素人投資家の株日記
株式投資で生活できるようになりました
10 | 2018/11 | 12
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

私の投資法はケセラセラ(qué será, será)なるようになる
情報誌に掲載されました。
詳しい内容は、HP「素人投資家の挑戦」上段をご覧下さいませ。
---------------------------------------------------------------------------
 ランキングへの応援(バナーをクリック)
宜しくお願い致します。

にほんブログ村 株ブログ 専業投資家へ  
皆さまからのクリック数で、ランキングの順位が決まります。クリックするとランキングサイトへ進みますが、必要なければそのまま閉じて下さい。
---------------------------------------------------------------------------
niko.gif twitter
@mm333m 
niko.gif メール
---------------------------------------------------------------------------
「米国株について」を朝の8時頃、「日本株について」を夕方に(1日2回)更新しています。

11月30日 金曜日

「 日本株について 」
本日の日経平均株価は88円高の22351円になりました。
堅調な米国株は好感されるも、短期暴騰に伴う利益確定と戻り売りが出てきて売買交錯。前場は前日値を下値としながら揉み合い、後場は上げ幅を拡大させた水準で揉み合いました。6日続伸。

日経平均 日中足チャート
181130j.png

日経平均 日足チャート
181130j2.png

〇東証1部の売買代金と騰落状況
売買代金は3兆6637億円、売買高は18億1925万株。
値上がり銘柄数は1311、値下がり銘柄数は737、変わらずは69銘柄でした。
MSCI(モルガン・スタンレー・キャピタル・インターナショナル)指数の定期銘柄見直しによる売買が影響し、3兆6637億円まで膨らみました。

〇東証1部の業種別ランキング
25業種が上昇、8業種が下落
上昇率の高い順
石油石炭、鉱業、医薬品、精密機器、陸運

下落率の高い順
証券商品先物、電気・ガス、不動産、空運、その他製品

〇日経平均採用銘柄の騰落率
値上がり銘柄数は128、値下がり銘柄数は93、変わらずは4銘柄でした。
上昇率の高い順
大日本住友製薬 7.56%高、昭和シェル石油 5.71%高、大塚HD 4.53%高、東邦亜鉛 3.79%高、スズキ 3.17%高

下落率の高い順
セイコーエプソン 5.70%安、京セラ 2.70%安、日本製鋼所 2.54%安、中部電力 2.52%安、安川電機 2.34%安

〇堅調な米国株はプラス材料
前日は617ドル高と暴騰、3営業日で1100ドル近く上昇していたにもかかわらず、164ドル安あっての27ドル安。底打ちで強気派が増えており、売られると買い戻される強さがありました。これは日本株にとってプラス材料。

〇鉱工業生産指数
10月の鉱工業生産指数速報値は+2.9%になりました。
(10月分から統計基準が改定)
市場予想を上回っています。

〇石油関連株にプラス材料
原油価格の上昇を受けて、エネルギー関連株が上昇。ダウ構成銘柄では、エクソンモービルとシェブロンが共に上昇、業種別ではエネルギーが上昇率トップになっていました。これは日本の石油関連株にもプラス材料となり、業種別でも石油石炭が上昇率トップに。

〇内需関連株に資金がシフト
日経平均採用銘柄では、建設、食品、医薬品、鉄道などの上昇が目立ちました。一方で、外需関連は高安まちまち。
米中首脳会談を前に、外部環境の影響を受けにくい内需関連株に資金がシフトした印象です。

〇米中首脳会談は楽観視?
前日までの日本株は、直近安値(取引時間中の安値)から6営業日で1000円を超える上げ幅になっていました。前日は米国株が617ドル高と暴騰しましたが、高値でも260円高で終値は85円高。この流れで「米中首脳会談」とくれば、貿易交渉合意という見方でも一旦手仕舞いと手控える投資家は増えそうなものですが、安値でも31円安という底固さ。後場は高値圏で揉み合い続ける強さあり。内需関連株が買われたとはいえ、この強さは楽観視しているようにもみえます。

貿易交渉合意は好材料
合意を受けて週明けから上昇に弾みがつけば良し。本日までの上昇で織込み済みなら急反落。正確には、合意前提で大口の買いが入り続けていたら手仕舞いによる影響も大きくなる。逆に手仕舞いが無ければ上値は軽くなりますが、6日続伸で暴騰していることから利益確定と戻り売りも出やすいと思っています。

交渉決裂なら追加関税による警戒感から悪材料に
相場が上昇基調となっているだけに、売られる可能性がとても高い。決裂で買われることはないでしょう。

〇私の投資法はケセラセラ(qué será, será)なるようになる
週明けから貿易交渉の結果による影響が大きくなります。
ビッグイベントなだけにいろいろ探りたくなりますが、結果と株価動向は絶対に分かりません。そんな時は「なるようになる」で良いと思っています。やることをやったら、ドンと構えた投資でいきましょう。

勉強できる私の買い付け」を更新しています。

タイトルは・・・買えば飛び上がる不思議な銘柄
~ 運を使ってしまう良くない投資 ~

「勉強できる私の買い付け」とは
私の取引から勉強していただけると判断したものを、1ヶ月数銘柄(1週間に1銘柄程度)限定で紹介しているブログです。
「私の取引について」のご説明はhand02[1]こちら

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

米国株は上昇一服
情報誌に掲載されました。
詳しい内容は、HP「素人投資家の挑戦」上段をご覧下さいませ。
---------------------------------------------------------------------------
 ランキングへの応援(バナーをクリック)
宜しくお願い致します。

にほんブログ村 株ブログ 専業投資家へ  
皆さまからのクリック数で、ランキングの順位が決まります。クリックするとランキングサイトへ進みますが、必要なければそのまま閉じて下さい。
---------------------------------------------------------------------------
niko.gif twitter
@mm333m 
niko.gifメール
---------------------------------------------------------------------------
「米国株について」を朝の8時頃、「日本株について」を夕方に(1日2回)更新しています。

11月30日 金曜日

米国株について
米国株は27ドル安の25338ドル。
前日の大幅高に伴う利益確定と戻り売りが先行するも、戻り基調になって下げ幅縮小。更に、FOMC議事要旨の内容が好感されると高値になる113ドルまで買われるところがありました。しかし、最後の1時間で大きく売り込まれてしまい27ドル安で取引終了。

米国株 日中足チャート
181130d.png

米国株 日足チャート
181130d2.png

〇主要3指数の動向
ダウ平均は0.11%安、ナスダックは0.25%安、S&P500指数は0.22%安。
主要3指数が揃って反落。

〇S&P500指数業種別動向
6業種が上昇、5業種が下落しました。
上昇率の高い順
エネルギー、素材、通信、ヘルスケア、不動産、生活必需品

下落率の高い順
情報技術、金融、一般消費財、公益、資本財

〇ダウ構成銘柄の動向
12銘柄が上昇、 18銘柄が下落しました。
上昇率の高い順
ボーイング 2.72%高、ファイザー 1.36%高、メルク 0.88%高、エクソンモービル 0.78%高、マクドナルド 0.75%高

下落率の高い順
インテル 2.37%安、ビザ 1.61%安、アメリカン・エキスプレス 1.40%安、ゴールドマン・サックス 1.37%安、ユナイテッド・テクノロジーズ 1.25%安

〇経済指標
10月の中古住宅販売成約指数は、前月比-2.6%になりました。
9月の改定値+0.7%から大きく悪化、市場予想の+0.5%より悪い。

〇エネルギー株が買われました
原油価格の上昇を受けてエネルギー関連株が上昇。ダウ構成銘柄では、エクソンモービルとシェブロンが共に上昇、業種別でもエネルギーが上昇率トップになっています。

〇底打ちで強気派増える
底打ち感から底打ちになったことで、投資家心理と需給関係が大きく改善。強気になる投資家(AI含む)が増えたと考えています。午前中に164ドル安まで売られますが、その後は戻り基調になりました。

〇FOMC議事要旨で急騰
前日の暴騰要因になったパウエルFRB議長による「中立金利を僅かに下回る水準になった」という発言に添う内容で、改めて買い材料になりました。また、12月の利上げは示唆したものの、来年の追加利上げに慎重な見方をするFOMCメンバーが複数いたようです。

経済が確実に上向くなら利上げは良し。でも、停滞または鈍化するところで利上げすると悪化しかねません。声明文に必ず入っていた「段階的な利上げ」という文言も削除される可能性が出ており、これは利上げ打ち止めを示唆するもの。経済の停滞または鈍化を見据えて先手を打つ「利上げ打ち止め」からの安心感が買い材料になっています。

議事要旨をきっかけに急上昇、高値では113ドル高(議事要旨前から150ドル超)まで買われるところがありました。

〇当然の一服
前日は617ドル高と暴騰、3営業日で1100ドル近く上昇していましたから、多くの利益確定と戻り売りが出てもおかしくありません。業種別では、前日に大きく上昇していた情報技術、一般消費財、資本財などが売りに押されました。

〇目先の上値抵抗と下値抵抗
上値は25550ドルで、下値は25100ドルになると考えています。

勉強できる私の買い付け」を更新しています。

タイトルは・・・買えば飛び上がる不思議な銘柄
~ 運を使ってしまう良くない投資 ~

「勉強できる私の買い付け」とは
私の取引から勉強していただけると判断したものを、1ヶ月数銘柄(1週間に1銘柄程度)限定で紹介しているブログです。
「私の取引について」のご説明はhand02[1]こちら

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

運を使ってしまう良くない投資
情報誌に掲載されました。
詳しい内容は、HP「素人投資家の挑戦」上段をご覧下さいませ。
---------------------------------------------------------------------------
 ランキングへの応援(バナーをクリック)
宜しくお願い致します。

にほんブログ村 株ブログ 専業投資家へ  
皆さまからのクリック数で、ランキングの順位が決まります。クリックするとランキングサイトへ進みますが、必要なければそのまま閉じて下さい。
---------------------------------------------------------------------------
niko.gif twitter
@mm333m 
niko.gif メール
---------------------------------------------------------------------------
「米国株について」を朝の8時頃、「日本株について」を夕方に(1日2回)更新しています。

11月29日 木曜日

「 日本株について 」
本日の日経平均株価は、前日比85円高の22262円になりました。
米国株の暴騰を受けて取引開始直後には260円高となりますが、その後は上げ幅縮小。22350円付近で長く揉み合いますが、14時過ぎに大口売りが出ると一段安になってしまい、85円高で取引終了。5日続伸。

日経平均 日中足チャート
181129j.png

日経平均 日足チャート
181129j2.png

〇東証1部の売買代金と騰落状況
売買代金は2兆5303億円、売買高は13億276万株。
値上がり銘柄数は1301、値下がり銘柄数は730、変わらずは86銘柄でした。

〇東証1部の業種別ランキング
23業種が上昇、10業種が下落
上昇率の高い順
サービス、その他製品、空運、医薬品、石油石炭

下落率の高い順
水産・農林、鉱業、保険、食料品、パルプ・紙

〇日経平均採用銘柄の騰落率
値上がり銘柄数は136、値下がり銘柄数は83、変わらずは6銘柄でした。
上昇率の高い順
大日本住友製薬 6.01%高、リクルートHD 4.94%高、第一三共 3.98%高、東京建物 3.94、スズキ 3.85%高

下落率の高い順
KDDI 3.79%安、ユニーファミマ 3.41%安、日本電信電話 3.06%安、マルハニチロ 2.99%安、東邦亜鉛 2.89%安

〇上出来かな
ソフトバンクだけで日経平均を31円押し上げていますから、それを差し引けば54円ほど。前日は224円高でしたが、ファーストリテイリングの押し上げ効果を差し引けば148円高。この差があるのに、値上がり銘柄数は同じ136です。

〇米国株の暴騰が買い材料
ダウ平均は2.50%高(617ドル高)、ナスダックは2.95%高、S&P500指数は2.30%高。3指数揃っての暴騰は大きな買い材料になりました。

〇外需関連株と中国関連株にプラス材料
米国株では情報技術、一般消費財、資本財などが上昇率上位。個別ではキャタピラー、ボーイング、アップルなど主力の外需関連株が大幅高になりました。中国での売上比率が高い銘柄でもあり、日本でも外需関連株と中国関連株にプラス材料になりました。

〇欧州市場による影響は無し
ドイツ(DAX)0.09%安、フランス(CAC)変わらず、イギリス(FTSE)0.18%安。ほとんど動いていませんから、日本株への影響も無し。

〇米国株ほどの上昇は難しいと思っていました
米国株の上昇率を日経平均に当てはめると550円ほどの上昇になります。550円上昇すれば22727円となりますが、そこまでの上昇は難しいと考えていました。

日経平均は直近安値(取引時間中の安値)から1000円ほど暴騰。この期間で米国株と比較すれば日本株は先回りした上昇になっています。更に、22500円は前回11月上旬の高値、節目、75日線が通る水準となっていますから、利益確定と戻り売りが多く出てくるはず。

予想通り、売り込まれてしまいました。
取引開始直後に260円高となりますが、そこが高値になってしまい後は上げ幅縮小。85円高の22262円で取引終了。
下値は22300円と考えていたので、14時過ぎからの大口売りで想定以上の下げ幅になりました。

〇運を使ってしまう良くない投資
前日に「勉強できる私の買い付け」を更新しています。
タイトルは・・・買えば飛び上がる不思議な銘柄
~ 運を使ってしまう良くない投資 ~

このように運よく暴騰する時は運を使う投資で、好きではありません。
予想通りの暴騰だと素直に喜びますが、「偶然、運、棚から牡丹餅」のような暴騰で利益を出した時は「警戒、用心、注意」が頭から離れなくなります。運で株式投資はしていませんが(できませんが)、努力ではどうにもならないのが運。運はなるだけ使わず、残して残して溜めて溜めてというのが私の考え方です。

「勉強できる私の買い付け」とは
私の取引から勉強していただけると判断したものを、1ヶ月数銘柄(1週間に1銘柄程度)限定で紹介しているブログです。
「私の取引について」のご説明はhand02[1]こちら

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

米国株は、利上げ打ち止めに対する思惑から617ドル高と暴騰
情報誌に掲載されました。
詳しい内容は、HP「素人投資家の挑戦」上段をご覧下さいませ。
---------------------------------------------------------------------------
 ランキングへの応援(バナーをクリック)
宜しくお願い致します。

にほんブログ村 株ブログ 専業投資家へ  
皆さまからのクリック数で、ランキングの順位が決まります。クリックするとランキングサイトへ進みますが、必要なければそのまま閉じて下さい。
---------------------------------------------------------------------------
niko.gif twitter
@mm333m 
niko.gifメール
---------------------------------------------------------------------------
「米国株について」を朝の8時頃、「日本株について」を夕方に(1日2回)更新しております。

11月29日 木曜日

米国株について
米国株は617ドル高の25366ドル。
底打ち感から底打ちへ。午前中は150ドルほど上昇した水準で揉み合いますが、午後に入ると一気に450ドル高まで上げ幅を拡大。最後の1時間で一段高となり、600ドルを超える暴騰になりました。

米国株 日中足チャート
181129d.png

米国株 日足チャート
181129d2.png

〇主要3指数の動向
ダウ平均は2.50%高、ナスダックは2.95%高、S&P500指数は2.30%高。
主要3指数が揃って暴騰。

〇S&P500指数業種別動向
10業種が上昇、1業種が下落しました。
上昇率の高い順
情報技術、一般消費財、ヘルスケア、資本財、通信

下落率の高い順
公益のみ下落

〇ダウ構成銘柄の動向
29銘柄が上昇、 1銘柄が下落しました。
上昇率の高い順
キャタピラー 4.95%高、ボーイング 4.86%高、ビザ 4.02%高、アップル 3.85%高、マイクロソフト 3.71%高

下落した銘柄
ベライゾン 0.97%安

〇経済指標
・7-9月期GDP改定値は、前期比(年率)+3.5%になりました。
速報値から変わらず、市場予想とも一致。

・10月の新築住宅販売件数は、54万4000戸になりました。
16年3月以来の低水準で、市場予想も下回っています。

新築住宅販売の低下は嫌気されるものですが、前日までの相場で「底打ち感」が出ている状態だったこともあり、買いが先行しました。

〇利上げ後退の思惑で大口買い
午後に、FRBのパウエル議長が「中立金利を僅かに下回る水準になった」と発言。10月の「中立金利には程遠い」からの変更で、利上げの打ち止めが近いとの思惑が広がりました。

12月の利上げは確実視されていますが、来年の回数が減れば経済を更に後押しするとの判断で買いが買いを呼ぶ展開に。僅かな時間で300ドル近く上げ幅を拡大させました。

〇全面高
617ドルも上昇すれば当然ともいえますが、11業種のうち10業種が上昇、ダウ構成銘柄では30銘柄のうち29銘柄が上昇する全面高の展開。

〇底打ち感から底打ちへ
「底打ち感」という表現で書き続けてきましたが、現実になりました。予想通りの展開です。

〇目先の上値抵抗と下値抵抗
上値は25500ドルで、下値は25100ドルになると考えています。

前日に「勉強できる私の買い付け」を更新しています。

タイトルは・・・買えば飛び上がる不思議な銘柄

「勉強できる私の買い付け」とは
私の取引から勉強していただけると判断したものを、1ヶ月数銘柄(1週間に1銘柄程度)限定で紹介しているブログです。
「私の取引について」のご説明はhand02[1]こちら

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

日本株は大幅続伸、2番底の手前から反転した後は勢いある状態が続いています
情報誌に掲載されました。
詳しい内容は、HP「素人投資家の挑戦」上段をご覧下さいませ。
---------------------------------------------------------------------------
 ランキングへの応援(バナーをクリック)
宜しくお願い致します。

にほんブログ村 株ブログ 専業投資家へ  
皆さまからのクリック数で、ランキングの順位が決まります。クリックするとランキングサイトへ進みますが、必要なければそのまま閉じて下さい。
---------------------------------------------------------------------------
niko.gif twitter
@mm333m 
niko.gif メール
---------------------------------------------------------------------------
「米国株について」を朝の8時頃、「日本株について」を夕方に更新しております。

11月28日 水曜日

「 日本株について 」
本日の日経平均株価は、前日比224円高の22177円で取引終了。
底打ち感高まる米国株が好感されて買い先行。前場は22150円付近を上値とする揉み合いになりますが、後場に上放れると一段高。その後も高値を維持して、224円高の22177円で取引終了。4日続伸

日経平均 日中足チャート
181128j.png

日経平均 日足チャート
181128j2.png

〇東証1部の売買代金と騰落状況
売買代金は2兆5511億円、売買高は13億8834万株。
値上がり銘柄数は1416、値下がり銘柄数は612、変わらずは85銘柄でした。

〇東証1部の業種別ランキング
20業種が上昇、13業種が下落
上昇率の高い順
サービス、機械、医薬品、情報・通信、電気機器

下落率の高い順
空運、輸送用機器、保険、陸運、石油石炭

〇日経平均採用銘柄の騰落率
値上がり銘柄数は136、値下がり銘柄数は86、変わらずは3銘柄でした。
上昇率の高い順
大日本住友製薬 18.30%高、安川電機 6.24%高、太陽誘電 5.54%高、トクヤマ 5.15%高、リクルートHD 5.12%高

下落率の高い順
ユニー・ファミリーマートHD 7.07%安、オリンパス 3.26%安、スズキ2.94%安、ヤマハ 2.29%安、大成建設 2.29%安

〇米国株の続伸が買い材料
ダウ平均は0.44%高、ナスダックは0.01%高の7082、S&P500指数は0.33%高の2682となりました。ナスダックの上昇は控えめですが、底打ち感高まる状況は日本株にも買い材料。

〇全体的に買われました
米国株では、ベライゾン、ウォルグリーン、ホームデポ、ユナイテッドヘルス、ファイザー、ジョンソン&ジョンソン、ウォルト・ディズニー、メルク、コカ・コーラ、P&Gなど、ディフェンシブ性の高い銘柄が上昇率上位に並んでいます。
前日に買われていた主力外需関連株のゴールドマン・サックス、アップル、キャタピラーなどは売られていますが、下落率はどれも1%以下。

米国株の展開を反映するなら、日本株でも前日に買われていた外需が控えめで内需は強くなると思いますが、本日は関係なく買われると考えていました。自動車や商社など売られた業種はありますが、外需でも上昇しているものはありますし、内需が売られたわけでもありません。

〇値下がり銘柄が多い
東証1部の値下がり銘柄数は612、日経平均採用銘柄では86銘柄が下げています。
日経平均株価は224円も上昇していますが、ファーストリテイリングだけで76円押し上げています。これを差し引くと148円高になりますので相応かもしれません。

〇アップル関連株にプラス材料
前日の悪材料でアップルは売られましたが、2%超の下落から0.22%安まで下げ幅を縮小。この戻しは日本のアップル関連株にプラス材料となり、概ね堅調に推移しています。

〇欧州市場による影響は限定的
ドイツ(DAX)0.40%安、フランス(CAC)0.24%安、イギリス(FTSE)0.27%安。米国株の108ドル高を織込んでいない為、下落による影響は限定的でした。

〇売りをこなして大幅続伸
大きな節目となる22000円を早々に突破。その後も売りを吸収しながら224円高まで上げ幅を拡大させました。戻り売りと利益確定をこなして大幅続伸する良い展開だと思いました。

