素人投資家の株日記
株式投資で生活できるようになりました
07 | 2019/08 | 09
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

暴落回避
情報誌に掲載されました。
詳しい内容は、HP「素人投資家の挑戦」上段をご覧下さいませ。
----------------------------------------
 ランキングへの応援(バナーをクリック)
宜しくお願い致します。

にほんブログ村 株ブログ 専業投資家へ  
皆さまからのクリック数で、ランキングの順位が決まります。
----------------------------------------
niko.gif twitter @mm333m 
niko.gif メール
----------------------------------------
「米国株について」を朝の8時頃、「日本株について」を夕方に(1日2回)更新しています。

8月13日 火曜日

日本株について
本日の日経平均株価は、229円安の20455円になりました。
米国株の大幅安と円高が嫌気されて売り先行。20400円付近で底固くなりますが、戻りも限定的でした。

日経平均 日中足チャート
190813j.png

日経平均 日足チャート
190813j2.png

〇東証1部の売買代金と騰落状況
売買代金は2兆1822億円、出来高は12億8249万株。
値上がり銘柄数は444、値下がり銘柄数は1655、変わらずは50銘柄でした。

〇東証1部の業種別ランキング
繊維のみ上昇、他32業種は全て下落しました。
下落率の高い順
石油・石炭、鉄鋼、鉱業、ゴム、紙・パルプ

〇日経平均採用銘柄の騰落率
値上がり銘柄数は29、値下がり銘柄数は191、変わらずは5銘柄でした。
上昇率の高い順
電通 3.50%高、第一三共 3.10%高、丸井G 2.76%高、アドバンテスト 2.75%高、東レ 2.52%高

下落率の高い順
東宝亜鉛 17.90%安、荏原製作所 7.83%安、T&Dホールディングス 6.83%安、神戸製鋼所 6.51%安、JFEホールディングス 6.26%安

〇米国株の大幅安は大きな売り材料
ダウ平均は1.48%安(391ドル安)、ナスダックは1.20%安、S&P500指数は1.23%安。3指数揃って大幅安。11セクター全てが下落し、主力の外需も大きく売られています。ダウ構成銘柄では29銘柄が下落。この展開は日本株にも大きな売り材料。

〇円高
1ドル105円前半まで円高進行。
こちらも大きな株売り材料になります。

〇日本株も下値模索の展開に
米国株の大幅安と円高を受けて、日本株も大幅安になると予想していました。
米国株と同じく、目先は下値模索の展開になりそうです。

〇暴落回避
米中貿易問題悪化に端を発する株売りが続き、日経平均は暴落。
米国株の暴落と急激な円高が大きな売り材料になっています。

このようなチャートでは、更なる上昇を期待する投資家も増えてきます。
190813j5.png

でも、その後に暴落。
190813j3.png

上昇期待が悪いわけではありません。
先のチャートは「騰がりそうに見えるチャート」ですし、強気になると強気のコメントも目立ってきますから、上昇期待は普通の投資家心理だと思います。


私の投資は、そんな時に手仕舞いを進めていました。結果、1銘柄を残して全て手仕舞い。
これが奏功し、暴落を回避することができました。

その1銘柄は
190813k1

日経平均が暴落する中で、真逆の展開に。
190813j4

良い意味で「蚊帳の外」になるはずだと思い、残した1銘柄がアタリでした。

もちろん、これらは暴落したのを見てから買いている「後出し」ではなく、私からの配信を希望されていらっしゃる方には手仕舞いを含めて「私の投資法」としてお伝え済みでした。

勉強できる私の買い付け」を更新しています。
タイトルは・・・底打ちの先取り

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

米国株は暴落後の戻り基調から一転、再び大幅安に
情報誌に掲載されました。
詳しい内容は、HP「素人投資家の挑戦」上段をご覧下さいませ。
----------------------------------------
 ランキングへの応援(バナーをクリック)
宜しくお願い致します。

にほんブログ村 株ブログ 専業投資家へ  
皆さまからのクリック数で、ランキングの順位が決まります。
----------------------------------------
niko.gif twitter @mm333m 
niko.gif メール
----------------------------------------
「米国株について」を朝の8時頃、「日本株について」を夕方に(1日2回)更新しています。

8月13日 火曜日

米国株について
ダウ平均は391ドル安の25896ドル。
米中貿易問題悪化で暴落後、戻り基調になっていましたが再び大幅安。大きな節目となる26000ドルで一旦下げ止まるも、下抜けてしまい391ドル安まで下げ幅を拡大させました。

米国株 日中足チャート
190813d.png

米国株 日足チャート
190813d2.png

〇主要3指数の動向
ダウ平均は1.48%安(391ドル安)、ナスダックは1.20%安、S&P500指数は1.23%安。3指数揃って大幅安。

〇S&P500指数セクター別動向
11セクター全て下落しています。
下落率の高い順
金融、素材、一般消費財、エネルギー、資本財、情報技術、ヘルスケア

〇ダウ構成銘柄の動向
ジョンソン&ジョンソンだけ僅かに上昇、他29銘柄は下落しています。
下落率の高い順
ゴールドマン・サックス 2.88%安、ファイザー 2.42%安、ユナイテッド・テクノロジーズ 2.42%安、ダウ 2.34%安、キャタピラー 2.21%安

〇米中貿易問題に端を発する利益確定売り
私が夏季休暇をいただく前に、米国株は過去最高値圏にありました。
そんな時に出てきたのが、沈静化していた米中貿易摩擦の再燃。これが利益確定売りのキッカケとなり株価は暴落。大きな節目となる26000ドルを大きく割り込み、取引時間中の安値では25500ドルまで下げるところがありました。その後、戻り基調となりますが、再び26000ドルを割り込む大幅安に。

〇戻り売り
株価の戻り基調に伴い、暴落に耐えていた投資家による戻り売り(やれやれの売り)が出たと考えています。

〇よくあるパターン
暴落後に一旦戻し、そこから再び大きく下げる展開はよくあるパターンです。

〇下値模索
再び26000ドルを回復するのか、取引時間中の安値となる25500ドルに向かうのか。下値模索という印象。

〇目先の下値抵抗と上値抵抗
下値は25500ドルで、上値は26100ドルになると考えています。

勉強できる私の買い付け」を更新しています。
タイトルは・・・底打ちの先取り

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー



私が作成したホームページ

私が作成したホームページ
「素人投資家の挑戦」

私の取引

こちらは、私の取引から勉強していただけると判断したものを、1ヶ月数銘柄(1週間に1銘柄程度)限定で紹介しているブログです。
「勉強できる私の買い付け」

プロフィール

【プロフィール】
〇名前 masa
〇年齢 40代
全くの素人から僅かな資金で株式投資を始めましたが、株式投資だけで生活できるようになりました。運用資金に対して少額分散投資と買値から1割減の損切りを徹底。「安くなれば買い、高くなれば売り、安くなるまで待つ」この単純な投資を繰り返しています。

Archives

相互リンク 五十音順

検索フォーム

ご注意

この株日記は、私の独断と偏見によって書いているものです。当ブログの運営は購読を目的としたものであり、投資顧問業ではありません。よって、具体的な売買の指示およびご案内は致しかねます。又、内容に関して正確性および安全性を保障するものではありませんのでご理解願います。当サイトをご利用のうえ、被ったいかなる損害についても「素人投資家の挑戦」管理人masaは一切の責任を負いませんので、ご了承下さいませ。