素人投資家の株日記
株式投資で生活できるようになりました
10 | 2018/11 | 12
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

閑散相場で売り圧力限定的、3日ぶりに反発。日経平均140円高
情報誌に掲載されました。
詳しい内容は、HP「素人投資家の挑戦」上段をご覧下さいませ。
---------------------------------------------------------------------------
 ランキングへの応援(バナーをクリック)
宜しくお願い致します。

にほんブログ村 株ブログ 専業投資家へ  
皆さまからのクリック数で、ランキングの順位が決まります。クリックするとランキングサイトへ進みますが、必要なければそのまま閉じて下さい。
---------------------------------------------------------------------------
niko.gif twitter
@mm333m 
niko.gif メール
---------------------------------------------------------------------------
「米国株について」を朝の8時頃、「日本株について」を夕方に更新しております。

11月19日 月曜日

お知らせメールアドレスが「hono」で始まる伊藤様
お時間のある時に一度ご連絡いただけると助かります。

「 日本株について 」
本日の日経平均株価は、140円高の21821円になりました。
米国株高を好感する買いが先行、9時30分頃には高値となる172円高の21852円まで買われますが、大口売りが連発すると上げ幅縮小。その後は少しずつ下値を切り上げ140円高で取引終了。

日経平均 日中足チャート
181119j.png

日経平均 日足チャート
181119j2.png

〇東証1部の売買代金と騰落状況
売買代金は2兆1367億円、売買高は12億8646万株。
値上がり銘柄数は1289、値下がり銘柄数は756、変わらずは67銘柄でした。

〇東証1部の業種別ランキング
20業種が上昇、13業種が下落
上昇率の高い順
鉱業、情報・通信、その他製品、精密機器、電気機器

下落率の高い順
銀行、石油石炭、パルプ・紙、鉄鋼、倉庫運輸

〇日経平均採用銘柄の騰落率
値上がり銘柄数は121、値下がり銘柄数は100、変わらずは4銘柄でした。
上昇率の高い順
昭和電工 5.89%高、東海カーボン 5.16%高、ソフトバンク 5.09%高、SCREENホールディングス 3.70%高、武田薬品工業 3.68%高

下落率の高い順
静岡銀行 6.77%安、コンコルディアFG 5.51%安、ふくおかFG 4.01%安、千葉銀行 3.96%安、T&Dホールディングス 3.47%安

〇米国株の続伸が買い材料
ダウ平均は0.49%高(123ドル高)、ナスダックは0.15%安、S&P500指数は0.22%高。ナスダックは下げていますが、全体としては戻り基調で日本株への買い材料になりました。

〇米半導体エヌビディアの暴落は織込み済み
エヌビディアが時間外取引で暴落していたことから、前週末の日本株では半導体関連株に大きな売り材料となっていました。この為、エヌビディアの暴落(終値18.76%安)は織込み済みで影響も限定的。

〇米半導体が軟調でも、日本の半導体関連株には買戻し
米国株では半導体大手インテル 1.50%高、マイクロン・テクノロジー 1.18%安、クアルコム 0.88%高、テキサス・インスツルメンツ 0.11%安、AMD 3.86%安。前週末の時間外取引でエヌビディアと同じく大きく下げていたアプライドマテリアルズは1.09%高。高安まちまちで強いわけではありません。また、総合指数となるフィラデルフィア半導体指数は1.17%安。

これを受けて、半導体への先行き不透明感から手控える投資家は多いかも・・・と思っていましたが、結果は買戻し優勢に。SCREENホールディングス、SUMCO、東京エレクトロンが3%を超える上昇。信越化学工業、アドバンテストなども2%を超える上昇になっています。

〇銀行株が売られました
銀行株が軒並み下落。下げ幅もきつくなっています。

〇やっぱり出てきた大口売り
買い先行で大きく上昇しますが、前週末と同じく「狙ったかのような大口売り」が連発すると一気に上げ幅縮小。
「やっぱり出てきたか」という感じ。但し、前週末とは違い、後場では大口売りが出ず少しずつ戻す展開に。

〇閑散相場
激しく動いたのは10時30分まで。その後は下値を切り上げるも、上下の値幅は狭く閑散相場。
東証1部の売買代金は2兆1367億円しかありません。
大口売りへの警戒感が手控えにつながったところもあると考えています。

勉強できる私の買い付け」を更新しています。

タイトルは・・・私の損切りルールを別角度でご説明

「勉強できる私の買い付け」とは
私の取引から勉強していただけると判断したものを、1ヶ月数銘柄(1週間に1銘柄程度)限定で紹介しているブログです。
「私の取引について」のご説明はhand02[1]こちら

