素人投資家の株日記 2020年09月素人投資家の株日記
素人投資家の株日記
投資歴は20年以上、株式投資だけで生活しています
08 | 2020/09 | 10
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

日経平均大幅反落、米テレビ討論会は大口売りする理由付けかも
情報誌に掲載されました
詳しい内容は、HP「素人投資家の挑戦」上段をご覧下さいませ。
----------------------------------------
niko.gif twitter @mm333m 
niko.gif メール
----------------------------------------
ランキングへの応援(バナーをクリック)を、宜しくお願い致します。
  
----------------------------------------

「米国株について」を朝の8時頃、「日本株について」を夕方に(1日2回)更新しています。

9月30日 水曜日

日本株について
本日の日経平均株価は、353円安の23185円で取引終了。
前場は小安いところで揉み合いますが、後場は200円ほど下げて寄り付くと引けにかけて下げ幅拡大。

日経平均 日中足チャート
20200930j.gif

日経平均 日足チャート
20200930j2.gif

〇東証1部の売買代金と騰落状況
売買代金は2兆9096億円、出来高は14億4236万株。
値上がり銘柄数は253、値下がり銘柄数は1892、変わらずは31銘柄でした。

〇東証1部の業種別ランキング
情報・通信のみ上昇、他32業種が全て下落。

下落率の高い順
銀行、証券・商品先物、空運、ガラス土石、倉庫・運輸

〇日経平均採用銘柄の騰落率
値上がり銘柄数は19、値下がり銘柄数は205、変わらずは1銘柄でした。
上昇率の高い順
NTTドコモ 20.92%高
J.フロント リテイリング 9.70%高
日本製鋼所 4.43%高
協和キリン 2.40%高
オリンパス 2.25%高

下落率の高い順
日本化薬 6.17%安
ふくおかFG 5.97%安
NTTデータ 5.69%安
日本電気硝子 5.36%安
川崎汽船 5.35%安

〇米大統領候補者テレビ討論会
テレビ討論では決め手に欠くとの見方がある一方でバイデン氏優勢という見方もあり。
本日は株価が大きく下げたので後者という見方もできますが・・・私はあまりアテにしていません。

大統領選までまだ1ヵ月以上もありますので、「自分の投資法」は振り回されないようにしたいところです。ちなみに、トランプ大統領が初当選した時は、株価暴落要因という多くの市場予想に反して米国株は暴騰しました。

〇米国株下落に対する先回り売り
ダウ平均は前日までの3営業日で820ドルも上昇しています。本日は131ドル安となり「当然の調整」という印象ですが、大きな節目となる27000ドルまで調整しても不思議ではありません。ナスダックも同じで、一段の調整もあり。

下げたのを見てから書く結果論になりますが、この下落を先回りした日本株売りが出たのではないかと。(米国株の大幅安は日本株への売り材料になります)
少し乱暴な言い方をすれば「テレビ討論会は、日米共に大口売りする理由付け」だったかもしれません。今のところは、どちらが優勢でも関係なく、大口売りする為の理由付けです。とくに、米国株は短期急騰していることもあり、利益確定と戻り売りが出やすい状況。繰り返しになりますが、大統領選まであと1ヵ月以上もありますので、本日のテレビ討論だけで決め打ちする投資家はいません。

〇売りを吸収する程良い調整
353円も下落しましたが、6ヶ月間でみると驚くような下げではありません。

直近でみると
20200930j4.gif

大きく下げたように見えますが、6ヵ月間でみると
20200930j3.png

驚くような下げではありません。
むしろ、売りを吸収する程良い調整と言えそうです

前日に「勉強できる私の買い付け」を更新しました
タイトルは・・・下がらない時は順張りで


テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

米国株は当然の調整
情報誌に掲載されました
詳しい内容は、HP「素人投資家の挑戦」上段をご覧下さいませ。
----------------------------------------
niko.gif twitter @mm333m 
niko.gif メール
----------------------------------------
ランキングへの応援(バナーをクリック)を、宜しくお願い致します。
  
----------------------------------------

「米国株について」を朝の8時頃、「日本株について」を夕方に(1日2回)更新しています。

9月30日 水曜日

米国株について
ダウ平均は131ドル安の27452ドルで取引終了。
小安く寄り付いた後、お昼ごろには250ドル近く下げ幅を拡大。午後は買い戻されるも前日値付近で頭打ち。引けにかけて売り込まれ131ドル安。

