さい。


テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

寄り付き前の外国証券経由売買動向
4月26日 月曜日

株日記は夕方5時頃に更新します ちな♪

○寄り付き前の外国証券経由売買動向
売り2420万株 買い1970万株

差し引き450万株の売り越し
金額ベースでも売り越し

お役に立てる内容だった時は、以下3つのランキング全てをクリックして下さいね。
応援ボタン07.gif      にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ  kiss.gif
応援ボタンを押すとランキングサイトへ移動しますが、必要なければ閉じて下さい。


テーマ:投資に役立つデータ - ジャンル:株式・投資・マネー



私が作成したホームページ

私が作成したホームページ
「素人投資家の挑戦」

私の取引

こちらは、私の取引から勉強していただけると判断したものを、1ヶ月数銘柄(1週間に1銘柄程度)限定で紹介しているブログです。
「勉強できる私の買い付け」

プロフィール

【プロフィール】
〇名前 masa
〇年齢 40代
全くの素人から僅かな資金で株式投資を始めましたが、株式投資だけで生活できるようになりました。運用資金に対して少額分散投資と買値から1割減の損切りを徹底。「安くなれば買い、高くなれば売り、安くなるまで待つ」この単純な投資を繰り返しています。

Archives

相互リンク 五十音順

検索フォーム

ご注意

この株日記は、私の独断と偏見によって書いているものです。当ブログの運営は購読を目的としたものであり、投資顧問業ではありません。よって、具体的な売買の指示およびご案内は致しかねます。又、内容に関して正確性および安全性を保障するものではありませんのでご理解願います。当サイトをご利用のうえ、被ったいかなる損害についても「素人投資家の挑戦」管理人masaは一切の責任を負いませんので、ご了承下さいませ。