素人投資家の株日記
株式投資で生活できるようになりました
06 | 2018/07 | 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

日銀金融政策決定会合は無事通過
株日記は特別な事情がない限り、平日の夕方に更新しますちな♪
株日記および「勉強できる私の買い付け」などの更新情報は、ホームページ「素人投資家の挑戦」右上にある新着情報でお知らせしますので、ご確認下さい。

スマートフォンでご覧になる場合、PCサイトの画面に設定すると(PCサイトを表示する設定)、画面下部の広告が表示されなくなります。

---------------------------------------------------------------------------

お知らせ
○ こちらの株日記が、情報誌に掲載されました。
廣済堂出版 ネットマネー 08年7月号
今月の最強株ブロガー

掲載内容をご紹介 ⇒ こちら

○ 私の投資法が、情報誌に掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 09年5月号
逆発想で稼いでいる人達の奥の手

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

○ こちらの株日記が、All About(オールアバウト)で紹介されました。
マネー投資「好パフォーマンスの個人投資家」 
11年10月
 掲載内容をご紹介 ⇒ こちら

○ 私の投資法が、情報誌に掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 13年3月号
株投資の裏ワザ!こんなテクニックで勝ち馬に乗ることができる!

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

○ 私の投資体験記が掲載されました。
ビッグローブ株式会社 サーイ・イサラ
14年8月号 ネット de 資産運用

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

○ 私の投資法が情報誌に掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 16年11月号
投資で勝ち続ける人の黄金リズム masaさんの ヒッソリ投資

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

〇私の「ヒッソリ投資」が増刊号で再掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 17年5月号 増刊
16年11月号で「私のヒッソリ投資」が掲載されたのですが、反響が大きく再掲載されました。


〇投資本との向き合い方が掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 17年6月号
一生「貧乏脳」の人、「金持ち脳」に変わる人。この習慣が決め手になる。

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

とても貴重な経験をさせていただき、感謝しております。この場を借りて、お礼申し上げます。

---------------------------------------------------------------------------

いただいたメールを、(プライベートな部分を省いて)順番に紹介しています。
niko.gif 掲示板 

メールはこちらからどうぞ
niko.gif メール

---------------------------------------------------------------------------

7月31日 火曜日

本日の日経平均は、前日比8円高の22553円になりました。
米国株は144ドル安の25306ドル。

「米国株について」
高値圏からの利益確定と戻り売りで、午前中は右肩下がり。午後に入ると一旦戻しますが、引けにかけて再び右肩下がりになってしまい144ドル安で取引終了。

米国株 日中足チャート
180731d.png

米国株 日足チャート
180731d2.png

〇主要3指数の動向
ダウ平均は0.57%安、ナスダックは1.39%安、S&P500指数は0.58%安。
前日と同じく、ナスダックの下げがとても大きい。

〇S&P500指数業種別
上昇率の高い順
電気通信、エネルギー、ヘルスケア

下落率の高い順
情報技術、資本財、一般消費財

〇ダウ構成銘柄の動向
16銘柄が上昇、 14銘柄が下落しました。
上昇率の高い順
メルク 2.08%高、シェブロン 1.48%高、ベライゾン 0.92%高

下落率の高い順
ビザ 3.01%安、アメリカン・エキスプレス 2.89%安、ボーイング 2.66%安

〇需給面が影響
前日と同じく、需給面が影響したと考えています。
----- 前週末に書いていた内容です -----
今の水準から上には2月下旬の高値そして26000ドルという大きな節目が控えている為、上値抵抗は強くなると考えています。
----- ここまで -----

個別でも似たような展開になっています。
下げが目立つ上位3銘柄について。
アメリカン・エキスプレス
海外決算の為替レートを顧客に無断で変更していたと報じられ、売りが膨らみました。高値を更新していただけに、利益確定が出やすかった。

ビザ
長期の上昇トレンド。直近は揉み合い上放れで高値を更新しましたが、前日から売りが膨らみ続落。高値圏での利益確定売り。

ボーイング
上値抵抗の壁まで上昇した為、利益確定と戻り売りが出やすい状況でした。

上記した3銘柄でダウ平均を114ドル押し下げています。

〇好決算のキャタピラーも需給面が影響
増収増益で1株利益も市場予想を上回る好決算となりましたが、株価は1.97%安。直近は戻り基調でしたが、上値に分厚い壁があるので利益確定と戻り売りが出やすい状況でした。

〇ナスダックが大幅続落
ダウ平均は0.57%安、S&P500指数は0.58%安に比べてナスダックは1.39%安と下げがきつくなっています。
前日は半導体大手インテルが失望決算で大きく売られましたが、本日は一旦下げ止まり0.02%高、但し、マイクロソフトが2.15%安、アップルが0.56%安。他、アマゾン、アルファベット(グーグル)、フェイスブックなど大型銘柄が軒並み下落。

〇目先の上値抵抗と下値抵抗
上値は25400ドルで、下値は25200ドルになると考えています。

本日は「勉強できる私の買い付け」を更新しています。

タイトルは・・・割安株の押し目買い

「勉強できる私の買い付け」とは
私の取引から勉強していただけると判断したものを、1ヶ月数銘柄(1週間に1銘柄程度)限定で紹介しているブログです。
「私の取引について」の詳しいご説明はhand02[1]こちら

「 日本株について 」
米国株安と日銀金融政策決定会合を前に、前場は売り先行。9時30分頃には安値となる192円安まで売られますが、100円戻して前引け。後場は決定会合の結果を受けて急騰、13時14分には高値となる134円高の22678円まで買われますが、14時頃には前日値を割り込む展開に。その後は再び上昇に転じるも引けにかけて売られてしまい8円高の22553円で取引終了。

日経平均 日中足チャート
180731j.png

日経平均 日足チャート
180731j2.png

〇東証1部の売買代金と騰落状況
売買代金は3兆2635億円、売買高は19億7243万株。
値上がり銘柄数は613、値下がり銘柄数は1436、変わらずは54銘柄でした。

〇業種別
8業種が上昇、25業種が下落
上昇率の高い順
海運、ゴム、鉱業、倉庫運輸、ガラス土石など

下落率の高い順
その他金融、銀行、電気・ガス、空運、パルプ・紙など

〇個別銘柄の動向
上昇率の高い順
日本電気硝子 9.08%高、商船三井 4.29%高、TDK 4.01%高、三菱倉庫 3.96%高、日本ハム 3.38%高

下落率の高い順
味の素 5.95%安、りそなHD 4.68%安、千葉銀行 4.56%安、三井住友トラストHD 4.33%安、コンコルディアFG 4.31%安

〇前場は売り先行
朝の(私の)予想では、米国株の下落による影響は限定的だと考えていました。
144ドル下落でも3銘柄で114ドル押し下げていますから、それを除けば30ドルほどしか下落していません。この3銘柄についても、為替レートで問題が出たアメリカン・エキスプレス、同業のビザ、航空機大手のボーイングなので、日本株全体に与える影響は限定的ではないかと。但し、決定会合の前に一旦手仕舞いする「キッカケ」の可能性はあると。

ハイテク(半導体)に売り材料
ハイテク比率の高いナスダックが大幅に続落しています。
前日は半導体大手インテルが失望決算で大きく売られましたが、本日は一旦下げ止まり0.02%高、但し、マイクロソフトが2.15%安、アップルが0.56%安となっており、日本のハイテク(半導体)へは売り材料になったと考えています。

日銀金融政策決定会合を前に一旦手仕舞い、手控え
これまでとは違う波乱含みの会合を前に、手仕舞いと手控えがあったと思いました。

〇後場は会合の結果を受けて乱高下
結果が長引いたことで、投資家心理は神経質に。
発表後は、およそ22450円から22678円まで200円を超える急騰。しかし、その後は1時間足らずで前日値を割り混む展開に。終値は8円高で、終わってみれば無難に通過という印象。

〇金融政策決定会合の結果
金利は据え置き、ETFの買い入れも年間6兆円ペースで据え置き。

変更されたのは、事前に報じられていたETFの買い入れ比率。
ETFの買い入れについては、TOPIX連動型ETF買い入れ比率の引き上げを決定。

26日に書いていたこと
----- ここから -----
ETFの購入配分を見直すと報じられています。日経平均連動型ETFの購入額を減らし、TOPIX連動型を増やすことなどが検討されるようです。決定された場合、225銘柄で構成される日経平均への影響は今より小さくなりますが、株式相場全体で考えると下支え要因になりますので大きな失望は無いと考えています。一方、年6兆円の予算を減額することも検討されるようですが、これは悪材料になりそうです。
----- ここまで -----

書いていました通り、225銘柄で構成される日経平均への影響は今より小さくなりますが、株式相場全体で考えると下支え要因になります。また、買い入れ額についても「変動する可能性がある」としながらも年間6兆円ペースで据え置き。
このようなことから、失望されることなく無事に通過したと考えています。

〇無事に済まなかったのが金融株
「金融緩和の見直し観測」で買われてきただけに、金利の据え置きは失望売りにつながりました。
金利の据え置きが発表されると、金融株が軒並み下落。業種別でも、その他金融が下落率トップ、次いで銀行になっています。日経平均採用銘柄では銀行が全て下落。

〇金融政策決定会合の後は予想するのが難しかった
朝の(私の)予想では、後場を予想するのが難しかったので前場の展開だけを考えていました。深読みせずに「なるようになる」「なるようになれ」で良しとしながら。

 ランキングへの応援(バナーをクリック)
お願い致します。

にほんブログ村 株ブログ 専業投資家へ  

皆さまからのクリック数で、ランキングの順位が決まります。クリックするとランキングサイトへ進みますが、必要なければそのまま閉じて下さい。

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

今までとは違うであろう日銀金融政策決定会合を前に様子見ムード
株日記は特別な事情がない限り、平日の夕方に更新しますちな♪
株日記および「勉強できる私の買い付け」などの更新情報は、ホームページ「素人投資家の挑戦」右上にある新着情報でお知らせしますので、ご確認下さい。

スマートフォンでご覧になる場合、PCサイトの画面に設定すると(PCサイトを表示する設定)、画面下部の広告が表示されなくなります。

---------------------------------------------------------------------------

お知らせ
○ こちらの株日記が、情報誌に掲載されました。
廣済堂出版 ネットマネー 08年7月号
今月の最強株ブロガー

掲載内容をご紹介 ⇒ こちら

○ 私の投資法が、情報誌に掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 09年5月号
逆発想で稼いでいる人達の奥の手

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

○ こちらの株日記が、All About(オールアバウト)で紹介されました。
マネー投資「好パフォーマンスの個人投資家」 
11年10月
 掲載内容をご紹介 ⇒ こちら

○ 私の投資法が、情報誌に掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 13年3月号
株投資の裏ワザ!こんなテクニックで勝ち馬に乗ることができる!

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

○ 私の投資体験記が掲載されました。
ビッグローブ株式会社 サーイ・イサラ
14年8月号 ネット de 資産運用

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

○ 私の投資法が情報誌に掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 16年11月号
投資で勝ち続ける人の黄金リズム masaさんの ヒッソリ投資

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

〇私の「ヒッソリ投資」が増刊号で再掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 17年5月号 増刊
16年11月号で「私のヒッソリ投資」が掲載されたのですが、反響が大きく再掲載されました。


〇投資本との向き合い方が掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 17年6月号
一生「貧乏脳」の人、「金持ち脳」に変わる人。この習慣が決め手になる。

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

とても貴重な経験をさせていただき、感謝しております。この場を借りて、お礼申し上げます。

---------------------------------------------------------------------------

いただいたメールを、(プライベートな部分を省いて)順番に紹介しています。
niko.gif 掲示板 

メールはこちらからどうぞ
niko.gif メール

---------------------------------------------------------------------------

7月30日 月曜日

本日の日経平均は、167円安の22544円になりました。
米国株は76ドル安の25451ドル。

「米国株について」
GDPを好感する買いが先行するも上値は重く、午前中は前日値を少し上回る水準で揉み合いに。午後は大口売りをキッカケに急落、安値で157ドル安まで売られるところがありました。その後は引けにかけて少しずつ戻し76ドル安で取引終了。

米国株 日中足チャート
180730d.png

米国株 日足チャート
180730d2.png

〇主要3指数の動向
ダウ平均は0.30%安、ナスダックは1.46%安、S&P500指数は0.66%安。
主要3指数が揃って下落。ナスダックはインテルの急落が影響して大幅安になりました。

〇S&P500指数業種別
上昇率の高い順
電気通信、金融、生活必需品

下落率の高い順
情報技術、不動産、ヘルスケア

〇ダウ構成銘柄の動向
13銘柄が上昇、 17銘柄が下落しました。
上昇率の高い順
シェブロン 1.63%高、ウォルグリーン 1.63%高、ベライゾン 1.62%高

下落率の高い順
インテル 8.59%安、エクソンモービル 2.75%安、シスコシステムズ 2.21%安

〇経済指標
4-6月期のGDP速報値は、年率換算で前期比4.1%増になりました。
前期の2.2%増(改定値)から急増。市場予想とは一致しましたが、強い数値は買い材料になったはず。

〇インテルが足を引っ張る
半導体大手インテルが失望決算で取引開始直後から急落。終値は8.59%安となり、1銘柄でダウ平均を30ドル押し下げました。
インテルが急落する中でも、他のハイテク(半導体)は概ね堅調に推移していましたが、徐々に下げていきマイナスへ。マイクロソフト 1.77%安、アップル 1.66%安、IBM 1.06%安。ハイ
テク比率の高いナスダックは1.46%安となり、ダウ平均とS&P500指数よりも下げがきつくなっています。

〇需給面からの影響もあり
前週末に書いていました通り、上値抵抗による影響もあったと考えています。
----- 前週末に書いていた内容です -----
今の水準から上には2月下旬の高値そして26000ドルという大きな節目が控えている為、上値抵抗は強くなると考えています。
----- ここまで -----

〇目先の上値抵抗と下値抵抗
上値は25550ドルで、下値は25350ドルになると考えています。

勉強できる私の買い付け」を更新しています。

タイトルは・・・安値拾いは楽しいな

「勉強できる私の買い付け」とは
私の取引から勉強していただけると判断したものを、1ヶ月数銘柄(1週間に1銘柄程度)限定で紹介しているブログです。
「私の取引について」の詳しいご説明はhand02[1]こちら

「 日本株について 」
米国株の下落が嫌気され、9時30分頃には200円近い下げ幅になりました。その後は買い戻され125円安で前引け。後場は安値でほとんど動かないまま167円安の22544円で取引終了。

日経平均 日中足チャート
180730j.png

日経平均 日足チャート
180730j2.png

〇東証1部の売買代金と騰落状況
売買代金は2兆2899億円、売買高は14億5078万株。
値上がり銘柄数は908、値下がり銘柄数は1124、変わらずは70銘柄でした。

〇業種別
12業種が上昇、21業種が下落
上昇率の高い順
ゴム、銀行、鉱業、倉庫運輸、繊維など

下落率の高い順
石油石炭、医薬品、電気・ガス、サービス、精密機器など

〇個別銘柄の動向
上昇率の高い順
リコー 8.78%高、ヤフー 5.33%高、アルプス電気 4.73%高、沖電気工業 3.77%高、東宝 2.96%高

下落率の高い順
大日本住友製薬 12.64%安、太陽誘電 5.94%安、エーザイ 5.33%安、日本碍子 3.70%安、関西電力 3.60%安

〇米国株の下落が売り材料
ダウ平均は76ドル安となり、売り材料になったと考えています。
米国株の動向は日本株に大きく影響します。

〇ハイテク(半導体)に悪材料
米国では半導体インテルが大幅安となりナスダックも急落。これを受けて、日本のハイテクも売られましたが、私の予想よりも売られず嬉しい誤算に。

〇医薬品が弱い
大日本住友製薬が12.64%安となり、日経平均採用銘柄で下落率トップに。また、エーザイも大きく下げており、医薬品株全体に売りが波及した印象。業種別でも医薬品が下落率2位でした。

〇金融株がしっかり
米国では金融株の上昇が目立ちました。
ゴールドマン・サックス 0.22%高、JPモルガン・チェース 1.03%高、バンク・オブ・アメリカ 0.39%高、シティグループ 0.49%高、ウェルズファーゴ 0.55%高となって おり、S&P500指数でも金融株が上昇率2位。また、本日から始まっている日銀金融政策決定会合では「金融緩和の見直し観測」もあり、金融株にとって追い風に。業種別でも銀行が上昇率2位でした。

〇為替にらみの展開でしたが
現在1ドル111円の攻防になっています。引き続き為替にらみとなりますが、日銀金融政策決定会合を前に動かず株式相場への影響も限定的でした。

〇様子見ムード
本日から日銀金融政策決定会合、決算発表も本格化。前場は動きましたが、後場は安値でほとんど動かず様子見ムード。
今までとは違うであろう金融政策決定会合を前に、様子見する投資家とAIが増えている印象です。

〇反落
朝の(私の)予想では、日経平均の下値を22550円になると考えていました。
本日の安値22518円、終値22544円なので概ね予想通り。

 ランキングへの応援(バナーをクリック)
お願い致します。

にほんブログ村 株ブログ 専業投資家へ  

皆さまからのクリック数で、ランキングの順位が決まります。クリックするとランキングサイトへ進みますが、必要なければそのまま閉じて下さい。

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

利益確定と戻り売りをこなして3ケタ上昇
株日記は特別な事情がない限り、平日の夕方に更新しますちな♪
株日記および「勉強できる私の買い付け」などの更新情報は、ホームページ「素人投資家の挑戦」右上にある新着情報でお知らせしますので、ご確認下さい。

スマートフォンでご覧になる場合、PCサイトの画面に設定すると(PCサイトを表示する設定)、画面下部の広告が表示されなくなります。

---------------------------------------------------------------------------

お知らせ
○ こちらの株日記が、情報誌に掲載されました。
廣済堂出版 ネットマネー 08年7月号
今月の最強株ブロガー

掲載内容をご紹介 ⇒ こちら

○ 私の投資法が、情報誌に掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 09年5月号
逆発想で稼いでいる人達の奥の手

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

○ こちらの株日記が、All About(オールアバウト)で紹介されました。
マネー投資「好パフォーマンスの個人投資家」 
11年10月
 掲載内容をご紹介 ⇒ こちら

○ 私の投資法が、情報誌に掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 13年3月号
株投資の裏ワザ!こんなテクニックで勝ち馬に乗ることができる!

