素人投資家の株日記
株式投資で生活できるようになりました
10 | 2018/11 | 12
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

日本株暴騰!621円高あっての556円高。22000円の大台を大きく突破!
こちらを携帯でご覧になる場合、PCサイトで表示させると(PCサイトを表示する設定)、ブログの右側が表示され画面下部の広告は表示されなくなります。
---------------------------------------------------------------------------
 ランキングへの応援(バナーをクリック)
宜しくお願い致します。

にほんブログ村 株ブログ 専業投資家へ  

皆さまからのクリック数で、ランキングの順位が決まります。クリックするとランキングサイトへ進みますが、必要なければそのまま閉じて下さい。
---------------------------------------------------------------------------
niko.gif twitter
@mm333m 
niko.gif メール
---------------------------------------------------------------------------
今まで「米国株と日本株について」を夕方に更新してきましたが、「米国株について」を朝の8時頃、「日本株について」を夕方の更新に変更させていただきます。

11月2日 金曜日

「 日本株について 」
米国株高を受けて買い先行。22000円まで上昇すると緩やかな右肩下がりになりますが、13時45分頃から大口買いが連発すると14時30分には高値となる621円高の22308円まで暴騰しました。その後は引けにかけて少し売られるも、556円高の22243円で取引終了。

日経平均 日中足チャート
181102j.png

日経平均 日足チャート
181102j2.png

〇東証1部の売買代金と騰落状況
売買高は3兆5672億円、売買高は18億1812万株。
値上がり銘柄数は1495、値下がり銘柄数は561、変わらずは55銘柄でした。

連日3兆円を超える大商い。
売りをどんどん吸収しながら上昇しています。

〇東証1部の業種別ランキング
25業種が上昇、8業種が下落
上昇率の高い順
機械、海運、ガラス土石、情報・通信、鉄鋼など

下落率の高い順
パルプ・紙、電気・ガス、水産・農林、陸運、不動産など

〇日経平均採用銘柄の騰落率
値上がり銘柄数は168、値下がり銘柄数は52、変わらずは5銘柄でした。
上昇率の高い順
大日本住友製薬 14.59%高、サイバーエージェント 9.20%高、日立建機 8.47%高、SCREENホールディングス 8.09%高、アドバンテスト 8.0%高

下落率の高い順
千代田化工建設 17.32%安(ストップ安)、王子HD 5.26%安、関西電力 4.76%安、三井E&Sホールディングス 5.0%安、三井造船 4.60%安

〇米国株の大幅続伸が買い材料
ダウ平均は1.06%高(264ドル高)、ナスダックは1.75%高、S&P500指数は1.06%高。3指数揃って続伸。
これは大きな買い材料になります。
また、米国株の項で書いています通り、米中貿易摩擦の懸念が後退していることも追い風に。

〇半導体関連株が買われました。
米国株では半導体関連株が暴騰、半導体指数も4.64%高と暴騰していますから、日本の半導体関連株には大きなプラス材料となりました。個別では、SCREENホールディングス、アドバンテストが共に8%を超える大幅高。他、SUMCO 7.0%高、東京エレクトロン 6.87%高と軒並み暴騰。

〇中国関連株も買われています
米国株では中国での売上比率の高い銘柄が上昇。加えて、米中貿易摩擦懸念後退も追い風に。

〇押し目買い
日本株は前日に調整(下落)したこともあり、良好な外部環境を受けて押し目買いする投資家とAIが増えたと思いました。

〇円安を跳ね除けた
ドル円相場は1ドル112円前半まで円高進行。
少しの円高で少し売り材料になりましたが、後場の株価暴騰と連動して113円を突破。

〇アップルが時間外取引で急落
アップルが時間外取引で6%を超える急落になっていました。これを受けてアップル関連株は軟調でしたが、全体の強い流れに支えられて概ねプラス転換。