米国株 日中足チャート
20200930d.gif

米国株 日足チャート
20200930d2.gif

〇主要3指数の動向
ダウ平均 0.48%安(131ドル安)
ナスダック 0.29%安
S&P500指数 0.48%安

〇S&P500指数の業種別動向
通信のみ上昇、他10業種が下落しました。
下落率の高い順
エネルギー、金融、資本財、一般消費財、素材、生活必需品

〇ダウ構成銘柄の動向
4銘柄が上昇、 26銘柄が下落しました。
上昇率の高い順
ナイキ 1.63%高
アムジェン 0.51%高
セールスフォース 0.32%高
ユナイテッドヘルス 0.30%高

下落率の高い順
シェブロン 2.75%安
トラベラーズ 2.52%安
ダウ 1.92%安
ウォルグリーン 1.91%安
ボーイング 1.49%安

〇経済指標
9月の消費者信頼感指数は、101.8になりました。
前月の86.3から上昇、3月以来の高水準。
市場予想も上回っています。

〇当然の調整
----- 前日に書かせていただいた内容 -----
一旦調整するのは近いかも
3日続伸で820ドルも上昇しているうえ、次の大きな節目28000ドルまで416ドルになりました。そろそろ、戻り売りが多く出てきてもおかしくありません。
----- ここまで -----

短期急騰による下落は当然の調整。
本日の相場で注視するところは無いと思いました。
ハイテク比率の高いナスダックについても同じ見方をしています。

〇目先の下値抵抗と上値抵抗
下値は27200ドルで、上値は27700ドルになると考えています。

前日に「勉強できる私の買い付け」を更新しました
タイトルは・・・下がらない時は順張りで


テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

配当落ち分を即日埋めた展開は、経験則で強含み
情報誌に掲載されました
詳しい内容は、HP「素人投資家の挑戦」上段をご覧下さいませ。
----------------------------------------
niko.gif twitter @mm333m 
niko.gif メール
----------------------------------------
ランキングへの応援(バナーをクリック)を、宜しくお願い致します。
  
----------------------------------------

「米国株について」を朝の8時頃、「日本株について」を夕方に(1日2回)更新しています。

9月29日 火曜日

日本株について
本日の日経平均株価は、27円高の23539円で取引終了。
配当落ち分(140円)ほど下げた水準で長く揉み合いますが、前引けにかけて上昇。後場も勢いが続いて、14時過ぎには高値となる111円高まで買われるところがありました。その後は上げ幅を縮小させて小幅に続伸。

日経平均 日中足チャート
20200929j.gif

日経平均 日足チャート
20200929j2.gif

〇東証1部の売買代金と騰落状況
売買代金は2兆3585億円、出来高は11億4065万株。
値上がり銘柄数は949、値下がり銘柄数は1144、変わらずは70銘柄でした。

〇東証1部の業種別ランキング
11業種が上昇、22業種が下落
上昇率の高い順
電気機器、情報・通信、水産・農林、鉱業、その他製品

下落率の高い順
石油・石炭、電気・ガス、銀行、保険、陸運

〇日経平均採用銘柄の騰落率
値上がり銘柄数は61、値下がり銘柄数は160、変わらずは4銘柄でした。
上昇率の高い順
NTTドコモ 15.78%高
日野自動車 5.04%高
サイバーエージェント 3.56%高
富士通 2.91%高
東京エレクトロン 2.87%高

下落率の高い順
KDDI 4.14%安
アルプスアルパイン 4.00%安
東洋紡 3.60%安
大阪ガス 3.57%安
セイコーエプソン 3.34%安

〇米国株の大幅続伸が買い材料
ダウ平均 1.51%高(410ドル高)
ナスダック 1.87%高
S&P500指数 1.61%高

米国株は一旦調整しそうですが、それを警戒する(日本株への)先回り売りよりも好感する買いの方が優勢に。ハイテク比率の高いナスダックの大幅続伸も、日本のハイテクにプラス材料。業種別でも電気機器が33業種中でトップ。

〇欧州株の大幅高も買い材料
ドイツ(DAX) 3.22%高
フランス(CAC) 2.40%高
イギリス(FTSE) 1.46%高

欧州株は全面高。主要3市場も揃って大幅高。
前日に1%下げていたドイツは3%高となり、3倍返し。
この展開は日本株に大きな買い材料。

〇ドル円相場による影響は限定的
1ドル105円半ばで前日とほぼ同じ。株式相場への影響も限定的でした。

〇外需関連株がけん引
米国株では外需関連株が相場をけん引。一方で、ディフェンシブ関連の銘柄が下落または控えめでした。日本でも、外部環境の影響を受けやすい外需関連株が買われ、内需関連は控えめでした。