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

○ 私の投資体験記が掲載されました。
ビッグローブ株式会社 サーイ・イサラ
14年8月号 ネット de 資産運用

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

○ 私の投資法が情報誌に掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 16年11月号
投資で勝ち続ける人の黄金リズム masaさんの ヒッソリ投資

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

〇私の「ヒッソリ投資」が増刊号で再掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 17年5月号 増刊
16年11月号で「私のヒッソリ投資」が掲載されたのですが、反響が大きく再掲載されました。


〇投資本との向き合い方が掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 17年6月号
一生「貧乏脳」の人、「金持ち脳」に変わる人。この習慣が決め手になる。

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

とても貴重な経験をさせていただき、感謝しております。この場を借りて、お礼申し上げます。

---------------------------------------------------------------------------

いただいたメールを、(プライベートな部分を省いて)順番に紹介しています。
niko.gif 掲示板 

メールはこちらからどうぞ
niko.gif メール

---------------------------------------------------------------------------

7月27日 金曜日

本日の日経平均は、前日比125円高の22712円になりました。
米国株は112ドル高の25527ドル。

「米国株について」
前日の流れが続いて買い先行。その後も売り込まれることなく、高値揉み合いのまま112ドル高で取引終了。

米国株 日中足チャート
180727d.png

米国株 日足チャート
180727d2.png

〇主要3指数の動向
ダウ平均は0.44%高、ナスダックは1.01%安、S&P500指数は0.30%安。
フェイスブックの急落による影響で、ナスダックは大きく下落。

〇S&P500指数業種別
上昇率の高い順
公益、エネルギー、資本財

下落率の高い順
情報時術、一般消費財、ヘルスケア

〇ダウ構成銘柄の動向
20銘柄が上昇、 10銘柄が下落しました。
上昇率の高い順
トラベラーズ 2.54%高、ウォルト・ディズニー 2.10%高、スリーエム 1.75%高

下落率の高い順
マクドナルド 1.73%安、マイクロソフト 1.09%安、ホームデポ 0.80%安

〇経済指標
6月の耐久財受注は、前月比1.0%増になりました。
5月の0.3%減から大きく上昇。市場予想は下回っていますが、持ち直しの兆しが見えたことでプラス材料に。

〇フェイスブックの急落でナスダックが大幅安
フェイスブックが19%の急落となり、ナスダックに大きく影響しました。

〇前回高値突破で売り手少なく
6月中旬の高値を完全に上回ったことで、売り出す投資家とAIは少なかった印象。前回の高値付近では利益確定と戻り売りも出やすくなりますが、完全に上抜けると安心感が出てきます。

〇上値抵抗は強くなってくる
安心感が出てくる一方で、今の水準から上には2月下旬の高値そして26000ドルという大きな節目が控えている為、上値抵抗は強くなると考えています。

〇目先の上値抵抗と下値抵抗
上値は25650ドルで、下値は25400ドルになると考えています。

勉強できる私の買い付け」を更新しています。

タイトルは・・・安値拾いは楽しいな

「勉強できる私の買い付け」とは
私の取引から勉強していただけると判断したものを、1ヶ月数銘柄(1週間に1銘柄程度)限定で紹介しているブログです。
「私の取引について」の詳しいご説明はhand02[1]こちら

「 日本株について 」
良好な外部要因を受けて100円ほど上昇しますが、11時頃には前日値付近まで急落。その後は買い戻されて前引け。後場は戻した水準で長く揉み合いますが、最後の30分で上放れすると125円高の22712円で取引終了。

日経平均 日中足チャート
180727j.png

日経平均 日足チャート
180727j2.png

〇東証1部の売買代金と騰落状況
売買代金は2兆1679億円、売買高は13億8133万株。
値上がり銘柄数は1398、値下がり銘柄数は623、変わらずは80銘柄でした。

〇業種別
28業種が上昇、4業種が下落、1業種(石油石炭)が変わらず
上昇率の高い順
化学、鉱業、ゴム、陸運、保険など

下落率の高い順
証券商品先物、繊維、建設、水産・農林

〇個別銘柄の動向
上昇率の高い順
富士電機 5.98%高、ヤフー 3.14%高、信越化学工業 3.10%高、花王 2.86%高、IHI 2.76%高

下落率の高い順
野村HD 5.79%安、日産化学 2.34%安、三菱自動車 2.22%安、住友大阪セメント 1.69%安、楽天 1.63%安

〇米国株高が買い材料
ダウ平均は112ドル上昇しており、買い材料になりました。

〇ナスダック下落でもハイテク(半導体)関連への影響は限定的
ダウ平均の0.44%高に対してハイテク比率の高いナスダックは1.01%安と大きく下げていますが、フェイスブックによる影響が大きく(損失補てんの同業種他銘柄売りもあり)、ハイテク全体で考えると一時的な下げだと考えています。よって、日本のハイテクへの売り圧力は限定的となり、上昇するものが多くありました。

〇欧州3市場の上昇は織込み済み
イギリス(FTSE)0.06%高、ドイツ(DAX)1.83%高、フランス(CAC)1.00%高。米欧合意で貿易問題への懸念が後退、とくにドイツとフランスが大きく上昇しています。欧州市場の上昇は買い材料ですが、米欧合意は前日の情報で日本株へも織込み済み。よって、「少しだけ」買い材料になったと思いました。

〇輸出関連株にプラス材料
前日は1ドル111円を割り込み一時110円半ばまで円高になりましたが、111円台回復で輸出関連株にはプラス材料となりました。
自動車はまちまちですが、電気機器は多くの銘柄が上昇しています。

〇機械株にプラス材料
ダウ構成銘柄では、建設機械のキャタピラーが上昇率4位で1.49%高。業種別でも資本財が上昇率3位になっており、機械株にはプラス材料。前日は失速しましたが、本日は(上昇率は高くありませんが)戻してきました。

〇石油関連株にプラス材料
原油価格の上昇を受けて、米国ではエネルギー関連の上昇率がトップに。これは日本の石油関連株にプラス材料ですが、高安まちまちとなりました。

〇様子見ムードの中、前場は利益確定と戻り売り
来週は早々に(波乱含みの)日銀金融政策決定会合、国内決算発表では本日185件が予定されています。来週は水曜(88件)以外100件を超える発表が続き1週間で1041件。8月14日(火)まで決算発表シーズンになります。

これを前に様子見する投資家とAIが増えている印象。日中足が示すとおり短時間の大口売買以外はほとんど動いておらず、東証1部の売買代金も2兆1679億円しかない閑散相場。また、イベント前の利益確定と戻り売りも出ており、10時30分の(前場での)高値から30分で100円近く下げるところがありました。

 ランキングへの応援(バナーをクリック)
お願い致します。

にほんブログ村 株ブログ 専業投資家へ  

皆さまからのクリック数で、ランキングの順位が決まります。クリックするとランキングサイトへ進みますが、必要なければそのまま閉じて下さい。

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

4銘柄で日経平均を141円も押し下げた。結果27円安でも30業種が上昇、全体の8割が上昇する全面高
株日記は特別な事情がない限り、平日の夕方に更新しますちな♪
株日記および「勉強できる私の買い付け」などの更新情報は、ホームページ「素人投資家の挑戦」右上にある新着情報でお知らせしますので、ご確認下さい。

スマートフォンでご覧になる場合、PCサイトの画面に設定すると(PCサイトを表示する設定)、画面下部の広告が表示されなくなります。

---------------------------------------------------------------------------

お知らせ
○ こちらの株日記が、情報誌に掲載されました。
廣済堂出版 ネットマネー 08年7月号
今月の最強株ブロガー

掲載内容をご紹介 ⇒ こちら

○ 私の投資法が、情報誌に掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 09年5月号
逆発想で稼いでいる人達の奥の手

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

○ こちらの株日記が、All About(オールアバウト)で紹介されました。
マネー投資「好パフォーマンスの個人投資家」 
11年10月
 掲載内容をご紹介 ⇒ こちら

○ 私の投資法が、情報誌に掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 13年3月号
株投資の裏ワザ!こんなテクニックで勝ち馬に乗ることができる!

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

○ 私の投資体験記が掲載されました。
ビッグローブ株式会社 サーイ・イサラ
14年8月号 ネット de 資産運用

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

○ 私の投資法が情報誌に掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 16年11月号
投資で勝ち続ける人の黄金リズム masaさんの ヒッソリ投資

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

〇私の「ヒッソリ投資」が増刊号で再掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 17年5月号 増刊
16年11月号で「私のヒッソリ投資」が掲載されたのですが、反響が大きく再掲載されました。


〇投資本との向き合い方が掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 17年6月号
一生「貧乏脳」の人、「金持ち脳」に変わる人。この習慣が決め手になる。

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

とても貴重な経験をさせていただき、感謝しております。この場を借りて、お礼申し上げます。

---------------------------------------------------------------------------

いただいたメールを、(プライベートな部分を省いて)順番に紹介しています。
niko.gif 掲示板 

メールはこちらからどうぞ
niko.gif メール

---------------------------------------------------------------------------

7月26日 木曜日

本日の日経平均は、前日比27円安の22586円になりました。
米国株は172ドル高の25414ドル。

「米国株について」
ボーイングの下落と経済指標の悪化を受け、午前中の安値で128ドル安まで売られるところがありました。お昼ごろには下げ幅を縮小させ、午後は25200ドル付近での揉み合いから25250ドルの揉み合いへ。その後、取引終了30分前に欧州との貿易問題でいくつかの合意があったと伝わると急騰。大幅高で取引を終えました。

米国株 日中足チャート
180726d.png

米国株 日足チャート
180726d2.png

〇主要3指数の動向
ダウ平均は0.68%高、ナスダックは1.17%高、S&P500指数は0.91%高。
ナスダックは過去最高値を更新。

〇S&P500指数業種別
上昇率の高い順
情報技術、資本財、ヘルスケア

下落率の高い順
電気通信のみ下落

〇ダウ構成銘柄の動向
25銘柄が上昇、 5銘柄が下落しました。
上昇率の高い順
マイクロソフト 2.94%高、ナイキ 2.16%高、ビザ 1.86%高

下落率の高い順
ベライゾン 1.16%安、ボーイング 0.66%安、ジョンソン&ジョンソン 0.57%安

〇午前中の下落はボーイングが影響
午前中のダウ平均は下げていましたが、これはボーイングの影響。その後、ボーイングが戻るにつれてダウ平均も下げ幅を縮小させました。

〇新築住宅販売の落ち込みは売り材料
6月の新築住宅販売は、年率換算で63万1000戸。
前月比5.3%の減少で、市場予想も大きく下回っています。前月分も68万9000戸から66万6000戸に下方修正されました。

中古住宅販売も減少しており、経済に大きく影響する住宅販売の落ち込みが懸念材料になってきそうです。

〇米欧合意で貿易問題への懸念が後退
工業製品に対する関税引き下げなどの合意があり、貿易問題に対する懸念が後退。これが大きな買い材料となり、最後の30分で150ドルを超える上げ幅になりました。

〇目先の上値抵抗と下値抵抗
上値は25500ドルで、下値は25300円になりました。

前日に「勉強できる私の買い付け」を更新しています。

タイトルは・・・安値拾いは楽しいな

「勉強できる私の買い付け」とは
私の取引から勉強していただけると判断したものを、1ヶ月数銘柄(1週間に1銘柄程度)限定で紹介しているブログです。
「私の取引について」の詳しいご説明はhand02[1]こちら

「 日本株について 」
米国株高および米欧間での貿易問題に対する合意を受けて買い先行。100円ほど上昇して寄り付きますが、30分後には50円安まで急落。その後、前日値を回復しますが再び売り込まれて前引け。後場は小安いところでほとんど動かないまま27円安の22586円で取引終了。

日経平均 日中足チャート
180726d_20180726154411e29.png

日経平均 日足チャート
180726d2_201807261544125e9.png

〇東証1部の売買代金と騰落状況
売買代金は2兆3957億円、売買高は12億5281万株。
値上がり銘柄数は1733、値下がり銘柄数は309、変わらずは61銘柄でした。

〇業種別
30業種が上昇、2業種が下落
上昇率の高い順
鉱業、陸運、ガラス土石、建設、電気・ガスなど

下落率の高い順
医薬品、情報・通信

〇個別銘柄の動向
上昇率の高い順
アドバンテスト 6.28%高、松井証券 4.59%高、東京電力 3.47%高、日本板硝子 3.14%高、大林組 3.06%高

下落率の高い順
エーザイ 10.09%安、東邦亜鉛 4.31%安、三菱自動車工業 4.03%安、ファナック 3.65%安、ソフトバンク 3.30%安

〇米国株高と米欧合意が買い材料
米欧間での貿易問題に関する合意があり、ダウ平均は172ドル高。これが買い材料となり、100円ほど上昇して寄り付きました。

〇ハイテク(半導体)にプラス材料
ハイテク比率の高いナスダックが大幅高となり、過去最高値を更新しました。取引終了30分前まで、ダウ平均は売り先行の後に前日値を回復する程度でしたが、ナスダックは終始堅調。強さを感じさせるナスダックは日本のハイテクにもプラス材料となりました。

日経平均に寄与した順では、トップ3に東京エレクトロン、アドバンテスト、信越化学工業が並んでいます。他、ハイテク銘柄の多くが上昇しています。

〇機械と鉄鋼が失速
米欧間での貿易問題に対する合意は、米中間での貿易問題にも良い影響を与えそう。米国株では建設機械大手のキャタピラーが大きく上昇、S&P500指数業種別でも資本財が上昇率2位になっています。これを受けて、機械と鉄鋼は買い先行になるも早々に上げ幅縮小。バトンタッチせずに相場を牽引し続けた為、息切れしたかもしれません。(詳しい内容は直近の株日記をご覧下さいませ)
日経平均採用銘柄の機械と鉄鋼は高安まちまち。

〇自動車が買われた
上記しています通り、米欧間での貿易問題に対する合意は、米中間での貿易問題にも良い影響を与えそう。
追加関税で大きく揺れている自動車株にも連想買いが入り、1銘柄を除いた全ての銘柄が上昇しました。

〇欧州の下落は関係無し
欧州3市場は揃って下落しましたが、後の米欧合意は反映されていません。よって、欧州の下落は売り材料にならず。

〇ETFの購入見直し
30日と31日に予定されている日銀金融政策決定会合で、ETFの購入配分を見直すと報じられています。日経平均連動型ETFの購入額を減らし、TOPIX連動型を増やすことなどが検討されるようです。決定された場合、225銘柄で構成される日経平均への影響は今より小さくなりますが、株式相場全体で考えると下支え要因になりますので大きな失望は無いと考えています。一方、年6兆円の予算を減額することも検討されるようですが、これは悪材料になりそうです。

〇全体では堅調
日経平均が27円安なのに、33業種のうち30業種が上昇。値上がり銘柄数は1733で全体の8割が上昇しています。
この背景には、日経平均を押し下げた4銘柄が大きく影響しています。

エーザイが10.09%の急落で日経平均を42円押し下げました。その次が、ソフトバンク 35円、ファーストリテイリング 34円、ファナック 30円となり、この4銘柄で141円も押し下げています。逆に言えば、他の銘柄で100円以上押し上げていることになり、堅調な相場展開という印象。

 ランキングへの応援(バナーをクリック)
お願い致します。

にほんブログ村 株ブログ 専業投資家へ  

皆さまからのクリック数で、ランキングの順位が決まります。クリックするとランキングサイトへ進みますが、必要なければそのまま閉じて下さい。

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

機械と鉄が飛んでいる
株日記は特別な事情がない限り、平日の夕方に更新しますちな♪
株日記および「勉強できる私の買い付け」などの更新情報は、ホームページ「素人投資家の挑戦」右上にある新着情報でお知らせしますので、ご確認下さい。

スマートフォンでご覧になる場合、PCサイトの画面に設定すると(PCサイトを表示する設定)、画面下部の広告が表示されなくなります。

---------------------------------------------------------------------------

お知らせ
○ こちらの株日記が、情報誌に掲載されました。
廣済堂出版 ネットマネー 08年7月号
今月の最強株ブロガー

掲載内容をご紹介 ⇒ こちら

○ 私の投資法が、情報誌に掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 09年5月号
逆発想で稼いでいる人達の奥の手

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

○ こちらの株日記が、All About(オールアバウト)で紹介されました。
マネー投資「好パフォーマンスの個人投資家」 
11年10月
 掲載内容をご紹介 ⇒ こちら

○ 私の投資法が、情報誌に掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 13年3月号
株投資の裏ワザ!こんなテクニックで勝ち馬に乗ることができる!

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

○ 私の投資体験記が掲載されました。
ビッグローブ株式会社 サーイ・イサラ
14年8月号 ネット de 資産運用

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

○ 私の投資法が情報誌に掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 16年11月号
投資で勝ち続ける人の黄金リズム masaさんの ヒッソリ投資

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

〇私の「ヒッソリ投資」が増刊号で再掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 17年5月号 増刊
16年11月号で「私のヒッソリ投資」が掲載されたのですが、反響が大きく再掲載されました。


〇投資本との向き合い方が掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 17年6月号
一生「貧乏脳」の人、「金持ち脳」に変わる人。この習慣が決め手になる。

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

とても貴重な経験をさせていただき、感謝しております。この場を借りて、お礼申し上げます。

---------------------------------------------------------------------------

いただいたメールを、(プライベートな部分を省いて)順番に紹介しています。
niko.gif 掲示板 

メールはこちらからどうぞ
niko.gif メール

---------------------------------------------------------------------------

7月25日 水曜日

本日の日経平均は、103円高の22614円になりました。
米国株は197ドル高の25241ドル。

「米国株について」
好決算銘柄とエネルギー株が相場を牽引。午後に入ると高値となる242ドル高の25286ドルまで買われるところがありました。その後は100ドルほど上げ幅を縮小させますが、引けにかけて買い戻され197ドル高で取引終了。

米国株 日中足チャート
180725d.png

米国株 日足チャート
180725d2.png

〇主要3指数の動向
ダウ平均は0.79%高、ナスダックは0.01%安、S&P500指数は0.48%高
ダウ平均は4日ぶりの反発。

〇S&P500指数業種別
上昇率の高い順
電気通信、エネルギー、素材

下落率の高い順
不動産、一般消費財

〇ダウ構成銘柄の動向
23銘柄が上昇、 6銘柄が下落、1銘柄が変わらず。
上昇率の高い順
ユナイテッド・テクノロジーズ 3.76%高、ジョンソン&ジョンソン 2.16%高、シェブロン 2.08%高

下落率の高い順
ナイキ 1.38%安、マクドナルド 0.51%安、ウォルト・ディズニー 0.35%安

〇ナスダックの上値が重い
ハイテク(半導体)の比率が高いナスダックは、取引時間中に過去最高値を更新するも終値は0.01%安。フィラデルフィア半導体指数も下落。

〇航空機関連が相場を牽引
好決算を発表した航空機・機械のユナイテッド・テクノロジーズが大幅に上昇。航空機のボーイングも買われ、2銘柄でダウ平均を67ドル押し上げました。

〇エネルギー株も相場を牽引
原油価格の上昇が好感され、シェブロンとエクソンモービルも大きく上昇。2銘柄でダウ平均を28ドル押し上げています。

〇前回高値が意識されそう
6月上旬に25400ドルまで上昇した後、下旬には24000ドルまで下落。
大きな転換点となった高値水準だけに、利益確定売りと戻り売りが出てくるかも。但し、前回のような下落を想定する投資家とAIはほとんどいないはず。

〇目先の上値抵抗と下値抵抗
上値は25400ドルで、下値は25100ドルになると考えています。

本日は「勉強できる私の買い付け」を更新しています。

タイトルは・・・安値拾いは楽しいな

「勉強できる私の買い付け」とは
私の取引から勉強していただけると判断したものを、1ヶ月数銘柄(1週間に1銘柄程度)限定で紹介しているブログです。
「私の取引について」の詳しいご説明はhand02[1]こちら

「 日本株について 」
欧米市場の上昇が買い材料になるも、前場は売り買い交錯で乱高下。後場は100円ほど上昇した水準で落ち着き、そのまま103円高の22614円で取引終了。

日経平均 日中足チャート
180725j.png

日経平均 日足チャート
180725j2.png

〇東証1部の売買代金と騰落状況
売買代金は1兆9846億円、売買高は11億3815万株。
値上がり銘柄数は1267、値下がり銘柄数は729、変わらずは106銘柄でした。

〇業種別
23業種が上昇、10業種が下落
上昇率の高い順
石油石炭、非鉄金属、鉄鋼、化学、パルプ・紙など

下落率の高い順
陸運、水産・農林、不動産、海運、その他金融など

〇個別銘柄の動向
上昇率の高い順
千代田化工建設 4.59%高、東邦亜鉛 4.50%高、昭和電工 4.15%高、古河電気工業 4.00%高、信越化学工業 3.94%高

下落率の高い順
三菱自動車工業 3.88%安、住友大阪セメント 2.77%安、コナミ 2.74%安、スカパー 2.52%安、SCREEN 2.22%安

〇米国株高が買い材料
およそ2業種でダウ平均を100ドル近く押し上げていますが、それを差し引いてもダウ平均は100ドル近い上昇になっている為、日本株への買い材料になったと考えています。

〇欧州市場の大幅高も買い材料
イギリス(FTSE)0.70%高、ドイツ(DAX)1.12%高、フランス(CAC)1.04%高となっており、3市場揃って大幅高。これも日本株への買い材料。

〇為替の落ち着きも買い材料
急激な円高になっていましたが、1ドル111円前半で推移。
為替にらみの神経質な展開でしたが、ドル円相場の落ち着きは少しだけ買い材料になったと考えています。

〇機械と鉄が飛ぶ
前日の相場は、前場を金融が牽引して後場は機械と鉄鋼へバトンタッチするリレー相場になっていました。一夜明けても機械と鉄鋼の勢いは止まらず、逆に金融株はバトンを渡した途端にお休みしています。

日経平均採用銘柄では、機械株と鉄鋼株が全て上昇。
重たいのによく飛びます。

〇石油関連株の上昇も目立ちました
米国では原油高を受けてエネルギー関連が相場を牽引。
この流れを受けて、石油関連株が買われました。業種別では上昇率トップ。

〇売り買い交錯
後場は100円ほど上昇した水準で落ち着きましたが、前場は乱高下しました。
結果は103円高ですが、売りもそれなりに出た1日。

〇超のつく閑散相場
東証1部の売買代金は前日から更に減少して1兆9846億円でした。
積極的に売買する投資家とAIが少なくなっています。

 ランキングへの応援(バナーをクリック)
お願い致します。

にほんブログ村 株ブログ 専業投資家へ  

皆さまからのクリック数で、ランキングの順位が決まります。クリックするとランキングサイトへ進みますが、必要なければそのまま閉じて下さい。

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

見事なバトンタッチをみせたリレー相場
株日記は特別な事情がない限り、平日の夕方に更新しますちな♪
株日記および「勉強できる私の買い付け」などの更新情報は、ホームページ「素人投資家の挑戦」右上にある新着情報でお知らせしますので、ご確認下さい。

スマートフォンでご覧になる場合、PCサイトの画面に設定すると(PCサイトを表示する設定)、画面下部の広告が表示されなくなります。

---------------------------------------------------------------------------

お知らせ
○ こちらの株日記が、情報誌に掲載されました。
廣済堂出版 ネットマネー 08年7月号
今月の最強株ブロガー

掲載内容をご紹介 ⇒ こちら

○ 私の投資法が、情報誌に掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 09年5月号
逆発想で稼いでいる人達の奥の手

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

○ こちらの株日記が、All About(オールアバウト)で紹介されました。
マネー投資「好パフォーマンスの個人投資家」 
11年10月
 掲載内容をご紹介 ⇒ こちら

○ 私の投資法が、情報誌に掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 13年3月号
株投資の裏ワザ!こんなテクニックで勝ち馬に乗ることができる!