〇長期資金の流入
株価が暴落しているだけに、今後の戻りを想定するなら「長期保有目的の資金を流入させる絶好の機会」と判断する機関投資家が増えたと考えています。

〇持たざるリスク
自己責任でのんびり投資できる個人投資家とは違い、他人のお金を預かって運用している機関投資家は責任問題になりますので、のんびりしている余裕はありません。持たざるリスクを感じた機関投資家が買いを入れたと考えています。

〇嬉しい誤算
日経平均556円高は想定外でしたが、嬉しい誤算になりました。

〇節目突破で買いに弾みがついた
181102j3.png

大きな節目となる22000円を突破したことで、AIも買いを連発させたのではないかと。
いかにもAIらしい取引だと感じました。

本日は「勉強できる私の買い付け」を更新しています。

タイトルは・・・暴落狙い 第2弾

「勉強できる私の買い付け」とは
私の取引から勉強していただけると判断したものを、1ヶ月数銘柄(1週間に1銘柄程度)限定で紹介しているブログです。
「私の取引について」の詳しいご説明はhand02[1]こちら

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

本日も好調な米国株、しかしアップルが時間外取引で6%を超える急落に(更新時)
こちらを携帯でご覧になる場合、PCサイトで表示させると(PCサイトを表示する設定)、ブログの右側が表示され画面下部の広告は表示されなくなります。
---------------------------------------------------------------------------
情報誌に掲載されました。
詳しい内容は、HP「素人投資家の挑戦」上段をご覧下さいませ。
---------------------------------------------------------------------------
niko.gif twitter
@mm333m 
niko.gif メール
---------------------------------------------------------------------------

今まで「米国株と日本株について」を夕方に更新してきましたが、「米国株について」を朝の8時頃、「日本株について」を夕方の更新に変更させていただきます。

11月2日 金曜日
米国株は264ドル高の25380ドル。
買い先行の後は上昇したところで乱高下しますが、お昼頃には250ドルほどの上げ幅に。後場は高値付近でほとんど動かないまま264ドル高で取引終了。

米国株 日中足チャート
181102d.png

米国株 日足チャート
181102d2.png

〇主要3指数の動向
ダウ平均は1.06%高、ナスダックは1.75%高、S&P500指数は1.06%高。
3指数揃って続伸。

〇S&P500指数業種別
10業種が上昇、1業種が下落しました。
上昇率の高い順
素材、一般消費財、資本財

下落率の高い順
公益のみ下落

〇ダウ構成銘柄の動向
21銘柄が上昇、 9銘柄が下落しました。
上昇率の高い順
ダウ・デュポン 8.07%高、インテル 2.86%高、キャタピラー 2.79%高、ユナイテッド・テクノロジーズ 2.71%高、ホーム・デポ 2.33%高

下落率の高い順
ベライゾン 1.82%安、マクドナルド 1.14%安、マイクロソフト 0.83%安、メルク 0.67%安、シェブロン 0.43%安

〇前日に続き外需関連株の華麗なる上昇
インテル、キャタピラー、ボーイングが2%を超える上昇、他にアップル、ゴールドマンサックスなどの主力外需関連株が軒並み上昇、、前日に続き相場の力強さを感じる展開でした。
本日もディフェンシブ性の高い銘柄は見送られた印象。業種別でも公益のみ下落、他の10業種は上昇していますが、通信、金融、不動産、生活必需品が0.5%以下の上昇率と控えめです。

〇半導体関連株が暴騰
前日は、主力外需関連株が賑わう中で半導体インテルは1.74%安。他の半導体銘柄は、マイクロン・テクノロジー 4.75%高、クアルコム0.46%安、テキサス・インスツルメンツ 0.17%安、AMD 5.87%高と高安まちまちでしたが、フィラデルフィア半導体指数は1.24%と堅調に推移していました。