22000円は大きな節目なので、突破すれば下値抵抗になります。しかし、11月上旬に形成した22400円までが「上値の壁」になりますから、売り圧力は強いままだと考えています。(騰がらないという意味ではありません)

〇2番底の手前から反転した後は勢いある状態が続いています
181128j3.png

21000円で一旦底打ち(22500円まで上昇)した後、再び下落。次は2番底(前回安値の21000円)を探る展開になりますが、その手前で反転すると急上昇。勢いのある相場が続いています。

本日は「勉強できる私の買い付け」を更新する予定です。

タイトルは・・・私が買えば暴騰する不思議な銘柄

「勉強できる私の買い付け」とは
私の取引から勉強していただけると判断したものを、1ヶ月数銘柄(1週間に1銘柄程度)限定で紹介しているブログです。
「私の取引について」のご説明はhand02[1]こちら

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

米国株は戻りの強さで底打ち感高まる状況
情報誌に掲載されました。
詳しい内容は、HP「素人投資家の挑戦」上段をご覧下さいませ。
---------------------------------------------------------------------------
 ランキングへの応援(バナーをクリック)
宜しくお願い致します。

にほんブログ村 株ブログ 専業投資家へ  
皆さまからのクリック数で、ランキングの順位が決まります。クリックするとランキングサイトへ進みますが、必要なければそのまま閉じて下さい。
---------------------------------------------------------------------------
niko.gif twitter
@mm333m 
niko.gifメール
---------------------------------------------------------------------------
「米国株について」を朝の8時頃、「日本株について」を夕方に更新しております。

11月28日 水曜日

米国株について
米国株は108ドル高の24748ドル。
前日の大幅高に伴う売りが先行、取引開始から間もなく安値となる224ドル安まで売られますが、乱高下しながら上昇基調となり前日値を回復。午後は揉み合い上放れで108ドル高まで上げ幅を拡大させました。

米国株 日中足チャート
181128d.png

米国株 日足チャート
181128d2.png

〇主要3指数の動向
ダウ平均は0.44%高、ナスダックは0.01%高の7082、S&P500指数は0.33%高の2682となりました。

〇S&P500指数業種別動向
8業種が上昇、3業種が下落しました。
上昇率の高い順
ヘルスケア、生活必需品、公益

下落率の高い順
素材、エネルギー、資本財

〇ダウ構成銘柄の動向
21銘柄が上昇、 9銘柄が下落しました。
上昇率の高い順
ベライゾン 2.50 %高、ウォルグリーン 2.23%高、ホームデポ 2.00%高、ユナイテッドヘルス 1.87%高、ファイザー 1.31%高

下落率の高い順
ユナイテッド・テクノロジーズ 4.14%安、ナイキ 0.85%安、ダウ・デュポン 0.83%安、トラベラーズ 0.56%安、ゴールドマン・サックス 0.36%安

〇ディフェンシブ性の高い銘柄がけん引
前日に買われていた外需関連株が売られています。一方で、ディフェンシブ性の高い銘柄が買われ、相場をけん引しました。ダウ構成銘柄ではディフェンシブ性の高い銘柄が上位に並んでおり、業種別でもヘルスケア、生活必需品、公益、通信、不動産が上位に並んでいます。

〇アップルへの売りは限定的
前日の引け後に、トランプ大統領が「中国と貿易交渉で合意できない場合は中国で組み立てるアイフォーンも関税対象になる」と発言。アップルは1.4%高で終えましたが、警戒感から時間外取引で下落していました。これを受けて取引開始から間もなく2%超の下げ幅になりますが、すぐに買い戻されて前日値を回復。その後は揉み合いのまま0.22%安で取引終了。

〇経済指標
11月の消費者信頼感指数は135.7になりました。
前月の137.9から少し低下しましたが、市場予想とは一致。

〇底打ち感高まる
----- 前日に書いていたこと -----
下落トレンド中の反発局面では、下落(損失)に耐えていた投資家が損失覚悟で売ってくるので早々に反落することも少なくありません。今回も同じ展開になる可能性はありますが、直近高値から2000ドルも下落したところから大幅高になっているので、底打ち感は高まるかもしれません。
----- ここまで -----

本日の相場は、戻り売りで224ドル安まで売られましたが、その後は大きく買い戻されています。前日は大幅高で本日は戻りが強かったので、底打ち感は高まっている印象。

〇目先の上値抵抗と下値抵抗
上値は24950ドルで、下値は24600ドルになると考えています。

勉強できる私の買い付け」を更新しています。

タイトルは・・・好業績銘柄の先取り投資法
~ 決算発表前に買い付ける ~

「勉強できる私の買い付け」とは
私の取引から勉強していただけると判断したものを、1ヶ月数銘柄(1週間に1銘柄程度)限定で紹介しているブログです。
「私の取引について」のご説明はhand02[1]こちら

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

一筋の光・・・相場に期待は禁物ですが
情報誌に掲載されました。
詳しい内容は、HP「素人投資家の挑戦」上段をご覧下さいませ。
---------------------------------------------------------------------------
 ランキングへの応援(バナーをクリック)
宜しくお願い致します。

にほんブログ村 株ブログ 専業投資家へ  
皆さまからのクリック数で、ランキングの順位が決まります。クリックするとランキングサイトへ進みますが、必要なければそのまま閉じて下さい。
---------------------------------------------------------------------------
niko.gif twitter
@mm333m 
niko.gif メール
---------------------------------------------------------------------------
「米国株について」を朝の8時頃、「日本株について」を夕方に更新しております。

11月27日 火曜日

「 日本株について 」
本日の日経平均株価は、140円高の21952円になりました。
欧米市場の上昇と円安が買い材料となり、150円ほど上昇して寄り付きました。しかし、その直後から大きく売り込まれてしまい「寄り天」で前引け。後場は一転して右肩上がり。高値では22000円を超えましたが、売りも相応に出てきて高値揉み合いのまま140円高の21952円で取引終了。

日経平均 日中足チャート
181127j.png

日経平均 日足チャート
181127j2.png

〇東証1部の売買代金と騰落状況
売買代金は2兆3149億円、売買高は13億2598万株。
値上がり銘柄数は1509、値下がり銘柄数は526、変わらずは80銘柄でした。

〇東証1部の業種別ランキング
30業種が上昇、3業種が下落
上昇率の高い順
保険、鉱業、海運、情報・通信、金属

下落率の高い順
水産・農林、繊維、陸運

〇日経平均採用銘柄の騰落率
値上がり銘柄数は172、値下がり銘柄数は47、変わらずは6銘柄でした。
上昇率の高い順
ソフトバンクグループ 3.70%高、千葉銀行 3.64%高、ヤマハ 3.60%高、ミネベアミツミ 3.48%高、富士電機 3.44%高

下落率の高い順
塩野義製薬 5.20%安、大日本住友製薬 4.29%安、パイオニア 3.19%安、日本通運 2.66%安、東海カーボン 2.55%安

〇米国株の大幅高が買い材料
ダウ平均は1.46%高(354ドル高)、ナスダックは2.06%高、S&P500指数は1.55%高。主要3指数が揃って大幅高。これは日本株にとって大きな買い材料になるはず。

〇欧州市場の大幅高も買い材料
ドイツ(DAX)1.45%高、フランス(CAC)0.97%高、イギリス(FTSE)1.20%。欧州3市場揃って大幅高も買い材料。

〇円安も買い材料
1ドル113円50銭まで円安進行。これも買い材料。

〇アップル関連株に冷や水とならず
トランプ大統領が、インタビューで「中国と貿易交渉で合意できない場合は中国で組み立てるアイフォーンも関税対象になる」と発言。アップルは1.4%高で終えましたが、警戒感から時間外取引で下落。

販売不振から減産される中で関税対象となれば大打撃。貿易交渉で合意する確率は高いと思いますが、アップル関連株には少しだけ警戒感が出るかもしれない(手控え要因)・・・・と思っていましたが、関連株は概ね堅調に推移。

〇電気機器(ハイテク)にプラス材料
米国株では、ハイテク比率の高いナスダックが2%を超える大幅高。他2指数よりも大きく上昇しています。これは電気機器に大きなプラス材料。加えて円安も追い風。日経平均採用銘柄の電気機器では2銘柄だけ下落、他25銘柄が上昇しました。

〇外需関連株がけん引
米国株では、一般消費財、情報技術、金融が上昇率の上位に並んでいます。一方で、ディフェンシブ性の高い生活必需品、不動産、公益などの上昇が控えめでした。主力の業種が強いと買い安心感につながります。

この展開を反映するように、日本株でも外需関連株が相場をけん引。
上記しました電気機器に加えて、自動車は7銘柄が上昇、3銘柄が下落。機械は13銘柄が上昇、1銘柄が下落、2銘柄が変わらず。鉄鋼は5銘柄が全て上昇、など。

〇「織込み済み」にはならず
前日に165円高となっていますが(先回りした買い)、これだけ外部環境が好転すると「先回りで織込み済み」にはなりにくいと考えていました。

〇22000円の攻防
前場は21967円で寄り付いた後に右肩下がり。後場は13時44分に22006円の高値をつけますが、その後は高値揉み合いのまま21952円で取引終了。経験則通り、大きな節目となる22000円付近まで上昇してくると利益確定と戻り売りが出ています。

〇一筋の光
前場の寄り天は嫌気されるもの。後場に大きく売り込まれてもおかしくない状況でしたが、右肩上がりになったことで「22000円突破」への期待が残りました。相場に期待は禁物ですが。

〇素直な相場展開
直近の日本株は米国株が下げても底固く推移しています。前日は米国株が178ドル安でも165円高と嬉しい展開。そして本日、米国株が354ドル高で140円高に。上昇率は控えめですが素直な相場展開だと思いました。前場の寄り天から後場に一段安という展開なら、失望する投資家は多かったと思います。

勉強できる私の買い付け」を更新しています。

タイトルは・・・好業績銘柄の先取り投資法
~ 決算発表前に買い付ける ~

「勉強できる私の買い付け」とは
私の取引から勉強していただけると判断したものを、1ヶ月数銘柄(1週間に1銘柄程度)限定で紹介しているブログです。
「私の取引について」のご説明はhand02[1]こちら

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

米国株は値ごろ感からの買戻しで大幅反発
情報誌に掲載されました。
詳しい内容は、HP「素人投資家の挑戦」上段をご覧下さいませ。
---------------------------------------------------------------------------
 ランキングへの応援(バナーをクリック)
宜しくお願い致します。

にほんブログ村 株ブログ 専業投資家へ  
皆さまからのクリック数で、ランキングの順位が決まります。クリックするとランキングサイトへ進みますが、必要なければそのまま閉じて下さい。
---------------------------------------------------------------------------
niko.gif twitter
@mm333m 
niko.gifメール
---------------------------------------------------------------------------
「米国株について」を朝の8時頃、「日本株について」を夕方に更新しております。

11月27日 火曜日

米国株について
米国株は354ドル高の24640ドル。
値ごろ感から押し目買いが先行、350ドルほど上昇した後に上げ幅を縮小させますが、午後は再び買い優勢。高値圏まで戻して取引終了。

米国株 日中足チャート
181127d.png

米国株 日足チャート
181127d2.png

〇主要3指数の動向
ダウ平均は1.46%高、ナスダックは2.06%高、S&P500指数は1.55%高。
主要3指数が揃って大幅高。

〇S&P500指数業種別動向
11業種全てが上昇しました。
上昇率の高い順
一般消費財、情報技術、金融

〇ダウ構成銘柄の動向
28銘柄が上昇、 2銘柄が下落しました。
上昇率の高い順
アメリカン・エキスプレス 3.73%高、マイクロソフト 3.30%高、トラベラーズ 2.95%高、ゴールドマン・サックス 2.77%高、JPモルガン・チェース 2.45%高

下落率の高い順
ユナイテッド・テクノロジーズ 0.82%安、コカ・コーラ 0.31%安

〇値ごろ感から押し目買い
弱い流れから一転、値ごろ感から旺盛な押し目買いが入りました。11業種全て上昇、ダウ構成銘柄では28銘柄が上昇する全面高に。ハイテク株の比率が高いナスダックは2%を超える上昇になりました。

〇サイバーマンデーの売上高が過去最高
これを好感する買いも入ったと考えています。

〇外需関連が相場をけん引
一般消費財、情報技術、金融が上昇率の上位に並んでいます。一方で、ディフェンシブ性の高い生活必需品、不動産、公益などの上昇が控えめでした。主力の業種が強いと買い安心感につながります。

〇原油価格が大幅反発
直近の下げ幅からみると控えめな反発ですが、2%を超える上昇なら大幅高です。これを受けてシェブロンとエクソンモービルが上昇。業種別では、11セクターのうちエネルギー株は5位でした。

原油価格も相場なので、下げ続けると損失補てんの株売りが出てきます。逆に上昇すれば株買いに。本日の相場では、後者による良い影響が他銘柄にも出たと考えています。

〇底打ち感が高まる
下落トレンド中の反発局面では、下落(損失)に耐えていた投資家が損失覚悟で売ってくるので早々に反落することも少なくありません。今回も同じ展開になる可能性はありますが、直近高値から2000ドルも下落したところから大幅高になっているので、底打ち感は高まるかもしれません。

〇投資家心理(AI含む)と需給関係が改善
前日までの弱い流れから一転、大幅高になったことで投資家心理と需給関係が改善。

〇VIX指数が低下
VIX指数(恐怖指数、株価変動指数)が12%下げて18.90に。
投資家心理の落ち着きを示しています。

〇目先の上値抵抗と下値抵抗
上値は24950ドルで、下値は24450ドルになると考えています。

勉強できる私の買い付け」を更新しています。

タイトルは・・・好業績銘柄の先取り投資法
~ 決算発表前に買い付ける ~

「勉強できる私の買い付け」とは
私の取引から勉強していただけると判断したものを、1ヶ月数銘柄(1週間に1銘柄程度)限定で紹介しているブログです。
「私の取引について」のご説明はhand02[1]こちら

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

嬉しい誤算は大歓迎。ダウ平均の0.73%安に対して、日経平均は0.76%高
情報誌に掲載されました。
詳しい内容は、HP「素人投資家の挑戦」上段をご覧下さいませ。
---------------------------------------------------------------------------
 ランキングへの応援(バナーをクリック)
宜しくお願い致します。

にほんブログ村 株ブログ 専業投資家へ  
皆さまからのクリック数で、ランキングの順位が決まります。クリックするとランキングサイトへ進みますが、必要なければそのまま閉じて下さい。
---------------------------------------------------------------------------
niko.gif twitter
@mm333m 
niko.gif メール
---------------------------------------------------------------------------
「米国株について」を朝の8時頃、「日本株について」を夕方に更新しております。

11月26日 月曜日

「 日本株について 」
本日の日経平均株価は、165円高の21812円になりました。
米国株の下落は嫌気されるも買い先行。取引開始から1時間は100円ほどの値幅で乱高下しますが、その後は高値で前引け。後場は高値揉み合いのまま、165円高の21812円で取引終了。

日経平均 日中足チャート
181126j.png

日経平均 日足チャート
181126j2.png

〇東証1部の売買代金と騰落状況
売買代金は2兆1733億円、売買高は13億3908万株。
値上がり銘柄数は1119、値下がり銘柄数は915、変わらずは78銘柄でした。

〇東証1部の業種別ランキング
24業種が上昇、9業種が下落
上昇率の高い順
ゴム、パルプ・紙、海運、倉庫運輸、その他製品

下落率の高い順
鉱業、空運、石油石炭、保険、サービス

〇日経平均採用銘柄の騰落率
値上がり銘柄数は137、値下がり銘柄数は72、変わらずは6銘柄でした。
上昇率の高い順
アマダHD 6.73%高、ユニー・ファミリーマートHD 6.66%高、アルプス電気 4.58%高、太平洋金属 4.46%高、三井造船 4.45%高

下落率の高い順
大和ハウス工業 2.95%安、リクルートHD 2.86%安、国際石油開発帝石 2.44%安、JXホールディングス 2.26%安、横河電機 2.22%安

〇石油関連株にマイナス材料
原油価格の大幅安を受けて、米国株ではエネルギー関連株が突出した下げになりました。これを受けて日本株でも石油関連株が売られました。

〇閑散相場
東証1部の売買代金は2兆1733億円しかなく閑散相場。
取引開始から1時間ほど乱高下しましたが、それ以外では落ち着いた値動きになりました。

〇米国株の下落に連動せず嬉しい誤算
ダウ平均は0.73%安(178ドル安)、ナスダックは0.48%安、S&P500指数は0.66%安。主要3指数が揃って下落しているので売り先行になるはず・・・と考えていましたが買い先行。終値は、ダウ平均の0.73%安に対して、日経平均は0.76%高になりました。

取引前の(私の)予想は、売り先行の後に戻す可能性あり。
上値は21650円(4円高)で下値は21400円(246円安)と予想、「売られた後に戻しても連休前の水準までか」と考えていましたが、結果は165円高の21812円。安値でも24円安の21622円という嬉しい誤算に。

〇連休明けは気持ちの良いスタートに
米国株の178ドル安を見て「あーあぁ」と少し残念に思うところもあったのですが、気持ち良いスタートになりました。嬉しい誤算は大歓迎です。

勉強できる私の買い付け」を更新しています。

タイトルは・・・好業績銘柄の先取り投資法
~ 決算発表前に買い付ける ~

「勉強できる私の買い付け」とは
私の取引から勉強していただけると判断したものを、1ヶ月数銘柄(1週間に1銘柄程度)限定で紹介しているブログです。
「私の取引について」のご説明はhand02[1]こちら

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

米国株は100ドルほどの値幅で乱高下しながら178ドル安
情報誌に掲載されました。
詳しい内容は、HP「素人投資家の挑戦」上段をご覧下さいませ。
---------------------------------------------------------------------------
 ランキングへの応援(バナーをクリック)
宜しくお願い致します。

にほんブログ村 株ブログ 専業投資家へ  
皆さまからのクリック数で、ランキングの順位が決まります。クリックするとランキングサイトへ進みますが、必要なければそのまま閉じて下さい。
---------------------------------------------------------------------------
niko.gif twitter
@mm333m 
niko.gifメール
---------------------------------------------------------------------------
「米国株について」を朝の8時頃、「日本株について」を夕方に更新しております。

11月26日 月曜日

米国株について
米国株は178ドル安の24285ドル。
感謝祭の翌日で半日取引。100ドルほどの値幅で乱高下しながら178ドル安で取引終了。

米国株 日中足チャート
181126d.png

米国株 日足チャート
181126d2.png

〇主要3指数の動向
ダウ平均は0.73%安、ナスダックは0.48%安、S&P500指数は0.66%安。
主要3指数が揃って下落。

〇S&P500指数業種別
3業種が上昇、8業種が下落しました。
上昇率の高い順
生活必需品、ヘルスケア、公益

下落率の高い順
エネルギー、通信、素材

〇ダウ構成銘柄の動向
8銘柄が上昇、 22銘柄が下落しました。
上昇率の高い順
ユナイテッド・テクノロジーズ 2.65%高、ウォルグリーン 1.32%高、ウォルマート 0.99%高、コカ・コーラ 0.60%高、ユナイテッドヘルス 0.41%高

下落率の高い順
シェブロン 3.38%安、エクソンモービル 2.67%安、アップル 2.54%安、ゴールドマン・サックス 1.82%安、ボーイング 1.58%安

〇原油価格が大幅安
原油価格の大幅安を受けて、エネルギー関連株が軒並み下落。業種別でもエネルギーが3.26%安と他業種と比べて突出しています。ダウ構成銘柄では、シェブロンとエクソンモービルが大幅安となり2銘柄でダウ平均を41ドル押し下げました。

原油価格も相場なので、大幅安になれば大きな損失を補てんする目的の株売りも多くあったと考えています。

〇主力銘柄の下落がきつい
アップル、ゴールドマン・サックス、ボーイング、キャタピラーが大きく下げています。シェブロンとエクソンモービルを加えた6銘柄で、ダウ平均を140ドル押し下げました。

〇下値模索の展開に
24500ドル付近で一旦下げ止まっていましたが、上昇することなく大幅安に。お昼前には60ドル安まで下げ幅を縮小させましたが、その後は大口売りに押されて安値水準まで下落。分足では三尊型になっており、経験則では売り優勢。

投資家心理(AI含む)と需給関係は改善せず、下値模索の展開になると考えています。目先は大きな節目となる24000ドルか。

〇目先の上値抵抗と下値抵抗
上値は24500ドルで、下値は24000ドルになると考えています。

勉強できる私の買い付け」を更新しています。

タイトルは・・・好業績銘柄の先取り投資法
~ 決算発表前に買い付ける ~

「勉強できる私の買い付け」とは
私の取引から勉強していただけると判断したものを、1ヶ月数銘柄(1週間に1銘柄程度)限定で紹介しているブログです。
「私の取引について」のご説明はhand02[1]こちら

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

利益確定(売り時)逃しで 悩んでいらっしゃる方へ
情報誌に掲載されました。
詳しい内容は、HP「素人投資家の挑戦」上段をご覧下さいませ。
---------------------------------------------------------------------------
 ランキングへの応援(バナーをクリック)
宜しくお願い致します。