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

○ 私の投資体験記が掲載されました。
ビッグローブ株式会社 サーイ・イサラ
14年8月号 ネット de 資産運用

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

○ 私の投資法が情報誌に掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 16年11月号
投資で勝ち続ける人の黄金リズム masaさんの ヒッソリ投資

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

〇私の「ヒッソリ投資」が増刊号で再掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 17年5月号 増刊
16年11月号で「私のヒッソリ投資」が掲載されたのですが、反響が大きく再掲載されました。


〇投資本との向き合い方が掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 17年6月号
一生「貧乏脳」の人、「金持ち脳」に変わる人。この習慣が決め手になる。

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

とても貴重な経験をさせていただき、感謝しております。この場を借りて、お礼申し上げます。

---------------------------------------------------------------------------

いただいたメールを、(プライベートな部分を省いて)順番に紹介しています。
niko.gif 掲示板 

メールはこちらからどうぞ
niko.gif メール

---------------------------------------------------------------------------

7月24日 火曜日

本日の日経平均は、前日比113円高の22510円になりました。
米国株は13ドル安の25044ドル。

「米国株について」
午前中は25000ドルから前日値の間で上下しましたが、午後は前日値付近でほとんど動かないまま取引終了。

米国株 日中足チャート
180724d.png

米国株 日足チャート
180724d2.png

〇主要3指数の動向
ダウ平均は0.06%安、ナスダックは0.28%高、S&P500指数は0.18%高
ナスダックは4日ぶりに反発、S&P500指数は3日ぶりの反発。

〇S&P500指数業種別
上昇率の高い順
金融、情報技術、ヘルスケア

下落率の高い順
公益、資本財、生活必需品

〇ダウ構成銘柄の動向
16銘柄が上昇、 13銘柄が下落、1銘柄が変わらず。
上昇率の高い順
JPモルガン・チェース 1.86%高、マイクロソフト 1.60%高、アメリカン・エキスプレス 1.07%高

下落率の高い順
スリーエム 1.54%安、シェブロン 0.77%安、トラベラーズ 0.77%安

〇経済指標
6月の中古住宅販売は538万戸になりました。
前月比0.6%減で3ヶ月連続で減少。市場予想も大きく下回っています。

〇金融株とハイテクが強い
JPモルガン・チェース、ゴールドマン・サックス、マイクロソフト、インテルなど金融とハイテクの上昇が目立ちました。

〇方向感は出ず
午前中は少し上下しましたが、午後は前日値付近でほとんど動かず。
方向感の出ない1日でした。

〇目先の上値抵抗と下値抵抗
上値は25150ドルで、下値は24950ドルになると考えています。

勉強できる私の買い付け」を更新しています。

タイトルは・・・ダマシをかわして底拾い

「勉強できる私の買い付け」とは
私の取引から勉強していただけると判断したものを、1ヶ月数銘柄(1週間に1銘柄程度)限定で紹介しているブログです。
「私の取引について」の詳しいご説明はhand02[1]こちら

「 日本株について 」
外部環境の落ち着きを受けて買い先行。10時過ぎには前日値近くまで上げ幅を縮小させますが、高値圏まで戻して前引け。後場は高値揉み合いのまま113円高の22510円で取引終了。

日経平均 日中足チャート
180724j.png

日経平均 日足チャート
180724j2.png

〇東証1部の売買代金と騰落状況
売買代金は2兆392億円、売買高は12億4650万株。
値上がり銘柄数は1443、値下がり銘柄数は564、変わらずは96銘柄でした。

〇業種別
28業種が上昇、5業種が下落
上昇率の高い順
鉄鋼、機械、非鉄金属、不動産、建設など

下落率の高い順
食料品、医薬品、空運、サービス、陸運

〇個別銘柄の動向
上昇率の高い順
日立建機 6.15%高、小松製作所 5.43%高、古河機械金属 5.19%高、太陽誘電 4.58%高、東邦亜鉛 4.29%高

下落率の高い順
楽天 4.17%安、昭和電工 2.69%安、キリンHD 2.15%安、エーザイ 1.87%安、明治HD 1.77%安

〇米国株の展開が好感された
ダウ平均は僅かに下落しましたが、ナスダックが4営業日ぶりの反発、S&P500指数は3日ぶりに反発しました。共に控えめな上昇ですが、一旦下げ止まる動きは日本株への買い安心感に。

〇金融にプラス材料
米国株では金融の上昇も目立ちました。JPモルガン・チェース 1.86%高、ゴールドマン・サックス 0.89%高、バンク・オブ・アメリカ 0.26%高、シティグループ 1.43% 高、ウェルズ・ファーゴ 2.82%高。このように金融の上昇率がとても高くなっており、日本の金融にも大きなプラス材料となりました。加えて、前日の「金融緩和の見直し観測」による金融株大幅高。この流れも追い風に、前場は金融株が相場を牽引しました。

〇後場は機械と鉄鋼が牽引
前場は金融株が相場を牽引、後場は機械と鉄鋼が牽引。
見事なバトンタッチをみせたリレー相場。

日経平均採用銘柄では、機械が2銘柄を除いて全て上昇。鉄鋼は全て上昇。銀行は1銘柄が下落、2銘柄が変わらず、他は全て上昇。

〇円高一服で買戻し
現在1ドル111円前半。急激な円高が一旦止まったことで、輸出関連株に買い戻す動き。自動車株は1銘柄が下落、1銘柄が変わらず、後は全て上昇しています。

〇食料品と医薬品が弱い
日経平均採用銘柄では、食品が2銘銘柄を除いて全て下落。医薬品は1銘柄を除いて全て下落。

〇欧州市場の下落は影響せず
イギリス(FTSE)0.30%安、ドイツ(DAX)0.10%安、フランス(CAC)0.37%安と3市場揃って下落しましたが、これによる売り圧力は限定的でした。

〇様子見ムードで閑散相場
様子見する投資家とAIが多くなり、東証1部の売買代金は2兆392億円しかありません。
米国株は前半動いて後半動かず。日本株も前場は上下しましたが、後場はほとんど動いておらず写真相場になりました。

 ランキングへの応援(バナーをクリック)
お願い致します。

にほんブログ村 株ブログ 専業投資家へ  

皆さまからのクリック数で、ランキングの順位が決まります。クリックするとランキングサイトへ進みますが、必要なければそのまま閉じて下さい。

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

下落をかわす投資法~3日続落で下げ幅も大きくなりましたが予想通りの展開です
株日記は特別な事情がない限り、平日の夕方に更新しますちな♪
株日記および「勉強できる私の買い付け」などの更新情報は、ホームページ「素人投資家の挑戦」右上にある新着情報でお知らせしますので、ご確認下さい。

スマートフォンでご覧になる場合、PCサイトの画面に設定すると(PCサイトを表示する設定)、画面下部の広告が表示されなくなります。

---------------------------------------------------------------------------

お知らせ
○ こちらの株日記が、情報誌に掲載されました。
廣済堂出版 ネットマネー 08年7月号
今月の最強株ブロガー

掲載内容をご紹介 ⇒ こちら

○ 私の投資法が、情報誌に掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 09年5月号
逆発想で稼いでいる人達の奥の手

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

○ こちらの株日記が、All About(オールアバウト)で紹介されました。
マネー投資「好パフォーマンスの個人投資家」 
11年10月
 掲載内容をご紹介 ⇒ こちら

○ 私の投資法が、情報誌に掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 13年3月号
株投資の裏ワザ!こんなテクニックで勝ち馬に乗ることができる!

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

○ 私の投資体験記が掲載されました。
ビッグローブ株式会社 サーイ・イサラ
14年8月号 ネット de 資産運用

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

○ 私の投資法が情報誌に掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 16年11月号
投資で勝ち続ける人の黄金リズム masaさんの ヒッソリ投資

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

〇私の「ヒッソリ投資」が増刊号で再掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 17年5月号 増刊
16年11月号で「私のヒッソリ投資」が掲載されたのですが、反響が大きく再掲載されました。


〇投資本との向き合い方が掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 17年6月号
一生「貧乏脳」の人、「金持ち脳」に変わる人。この習慣が決め手になる。

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

とても貴重な経験をさせていただき、感謝しております。この場を借りて、お礼申し上げます。

---------------------------------------------------------------------------

いただいたメールを、(プライベートな部分を省いて)順番に紹介しています。
niko.gif 掲示板 

メールはこちらからどうぞ
niko.gif メール

---------------------------------------------------------------------------

7月23日 月曜日

本日の日経平均は、前週末比300円安の22396円になりました。
米国株は6ドル安の25058ドル。

「米国株について」
前日に続く利益確定売りと米中貿易摩擦問題への懸念から売りが先行。取引開始直後には安値となる78ドル安まで売られますが、すぐに買い戻されて前日値を回復すると、お昼前には高値で60ドル高となりました。その後は引けにかけて少しず下げていき、6ドル安で取引終了。

米国株 日中足チャート
180723d.png

米国株 日足チャート
180723d2.png

〇主要3指数の動向
ダウ平均は0.03%安、ナスダックは0.07%安、S&P500指数は0.09%安。
主要3指数が揃って小幅に下落。

〇S&P500指数業種別騰落率
上昇率の高い順
生活必需品、金融、情報技術

下落率の高い順
不動産、公益、電気通信など

〇ダウ構成銘柄の動向
13銘柄が上昇、 17銘柄が下落しました。
上昇率の高い順
マイクロソフト 1.79%高、JPモルガン・チェース 1.26%高、ゴールドマン・サックス 0.90%高

下落率の高い順
IBM 1.94%安、キャタピラー 1.86%安、シスコシステムズ 0.92%安

〇利益確定売り
前日に続き、利益確定売りが先行したと考えています。
それまでに、ダウ平均は5営業日続伸で短期急騰、ナスダックは過去最高値を更新していた為、当然の売りだと思っています。

〇米中貿易摩擦への懸念
CNBCとのインタビューで、中国からの輸入品全てに追加関税を課す用意があると発言。これも売りが先行した要因。

〇押し目買い
短期急騰で利益確定売りが出やすい反面、上昇期待から押し目買いも入り易いです。取引開始直後には78ドル安まで売られますが、すぐに前日値を回復しました。

〇マイクロソフトと金融株が相場を牽引するも2銘柄が足かせに
マイクロソフト、JPモルガン・チェース、ゴールドマン・サックの3銘柄でダウ平均を37ドル押し上げましたが、IBMとキャタピラーの2銘柄で38ドル押し下げています。
ダウ平均が6ドル安だったこともあり、1%を超える値動きは僅か4銘柄で、他は全て1%未満。

〇目先の上値抵抗と下値抵抗
上値は25150ドルで、下値は24950ドルになると考えています。

勉強できる私の買い付け」を更新しています。

タイトルは・・・ダマシをかわして底拾い

「勉強できる私の買い付け」とは
私の取引から勉強していただけると判断したものを、1ヶ月数銘柄(1週間に1銘柄程度)限定で紹介しているブログです。
「私の取引について」の詳しいご説明はhand02[1]こちら

「 日本株について 」
急激な円高が売り材料となり、後場中ごろまで右肩下がり。13時21分には安値となる356円安の22341まで売られるところがありました。その後は買い戻されるも上値追いは限定的で、300円安の22396円で取引終了。

日経平均 日中足チャート
180723j.png

日経平均 日足チャート
180723j2.png

〇東証1部の売買代金と騰落状況
売買代金は2兆1640億円、売買高は13億9961万株。
値上がり銘柄数は884、値下がり銘柄数は1112、変わらずは106銘柄でした。

〇業種別
9業種が上昇、24業種が下落
上昇率の高い順
銀行、保険、その他金融、証券商品先物、非鉄金属など

下落率の高い順
その他製品、輸送用機器、情報・通信、繊維など

〇個別銘柄の動向
上昇率の高い順
ふくおかFG 7.19%高、りそなHD 6.85%高、千葉銀行 6.16%高、静岡銀行 4.91%高、コンコルディアFG 4.73%高

下落率の高い順
ファーストリテイリング 5.72%安、東海カーボン 4.74%安、コナミ 3.51%安、荏原製作所 3.04%安、ソフトバンク 2.90%安

〇金融株が買われた
米国株では金融の上昇が目立っていたうえ、次の日銀金融政策決定会合(30日~31日)で金融緩和が見直される(長期金利の誘導目標引き上げ)との思惑から、銀行株が買われました。
日経平均採用銘柄では、上昇率1位から15位までが銀行、保険、その他金融が独占。金融株の上昇が際立っています。

〇円高が大きな売り材料に
トランプ大統領が、中国とEUは通貨安を誘導していると非難、そして利上げは好ましくないと2度目の指摘(利上げについての言及は2度目)。これを受けて、朝の時点で1ドル111円半ばまで円高進行。その後も円高の流れは止まらず、9時30分には111円を割り込みました。急激な円高が嫌気され、輸出関連となる自動車株は全て下落。

〇欧州の下落も売り材料
イギリス(FTSE)0.07%安、ドイツ(DAX)0.98%安、フランス(CAC)0.35%安。下げ幅はまちまちですが、3市場揃っての下落は売り材料。とくにドイツの下げがきついです。

〇意外と多い値上がり銘柄
日経平均が300円も下落すれば全面安のように思えますが、9業種が上昇して884銘柄が上昇。
ファーストリテイリングだけで日経平均を112円押し下げています。次いでソフトバンクが32円、ファナックが18円。これを差し引くと日経平均はおよそ138円安になりますから、意外と多い値上がりも納得。

〇分かり易い相場展開
3日続落で下げ幅も大きくなりましたが、(下げて喜んでいるわけではありませんが)予想通りでとても分かり易い相場展開だと思っています。
もちろん、これは大幅安を見てから書いている後出しジャンケンではなく、そうなる前に私からの配信を希望されていらっしゃる方へはお伝え済みでした

 ランキングへの応援(バナーをクリック)
お願い致します。

にほんブログ村 株ブログ 専業投資家へ  

皆さまからのクリック数で、ランキングの順位が決まります。クリックするとランキングサイトへ進みますが、必要なければそのまま閉じて下さい。

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

AI ならではの素早い売り・・・前場の急落は過剰反応かも
株日記は特別な事情がない限り、平日の夕方に更新しますちな♪
株日記および「勉強できる私の買い付け」などの更新情報は、ホームページ「素人投資家の挑戦」右上にある新着情報でお知らせしますので、ご確認下さい。

スマートフォンでご覧になる場合、PCサイトの画面に設定すると(PCサイトを表示する設定)、画面下部の広告が表示されなくなります。

---------------------------------------------------------------------------

お知らせ
○ こちらの株日記が、情報誌に掲載されました。
廣済堂出版 ネットマネー 08年7月号
今月の最強株ブロガー

掲載内容をご紹介 ⇒ こちら

○ 私の投資法が、情報誌に掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 09年5月号
逆発想で稼いでいる人達の奥の手

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

○ こちらの株日記が、All About(オールアバウト)で紹介されました。
マネー投資「好パフォーマンスの個人投資家」 
11年10月
 掲載内容をご紹介 ⇒ こちら

○ 私の投資法が、情報誌に掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 13年3月号
株投資の裏ワザ!こんなテクニックで勝ち馬に乗ることができる!

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

○ 私の投資体験記が掲載されました。
ビッグローブ株式会社 サーイ・イサラ
14年8月号 ネット de 資産運用

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

○ 私の投資法が情報誌に掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 16年11月号
投資で勝ち続ける人の黄金リズム masaさんの ヒッソリ投資

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

〇私の「ヒッソリ投資」が増刊号で再掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 17年5月号 増刊
16年11月号で「私のヒッソリ投資」が掲載されたのですが、反響が大きく再掲載されました。


〇投資本との向き合い方が掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 17年6月号
一生「貧乏脳」の人、「金持ち脳」に変わる人。この習慣が決め手になる。

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

とても貴重な経験をさせていただき、感謝しております。この場を借りて、お礼申し上げます。

---------------------------------------------------------------------------

いただいたメールを、(プライベートな部分を省いて)順番に紹介しています。
niko.gif 掲示板 

メールはこちらからどうぞ
niko.gif メール

---------------------------------------------------------------------------

7月20日 金曜日

本日の日経平均は、前日比66円安の22697円になりました。
米国株は134ドル安の25064ドル。

「米国株について」
利益確定売りと押し目買いが交錯、25100ドルを中央値とする揉み合いに終始しました。

米国株 日中足チャート
180720d.png

米国株 日足チャート
180720d2.png

〇主要3指数の動向
ダウ平均は0.53%安、ナスダックは0.37%安、S&P500指数は0.40%安。
主要3指数が揃って下落。ダウ平均は6日ぶりの反落。

〇S&P500指数業種別騰落率
上昇率の高い順
不動産 1.01%高、公益 0.94%高

下落率の高い順
金融 1.44%安、電気通信 1.10%安、素材 0.61%安

〇ダウ構成銘柄の動向
8銘柄が上昇、 22銘柄が下落しました。
上昇率の高い順
IBM 3.27%高、ウォルト・ディズニー 1.30%高、ホーム・デポ 0.83%高

下落率の高い順
トラベラーズ 3.71%安、アメリカン・エキスプレス 2.73%安、ウォルグリーン 1.86%安

〇経済指標
・6月の景気先行指数は、前月比プラス0.5%になりました。
5月のプラス0.2%から大きく上昇、市場予想も上回っています。

・7月のフィラデルフィア連銀製造業景気指数は、25.7になりました。
前月から5.8ポイント上昇、市場予想も上回っています。

〇決算まちまち
IBMが好決算で3.27%高、ダウ平均を32ドル押し上げました。
トラベラーズは失望決算で3.71%安となり33ドル押し下げ。
アメリカン・エキスプレスも失望決算で2.73%安、19ドル押し下げました。

〇トランプ大統領のお話で一時ドル安に
CNBCとのインタビューで、トランプ大統領が「景気が上向く度に金利を引き上げることは好まない」と発言。その後、容認していると続けた為、為替と株は一時的な動きに留まりました。

金融政策に直接言及したことへの驚きと、利上げが遠のくとの見方が広がり一時円高ドル安に。その後は少し戻して落ち着きました。株価も少し反応した程度で大きな動きは無し。

〇利益確定
5営業日続伸で短期急騰していたこともあり、利益確定売りが出たと考えています。これだけ上昇すれば当然の調整。

〇押し目買い
午前中は150ドルほど売られるも50ドル安まで戻し、午後に入っても小刻みに上下しており、押し目買いも入っている印象。

〇目先の上値抵抗と下値抵抗
上値は25150ドルで、下値は24950ドルになると考えています。

本日は「勉強できる私の買い付け」を更新しています。

タイトルは・・・ダマシをかわして底拾い

「勉強できる私の買い付け」とは
私の取引から勉強していただけると判断したものを、1ヶ月数銘柄(1週間に1銘柄程度)限定で紹介しているブログです。
「私の取引について」の詳しいご説明はhand02[1]こちら

「 日本株について 」
欧米市場の下落と円高が嫌気されるも、10時頃には高値となる105円高の22869円まで買われるところがありました。しかし、その30分後から大口売りが連発すると、高値から300円も急落。後場に安値をつけますが、残り1時間で大きく買い戻され66円安の22697円で取引終了。

日経平均 日中足チャート
180720j.png

日経平均 日足チャート
180720j2.png

〇東証1部の売買代金と騰落状況
売買代金は2兆3975億円、売買高は12億6202万株。
値上がり銘柄数は672、値下がり銘柄数は1342、変わらずは89銘柄でした。

〇業種別
11業種が上昇、22業種が下落
上昇率の高い順
食料品、石油石炭、空運、電気・ガス、陸運など

下落率の高い順
非鉄金属、海運、ゴム、鉄鋼、保険など

〇個別銘柄の動向
上昇率の高い順
第一三共 2.81%高、コナミ 2.52%高、キリンHD 2.13%高、コンコルディアFG 1.66%高、中部電力 1.54%高

下落率の高い順
電通 6.83%安、SUMCO 4.41%安、東宝亜鉛 4.12%安、古河機械金属 3.38%安、アドバンテスト 3.17%安

〇業種別では内需が強い
外部環境の影響を受けにくい内需関連株(ディフェンシブ関連株)が買われました。
日経平均採用銘柄では
小売は1銘柄が下落、1銘柄が変わらず、他は全て上昇。食品は2銘柄を除いて全て上昇しています。