本日は、インテルが前日の下げ幅を取り返す2.86%高。他の半導体銘柄は、マイクロン・テクノロジー 6.36%高、クアルコム 1.30%高、テキサス・インスツルメンツ 5.14%高、AMD 11.04%高と軒並み大幅高。フィラデルフィア半導体指数も4.64%高となり、半導体関連株は暴騰という印象。

〇米中貿易摩擦懸念後退
トランプ大統領が「中国の国家主席と貿易について話し合った」とツイッタ―に投稿。これが貿易摩擦悪化懸念後退につながり、買い材料となりました。

〇米中貿易摩擦懸念後退で中国関連株が買われました
ツイッタ―への投稿をキッカケに、中国での売上比率が高いキャタピラー、ボーイングが2%を超える上げ幅になっています。共に買い先行の後に一旦前日値を割り込みますが、その後は大きく買い戻されて上げ幅を拡大。午後も高値圏を維持しました。

〇下値の壁が強くなった
前日の上昇で、24500ドルから25000ドルの間が下値の壁になっていましたが、本日の大幅高でより強い壁になったと考えています。

〇投資家心理と需給関係が改善
直近安値から3営業日で1000ドル近く上昇している為、いつ反落してもおかしくありませんが、下値不安後退で投資家心理と需給関係が改善。多くのAI も買いの判断に傾いてくるのではないかと。

逆三尊型(ヘッドアンドショルダーズボトム)の可能性
短期暴騰で一旦調整するとして、ここから下落もしくは25500ドル突破後に下落。25000ドル付近まで下げたところで押し目買いが入り再び25500ドルを目指す動きになれば、逆三尊型を形成。これは底入れのサインとされ、経験則では強含み。

ISM製造業景気指数は低下していますが、米国経済は良好。それなのにこれだけ暴落しているのです。米中貿易摩擦が大きく悪化しなければ逆三尊型から大幅高になり、年末には26000ドルから26500ドル(暴落を取り戻す)まで上昇するかもしれません。

〇経済指標
・10月のISM製造業景気指数は57.7になりました。
前月の59.8から低下、市場予想も下回っています。

〇アップルが時間外取引で急落
売上高と1株利益は市場予想を上回るも、「新型iPhone」の販売が予想より低いことが示され、嫌気した売りが出ているようです。時間外取引で6%を超える急落になっています。

このまま明日の相場で売られたら、相場全体の押し下げ要因になるかもしれません。

〇目先の上値抵抗と下値抵抗
上値は25600ドルで、下値は25100ドルになると考えています。

 ランキングへの応援(バナーをクリック)
宜しくお願い致します。

にほんブログ村 株ブログ 専業投資家へ  

皆さまからのクリック数で、ランキングの順位が決まります。クリックするとランキングサイトへ進みますが、必要なければそのまま閉じて下さい。 

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー



私が作成したホームページ

私が作成したホームページ
「素人投資家の挑戦」

私の取引

こちらは、私の取引から勉強していただけると判断したものを、1ヶ月数銘柄(1週間に1銘柄程度)限定で紹介しているブログです。
「勉強できる私の買い付け」

プロフィール

【プロフィール】
〇名前 masa
〇年齢 40代
全くの素人から僅かな資金で株式投資を始めましたが、株式投資だけで生活できるようになりました。運用資金に対して少額分散投資と買値から1割減の損切りを徹底。「安くなれば買い、高くなれば売り、安くなるまで待つ」この単純な投資を繰り返しています。

Archives

相互リンク 五十音順

検索フォーム

ご注意

この株日記は、私の独断と偏見によって書いているものです。当ブログの運営は購読を目的としたものであり、投資顧問業ではありません。よって、具体的な売買の指示およびご案内は致しかねます。又、内容に関して正確性および安全性を保障するものではありませんのでご理解願います。当サイトをご利用のうえ、被ったいかなる損害についても「素人投資家の挑戦」管理人masaは一切の責任を負いませんので、ご了承下さいませ。