にほんブログ村 株ブログ 専業投資家へ  
皆さまからのクリック数で、ランキングの順位が決まります。クリックするとランキングサイトへ進みますが、必要なければそのまま閉じて下さい。
---------------------------------------------------------------------------
niko.gif twitter
@mm333m 
niko.gif メール
---------------------------------------------------------------------------
「米国株について」を朝の8時頃、「日本株について」を夕方に更新しております。

11月22日 木曜日

お知らせメールアドレスが「hono」で始まる伊藤様
お時間のある時に一度ご連絡いただけると助かります。

「 日本株について 」
本日の日経平均株価は、前日比139円高の21646円になりました。
米国株の暴落ストップと円安を受けて10時頃には160円高まで上昇しますが、その直後から大口売りが連発すると急落して3円安で前引け。後場は再び買い戻されて前場の高値を更新、最後に少し売られましたが139円高で取引終了。

日経平均 日中足チャート
181122j.png

日経平均 日足チャート
181122j2.png

〇東証1部の売買代金と騰落状況
売買代金は2兆810億円、売買高は12億162万株。
値上がり銘柄数は1451、値下がり銘柄数は580、変わらずは81銘柄でした。

〇東証1部の業種別ランキング
27業種が上昇、6業種が下落
上昇率の高い順
水産・農林、陸運、食料品、サービス、建設

下落率の高い順
鉱業、海運、鉄鋼、銀行、非鉄金属

〇日経平均採用銘柄の騰落率
値上がり銘柄数は139、値下がり銘柄数は81、変わらずは5銘柄でした。
上昇率の高い順
サッポロHD 7.01%高、ユニー・ファミリーマートHD 5.24%高、東京建物 4.10%高、高島屋 3.83%高、資生堂 3.67%高

下落率の高い順
太平洋金属 4.11%安、IHI 3.43%安、東海カーボン 3.32%安、日揮 3.24%安、安川電機 2.75%安

〇米国株の暴落ストップが買い材料
米国株の後半失速は嫌気されたと思いますが、暴落がストップしたことは買い材料になったと考えています。但し、ストップしただけで底打ちするとは限りません。

〇円安も買い材料に
1ドル113円台に乗せました。前日比で円安となり株買い材料になりました。
とくに自動車株が買われ、いすゞ以外は全て上昇しています。

〇後場は大口売りが出ず上昇基調
前場は大きく買われた後の大口売り連発でマイナスに転じましたが、後場は大口売りが出ることなく右肩上がり。但し、「大口売りを警戒するように」そして「足元を確かめるように」少しずつ買われていった印象。分足を見ていると、投資家心理が伝わってきました。

〇3連休前で手控える投資家とAI が多かった
明日から3連休、リスクを回避するため手控える投資家とAI が多くなりました。東証1部の売買代金は2兆810億円しかなく、超のつく閑散相場。


〇利益確定(売り時)逃しで悩んでいらっしゃる方へ
失敗しやすい2つのパターンを無くせば、利益確定できる回数が少し増えるかもしれません。
1、目標株価が高過ぎる
利益は多く得たいものですが、いつも「あと少し」のところで下落していくようなら目標株価が高過ぎるかもしれません。
自分が1000円で売りたいと思っても、大勢が980円で売りたいと思っていれば1000円には届きません。仮に1000円の株価で10万円を投資したとします。1100円になれば1割上昇で1万円の利益ですが、納得できず1500円に設定するとなかなか売れないと思います。株に絶対は無いので売れるかもしれませんが、普通に考えると買値から5割上昇を狙う投資を繰り返すのは難しい。

3000円の株価ならこんな感じです。
181122j3

3000円で買い付け。
1割上昇したところで利益確定を狙い、3300円で設定。
しかし、その手前で反転すると下落基調になってしまい買値を割り込んでしまった。
1割目標は無難ですが、大勢はその手前で売り出してきたのです。

株式投資では自分の考えだけを反映しがちですが、大勢の考えを踏まえた目標株価にすることが大切だと思っています。自分の売買履歴から売り逃しが多いと判断できれば、もう少し下げた目標株価にしてみましょう。


2、板を見ている
板を見て売買すると理想的のように思えますが、実は大きな落とし穴が。
1000円で利益確定しようと思っていたのに、騰がってくる株価を見ると1020円に売り注文を1訂正。更に騰がってきたら1050円に訂正。もっと高いところで売りたい、もっと儲けたい・・・冷静な判断なら良いですが、カッカカッカしてきたら冷静さを失っており失敗する確率が高くなります。

そうやって注文の訂正をしているうちに株価は反転、今度はどんどん下がっていき結局1000円を大きく下回ってしまうことも。そこで「せめてもう少し戻してから」と保有を決め込むと、どんどん下落、この流れが数日間続くと買値を下回ることも。
株価が騰がる度に訂正していたらいつまでも約定しません(^^;)でも、騰がってくると「もっと騰がるのでは」と思ってしまうのです。

この失敗を少なくするには、取引時間以外で冷静な時に「利益確定したい株価」をしっかり検証します。ここで重要なのは、その株価から更に上昇しても、逆に届かなくても悔いの無いところに設定することです。その後は、そのままほったらかしに。

昔の私は、この失敗しやすい2パターンを繰り返していました。
いつも自分の都合で目標株価を設定。板を見ていたら騰がり続ける度に注文を訂正。前者では目標株価に届く前に下落、後者ではいつまでも約定しないまま下落に転じてしまう・・・これでは、いつまで経っても利益確定できません。売買履歴を見ると損切りばかり(^^;)そんな失敗を数え切れないほど繰り返した経験から、2パターンを無くす努力をしてきました。

助言ではありませんが、利益確定に悩んでいらっしゃる方へ何か少しでもお役に立てれば嬉しく思います。

前日に「勉強できる私の買い付け」を更新しています。

タイトルは・・・好業績銘柄の先取り投資法
~ 決算発表前に買い付ける ~

「勉強できる私の買い付け」とは
私の取引から勉強していただけると判断したものを、1ヶ月数銘柄(1週間に1銘柄程度)限定で紹介しているブログです。
「私の取引について」のご説明はhand02[1]こちら

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

米国株は買戻しが先行するも後半失速で前日比変わらず
情報誌に掲載されました。
詳しい内容は、HP「素人投資家の挑戦」上段をご覧下さいませ。
---------------------------------------------------------------------------
 ランキングへの応援(バナーをクリック)
宜しくお願い致します。

にほんブログ村 株ブログ 専業投資家へ  
皆さまからのクリック数で、ランキングの順位が決まります。クリックするとランキングサイトへ進みますが、必要なければそのまま閉じて下さい。
---------------------------------------------------------------------------
niko.gif twitter
@mm333m 
niko.gifメール
---------------------------------------------------------------------------
「米国株について」を朝の8時頃、「日本株について」を夕方に更新しております。

11月22日 木曜日

お知らせ
メールアドレスが「hono」で始まる伊藤様
お時間のある時に一度ご連絡いただけると助かります。

米国株について
米国株は変わらず24464ドル。
前日までの暴落に伴う押し目買いが先行。24600ドル付近で長く揉み合いますが、最後の1時間で大口売りが連発すると急落しました。

米国株 日中足チャート
181122d.png

米国株 日足チャート
181122d2.png

〇主要3指数の動向
ダウ平均は変わらず、ナスダックは0.92%高、S&P500指数は0.30%高。
ハイテク比率の高いナスダックがしっかり。

〇S&P500指数業種別
7業種が上昇、4業種が下落しました。
上昇率の高い順
エネルギー、一般消費財、通信

下落率の高い順
公益、生活必需品、ヘルスケア

〇ダウ構成銘柄の動向
15銘柄が上昇、 15銘柄が下落しました。
上昇率の高い順
ナイキ 1.76%高、マイクロソフト 1.38%高、キャタピラー 1.31%高、シェブロン 1.27%高、IBM 1.17%高

下落率の高い順
ジョンソン&ジョンソン 3.05%安、コカ・コーラ 1.32%安、ファイザー 0.99%安、インテル 0.76%安、P&G 0.75%安

〇経済指標
・10月の耐久財受注は前月比-4.4%
市場予想を下回っています。9月の改定値-0.1%から大幅に悪化。

輸送用機器を除く受注は前月比+1%
市場予想を下回っていますが、9月の-0.6%から改善。

・10月の景気先行指数は前月比+0.1%
市場予想と一致。

・10月の中古住宅販売件数は522万戸。
市場予想を上回っています。

・11月のミシガン大学消費者信頼感指数確報値は97.5
速報値の98.3から少し下方修正、市場予想より少し下回っています。

〇暴落に伴う買戻し
前日までの2営業日で1000ドル近く暴落していた為、値ごろ感からの押し目買いが先行。但し、戻りは鈍く、高値でも204円高の24669ドル。普通だと200ドル超の上げ幅なら大幅高ですが、1000ドル近く暴落した後の戻りとしては弱い。また、最後の1時間で前日値まで下げていますから後味も悪い。

〇先読みするのが難しい
最後の失速で、先読みするのが難しくなりました。
再び押し目買いが入って上昇に転じるのか、また大口売りが出てくるのか。そして最後の失速を嫌気した売りが出てくるのか。

このような時は無理に先読みせず、「なるようになる」で良いと思っています。

〇目先の上値抵抗と下値抵抗
上値は24700ドルで、下値は24200ドルになると考えています。

勉強できる私の買い付け」を更新しています。

タイトルは・・・好業績銘柄の先取り投資法
~ 決算発表前に買い付ける ~

「勉強できる私の買い付け」とは
私の取引から勉強していただけると判断したものを、1ヶ月数銘柄(1週間に1銘柄程度)限定で紹介しているブログです。
「私の取引について」のご説明はhand02[1]こちら

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

「反発を先取りする押し目買い」が入り続けて下げ幅縮小 340円安あっての75円安
情報誌に掲載されました。
詳しい内容は、HP「素人投資家の挑戦」上段をご覧下さいませ。
---------------------------------------------------------------------------
 ランキングへの応援(バナーをクリック)
宜しくお願い致します。

にほんブログ村 株ブログ 専業投資家へ  
皆さまからのクリック数で、ランキングの順位が決まります。クリックするとランキングサイトへ進みますが、必要なければそのまま閉じて下さい。
---------------------------------------------------------------------------
niko.gif twitter
@mm333m 
niko.gif メール
---------------------------------------------------------------------------
「米国株について」を朝の8時頃、「日本株について」を夕方に更新しております。

11月21日 水曜日

お知らせメールアドレスが「hono」で始まる伊藤様
お時間のある時に一度ご連絡いただけると助かります。

「 日本株について 」
本日の日経平均株価は、前日比75円安の21507円になりました。
米国株の大幅続落と円高を受けて売り先行。寄り付き直後に340円安となりますが、その後は右肩上がりになって75円安で取引終了。

日経平均 日中足チャート
181121j.png

日経平均 日足チャート
181121j2.png

〇東証1部の売買代金と騰落状況
売買代金は2兆4105億円、売買高は13億9258万株。
値上がり銘柄数は596、値下がり銘柄数は1431、変わらずは85銘柄でした。

〇東証1部の業種別ランキング
2業種が上昇、31業種が下落
上昇率の高い順
電気機器、パルプ・紙

下落率の高い順
鉱業、証券商品先物、卸売、海運、石油石炭

〇日経平均採用銘柄の騰落率
値上がり銘柄数は55、値下がり銘柄数は166、変わらずは4銘柄でした。
上昇率の高い順
SCREENホールディングス 6.81%高、東京エレクトロン 4.85%高、東海カーボン 4.81%高、アドバンテスト 4.46%高、ミネベアミツミ 3.98%高

下落率の高い順
高島屋 15.94%安、オリンパス 8.69%安、日本軽金属HD 4.13%安、武田薬品工業 3.51%安、丸井グループ 3.49%安

〇半導体関連株が軒並み上昇
SCREENホールディングス、東京エレクトロン、アドバンテストが4%を超える上昇、SUMCO、信越化学工業もしっかり。

〇電気機器が上昇率トップ
米国株では主力の外需関連株が軒並み下落。ハイテク関連株が多いナスダックは暴落。そして円高。
電気機器にとってはトリプルパンチでしたが、半導体関連株の大幅高がけん引。業種別では上昇率トップになっています。

〇米国株の大幅安が売り材料
ダウ平均は2.21%安(551ドル安)、ナスダックは1.70%安、S&P500指数は1.82%安。主要3指数揃っての大幅安は大きな売り材料。

〇欧州市場の大幅安も売り材料
ドイツ(DAX)1.58%安、フランス(CAC)1.21%安、イギリス(FTSE)0.76%安。こちらも売り材料。

〇円高も売り材料
1ドル112円70銭まで円高進行。前日比で1円近く円高になっており、こちらも売り材料。

〇トリプルパンチで売り先行
欧米市場の大幅安と円高のトリプルパンチで、取引開始から間もなく340円安まで売られました。

〇反発を先取りする押し目買い
売り先行の後は右肩上がり。値下がり銘柄数は多かったものの「反発を先取りする押し目買い」が入り続けたと考えています。米国株が大幅続落するなかで、340円安から75円安まで下げ幅縮小。上出来だと思いました。

〇大口売りの出尽くしか
----- 前日に書いていたこと -----
売買代金が少ないので「売りが少なかっただけ」かもしれませんが、「大口売りの出尽くし」という見方もできます。
楽観視はできませんが、本日に限れば後者の可能性が高かったのではないかと。
----- ここまで -----
取引開始直後に大きく下げましたが、その後は目立つ大口売りが出ていません。

本日は「勉強できる私の買い付け」を更新しています。

タイトルは・・・好業績銘柄の先取り投資法
~ 決算発表前に買い付ける ~

「勉強できる私の買い付け」とは
私の取引から勉強していただけると判断したものを、1ヶ月数銘柄(1週間に1銘柄程度)限定で紹介しているブログです。
「私の取引について」のご説明はhand02[1]こちら

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

米国株は需給関係の悪化で551ドル安
情報誌に掲載されました。
詳しい内容は、HP「素人投資家の挑戦」上段をご覧下さいませ。
---------------------------------------------------------------------------
niko.gif twitter
@mm333m 
niko.gifメール
---------------------------------------------------------------------------
「米国株について」を朝の8時頃、「日本株について」を夕方に更新しております。

11月21日 水曜日

お知らせ
メールアドレスが「hono」で始まる伊藤様
お時間のある時に一度ご連絡いただけると助かります。

米国株について
米国株は551ドル安の24465ドル。
需給関係の悪化で大幅に続落。午前中は大きく乱高下しながら300ドル安まで下げ幅を縮小させますが、午後に入ると右肩下がり。安値では649ドル安の24368ドルまで売られるところがありました。その後は買い戻されるも上値は限られ、551ドル安で取引終了。

米国株 日中足チャート
181121d.png

米国株 日足チャート
181121d2.png

〇主要3指数の動向
ダウ平均は2.21%安、ナスダックは1.70%安、S&P500指数は1.82%安。
主要3指数が揃って大幅に下落。

〇S&P500指数業種別
上昇した業種はありません。11業種全てが下落しました。
下落率の高い順
エネルギー、一般消費財、情報技術、資本財、金融

〇ダウ構成銘柄の動向
上昇した銘柄はありません。30銘柄全てが下落しました。
下落率の高い順
アップル 4.78%安、ゴールドマン・サックス 3.47%安、ウォルト・ディズニー 3.08%安、キャタピラー 2.94%安、エクソンモービル 2.84%安

〇経済指標
・10月の住宅着工件数は122万8000戸。
市場予想と一致。9月は120万1000戸から121万戸に上方修正。

・10月の住宅建設許可件数は126万3000戸。
市場予想を上回っています。

〇需給関係の悪化で見切り売りと失望売り
前日に、200日線について書いていました。
----- ここから -----
5営業日200日線が下値抵抗になっていたところから下抜けている為、見切り売りと失望売りが下げに拍車をかける可能性もあり。その場合は24500ドル付近までの下落を想定しています。
----- ここまで -----
この影響が大きかったと考えています。

とくに、経験則を重要視するAI は躊躇なく大口売りを連発させたかもしれません。逆に、大きく下げたところでは大口買いを入れるAI もあったと思われ、午前中は200ドルから300ドルの乱高下になっています。

〇反動安
短期で見ると長期線の割り込みによる見切り売りと失望売りですが、1ヵ月間でみると10月末の24500ドルから11月には26000ドルまで1500ドルも暴騰していますから、この反動安が今起こっていると考えています。

株価が下げているので悪材料はいくらでも指摘できますが、主因は需給関係によるものだと思っています。

〇ナスダックは底割れですが早々に戻す可能性もあり
ナスダックも大きな節目となる7000を早々に割り込んだことで見切り売りと失望売りが出たと考えています。午前中は7000近くまで戻しますが、午後は再び売り込まれてしまい完全に割り込んでしまいました。

大きな節目と前回安値を割り込む展開は嫌気されるものですが、大幅続落で一気に割り込んでいる為、旺盛な押し目買いで大幅反発して早々に7000を回復する可能性もあると考えています。

〇ダウ平均も大幅反発が近い
前回安値となる24500ドルまで下げてきました。いわゆる「往って来い」で嫌気される展開ですが、2営業日で946ドルも下げていますので反発は近いと考えています。

〇次の下値抵抗は24000ドル
反発は近いと考えますが、下げに勢いがついていますから一段安は想定しておきたいところ。次の下値抵抗は24000ドルになると考えています。

〇目先の上値抵抗と下値抵抗
上値は24950ドルで、下値は24000ドルになると考えています。

 ランキングへの応援(バナーをクリック)
宜しくお願い致します。

にほんブログ村 株ブログ 専業投資家へ  
皆さまからのクリック数で、ランキングの順位が決まります。クリックするとランキングサイトへ進みますが、必要なければそのまま閉じて下さい。

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

米国株が大幅安でもよく耐えた印象 日経平均は238円安の21583円
情報誌に掲載されました。
詳しい内容は、HP「素人投資家の挑戦」上段をご覧下さいませ。
---------------------------------------------------------------------------
 ランキングへの応援(バナーをクリック)
宜しくお願い致します。

にほんブログ村 株ブログ 専業投資家へ  
皆さまからのクリック数で、ランキングの順位が決まります。クリックするとランキングサイトへ進みますが、必要なければそのまま閉じて下さい。
---------------------------------------------------------------------------
niko.gif twitter
@mm333m 
niko.gif メール
---------------------------------------------------------------------------
「米国株について」を朝の8時頃、「日本株について」を夕方に更新しております。

11月20日 火曜日

お知らせメールアドレスが「hono」で始まる伊藤様
お時間のある時に一度ご連絡いただけると助かります。

「 日本株について 」
本日の日経平均株価は、前日比238円安の21583円になりました。
米国株の大幅安を受けて売り先行。9時5分に300円近い下げ幅になりますが、その後は大きく買い戻され187円安の21633円で前引け。後場は再び安値圏まで急落した後、安値揉み合いのまま238円安で取引終了。

日経平均 日中足チャート
181120d_201811201531582ca.png

日経平均 日足チャート
181120d2_2018112015320076f.png

〇東証1部の売買代金と騰落状況
売買代金は2兆3369億円、売買高は14億3070万株。
値上がり銘柄数は734、値下がり銘柄数は1294、変わらずは84銘柄でした。

〇東証1部の業種別ランキング
11業種が上昇、22業種が下落
上昇率の高い順
陸運、電気・ガス、卸売、ゴム、倉庫運輸

下落率の高い順
その他製品、石油石炭、サービス、鉱業、電気機器

〇日経平均採用銘柄の騰落率
値上がり銘柄数は98、値下がり銘柄数は125、変わらずは7銘柄でした。
上昇率の高い順
東京電力 3.44%高、東海旅客鉄道 3.11%高、中部電力 3.04%高、三井造船 2.63%高、東洋製罐グループHD 2.44%高

下落率の高い順
三菱自動車工業 6.85%安、リクルートHD 5.94%安、SCREENホールディングス 5.70%安、日産自動車 5.45%安、サイバーエージェント 5.35%安

〇米国株の大幅安が売り材料
ダウ平均は1.56%安(395ドル安)、ナスダックは3.03%安、S&P500指数は1.66%安。3指数揃っての大幅安は日本株にも大きな売り材料。

〇円高も売り材料
1ドル112円50銭まで円高進行。前日比で少しの円高ですが、外部環境が悪ければ売り材料に。

〇ハイテク(半導体含む)が売られました
ハイテク比率の高いナスダックは、ダウ平均とS&P500指数の倍ほど下げる暴落になっています。これを受けて、日本の電気機器が軒並み下落。日経平均採用銘柄では、OKI とデンソーがプラス、パイオニアが変わらず、それ以外は全て下落しました。

〇カルロス・ゴーン会長の逮捕による全体への影響は限定的
カルロス・ゴーン会長の知名度は凄くて大きなニュースになりますが、日産絡みの影響に留まり相場全体への影響は限定的。日経平均は大きく下げましたが、それは逮捕による影響ではなく米国株下落によるものだと考えています。日産の株価は5.45%安、三菱自動車工業は6.85%安。

〇よく耐えた
米国株が大幅安でも238円安(1.09%安)の21583円。よく耐えたという印象です。
取引前の予想では21500円割れもありえると思っていましたが、安値でも割り込まず。また、後場寄りで急落しましたが、それ以外では目立つ大口売りが出ていません。