〇内需では銀行が弱い
米国株では金融の下げが目立ちました。
ダウ構成銘柄では、金融のアメリカン・エキスプレスが失望決算で2.73%安になっています。同業種となるウェルズ・ファーゴは0.42%安、バンク・オブ・アメリカ 1.53%安、シティ・グループ 1.23%安、JP モルガン・チェース 1.47%安、ゴールドマン・サックス 0.70%安と軒並み売られており、日本の金融株にとってマイナス材料となりました。

〇米国株下落が売り材料
ダウ平均は0.53%安(134ドル安)、ナスダックは0.37%安、S&P500指数は0.40%安。業種別でも不動産と公益しか上昇しておらず、弱い展開は日本株への売り材料。

〇欧州市場の下落も売り材料
イギリス(FTSE)0.10%高、ドイツ(DAX)0.62%安、フランス(CAC)0.56%安。イギリスだけ上昇していますが、僅かな上昇では影響無し。ドイツとフランスがダウ平均と同じほど下げており、こちらはマイナス材料。

〇円高も売り材料
トランプ大統領のお話で一時は1ドル113円から112円まで円高に。但し、取引前には112円半ばで落ち着いていたので、前場は少しの円高で少しの株売り材料になった程度だと考えています。

〇人民元の中心レート引き下げで株価急落
中国人民銀行が人民元の中心レートを1016年6月以来の大きさげで引下げました。
これを受けて円高が進み、株には大きな売りのキッカケに。

朝の(私の)予想
米国株は3ケタの下落ですが、5日続伸で短期急騰していたことによる「当然の調整」。また、ナスダックも連日で過去最高値を更新していた為、「当然の続落」。ドル円相場も僅かな円高ですし、欧州市場の下落もダウ平均と同じ程度。このようなことから、売り材料は豊富でも大きな失望(大きな売り圧力)にはならず、短期急騰による利益確定と戻り売りのキッカケになると考えていました。続落を予想。

前場は不思議な強さから暴落
悪材料が目立つ状況でしたが、10時頃には3ケタの上昇となり不思議だなぁ(変な強さだなぁ)と思っていたら暴落しました。
上記しています通り、利益確定と戻り売りが出やすい環境だったところへ新たなキッカケが加わり、下げに拍車がかかったと考えています。高値から300円下落、10時30分から15分で250円ほど下げました。AIならではの素早い売り。

過剰反応か
ドル円相場は戻し、中国株は2.05%高で取引終了。日経平均は最後の1時間で150円上昇しましたが、時間が足りず66円安。
これを見る限り、過剰反応という印象。

 ランキングへの応援(バナーをクリック)
お願い致します。

にほんブログ村 株ブログ 専業投資家へ  

皆さまからのクリック数で、ランキングの順位が決まります。クリックするとランキングサイトへ進みますが、必要なければそのまま閉じて下さい。

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

これだけ騰がってくれば当然の一服。でも、強い業種あり
株日記は特別な事情がない限り、平日の夕方に更新しますちな♪
株日記および「勉強できる私の買い付け」などの更新情報は、ホームページ「素人投資家の挑戦」右上にある新着情報でお知らせしますので、ご確認下さい。

スマートフォンでご覧になる場合、PCサイトの画面に設定すると(PCサイトを表示する設定)、画面下部の広告が表示されなくなります。

---------------------------------------------------------------------------

お知らせ
○ こちらの株日記が、情報誌に掲載されました。
廣済堂出版 ネットマネー 08年7月号
今月の最強株ブロガー

掲載内容をご紹介 ⇒ こちら

○ 私の投資法が、情報誌に掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 09年5月号
逆発想で稼いでいる人達の奥の手

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

○ こちらの株日記が、All About(オールアバウト)で紹介されました。
マネー投資「好パフォーマンスの個人投資家」 
11年10月
 掲載内容をご紹介 ⇒ こちら

○ 私の投資法が、情報誌に掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 13年3月号
株投資の裏ワザ!こんなテクニックで勝ち馬に乗ることができる!

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

○ 私の投資体験記が掲載されました。
ビッグローブ株式会社 サーイ・イサラ
14年8月号 ネット de 資産運用

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

○ 私の投資法が情報誌に掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 16年11月号
投資で勝ち続ける人の黄金リズム masaさんの ヒッソリ投資

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

〇私の「ヒッソリ投資」が増刊号で再掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 17年5月号 増刊
16年11月号で「私のヒッソリ投資」が掲載されたのですが、反響が大きく再掲載されました。


〇投資本との向き合い方が掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 17年6月号
一生「貧乏脳」の人、「金持ち脳」に変わる人。この習慣が決め手になる。

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

とても貴重な経験をさせていただき、感謝しております。この場を借りて、お礼申し上げます。

---------------------------------------------------------------------------

いただいたメールを、(プライベートな部分を省いて)順番に紹介しています。
niko.gif 掲示板 

メールはこちらからどうぞ
niko.gif メール

---------------------------------------------------------------------------

7月19日 木曜日

本日の日経平均は、前日比29円安の22764円になりました。
米国株は79ドル高の25199ドル。

「米国株について」
金融株の好決算が買い材料となり、午前中は右肩上がり。午後はほとんど動かず、高値揉み合いのまま取引終了。

米国株 日中足チャート
180719d.png

米国株 日足チャート
180719d2.png

〇主要3指数の動向
ダウ平均は0.32%高、ナスダックは0.01%安、S&P500指数は0.22%高。
ダウ平均は5日続伸、過去最高値を更新していたナスダックは僅かに反落。

〇S&P500指数業種別騰落率
上昇率の高い順
金融 1.53%高、資本財 1.13%高、ヘルスケア 0.82%高

下落率の高い順
生活必需品 0.65%安、公益事業 0.50%安、不動産 0.43%安

〇ダウ構成銘柄の動向
15銘柄が上昇、 15銘柄が下落しました。
上昇率の高い順
ユナイテッドヘルス 2.05%高、アメリカン・エキスプレス 1.81%高、キャタピラー 1.56%高

下落率の高い順
マクドナルド 1.14%安、ナイキ 1.14%安、jジョンソン&ジョンソン 1.01%安

〇経済指標による影響
・6月の住宅着工件数は、前月比12.3%減の117万3000戸。
2017年9月以来9ヶ月ぶりの低水準で、減少率では16年11月以来。市場予想も大きく下回ってネガティブサプライズ。また、先行指標となる許可件数も2.2%減。

経済に大きな影響を与える住宅着工件数の大幅減は嫌気されたはずですが、好決算の影響が大きく午前中は右肩上がりになりました。

・地区連銀経済報告
経済は緩やかに拡大。一方で貿易問題への懸念が示されました。
既に周知されている内容で、相場への影響も限定的だと思いました。

〇金融株が買われた
金融大手のモルガンスタンレーが好決算で買われました。節目の50ドルを突破したことで上値重くなりましたが、それでも50ドル超えの2.81%高。
これを受けて金融株が買われ、S&P500指数業種別騰落率では金融が上昇率トップになっています。

〇引き続き決算が影響
大きな節目となる25000ドルを完全に上抜けました。とても良い展開で、このまま好決算が続けば前回高値を更新そして25500ドルも視野に入ってくるはず。逆に失望決算が続けば再び25000ドルを下回ると考えています。

〇目先の上値抵抗と下値抵抗
上値は25300ドルで、下値は25050ドルになると考えています。

勉強できる私の買い付け」を更新しています。

タイトルは・・・3本の移動平均線を下回ったところで買い付ける
~ 経験則をアテにしない投資法 ~

「勉強できる私の買い付け」とは
私の取引から勉強していただけると判断したものを、1ヶ月数銘柄(1週間に1銘柄程度)限定で紹介しているブログです。
「私の取引について」の詳しいご説明はhand02[1]こちら

「 日本株について 」
欧米市場の株高が買い材料となり、10時46分には高値となる132円高の22926円まで買われるところがありました。その後は売りに押されて上げ幅縮小。後場は一段安になりますが、前日値付近まで下げた後は動かなくなり29円安の22764円で取引終了。

日経平均 日中足チャート
180719j.png

日経平均 日足チャート
180719j2.png

〇東証1部の売買代金と騰落状況
売買代金は2兆1958億円、売買高は12億660万株。
値上がり銘柄数は942、値下がり銘柄数は1086、変わらずは74銘柄。

〇業種別
15業種が上昇、18業種が下落
上昇率の高い順
石油石炭、鉱業、海運、機械、銀行など

下落率の高い順
紙・パルプ、電気・ガス、食料品、小売、陸運など

〇個別銘柄の動向
上昇率の高い順
SCREENホールディングス 4.01%高、昭和シェル石油 3.80%高、ミネベア 3.62%高、三菱電機 3.55%高、アドバンテスト 3.36%高

下落率の高い順
資生堂 4.81%安、日本製紙 3.24%安、明治HD 3.00%安、テルモ 2.94%安、キッコーマン 2.90%安

〇欧米市場の上昇が買い材料
ダウ平均は0.32%高(79ドル高)、ナスダックは0.01%安、S&P500指数は0.22%高。
イギリス(FTSE)0.65%高、ドイツ(DAX)0.82%高、フランス(CAC)0.46%高。
欧米市場の上昇が好感され、132円高の22926円まで買われるところがありました。

〇ハイテク(半導体)株、機械株、銀行株が強い
朝の(私の)予想通り、これらの業種が買われました。

〇内需が弱い
日経平均採用銘柄では、小売、電気・ガス、鉄道が全て下落。食品は1銘柄を除いて全て下落しています。

〇利益確定と戻り売り
短期急騰していることから、利益確定と戻り売りが出たと考えています。

180719j3.png

これだけ騰がってくれば、当然の一服。

明日は、 勉強できる私の買い付け」を更新する予定です

タイトルは・・・ダマシをかわして安値を拾う

楽しみにお待ち下さい

 ランキングへの応援(バナーをクリック)
お願い致します。

にほんブログ村 株ブログ 専業投資家へ  

皆さまからのクリック数で、ランキングの順位が決まります。クリックするとランキングサイトへ進みますが、必要なければそのまま閉じて下さい。

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

世界同時株高、日本も流れに乗ってどんどん上昇
株日記は特別な事情がない限り、平日の夕方に更新しますちな♪
株日記および「勉強できる私の買い付け」などの更新情報は、ホームページ「素人投資家の挑戦」右上にある新着情報でお知らせしますので、ご確認下さい。

---------------------------------------------------------------------------

お知らせ
○ こちらの株日記が、情報誌に掲載されました。
廣済堂出版 ネットマネー 08年7月号
今月の最強株ブロガー

掲載内容をご紹介 ⇒ こちら

○ 私の投資法が、情報誌に掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 09年5月号
逆発想で稼いでいる人達の奥の手

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

○ こちらの株日記が、All About(オールアバウト)で紹介されました。
マネー投資「好パフォーマンスの個人投資家」 
11年10月
 掲載内容をご紹介 ⇒ こちら

○ 私の投資法が、情報誌に掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 13年3月号
株投資の裏ワザ!こんなテクニックで勝ち馬に乗ることができる!

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

○ 私の投資体験記が掲載されました。
ビッグローブ株式会社 サーイ・イサラ
14年8月号 ネット de 資産運用

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

○ 私の投資法が情報誌に掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 16年11月号
投資で勝ち続ける人の黄金リズム masaさんの ヒッソリ投資

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

〇私の「ヒッソリ投資」が増刊号で再掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 17年5月号 増刊
16年11月号で「私のヒッソリ投資」が掲載されたのですが、反響が大きく再掲載されました。


〇投資本との向き合い方が掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 17年6月号
一生「貧乏脳」の人、「金持ち脳」に変わる人。この習慣が決め手になる。

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

とても貴重な経験をさせていただき、感謝しております。この場を借りて、お礼申し上げます。

---------------------------------------------------------------------------

いただいたメールを、(プライベートな部分を省いて)順番に紹介しています。
niko.gif 掲示板 

メールはこちらからどうぞ
niko.gif メール

---------------------------------------------------------------------------

7月18日 水曜日

本日の日経平均は、前日比96円高の22794円になりました。
米国株は55ドル高の25119ドル。

「米国株について」
売りが先行するも午前中に前日値を回復。午後は一段高となりますが、50ドルほど上昇するとほとんど動かないまま55ドル高で取引終了。

米国株 日中足チャート
180718d.png

米国株 日足チャート
180718d2.png

〇主要3指数の動向
ダウ平均は0.22%高、ナスダックは0.63%高、S&P500指数は0.40%高
主要3指数が揃って反発、ナスダックは過去最高値を更新しました。

〇S&P500指数業種別騰落率
上昇率の高い順
素材 1.32%高、情報技術 0.81%高、生活必需品 0.78%高

下落率の高い順
不動産 0.63%安、エネルギー 0.38%安、電気通信 0.36%安

〇ダウ構成銘柄の動向
19銘柄が上昇、 11銘柄が下落しました。
上昇率の高い順
ジョンソン&ジョンソン 3.54%高、ダウ・デュポン 2.04%高、ユナイテッド・テクノロジーズ 1.34%高

下落率の高い順
ユナイテッドヘルス・グループ 2.60%安、IBM 1.35%安、シェブロン 0.87%安

〇経済指標による影響
6月の鉱工業生産は、前月比プラス0.6%になりました。
市場予想と一致しましたが、5月分はマイナス0.1%からマイナス0.5%に大きく下方修正され、売り材料になったと考えています。

〇売り先行の後は持ち直す
1日を除いて一本調子で上昇している為、利益確定売りと戻り売りが先行したと考えています。それでも、安値で75ドル安の24989ドルと売り圧力は限定的。午前中には前日値を回復しました。

〇上値重く
午後に50ドルほど上昇した後は、ほとんど動かないまま取引終了。
上記しています通り、ほぼ一本調子で上昇してきたことが利益確定売りと戻り売りを誘っている印象。

〇決算
ゴールドマン・サックスは増収増益でしたが、肝心の株式取引が前年比で横ばい。株価は2%ほど下落していましたが、引けにかて買い戻され0.18%安。チャートでは、ちょうど50日移動平均線が通る水準なので、その影響もあったと考えています。

ジョンソン&ジョンソンが好決算で買われて3.54%高。ダウ構成銘柄では上昇率トップとなり、ダウ平均を30ドル押し上げています。

〇好決算が多ければ25000ドルで値固め
大きな節目となる25000ドルが下値抵抗になっていますが、好決算が多ければ同水準で値固め。また、前回高値を更新そして25500ドルが視野に入ってくるはず。逆に失望決算が多ければ簡単に下抜けると考えています。

〇目先の上値抵抗と下値抵抗
上値は25200ドルで、下値は25000ドルになると考えています。

勉強できる私の買い付け」を更新しています。

タイトルは・・・3本の移動平均線を下回ったところで買い付ける
~ 経験則をアテにしない投資法 ~

「勉強できる私の買い付け」とは
私の取引から勉強していただけると判断したものを、1ヶ月数銘柄(1週間に1銘柄程度)限定で紹介しているブログです。
「私の取引について」の詳しいご説明は
PC でご覧の方は hand02[1]こちら
携帯でご覧の方は hand02[1]こちら

「 日本株について 」
欧米市場の株高と円安が買い材料となり、前場は22900円付近で揉み合いました。後場に入ると少しずつ上げ幅を縮小。引けで一段安となり、96円高の22794円で取引終了。

日経平均 日中足チャート
180718j.png

日経平均 日足チャート
180718j2.png

〇東証1部の売買代金と騰落状況
売買代金は2兆1670億円、売買高は11億4604万株。
値上がり銘柄数は1444、値下がり銘柄数は579、変わらずは79銘柄でした。

〇業種別
25業種が上昇、8業種が下落
上昇率の高い順
石油石炭、ゴム、精密機器、空運、輸送用機器など

下落率の高い順
鉱業、食料品、その他製品、保険、ガラス土石など

〇個別銘柄の動向
上昇率の高い順
太陽誘電 3.13%高、大日本住友製薬 3.12%高、ヤマハ発動機 2.87%高、第一三共 2.84%高、安川電機 2.50%高

下落率の高い順
東京ドーム 3.89%安、JT 3.64%安、東海カーボン 3.45%安、電通 2.72%安、協和発酵キリン 2.41%安

〇米国株高が買い材料
ダウ平均は4日続伸で0.22%高(55ドル高)、ナスダックは0.63%高、S&P500指数は0.40%高。
主要3指数が揃っての上昇は買い材料になったはず。

〇ハイテク(半導体)が買われた
ハイテク比率の高いナスダックは、ダウ平均を上回る上昇率で過去最高値を更新。加えて、フィラデルフィア半導体指数も1.47%上昇しており、これらは日本のハイテクにプラス材料となりました。

〇欧州市場の上昇も買い材料
イギリス(FTSE)0.34%高、ドイツ(DAX)0.80%高、フランス(CAC)0.24%高。大きな上昇ではありませんが、米国株高と相まって少しは買い材料になったはず。

〇円安が買い材料
前場で1ドル113円まで円安進行。同時に株高となり、高値では22949円まで買われるところがありました。
朝の予想(私の予想)では、円安株高になれば高値で22950円まで買われると考えていたのでドンピシャ。

〇後場は利益確定売りと戻り売りで上げ幅縮小
短期急騰している為、当然の売りだと思いました。こちらも予想通りで驚きは無し。

 ランキングへの応援(バナーをクリック)
お願い致します。

にほんブログ村 株ブログ 専業投資家へ  

皆さまからのクリック数で、ランキングの順位が決まります。クリックするとランキングサイトへ進みますが、必要なければそのまま閉じて下さい。

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

好材料へ素直に反応
株日記は特別な事情がない限り、平日の夕方に更新しますちな♪
株日記および「勉強できる私の買い付け」などの更新情報は、ホームページ「素人投資家の挑戦」右上にある新着情報でお知らせしますので、ご確認下さい。

---------------------------------------------------------------------------

お知らせ
○ こちらの株日記が、情報誌に掲載されました。
廣済堂出版 ネットマネー 08年7月号
今月の最強株ブロガー

掲載内容をご紹介 ⇒ こちら

○ 私の投資法が、情報誌に掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 09年5月号
逆発想で稼いでいる人達の奥の手

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

○ こちらの株日記が、All About(オールアバウト)で紹介されました。
マネー投資「好パフォーマンスの個人投資家」 
11年10月
 掲載内容をご紹介 ⇒ こちら

○ 私の投資法が、情報誌に掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 13年3月号
株投資の裏ワザ!こんなテクニックで勝ち馬に乗ることができる!