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

米国株は値幅調整からの買い戻しが続いています
情報誌に掲載されました。
詳しい内容は、HP「素人投資家の挑戦」上段をご覧下さいませ。
---------------------------------------------------------------------------
niko.gif twitter
@mm333m 
niko.gifメール
---------------------------------------------------------------------------
「米国株について」を朝の8時頃、「日本株について」を夕方に更新しております。

11月19日 月曜日

お知らせ
メールアドレスが「hono」で始まる伊藤様
お時間のある時に一度ご連絡いただけると助かります。

米国株について
米国株は123ドル高の25413ドル。
半導体エヌビディアの暴落と弱めの経済指標を受けて売り先行。取引開始直後に150ドル近く下げますが、すぐに買い戻されて前日値を回復すると午後の高値では221ドル高になるところがありました。その後は一旦上げ幅を縮小させるも、引けにかけて緩やかな上昇となり123ドル高で取引終了。

米国株 日中足チャート
181119d.png

米国株 日足チャート
181119d2.png

〇主要3指数の動向
ダウ平均は0.49%高、ナスダックは0.15%安、S&P500指数は0.22%高。
ナスダックが弱い。

〇S&P500指数業種別
7業種が上昇、4業種が下落しました。
上昇率の高い順
不動産、公益、エネルギー

下落率の高い順
一般消費財、通信、情報技術

〇ダウ構成銘柄の動向
20銘柄が上昇、 10銘柄が下落しました。
上昇率の高い順
トラベラーズ 2.53%高、ユナイテッドヘルス 2.33%高、マクドナルド 2.20%高、スリーエム 2.00%高、ベライゾン 1.91%高

下落率の高い順
ウォルマート 1.86%安、ボーイング 1.65%安、ビザ 1.17%安、シスコシステムズ 0.90%安、ゴールドマン・サックス 0.80%安

〇半導体への売りがダウ構成銘柄に波及
半導体関連銘柄エヌビディアが暴落。寄り付きから暴落したことで、損失補てんの売りがダウ構成銘柄にも波及したと考えています。エヌビディアは買い戻されることなく18.76%安で取引終了。ダウ構成銘柄半導体では、インテルが小安く寄り付くもすぐに前日値を回復。終値は1.50%高としっかり。

全体では、売り先行の後に買戻し
ダウ平均は取引開始直後に150ドル近く下げますが、すぐに前日値を回復しています。ダウ平均とS&P500指数はプラスで終えており、全体ではしっかりした展開。

〇値幅調整からの買い戻しが続く
前週に書いていました通り、相場環境とチャートを合わせてみると値幅調整完了の可能性が高まっており、その流れが続いている印象。

〇下値抵抗が強くなった
3ケタの続伸に伴い、25000ドルの下値抵抗が強くなったと考えています。
楽観視は禁物ですが、下値不安後退による買戻しが続く可能性あり。

〇経済指標
10月の鉱工業生産は、前月比0.1%増になりました。
9月の改定値0.2%増から低下、市場予想も下回っています。

〇目先の上値抵抗と下値抵抗
上値は25600ドルで、下値は25200ドルになると考えています。

 ランキングへの応援(バナーをクリック)
宜しくお願い致します。

にほんブログ村 株ブログ 専業投資家へ  
皆さまからのクリック数で、ランキングの順位が決まります。クリックするとランキングサイトへ進みますが、必要なければそのまま閉じて下さい。

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー



私が作成したホームページ

私が作成したホームページ
「素人投資家の挑戦」

私の取引

こちらは、私の取引から勉強していただけると判断したものを、1ヶ月数銘柄(1週間に1銘柄程度)限定で紹介しているブログです。
「勉強できる私の買い付け」

プロフィール

【プロフィール】
〇名前 masa
〇年齢 40代
全くの素人から僅かな資金で株式投資を始めましたが、株式投資だけで生活できるようになりました。運用資金に対して少額分散投資と買値から1割減の損切りを徹底。「安くなれば買い、高くなれば売り、安くなるまで待つ」この単純な投資を繰り返しています。

Archives

相互リンク 五十音順

検索フォーム

ご注意

この株日記は、私の独断と偏見によって書いているものです。当ブログの運営は購読を目的としたものであり、投資顧問業ではありません。よって、具体的な売買の指示およびご案内は致しかねます。又、内容に関して正確性および安全性を保障するものではありませんのでご理解願います。当サイトをご利用のうえ、被ったいかなる損害についても「素人投資家の挑戦」管理人masaは一切の責任を負いませんので、ご了承下さいませ。