売買代金が少ないので「売りが少なかっただけ」かもしれませんが、「大口売りの出尽くし」という見方もできます。
楽観視はできませんが、本日に限れば後者の可能性が高かったのではないかと。

勉強できる私の買い付け」を更新しています。

タイトルは・・・私の損切りルールを別角度でご説明

「勉強できる私の買い付け」とは
私の取引から勉強していただけると判断したものを、1ヶ月数銘柄(1週間に1銘柄程度)限定で紹介しているブログです。
「私の取引について」のご説明はhand02[1]こちら

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

米国株は前日までの戻り基調から一転、395ドル安
情報誌に掲載されました。
詳しい内容は、HP「素人投資家の挑戦」上段をご覧下さいませ。
---------------------------------------------------------------------------
niko.gif twitter
@mm333m 
niko.gifメール
---------------------------------------------------------------------------
「米国株について」を朝の8時頃、「日本株について」を夕方に更新しております。

11月20日 火曜日

お知らせ
メールアドレスが「hono」で始まる伊藤様
お時間のある時に一度ご連絡いただけると助かります。

米国株について
米国株は395ドル安の25017ドル。
前日までの戻り基調から一転、取引開始直後から右肩下がりになると午後の安値では24900ドルまで下げ幅を拡大させました。その後、25100ドル付近まで買い戻されるも引けにかけて再び下落。

米国株 日中足チャート
181120d.png

米国株 日足チャート
181120d2.png

〇主要3指数の動向
ダウ平均は1.56%安、ナスダックは3.03%安、S&P500指数は1.66%安。
3指数揃って大幅安、ハイテク比率の高いナスダックは暴落しています。

〇S&P500指数業種別
2業種が上昇、9業種が下落しました。
上昇率の高い順
公益、不動産

下落率の高い順
情報技術、一般消費財、通信

〇ダウ構成銘柄の動向
9銘柄が上昇、 21銘柄が下落しました。
上昇率の高い順
ファイザー 1.54%高、トラベラーズ 1.36%高、ジョンソン&ジョンソン 1.19%高、JPモルガン・チェース 0.76%高、ベライゾン 0.68%高

下落率の高い順
ボーイング 4.47%安、アップル 3.96%安、ビザ 3.87%安、マイクロソフト 3.39%安、キャタピラー 3.06%安

〇100日線で手仕舞い
25500ドル付近に100日線が通っています。
前日に目前まで上昇していた為、一旦手仕舞いする動きが広がったと考えています。但し、これは大幅安になったのを見てから書く結果論。1日で400ドル近い下落は想定外でした。

主力銘柄で4%超の下落が1銘柄、3%超が4銘柄、2%超が2銘柄、1%超が9銘柄。個々の悪材料は探せばいくらでも出てきますが、これだけ売られる悪材料が1日で飛び出してきたとは考え難い。やはり、単純に「上値抵抗による手仕舞い」が全体に波及したのではないかと。

このように考えると、個々の悪材料に振り回されるよりも現在大きく影響している移動平均線を注視したいと思っています。

〇100日線対200日線
100日線が25500ドル付近、200日線が25100ドル付近に通っています。本日の下落で下抜けましたが、最近の(取引時間中の)値幅から考えるとすぐに上抜ける可能性あり。

但し、5営業日200日線が下値抵抗になっていたところから下抜けている為、見切り売りと失望売りが下げに拍車をかける可能性もあり。その場合は24500ドル付近までの下落を想定しています。

200日線で下げ止まるのか、下抜けてしまうのか。正念場といえそうです。

〇ナスダックも正念場
7028まで下げたことで、10月下旬の前回安値に到達。2番底になるかならないかの正念場です。
ここから上昇して7200を上回ってくるようだと2番底の可能性が高くなり、経験則では大底形成で強含み。逆に下回ってしまうと見切り売りと失望売りが下げに拍車をかけるかも。10月下旬の7000よりも今回の方が注目度と影響度は大きくなると思っています。

〇経済指標
11月のNAHB住宅市場指数は60になりました。
10月の68から悪化、市場予想の67も下回っています。

〇目先の上値抵抗と下値抵抗
上値は25250ドルで、下値は24750ドルになると考えています。

 ランキングへの応援(バナーをクリック)
宜しくお願い致します。

にほんブログ村 株ブログ 専業投資家へ  
皆さまからのクリック数で、ランキングの順位が決まります。クリックするとランキングサイトへ進みますが、必要なければそのまま閉じて下さい。

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

閑散相場で売り圧力限定的、3日ぶりに反発。日経平均140円高
情報誌に掲載されました。
詳しい内容は、HP「素人投資家の挑戦」上段をご覧下さいませ。
---------------------------------------------------------------------------
 ランキングへの応援(バナーをクリック)
宜しくお願い致します。

にほんブログ村 株ブログ 専業投資家へ  
皆さまからのクリック数で、ランキングの順位が決まります。クリックするとランキングサイトへ進みますが、必要なければそのまま閉じて下さい。
---------------------------------------------------------------------------
niko.gif twitter
@mm333m 
niko.gif メール
---------------------------------------------------------------------------
「米国株について」を朝の8時頃、「日本株について」を夕方に更新しております。

11月19日 月曜日

お知らせメールアドレスが「hono」で始まる伊藤様
お時間のある時に一度ご連絡いただけると助かります。

「 日本株について 」
本日の日経平均株価は、140円高の21821円になりました。
米国株高を好感する買いが先行、9時30分頃には高値となる172円高の21852円まで買われますが、大口売りが連発すると上げ幅縮小。その後は少しずつ下値を切り上げ140円高で取引終了。

日経平均 日中足チャート
181119j.png

日経平均 日足チャート
181119j2.png

〇東証1部の売買代金と騰落状況
売買代金は2兆1367億円、売買高は12億8646万株。
値上がり銘柄数は1289、値下がり銘柄数は756、変わらずは67銘柄でした。

〇東証1部の業種別ランキング
20業種が上昇、13業種が下落
上昇率の高い順
鉱業、情報・通信、その他製品、精密機器、電気機器

下落率の高い順
銀行、石油石炭、パルプ・紙、鉄鋼、倉庫運輸

〇日経平均採用銘柄の騰落率
値上がり銘柄数は121、値下がり銘柄数は100、変わらずは4銘柄でした。
上昇率の高い順
昭和電工 5.89%高、東海カーボン 5.16%高、ソフトバンク 5.09%高、SCREENホールディングス 3.70%高、武田薬品工業 3.68%高

下落率の高い順
静岡銀行 6.77%安、コンコルディアFG 5.51%安、ふくおかFG 4.01%安、千葉銀行 3.96%安、T&Dホールディングス 3.47%安

〇米国株の続伸が買い材料
ダウ平均は0.49%高(123ドル高)、ナスダックは0.15%安、S&P500指数は0.22%高。ナスダックは下げていますが、全体としては戻り基調で日本株への買い材料になりました。

〇米半導体エヌビディアの暴落は織込み済み
エヌビディアが時間外取引で暴落していたことから、前週末の日本株では半導体関連株に大きな売り材料となっていました。この為、エヌビディアの暴落(終値18.76%安)は織込み済みで影響も限定的。

〇米半導体が軟調でも、日本の半導体関連株には買戻し
米国株では半導体大手インテル 1.50%高、マイクロン・テクノロジー 1.18%安、クアルコム 0.88%高、テキサス・インスツルメンツ 0.11%安、AMD 3.86%安。前週末の時間外取引でエヌビディアと同じく大きく下げていたアプライドマテリアルズは1.09%高。高安まちまちで強いわけではありません。また、総合指数となるフィラデルフィア半導体指数は1.17%安。

これを受けて、半導体への先行き不透明感から手控える投資家は多いかも・・・と思っていましたが、結果は買戻し優勢に。SCREENホールディングス、SUMCO、東京エレクトロンが3%を超える上昇。信越化学工業、アドバンテストなども2%を超える上昇になっています。

〇銀行株が売られました
銀行株が軒並み下落。下げ幅もきつくなっています。

〇やっぱり出てきた大口売り
買い先行で大きく上昇しますが、前週末と同じく「狙ったかのような大口売り」が連発すると一気に上げ幅縮小。
「やっぱり出てきたか」という感じ。但し、前週末とは違い、後場では大口売りが出ず少しずつ戻す展開に。

〇閑散相場
激しく動いたのは10時30分まで。その後は下値を切り上げるも、上下の値幅は狭く閑散相場。
東証1部の売買代金は2兆1367億円しかありません。
大口売りへの警戒感が手控えにつながったところもあると考えています。

勉強できる私の買い付け」を更新しています。

タイトルは・・・私の損切りルールを別角度でご説明

「勉強できる私の買い付け」とは
私の取引から勉強していただけると判断したものを、1ヶ月数銘柄(1週間に1銘柄程度)限定で紹介しているブログです。
「私の取引について」のご説明はhand02[1]こちら

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

米国株は値幅調整からの買い戻しが続いています
情報誌に掲載されました。
詳しい内容は、HP「素人投資家の挑戦」上段をご覧下さいませ。
---------------------------------------------------------------------------
niko.gif twitter
@mm333m 
niko.gifメール
---------------------------------------------------------------------------
「米国株について」を朝の8時頃、「日本株について」を夕方に更新しております。

11月19日 月曜日

お知らせ
メールアドレスが「hono」で始まる伊藤様
お時間のある時に一度ご連絡いただけると助かります。

米国株について
米国株は123ドル高の25413ドル。
半導体エヌビディアの暴落と弱めの経済指標を受けて売り先行。取引開始直後に150ドル近く下げますが、すぐに買い戻されて前日値を回復すると午後の高値では221ドル高になるところがありました。その後は一旦上げ幅を縮小させるも、引けにかけて緩やかな上昇となり123ドル高で取引終了。

米国株 日中足チャート
181119d.png

米国株 日足チャート
181119d2.png

〇主要3指数の動向
ダウ平均は0.49%高、ナスダックは0.15%安、S&P500指数は0.22%高。
ナスダックが弱い。

〇S&P500指数業種別
7業種が上昇、4業種が下落しました。
上昇率の高い順
不動産、公益、エネルギー

下落率の高い順
一般消費財、通信、情報技術

〇ダウ構成銘柄の動向
20銘柄が上昇、 10銘柄が下落しました。
上昇率の高い順
トラベラーズ 2.53%高、ユナイテッドヘルス 2.33%高、マクドナルド 2.20%高、スリーエム 2.00%高、ベライゾン 1.91%高

下落率の高い順
ウォルマート 1.86%安、ボーイング 1.65%安、ビザ 1.17%安、シスコシステムズ 0.90%安、ゴールドマン・サックス 0.80%安

〇半導体への売りがダウ構成銘柄に波及
半導体関連銘柄エヌビディアが暴落。寄り付きから暴落したことで、損失補てんの売りがダウ構成銘柄にも波及したと考えています。エヌビディアは買い戻されることなく18.76%安で取引終了。ダウ構成銘柄半導体では、インテルが小安く寄り付くもすぐに前日値を回復。終値は1.50%高としっかり。

全体では、売り先行の後に買戻し
ダウ平均は取引開始直後に150ドル近く下げますが、すぐに前日値を回復しています。ダウ平均とS&P500指数はプラスで終えており、全体ではしっかりした展開。

〇値幅調整からの買い戻しが続く
前週に書いていました通り、相場環境とチャートを合わせてみると値幅調整完了の可能性が高まっており、その流れが続いている印象。

〇下値抵抗が強くなった
3ケタの続伸に伴い、25000ドルの下値抵抗が強くなったと考えています。
楽観視は禁物ですが、下値不安後退による買戻しが続く可能性あり。

〇経済指標
10月の鉱工業生産は、前月比0.1%増になりました。
9月の改定値0.2%増から低下、市場予想も下回っています。

〇目先の上値抵抗と下値抵抗
上値は25600ドルで、下値は25200ドルになると考えています。

 ランキングへの応援(バナーをクリック)
宜しくお願い致します。

にほんブログ村 株ブログ 専業投資家へ  
皆さまからのクリック数で、ランキングの順位が決まります。クリックするとランキングサイトへ進みますが、必要なければそのまま閉じて下さい。

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

米国株高でも、大口の狙い撃ちで123円安
情報誌に掲載されました。
詳しい内容は、HP「素人投資家の挑戦」上段をご覧下さいませ。
---------------------------------------------------------------------------
 ランキングへの応援(バナーをクリック)
宜しくお願い致します。

にほんブログ村 株ブログ 専業投資家へ  
皆さまからのクリック数で、ランキングの順位が決まります。クリックするとランキングサイトへ進みますが、必要なければそのまま閉じて下さい。
---------------------------------------------------------------------------
niko.gif twitter
@mm333m 
niko.gif メール
---------------------------------------------------------------------------
「米国株について」を朝の8時頃、「日本株について」を夕方に更新しております。

11月16日 金曜日

お知らせメールアドレスが「hono」で始まる伊藤様
お時間のある時に一度ご連絡いただけると助かります。

「 日本株について 」
本日の日経平均株価は、123円安の21680円になりました。
米国株の反発を受けて買いが先行するも、9時20分の高値から右肩下がりになって122円安で前引け。後場は買い優勢で14時頃に前日値を回復しますが、大口売りが連発すると安値を更新。その後も買い戻されることなく123円安の21674円で取引終了。

日経平均 日中足チャート
181116j.png

日経平均 日足チャート
181116j2.png

〇東証1部の売買代金と騰落状況
売買代金は2兆5593億円、売買高は14億2466万株。
値上がり銘柄数は1442、値下がり銘柄数は607、変わらずは63銘柄でした。

〇東証1部の業種別ランキング
9業種が上昇、24業種が下落
上昇率の高い順
鉱業、陸運、保険、水産・農林、鉄鋼

下落率の高い順
その他製品、パルプ・紙、金属、電気機器、石油石炭

〇日経平均採用銘柄の騰落率
値上がり銘柄数は84、値下がり銘柄数は137、変わらずは4銘柄でした。
上昇率の高い順
大日本住友製薬 4.85%高、国際石油開発帝石 2.81%高、中外製薬 2.61%高、協和発酵キリン 2.57%高、日本電気 2.43%高

下落率の高い順
昭和電工 8.61%安、SUMCO 7.96%安、東海カーボン 7.62%安、アドバンテスト 7.56%安、SCREENホールディングス 5.91%安

〇半導体に売り材料
米半導体関連銘柄エヌビディアの業績見通しが嫌気され、時間外取引で17%の暴落。同じく半導体のアプライドマテリアルズが失望決算で7.7%の大幅安。これを受けて、日本の半導体関連株にも警戒感が高まり大きく売られました。アドバンテスト、SCREENホールディングス、SUMCO、東京エレクトロン、信越化学工業など。

5銘柄で日経平均を54円押し下げています。また、エヌビディアに出資しているソフトバンクも売られて3.37%安。こちらは1銘柄で34円押し下げていますから、米半導体ショックによる影響は88円ほど。これを差し引くと本日の日経平均は35円ほどの下落ですが、大きく売られているので損失補てんの他銘柄売りにつながった印象。僅か35円の下落でも日経平均採用銘柄のうち137銘柄も下げています。

東証1部全体への影響は限定的か
値上がり銘柄数が1442、値下がり銘柄数は607となっており、全体への影響は大きくなかった印象。
半導体への見方は少し前から弱くなっていたので、それが幸いしているのかもしれません。

〇黒鉛電極関連にも売り
昭和電工が8.61%安、東海カーボンが7.62%安。
黒鉛電極関連の下げが目立ちました。

〇米国株高で買い先行
ダウ平均は0.83%高(208ドル高)、ナスダックは1.72%高、S&P500指数は1.06%高。
主要3指数が揃って大幅高となり、これを好感する買いが先行。取引開始から20分で70円高まで上昇するところがありました。

〇早々に失速
70円高をつけた後は右肩下がり。後場に前日を回復するも、大口売り連発で取引時間中の安値を更新。半導体関連株への売りも影響したはずですが、日本株の流れが「やや弱い」印象です。

〇大口の狙い撃ち
前場は米国株高を好感する買いが先行するも、早々に右肩下がり。後場は前日値を回復するも、公的資金の買いを待っていたような大口売り。
人の手によるものかAI なのか分かりませんが、機関投資家が上昇を狙い撃ちした印象です。

半導体への売りよりも、「流れの弱さ」「「大口の狙い撃ち」こちらの動きを注視しています。

勉強できる私の買い付け」を更新しています。

タイトルは・・・私の損切りルールを別角度でご説明

「勉強できる私の買い付け」とは
私の取引から勉強していただけると判断したものを、1ヶ月数銘柄(1週間に1銘柄程度)限定で紹介しているブログです。
「私の取引について」のご説明はhand02[1]こちら

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

米国株は208ドル高の25289ドル
情報誌に掲載されました。
詳しい内容は、HP「素人投資家の挑戦」上段をご覧下さいませ。
---------------------------------------------------------------------------
niko.gif twitter
@mm333m 
niko.gifメール
---------------------------------------------------------------------------
「米国株について」を朝の8時頃、「日本株について」を夕方に更新しております。

11月16日 金曜日

お知らせメールアドレスが「hono」で始まる伊藤様
お時間のある時に一度ご連絡いただけると助かります。

米国株について
米国株は208ドル高の25289ドル。
売り先行で大きな節目となる25000ドルを割り込むと、1時間後には安値となる293ドル安の24787ドルまで売られるところがありました。その後は買い戻され25000ドルを回復。午後は大口買いをキッカケに急騰すると、高値揉み合いのまま208ドル高で取引終了。

米国株 日中足チャート
181116d.png

米国株 日足チャート
181116d2.png

〇主要3指数の動向
ダウ平均は0.83%高、ナスダックは1.72%高、S&P500指数は1.06%高。
主要3指数が揃って大幅高。

〇S&P500指数業種別
8業種が上昇、3業種が下落しました。
上昇率の高い順
情報技術、エネルギー、金融

下落率の高い順
不動産、公益、生活必需品

〇ダウ構成銘柄の動向
22銘柄が上昇、 8銘柄が下落しました。
上昇率の高い順
シスコシステムズ 5.50%高、スリーエム 3.46%高、キャタピラー 3.45%高、JPモルガン・チェース 2.55%高、アップル 2.47%高

下落率の高い順
ウォルマート 1.96%安、ホームデポ 1.41%安、ナイキ 1.16%安、ボーイング 0.91%安、マクドナルド 0.16%安

〇経済指標
・10月の小売売上高は、前月比0.8%増になりました。
市場予想を上回っています。9月は0.1%増から0.1%減へ下方修正。

・11月のNY連銀製造業景気指数は23.3になりました。
市場予想を上回っています。10月の21.1から上昇。

・11月のフィラデルフィア連銀製造業景気指数は12.9になりました。
市場予想を下回っています。10月の22.2から大幅に悪化。

強弱入り混じっていますが、良好な小売売上高は年末商戦への期待につながる良い内容。午前中に300ドル近い下げ幅となりますが、後から買い材料の一つになったと考えています。

〇米中貿易摩擦懸念後退
米中通商協議が進められている中、米国は中国製品に対する新たな関税の導入を保留しているとの報道を受け、米中貿易摩擦懸念が後退。買い材料になりました。

〇値幅調整完了か
----- 前日に書いていたこと -----
高値から1000ドル以上の下落となり大きな節目25000ドルまで下げてきました。普通に考えると値幅調整完了で反発近し。
----- ここまで -----

売り先行で一時は300ドル近い下げ幅となりますが、大きく買い戻されて208ドル高で取引終了。相場環境とチャートを合わせてみると値幅調整完了の可能性がより高まってきました。

〇目先の上値抵抗と下値抵抗
上値は25500ドルで、下値は25100ドルになると考えています。

 ランキングへの応援(バナーをクリック)
宜しくお願い致します。

にほんブログ村 株ブログ 専業投資家へ  
皆さまからのクリック数で、ランキングの順位が決まります。クリックするとランキングサイトへ進みますが、必要なければそのまま閉じて下さい。

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

売り手少なく持ち直し
情報誌に掲載されました。
詳しい内容は、HP「素人投資家の挑戦」上段をご覧下さいませ。
---------------------------------------------------------------------------
 ランキングへの応援(バナーをクリック)
宜しくお願い致します。

にほんブログ村 株ブログ 専業投資家へ  
皆さまからのクリック数で、ランキングの順位が決まります。クリックするとランキングサイトへ進みますが、必要なければそのまま閉じて下さい。
---------------------------------------------------------------------------
niko.gif twitter
@mm333m 
niko.gif メール
---------------------------------------------------------------------------
「米国株について」を朝の8時頃、「日本株について」を夕方に更新しております。

11月15日 木曜日

「 日本株について 」
本日の日経平均株価は、42円安の21803円になりました。
米国株安と円高を受けて売り先行。取引開始直後に200円を超える下げ幅になりますが、10時過ぎには前日値付近まで回復。その後は、21700円から21800円の間で上下しながら、42円安の21803円で取引終了。

日経平均 日中足チャート
181115j.png

日経平均 日足チャート
181115d2_20181115152445209.png

〇東証1部の売買代金と騰落状況
売買代金は2兆3409億円、売買高は15億54万株。
値上がり銘柄数は1111、値下がり銘柄数は911、変わらずは89銘柄でした。