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

○ 私の投資体験記が掲載されました。
ビッグローブ株式会社 サーイ・イサラ
14年8月号 ネット de 資産運用

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

○ 私の投資法が情報誌に掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 16年11月号
投資で勝ち続ける人の黄金リズム masaさんの ヒッソリ投資

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

〇私の「ヒッソリ投資」が増刊号で再掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 17年5月号 増刊
16年11月号で「私のヒッソリ投資」が掲載されたのですが、反響が大きく再掲載されました。


〇投資本との向き合い方が掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 17年6月号
一生「貧乏脳」の人、「金持ち脳」に変わる人。この習慣が決め手になる。

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

とても貴重な経験をさせていただき、感謝しております。この場を借りて、お礼申し上げます。

---------------------------------------------------------------------------

いただいたメールを、(プライベートな部分を省いて)順番に紹介しています。
niko.gif 掲示板 

メールはこちらからどうぞ
niko.gif メール

---------------------------------------------------------------------------

7月17日 火曜日

本日の日経平均は、連休前と比べて100円高の22697円になりました。
米国株は44ドル高の25064ドル。

「米国株について」
前日値付近で揉み合い続けた後、最後の30分で上昇しました。

米国株 日中足チャート
180717d.png

米国株 日足チャート
180717d2.png

〇主要3指数の動向
ダウ平均は0.18%高、ナスダックは0.26%安、S&P500指数は0.1%安。

〇S&P500指数業種別騰落率
上昇率の高い順
金融 1.8%高、電気通信 0.5%高、一般消費財 0.2%高

下落率の高い順
エネルギー 1.02%安、素材 0.8%安、ヘルスケア 0.7%安

〇ダウ構成銘柄の動向
12銘柄が上昇、 18銘柄が下落しました。
上昇率の高い順
JPモルガン・チェース 3.97%高、ゴールドマン・サックス 2.22%高、シスコシステムズ 1.72%高

下落率の高い順
キャタピラー 1.9%安、ジョンソン&ジョンソン 0.98%安、エクソンモービル 0.98%安

〇ハイテクが調整
2営業日連続で過去最高値を更新していたこともあり、上昇一服。

〇金融株が強い
好決算を発表したバンク・オブ・アメリカが4.31%高。これを受けて金融株が期待で買われ、JPモルガン・チェース、ゴールドマン・サックスが大きく上昇しました。S&P500指数業種別騰落率でも金融が上昇率トップ。

〇石油関連が弱い
原油価格の急落を受けて、エクソンモービルとシェブロンが下落。業種別でもエネルギーが下落率トップ。

〇目先の上値抵抗と下値抵抗
上値は25200ドルで、下値は24950ドルになると考えています。

勉強できる私の買い付け」を更新しています。

タイトルは・・・3本の移動平均線を下回ったところで買い付ける
~ 経験則をアテにしない投資法 ~

「勉強できる私の買い付け」とは
私の取引から勉強していただけると判断したものを、1ヶ月数銘柄(1週間に1銘柄程度)限定で紹介しているブログです。
「私の取引について」の詳しいご説明は
PC でご覧の方は hand02[1]こちら
携帯でご覧の方は hand02[1]こちら

「 日本株について 」
堅調な米国株を好感する買いが先行。13時過ぎには高値となる235円高まで買われますが、その後は右肩下がりになってしまい100円高の22697円で取引終了。

日経平均 日中足チャート
180717j.png

日経平均 日足チャート
180717j2.png

〇東証1部の売買代金と騰落状況
売買代金は2兆5651億円、売買高は14億373万株。
値上がり銘柄数は1566、値下がり銘柄数は464、変わらずは70銘柄でした。

〇業種別
28業種が上昇、5業種が下落
上昇率の高い順
陸運、食料品、海運、電気・ガス、その他金融など

下落率の高い順
石油石炭、鉱業、非鉄金属、機械、電気機器

〇個別銘柄の動向
上昇率の高い順
トクヤマ 4.05%高、京王電鉄 3.83%高、スズキ 3.77%高、ヤマトHD 3.56%高、スカパーJSAT 3.36%高

下落率の高い順
安川電機 7.33%安、東宝 4.68%安、オークマ 4.13%安、ファナック 4.06%安、昭和シェル石油 3.99%安

〇堅調な米国株が買い材料
日本が連休中、前週末の米国株は94ドル高で週明けが44ドル高。
堅調な米国株が買い材料になっています。

〇内需がしっかり
日経平均採用銘柄では食料品、不動産、電気・ガス、保険、鉄道、水産が全て上昇しています。小売は1銘柄を除いて全て上昇、建設とサービスは2銘柄を除いて全て上昇。内需関連の強さが目立ちました。

〇円安維持で自動車株が買われた
1ドル112円台を維持しており、円安の恩恵を受ける自動車株が買われました。
日経平均採用銘柄では自動車が全て上昇しています。

〇銀行株も買われた
米国株ではバンク・オブ・アメリカの好決算で、期待から金融株が大きく上昇。
この流れを受けて、日本株でも銀行株が買われました。
日経平均採用銘柄では、1銘柄を除き全て上昇しています。

〇利益確定売りと戻り売り
前週末の2営業日でおよそ600円、1週間ではおよそ800円も上昇していますから利益確定と戻り売りが出ました。
13時過ぎの高値22832円から終値22697円まで135円売り込まれています。

〇ウォーミングアップ
3連休明けということもあり、まずはウォーミングアップという感じ。

 ランキングへの応援(バナーをクリック)
お願い致します。

にほんブログ村 株ブログ 専業投資家へ  

皆さまからのクリック数で、ランキングの順位が決まります。クリックするとランキングサイトへ進みますが、必要なければそのまま閉じて下さい。

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

再び世界同時株高の流れに~日経平均も409円高と暴騰!
株日記は特別な事情がない限り、平日の夕方に更新しますちな♪
株日記および「勉強できる私の買い付け」などの更新情報は、ホームページ「素人投資家の挑戦」右上にある新着情報でお知らせしますので、ご確認下さい。

---------------------------------------------------------------------------

お知らせ
○ こちらの株日記が、情報誌に掲載されました。
廣済堂出版 ネットマネー 08年7月号
今月の最強株ブロガー

掲載内容をご紹介 ⇒ こちら

○ 私の投資法が、情報誌に掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 09年5月号
逆発想で稼いでいる人達の奥の手

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

○ こちらの株日記が、All About(オールアバウト)で紹介されました。
マネー投資「好パフォーマンスの個人投資家」 
11年10月
 掲載内容をご紹介 ⇒ こちら

○ 私の投資法が、情報誌に掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 13年3月号
株投資の裏ワザ!こんなテクニックで勝ち馬に乗ることができる!

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

○ 私の投資体験記が掲載されました。
ビッグローブ株式会社 サーイ・イサラ
14年8月号 ネット de 資産運用

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

○ 私の投資法が情報誌に掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 16年11月号
投資で勝ち続ける人の黄金リズム masaさんの ヒッソリ投資

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

〇私の「ヒッソリ投資」が増刊号で再掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 17年5月号 増刊
16年11月号で「私のヒッソリ投資」が掲載されたのですが、反響が大きく再掲載されました。


〇投資本との向き合い方が掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 17年6月号
一生「貧乏脳」の人、「金持ち脳」に変わる人。この習慣が決め手になる。

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

とても貴重な経験をさせていただき、感謝しております。この場を借りて、お礼申し上げます。

---------------------------------------------------------------------------

いただいたメールを、(プライベートな部分を省いて)順番に紹介しています。
niko.gif 掲示板 

メールはこちらからどうぞ
niko.gif メール

---------------------------------------------------------------------------

7月13日 金曜日

本日の日経平均は、前日比409円高の22597円になりました。
米国株は224ドル高の24924ドル。

「米国株について」
値幅調整からの買戻しで大幅に反発。午前中は少しずつ下値を切り上げ、午後は24900ドル付近での揉み合いになりました。

米国株 日中足チャート
180713d.png

米国株 日足チャート
180713d2.png

〇主要3指数の動向
ダウ平均は0.91%高、ナスダックは1.39%、S&P500指数は0.87%高。
主要3指数が揃って反発。ダウ平均は前日の下げ幅を取り返し、ナスダックは過去最高値を更新しました。

〇S&P500指数業種別騰落率
上昇率の高い順
情報技術 1.79%高、資本財 1.12%高、ヘルスケア 1.10%高
生活必需品のみ下落 0.10%安。他、10業種は全て上昇。

〇ダウ構成銘柄の動向
25銘柄が上昇、 5銘柄が下落しました。
上昇率の高い順
シスコシステムズ 2.37%高、インテル 2.25%高、マイクロソフト 2.17%高

下落率の高い順
P&G 0.34%安、コカ・コーラ 0.27%安、ベライゾン 0.19%安

〇値幅調整からの買戻しと押し目買い
前日に書いていた内容
~ ここから ~
〇意外と底堅く
日本と欧州の下げに対して、米国株の主要3指数の下げ幅は大きくありません。「値幅調整」で説明がつくような相場展開でした。

短期急騰で大きな節目となる25000ドル目前に迫ってい為、利益確定と戻り売りが出やすい状況でした。そんな時に関税リストが発表され、売りのキッカケになったのではないかと。
言い換えれば、米中貿易摩擦を警戒した売りが主因ではなく、単に売りのキッカケ。
~ ここまで ~

前日の219ドル安は米中貿易摩擦を警戒した売りが主因というより、値幅調整(短期急騰による利益確定と戻り売り)のキッカケ。この為、買い戻す動きと押し目買いが入ったと考えています。

〇目先の上値抵抗と下値抵抗
上値は25100ドルで、下値は24800ドルになると考えています。

勉強できる私の買い付け」を更新しています。

タイトルは・・・3本の移動平均線を下回ったところで買い付ける
~ 経験則をアテにしない投資法 ~

「勉強できる私の買い付け」とは
私の取引から勉強していただけると判断したものを、1ヶ月数銘柄(1週間に1銘柄程度)限定で紹介しているブログです。
「私の取引について」の詳しいご説明は
PC でご覧の方は hand02[1]こちら
携帯でご覧の方は hand02[1]こちら

「 日本株について 」
欧米市場の株高と円安が買い材料となり、窓を空ける急騰でスタート。その後は高値揉み合いのまま前引け。後場は大口買いをキッカケに更に急騰、その後は前場と同じく高値揉み合いのまま409円高の22597円で取引終了。

日経平均 日中足チャート
180713j.png

日経平均 日足チャート
180713j2.png

〇東証1部の売買代金と騰落状況
売買代金は2兆5472億円、売買高は12億7836万株。
値上がり銘柄数は1547、値下がり銘柄数は473、変わらずは80銘柄でした。

〇業種別
31業種が上昇、2.業種が下落
上昇率の高い順
サービス、繊維、精密機器、ガラス土石、化学など

下落率の高い順
石油石炭、電気・ガス

〇個別銘柄の動向
上昇率の高い順
東海カーボン 7.31%高、ファーストリテイリング 6.95%高、リクルートHD 5.00%高、ヤマトHD 4.34%高、資生堂 3.77%高

下落率の高い順
コンコルディアFG 8.53%安、安川電機 3.95%安、ユニ・ファミリーマートHD 2.38%安、大日本住友製薬 2.19%安、千葉銀行 2.16%安

〇米国株高が買い材料
米国株の項でも書いていますが、ダウ平均は0.91%高、ナスダックは1.39%、S&P500指数は0.87%高。主要3指数が揃って反発。ダウ平均は前日の下げ幅を取り返し、ナスダックは過去最高値を更新。これが大きな買い材料になりました。

〇ハイテク(半導体)に好材料
ハイテク比率の高いナスダックが過去最高値を更新。上昇率ではダウ平均を上回っています。個別では、シスコシステムズ、インテル、マイクロソフトがトップ3、他にアップル、IBMも1%を超える上昇。これを受けて日本のハイテクも買われました。

〇機械株に好材料
ハイテクの次に買われているのが建設機械大手キャタピラー。これを受けて、日本の機械株も買われました。

〇内需関連から外需関連へ
米国株では内需関連が弱い。ダウ構成銘柄で大きく下げたものはありませんが、下落もしくは控えめな上昇に留まるものが多くありました。これを受けて日本株も似たような展開になると予想していましたが、内需もしっかり。

〇中国関連株に好材料
米国株では中国関連株(中国での売上比率が高い銘柄)が上昇、日本の中国関連株も買われました。

〇欧州3市場の上昇も買い材料
イギリス(FTSE)0.78%高、ドイツ(DAX)0.61%高、フランス(CAC)0.97%高。これも買い材料。

〇円安
1ドル112円半ばまで円高進行。前日比で円安になっており、こちらも買い材料。

〇強い
ファーストリテイリングだけで日経平均を127円押し上げています。次いでソフトバンクが39円。2銘柄の166円を差し引いても、日経平均は243円も上昇しており、とても強い印象です。私の(取引前の)予想では上値を22400円としていましたが、取引開始から間もなく100円も上回る展開に。その後も堅調に推移し、嬉しい誤算になりました。

〇3本線を上抜けた
180713j3.png

ファーストリテイリングとソフトバンクの上昇を差し引くと日経平均は22431円となりますが、これでも3本線を確実に上抜けています。今はこの3本線(壁)が大きく影響するはずなので、確実な上抜けは強い下値抵抗になると考えています。

 ランキングへの応援(バナーをクリック)
お願い致します。

にほんブログ村 株ブログ 専業投資家へ  

皆さまからのクリック数で、ランキングの順位が決まります。クリックするとランキングサイトへ進みますが、必要なければそのまま閉じて下さい。

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

興奮と恐怖で売買すると、ろくなことがありません
株日記は特別な事情がない限り、平日の夕方に更新しますちな♪
株日記および「勉強できる私の買い付け」などの更新情報は、ホームページ「素人投資家の挑戦」右上にある新着情報でお知らせしますので、ご確認下さい。

---------------------------------------------------------------------------

お知らせ
○ こちらの株日記が、情報誌に掲載されました。
廣済堂出版 ネットマネー 08年7月号
今月の最強株ブロガー

掲載内容をご紹介 ⇒ こちら

○ 私の投資法が、情報誌に掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 09年5月号
逆発想で稼いでいる人達の奥の手

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

○ こちらの株日記が、All About(オールアバウト)で紹介されました。
マネー投資「好パフォーマンスの個人投資家」 
11年10月
 掲載内容をご紹介 ⇒ こちら

○ 私の投資法が、情報誌に掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 13年3月号
株投資の裏ワザ!こんなテクニックで勝ち馬に乗ることができる!

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

○ 私の投資体験記が掲載されました。
ビッグローブ株式会社 サーイ・イサラ
14年8月号 ネット de 資産運用

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

○ 私の投資法が情報誌に掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 16年11月号
投資で勝ち続ける人の黄金リズム masaさんの ヒッソリ投資

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

〇私の「ヒッソリ投資」が増刊号で再掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 17年5月号 増刊
16年11月号で「私のヒッソリ投資」が掲載されたのですが、反響が大きく再掲載されました。


〇投資本との向き合い方が掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 17年6月号
一生「貧乏脳」の人、「金持ち脳」に変わる人。この習慣が決め手になる。

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

とても貴重な経験をさせていただき、感謝しております。この場を借りて、お礼申し上げます。

---------------------------------------------------------------------------

いただいたメールを、(プライベートな部分を省いて)順番に紹介しています。
niko.gif 掲示板 

メールはこちらからどうぞ
niko.gif メール

---------------------------------------------------------------------------

7月12日 木曜日

本日の日経平均は、255円高の22187円になりました。
米国株は219ドル安の24700ドル。

「米国株について」
米中貿易摩擦が再燃して売り先行。徐々に下値を切り下げ、午後には安値となる256ドル安まで売られるところがありました。その後は一旦買い戻されるも、引けにかけて再び下落。

米国株 日中足チャート
180712d.png

米国株 日足チャート
180712d2.png

〇主要3指数の動向
ダウ平均は0.88%安、ナスダックは0.55%安、S&P500指数は0.71%安
主要3指数が揃って反落。

〇S&P500指数業種別騰落率
公益のみ上昇 0.87%高

下落率の高い順
エネルギー 2.15%安、素材 1.69%安、資本財 1.62%安

〇ダウ構成銘柄の動向
5銘柄が上昇、 24銘柄が下落、1銘柄が変わらず。
上昇率の高い順
ウォルト・ディズニー 1.90%高、ビザ 1.07%高、ウォルグリーン 0.73%高

下落率の高い順
シェブロン 3.19%安、キャタピラー 3.18%安、ダウ・デュポン 2.23%安

〇米中貿易摩擦が再燃
前日、トランプ政権が中国からの輸入品に対して2000億ドル(約22兆2000億円)相当の新たな関税リストを発表。これに対して中国は報復を表明。

日本時間の朝に発表され、警戒感から日本株が大幅に下落。次いで欧州も大幅安になりました。

〇意外と底堅く
日本と欧州の下げに対して、米国株の主要3指数の下げ幅は大きくありません。「値幅調整」で説明がつくような相場展開でした。

短期急騰で大きな節目となる25000ドル目前に迫ってい為、利益確定と戻り売りが出やすい状況でした。そんな時に関税リストが発表され、売りのキッカケになったのではないかと。
言い換えれば、米中貿易摩擦を警戒した売りが主因ではなく、単に売りのキッカケ。

〇下値抵抗が強い
下げたとはいえ、75日線、100日線、200日線を十分に上回っており、下値抵抗の強さあり。
180712d4.png

〇目先の上値抵抗と下値抵抗
上値は24850ドルで、下値は24500ドルになると考えています。

勉強できる私の買い付け」を更新しています。

タイトルは・・・3本の移動平均線を下回ったところで買い付ける
~ 経験則をアテにしない投資法 ~

「勉強できる私の買い付け」とは
私の取引から勉強していただけると判断したものを、1ヶ月数銘柄(1週間に1銘柄程度)限定で紹介しているブログです。
「私の取引について」の詳しいご説明は
PC でご覧の方は hand02[1]こちら
携帯でご覧の方は hand02[1]こちら

「 日本株について 」
前日の警戒感と恐怖心が修正され、寄り付きは22000円を回復。一旦上げ幅を縮小させますが、10時30分から大口買いが連発すると22200円まで上昇。後場はほとんど動かず、高値揉み合いのまま255円高の22187円で取引終了。

日経平均 日中足チャート
180712j

日経平均 日足チャート
180712j2.png

〇東証1部の売買代金と騰落状況
売買代金は2兆3081億円、売買高は11億9258万株。
値上がり銘柄数は1181、値下がり銘柄数は820、変わらずは98銘柄でした。

〇業種別
20業種が上昇、13業種が下落
上昇率の高い順
水産・農林、情報・通信、医薬品、精密機器、輸送用機器など

下落率の高い順
鉱業、石油石炭、非鉄金属、繊維、卸売など

〇個別銘柄の動向
上昇率の高い順
エーザイ 8.01%高、ソフトバンク 6.40%高、大日本住友製薬 4.49%高、ファーストリテイリング 3.82%高、キッコーマン 3.52%高

下落率の高い順
太平洋金属 3.94%安、千代田化工建設 3.68%安、JXホールディングス 3.61%安、国際石油開発帝石 2.87%安、日揮 2.29%安

〇警戒感と恐怖心の修正
前日は、追加関税による米中貿易摩擦懸念が売り材料となり、前場で452円安まで売られるところがありました。その後は買い戻され264円。
朝に報じられたことで冷静な判断ができず、警戒感と恐怖心でパニック的な売りが出た印象。AI による損切り設定ライン到達で売りが加速した可能性もあり。

その後、欧州市場は日本株と同じように下げますが、米国株は下げて終えるも日本と欧州に比べると底固い。
前日の日経平均は1.19%安。その後、イギリス(FTSE)1.30%安、ドイツ(DAX)1.53%安、フランス(CAC)1.48%安。これに対してダウ平均は0.88%安、ナスダックは0.55%安、S&P500指数は0.71%安となり、それほど下げていません。

米国株の底固さを受けて、前日の警戒感と恐怖心が少し修正されたと考えています。
貿易摩擦問題は全く解決しておらず引き続き注意が必要。よって「少し修正された」程度だと思っています。

前日に書いていた内容をもう一度
興奮と恐怖で売買すると、ろくなことがありません。
~ ここから ~
〇投資をする上で危険なこと
急騰すると興奮する投資家が増えてきます。逆に急落すると恐怖を感じる投資家が増えてくる。
投資をする上で危険な事の一つに「冷静さを失う興奮と恐怖」があります。
株価の急騰と急落に振り回されないよう、注意したいこところです。また、振り回されない投資法で進めていくことも重要だと思い続けています。
~ ここまで ~

昔の私は情報に一喜一憂して売買することが多くありました。
強気解説が多くなり強い雰囲気になれば、強気になって買い付ける。
弱気解説が多くなり弱い雰囲気になれば、弱気になって損切り。

結果は、買ったところが天井近し、売ったところが底近し。
このようなことが多々あり、滅入ったこと数知れず。

でも、これは普通の心理と普通の行動です。
でも、投資では負けることが多くなります。

逆にすれば良いわけではありませんし、そう簡単にできるものでもありません。
そんな時は、一喜一憂せずドンと構えてじっくり検証。そうすることで、少し見えてくることもありますよ。

〇円安も追い風に
およそ半年ぶりとなる1ドル112円台まで円安進行。
円安は輸出関連にとって追い風。「円安株高、円高株安」と言われるように、連動性が高いです。
日経平均採用銘柄では、円安メリットの自動車株が全て上昇しました。

〇内需関連が強い
米中貿易摩擦がくすぶる中、外部環境の影響を受けにくい内需関連(ディフェンシブ関連)の上昇が目立ちました。
日経平均採用銘柄でも、上昇率上位に内需関連が並んでいます。

〇日経平均225円高ほどの強さは感じず
日経平均採用銘柄では、値上がり117銘柄に対して値下がり103銘柄となり多くの銘柄が下げています。理由は、ファーストリテイリングとソフトバンクの2銘柄で日経平均を130円押し上げている為。更に、エーザイによる30円の押し上げを差し引くと63円高。これで納得。

〇移動平均線による影響
180712j4.png

200日移動平均線を突破するも75日線と100日線が上値抵抗に。

 ランキングへの応援(バナーをクリック)
お願い致します。

にほんブログ村 株ブログ 専業投資家へ  

皆さまからのクリック数で、ランキングの順位が決まります。クリックするとランキングサイトへ進みますが、必要なければそのまま閉じて下さい。

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

投資をする上で危険なこと
株日記は特別な事情がない限り、平日の夕方に更新しますちな♪
株日記および「勉強できる私の買い付け」などの更新情報は、ホームページ「素人投資家の挑戦」右上にある新着情報でお知らせしますので、ご確認下さい。

---------------------------------------------------------------------------

お知らせ
○ こちらの株日記が、情報誌に掲載されました。
廣済堂出版 ネットマネー 08年7月号
今月の最強株ブロガー

掲載内容をご紹介 ⇒ こちら

○ 私の投資法が、情報誌に掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 09年5月号
逆発想で稼いでいる人達の奥の手

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

○ こちらの株日記が、All About(オールアバウト)で紹介されました。
マネー投資「好パフォーマンスの個人投資家」 
11年10月
 掲載内容をご紹介 ⇒ こちら

○ 私の投資法が、情報誌に掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 13年3月号
株投資の裏ワザ!こんなテクニックで勝ち馬に乗ることができる!

