素人投資家の株日記
株式投資で生活できるようになりました
10 | 2018/11 | 12
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

一筋の光・・・相場に期待は禁物ですが
情報誌に掲載されました。
詳しい内容は、HP「素人投資家の挑戦」上段をご覧下さいませ。
---------------------------------------------------------------------------
 ランキングへの応援(バナーをクリック)
宜しくお願い致します。

にほんブログ村 株ブログ 専業投資家へ  
皆さまからのクリック数で、ランキングの順位が決まります。クリックするとランキングサイトへ進みますが、必要なければそのまま閉じて下さい。
---------------------------------------------------------------------------
niko.gif twitter
@mm333m 
niko.gif メール
---------------------------------------------------------------------------
「米国株について」を朝の8時頃、「日本株について」を夕方に更新しております。

11月27日 火曜日

「 日本株について 」
本日の日経平均株価は、140円高の21952円になりました。
欧米市場の上昇と円安が買い材料となり、150円ほど上昇して寄り付きました。しかし、その直後から大きく売り込まれてしまい「寄り天」で前引け。後場は一転して右肩上がり。高値では22000円を超えましたが、売りも相応に出てきて高値揉み合いのまま140円高の21952円で取引終了。

日経平均 日中足チャート
181127j.png

日経平均 日足チャート
181127j2.png

〇東証1部の売買代金と騰落状況
売買代金は2兆3149億円、売買高は13億2598万株。
値上がり銘柄数は1509、値下がり銘柄数は526、変わらずは80銘柄でした。

〇東証1部の業種別ランキング
30業種が上昇、3業種が下落
上昇率の高い順
保険、鉱業、海運、情報・通信、金属

下落率の高い順
水産・農林、繊維、陸運

〇日経平均採用銘柄の騰落率
値上がり銘柄数は172、値下がり銘柄数は47、変わらずは6銘柄でした。
上昇率の高い順
ソフトバンクグループ 3.70%高、千葉銀行 3.64%高、ヤマハ 3.60%高、ミネベアミツミ 3.48%高、富士電機 3.44%高

下落率の高い順
塩野義製薬 5.20%安、大日本住友製薬 4.29%安、パイオニア 3.19%安、日本通運 2.66%安、東海カーボン 2.55%安

〇米国株の大幅高が買い材料
ダウ平均は1.46%高(354ドル高)、ナスダックは2.06%高、S&P500指数は1.55%高。主要3指数が揃って大幅高。これは日本株にとって大きな買い材料になるはず。

〇欧州市場の大幅高も買い材料
ドイツ(DAX)1.45%高、フランス(CAC)0.97%高、イギリス(FTSE)1.20%。欧州3市場揃って大幅高も買い材料。

〇円安も買い材料
1ドル113円50銭まで円安進行。これも買い材料。

〇アップル関連株に冷や水とならず
トランプ大統領が、インタビューで「中国と貿易交渉で合意できない場合は中国で組み立てるアイフォーンも関税対象になる」と発言。アップルは1.4%高で終えましたが、警戒感から時間外取引で下落。

販売不振から減産される中で関税対象となれば大打撃。貿易交渉で合意する確率は高いと思いますが、アップル関連株には少しだけ警戒感が出るかもしれない(手控え要因)・・・・と思っていましたが、関連株は概ね堅調に推移。

〇電気機器(ハイテク)にプラス材料
米国株では、ハイテク比率の高いナスダックが2%を超える大幅高。他2指数よりも大きく上昇しています。これは電気機器に大きなプラス材料。加えて円安も追い風。日経平均採用銘柄の電気機器では2銘柄だけ下落、他25銘柄が上昇しました。

〇外需関連株がけん引
米国株では、一般消費財、情報技術、金融が上昇率の上位に並んでいます。一方で、ディフェンシブ性の高い生活必需品、不動産、公益などの上昇が控えめでした。主力の業種が強いと買い安心感につながります。

この展開を反映するように、日本株でも外需関連株が相場をけん引。
上記しました電気機器に加えて、自動車は7銘柄が上昇、3銘柄が下落。機械は13銘柄が上昇、1銘柄が下落、2銘柄が変わらず。鉄鋼は5銘柄が全て上昇、など。

〇「織込み済み」にはならず
前日に165円高となっていますが(先回りした買い)、これだけ外部環境が好転すると「先回りで織込み済み」にはなりにくいと考えていました。

〇22000円の攻防
前場は21967円で寄り付いた後に右肩下がり。後場は13時44分に22006円の高値をつけますが、その後は高値揉み合いのまま21952円で取引終了。経験則通り、大きな節目となる22000円付近まで上昇してくると利益確定と戻り売りが出ています。

〇一筋の光
前場の寄り天は嫌気されるもの。後場に大きく売り込まれてもおかしくない状況でしたが、右肩上がりになったことで「22000円突破」への期待が残りました。相場に期待は禁物ですが。

〇素直な相場展開
直近の日本株は米国株が下げても底固く推移しています。前日は米国株が178ドル安でも165円高と嬉しい展開。そして本日、米国株が354ドル高で140円高に。上昇率は控えめですが素直な相場展開だと思いました。前場の寄り天から後場に一段安という展開なら、失望する投資家は多かったと思います。