〇配当落ち分を即日埋める展開は強含み
終値は27円高。およそ140円の配当落ち分を即日埋めた展開は、買いの力が強いことを示唆、経験則で強含み。

本日、「勉強できる私の買い付け」を更新しました
タイトルは・・・下がらない時は順張りで


テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

米国株は懸念払拭で買戻しが続く
情報誌に掲載されました
詳しい内容は、HP「素人投資家の挑戦」上段をご覧下さいませ。
----------------------------------------
niko.gif twitter @mm333m 
niko.gif メール
----------------------------------------
ランキングへの応援(バナーをクリック)を、宜しくお願い致します。
  
----------------------------------------

「米国株について」を朝の8時頃、「日本株について」を夕方に(1日2回)更新しています。

9月29日 火曜日

米国株について
ダウ平均は410ドル高の27584ドルで取引終了。
前週末の強い流れが続いて買い先行。お昼過ぎの高値では550ドルほど上昇するところがありました。その後は高値揉み合いから引けにかけて上げ幅縮小。それでも400ドルを超える大幅続伸。

米国株 日中足チャート
20200929d.gif

米国株 日足チャート
20200929d2.gif

〇主要3指数の動向
ダウ平均 1.51%高(410ドル高)
ナスダック 1.87%高
S&P500指数 1.61%高

〇S&P500指数の業種別動向
下げた業種はありません。11業種が全て上昇しています。
上昇率の高い順
エネルギー、金融、一般消費財、情報技術、資本財、不動産、素材

〇ダウ構成銘柄の動向
27銘柄が上昇、 3銘柄が下落しました。
上昇率の高い順
ボーイング 6.44%高
ダウ 3.13%高
インテル 2.98%高
シェブロン 2.92%高
JPモルガン・チェース 2.88%高

下落率の高い順
メルク 0.20%安
ベライゾン 0.05%安
ウォルマート 0.01%安

〇懸念払拭で買い戻しが続く
前週末の相場は358ドル高となり、弱含みの経験則を払拭。
この良い影響が続いたと考えています。

----- 前週末に書かせていただいた内容です -----
〇投資家心理と需給関係が少し改善
ダウ平均は大きな節目(強い抵抗)と75日移動平均線を上抜けました。
ナスダックも下抜けていたボックス相場に戻っています。

共に、下抜けによる見切り売りと失望売りは広がらず、投資家心理と需給関係が少し改善したと考えています。底打ちと判断するのは時期尚早ですが、「三尊型」「ボックス相場下放れ」「強い下値抵抗を下放れ」という悪い経験則を週末は払拭。悪い経験則については、前週に書かせていただきました。
----- ここまで -----

〇状況は更に改善
大幅に続伸したことで、需給関係は更に改善。大きな節目と75日線が通る27000ドルを584ドル上回ったことで、完全に上抜けたと言えそうです。更に、今度は27000ドルが大きな下値抵抗になりますので、下落への警戒感が和らぐと同時に「戻り」へ早く乗せようとする追随買いも出ている印象。

〇一旦調整するのは近いかも
3日続伸で820ドルも上昇しているうえ、次の大きな節目28000ドルまで416ドルになりました。そろそろ、戻り売りが多く出てきてもおかしくありません。

〇目先の下値抵抗と上値抵抗
下値は27300ドルで、上値は27900ドルになると考えています。

本日、「勉強できる私の買い付け」を更新しました
タイトルは・・・下がらない時は順張りで


テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

海外勢の買い?日経平均は14時頃から急騰、307円高
情報誌に掲載されました
詳しい内容は、HP「素人投資家の挑戦」上段をご覧下さいませ。
----------------------------------------
niko.gif twitter @mm333m 
niko.gif メール
----------------------------------------
ランキングへの応援(バナーをクリック)を、宜しくお願い致します。
  
----------------------------------------

「米国株について」を朝の8時頃、「日本株について」を夕方に(1日2回)更新しています。

9月28日 月曜日

日本株について
本日の日経平均株価は、307円高の23511円で取引終了。
米国株の大幅高を受けて買い先行。150円ほど上昇したところで長く揉み合いますが、14時頃から大口の買いが連発すると引けにかけて急上昇しました。