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

○ 私の投資体験記が掲載されました。
ビッグローブ株式会社 サーイ・イサラ
14年8月号 ネット de 資産運用

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

○ 私の投資法が情報誌に掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 16年11月号
投資で勝ち続ける人の黄金リズム masaさんの ヒッソリ投資

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

〇私の「ヒッソリ投資」が増刊号で再掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 17年5月号 増刊
16年11月号で「私のヒッソリ投資」が掲載されたのですが、反響が大きく再掲載されました。


〇投資本との向き合い方が掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 17年6月号
一生「貧乏脳」の人、「金持ち脳」に変わる人。この習慣が決め手になる。

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

とても貴重な経験をさせていただき、感謝しております。この場を借りて、お礼申し上げます。

---------------------------------------------------------------------------

いただいたメールを、(プライベートな部分を省いて)順番に紹介しています。
niko.gif 掲示板 

メールはこちらからどうぞ
niko.gif メール

---------------------------------------------------------------------------

7月11日 水曜日

本日の日経平均は、前日比264円安の21932円になりました。
米国株は143ドル高の24919ドル。

「米国株について」
引き続き、需給好転による買いで4日続伸。本日の相場は大きく動かず、24900ドル付近での揉み合いに終始しました。

米国株 日中足チャート
180711d.png

米国株 日足チャート
180711d2.png

〇主要3指数の動向
ダウ平均は0.58%高、ナスダックは0.04%高、S&P500指数は0.35%高。
主要3指数は揃って続伸しましたが、ハイテク比率の高いナスダックは控えめ。

〇S&P500指数業種別騰落率
上昇率の高い順
生活必需品 1.26%高、電気通信 1.13%高、公益 0.98%高。

下落率の高い順
金融のみ下落で0.37%安。

〇ダウ構成銘柄の動向
25銘柄が上昇、 4銘柄が下落、1銘柄が変わらず。
上昇率の高い順
P&G 2.52%高、ダウ・デュポン 1.59%高、ボーイング 1.53%高

下落率の高い順
ウォルグリーン 0.83%安、JPモルガン・チェース 0.62%安、ゴールドマン・サックス 0.50%安

〇需給関係による影響
連日書いています通り、この影響がとても大きいと考えています。
ある意味で分かり易い相場展開。

〇節目を前に上値重く
4営業日続伸で上げ幅が大きくなっているうえ、大きな節目となる25000ドルを前に上値が重くなっています。午前中に高値となる24945ドルまで買われますが、その後は24900ドル付近で揉み合い続けました。

買いが先行するも、戻り売り、一旦手仕舞い、利益確定、手控えで上値が重くなったと考えています。

〇目先の上値抵抗と下値抵抗
上値は25050ドルで、下値は24800ドルになると考えています。
日本時間の午前中に公表された「関税リスト」に伴う米中貿易摩擦問題は含んでいません。

勉強できる私の買い付け」を更新しています。

タイトルは・・・3本の移動平均線を下回ったところで買い付ける
~ 経験則をアテにしない投資法 ~

「勉強できる私の買い付け」とは
私の取引から勉強していただけると判断したものを、1ヶ月数銘柄(1週間に1銘柄程度)限定で紹介しているブログです。
「私の取引について」の詳しいご説明は
PC でご覧の方は hand02[1]こちら
携帯でご覧の方は hand02[1]こちら

「 日本株について 」
米中貿易摩擦問題悪化を警戒する売りが先行。22000円付近で寄り付いた後も下げ止まらず、10時過ぎには安値となる452円安の21744円まで売られるところがありました。後場に入ると22000円を回復しますが、上値は重く264円安の21932円で取引終了。

日経平均 日中足チャート
180711j.png

日経平均 日足チャート
180711j2.png

〇東証1部の売買代金と騰落状況
売買代金は2兆3208億円、売買高は13億6664万株。
値上がり銘柄数は485、値下がり銘柄数は1563、変わらずは51銘柄でした。

〇業種別
2業種が上昇、31業種が下落
上昇率の高い順
石油石炭、鉱業

下落率の高い順
ゴム、海運、繊維、機械、非鉄金属など

〇個別銘柄の動向
上昇率の高い順
昭和シェル石油 7.91%高、大日本住友製薬 3.37%高、住友大阪セメント 2.07%高、大塚HD 1.60%高、三井造船 1.47%高

下落率の高い順
ヤフー 6.48%安、ジェイテクト 6.14%安、エーザイ 5.57%安、リクルートHD 4.61%安、三菱倉庫 4.18%安

〇米中貿易問題再燃
トランプ政権が、中国からの輸入品に対して2000億ドル(約22兆2000億円)相当の新たな関税リストを発表。これに対して中国は報復を表明。

これが売り材料となり、10時過ぎには452円安まで売られるところがありました。

〇欧米市場下落への警戒感
関税リスト発表に伴う欧米市場下落への警戒感で大きく売られました。明日の欧米市場が大きく下げれば、明日の日本株にとっても大きな売り材料となりますから、先手を打って売り出す投資家とAIはいたはず。

〇不思議な急騰・・・危ない橋
米国を相手とした中国と欧州の貿易問題。最近は新たな展開無く静かでしたが、これで楽観視していた投資家とAIはいないはず。いつか再燃することは予測していたはずですが、不思議なことに3営業日で急騰。「危ない橋を渡っている」と少しだけ思っていました。

前場で452円も下げた背景には、直近の「騰がり方」も影響していたと思っています。
9日に書いていた内容です
----- ここから -----
売りを吸収せずに騰がり続けると、何かのキッカケでコケることも。
相場格言 「木を見て森を見ず」にならぬよう。
本日の大幅高は「棚から牡丹餅」という見方で良いと思っています。
----- ここまで -----

加えて、3営業日で急騰していたことも売りを誘った一つの要因。

〇投資をする上で危険なこと
急騰すると興奮する投資家が増えてきます。逆に急落すると恐怖を感じる投資家が増えてくる。
投資をする上で危険な事の一つに「冷静さを失う興奮と恐怖」があります。
株価の急騰と急落に振り回されないよう、注意したいこところです。また、振り回されない投資法で進めていくことも重要だと思い続けています。

〇3本線(壁)を下抜けた
180711j3.png

75日線、100日線、200日線を完全に下抜けました。
上値の壁ができ、需給関係は悪化。

 ランキングへの応援(バナーをクリック)
お願い致します。

にほんブログ村 株ブログ 専業投資家へ  

皆さまからのクリック数で、ランキングの順位が決まります。クリックするとランキングサイトへ進みますが、必要なければそのまま閉じて下さい。

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

日米共に内需関連株から外需関連株へ資金が移動
株日記は特別な事情がない限り、平日の夕方に更新しますちな♪
株日記および「勉強できる私の買い付け」などの更新情報は、ホームページ「素人投資家の挑戦」右上にある新着情報でお知らせしますので、ご確認下さい。

---------------------------------------------------------------------------

お知らせ
○ こちらの株日記が、情報誌に掲載されました。
廣済堂出版 ネットマネー 08年7月号
今月の最強株ブロガー

掲載内容をご紹介 ⇒ こちら

○ 私の投資法が、情報誌に掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 09年5月号
逆発想で稼いでいる人達の奥の手

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

○ こちらの株日記が、All About(オールアバウト)で紹介されました。
マネー投資「好パフォーマンスの個人投資家」 
11年10月
 掲載内容をご紹介 ⇒ こちら

○ 私の投資法が、情報誌に掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 13年3月号
株投資の裏ワザ!こんなテクニックで勝ち馬に乗ることができる!

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

○ 私の投資体験記が掲載されました。
ビッグローブ株式会社 サーイ・イサラ
14年8月号 ネット de 資産運用

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

○ 私の投資法が情報誌に掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 16年11月号
投資で勝ち続ける人の黄金リズム masaさんの ヒッソリ投資

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

〇私の「ヒッソリ投資」が増刊号で再掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 17年5月号 増刊
16年11月号で「私のヒッソリ投資」が掲載されたのですが、反響が大きく再掲載されました。


〇投資本との向き合い方が掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 17年6月号
一生「貧乏脳」の人、「金持ち脳」に変わる人。この習慣が決め手になる。

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

とても貴重な経験をさせていただき、感謝しております。この場を借りて、お礼申し上げます。

---------------------------------------------------------------------------

いただいたメールを、(プライベートな部分を省いて)順番に紹介しています。
niko.gif 掲示板 

メールはこちらからどうぞ
niko.gif メール

---------------------------------------------------------------------------

7月10日 火曜日

本日の日経平均は、前日比144円高の22196円になりました。
米国株は320ドル高の24776ドル。

「米国株について」
需給関係の好転で、午前中は右肩上がり。午後は高値揉み合いのまま320ドル高で取引終了。

米国株 日中足チャート
180710d.png

米国株 日足チャート
180710d2.png

〇主要3指数の動向
ダウ平均は1.31%高、ナスダックは0.88%高、S&P500指数は0.88%高。
主要3指数が揃って大きく続伸。

〇S&P500指数業種別騰落率
上昇率の高い順
金融 2.32%高、資本財 1.81%高、エネルギー 1.48%高

下落率の高い順
公益 3.13%安、電気通信 1.42%安、不動産 0.92%安

〇ダウ構成銘柄の動向
25銘柄が上昇、 5銘柄が下落しました。
上昇率の高い順
キャタピラー 4.11%高、JPモルガン・チェース 3.09%高、ゴールドマン・サックス 2.80%高

下落率の高い順
P&G 1.83%安、コカ・コーラ 0.54%安、ベライゾン 0.29%安

〇需給関係の好転
前日に書いていました通り、需給関係の好転が大きな買い材料になったと考えています。

180710d3.png

----- 前日に書いていた内容 -----
ローソク足では、下ヒゲが200日線を下回るも実体は200日線の上に乗りました。チャートは、24000ドルから揉み合いながら少しずつ下値を切り上げています。線の角度は、75日線が若干下を向いているも100日線は水平で200日線は上向き。(今の相場で影響が強くなっている)これらを総合的に考えると買い優勢。
----- ここまで -----

加えて、取引開始早々に75日線と100日線を上回ったことで(壁突破)、下値不安が後退(下値に壁ができた)。これが上値追いにつながったと考えています。

〇目先の上値抵抗と下値抵抗
上値は25000ドルで、下値は24650ドルになると考えています。

勉強できる私の買い付け」を更新しています。

タイトルは・・・3本の移動平均線を下回ったところで買い付ける
~ 経験則をアテにしない投資法 ~

「勉強できる私の買い付け」とは
私の取引から勉強していただけると判断したものを、1ヶ月数銘柄(1週間に1銘柄程度)限定で紹介しているブログです。
「私の取引について」の詳しいご説明は
PC でご覧の方は hand02[1]こちら
携帯でご覧の方は hand02[1]こちら

「 日本株について 」
欧米市場の上昇が買い材料になるも、22300円を超えると失速。後場は再び上昇しますが、引けにかけて大口売りが出ると上げ幅縮小。終値は144円高の22196円になりました。

日経平均 日中足チャート
180710j.png

日経平均 日足チャート
180710j2.png

〇東証1部の売買代金と騰落状況
売買代金は2兆6087億円、売買高は15億2212万株。
値上がり銘柄数は932、値下がり銘柄数は1094、変わらずは73銘柄でした。

〇業種別
21業種が上昇、12業種が下落
上昇率の高い順
石油石炭、非鉄金属、電気機器、海運、機械など

下落率の高い順
電気・ガス、陸運、水産・農林、食料品、倉庫運輸など

〇個別銘柄の動向
上昇率の高い順
ヤフー 11.39%高、昭和シェル石油 9.65%高、安川電機 6.36%高、楽天 4.89%高、千代田化工建設 4.15%高

下落率の高い順
大日本住友製薬 4.08%安、関西電力 3.36%安、京王電鉄 2.81%安、中部電力 2.81%安、マルハニチロ 2.65%安

〇米国株高が買い材料
ダウ平均が320ドルも上昇したので、大きな買い材料になりました。

〇欧州株高も買い材料
イギリス(FTSE)0.92%高、ドイツ(DAX)0.38%高、フランス(CAC)0.42%高となり、3市場揃って上昇。
こちらも買い材料。

〇機械株が買われた
米国株では、機械株のキャタピラーが4%を超える暴騰。
これが好感され、機械株が買われました。
日経平均採用銘柄の機械株は全て上昇しています。

〇金融株も買われた
金融株のJPモルガン・チェース、ゴールドマン・サックスが上昇率上位に並びました。S&P500指数では金融が上昇率トップ。
これが好感され、日本の銀行株が買われました。
日経平均採用銘柄の銀行株は2銘柄だけ下落。他は全て上昇。

〇円安で輸出関連株が買われた
株の上昇と連動するように円安へ。1ドル111円まで円安が進み、輸出関連株が買われました。
日経平均採用銘柄の自動車株は2銘柄だけ下落。他は全て上昇。

〇内需関連は軟調
S&P500指数の業種別では、低いものから公益、電気通信、不動産、生活必需品、上昇率が最も低いものはヘルスケア。
外需が強く内需が見送られたことを受け、日本でも同じ展開に。業種別でも内需関連の多くが下げています。

〇3本の移動平均線を突破
180710j3.png

75日線、100日線、200日線を突破。
3本線で形成された壁を突破したことで、下値に壁ができました。

 ランキングへの応援(バナーをクリック)
お願い致します。

にほんブログ村 株ブログ 専業投資家へ  

皆さまからのクリック数で、ランキングの順位が決まります。クリックするとランキングサイトへ進みますが、必要なければそのまま閉じて下さい。

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

相場格言 「木を見て森を見ず」にならぬよう
株日記は特別な事情がない限り、平日の夕方に更新しますちな♪
株日記および「勉強できる私の買い付け」などの更新情報は、ホームページ「素人投資家の挑戦」右上にある新着情報でお知らせしますので、ご確認下さい。

---------------------------------------------------------------------------

お知らせ
○ こちらの株日記が、情報誌に掲載されました。
廣済堂出版 ネットマネー 08年7月号
今月の最強株ブロガー

掲載内容をご紹介 ⇒ こちら

○ 私の投資法が、情報誌に掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 09年5月号
逆発想で稼いでいる人達の奥の手

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

○ こちらの株日記が、All About(オールアバウト)で紹介されました。
マネー投資「好パフォーマンスの個人投資家」 
11年10月
 掲載内容をご紹介 ⇒ こちら

○ 私の投資法が、情報誌に掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 13年3月号
株投資の裏ワザ!こんなテクニックで勝ち馬に乗ることができる!

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

○ 私の投資体験記が掲載されました。
ビッグローブ株式会社 サーイ・イサラ
14年8月号 ネット de 資産運用

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

○ 私の投資法が情報誌に掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 16年11月号
投資で勝ち続ける人の黄金リズム masaさんの ヒッソリ投資

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

〇私の「ヒッソリ投資」が増刊号で再掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 17年5月号 増刊
16年11月号で「私のヒッソリ投資」が掲載されたのですが、反響が大きく再掲載されました。


〇投資本との向き合い方が掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 17年6月号
一生「貧乏脳」の人、「金持ち脳」に変わる人。この習慣が決め手になる。

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

とても貴重な経験をさせていただき、感謝しております。この場を借りて、お礼申し上げます。

---------------------------------------------------------------------------

いただいたメールを、(プライベートな部分を省いて)順番に紹介しています。
niko.gif 掲示板 

メールはこちらからどうぞ
niko.gif メール

---------------------------------------------------------------------------

7月9日 月曜日

本日の日経平均は、前週末比264円高の22052円になりました。
米国株は99ドル高の24456ドル。

「米国株について」
需給改善と良好な雇用統計を受けて、午前中に24500ドルまで上昇。午後は高値揉み合いのまま取引終了。

米国株 日中足チャート
180709d.png

米国株 日足チャート
180709d2.png

〇主要3指数の動向
ダウ平均は0.41%高、ナスダックは1.34%高、S&P500指数は0.85%高。
主要3指数が揃って続伸。

〇S&P500指数業種別騰落率
上昇率の高い順
ヘルスケア 1.45%高、情報技術 1.24%高、一般消費財 0.77%高
11業種全てが上昇しました。

〇ダウ構成銘柄の動向
23銘柄が上昇、 7銘柄が下落しました。
上昇率の高い順
ウォルグリーン 1.47%高、マイクロソフト 1.40%高、アップル 1.39%高

下落率の高い順
キャタピラー 0.29%安、ダウ・デュポン 0.21%安、ナイキ 0.09%安

〇経済指標による影響
6月の雇用統計は、非農業部門雇用者数が前月比21万3000人増。
市場予想の19万5000人増を大きく上回っています。
また、4月と5月分は3万7000人の上方修正。

良好な雇用統計は買い材料になったと考えています。

〇ハイテク主導
ハイテク銘柄マイクロソフト、アップル、インテル、IBMが上昇率上位に並んでおり、業種別でも情報技術が大きく上昇。また、ハイテク比率の高いナスダックは1.34%高となり、ダウ平均の0.41%高とS&P500指数の0.85%高を大きく上回っています。

〇需給改善
180709d3.png

金曜日の株日記でも書いていましたが、強い抵抗線となる200日移動平均線を上回ったことで需給関係が改善。午前中の上昇につながったと考えています。

〇上値の壁
24500ドル付近に75日移動平均線、24600ドル付近に100日移動平均線が通っています。共に、今の株価より上にありますから上値抵抗線となりますが、100ドルしか違わないので壁。私の勝手な解釈ですが、線と線が接近する壁の方が抵抗は強くなると思っています。

前週末は24500ドルを超えると上値が重くなりましたので、やはり壁での戻り売りが多く出ている印象。

〇抵抗線の攻防
移動平均線だけを重要視しているわけではありませんが、今は影響が強いので無視することはできません。

買い優勢か
ローソク足では、下ヒゲが200日線を下回るも実体は200日線の上に乗りました。チャートは、24000ドルから揉み合いながら少しずつ下値を切り上げています。線の角度は、75日線が若干下を向いているも100日線は水平で200日線は上向き。(今の相場で影響が強くなっている)これらを総合的に考えると買い優勢。

〇目先の上値抵抗と下値抵抗
上値は24550ドルで、下値は24350ドルになると考えています。

勉強できる私の買い付け」を更新しています。

タイトルは・・・3本の移動平均線を下回ったところで買い付ける
~ 経験則をアテにしない投資法 ~

「勉強できる私の買い付け」とは
私の取引から勉強していただけると判断したものを、1ヶ月数銘柄(1週間に1銘柄程度)限定で紹介しているブログです。
「私の取引について」の詳しいご説明は
PC でご覧の方は hand02[1]こちら
携帯でご覧の方は hand02[1]こちら

「 日本株について 」
米国株高が買い材料となり、取引開始から30分で22000円を突破しました。その後、1時間ほど揉み合ってから上放れると、275円高まで上げ幅を拡大させて前引け。後場は高値揉み合いのまま、264円高の22052円で取引終了。

日経平均 日中足チャート
180709j.png

日経平均 日足チャート
180709j2.png

〇東証1部の売買代金と騰落状況
売買代金は2兆415億円、売買高は12億2088万株。
値上がり銘柄数は1649、値下がり銘柄数は390、変わらずは60銘柄でした。

〇業種別
30業種が上昇、2業種が下落、1業種が変わらず
上昇率の高い順
その他金融 2.06%高、金属 2.05%高、医薬品 2.05%高など

下落率の高い順
繊維 0.26%安、水産・農林 0.20%安

変わらず
陸運

〇個別銘柄の動向
上昇率の高い順
エーザイ 16.34%高、太陽誘電 8.54%高、富士通 4.99%高、ソニー 4.44%高、TDK 4.19%高

下落率の高い順
日産自動車 4.56%安、大塚HD 3.65%安、東海カーボン 3.64%安、日立建機 2.54%安、三菱自動車工業 1.85%安

〇米国株高が買い材料
米国株の項で書いています通り、需給関係改善を好感する買いが入ったと考えています。米国株に先高感があれば日本株への買い材料。

〇ハイテク(半導体)が買われた
米国株ではハイテクが買われて、ナスダックが大きく上昇。
これを受けて日本のハイテクにも買いが入っています。

〇エーザイがストップ高
アルツハイマー病を対象とした新薬候補の臨床試験で良い結果が出たと発表され、前週末はストップ高。本日もストップ高となり、1銘柄で日経平均を56円押し上げました。

〇超のつく閑散相場
米国株高、ハイテクが買われた、エーザイがストップ高・・・良い材料を並べていますが、東証1部の売買代金は僅か2兆415億円しかありません。潜在的な売り圧力を残したまま大幅続伸しており、少し注意が必要かも。

売りを吸収せずに騰がり続けると、何かのキッカケでコケることも。
相場格言 「木を見て森を見ず」にならぬよう。
本日の大幅高は「棚から牡丹餅」という見方で良いと思っています。

 ランキングへの応援(バナーをクリック)
お願い致します。

にほんブログ村 株ブログ 専業投資家へ  

皆さまからのクリック数で、ランキングの順位が決まります。クリックするとランキングサイトへ進みますが、必要なければそのまま閉じて下さい。

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

貿易問題への懸念後退で世界同時株高
株日記は特別な事情がない限り、平日の夕方に更新しますちな♪
株日記および「勉強できる私の買い付け」などの更新情報は、ホームページ「素人投資家の挑戦」右上にある新着情報でお知らせしますので、ご確認下さい。

---------------------------------------------------------------------------

お知らせ
○ こちらの株日記が、情報誌に掲載されました。
廣済堂出版 ネットマネー 08年7月号
今月の最強株ブロガー

掲載内容をご紹介 ⇒ こちら

○ 私の投資法が、情報誌に掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 09年5月号
逆発想で稼いでいる人達の奥の手

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

○ こちらの株日記が、All About(オールアバウト)で紹介されました。
マネー投資「好パフォーマンスの個人投資家」 
11年10月
 掲載内容をご紹介 ⇒ こちら

○ 私の投資法が、情報誌に掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 13年3月号
株投資の裏ワザ!こんなテクニックで勝ち馬に乗ることができる!