〇東証1部の業種別ランキング
16業種が上昇、17業種が下落
上昇率の高い順
ゴム、サービス、電気・ガス、金属、陸運

下落率の高い順
銀行、保険、パルプ・紙、証券商品先物、海運

〇日経平均採用銘柄の騰落率
値上がり銘柄数は104、値下がり銘柄数は114、変わらずは7銘柄でした。
上昇率の高い順
アマダHD 11.45%高、リクルートHD 5.44%高、千代田化工建設 4.63%高、クラレ 4.03%高、電通 3.41%高

下落率の高い順
太陽誘電 4.82%安、新生銀行 4.80%安、第一生命HD 4.00%安、日本製鋼所 3.72%安、T&Dホールディングス 3.56%安

〇米国株の下落が売り材料
ダウ平均は0.81%安(205ドル安)、ナスダックは0.90%安、S&P500指数は0.76%安。主要3指数が揃っての大幅安は日本株にも売り材料。

米国株の項で書いています通り、高値から1000ドル以上の下落となり大きな節目25000ドルまで下げてきました。普通に考えると値幅調整完了で反発近し。これは日本株への安心感につながりますが、普通通りにならないのも株式相場。米国株反発への期待はあるも、先行き警戒感から押し目買いする投資家は限られました。

〇欧州市場の下落も売り材料
ドイツ(DAX)0.52%安、フランス(CAC)0.65%安、イギリス(FTSE)0.28%安。3市場揃っての下落は日本株にも売り材料。

〇円高
1ドル113円半ばまで円高進行。前日比で僅かな円高ですが、欧米市場の下落など相場環境が悪い中では売り材料になったと考えています。

〇アップル関連株にマイナス材料
アップルに部品供給しているルメンタルHDの暴落からアップルの下げが止まりません。本日は、アナリストによる目標株価やアイフォーンの販売台数予想の引き下げが相次ぎ、2.82%安。
前日の日本株では、大きく売られたアップル関連株が少し買い戻されていただけに本日は見切り売りと失望売りへ。

〇2営業日での買い手による見切り売りと失望売り
火曜日は785円安あっての459円安。大幅安になりましたが、大きく売られた後に大きく買い戻されており、ローソク足は強さを示す「下ヒゲの長い足」。
水曜日のローソク足は投資家の迷いを示す「迷いの十字線」でしたが、東証1部で値上がりは756銘柄、日経平均採用銘柄では138銘柄ありました。

本日の相場は、外部環境の悪化を受けて直近2営業日で買い付けていた投資家による見切り売りと失望売りが先行したと考えています。

〇押し目買い
火曜日の21484円(785円安)あっての21810円(459円安)は、それだけ同水準での買い意欲があったということ。上記した内容を取引前に予想していましたが、同時に(矛盾した予想として)火曜日のヒゲにあたる21810円を下回ると押し目買いも入ってくるのではないかと考えていました。

〇売り手少なく持ち直し
上記しました悪材料で売り先行。取引開始直後には200円を超える下げ幅になりますが、10時過ぎには21800円を回復。その後、21700円まで売られると買い戻され21800円まで上昇。後場は再び21700円まで売られますが、引けにかけ右肩上がりになって21803円で取引終了。
181115j3.png

東証1部の売買代金は2兆3409億円しかありません。
多くの売りを吸収した買いではなく、売り手が少なく持ち直した印象。

普通に考えると「潜在的な売りを残したまま」で良くありませんが、今回は暴落絡みなので「売り急ぐ必要が無い」という安心できる状況かもしれません。

勉強できる私の買い付け」を更新しています。

タイトルは・・・私の損切りルールを別角度でご説明

「勉強できる私の買い付け」とは
私の取引から勉強していただけると判断したものを、1ヶ月数銘柄(1週間に1銘柄程度)限定で紹介しているブログです。
「私の取引について」のご説明はhand02[1]こちら

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

米国株は205ドル安の25080ドル
情報誌に掲載されました。
詳しい内容は、HP「素人投資家の挑戦」上段をご覧下さいませ。
---------------------------------------------------------------------------
niko.gif twitter
@mm333m 
niko.gifメール
---------------------------------------------------------------------------
「米国株について」を朝の8時頃、「日本株について」を夕方に更新しております。

11月15日 木曜日

米国株について
米国株は205ドル安の25080ドルになりました。
取引開始直後に200ドルを超える上げ幅となりますが、すぐ右肩下がりになってしまい351ドル安まで下げ幅を拡大。その後、前日値付近まで戻すも引けにかけて再び売り込まれてしまい205ドル安で取引終了。

米国株 日中足チャート
181115d.png

米国株 日足チャート
181115d2.png

〇主要3指数の動向
ダウ平均は0.81%安、ナスダックは0.90%安、S&P500指数は0.76%安。
主要3指数が揃って下落。

〇S&P500指数業種別
上昇率の高い順
通信、不動産

下落率の高い順
金融、情報技術、一般消費財

〇ダウ構成銘柄の動向
6銘柄が上昇、 23銘柄が下落、1銘柄が変わらず。
上昇率の高い順
ダウ・デュポン 0.89%高、ホーム・デポ 0.50%高、ベライゾン 0.48%高、シェブロン 0.32%高、ウォルト・ディズニー 0.23%高

下落率の高い順
トラベラーズ 2.97%安、アップル 2.82%安、JPモルガン・チェース 2.06%安、シスコシステムズ 1.75%安、ユナイテッドヘルス 1.58%安

〇押し目買いが先行
2営業日で700ドルも下落していたことで、押し目買いが先行。取引開始直後には200ドルを超える上げ幅になりました。

〇戻りで手仕舞い
下落したのを見てから書く結果論ですが、大きく下げた後に戻すと含み損に耐えていた投資家による売りも出やすくなります。これを「戻り売り、やれやれの売り」と言います。また、2営業日の大幅安で「逃げそびれた、売り損ねた」と判断した投資家が、株価の戻しで一旦手仕舞いした可能性もあり。

〇見切り売りと失望売り
寄り天を嫌気する売りと、取引開始直後に買い付けていた投資家による見切り売りと失望売りが重なり、午後の安値では351ドル安まで下げ幅を拡大させました。

午前中に高値から400ドル下げていますから、AI およびプログラム売買などが機械的なロスカットを連発させた可能性も高いと思っています。

〇アップルが大幅安
アップルに部品供給しているルメンタルHDの暴落からアップルの下げが止まりません。アップルショックについては、13日の「米国株について」をご覧下さいませ。
本日は、アナリストによる目標株価やアイフォーンの販売台数予想の引き下げが相次ぎ、2.82%安になりました。

〇200日線が下支え
200日線付近で取引終了。安値では割り込みましたが、終値ではほぼ同水準まで戻しています。

〇値幅調整完了か
高値から1000ドル以上の下落となり大きな節目25000ドルまで下げてきました。普通に考えると値幅調整完了で反発近し。但し、普通にならないのも株式相場。

〇目先の上値抵抗と下値抵抗
上値は25300ドルで、下値は24800ドルになると考えています。

 ランキングへの応援(バナーをクリック)
宜しくお願い致します。

にほんブログ村 株ブログ 専業投資家へ  
皆さまからのクリック数で、ランキングの順位が決まります。クリックするとランキングサイトへ進みますが、必要なければそのまま閉じて下さい。

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

迷いの十字線が出現
情報誌に掲載されました。
詳しい内容は、HP「素人投資家の挑戦」上段をご覧下さいませ。
---------------------------------------------------------------------------
 ランキングへの応援(バナーをクリック)
宜しくお願い致します。

にほんブログ村 株ブログ 専業投資家へ  
皆さまからのクリック数で、ランキングの順位が決まります。クリックするとランキングサイトへ進みますが、必要なければそのまま閉じて下さい。
---------------------------------------------------------------------------
niko.gif twitter
@mm333m 
niko.gif メール
---------------------------------------------------------------------------
「米国株について」を朝の8時頃、「日本株について」を夕方に更新しております。

11月14日 水曜日

「 日本株について 」
本日の日経平均株価は、前日比35円高の21846円になりました。
前日の大幅安に伴う押し目買いが先行するも、早々に往って来い。大口売買で乱高下するところもありましたが、比較的落ち着いた値動きのまま35円高で取引終了。

日経平均 日中足チャート
181114j.png

日経平均 日足チャート
181114j2.png

〇東証1部の売買代金と騰落状況
売買代金は2兆4905億円、売買高は14億3201万株。
値上がり銘柄数は756、値下がり銘柄数は1292、変わらずは63銘柄でした。

〇東証1部の業種別ランキング
16業種が上昇、17業種が下落
上昇率の高い順
電気・ガス、空運、金属、化学、輸送用機器

下落率の高い順
石油石炭、鉱業、サービス、小売、パルプ・紙

〇日経平均採用銘柄の騰落率
値上がり銘柄数は138、値下がり銘柄数は82、変わらずは5銘柄でした。
上昇率の高い順
東京電力 6.78%高、ソフトバンク 4.71%高、SUMCO 4.45%高、安川電機 4.05%高、日東電工 3.89%高

下落率の高い順
荏原製作所 8.45%安、クレディセゾン 5.69%安、大塚HD 5.19%安、千代田化工建設 4.99%安、丸井グループ 3.76%安

〇GDP速報値は市場予想と一致
7-9月期のGDP速報値は前期比0.3%減、季節調整済み年率1.2%減になりました。
自然災害による影響の為、持ち直しへの期待もあり売り圧力は限定的。寄り付き前の発表ですが、取引開始から19分で180円高まで買われています。

〇アップルショックからの買戻し
前日の相場は、アップルショックで国内のアップル関連株が軒並み大幅安になっていました。米国株ではアップルが続落するも、本日は買戻しが優勢に。安川電機、日東電工、TDK、アルプス電気などが上昇。

〇半導体関連株が上昇
米国株では半導体関連株が堅調でした。
インテルが1.59%高となり、ダウ構成銘柄で上昇率トップ。大幅高ではありませんが、日本の半導体関連株にプラス材料。他、半導体大手では、マイクロンテクノロジーが1.10%高、クアルコム 0.61%安、テキサス・インス ツルメンツ 1.08%高、AMD 3.05%高と概ね好調、フィラデルフィア半導体指数も1.35%高

これを受けて、半導体関連株も大きく売られていただけに押し目買いが多く入ったと思いました。
SUMCO、アドバンテスト、SCREENホールディングスなどが上昇。

〇押し目買い
前日の相場は、一時785円安まで売られた後に459円安。大幅安に伴う押し目買いと、大きく売られた後に大きく買い戻された勢いもあり、取引開始から19分で高値となる180円高の21990円まで買われるところがありました。

〇米国株に対する先行き不透明感
ダウ平均は0.40%安(100ドル安)、ナスダックは変わらず、S&P500指数は0.15%安。米国株の項で書いています通り、2銘柄を除けばダウ平均は28ドルしか下げておらず、ナスダックとS&P500指数と同じ位です。この為、100ドル安から受ける売り圧力はほとんど無かったと思いました。

但し、前日に602ドルも下落しながら反発しなかったことは、日本株への手控え要因になったはず。東証1部の売買代金も2兆4905億円しかありません。

〇米国株が大きく動くのを待っている状態
大きく上昇すれば明日の日本株にもプラス材料。逆に大きく下げれば、本日買われているだけに見切り売りと失望売りが下げに拍車をかける可能性もあり。静かな相場が示す通り、今は米国株が大きく動くのを待っている状態だと考えています。

〇迷いの十字線
上記しています相場環境を示すように、迷いの十字線が出現。
181114j3.png

少し上ヒゲが長いので、「売った方がいいかなぁ、手仕舞いした方がいいかなぁ」と思う投資家が少し多かったのではないかと。

勉強できる私の買い付け」を更新しています。

タイトルは・・・私の損切りルールを別角度でご説明

「勉強できる私の買い付け」とは
私の取引から勉強していただけると判断したものを、1ヶ月数銘柄(1週間に1銘柄程度)限定で紹介しているブログです。
「私の取引について」のご説明はhand02[1]こちら

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

米国株は100ドル安の25286ドル
情報誌に掲載されました。
詳しい内容は、HP「素人投資家の挑戦」上段をご覧下さいませ。
---------------------------------------------------------------------------
niko.gif twitter
@mm333m 
niko.gifメール
---------------------------------------------------------------------------
「米国株について」を朝の8時頃、「日本株について」を夕方に更新しております。

11月14日 水曜日

米国株について
米国株は100ドル安の25286ドル。
前日の暴落に伴う買戻しが入るも、売りも相応に出てきて午前中は200ドルから300ドルの乱高下。高値では124ドル高の25511ドルになりますが、その後は右肩下がり。後半は25200ドルから25350ドルの間で乱高下しながら100ドル安の25286ドルで取引終了。

米国株 日中足チャート
181114d.png

米国株 日足チャート
181114d2.png

〇主要3指数の動向
ダウ平均は0.40%安、ナスダックは変わらず、S&P500指数は0.15%安。

〇S&P500指数業種別
上昇率の高い順
金融、資本財、公益

下落率の高い順
エネルギー、ヘルスケア、生活必需品

〇ダウ構成銘柄の動向
11銘柄が上昇、 18銘柄が下落、1銘柄が変わらず。
上昇率の高い順
インテル 1.59%高、アメリカン・エキスプレス 1.29%高、P&G 0.83%高、キャタピラー 0.77%高、スリーエム 0.67%高

下落率の高い順
エクソンモービル 2.29%安、ボーイング 2.11%安、シェブロン 1.74%安、ファイザー 1.34%安、ユナイテッドヘルス 1.16%安

〇アップルとゴールドマン・サックスが続落
前日に悪材料の出たアップルは1.00%安、ゴールドマン・サックスは0.49%安と続落しました。注目度の高い銘柄なので、とくにアップルの続落は嫌気されたと考えています。ゴールドマン・サックスによる影響は限定的。
アップルとゴールドマン・サックスが売られた理由は、前日の「米国株について」をご覧下さいませ。

〇下げ続ける原油価格は要注意
原油価格が大幅に下落。下げ続ける原油価格が嫌気され、エネルギー関連株が大きく売られました。エクソンモービルが2.29%安となり、ダウ構成銘柄で最も下落。シェブロンは下落率3位で1.74%安。

下記しますが、本日の株式相場はそれほど下げず「原油価格下落による株式相場全体への悪影響」は限定的になっていますが、原油価格も相場なので下落に伴う損失が拡大すれば損失補てんの株売りにつながってくるはず。

〇それほど下げていない
本日の相場では、ボーイングだけでダウ平均を51ドル押し下げています。続いてユナイテッドヘルスが21ドル押し下げており、2銘柄で72ドル押し下げています。これを差し引くと、本日のダウ平均は28ドル安でそれほど下げていません。

〇VIX指数
恐怖指数と呼ばれるもので、数値が上がると値動きが荒れやすく、数値が下がると落ち着く傾向にあります。本日は2%低下していますので、100ドル安による投資家心理(AIの判断含む)と需給関係を見るのではなく、ナスダックが変わらずS&P500指数は0.15%安、この程度の見方(あまり下げていない)で良いと思っています。簡単に書くと注視するところは無し。

〇とくに注視するところは無し
上記しています通り、本日の相場で注視するところは無し。
このような時は深く考えず、日本株の銘柄検証に時間をかけたいと思っています。

今は決算の検証で大忙し。
静かな米国株は日本株の銘柄検証に時間をかけられるのでありがたい。

〇目先の上値抵抗と下値抵抗
上値は25500ドルで、下値は25000ドルになると考えています。

 ランキングへの応援(バナーをクリック)
宜しくお願い致します。

にほんブログ村 株ブログ 専業投資家へ  
皆さまからのクリック数で、ランキングの順位が決まります。クリックするとランキングサイトへ進みますが、必要なければそのまま閉じて下さい。

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

アップルショックで一時785円安、終値459円安の21810円
情報誌に掲載されました。
詳しい内容は、HP「素人投資家の挑戦」上段をご覧下さいませ。
---------------------------------------------------------------------------
 ランキングへの応援(バナーをクリック)
宜しくお願い致します。

にほんブログ村 株ブログ 専業投資家へ  
皆さまからのクリック数で、ランキングの順位が決まります。クリックするとランキングサイトへ進みますが、必要なければそのまま閉じて下さい。
---------------------------------------------------------------------------
niko.gif twitter
@mm333m 
niko.gif メール
---------------------------------------------------------------------------
「米国株について」を朝の8時頃、「日本株について」を夕方に更新しております。

11月13日 火曜日

「 日本株について 」
本日の日経平均株価は、459円安の21810円になりました。
米国株の暴落を受けて売り先行。アップルショックも重なり9時30分頃には安値となる785円安まで暴落しますが、その後は少しずつ買い戻されて459円安で取引終了。

日経平均 日中足チャート
181113j.png

日経平均 日足チャート
181113j2.png

〇東証1部の売買代金と騰落状況
売買代金は2兆8253億円、売買高は16億987万株。
値上がり銘柄数は230、値下がり銘柄数は1846、変わらずは35銘柄でした。

〇東証1部の業種別ランキング
33業種全てが下落しました。
下落率の高い順
保険、建設、鉱業、鉄鋼、石油石炭、電気機器、金属

〇日経平均採用銘柄の騰落率
値上がり銘柄数は11、値下がり銘柄数は214、変わらずは無し。
上昇率の高い順
サイバーエージェント 2.39%高、ソフトバンク 1.89%高、東洋紡績 1.55%高、ユニー・ファミリーマートHD 0.93%高、資生堂 0.90%高

下落率の高い順
太陽誘電 7.40%安、三井金属 6.57%安、TDK 6.27%安、日揮 6.26%安、ソニーフィナンシャルHD 6.14%安

〇米国株の暴落が売り材料
ダウ平均は2.32%安(602ドル安)、ナスダックは2.78%安、S&P500指数は1.97%安。主要3指数が揃って暴落。
これだけ下げれば大きな売り材料になります。引けにかけて下げ幅を縮小させたとはいえ、東証1部の8割が下落、日経平均採用銘柄では11銘柄しか上昇していません。

〇機械的なロスカット
投資家だけではなく、AI やプログラムによる売買でも売りを先行させたと考えています。あと、取引開始から20分の間は機械的なロスカットも多発したのではないかと。

取引前の(私の)予想では、下値メドを21700円(569円安)程度と考えていたので、安値で785円は行き過ぎだと思っていました。株価が戻してから書く結果論ですが、終わってみれば459円安の21810円で「やっぱりな」という感じ。繰り返しになりますが、これは結果論。安値揉み合いのまま終えたかもしれませんし、更に下げ幅を拡大していた可能性もあったと思います。

〇節目到達で押し目買い
21500円を割り込んだことで、押し目買いも入ったと考えています。とくに、買い逃していた機関投資家による「持たざるリスク」を回避する買いも入ったのではないかと。

〇下ヒゲの長い足が出現
大きく売られた後に大きく戻している為、下ヒゲの長い足になりました。
経験則では強含み。
181113j3.png

〇アップルショック
米国株ではアップルに部品供給しているルメンタルHDが暴落。
詳しい内容は、朝に更新しました「米国株について」をご覧下さいませ。

この影響で日本のアップル関連株にも売りが膨らみ、下げがきつくなっています。
太陽誘電 7.27%安、三井金属 6.61%安、TDK 6.27%安、アルプス電気 4.84%安、信越化学工業 4.73%安、日東電工 4.58%安など

〇ショック安の後は落ち着きました
9時30分頃に底を打つと、50円から100円の値幅で乱高下するも引けにかけて下げ幅縮小。ショック安の後は落ち着いた印象です。

勉強できる私の買い付け」を更新しています。

タイトルは・・・私の損切りルールを別角度でご説明

「勉強できる私の買い付け」とは
私の取引から勉強していただけると判断したものを、1ヶ月数銘柄(1週間に1銘柄程度)限定で紹介しているブログです。
「私の取引について」のご説明はhand02[1]こちら

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

米国株は602ドル安
情報誌に掲載されました。
詳しい内容は、HP「素人投資家の挑戦」上段をご覧下さいませ。
---------------------------------------------------------------------------
niko.gif twitter
@mm333m 
niko.gifメール
---------------------------------------------------------------------------
「米国株について」を朝の8時頃、「日本株について」を夕方に更新しております。

11月13日 火曜日

米国株について
米国株は602ドル安の25387ドル。
前日に続く利益確定と戻り売りで、取引開始直後から右肩下がり。25500ドルまで下げると長く揉み合いになりますが、最後は一段安となり602ドル安で取引終了。

米国株 日中足チャート
181113d.png

米国株 日足チャート
181113d2.png

〇主要3指数の動向
ダウ平均は2.32%安、ナスダックは2.78%安、S&P500指数は1.97%安。
主要3指数が揃って暴落。

〇S&P500指数業種別
上昇率の高い順
不動産のみ上昇

下落率の高い順
情報技術、一般消費財、エネルギー

〇ダウ構成銘柄の動向
4銘柄が上昇、 26銘柄が下落しました。
上昇率の高い順
ベライゾン 0.44%高、コカ・コーラ 0.38%高、P&G 0.31%高、ジョンソン&ジョンソン 0.19%高

下落率の高い順
ゴールドマン・サックス 7.46%安、アップル 5.04%安、ホーム・デポ 3.53%安、ボーイング 3.33%安、シスコシステムズ 3.16%安