日経平均 日中足チャート
20200928d_202009281533424be.gif

日経平均 日足チャート
20200928d2_202009281533435d8.gif

〇東証1部の売買代金と騰落状況
売買代金は2兆7082億円、出来高は14億6267万株。
値上がり銘柄数は1892、値下がり銘柄数は251、変わらずは34銘柄でした。

〇東証1部の業種別ランキング
31業種が上昇、2業種が下落
上昇率の高い順
パルプ・紙、鉄鋼、不動産、水産・農林、証券・商品先物

下落率の高い順
空運、海運

〇日経平均採用銘柄の騰落率
値上がり銘柄数は209、値下がり銘柄数は14、変わらずは2銘柄でした。
上昇率の高い順
J.フロントリテイリング 6.61%高
三越伊勢丹HD 6.43%高
沖電気工業 5.75%高
千葉銀行 5.15%高
コニカミノルタ 5.08%高

下落率の高い順
東洋紡 7.05%安
ANAホールディングス 5.11%安
商船三井 2.63%安
日本郵船 2.28%安
アドバンテスト 1.75%安

〇米国株の大幅反発が買い材料
ダウ平均 1.34%高(358ドル高)
ナスダック 2.26%高
S&P500指数 1.60%高

これだけ上昇すれば、日本株への買い材料。
前週末の懸念(米国株弱含みに伴う先行き不安)を払拭した展開は、買い安心感につながりました。

〇欧州株による影響は限定的
ドイツ(DAX) 1.09%安
フランス(CAC) 0.69%安
イギリス(FTSE) 0.34%高

ドイツは1%を超える下落ですが、米国株の大幅高と合わせて考えれば(ドイツ下落による)売り圧力はほとんど無し。

〇ドル円相場による影響も限定的
1ドル105円半ばで動いておらず、株式相場への影響は限定的。

〇海外勢の買いかな?
米国株高を受けて買い先行。寄り付きは200円近く上昇しますが、その後は上値が伸びず150円ほど上昇したところでほとんど動かなくなりました。ここまでは想定範囲内。一変したのは14時頃からの大口買い。この背景には海外勢の買いがあったのではないかと。

本日は権利付き最終売買日なので「配当狙いの買い」は入っていたと思いますが、必ず急騰するわけではありません。株価が上昇すれば「配当狙い」という後付け解説が多くなります。

〇全面高
東証1部の87%が上昇する全面高。
業種別でも33業種中31業種が上昇しています。

勉強できる私の買い付け」を更新しました
タイトルは・・・「好材料を見直す買い戻し」を先回り


テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

米国株は悪い経験則を一旦払拭
情報誌に掲載されました
詳しい内容は、HP「素人投資家の挑戦」上段をご覧下さいませ。
----------------------------------------
niko.gif twitter @mm333m 
niko.gif メール
----------------------------------------
ランキングへの応援(バナーをクリック)を、宜しくお願い致します。
  
----------------------------------------

「米国株について」を朝の8時頃、「日本株について」を夕方に(1日2回)更新しています。

9月28日 月曜日

米国株について
ダウ平均は358ドル高の27173ドルで取引終了。
午前中は前日値を挟む揉み合いでしたが、午後は右肩上がりになりました。

米国株 日中足チャート
20200928d.gif

米国株 日足チャート
20200928d2.gif

〇主要3指数の動向
ダウ平均 1.34%高(358ドル高)
ナスダック 2.26%高
S&P500指数 1.60%高

〇S&P500指数の業種別動向
エネルギーのみ下落、他10業種は上昇しました。
上昇率の高い順
情報技術、不動産、ヘルスケア、公益、一般消費財、資本財

〇ダウ構成銘柄の動向
25銘柄が上昇、 5銘柄が下落しました。
上昇率の高い順
ボーイング 6.83%高
アップル 3.75%高
ユナイテッドヘルス 3.36%高
マイクロソフト 2.28%高
セールスフォース 2.18%高

下落率の高い順
ダウ 0.80%安
ナイキ 0.42%安
メルク 0.26%安
スリーエム 0.09%安
ゴールドマン・サックス 0.08%安

〇経済指標
8月の耐久財受注は、前月比0.4%増。
7月の11.7%増から大幅減。市場予想も下回っています。

〇値ごろ感から押し目買い
上昇したのを見てから書く結果論になりますが、直近の調整(下落)で売り圧力が低下、加えて値ごろ感から押し目買いが入ったと考えています。

〇投資家心理と需給関係が少し改善
ダウ平均は大きな節目(強い抵抗)と75日移動平均線を上抜けました。ナスダックも下抜けていたボックス相場に戻っています。

共に、下抜けによる見切り売りと失望売りは広がらず、投資家心理と需給関係が少し改善したと考えています。底打ちと判断するのは時期尚早ですが、「三尊型」「ボックス相場下放れ」「強い下値抵抗を下放れ」という悪い経験則を週末は払拭しました。悪い経験則については、前週に書かせていただきました。