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

○ 私の投資体験記が掲載されました。
ビッグローブ株式会社 サーイ・イサラ
14年8月号 ネット de 資産運用

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

○ 私の投資法が情報誌に掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 16年11月号
投資で勝ち続ける人の黄金リズム masaさんの ヒッソリ投資

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

〇私の「ヒッソリ投資」が増刊号で再掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 17年5月号 増刊
16年11月号で「私のヒッソリ投資」が掲載されたのですが、反響が大きく再掲載されました。


〇投資本との向き合い方が掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 17年6月号
一生「貧乏脳」の人、「金持ち脳」に変わる人。この習慣が決め手になる。

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

とても貴重な経験をさせていただき、感謝しております。この場を借りて、お礼申し上げます。

---------------------------------------------------------------------------

いただいたメールを、(プライベートな部分を省いて)順番に紹介しています。
niko.gif 掲示板 

メールはこちらからどうぞ
niko.gif メール

---------------------------------------------------------------------------

7月6日 金曜日

本日の日経平均は、前日比241円高の21788円になりました。
米国株は181ドル高の24356ドル。

「米国株について」
休み明けの米国株は乱高下しながらも大きく上昇。前半は200ドル近い上昇から前日値付近まで売られますが、V字で高値圏まで戻しました。後半は高値揉み合いから100ドル売り込まれるも、再びV字で高値圏へ。

米国株 日中足チャート
180706d.png

米国株 日足チャート
180706d2.png

主要3指数の動向
ダウ平均は0.75%高、ナスダックは1.12%高、S&P500指数は0.86%高
主要3指数が揃って大きく上昇

〇S&P500指数業種別騰落率
上昇率の高い順
情報技術 1.5%高、生活必需品 1.5%高、不動産 1.4%高
エネルギーのみ下落 0.2%安

〇ダウ構成銘柄の動向
28銘柄が上昇、 2銘柄が下落しました。
上昇率の高い順
ウォルグリーン 2.67%高、インテル 2.59%高、ジョンソン&ジョンソン 1.87%高

下落率の高い順
シェブロン 0.6%安、トラベラーズ 0.14%安

〇ハイテク(半導体)関連が買い戻された
先日、中国が半導体マイクロン・テクノロジーの販売を禁止したことで、同社の株価は急落。しかし、本日は状況が一変、マイクロンが「売り上げに対する影響は限定的」と示したことで、同社の株価は取引開始直後から3%近く急騰。その後も高値圏を維持して2.64%高で取引を終えました。

マイクロンの販売禁止を受けてハイテク(半導体)関連は軒並み売られていましたが、本日は買い安心感が広がると同時に、売り込まれていただけに押し目買いも入って軒並み上昇。業種別でも情報技術が大きく上昇しました。

〇欧米間の貿易問題への懸念が後退
グレネル駐ドイツ米大使がドイツ自動車大手のトップらと会い、欧米間による自動車関税撤廃を提案したと報じられました。また、ドイツのメルケル首相も関税を引き下げる用意があると示しています。

現在、EUから米国への自動車関税は2.5%、米国からEUには10%
トランプ政権はEUから米国への自動車関税を20%に引き上げると示していた為、撤廃が実現すればドイツの自動車メーカーは大きな打撃を回避することになります。

これを受けて、貿易問題への懸念から売り込まれていた外需が買い戻され、ハイテク(半導体)関連と一緒に相場を牽引。

〇内需関連も堅調
ハイテク(半導体)と外需が牽引するも、内需が売られているわけではありません。ダウ構成銘柄でも、ウォルグリーン、ジョンソン&ジョンソン、P&G、メルク、コカ・コーラ、ユナイテッドヘルスなどが上昇率上位に並んでおり、内需関連も堅調でした。

〇経済指標による影響
・6月のADP雇用統計では、民間部門の雇用者数が17万7000人増。
前月の18万9000人増から減少、市場予想の19万人も下回っています。

・6月のISM非製造業景気指数は59.1になりました。
前月の58.6から上昇、市場予想の58.3も上回っています。

ADP雇用統計は減少するも、失望されるほどではありません。
ISM非製造業景気指数は上昇するも、楽観されるほどでも無し。

・FOMC議事要旨
サプライズは無かったものの上げ幅を縮小させるところがありましたので、一部のAIが反応した可能性あり。その後は引けにかけてV字で買い戻され高値圏で取引終了。

〇200日移動平均線を上回る
僅かながら、200日線を上抜けました。
180706d3.png

強い抵抗線を上抜けたことで需給関係は少し改善したと考えています。

〇目先の上値抵抗と下値抵抗
上値は24500ドルで、下値は24250ドルになると考えています。

勉強できる私の買い付け」を更新しています。

タイトルは・・・3本の移動平均線を下回ったところで買い付ける
~ 経験則をアテにしない投資法 ~

「勉強できる私の買い付け」とは
私の取引から勉強していただけると判断したものを、1ヶ月数銘柄(1週間に1銘柄程度)限定で紹介しているブログです。
「私の取引について」の詳しいご説明は
PC でご覧の方は hand02[1]こちら
携帯でご覧の方は hand02[1]こちら

「 日本株について 」
欧米市場の上昇が買い材料になるも、売りも大きく前場は乱高下。後場は大口買いが入る度に上げ幅を拡大させ、14時35分には高値となる320円高まで上昇しますが、最後の30分で売り込まれてしまい241円高の21788円で取引終了。

日経平均 日中足チャート
180706j

日経平均 日足チャート
180706j2

〇東証1部の売買代金と騰落状況
売買代金は2兆4273億円、売買高は13億9356万株。
値上がり銘柄数は1684、値下がり銘柄数は362、変わらずは52銘柄でした。
全体の8割が上昇しています。

〇業種別
27業種が上昇、6業種が下落
上昇率の高い順
医薬品、電気機器、卸売、ガラス土石、海運など

下落率の高い順
石油石炭、保険、空運、鉱業、小売、その他製品の6業種が下落

〇個別銘柄の動向
上昇率の高い順
エーザイ 19.47%高、TDK 5.15%高、東海カーボン 5.13%高、双日 3.88%高、三菱自動車工業 3.84%高

下落率の高い順
日揮 2.36%安、昭和シェル石油 2.28%安、 東宝 1.84安、千代田化工建設 1.67安、日本通運 1.58%安

〇欧米市場の上昇が買い材料
ダウ平均は0.75%高、ナスダックは1.12%高、S&P500指数は0.86%高。
主要3指数が揃って大きく上昇し、買い材料になりました。

イギリス(FTSE)0.40%高、ドイツ(DAX)1.19%高、フランス(CAC)0.86%高。
とくにドイツは米国との自動車関税撤廃案が好感され、他と比べて大きく上昇。
欧州3市場の上昇も日本株への買い材料。

〇貿易問題の懸念後退で世界同時株高
米国株の項で書いています通り、自動車の関税撤廃が見えてきたことで欧米貿易問題に対する懸念が後退。また、トランプ政権が中国に対して関税を発動するも、既に周知されている事で織込み済み。後場の安値でも100円近い上げ幅を維持しました。

〇ハイテク(半導体)が相場を牽引
米国株の項で書いています通り、半導体のマイクロンが「販売停止でも売り上げに対する影響は限定的」としたことをキッカケとするハイテク(半導体)への買戻しは、日本のハイテクにとっても大きな買い材料になりました。また、米ハイテクと同じように、売り込まれていただけに押し目買いも多く入りました。
日経平均採用銘柄では上昇率上位にハイテクが並び、業種別でも電気機器が2位になっています。

〇エーザイがストップ高
アルツハイマー病を対象とした新薬候補の臨床試験で良い結果が出たと発表され、ストップ高に。エーザイ1銘柄だけで日経平均を56円押し上げました。
医薬品の個別銘柄は高安まちまちでしたが、エーザイの影響で医薬品が上昇率トップになっています。

〇意外にも内需は控えめ
ダウ構成銘柄では、ウォルグリーン、ジョンソン&ジョンソン、P&G、メルク、コカ・コーラ、ユナイテッドヘルスなどが上昇率上位に並んでおり、内需関連も堅調でした。これを受けて、本日は内外問わず買われると予想していたのですが・・・意外にも内需は控えめで下げる業種もありました。引き続き、内需から外需へ資金がシフトしている印象です。ただ、これは7月2日の株日記で書いていましたとおり「想定通り」です。

 ランキングへの応援(バナーをクリック)
お願い致します。

にほんブログ村 株ブログ 専業投資家へ  

皆さまからのクリック数で、ランキングの順位が決まります。クリックするとランキングサイトへ進みますが、必要なければそのまま閉じて下さい。

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

閑散相場で後場急落
株日記は特別な事情がない限り、平日の夕方に更新しますちな♪
株日記および「勉強できる私の買い付け」などの更新情報は、ホームページ「素人投資家の挑戦」右上にある新着情報でお知らせしますので、ご確認下さい。

---------------------------------------------------------------------------

お知らせ
○ こちらの株日記が、情報誌に掲載されました。
廣済堂出版 ネットマネー 08年7月号
今月の最強株ブロガー

掲載内容をご紹介 ⇒ こちら

○ 私の投資法が、情報誌に掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 09年5月号
逆発想で稼いでいる人達の奥の手

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

○ こちらの株日記が、All About(オールアバウト)で紹介されました。
マネー投資「好パフォーマンスの個人投資家」 
11年10月
 掲載内容をご紹介 ⇒ こちら

○ 私の投資法が、情報誌に掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 13年3月号
株投資の裏ワザ!こんなテクニックで勝ち馬に乗ることができる!

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

○ 私の投資体験記が掲載されました。
ビッグローブ株式会社 サーイ・イサラ
14年8月号 ネット de 資産運用

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

○ 私の投資法が情報誌に掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 16年11月号
投資で勝ち続ける人の黄金リズム masaさんの ヒッソリ投資

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

〇私の「ヒッソリ投資」が増刊号で再掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 17年5月号 増刊
16年11月号で「私のヒッソリ投資」が掲載されたのですが、反響が大きく再掲載されました。


〇投資本との向き合い方が掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 17年6月号
一生「貧乏脳」の人、「金持ち脳」に変わる人。この習慣が決め手になる。

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

とても貴重な経験をさせていただき、感謝しております。この場を借りて、お礼申し上げます。

---------------------------------------------------------------------------

いただいたメールを、(プライベートな部分を省いて)順番に紹介しています。
niko.gif 掲示板 

メールはこちらからどうぞ
niko.gif メール

---------------------------------------------------------------------------

7月5日 木曜日

本日の日経平均は、前日比170円安の21546円になりました。
米国株は休場

「米国株について」

独立記念日で休場

前日に「勉強できる私の買い付け」を更新しています。

タイトルは・・・3本の移動平均線を下回ったところで買い付ける
~ 経験則をアテにしない投資法 ~

「勉強できる私の買い付け」とは
私の取引から勉強していただけると判断したものを、1ヶ月数銘柄(1週間に1銘柄程度)限定で紹介しているブログです。
「私の取引について」の詳しいご説明は
PC でご覧の方は hand02[1]こちら
携帯でご覧の方は hand02[1]こちら

「 日本株について 」
米国株は休場で欧州3市場も揃って動意薄。材料不足の中で前場は前日値付近での揉み合いになりますが、後場に入ると急落。21500円付近での揉み合いに終始しました。終値は170円安の21546円。

日経平均 日中足チャート
180705j.png

日経平均 日足チャート
180705j2.png

〇東証1部の売買代金と騰落状況
売買代金は2兆2564億円、売買高は13億9609万株。
値上がり銘柄数は185、値下がり銘柄数は1883、変わらずは28銘柄でした。

〇業種別
上昇した業種は無く、33業種全てが下落。
下落率の高い順
石油石炭、非鉄金属、小売、電気機器、倉庫運輸など

〇個別銘柄の動向
上昇率の高い順
ヤマハ 1.68%高、第一三共 1.62%高、日本化薬 1.40%高、リクルートHD 1.16%高、小松製作所 1.16%高

下落率の高い順
資生堂 5.03%安、大平洋金属 4.48%安、太陽誘電 4.05%安、三井金属 4.00%安、東邦亜鉛 3.85%安

〇欧州市場による影響は限定的
米国株休場のため欧州市場が材料視されるところ、動意薄で日本株への影響も限定的。
イギリス(FTSE)0.27%安、ドイツ(DAX)0.26%安、フランス(CAC)0.07%高。

〇後場に急落
材料不足の中、前場は前日値付近での揉み合いに。前引けでの売買代金は僅か8793億円、売買高は5億9729万株でした。
ここまでは多くの市場関係者が予想できたところ。

状況が一変したのは後場寄りから。
前引けの21684円から一気に21500円まで下げ幅を拡大。その後は押し目買いが入るも上値は伸びず安値揉み合いのまま取引終了。

〇全面安
33業種全てが下落し、東証1部の9割が下げる全面安。
日経平均採用銘柄では、1%を超える上昇が僅か5銘柄でした。

〇米国株待ち
材料待ち(米国株待ち)という感じ。

 ランキングへの応援(バナーをクリック)
お願い致します。

にほんブログ村 株ブログ 専業投資家へ  

皆さまからのクリック数で、ランキングの順位が決まります。クリックするとランキングサイトへ進みますが、必要なければそのまま閉じて下さい。

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

ハイテク(半導体)が全体を引きずりおろす
株日記は特別な事情がない限り、平日の夕方に更新しますちな♪
株日記および「勉強できる私の買い付け」などの更新情報は、ホームページ「素人投資家の挑戦」右上にある新着情報でお知らせしますので、ご確認下さい。

---------------------------------------------------------------------------

お知らせ
○ こちらの株日記が、情報誌に掲載されました。
廣済堂出版 ネットマネー 08年7月号
今月の最強株ブロガー

掲載内容をご紹介 ⇒ こちら

○ 私の投資法が、情報誌に掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 09年5月号
逆発想で稼いでいる人達の奥の手

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

○ こちらの株日記が、All About(オールアバウト)で紹介されました。
マネー投資「好パフォーマンスの個人投資家」 
11年10月
 掲載内容をご紹介 ⇒ こちら

○ 私の投資法が、情報誌に掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 13年3月号
株投資の裏ワザ!こんなテクニックで勝ち馬に乗ることができる!

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

○ 私の投資体験記が掲載されました。
ビッグローブ株式会社 サーイ・イサラ
14年8月号 ネット de 資産運用

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

○ 私の投資法が情報誌に掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 16年11月号
投資で勝ち続ける人の黄金リズム masaさんの ヒッソリ投資

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

〇私の「ヒッソリ投資」が増刊号で再掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 17年5月号 増刊
16年11月号で「私のヒッソリ投資」が掲載されたのですが、反響が大きく再掲載されました。


〇投資本との向き合い方が掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 17年6月号
一生「貧乏脳」の人、「金持ち脳」に変わる人。この習慣が決め手になる。

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

とても貴重な経験をさせていただき、感謝しております。この場を借りて、お礼申し上げます。

---------------------------------------------------------------------------

いただいたメールを、(プライベートな部分を省いて)順番に紹介しています。
niko.gif 掲示板 

メールはこちらからどうぞ
niko.gif メール

---------------------------------------------------------------------------

7月4日 水曜日

本日の日経平均は、前日比68円安の21717円になりました。
米国株は132ドル安の24174ドル。

「米国株について」
取引開始から間もなく100ドルを超える上げ幅になりますが、すぐに右肩下がり。前日値を割り込むと一気に下げ幅を拡大させて132ドル安で取引終了。本日は、独立記念日(祝日)前の半日取引。

米国株 日中足チャート
180704j.png

米国株 日足チャート
180704d2.png

〇主要3指数の動向
ダウ平均は0.54%安、ナスダックは0.86%安、S&P500指数は0.49%安。

〇S&P500指数業種別騰落率
上昇率の高い順
電気通信、エネルギー、不動産

下落率の高い順
情報技術、金融、一般消費財

〇ダウ構成銘柄の動向
10銘柄が上昇、 20銘柄が下落しました。
上昇率の高い順
ジョンソン&ジョンソン 0.93%高、エクソンモービル 0.59%高、ベライゾン 0.56%高

下落率の高い順
ナイキ 2.64%安、キャタピラー 1.80%安、アップル 1.74%安

〇ハイテク(半導体)関連が軒並み下落
中国が半導体マイクロン・テクノロジーの販売を禁止したと報じられ、前日値付近で推移していたマイクロンが急落、5.51%安になりました。これが半導体関連への警戒感につながり軒並み下落、ダウ構成銘柄ではアップルとインテルが大きく下げています。

〇内需が堅調
米中貿易問題が懸念される中、外部環境の影響を受けにくい内需関連(ディフェンシブ)関連が堅調に推移しました。

〇引き続き移動平均線が大きく影響
取引開始早々に200日線を突破するも、次は75日線が上値抵抗となり失速。再び200日線を割り込んだことで上昇力は弱まり、更に前日値を割り込み諦めの売りが出た印象。

上値に控える壁
180704d3.png

およそ24400ドルから24600ドルの間に75日線、100日線、200日線が通っていますから、ここが上値の壁になります。株価の下にある時は強い下値抵抗になるのですが、上にあると強い上値抵抗に。

〇目先の上値抵抗と下値抵抗
上値は24400ドルで、下値は24000ドルになると考えています。

本日は「勉強できる私の買い付け」を更新しています。

タイトルは・・・3本の移動平均線を下回ったところで買い付ける
~ 経験則をアテにしない投資法 ~

「勉強できる私の買い付け」とは
私の取引から勉強していただけると判断したものを、1ヶ月数銘柄(1週間に1銘柄程度)限定で紹介しているブログです。
「私の取引について」の詳しいご説明は
PC でご覧の方は hand02[1]こちら
携帯でご覧の方は hand02[1]こちら

「 日本株について 」
米国株の下落が売り材料となり、9時40分に安値となる181円安まで売られるところがありました。その後は押し目買いが入って大きく戻すも、再び売り込まれて161円安で前引け。後場は右肩上がりになって前日値まであと1円50銭まで迫りますが、最後の30分で急落。68円安の21717円で取引終了。

日経平均 日中足チャート
180704jJ.png

日経平均 日足チャート
180704j2.png

〇東証1部の売買代金と騰落状況
売買代金は2兆1275億円、売買高は13億1123万株。
値上がり銘柄数は956、値下がり銘柄数は1066、変わらずは74銘柄。

〇業種別
17業種が上昇、16業種が下落
上昇率の高い順
石油石炭、鉱業、倉庫運輸、情報・通信、電気・ガスなど

下落率の高い順
電気機器、その他製品、機械、証券商品先物、海運など

〇個別銘柄の動向
上昇率の高い順
資生堂 4.11%高、スカパー 3.28%高、清水建設 3.10%高、京王電鉄 3.09%高、花王 3.04%高

下落率の高い順
安川電機 5.82%安、TDK 5.18%安、SUMCO 4.74%安、東京エレクトロン 4.44%安、アドバンテスト 4.29%安

〇ハイテク(半導体)が全体を引きずりおろす
米国株の項で書いています通り、中国が半導体マイクロン・テクノロジーの販売を禁止したと報じられ、米国の半導体関連が軒並み下落。これを受けて、日本株でも半導体関連株が大きく売られました。業種別では、電気機器のうち4銘柄を除いて全て下落。ちなみに、東京エレクトロンとTDKの2銘柄だけで日経平均を53円押し下げています。

〇機械株も弱い
米キャタピラーが大きく下げたことで、機械株の下げも目立ちました。
機械株のうち4銘柄を除いて全て下落。

〇外需が全体的に弱かった
半導体と機械株が比較的大きく下げていますが、外需全体が弱い1日でした。

〇内需(ディフェンシブ)関連に資金が移動
食品株は全て上昇、他でも内需関連株の上昇が目立ちました。
米国株では、外部環境の影響を受けにくい内需関連株に資金が移動しました。これを受けて日本株でも同じ展開に。

〇3本の線が上値抵抗に
75日線、100日線、200日線が上値にある為、上値抵抗に。
180704j3.png

〇閑散相場
米国株は独立記念日(休場)前の短縮取引で、終了後はお休みモードとなり日本株を積極的に売買する米国投資家(AI含む)は激減。東証1部の売買代金も2兆1275万株しかなく、超の付く閑散相場になりました。

閑散相場では大口売買の影響がとても大きくなりますから、短期売買(短期の利益を目的とした売買)も出やすくなります。前場はまさにそのような動きで乱高下しましたが、このような値動きに振り回されないよう注意が必要です。

 ランキングへの応援(バナーをクリック)
お願い致します。

にほんブログ村 株ブログ 専業投資家へ  

皆さまからのクリック数で、ランキングの順位が決まります。クリックするとランキングサイトへ進みますが、必要なければそのまま閉じて下さい。

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

見切り売りと失望売りが続いている・・・最後は棚から牡丹餅で急回復
株日記は特別な事情がない限り、平日の夕方に更新しますちな♪
株日記および「勉強できる私の買い付け」などの更新情報は、ホームページ「素人投資家の挑戦」右上にある新着情報でお知らせしますので、ご確認下さい。

---------------------------------------------------------------------------

お知らせ
○ こちらの株日記が、情報誌に掲載されました。
廣済堂出版 ネットマネー 08年7月号
今月の最強株ブロガー

掲載内容をご紹介 ⇒ こちら

○ 私の投資法が、情報誌に掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 09年5月号
逆発想で稼いでいる人達の奥の手

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

○ こちらの株日記が、All About(オールアバウト)で紹介されました。
マネー投資「好パフォーマンスの個人投資家」 
11年10月
 掲載内容をご紹介 ⇒ こちら

○ 私の投資法が、情報誌に掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 13年3月号
株投資の裏ワザ!こんなテクニックで勝ち馬に乗ることができる!