〇利益確定と戻り売り
下げの主因は、前日と同じだと思っています。
602ドルと凄まじい下げになりましたが、直近安値からおよそ1750ドル(取引時間中の安値からはおよそ2000ドルも凄まじい上げ幅になっていたので、前日に続く利益確定売りと戻り売りが出たと思いました。

資金流用疑惑のゴールドマン・サックスが大きく売られて7.46%安。1銘柄でダウ平均を113ドル押し下げました。他、アップルが5.04%安となり70ドル押し下げています。
アップルに部品提供しているルメンタルHDが業績見通しを下方修正。アップルから出荷を大幅に減らす要請があったと伝わり、同社の株が32.98%安と大暴落。これを受けて、アイフォーンの販売に対する懸念が大きく膨らみ、アップル株が売られました。

ゴールドマンの影響は同社に限るもの。一方、アップルへの懸念は全体に波及したと考えますが、2銘柄で押し下げた分を差し引いても400ドルを超える下落なので、やはり全体としては利益確定と戻り売りが主因だと考えています。

ちなみに、ルメンタルHDは典型的な大幅安。
業績の下方修正もありますが、需給面の悪化も下げに拍車をかけたと考えています。同社の株価はおよそ50ドルから70ドルの間で1年以上揉み合っていましたが、本日の大幅安で下値を割り込みました。また、前日の株価は55.95ドルなので、長期の下値ライン到達で買い付けていた投資家とAIは多かった可能性もあり。それらの見切り売りと失望売りも加わり、下げに拍車をかけたのではないかと。

〇値幅調整
大きく上昇すると、日柄で売りを吸収する日柄調整か値幅で売りを吸収する値幅調整が起こるもの。2営業日で800ドルの下落となり、今回は後者の値幅調整が進んでいます。

〇想定範囲内
2営業日で800ドルも下落しましたが、想定範囲内とする投資家とAIは多いと思います。前日に指摘していた75日線と100日線は下回っていますが、チャートは良い形です。

経済指標も良好で、米中貿易摩擦問題は前後しながらも少しずつ前に進んでいます。この状況で失望する投資家とAIは少ないと考えています。

〇右肩上がりのチャートだけが良いわけではありません
今回の暴落が示す通り、あまりにも急騰すると後から必ず「溜まっていた売り」が出てきますので、誤解を恐れずに言えば騰がり続けるチャートは少し注意が必要。逆に、日柄調整や値幅調整が進むチャートは売りを吸収するので良いチャート。

〇目先の上値抵抗と下値抵抗
上値は25700ドルで、下値は25000ドルになると考えています。

 ランキングへの応援(バナーをクリック)
宜しくお願い致します。

にほんブログ村 株ブログ 専業投資家へ  
皆さまからのクリック数で、ランキングの順位が決まります。クリックするとランキングサイトへ進みますが、必要なければそのまま閉じて下さい。

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

棚から牡丹餅
情報誌に掲載されました。
詳しい内容は、HP「素人投資家の挑戦」上段をご覧下さいませ。
---------------------------------------------------------------------------
 ランキングへの応援(バナーをクリック)
宜しくお願い致します。

にほんブログ村 株ブログ 専業投資家へ  
皆さまからのクリック数で、ランキングの順位が決まります。クリックするとランキングサイトへ進みますが、必要なければそのまま閉じて下さい。
---------------------------------------------------------------------------
niko.gif twitter
@mm333m 
niko.gif メール
---------------------------------------------------------------------------
「米国株について」を朝の8時頃、「日本株について」を夕方に更新しております。

11月12日 月曜日

「 日本株について 」
本日の日経平均株価は、19円高の22269円になりました。
米国株安と円高を受けて売り先行。9時18分に安値となる204円安の22046円まで売られますが、10時には前日値を回復しました。その後はほとんど動かず19円高で取引終了。

日経平均 日中足チャート
181112j.png

日経平均 日足チャート
181112j2.png

〇東証1部の売買代金と騰落状況
売買代金は2兆1529億円、売買高は12億3161万株。
値上がり銘柄数は887、値下がり銘柄数は1142、変わらずは83銘柄でした。

〇東証1部の業種別ランキング
17業種が上昇、16業種が下落
上昇率の高い順
繊維、機械、鉱業、空運、倉庫運輸

下落率の高い順
石油石炭、非鉄金属、海運、サービス、電気機器

〇日経平均採用銘柄の騰落率
値上がり銘柄数は122、値下がり銘柄数は96、変わらずは7銘柄でした。
上昇率の高い順
凸版印刷 4.68%高、東レ 4.33%高、安川電機 3.56%高、三井不動産 3.46%高、大林組 3.45%高

下落率の高い順
三井金属鉱業 18.00%安、太陽誘電 11.12%安、シチズンHD 7.07%安、三井E&Sホールディングス 6.43%安、日揮 6.32%安

〇米国株の反落と円高で売り先行
ダウ平均は0.77%安(201ドル安)、ナスダックは1.65%安、S&P500指数は0.92%安。主要3指数が揃って下落。
ドル円相場は1ドル114円から113円後半へ。(その後、株価の上昇と連動して114円台を回復)

外部環境の悪化を受けて売り先行。9時18分に安値となる204円安の22046円まで売られるところがありました。

〇大口買い
9時18分に安値をつけた後、9時45分頃には前日値付近まで暴騰。大口買いの連発で200円ほど上昇しました。

〇前日値まで戻した後はほとんど動かず
最近の相場は大きく動いていますが、本日は前日値まで戻すとほとんど動かなくなりました。
10時から大引けまで、およそ22250円から22300円までの間で揉み合い続けています。

〇閑散相場
大きな売買がぶつかり合っての揉み合いではなく、単に売買が少なかっただけ。
東証1部の売買代金は2兆1529億円しかなく、超の付く閑散相場でした。

〇棚から牡丹餅
3ケタの下落はあり得ると考えていたので、前場の大口買いは棚から牡丹餅でした。

勉強できる私の買い付け」を更新しています。

タイトルは・・・私の損切りルールを別角度でご説明

「勉強できる私の買い付け」とは
私の取引から勉強していただけると判断したものを、1ヶ月数銘柄(1週間に1銘柄程度)限定で紹介しているブログです。
「私の取引について」のご説明はhand02[1]こちら

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

米国株は201ドル安
情報誌に掲載されました。
詳しい内容は、HP「素人投資家の挑戦」上段をご覧下さいませ。
---------------------------------------------------------------------------
niko.gif twitter
@mm333m 
niko.gifメール
---------------------------------------------------------------------------
「米国株について」を朝の8時頃、「日本株について」を夕方に更新しております。

11月12日 月曜日

米国株について
米国株は201ドル安の25989ドル。
短期暴騰に伴う利益確定と戻り売りで右肩下がり。午後の安値では309ドル安となりますが、その後は引けにかけて買い戻され、201ドル安で取引終了。

米国株 日中足チャート
181112d.png

米国株 日足チャート
181112d2.png

〇主要3指数の動向
ダウ平均は0.77%安、ナスダックは1.65%安、S&P500指数は0.92%安。
主要3指数が揃って下落。

〇S&P500指数業種別
上昇率の高い順
生活必需品、不動産、公益

下落率の高い順
情報技術、一般消費財、通信

〇ダウ構成銘柄の動向
11銘柄が上昇、 19銘柄が下落しました。
上昇率の高い順
ウォルト・ディズニー 1.72%高、P&G 1.15%高、ファイザー 0.98%高、コカ・コーラ 0.71%高、ウォルマート 0.65%高

下落率の高い順
ゴールドマン・サックス 3.89%安、キャタピラー 3.41%安、シスコシステムズ 2.75%安、マイクロソフト 1.95%安、アップル 1.95%安

〇経済指標
11月のミシガン大学消費者信頼感指数速報値は98.3になりました。
市場予想を少し上回るも、前月の98.6から少し低下。

〇需給面は良好
201ドル下落しましたが、需給面は良好だと考えています。
現在の株価は75日線、100日線、200日線を上回っています。10月の暴落で3本線を完全に下回っていましたが、そこから一気に上抜けました。仮に75日線を下抜けても、次は節目となる25500ドルに100日線が通っいるので、強い下値抵抗があります。これは下値不安後退で買い安心感につながるはず。

一方で、上値抵抗になるのは26500ドル付近。9月の高値になりますから、この付近まで上昇してくると戻り売りが出やすくなります。

〇1銘柄でダウ平均を61ドル押し下げた
201ドルも下げたわりにはダウ構成銘柄のうち10銘柄が上昇しています。その背景には、大きく押し下げた銘柄あり。
ゴールドマン・サックスが3.89%安となり、1銘柄でダウ平均を61ドル押し下げています。その次がキャタピラーの3.41%安で30ドル、アップル 1.93%安で27ドル、スリーエム 1.46%安で20ドル、合計4銘柄で138ドル押し下げており、これを差し引けば前週末のダウ平均は60ドル程しか下げていません。

〇短期暴騰に伴う利益確定と戻り売り
直近安値からおよそ1750ドルも上昇(取引時間中の安値からはおよそ2000ドルも上昇)していたことで、利益確定と戻り売りが優勢になったと考えています。

〇当然の調整(下落)
これだけ上昇してくれば当然の調整なので、とくに注視するところは無いと思いました。このような時は時間をかけて深く考えず、日本株の業績検証に時間をかけたいと思っています。

〇目先の上値抵抗と下値抵抗
上値は26200ドルで、下値は25800ドルになると考えています。

 ランキングへの応援(バナーをクリック)
宜しくお願い致します。

にほんブログ村 株ブログ 専業投資家へ  
皆さまからのクリック数で、ランキングの順位が決まります。クリックするとランキングサイトへ進みますが、必要なければそのまま閉じて下さい。

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

10時頃からの大口売りが大きく影響した印象
情報誌に掲載されました。
詳しい内容は、HP「素人投資家の挑戦」上段をご覧下さいませ。
---------------------------------------------------------------------------
 ランキングへの応援(バナーをクリック)
宜しくお願い致します。

にほんブログ村 株ブログ 専業投資家へ  
皆さまからのクリック数で、ランキングの順位が決まります。クリックするとランキングサイトへ進みますが、必要なければそのまま閉じて下さい。
---------------------------------------------------------------------------
niko.gif twitter
@mm333m 
niko.gif メール
---------------------------------------------------------------------------
「米国株について」を朝の8時頃、「日本株について」を夕方に更新しております。

11月9日 金曜日

「 日本株について 」
本日の日経平均株価は、前日比236円安の22250円になりました。
米国株の上昇一服を受けて日本株も小安いところで揉み合いますが、10時頃から大口売りが連発すると下げ幅を拡大。後場寄りでは安値となる260円安まで売られるところがありました。その後は少し持ち直すも上値は重く、安値圏で揉み合いながら236円安で取引終了。

日経平均 日中足チャート
181109j.png

日経平均 日足チャート
181109j2.png

〇東証1部の売買代金と騰落状況
売買代金は2兆5967億円、売買高は14億4729万株。
値上がり銘柄数は1047、値下がり銘柄数は971、変わらずは94銘柄でした。

〇東証1部の業種別ランキング
14業種が上昇、9業種が下落
上昇率の高い順
繊維、空運、陸運、水産・農林、ゴム

下落率の高い順
石油石炭、鉱業、非鉄金属、機械、情報・通信

〇日経平均採用銘柄の騰落率
値上がり銘柄数は100、値下がり銘柄数は118、変わらずは7銘柄でした。
上昇率の高い順
太平洋セメント 7.38%高、丸井グループ 7.06%高、東洋紡績 6.69%高、ジーエス・ユアサ 6.14%高、東レ 4.39%高

下落率の高い順
千代田化工建設 15.24%安、ニコン 9.44%安、三井造船 8.96%安、住友金属鉱山 5.94%安、昭和シェル石油 5.85%安

〇円安は焼け石に水
ドル円相場は1ドル114円台に。その後、株価の下落と連動して114円を割り込みますが、113円後半を維持したのは株買い材料。
しかし、日経平均は大きく売られた後に戻すことなく安値圏での揉み合いに。業種別では、円安で恩恵を受ける電気機器が33業種中25位。輸送用機器は13位でプラス圏となりましたが、あまり下支え要因になっていない感じ。

〇利益確定と戻り売り
前日にも書いていましたが、上値の壁(売買が増えているところ)が影響したと考えています。
その水準まで上昇してくると、含み損に耐えていた投資家による戻り売り(やれやれの売り)と、上値の重さを先読みした利益確定売りも出てきます。

但し、本日に限れば10時頃からの大口売りが大きく影響した印象。
それを除けば50円ほどの値幅しかありません。
181109j3.png

このようなことから、本日の下落は大勢が売り出したのではなく一部の投資家(又はAI)による影響が大きかったと考えています。
過ぎたことなので仮の話をしても仕方ありませんが、10時頃からの大口売りが無ければそれほど下げなかったかもしれません。

前日に「勉強できる私の買い付け」を更新しています。

タイトルは・・・私の損切りルールを別角度でご説明

「勉強できる私の買い付け」とは
私の取引から勉強していただけると判断したものを、1ヶ月数銘柄(1週間に1銘柄程度)限定で紹介しているブログです。
「私の取引について」のご説明はhand02[1]こちら

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

上昇一服
情報誌に掲載されました。
詳しい内容は、HP「素人投資家の挑戦」上段をご覧下さいませ。
---------------------------------------------------------------------------
niko.gif twitter
@mm333m 
niko.gifメール
---------------------------------------------------------------------------
「米国株について」を朝の8時頃、「日本株について」を夕方に更新しております。

11月9日 金曜日
米国株について
米国株は10ドル高の26191ドル。
午前中は前日値付近で揉み合った後に上放れ。お昼過ぎには100ドル近く上昇しますが、そこから右肩下がりになってしまい、安値では100ドル近く売られるところがありました。最後は大きく戻して10ドル高で取引終了。

米国株 日中足チャート
181109d.png

米国株 日足チャート
181109d2.png

〇主要3指数の動向
ダウ平均は0.04%高、ナスダックは0.53%安、S&P500指数は0.25%安。

〇S&P500指数業種別
上昇率の高い順
金融、不動産、一般消費財

下落率の高い順
エネルギー、通信、素材

〇ダウ構成銘柄の動向
20銘柄が上昇、 10銘柄が下落しました。
上昇率の高い順
スリーエム 1.38%高、ウォルグリーン 1.19%高、シスコシステムズ 1.13%高、アメリカン・エキスプレス 1.11%高、ベライゾン 1.08%高

下落率の高い順
キャタピラー 2.75%安、エクソンモービル 1.59%安、シェブロン 1.25%安、ウォルト・ディズニー 0.90%安、ダウ・デュポン 0.65%安

〇利益確定と戻り売り
短期暴騰による利益確定と戻り売りが出ました。高値では100ドル近く上昇しますが、午後は100ドル近く売られる展開に。

〇FOMCによる影響は限定的
政策金利は据え置き。声明文にも材料は無し。
発表直後に50ドルほど上下しますが、影響は限定的。多くのAI も売買の基準に満たなかったようで、仮にAI が大きく反応していれば50ドルの値幅では済まなかったと思います。

〇強気に傾く
中間選挙は無事通過、直近の大きな戻し、需給面の改善など投資家(AI 含む)を強気に傾ける環境にあり、利益確定と戻り売りを後半に取り返す強い1日になりました。

〇上昇一服
短期暴騰、そして前日は545ドル高。これだけの上昇になっていれば、当然の一服だと考えています。

〇目先の上値抵抗と下値抵抗
上値は26350ドルで、下値は26000ドルになると考えています。

 ランキングへの応援(バナーをクリック)
宜しくお願い致します。

にほんブログ村 株ブログ 専業投資家へ  
皆さまからのクリック数で、ランキングの順位が決まります。クリックするとランキングサイトへ進みますが、必要なければそのまま閉じて下さい。

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

米国株の暴騰を受けて日本株も暴騰
情報誌に掲載されました。
詳しい内容は、HP「素人投資家の挑戦」上段をご覧下さいませ。
---------------------------------------------------------------------------
 ランキングへの応援(バナーをクリック)
宜しくお願い致します。

にほんブログ村 株ブログ 専業投資家へ  
皆さまからのクリック数で、ランキングの順位が決まります。クリックするとランキングサイトへ進みますが、必要なければそのまま閉じて下さい。
---------------------------------------------------------------------------
niko.gif twitter
@mm333m 
niko.gif メール
---------------------------------------------------------------------------
「米国株について」を朝の8時頃、「日本株について」を夕方に更新しております。

11月8日 木曜日

「 日本株について 」
本日の日経平均株価は401円高の22486円になりました。
米国株の暴騰を受けて買い先行。10時30分頃には高値となる498円高の22583円まで買われるところがありました。その後は売りに押されて上げ幅縮小。後場は22500円付近で揉み合いながら401円高で取引終了。

日経平均 日中足チャート
181108j.png

日経平均 日足チャート
181108j2.png

〇東証1部の売買代金と騰落状況
売買代金は2兆7261億円、売買高は15億3779万株。
値上がり銘柄数は1733、値下がり銘柄数は324、変わらずは54銘柄でした。

〇東証1部の業種別ランキング
32業種が上昇、1業種が下落
上昇率の高い順
石油石炭、鉱業、その他製品、電気・ガス、水産・農林、医薬品
ゴム製品のみ下落

〇日経平均採用銘柄の騰落率
値上がり銘柄数は189、値下がり銘柄数は34、変わらずは2銘柄でした。
上昇率の高い順
明治HD 8.43%高、ニチレイ 7.59%高、昭和シェル石油 7.58%高、ダイキン工業 6.82%高、デンカ 6.47%高

下落率の高い順
パイオニア 4.12%安、オークマ 2.37%安、ユニチカ 2.24%安、ブリヂストン 2.15%安、東洋紡績 2.00%安

〇米国株の暴騰が大きな買い材料
ダウ平均は2.13%高(545ドル高)、ナスダックは2.64%高、S&P500指数は2.12%高。
中間選挙後の米国株主要3指数が揃って暴騰。これが大きな上昇要因になりました。

〇内需が強かった
400円も暴騰しているので32業種上昇していますが(ゴム製品のみ下落)、その中でも内需関連が大きく上昇しています。逆に、輸送用機器は33業種中32位、電気機器は30位となり外需関連株が控えめでした。

〇2本線の間で推移
75日線と100日線の間で推移しています。
181108j3.png
181108j4.png

米国株は3本の線を大きく上抜けましたが、日本株は75日線だけクリア。
直近安値から1500円も短期暴騰しているうえ、本日高値で500円も上昇すれば上値も重くなります。とりあえず1本線クリアで上出来。

〇上値の壁
22500円から23000円の間が上値の壁。
ここまで上昇すると、利益確定と戻り売りも出てきます。

〇選挙も終わってみれば買い材料
米国における中間選挙の結果、上院が与党・共和党で下院が民主党の「ねじれ議会」に。
前日の日本株は、取引時間中に「ねじれ」が分かり後場下落。

しかし、米国株は545ドルも暴騰。
議会が一つになろうとねじれようと、上院が与党なら買いという判断に。通常「ねじれ」は対立なので嫌気されるものですが、政策にも大きな影響は無く、これまで通りという見方。選挙も終わってみれば買い材料という感じ。

今回の選挙と株価動向は分かり難いものでした。
前日の後場下落が示すように「ねじれ」を警戒して売り出していたら・・・米国株の暴騰でビックリすることになります。そして日本株も暴騰で2度ビックリ。私は予想していないのでビックリしていませんが。今回の投資法は「先読みせず、なるようになる」でした。

本日は「勉強できる私の買い付け」を更新しています。

タイトルは・・・私の損切りルールを別角度でご説明

「勉強できる私の買い付け」とは
私の取引から勉強していただけると判断したものを、1ヶ月数銘柄(1週間に1銘柄程度)限定で紹介しているブログです。
「私の取引について」のご説明はhand02[1]こちら

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

「ねじれ議会」でも暴騰
情報誌に掲載されました。
詳しい内容は、HP「素人投資家の挑戦」上段をご覧下さいませ。
---------------------------------------------------------------------------
niko.gif twitter
@mm333m 
niko.gifメール
---------------------------------------------------------------------------
「米国株について」を朝の8時頃、「日本株について」を夕方に更新しております。

11月8日 木曜日

米国株について
米国株は545ドル高の26180ドル。

中間選挙は波乱無く終了。ビッグイベントが無事に通過したことで取引開始直後から急騰。その後も勢いは止まらず、右肩上がりになりました。

米国株 日中足チャート
181108d.png

米国株 日足チャート
181108d2.png

〇主要3指数の動向
ダウ平均は2.13%高、ナスダックは2.64%高、S&P500指数は2.12%高。
主要3指数が揃って暴騰。

〇S&P500指数業種別
11業種全てが上昇しました。
上昇率の高い順
素材、資本財、公益、情報技術、通信、生活必需品

〇ダウ構成銘柄の動向
29銘柄が上昇、 P&G のみ下落 0.24%安
上昇率の高い順
キャタピラー 4.46%高、ユナイテッドヘルス 4.21%高、マイクロソフト 3.94%高、ファイザー 3.23%高、ダウ・デュポン 3.12%高