〇目先の下値抵抗と上値抵抗
下値は26900ドルで、上値は27400ドルになると考えています。

勉強できる私の買い付け」を更新しました
タイトルは・・・「好材料を見直す買い戻し」を先回り


テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

業績とチャートが反比例?どちらを信用するか?
情報誌に掲載されました
詳しい内容は、HP「素人投資家の挑戦」上段をご覧下さいませ。
----------------------------------------
niko.gif twitter @mm333m 
niko.gif メール
----------------------------------------
ランキングへの応援(バナーをクリック)を、宜しくお願い致します。
  
----------------------------------------

「米国株について」を朝の8時頃、「日本株について」を夕方に(1日2回)更新しています。

9月25日 金曜日

日本株について
本日の日経平均株価は、116円高の23204円で取引終了。
米国株の反発が好感されるも上値追いは限定的。23200円付近を中央値とする揉み合いに終始しました。

日経平均 日中足チャート
20200925d.gif

日経平均 日足チャート
20200925j3.gif

〇東証1部の売買代金と騰落状況
売買代金は2兆3708億円、出来高は12億7479万株。
値上がり銘柄数は1622、値下がり銘柄数は471、変わらずは83銘柄でした。

〇東証1部の業種別ランキング
26業種が上昇、7業種が下落
上昇率の高い順
倉庫・運輸、ガラス・土石、輸送用機器、鉱業、小売

下落率の高い順
空運、精密機器、保険、海運、陸運

〇日経平均採用銘柄の騰落率
値上がり銘柄数は136、値下がり銘柄数は83、変わらずは6銘柄でした。
上昇率の高い順
日本碍子 8.91%高
日本製鋼所 7.55%高
日東電工 7.42%高
日産化学 4.41%高
日揮HD 4.10%高

下落率の高い順
西日本旅客鉄道 3.58%安
東海旅客鉄道 3.56%安
東日本旅客鉄道 2.85%安
ANAホールディングス 2.53%安
楽天 2.44%安

〇米国株の上昇は少し買い材料
ダウ平均 0.20%高(52ドル高)
ナスダック 0.37%高
S&P500指数 0.30%高

ダウ平均とナスダックは共に反発しましたが、大きく買われた後に大きく売り込まれているので弱含みのまま。この程度では大きな買い材料にはなり難い。詳しくは、朝に更新している「米国株について」こちらでご確認下さい。

〇欧州株による影響は限定的
ドイツ(DAX) 0.29%安
フランス(CAC) 0.83%安
イギリス(FTSE) 1.30%安
3市場揃って下げているのは売り材料。但し、前日に「本日の欧州下落を見越した損失補てんの日本株売り」が出ているはずなので、日本株への影響は限定的。

〇ドル円相場による影響も限定的
1ドル105円半ばで前日とほぼ変わらず、日本株への影響も限定的。

〇小幅に反発
前日に大きな節目となる23000円近くまで売られている為、米国株の反発は買戻しの追い風に。

但し、米国株は弱含みのままなので(米国株が下落すれば日本株への売り材料になる為)、リスク回避の手仕舞いと手控えも出てきて上値追いは限定的でした。

〇上場企業の減損が過去最大
2020年3月期の減損が、過去最大の4兆2768億円に。
前期比で2倍となり、過去最大だった16年3月期の3兆3266億円を1兆円近く上回ったようです。

製造業の減損は前期比2倍となり、リーマンショックを超える減損。非製造業は86%増。
新型コロナウイルスによる甚大な影響が浮き彫りに。

〇業績とチャートが反比例?どちらを信用するか?
日経平均 日足チャート
20200925j5.gif

コロナによる甚大な影響を踏まえると、コロナ前の水準まで戻している株価は割高。でも、チャートで見ると上に行きたがっている。
どちらを信用するか?