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

○ 私の投資体験記が掲載されました。
ビッグローブ株式会社 サーイ・イサラ
14年8月号 ネット de 資産運用

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

○ 私の投資法が情報誌に掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 16年11月号
投資で勝ち続ける人の黄金リズム masaさんの ヒッソリ投資

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

〇私の「ヒッソリ投資」が増刊号で再掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 17年5月号 増刊
16年11月号で「私のヒッソリ投資」が掲載されたのですが、反響が大きく再掲載されました。


〇投資本との向き合い方が掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 17年6月号
一生「貧乏脳」の人、「金持ち脳」に変わる人。この習慣が決め手になる。

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

とても貴重な経験をさせていただき、感謝しております。この場を借りて、お礼申し上げます。

---------------------------------------------------------------------------

いただいたメールを、(プライベートな部分を省いて)順番に紹介しています。
niko.gif 掲示板 

メールはこちらからどうぞ
niko.gif メール

---------------------------------------------------------------------------

7月3日 火曜日

本日の日経平均は、前日比26円安の21785円になりました。
米国株は35ドル高の24307ドル。

「米国株について」
24100ドルから24250ドルの間で乱高下しましたが、最後は右肩上がりになってプラス引け。

米国株 日中足チャート
180703d.png

米国株 日足チャート
180703d2.png

〇主要3指数の動向
ダウ平均は0.15%高、ナスダックは0.76%高、S&P500指数は0.31%高

〇S&P500指数業種別騰落率
上昇率の高い順
情報技術 0.99%高、公益 0.79%高、金融 0.66%高

下落率の高い順
エネルギー 1.55%安、生活必需品 0.53%安、不動産 0.50%安

〇ダウ構成銘柄の動向
19銘柄が上昇、 11銘柄が下落しました。
上昇率の高い順
ウォルグリーン 1.86%高、マイクロソフト 1.42%高、ゴールドマン・サックス 1.22%高

下落率の高い順
ウォルマート 1.93%安、シェブロン 1.72%安、ナイキ 1.67%安

〇経済指標による影響
6月のISM製造業景気指数は60.2になりました。
前月の58.7から上昇、市場予想も上まわりプラス材料に。

〇方向感は出ず
24100ドルから24250ドルの間で乱高下しており、売りと押し目買いが交錯。最後はプラスで終えますが、僅か35ドル高なので方向感は出ず。

米国を相手にした中国と欧州の貿易問題が日々変化しており「買って良いのか悪いのか、売って良いのか悪いのか」迷う投資家とAIが増えている印象です。あと、要人の発言を瞬時に分析するAIは、その時々で売買が振り回されている可能性も。

〇安値揉み合い
6月中旬の高値から下落トレンドになり、直近は24000ドルを下値とする安値揉み合いが続いています。
180703d4.png

〇目先の上値抵抗と下値抵抗
上値は24500ドルで、下値は24050ドルになると考えています。

勉強できる私の買い付け」を更新しています。

タイトルは・・・投資の基本 好業績銘柄の押し目買い

7月2日 日経平均が492円安でも この底固さ。
180702u1.png

「勉強できる私の買い付け」とは
私の取引から勉強していただけると判断したものを、1ヶ月数銘柄(1週間に1銘柄程度)限定で紹介しているブログです。
「私の取引について」の詳しいご説明は
PC でご覧の方は hand02[1]こちら
携帯でご覧の方は hand02[1]こちら

「 日本株について 」
押し目買いが先行するも、少しずつ上げ幅縮小。後場は一段安となり、安値では237円安まで売られるところがありました。その後、最後の30分で大口買いが連発すると一気に戻し、26円安の21785円で取引終了。

日経平均 日中足チャート
180703j.png

日経平均 日足チャート
18073j2.png

〇東証1部の売買代金と騰落状況
売買代金は2兆5298億円、売買高は14億8426万株。
値上がり銘柄数は486、値下がり銘柄数は1541、変わらずは69銘柄でした。

〇業種別
12業種が上昇、21業種が下落
上昇率の高い順
石油石炭、空運、保険、鉱業、証券商品先物など

下落率の高い順
非鉄金属、海運、精密機器、繊維、その他金融など

〇個別銘柄の動向
上昇率の高い順
カシオ計算機 3.04%高、富士通 2.95%高、ミネベア 2.66%高、クボタ 2.51%高、TDK 2.39%高

下落率の高い順
三井金属 5.08%安、スカパー 3.72%安、古河電気工業 3.53%安、ヤマハ 3.41%安、コナミ 3.33%安

〇押し目買い
前日に492円も下げている為、押し目買いが先行しました。
後で大きく売られることになりますが、10時過ぎには高値となる116円高の21927円まで上昇するところがありました。

〇降り続ける投資家とAI
前日の急落で、梯子を外される前に降りようとする投資家とAIが多くいた印象。後場の一段安では21600円付近まで売られました。

〇強力な壁が邪魔をする
180703j3.png

上値には、75日線、100日線、200日線が通っており、分厚い壁になっています。
これらが株価の下にある時は強力な下値抵抗になるのですが、今は上にあるので強力な上値抵抗。3本の線がおよそ200円の幅で通っている為、イメージとしては壁です。

〇下値拾いが逆効果に
180703j4.png

上記しました3本の下値抵抗が下にあると(赤枠で囲んだところ)、押し目買いする投資家とAIが増えてきます。株価が下落トレンドの後に接近したことで、安値拾いとも言えます。しかし、前日のように下抜けてしまうと、そこで買い付けていた投資家とAIによる見切り売りが出てしまい下げに拍車がかかってしまう。本日も、終始売り優勢だった背景には(最後は棚から牡丹餅で大きく戻しますが)、この見切り売りが影響したと考えています。

銘柄選びが重要に
弱い銘柄だと下げ幅も大きくなりがちで、不安と恐怖も大きくなります。更に、運用資金に対して投資額が大きく、それが急落しようものなら冷静な判断が失われてパニック的な売りにつながるかも。買い付ける銘柄は慎重に。

〇米国の鈍さも弱さの一因
米国株は6月中旬の高値から下落トレンドになり、直近は24000ドルを下値とする安値揉み合いが続いています。日本株は米国株の影響を強く受ける為、戻りの鈍さが弱さの一因になっています。

〇棚から牡丹餅で嬉しい誤算
最後の30分で、21600円から21800円まで暴騰しました。
大口買いによる影響ですが、まさに棚から牡丹餅。

私の予想は逆で、残り30分で揉み合い下放れとなり21500円まで下げるのではないかと思っていました。取引前の予想では、本日の下値を21500円と考えていたこともあり、予想通りになりそうだと。結果は200円も暴騰して26円安で取引終了。嬉しい誤算になりました。

 ランキングへの応援(バナーをクリック)
お願い致します。

にほんブログ村 株ブログ 専業投資家へ  

皆さまからのクリック数で、ランキングの順位が決まります。クリックするとランキングサイトへ進みますが、必要なければそのまま閉じて下さい。

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

内需関連に売りが膨らみ492円安
株日記は特別な事情がない限り、平日の夕方に更新しますちな♪
株日記および「勉強できる私の買い付け」などの更新情報は、ホームページ「素人投資家の挑戦」右上にある新着情報でお知らせしますので、ご確認下さい。

---------------------------------------------------------------------------

お知らせ
○ こちらの株日記が、情報誌に掲載されました。
廣済堂出版 ネットマネー 08年7月号
今月の最強株ブロガー

掲載内容をご紹介 ⇒ こちら

○ 私の投資法が、情報誌に掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 09年5月号
逆発想で稼いでいる人達の奥の手

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

○ こちらの株日記が、All About(オールアバウト)で紹介されました。
マネー投資「好パフォーマンスの個人投資家」 
11年10月
 掲載内容をご紹介 ⇒ こちら

○ 私の投資法が、情報誌に掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 13年3月号
株投資の裏ワザ!こんなテクニックで勝ち馬に乗ることができる!

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

○ 私の投資体験記が掲載されました。
ビッグローブ株式会社 サーイ・イサラ
14年8月号 ネット de 資産運用

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

○ 私の投資法が情報誌に掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 16年11月号
投資で勝ち続ける人の黄金リズム masaさんの ヒッソリ投資

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

〇私の「ヒッソリ投資」が増刊号で再掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 17年5月号 増刊
16年11月号で「私のヒッソリ投資」が掲載されたのですが、反響が大きく再掲載されました。


〇投資本との向き合い方が掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 17年6月号
一生「貧乏脳」の人、「金持ち脳」に変わる人。この習慣が決め手になる。

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

とても貴重な経験をさせていただき、感謝しております。この場を借りて、お礼申し上げます。

---------------------------------------------------------------------------

いただいたメールを、(プライベートな部分を省いて)順番に紹介しています。
niko.gif 掲示板 

メールはこちらからどうぞ
niko.gif メール

---------------------------------------------------------------------------

7月2日 月曜日

本日の日経平均は、前週末比492円安の21811円になりました。
米国株は55ドル高の24271ドル。

「米国株について」
押し目買いが先行し、お昼前には300ドル近い上げ幅になりました。その後、高値付近で長く揉み合いますが、最後の1時間で200ドル近く売り込まれてしまい55ドル高で取引終了。

米国株 日中足チャート
180702d.png

米国株 日足チャート
180702d2.png

〇主要3指数の動向
ダウ平均は0.23%高、ナスダックは0.09%高、S&P500指数は0.08%高

〇S&P500指数業種別騰落率
上昇率の高い順
エネルギー 0.65%高、素材 0.23%高、資本財 0.20%高

下落率の高い順
電気通信 0.63%安、生活必需品 0.15%安、金融 0.13%安

〇ダウ構成銘柄の動向
16銘柄が上昇、 14銘柄が下落しました。
上昇率の高い順
ナイキ 11.13%高、アメリカン・エキスプレス 1.06%高、インテル 0.93%高

下落率の高い順
ゴールドマン・サックス 1.28%安、ベライゾン 1.08%安、JPモルガン・チェース 0.70%安

〇ナイキが存在感あり
好決算が好感され、11%を超える上昇になりました。
ナイキだけでダウ平均を55ドル押し上げており、これが無ければダウ平均は前日比変わらず。

〇押し目買い
6月上旬の高値25400ドルから下落トレンドになり、24000ドルまで1400ドルも下げてきました。前日の相場は大きな節目に到達していたこともあり98ドル高。この流れ(押し目買い)が続いて、お昼前には300ドル近く上昇しました。

〇移動平均線が影響
200日移動平均線を早々に突破したことも、(午前中の)300ドル近い上昇につながったと考えています。抵抗線を突破すると、今度は逆に下値抵抗となりますので、買い安心感が広がり易い。

180702d3.png

しかし、次は24500ドル付近に75日線、24600ドル付近に100日線が通っており、これが上値抵抗になりました。買い先行の後は24450ドルから24500ドルの間で長く揉み合っており、まさに上値抵抗を感じさせる展開。

結果は上抜けることができず、最後の1時間で200ドル近く売り込まれています。更に、取引開始早々に突破した200日移動平均線も下回ってしまう引け味の悪さ。

〇上ヒゲの長い足
大きく上昇した後に大きく売られている為、上ヒゲの長い足が出現。これは売り圧力の大きさを示すもので、経験則では弱含み。

〇先読みするのが難しい
上記しました通り、移動平均線の影響が強くなっているうえ、3本の線を再び下回ってしまいました。これは投資家心理(AI含む)と需給関係を悪化させる展開ですが、大きく下げてきたことによる押し目買いも入り易い状況。加えて、米国を相手にした中国と欧州の貿易問題で材料が出れば大きく動きかねない状況でもあり、先読みするのが難しいと思っています。

〇目先の上値抵抗と下値抵抗
上値は24500ドルで、下値は24050ドルになると考えています。

勉強できる私の買い付け」を更新しています。

タイトルは・・・投資の基本 好業績銘柄の押し目買い

ご紹介した銘柄
日経平均が492円安でも この底固さ。
180702u1.png

「勉強できる私の買い付け」とは
私の取引から勉強していただけると判断したものを、1ヶ月数銘柄(1週間に1銘柄程度)限定で紹介しているブログです。
「私の取引について」の詳しいご説明は
PC でご覧の方は hand02[1]こちら
携帯でご覧の方は hand02[1]こちら

「 日本株について 」
前場は前週末の終値付近で全く動かず、後場に入ると右肩下がり。大きな節目となる22000円で一旦下げ止まるも、14時頃から引けにかけて再び右肩下がりになってしまい、492円安の21811円で取引終了。

日経平均 日中足チャート
180702j.png

日経平均 日足チャート
180702j2.png

〇東証1部の売買代金と騰落状況
売買代金は2兆2992億円、売買高は13億7285万株。
値上がり銘柄数は131、値下がり銘柄数は1935、変わらずは28銘柄でした。
全体の9割が下げる全面安。

〇業種別
上昇した業種はありません。33業種全てが下落。
下落率の高い順
ゴム、小売、食料品、陸運、水産・農林、医薬品など

〇個別銘柄の動向
上昇率の高い順
太陽誘電 5.01%高、富士通 2.34%高、スカパー 1.89%高、SCREENホールディングス 1.03%高、東京海上HD 0.85%高

下落率の高い順
資生堂 6.29%安、キッコーマン 6.26%安、イオン 5.68%安、丸井グループ 5.36%安、古河機械金属 5.30%安

〇米国株高でも後半の失速が嫌気された
ダウ平均は0.23%高、ナスダックは0.09%高、S&P500指数は0.08%高。3市場揃って上昇しましたが、ナスダックとS&P500指数の上げ幅はごく僅か。ダウ平均はナイキの上昇が無ければ前日比変わらず。そして、後半の200ドル近い失速が嫌気されたと考えています。

〇欧州3市場による影響も限定的
イギリス(FTSE)0.28%高 、ドイツ(DAX)1.06%高、フランス(CAC)0.91%高。ドイツとフランスは大きく上昇しましたが、米国株の後半失速は織込んでいません。

〇内需関連株に売りが膨らんだ
最近は、米国を相手とする中国と欧州の貿易問題が警戒され、外部要因から影響を受けにくい内需関連(ディフェンシブ関連)が買われやすい傾向にありました。しかし、堅調だからこそ一旦下げ始めると利益確定の動きに拍車がかかりやすい。

有名な相場格言に「梯子を外される」というものがあります。
一斉に売り出され、上に取り残されることを意味する相場格言。また、そうならないよう注意する意味もあり。

上ばかり見ていると怖くないのでどんどん登れます。
上記しました貿易問題が警戒されていることもあり、内需関連が買われやすい状況にありました。日経平均が下げても堅調なら、尚更安心感も出てくるのですが・・・株価が上昇しているだけに、一旦下げ始めると我先に降りよう(なるだけ高いところで利益確定しよう)とする動きが強まり、また高いところで買い付けていた投資家(AI含む)は見切り売りと失望売り、これらが重なり売りが売りを呼ぶ展開に。これが、安心感ある状況の落とし穴。

ある銘柄はこのように(急落を喜ぶものではありませんから、銘柄は書きません)
180702t1.png

業種別の下落率でも内需関連が多く下げており、日経平均の下げを主導した印象です。

実は、このような展開は簡単に予想できるものでした。
これは、株価の下落を見てから書く「後出しジャンケン」ではなく、私からの配信を希望されていらっしゃる方への配信では「私の・・・・・」に「・・・・」は、ほぼ含めずにお伝えしていました。

〇外需関連株の下げは内需ほどではない
これまでは、内需が買われる一方で貿易問題など外部環境の影響を受けやすい外需関連は調整基調(下落基調)にありました。それ故に、本日の相場では「大きな売りの対象」にならず、内需より下げない業種が多くありました。

〇需給関係の悪化で投資家心理(AI含む)も悪化
強い下値抵抗になっていた100日移動平均線と200日移動平均線を下回り、大きな節目となる22000円も下抜けてしまったことで需給関係が悪化。見切り売りと失望売りが膨らみ、下げに拍車がかかったと考えています。
180702j3.png

押し目買いも入ったはずですが、焼け石に水。
492円も下げる大幅安になりました。およそ2ヶ月半ぶりの安値です。

 ランキングへの応援(バナーをクリック)
お願い致します。

にほんブログ村 株ブログ 専業投資家へ  

皆さまからのクリック数で、ランキングの順位が決まります。クリックするとランキングサイトへ進みますが、必要なければそのまま閉じて下さい。

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー



私が作成したホームページ

私が作成したホームページ
「素人投資家の挑戦」

私の取引

こちらは、私の取引から勉強していただけると判断したものを、1ヶ月数銘柄(1週間に1銘柄程度)限定で紹介しているブログです。
「勉強できる私の買い付け」

これまでの道

私は、株式投資に対し全くの素人でした。
そして大の勉強嫌いで、自慢出来る学歴も経歴もありません。その私が株式投資で利益を出し続けている実録です。

全くの素人から投資をスタートさせました。
50万円を元手に始めたものの、利益よりも損失が膨らむ一方で資金は激減。あまりのショックに投資を止めていた時期がありました。
順調に資金が増えた時もあったのですが、「勝ちが続くと調子に乗って大勝負」「負けると一発で取り返そうと大勝負」こんなことを何度も繰り返してしまった為、3歩進んで4歩下がるようなことが続いてしまいました。負ける度に反省するのですが、また同じことを繰り返してしまうのです。
その結果、塩漬け株ばかりとなり力尽きてしまいました。

資金が半減、激減した時・・・忘れもしません。
食欲がなくなり、食べても味がしません。仕事にも影響が出ていたうえに、毎日が損損損という気持ちばかりで楽しいことが全くありません。土日は休場なので本来はゆっくりできるはずなのに、株価が動かないことで逆にストレスが溜まってしまい・・・ 表現できないほど辛い日が続いていました。

時が流れ~
心機一転もう一度頑張ってみようと思い、塩漬け株を全て損切り。再スタートさせました。
大勝負で大失敗して資金半減や激減を数え切れないほど多く経験してきましたが、50万円 ⇒ 100万円 ⇒ 500万円 ⇒ 1000万円 ⇒ ???と、少しずつではありますが確実 に資金は増えることになりました。
投資を始めた頃は1銘柄に数万円のミニ株投資でしたが、今では1銘柄に数百万円の分散投資ができるようになったのです。

FC2

Archives

証券会社の広告

ご注意

この株日記は、私の独断と偏見によって書いているものです。当ブログの運営は購読を目的としたものであり、投資顧問業ではありません。よって、具体的な売買の指示およびご案内は致しかねます。又、内容に関して正確性および安全性を保障するものではありませんのでご理解願います。当サイトをご利用のうえ、被ったいかなる損害についても「素人投資家の挑戦」管理人masaは一切の責任を負いませんので、ご了承下さいませ。

相互リンク

検索フォーム