〇中間選挙の結果を受けて暴騰
選挙の結果、上院が与党・共和党で下院が民主党の「ねじれ議会」に。
議会が一つになろうとねじれようと、上院が与党なら買いという判断に。通常「ねじれ」は対立なので嫌気されるものですが、政策にも大きな影響は無く、これまで通りという見方。

大統領選と似ている
大統領選でヒラリー・クリントン氏が負けてトランプ政権誕生の時もそうでした。多くの市場関係者は株価暴落を予想しましたが、真逆で暴騰したのです。これが選挙と株式相場。あと、トランプ氏は「持っている人」なので。

〇下値不安が一気に後退
直近安値から1700ドルほど暴騰しているのでいつ下落(調整)してもおかしくありませんが、本日の暴騰で下値不安が一気に後退したと考えています。株価でみると25000ドルから25500ドルの間が厚い下値の壁に。

〇3本の移動平均線を上回る
75日線、100日線、200日線、3本の移動平均線を上回っています。
181108d3.png

これらの線も下値抵抗になります。

〇目先の上値抵抗と下値抵抗
上値は26450ドルで、下値は25950ドルになると考えています。

 ランキングへの応援(バナーをクリック)
宜しくお願い致します。

にほんブログ村 株ブログ 専業投資家へ  
皆さまからのクリック数で、ランキングの順位が決まります。クリックするとランキングサイトへ進みますが、必要なければそのまま閉じて下さい。

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

米国における中間選挙 上院は与党・共和党、下院は民主党 「ねじれ議会」になる見通し
情報誌に掲載されました。
詳しい内容は、HP「素人投資家の挑戦」上段をご覧下さいませ。
---------------------------------------------------------------------------
 ランキングへの応援(バナーをクリック)
宜しくお願い致します。

にほんブログ村 株ブログ 専業投資家へ  
皆さまからのクリック数で、ランキングの順位が決まります。クリックするとランキングサイトへ進みますが、必要なければそのまま閉じて下さい。
---------------------------------------------------------------------------
niko.gif twitter
@mm333m 
niko.gif メール
---------------------------------------------------------------------------
「米国株について」を朝の8時頃、「日本株について」を夕方に更新しております。

11月7日 水曜日

「 日本株について 」
本日の日経平均株価は、前日比61円安の22085円になりました。
米国株高を好感する買いが先行するも、米国における中間選挙の開票状況で乱高下。後場は上げ幅を縮小させると、最後の15分で大きく売り込まれてしまい61円安で取引終了。

日経平均 日中足チャート
181107j.png

日経平均 日足チャート
181107j2.png

〇東証1部の売買代金と騰落状況
売買代金は3兆1154億円、売買高は16億8324万株。
値上がり銘柄数は1095、値下がり銘柄数は939、変わらずは77銘柄でした。

〇東証1部の業種別ランキング
8業種が上昇、25業種が下落
上昇率の高い順
情報・通信、不動産、その他製品、パルプ・紙、空運

下落率の高い順
石油石炭、鉱業、保険、卸売、非鉄金属

〇日経平均採用銘柄の騰落率
値上がり銘柄数は71、値下がり銘柄数は154
上昇率の高い順
横河電機 7.55%高、ニチレイ 6.26%高、ディー・エヌ・エー 5.69%高、日本電信電話 4.85%高、東海カーボン 3.52%高

下落率の高い順
宝HD 13.40%安、三菱マテリアル 8.33%安、昭和シェル石油 6.01%安、ダイキン工業 5.68%安、デンカ 5.56%安

〇開票の結果で乱高下
181107j3.png

下院で共和党が優勢になると株価は上昇、民主党が優勢になると株価は下落。
AI およびプログラムによる売買も加わり、激しい乱高下になりました。

〇結果は
上院は与党・共和党、下院は民主党
「ねじれ議会」になる見通しで、後場はこれを嫌気した売りが出ました。

〇先読みせず
「選挙は終わってみるまで分からない」よく言われる言葉ですが、その通りです。大統領選でヒラリー・クリントン氏が負けてトランプ政権誕生の時もそうでした。調査は出所どころによって違うこともありますし、事前予想にも過信は禁物だと思っています。

このようなことから、本日の相場は先読みせず「なるようになる」で良いと思っていました。
私の投資法でも、選挙結果と株価動向を予測した決め打ちはせず。

勉強できる私の買い付け」を更新しています。

タイトルは・・・暴落狙い 第2弾

「勉強できる私の買い付け」とは
私の取引から勉強していただけると判断したものを、1ヶ月数銘柄(1週間に1銘柄程度)限定で紹介しているブログです。
「私の取引について」のご説明はhand02[1]こちら

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

中間選挙を前にしても173ドル高と大幅続伸
情報誌に掲載されました。
詳しい内容は、HP「素人投資家の挑戦」上段をご覧下さいませ。
---------------------------------------------------------------------------
niko.gif twitter
@mm333m 
niko.gifメール
---------------------------------------------------------------------------
「米国株について」を朝の8時頃、「日本株について」を夕方に更新しております。

11月7日 水曜日

米国株について
米国株は173ドル高の25635ドル。
中間選挙を前にしても午前中は上げ幅を拡大。午後は25600ドルを超えたところから25500ドルまで100ドル売られますが、その後は再び買い優勢に。最後の15分で100ドル急騰して173ドル高で取引終了。

米国株 日中足チャート
181107d.png

米国株 日足チャート
181107d2.png

〇主要3指数の動向
ダウ平均は0.68%高、ナスダックは0.64%高、S&P500指数は0.63%高。
主要3指数が揃って上昇。

〇S&P500指数業種別
8業種が上昇、3業種が下落しました。
上昇率の高い順
不動産、エネルギー、金融

下落率の高い順
通信、一般消費財、情報技術

〇ダウ構成銘柄の動向
22銘柄が上昇、 8銘柄が下落しました。
上昇率の高い順
IBM 2.55%高、キャタピラー 2.31%高、トラベラーズ 1.68%高、ボーイング 1.33%高、マクドナルド 1.30%高

下落率の高い順
ナイキ 1.24%安、ファイザー 1.22%安、インテル 0.88%安、ゴールドマン・サックス 0.24%安、アメリカン・エキスプレス 0.22%安

〇中間選挙を横目で見ながら堅調に推移
午後に100ドル上げ幅を縮小させるも、プラス圏は維持。結果はほぼ高値引けで、相場展開を見る限り中間選挙で波乱無し。但し、選挙は終わってみるまで分かりません。

〇選挙は終わってみるまで分からない
この為、本日の相場を深く検証する必要は無いと思っています。

〇目先の上値抵抗と下値抵抗
明日は選挙結果を受けて大きく上下する可能性がある為、上値と下値は予想せず。

 ランキングへの応援(バナーをクリック)
宜しくお願い致します。

にほんブログ村 株ブログ 専業投資家へ  
皆さまからのクリック数で、ランキングの順位が決まります。クリックするとランキングサイトへ進みますが、必要なければそのまま閉じて下さい。

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

10月下旬の底打ちから上昇トレンドが続いています
情報誌に掲載されました。
詳しい内容は、HP「素人投資家の挑戦」上段をご覧下さいませ。
---------------------------------------------------------------------------
 ランキングへの応援(バナーをクリック)
宜しくお願い致します。

にほんブログ村 株ブログ 専業投資家へ  
皆さまからのクリック数で、ランキングの順位が決まります。クリックするとランキングサイトへ進みますが、必要なければそのまま閉じて下さい。
---------------------------------------------------------------------------
niko.gif twitter
@mm333m 
niko.gif メール
---------------------------------------------------------------------------
「米国株について」を朝の8時頃、「日本株について」を夕方に更新しております。

11月6日 火曜日

「 日本株について 」
本日の日経平均株価は、248円高の22147円になりました。
米国株の大幅反発を受けて買い先行。22100円を超えると上値重くなりますが、最後まで売り込まれることなく高値揉み合いのまま取引終了。

日経平均 日中足チャート
181106j.png

日経平均 日足チャート
181106j2.png

〇東証1部の売買代金と騰落状況
売買代金は2兆3815億円、売買高は13億4259万株。
値上がり銘柄数は1362、値下がり銘柄数は674、変わらずは75銘柄でした。

〇東証1部の業種別ランキング
31業種が上昇、2業種が下落
上昇率の高い順
医薬品、保険、卸売、鉄鋼、石油石炭

下落率の高い順
空運、情報・通信

〇日経平均採用銘柄の騰落率
値上がり銘柄数は184、値下がり銘柄数は38、変わらずは3銘柄でした。
上昇率の高い順
千代田化工建設 7.46%高、大日本住友製薬 7.02%高、第一三共 4.89%高、豊田通商 4.35%高、丸紅 4.11%高

下落率の高い順
パイオニア 4.95%安、SCREENホールディングス 4.41%安、清水建設 4.24%安、ミネベアミツミ 2.95%安、横河電機 2.51%安

〇米国株の大幅反発が買い材料
ダウ平均は0.76%高(190ドル高)、ナスダックは0.38%安、S&P500指数は0.56%高。ナスダックは下落していますが、ダウ平均は前日の下げ幅を取り返す強い動きになり、これを好感する買いが入ったと考えています。

〇米国での中間選挙を控えて上値追えず
前日に344円も下げているので押し目買いする投資家は多かったと思いますが、米国での中間選挙を控えて上値追えず。

〇急いで売り出す必要もなく
22100円まで急上昇すると上値追いの動きは減少しますが、売り出す投資家も限られ高値を維持。

〇閑散相場
米国株の強い動きを見る限り暴落するような選挙結果にはならないと考えますが、用心する機関投資家も多かったようで閑散相場になりました。東証1部の売買代金は2兆3815億円まで減少しています。

〇「陰のはらみ線」はダマシに
181106j3.png

前週金曜日が大陽線、月曜日はその間にすっぽり収まる陰線となり「陰のはらみ線」が出現。
経験則では弱含み。でも、結果は248円高と大幅反発。

〇良い流れ
前日は短期暴騰に伴う適度な調整(売りを吸収する下落)で、本日は大幅反発。
10月下旬の底打ちから上昇トレンドが続いており、良い流れだと思っています。

勉強できる私の買い付け」を更新しています。

タイトルは・・・暴落狙い 第2弾

「勉強できる私の買い付け」とは
私の取引から勉強していただけると判断したものを、1ヶ月数銘柄(1週間に1銘柄程度)限定で紹介しているブログです。
「私の取引について」のご説明はhand02[1]こちら

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

米国株は前日の下げ幅を取り返す強い動き
情報誌に掲載されました。
詳しい内容は、HP「素人投資家の挑戦」上段をご覧下さいませ。
---------------------------------------------------------------------------
niko.gif twitter
@mm333m 
niko.gifメール
---------------------------------------------------------------------------
「米国株について」を朝の8時頃、「日本株について」を夕方に更新しております。

11月6日 火曜日
米国株について
米国株は190ドル高の25461ドルになりました。
買戻しが先行し、午前中は25400ドルまで上昇。午後は一段高となり、高値では25507ドルまで上げ幅を拡大するところがありました。引けにかけて少し売られますが、190ドル高と高値圏を維持。

米国株 日中足チャート
181106d.png

米国株 日足チャート
181106d2.png

〇主要3指数の動向
ダウ平均は0.76%高、ナスダックは0.38%安、S&P500指数は0.56%高。
ナスダックのみ下落しています。

〇S&P500指数業種別
8業種が上昇、3業種が下落しました。
上昇率の高い順
不動産、エネルギー、金融

下落率の高い順
通信、一般消費財、情報技術

〇ダウ構成銘柄の動向
24銘柄が上昇、 5銘柄が下落、1銘柄が変わらず。
上昇率の高い順
IBM 3.80%高、シェブロン 3.67%高、マクドナルド 2.06%高、インテル 1.83%高、P&G 1.55%高

下落率の高い順
アップル 2.84%安、ゴールドマン・サックス 0.42%安、エクソンモービル 0.38%安、ダウ・デュポン 0.17%安、ユナイテッド・テクノロジーズ 0.14%安

〇経済指標
10月のISM非製造業景気指数は60.3になりました。
前月の61.6から低下するも市場予想は上回っています。

〇買戻し
前日に書いていました「当然の調整」からの買戻し。
下げると悪材料もいろいろ指摘されますが、「当然の調整」で済む時もあると思っています。

〇強い流れ
前日の下げ幅(106ドル安)を取り返す190ドル高。
強い流れだと思いました。

〇目先の上値抵抗と下値抵抗
上値は25700ドルで、下値は25300ドルになると考えています。

 ランキングへの応援(バナーをクリック)
宜しくお願い致します。

にほんブログ村 株ブログ 専業投資家へ  
皆さまからのクリック数で、ランキングの順位が決まります。クリックするとランキングサイトへ進みますが、必要なければそのまま閉じて下さい。

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

日米共に値幅調整 ~ 短期暴騰局面ではよくあるパターン
情報誌に掲載されました。
詳しい内容は、HP「素人投資家の挑戦」上段をご覧下さいませ。
---------------------------------------------------------------------------
 ランキングへの応援(バナーをクリック)
宜しくお願い致します。

にほんブログ村 株ブログ 専業投資家へ  
皆さまからのクリック数で、ランキングの順位が決まります。クリックするとランキングサイトへ進みますが、必要なければそのまま閉じて下さい。
---------------------------------------------------------------------------
niko.gif twitter
@mm333m 
niko.gif メール
---------------------------------------------------------------------------
「米国株について」を朝の8時頃、「日本株について」を夕方に更新しております。

11月5日 月曜日

「 日本株について 」
本日の日経平均は、344円安の21898円になりました。
米国株の下落を受けて売り先行。前場で22000円を回復しますが、後場寄りには往って来い。再び安値圏で揉み合いますが、最後は下放れて344円安で取引終了。

日経平均 日中足チャート
181105d_201811051547571c4.png

日経平均 日足チャート
181105d2_20181105154758e29.png

〇東証1部の売買代金と騰落状況
売買代金は2兆6280億円、売買高は14億8991万株。
値上がり銘柄数は656、値下がり銘柄数は1372、変わらずは83銘柄でした。

〇東証1部の業種別ランキング
2業種が上昇、31業種が下落
上昇率の高い順
空運、建設

下落率の高い順
石油石炭、その他製品、卸売、化学、その他金融

〇日経平均採用銘柄の騰落率
値上がり銘柄数は55、値下がり銘柄数は167、変わらずは3銘柄でした。
上昇率の高い順
サッポロHD 7.51%高、楽天 5.39%高、大日本住友製薬 5.07%高、清水建設 4.98%高、日東電工 3.60%高

下落率の高い順
NTTデータ 8.32%安、丸紅 6.46%安、京王電鉄 5.69%安、日本板硝子 5.51%安、SUBARU 5.00%安

ファーストリテイリングが4.76%安となり、1銘柄で日経平均を107円押し下げました。
これを差し引けば、本日の日経平均は237円安。

〇取引前の予想
米国株の下落が売り材料。日本株も4営業日で1100円ほど暴騰していますから、利益確定と戻り売りが出てくると予想。反落する可能性が高いと考えていました。

〇米国株の下落が売り材料
ダウ平均は0.43%安(106ドル安)、ナスダックは1.04%安、S&P500指数は0.63%安。主要3指数が揃って反落。アップルの影響を除けば前日比変わらずですが、全体的に下げる銘柄が多く業種別でも2業種しか上昇していません。この状況を踏まえると売り材料になると考えていました。

〇利益確定と戻り売り
短期暴騰で5日移動平均線からの乖離も高くなっている為、利益確定と戻り売りが出やすいと考えていました。「当然の調整(下落)」といったところでしょうか。

勉強できる私の買い付け」を更新しています。

タイトルは・・・暴落狙い 第2弾

「勉強できる私の買い付け」とは
私の取引から勉強していただけると判断したものを、1ヶ月数銘柄(1週間に1銘柄程度)限定で紹介しているブログです。
「私の取引について」のご説明はhand02[1]こちら

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

逆三尊型(ヘッドアンドショルダーズボトム)の可能性
こちらを携帯でご覧になる場合、PCサイトで表示させると(PCサイトを表示する設定)、ブログの右側が表示され画面下部の広告は表示されなくなります。
---------------------------------------------------------------------------
情報誌に掲載されました。
詳しい内容は、HP「素人投資家の挑戦」上段をご覧下さいませ。
---------------------------------------------------------------------------
niko.gif twitter
@mm333m 
niko.gif メール
---------------------------------------------------------------------------
「米国株について」を朝の8時頃、「日本株について」を夕方に更新しております。

11月5日 月曜日
米国株は106ドル安の25270ドル。
良好な雇用統計と前日までの強い流れを受けて200ドル近く上昇しますが、その後は右肩下がり。午後は25100ドルでダブルボトムを形成すると下げ幅縮小。

米国株 日中足チャート
181105d.png

米国株 日足チャート
181105d2.png

〇主要3指数の動向
ダウ平均は0.43%安、ナスダックは1.04%安、S&P500指数は0.63%安。
主要3指数が揃って反落。

〇S&P500指数業種別
2業種が上昇、9業種が下落しました。
上昇率の高い順
一般消費財、金融

下落率の高い順
情報通信、不動産、通信

〇ダウ構成銘柄の動向
12銘柄が上昇、 18銘柄が下落しました。
上昇率の高い順
シェブロン 3.20%高、エクソンモービル 1.59%高、ゴールドマン・サックス 1.20%高、マクドナルド 1.07%高、ベライゾン 1.03%高

下落率の高い順
アップル6.63%安、インテル 2.30%安、ファイザー 1.69%安、ボーイング 1.47%安、メルク 1.16%安

〇アップルが急落
アップルが6.63%安となり、1銘柄でダウ平均を100ドル押し下げました。他、ボーイングが36ドル押し下げており、これを差し引くとダウ平均はプラスです。

〇経済指標
10月の雇用統計は、非農業部門雇用者数が25万人増になりました。
市場予想を大幅に上回っています。
失業率は49年ぶりの低水準となる3.7%で、賃金の伸びは9年半ぶりの高水準。雇用が増えて失業率が低下、そして賃金が上昇するという3拍子揃った良い結果。これを受けて、トランプ大統領は「信じられない数字だ」とツイッタ―に書き込んでいます。

大きく上昇した後は大きく売り込まれていますが、良好な雇用統計は長い買い材料になるはず。

〇利益確定と戻り売り
高値では、僅か4営業日で1000ドルを超える上げ幅になったこともあり、利益確定と戻り売りが出たと考えています。当然の調整(下落)です。

〇逆三尊型(ヘッドアンドショルダーズボトム)の可能性
引き続き同じ見方をしています。
----- 前週末に書いていた内容 -----
短期暴騰で一旦調整するとして、ここから下落もしくは25500ドル突破後に下落。25000ドル付近まで下げたところで押し目買いが入り再び25500ドルを目指す動きになれば、逆三尊型を形成。これは底入れのサインとされ、経験則では強含み。
----- ここまで -----

〇目先の上値抵抗と下値抵抗
上値は25500ドルで、下値は25000ドルになると考えています。

 ランキングへの応援(バナーをクリック)
宜しくお願い致します。

にほんブログ村 株ブログ 専業投資家へ  

皆さまからのクリック数で、ランキングの順位が決まります。クリックするとランキングサイトへ進みますが、必要なければそのまま閉じて下さい。 

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

日本株暴騰!621円高あっての556円高。22000円の大台を大きく突破!
こちらを携帯でご覧になる場合、PCサイトで表示させると(PCサイトを表示する設定)、ブログの右側が表示され画面下部の広告は表示されなくなります。
---------------------------------------------------------------------------
 ランキングへの応援(バナーをクリック)
宜しくお願い致します。

にほんブログ村 株ブログ 専業投資家へ  

皆さまからのクリック数で、ランキングの順位が決まります。クリックするとランキングサイトへ進みますが、必要なければそのまま閉じて下さい。
---------------------------------------------------------------------------
niko.gif twitter
@mm333m 
niko.gif メール
---------------------------------------------------------------------------
今まで「米国株と日本株について」を夕方に更新してきましたが、「米国株について」を朝の8時頃、「日本株について」を夕方の更新に変更させていただきます。

11月2日 金曜日

「 日本株について 」
米国株高を受けて買い先行。22000円まで上昇すると緩やかな右肩下がりになりますが、13時45分頃から大口買いが連発すると14時30分には高値となる621円高の22308円まで暴騰しました。その後は引けにかけて少し売られるも、556円高の22243円で取引終了。

日経平均 日中足チャート
181102j.png

日経平均 日足チャート
181102j2.png

〇東証1部の売買代金と騰落状況
売買高は3兆5672億円、売買高は18億1812万株。
値上がり銘柄数は1495、値下がり銘柄数は561、変わらずは55銘柄でした。

連日3兆円を超える大商い。
売りをどんどん吸収しながら上昇しています。

〇東証1部の業種別ランキング
25業種が上昇、8業種が下落
上昇率の高い順
機械、海運、ガラス土石、情報・通信、鉄鋼など

下落率の高い順
パルプ・紙、電気・ガス、水産・農林、陸運、不動産など

〇日経平均採用銘柄の騰落率
値上がり銘柄数は168、値下がり銘柄数は52、変わらずは5銘柄でした。
上昇率の高い順
大日本住友製薬 14.59%高、サイバーエージェント 9.20%高、日立建機 8.47%高、SCREENホールディングス 8.09%高、アドバンテスト 8.0%高