どちらも信用せず「業績に対して売られ過ぎの個別銘柄」をコツコツと買っていくのが得策かもしれません

〇見たことがない珍列
先行きに全く関係ありませんが、日経平均採用銘柄で上昇した上位5銘柄が全て「頭文字が日」。

前日に「勉強できる私の買い付け」を更新しました
タイトルは・・・「好材料を見直す買い戻し」を先回り


テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

米国株は下げ止まるも弱含みのまま
情報誌に掲載されました
詳しい内容は、HP「素人投資家の挑戦」上段をご覧下さいませ。
----------------------------------------
niko.gif twitter @mm333m 
niko.gif メール
----------------------------------------
ランキングへの応援(バナーをクリック)を、宜しくお願い致します。
  
----------------------------------------

「米国株について」を朝の8時頃、「日本株について」を夕方に(1日2回)更新しています。

9月25日 金曜日

米国株について
ダウ平均は52ドル高の26815ドルで取引終了。
取引開始直後に200ドルを超える下げ幅になりますが、すぐに買い戻されて前日値を回復。午後の高値では331ドル高まで買われますが、再び前日値を割り込む荒れた展開に。最後の30分で少し買い戻されて僅かに反発。

米国株 日中足チャート
20200925d.gif

米国株 日足チャート
20200925d2.gif

〇主要3指数の動向
ダウ平均 0.20%高(52ドル高)
ナスダック 0.37%高
S&P500指数 0.30%高

〇S&P500指数の業種別動向
10業種が上昇、ヘルスケアのみ下落しました。
上昇率の高い順
公益、生活必需品、素材、情報技術、通信、不動産、金融

〇ダウ構成銘柄の動向
23銘柄が上昇、 7銘柄が下落しました。
上昇率の高い順
ゴールドマン・サックス 4.83%高
マイクロソフト 1.30%高
アップル 1.03%高
コカ・コーラ 1.02%高
インテル 0.70%高

下落率の高い順
ボーイング 3.39%安
ナイキ 1.86%安
シスコシステムズ 1.12%安
アムジェン 0.94%安
ダウ 0.71%安

〇経済指標
・週間新規失業保険申請件数は、87万件になりました。
前週から4000件増加。市場予想を上回っています。

・8月の新築住宅販売件数は、前月比4.8%増の101万1000戸。
前月は90万1000戸から96万5000戸に上方修正。
100万戸を超えるのは2006年11月以来となり、およそ14年ぶりの高水準。市場予想も大きく上回っています。

〇大きな節目が強い上値抵抗に
取引開始から1時間足らずで26900ドルまで上昇しますが、その後は200ドルほど売り込まれています。午後の高値では27000ドルを回復しますが、引けにかけて上げ幅縮小。27000ドルを強く意識させる展開でした。

27000ドルは大きな節目。また75日移動平均線が通っていることもあり、強い抵抗になっています。前日に27000ドルを完全に割り込んだことで、今度は強い上値抵抗に。

〇ナスダックも似たような展開
ボックス相場の下限になっていた10800を完全に下抜けたことから、今度は10800が上値抵抗になっています。本日の高値は10799、その後は引けにかけて上げ幅縮小。

〇下げ止まるも弱含み
ダウ平均、ハイテク比率の高いナスダック、共に反発しましたが、大きく買われた後に大きく売り込まれているので弱含みのまま。経験則を過信するのは危険ですが、前日に書かせていただいたチャート形成が影響している感じ。

〇目先の下値抵抗と上値抵抗
下値は26500ドルで、上値は27100ドルになると考えています。

前日に「勉強できる私の買い付け」を更新しました
タイトルは・・・「好材料を見直す買い戻し」を先回り


テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

日経平均は大きな節目23000円が強い下値抵抗
情報誌に掲載されました
詳しい内容は、HP「素人投資家の挑戦」上段をご覧下さいませ。
----------------------------------------
niko.gif twitter @mm333m 
niko.gif メール
----------------------------------------
ランキングへの応援(バナーをクリック)を、宜しくお願い致します。
  
----------------------------------------

「米国株について」を朝の8時頃、「日本株について」を夕方に(1日2回)更新しています。

9月24日 木曜日

日本株について
本日の日経平均株価は、258円安の23087円で取引終了。
米国株の大幅安を受けて売り先行。前場は下げ幅を縮小させますが、後場は14時頃まで右肩下がりになってしまい、安値では307円安まで売られるところがありました。引けにかけて買い戻されるも上値は限られ258円安。

日経平均 日中足チャート
20200924j.gif

日経平均 日足チャート
20200924j2.gif

〇東証1部の売買代金と騰落状況
売買代金は2兆2909億円、出来高は12億4782万株。
値上がり銘柄数は419、値下がり銘柄数は1685、変わらずは72銘柄でした。