勉強できる私の買い付け」を更新しています。

タイトルは・・・好業績銘柄の先取り投資法
~ 決算発表前に買い付ける ~

「勉強できる私の買い付け」とは
私の取引から勉強していただけると判断したものを、1ヶ月数銘柄(1週間に1銘柄程度)限定で紹介しているブログです。
「私の取引について」のご説明はhand02[1]こちら

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

米国株は値ごろ感からの買戻しで大幅反発
情報誌に掲載されました。
詳しい内容は、HP「素人投資家の挑戦」上段をご覧下さいませ。
---------------------------------------------------------------------------
 ランキングへの応援(バナーをクリック)
宜しくお願い致します。

にほんブログ村 株ブログ 専業投資家へ  
皆さまからのクリック数で、ランキングの順位が決まります。クリックするとランキングサイトへ進みますが、必要なければそのまま閉じて下さい。
---------------------------------------------------------------------------
niko.gif twitter
@mm333m 
niko.gifメール
---------------------------------------------------------------------------
「米国株について」を朝の8時頃、「日本株について」を夕方に更新しております。

11月27日 火曜日

米国株について
米国株は354ドル高の24640ドル。
値ごろ感から押し目買いが先行、350ドルほど上昇した後に上げ幅を縮小させますが、午後は再び買い優勢。高値圏まで戻して取引終了。

米国株 日中足チャート
181127d.png

米国株 日足チャート
181127d2.png

〇主要3指数の動向
ダウ平均は1.46%高、ナスダックは2.06%高、S&P500指数は1.55%高。
主要3指数が揃って大幅高。

〇S&P500指数業種別動向
11業種全てが上昇しました。
上昇率の高い順
一般消費財、情報技術、金融

〇ダウ構成銘柄の動向
28銘柄が上昇、 2銘柄が下落しました。
上昇率の高い順
アメリカン・エキスプレス 3.73%高、マイクロソフト 3.30%高、トラベラーズ 2.95%高、ゴールドマン・サックス 2.77%高、JPモルガン・チェース 2.45%高

下落率の高い順
ユナイテッド・テクノロジーズ 0.82%安、コカ・コーラ 0.31%安

〇値ごろ感から押し目買い
弱い流れから一転、値ごろ感から旺盛な押し目買いが入りました。11業種全て上昇、ダウ構成銘柄では28銘柄が上昇する全面高に。ハイテク株の比率が高いナスダックは2%を超える上昇になりました。

〇サイバーマンデーの売上高が過去最高
これを好感する買いも入ったと考えています。

〇外需関連が相場をけん引
一般消費財、情報技術、金融が上昇率の上位に並んでいます。一方で、ディフェンシブ性の高い生活必需品、不動産、公益などの上昇が控えめでした。主力の業種が強いと買い安心感につながります。

〇原油価格が大幅反発
直近の下げ幅からみると控えめな反発ですが、2%を超える上昇なら大幅高です。これを受けてシェブロンとエクソンモービルが上昇。業種別では、11セクターのうちエネルギー株は5位でした。

原油価格も相場なので、下げ続けると損失補てんの株売りが出てきます。逆に上昇すれば株買いに。本日の相場では、後者による良い影響が他銘柄にも出たと考えています。

〇底打ち感が高まる
下落トレンド中の反発局面では、下落(損失)に耐えていた投資家が損失覚悟で売ってくるので早々に反落することも少なくありません。今回も同じ展開になる可能性はありますが、直近高値から2000ドルも下落したところから大幅高になっているので、底打ち感は高まるかもしれません。

〇投資家心理(AI含む)と需給関係が改善
前日までの弱い流れから一転、大幅高になったことで投資家心理と需給関係が改善。

〇VIX指数が低下
VIX指数(恐怖指数、株価変動指数)が12%下げて18.90に。
投資家心理の落ち着きを示しています。

〇目先の上値抵抗と下値抵抗
上値は24950ドルで、下値は24450ドルになると考えています。

勉強できる私の買い付け」を更新しています。

タイトルは・・・好業績銘柄の先取り投資法
~ 決算発表前に買い付ける ~

「勉強できる私の買い付け」とは
私の取引から勉強していただけると判断したものを、1ヶ月数銘柄(1週間に1銘柄程度)限定で紹介しているブログです。
「私の取引について」のご説明はhand02[1]こちら

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー



私が作成したホームページ

私が作成したホームページ
「素人投資家の挑戦」

私の取引

こちらは、私の取引から勉強していただけると判断したものを、1ヶ月数銘柄(1週間に1銘柄程度)限定で紹介しているブログです。
「勉強できる私の買い付け」

プロフィール

【プロフィール】
〇名前 masa
〇年齢 40代
全くの素人から僅かな資金で株式投資を始めましたが、株式投資だけで生活できるようになりました。運用資金に対して少額分散投資と買値から1割減の損切りを徹底。「安くなれば買い、高くなれば売り、安くなるまで待つ」この単純な投資を繰り返しています。

Archives

相互リンク 五十音順

検索フォーム

ご注意

この株日記は、私の独断と偏見によって書いているものです。当ブログの運営は購読を目的としたものであり、投資顧問業ではありません。よって、具体的な売買の指示およびご案内は致しかねます。又、内容に関して正確性および安全性を保障するものではありませんのでご理解願います。当サイトをご利用のうえ、被ったいかなる損害についても「素人投資家の挑戦」管理人masaは一切の責任を負いませんので、ご了承下さいませ。