下落率の高い順
千代田化工建設 17.32%安(ストップ安)、王子HD 5.26%安、関西電力 4.76%安、三井E&Sホールディングス 5.0%安、三井造船 4.60%安

〇米国株の大幅続伸が買い材料
ダウ平均は1.06%高(264ドル高)、ナスダックは1.75%高、S&P500指数は1.06%高。3指数揃って続伸。
これは大きな買い材料になります。
また、米国株の項で書いています通り、米中貿易摩擦の懸念が後退していることも追い風に。

〇半導体関連株が買われました。
米国株では半導体関連株が暴騰、半導体指数も4.64%高と暴騰していますから、日本の半導体関連株には大きなプラス材料となりました。個別では、SCREENホールディングス、アドバンテストが共に8%を超える大幅高。他、SUMCO 7.0%高、東京エレクトロン 6.87%高と軒並み暴騰。

〇中国関連株も買われています
米国株では中国での売上比率の高い銘柄が上昇。加えて、米中貿易摩擦懸念後退も追い風に。

〇押し目買い
日本株は前日に調整(下落)したこともあり、良好な外部環境を受けて押し目買いする投資家とAIが増えたと思いました。

〇円安を跳ね除けた
ドル円相場は1ドル112円前半まで円高進行。
少しの円高で少し売り材料になりましたが、後場の株価暴騰と連動して113円を突破。

〇アップルが時間外取引で急落
アップルが時間外取引で6%を超える急落になっていました。これを受けてアップル関連株は軟調でしたが、全体の強い流れに支えられて概ねプラス転換。

〇長期資金の流入
株価が暴落しているだけに、今後の戻りを想定するなら「長期保有目的の資金を流入させる絶好の機会」と判断する機関投資家が増えたと考えています。

〇持たざるリスク
自己責任でのんびり投資できる個人投資家とは違い、他人のお金を預かって運用している機関投資家は責任問題になりますので、のんびりしている余裕はありません。持たざるリスクを感じた機関投資家が買いを入れたと考えています。

〇嬉しい誤算
日経平均556円高は想定外でしたが、嬉しい誤算になりました。

〇節目突破で買いに弾みがついた
181102j3.png

大きな節目となる22000円を突破したことで、AIも買いを連発させたのではないかと。
いかにもAIらしい取引だと感じました。

本日は「勉強できる私の買い付け」を更新しています。

タイトルは・・・暴落狙い 第2弾

「勉強できる私の買い付け」とは
私の取引から勉強していただけると判断したものを、1ヶ月数銘柄(1週間に1銘柄程度)限定で紹介しているブログです。
「私の取引について」の詳しいご説明はhand02[1]こちら

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

本日も好調な米国株、しかしアップルが時間外取引で6%を超える急落に(更新時)
こちらを携帯でご覧になる場合、PCサイトで表示させると(PCサイトを表示する設定)、ブログの右側が表示され画面下部の広告は表示されなくなります。
---------------------------------------------------------------------------
情報誌に掲載されました。
詳しい内容は、HP「素人投資家の挑戦」上段をご覧下さいませ。
---------------------------------------------------------------------------
niko.gif twitter
@mm333m 
niko.gif メール
---------------------------------------------------------------------------

今まで「米国株と日本株について」を夕方に更新してきましたが、「米国株について」を朝の8時頃、「日本株について」を夕方の更新に変更させていただきます。

11月2日 金曜日
米国株は264ドル高の25380ドル。
買い先行の後は上昇したところで乱高下しますが、お昼頃には250ドルほどの上げ幅に。後場は高値付近でほとんど動かないまま264ドル高で取引終了。

米国株 日中足チャート
181102d.png

米国株 日足チャート
181102d2.png

〇主要3指数の動向
ダウ平均は1.06%高、ナスダックは1.75%高、S&P500指数は1.06%高。
3指数揃って続伸。

〇S&P500指数業種別
10業種が上昇、1業種が下落しました。
上昇率の高い順
素材、一般消費財、資本財

下落率の高い順
公益のみ下落

〇ダウ構成銘柄の動向
21銘柄が上昇、 9銘柄が下落しました。
上昇率の高い順
ダウ・デュポン 8.07%高、インテル 2.86%高、キャタピラー 2.79%高、ユナイテッド・テクノロジーズ 2.71%高、ホーム・デポ 2.33%高

下落率の高い順
ベライゾン 1.82%安、マクドナルド 1.14%安、マイクロソフト 0.83%安、メルク 0.67%安、シェブロン 0.43%安

〇前日に続き外需関連株の華麗なる上昇
インテル、キャタピラー、ボーイングが2%を超える上昇、他にアップル、ゴールドマンサックスなどの主力外需関連株が軒並み上昇、、前日に続き相場の力強さを感じる展開でした。
本日もディフェンシブ性の高い銘柄は見送られた印象。業種別でも公益のみ下落、他の10業種は上昇していますが、通信、金融、不動産、生活必需品が0.5%以下の上昇率と控えめです。

〇半導体関連株が暴騰
前日は、主力外需関連株が賑わう中で半導体インテルは1.74%安。他の半導体銘柄は、マイクロン・テクノロジー 4.75%高、クアルコム0.46%安、テキサス・インスツルメンツ 0.17%安、AMD 5.87%高と高安まちまちでしたが、フィラデルフィア半導体指数は1.24%と堅調に推移していました。

本日は、インテルが前日の下げ幅を取り返す2.86%高。他の半導体銘柄は、マイクロン・テクノロジー 6.36%高、クアルコム 1.30%高、テキサス・インスツルメンツ 5.14%高、AMD 11.04%高と軒並み大幅高。フィラデルフィア半導体指数も4.64%高となり、半導体関連株は暴騰という印象。

〇米中貿易摩擦懸念後退
トランプ大統領が「中国の国家主席と貿易について話し合った」とツイッタ―に投稿。これが貿易摩擦悪化懸念後退につながり、買い材料となりました。

〇米中貿易摩擦懸念後退で中国関連株が買われました
ツイッタ―への投稿をキッカケに、中国での売上比率が高いキャタピラー、ボーイングが2%を超える上げ幅になっています。共に買い先行の後に一旦前日値を割り込みますが、その後は大きく買い戻されて上げ幅を拡大。午後も高値圏を維持しました。

〇下値の壁が強くなった
前日の上昇で、24500ドルから25000ドルの間が下値の壁になっていましたが、本日の大幅高でより強い壁になったと考えています。

〇投資家心理と需給関係が改善
直近安値から3営業日で1000ドル近く上昇している為、いつ反落してもおかしくありませんが、下値不安後退で投資家心理と需給関係が改善。多くのAI も買いの判断に傾いてくるのではないかと。

逆三尊型(ヘッドアンドショルダーズボトム)の可能性
短期暴騰で一旦調整するとして、ここから下落もしくは25500ドル突破後に下落。25000ドル付近まで下げたところで押し目買いが入り再び25500ドルを目指す動きになれば、逆三尊型を形成。これは底入れのサインとされ、経験則では強含み。

ISM製造業景気指数は低下していますが、米国経済は良好。それなのにこれだけ暴落しているのです。米中貿易摩擦が大きく悪化しなければ逆三尊型から大幅高になり、年末には26000ドルから26500ドル(暴落を取り戻す)まで上昇するかもしれません。

〇経済指標
・10月のISM製造業景気指数は57.7になりました。
前月の59.8から低下、市場予想も下回っています。

〇アップルが時間外取引で急落
売上高と1株利益は市場予想を上回るも、「新型iPhone」の販売が予想より低いことが示され、嫌気した売りが出ているようです。時間外取引で6%を超える急落になっています。

このまま明日の相場で売られたら、相場全体の押し下げ要因になるかもしれません。

〇目先の上値抵抗と下値抵抗
上値は25600ドルで、下値は25100ドルになると考えています。

 ランキングへの応援(バナーをクリック)
宜しくお願い致します。

にほんブログ村 株ブログ 専業投資家へ  

皆さまからのクリック数で、ランキングの順位が決まります。クリックするとランキングサイトへ進みますが、必要なければそのまま閉じて下さい。 

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

通信株の暴落を除けば日経平均は僅かな下落、上昇一服という印象
こちらを携帯でご覧になる場合、PCサイトで表示させると(PCサイトを表示する設定)、ブログの右側が表示され画面下部の広告は表示されなくなります。

---------------------------------------------------------------------------
 ランキングへの応援(バナーをクリック)
宜しくお願い致します。

にほんブログ村 株ブログ 専業投資家へ  

皆さまからのクリック数で、ランキングの順位が決まります。クリックするとランキングサイトへ進みますが、必要なければそのまま閉じて下さい。
---------------------------------------------------------------------------

twitter (ツイッタ―) 
niko.gif @mm333m  niko.gif メール

---------------------------------------------------------------------------

今まで「米国株と日本株について」を夕方に更新してきましたが、「米国株について」を朝の8時頃、「日本株について」を夕方の更新に変更させていただきます。

11月1日 木曜日

「 日本株について 」
前日までの暴騰に伴う利益確定売りと戻り売りが先行。21900円で寄り付くと30分後には21700円まで下げ幅拡大。その後は21850円まで戻して21750円まで売られる乱高下。後場は右肩下がりになって、232円安の21687円で取引終了。1日を通して、通信株の暴落が大きく影響しました。

日経平均 日中足チャート
181101j.png

日経平均 日足チャート
181101j2.png

〇東証1部の売買代金と騰落状況
売買代金は3兆2704億円、売買高は17億8249万株。
値上がり銘柄数は937、値下がり銘柄数は1108、変わらずは66銘柄でした。

〇東証1部の業種別ランキング
13業種が上昇、20業種が下落
上昇率の高い順
保険、不動産、倉庫運輸、精密機器、建設

下落率の高い順
情報・通信、金属、石油石炭、医薬品、パルプ・紙

〇日経平均採用銘柄の騰落率
値上がり銘柄数は111、値下がり銘柄数は109、変わらずは5銘柄でした。
上昇率の高い順
太陽誘電 12.07%高、コナミ 8.47%高、TDK 7.28%高、アドバンテスト 6.92%高、東ソー 5.76%高

下落率の高い順
三井E&Sホールディングス 21.05%安、千代田化工建設 17.79%安、日清紡HD 16.44%安、KDDI 16.15%安、日本電信電話 14.74%安、NTTドコモ 14.71%安、ヤマハ発動機 14.58%安、日東電工 14.38%安。そのうち、ストップ安が3銘柄ありました。失望決算で千代田化工建設が2日連続ストップ安。他、日本電信電話と三井E&Sホールディングス。

2ケタの下落が8銘柄もありました。大暴落でもない限り、このようなことは滅多にありません。

〇通信株が暴落
携帯電話最大手のNTTドコモが、2019年4月以降に(利用状況により、一人当たり)通信費を2割から4割下げると発表。各社に値下げの動きが広がる(業績悪化)懸念から通信株が暴落しました。

KDDI 16.15%安、日本電信電話 14.74%安(ストップ安)、NTTドコモ 14.71%安、ソフトバンク 8.16%安。
2銘柄で日経平均を183円も押し下げています。KDDIが101円、ソフトバンクが82円押し下げました。

8月23日に菅義偉官房長官が、携帯料金は今より4割程度下げる余地があると発言されていました。公共の電波を使って巨額の利益を得ている状況を批判。

「国の方針には逆らうな、国の方針には積極的に従え、お上の発言には忖度せよ」
少し乱暴な表現ですが、私が勝手に書いている株日記なのでお許しを。国を代表するような大企業は国に助けてもらうことが多々ありますので、必ずと言ってよいほど前向きな姿勢になるものです。会見では、官房長官の発言には影響されていないようなお話でしたが、間違いなく影響したでしょう。

私は、このような発言をとても重要視しています。
ほぼ間違いなく「どこかが大幅な値下げに踏み切り、通信株は暴落する」そんな時が来るであろうと判断、通信株は監視対象から外していました。この発言以降、狙っている銘柄に加えたことは一度もありません。

話を戻します。
通信費が2割から4割下がっても、実際のところは1割程度の減額か(推測であり、決定事項ではありません)
通信料金と端末料金を切り離して検討されているようなので、通信料金が安くなっても端末の割引額は縮小するというカラクリがあるかもしれません。

通信料金と端末料金を合わせた還元額は、最大で年間およそ4000億円になるようです。
NTTドコモの利用者数はおよそ6600万人。
通信料金と端末料金を合わせた還元額が年間4000億円なので、一人あたりの還元額は1年でおよそ6000円。これを12か月で割ると500円という小さな金額に。現在5000円前後の通信費なら、およそ1割程度の減額になります。

〇持たざるリスクで押し目買い
---- 前日に書いていた内容です -----
前日から暴落相場が反転。良好な外部環境もあって、「持たざるリスク」を感じる機関投資家が増えたかもしれません。他人のお金を預かって運用する機関投資家は、自己責任で好き勝手に売買できる個人投資家とは違いますから、騰がる株価をのんびり見ているわけにはいきません。とくに暴落相場からの反転局面では、ある程度一気に戻すことも少なくありませんから利益の取り損ねは避けたいところでしょう。
----- ここまで -----

前日までの暴騰で買いそびれていた(一部の)投資家とAIが、前場に押し目買いを入れたと考えています。株価は21700円まで売られた後に21850円まで戻すところがありました。

〇欧州3市場が揃って大幅高
ドイツ(DAX)1.42%高、フランス(CAC)2.31%高、イギリス(FTSE)1.31%高。主要3指数が揃って大幅高、これは日本株にも買い材料となります。

〇円安一服
1ドル112円後半で推移しています。前日比で少し円高になっているので、輸出関連株に対する「売りのキッカケ」になったかもしれません。電気機器、自動車は高安まちまち。

〇上昇一服
前日が463円高で前々日が307円高、2営業日で770円も上昇していますから、米国株の後半失速を受けて利益確定と戻り売りが出ました。

通信株の2銘柄で日経平均を183円も押し下げています。それを差し引くと49円安なので、全体としては僅かな調整そして上昇一服という印象。

勉強できる私の買い付け」を更新しています。

タイトルは・・・暴落狙い

「勉強できる私の買い付け」とは
私の取引から勉強していただけると判断したものを、1ヶ月数銘柄(1週間に1銘柄程度)限定で紹介しているブログです。
「私の取引について」の詳しいご説明はhand02[1]こちら

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

米国株は主力外需関連株が軒並み上昇
こちらを携帯でご覧になる場合、PCサイトで表示させると(PCサイトを表示する設定)、ブログの右側が表示され画面下部の広告は表示されなくなります。
---------------------------------------------------------------------------
情報誌に掲載されました。
詳しい内容は、HP「素人投資家の挑戦」上段をご覧下さいませ。
---------------------------------------------------------------------------
twitter (ツイッタ―) 
niko.gif @mm333m

メールはこちらからどうぞ
niko.gif メール
---------------------------------------------------------------------------

今まで「米国株と日本株について」を夕方に更新してきましたが、「米国株について」を朝の8時頃、「日本株について」を夕方の更新に変更させていただきます。

11月1日 木曜日

米国株について
米国株は241ドル高の25115ドル。
前日の大幅高を好感する買いが先行。節目となる25000ドルを簡単に上抜けて上げ幅を拡大。午前中は25200ドルを挟む揉み合いになりますが、午後の高値では462ドル高の25336ドルまで上げ幅を拡大するところがありました。しかし、最後の30分で一気に売り込まれてしまい241ドル高で取引終了。

米国株 日中足チャート
181101d.png

米国株 日足チャート
181101d2.png

〇主要3指数の動向
ダウ平均は0.97%高、ナスダックは2.01%高、S&P500指数は1.09%高。
3指数が揃って続伸。ナスダックは大幅高になっています。

〇S&P500指数業種別
8業種が上昇、3業種が下落しました。
上昇率の高い順
情報技術、通信、一般消費

下落率の高い順
不動産、公益、生活必需品

〇ダウ構成銘柄の動向
22銘柄が上昇、 8銘柄が下落しました。
上昇率の高い順
ビザ 3.83%高、キャタピラー 3.29%高、マイクロソフト 2.97%高、ゴールドマン・サックス 2.78%高、シスコシステムズ 2.62%高

下落率の高い順
ウォルマート 2.09%安、ベライゾン 1.87%安、インテル 1.84%安、マクドナルド 0.89%安、トラベラーズ 0.59%安

〇外需関連株の華麗なる上昇
キャタピラー、マイクロソフト、ゴールドマン・サックス、アップル、ボーイングなどの主力外需関連株が軒並み上昇、、相場の力強さを感じる展開でした。
一方で、ディフェンシブ性の高い銘柄は見送られた印象ですが、全体の流れとしては良好だと思っています。

〇前日の大幅高を好感する買いが先行
前日は431ドル高と大幅に反発。それまでは暴落からの下落トレンドになっていたので、「底打ちの可能性」を感じた投資家とAIが買いを入れたと思いました。

〇持たざるリスク
前日の日本株と同じ見方をしています。
前日から暴落相場が反転。良好な外部環境もあって「持たざるリスク」を感じる機関投資家が増えたかもしれません。他人のお金を預かって運用する機関投資家は、自己責任で好き勝手に売買できる個人投資家とは違いますから、騰がる株価をのんびり見ているわけにはいきません。とくに暴落相場からの反転局面では、ある程度一気に戻すことも少なくありませんから利益の取り損ねは避けたいところでしょう。

〇経済指標
・10月のADP雇用統計は、民間部門雇用者数が前月比22万7000件。
市場予想を上回り、2月以来の大幅な伸び。

・10月のシカゴ購買部協会景気指数は58.4になりました。
9月の60.4から低下、市場予想も下回っています。

良好な雇用は買い材料になったはず。
前日の大幅高を好感する買いと相まって、上げ幅を拡大させたと考えています。

〇節目突破で買いに弾みがついた
取引開始早々に大きな節目となる25000ドルを突破。節目は抵抗になりますので、下値不安後退から買いに弾みがついたと思いました。

〇最後の30分で失速
462ドル高から241ドル高まで220ドルも売られましたが、前日の上げ幅と本日の高値を合わせると893ドルも上昇していたので、一旦利益を確定する動きが広がったと考えています。

〇短期売買目的の売り
これだけ暴落してくると長期保有目的の資金流入もあるはずですが、短期売買目的の買いもありますので、最後の30分は後者の売りが出たと思いました。

〇ローソク足は「上ヒゲの長いトンカチ」
181101d3.png

経験則では弱含み。

〇チャートでは「下値に壁」
181101d4.png

24500ドルから25000ドルの間に壁ができました。
経験則では下値抵抗が強くなる。

〇目先の上値抵抗と下値抵抗
上値は25450円で、下値は24800ドルになると考えています。

 ランキングへの応援(バナーをクリック)
宜しくお願い致します。

にほんブログ村 株ブログ 専業投資家へ  

皆さまからのクリック数で、ランキングの順位が決まります。クリックするとランキングサイトへ進みますが、必要なければそのまま閉じて下さい。

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー



私が作成したホームページ

私が作成したホームページ
「素人投資家の挑戦」

私の取引

こちらは、私の取引から勉強していただけると判断したものを、1ヶ月数銘柄(1週間に1銘柄程度)限定で紹介しているブログです。
「勉強できる私の買い付け」

これまでの道

私は、株式投資に対し全くの素人でした。
そして大の勉強嫌いで、自慢出来る学歴も経歴もありません。その私が株式投資で利益を出し続けている実録です。

全くの素人から投資をスタートさせました。
50万円を元手に始めたものの、利益よりも損失が膨らむ一方で資金は激減。あまりのショックに投資を止めていた時期がありました。
順調に資金が増えた時もあったのですが、「勝ちが続くと調子に乗って大勝負」「負けると一発で取り返そうと大勝負」こんなことを何度も繰り返してしまった為、3歩進んで4歩下がるようなことが続いてしまいました。負ける度に反省するのですが、また同じことを繰り返してしまうのです。
その結果、塩漬け株ばかりとなり力尽きてしまいました。

資金が半減、激減した時・・・忘れもしません。
食欲がなくなり、食べても味がしません。仕事にも影響が出ていたうえに、毎日が損損損という気持ちばかりで楽しいことが全くありません。土日は休場なので本来はゆっくりできるはずなのに、株価が動かないことで逆にストレスが溜まってしまい・・・ 表現できないほど辛い日が続いていました。

時が流れ~
心機一転もう一度頑張ってみようと思い、塩漬け株を全て損切り。再スタートさせました。
大勝負で大失敗して資金半減や激減を数え切れないほど多く経験してきましたが、50万円 ⇒ 100万円 ⇒ 500万円 ⇒ 1000万円 ⇒ ???と、少しずつではありますが確実 に資金は増えることになりました。
投資を始めた頃は1銘柄に数万円のミニ株投資でしたが、今では1銘柄に数百万円の分散投資ができるようになったのです。

FC2

Archives

証券会社の広告

ご注意

この株日記は、私の独断と偏見によって書いているものです。当ブログの運営は購読を目的としたものであり、投資顧問業ではありません。よって、具体的な売買の指示およびご案内は致しかねます。又、内容に関して正確性および安全性を保障するものではありませんのでご理解願います。当サイトをご利用のうえ、被ったいかなる損害についても「素人投資家の挑戦」管理人masaは一切の責任を負いませんので、ご了承下さいませ。

相互リンク

検索フォーム