〇東証1部の業種別ランキング
精密機器のみ上昇、他32業種が下落。

下落率の高い順
鉄鋼、非鉄金属、鉱業、輸送用機器、ゴム

〇日経平均採用銘柄の騰落率
値上がり銘柄数は26、値下がり銘柄数は194、変わらずは5銘柄でした。
上昇率の高い順
東京エレクトロン 2.01%高
日本取引所G 1.79%高
日本電気 1.52%高
オリンパス 1.20%高
セイコーエプソン 1.13%高

下落率の高い順
日本製鋼所 8.69%安
東邦亜鉛 6.17%安
JFEホールディングス 6.13%安
NTN 5.24%安
住友金属鉱山 4.97%安

〇米国株の大幅安は大きな売り材料
ダウ平均 1.92%安(525ドル安)
ナスダック 3.02%安
S&P500指数 2.37%安

これだけ下げれば大きな売り材料。

〇欧州株による影響は限定的
ドイツ(DAX) 0.39%高
フランス(CAC) 0.62%高
イギリス(FTSE) 1.20%高

3市場揃って上昇していますが、米国株の大幅安を織込んでいない為、日本株の買い材料にはなり難い。また、米国株の大幅安で明日の欧州株は弱含み。これを先回り(損失補てん)する日本株売りがあったのではないかと。

〇ドル円相場による影響は限定的
前日比で少し円安となり1ドル105円前半。この程度の円安なら影響は限定的。

〇大きな節目が強い下値抵抗
23000円は大きな節目で強い下値抵抗になっています。本日の安値は23039円で、同水準が強く影響しています。

但し、米国株の項でも連日書かせていただきましたが、強い下値抵抗を下抜けると今度は強い上値抵抗になりますので要注意。強い下値抵抗の時は安心感から買われやすいですが、下抜けると見切り売りと失望売りが下げに拍車をかけることが少なくありません。

本日「勉強できる私の買い付け」を更新しました
タイトルは・・・「好材料を見直す買い戻し」を先回り


テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

ダウ平均は三尊型&強い下値抵抗を下抜け
情報誌に掲載されました
詳しい内容は、HP「素人投資家の挑戦」上段をご覧下さいませ。
----------------------------------------
niko.gif twitter @mm333m 
niko.gif メール
----------------------------------------
ランキングへの応援(バナーをクリック)を、宜しくお願い致します。
  
----------------------------------------

「米国株について」を朝の8時頃、「日本株について」を夕方に(1日2回)更新しています。

9月24日 木曜日

米国株について
ダウ平均は525ドル安の26763ドルで取引終了。
午前中は買いが先行するも右肩下がり。午後は安値揉み合いから下放れすると下げが加速。大きな節目となる27000ドルもあっさりと割り込み、500ドルを超える大幅安になりました。

米国株 日中足チャート
20200924d.gif

米国株 日足チャート
20200924d2.gif

〇主要3指数の動向
ダウ平均 1.92%安(525ドル安)
ナスダック 3.02%安
S&P500指数 2.37%安

〇S&P500指数の業種別動向
上昇した業種はありません。11業種全てが下落しました。

下落率の高い順
エネルギー、情報技術、素材、不動産、通信、一般消費財

〇ダウ構成銘柄の動向
2銘柄が上昇、 28銘柄が下落しました。
上昇率の高い順
ナイキ 8.76%高
ジョンソン&ジョンソン 0.16%高

下落率の高い順
セールスフォース 4.76%安
シェブロン 4.74%安
アップル 4.19%安
ボーイング 3.58%安
マイクロソフト 3.29%安

〇大きな節目を下回る
前日にも書かせていただきましたが、大きな節目となる27000ドルが下値抵抗になっています。また、同水準には75日移動平均線も通っている為、更に強い抵抗。しかし、本日はあっさりと下抜けてしまい26763ドルで取引終了。
20200924d4.png

経験則を過信するのは良くありませんが、強い下値抵抗を下抜けると今度は上値抵抗になる為、これを警戒する見切り売りと失望売りが出やすくなります。

〇三尊型(ヘッドアンドショルダーズボトム)
9月上旬の高値からみて、両側に低い山(8月上旬の高値と9月中旬の高値)を形成。中央の山が高くて両側に低い山を形成する三尊型になりました。
20200924d5.png

こちらも経験則ですが、天井圏を示唆するチャート形成。

〇ナスダックも弱含み
ハイテクに売りが膨らみ、ナスダックが大幅安。
前日は反発してボックス相場(10800から11200の間)へ戻していましたが、本日は3%を超える大幅安でボック相場の下限を完全に下回っています。ローソク足も大陰線で、経験則では弱含み。

〇荒れ相場
少し前に書かせていただきましたが、相場は一旦崩れるとAIと投資家の判断が大きく乱れる為、株価が乱高下しやすくなります。

〇目先の下値抵抗と上値抵抗
下値は26300ドルで、上値は27100ドルになると考えています。


勉強できる私の買い付け」を更新しました
タイトルは・・・「好材料を見直す買い戻し」を先回り


テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

欧米株と比べて日経平均は際立つ底固さ
情報誌に掲載されました
詳しい内容は、HP「素人投資家の挑戦」上段をご覧下さいませ。
----------------------------------------
niko.gif twitter @mm333m 
niko.gif メール
----------------------------------------
ランキングへの応援(バナーをクリック)を、宜しくお願い致します。
  
----------------------------------------

「米国株について」を朝の8時頃、「日本株について」を夕方に(1日2回)更新しています。

9月23日 水曜日

日本株について
本日の日経平均株価は、13円安の23346円で取引終了。
4連休中、外部環境が大きく悪化。これを嫌気する売りが先行するも、安値となる206円安の23154円で底打ちすると下げ幅縮小。後場は14時頃から買いの勢いが増し、13円安まで戻しました。

日経平均 日中足チャート
20200923j.gif

日経平均 日足チャート
20200923j2.gif

〇東証1部の売買代金と騰落状況
売買代金は2兆7632億円、出来高は15億1983万株。
値上がり銘柄数は732、値下がり銘柄数は1367、変わらずは77銘柄でした。

〇東証1部の業種別ランキング
10業種が上昇、23業種が下落
上昇率の高い順
陸運、小売、海運、その他製品、卸売

下落率の高い順
鉱業、鉄鋼、非鉄金属、保険、パルプ・紙

〇日経平均採用銘柄の騰落率
値上がり銘柄数は73、値下がり銘柄数は149、変わらずは3銘柄でした。
上昇率の高い順
日本製鋼所 15.69%高
サイバーエージェント 5.96%高
富士フイルムHD 4.88%高
NTTデータ 4.27%高
バンダイナムコHD 3.41%高

下落率の高い順
三菱自動車工業 5.28%安
日本板硝子 4.92%安
日本軽金属HD 4.86%安
太平洋金属 4.01%安
IHI 3.99%安

〇欧米株と比べて日経平均は際立つ底固さ
日本が4連休中、欧米株は大幅安に。
ダウ平均は、前週金曜日が244ドル安、月曜日が509ドル安。2営業日で753ドルも下落。本日は140ドル高と反発しましたが、トータルで613ドルも下落。欧州株は、ドイツ(DAX)がトータルで4.6%安、フランス(CAC) 5.3%安、イギリス(FTSE)はトータルで3.6%安。とくに、欧州ではコロナウイルスの感染拡大を受けて、ロックダウン(都市封鎖)への警戒感が高まり、大きな売り材料になっています。

これを受けて(私の予想では)23000円割れも十分にあると考えていましたが、安値は10時30分頃につけた206円安の23154円。その後は13円安まで下げ幅を縮小させました。欧米株と比べて際立つ底固さです。

業種別では、欧米株の大幅安を受けて外需関連で下げるものが多く、一方でディフェンシブ性の高い内需関連は底固いものが多くありました。

〇ドル円相場は戻す
2日前に1ドル104円まで下落しますが、大きく戻して105円の攻防に。
戻りは好感されるも、欧米株が大幅安の中では焼け石に水。輸出関連株が売られました。

勉強できる私の買い付け」を更新しました
タイトルは・・・押し目待ちに押し目あり


テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

ダウ平均はボックス相場下放れの後、大きな節目で下げ止まり
情報誌に掲載されました
詳しい内容は、HP「素人投資家の挑戦」上段をご覧下さいませ。
----------------------------------------
niko.gif twitter @mm333m 
niko.gif メール
----------------------------------------
ランキングへの応援(バナーをクリック)を、宜しくお願い致します。
  
----------------------------------------

「米国株について」を朝の8時頃、「日本株について」を夕方に(1日2回)更新しています。

9月23日 水曜日

米国株について
ダウ平均は140ドル高の27288ドルで取引終了。
午前中は小高く寄り付くも27000ドルまで下落。午後は買い戻されて140ドル高まで上げ幅拡大。

米国株 日中足チャート
20200923d.gif

米国株 日足チャート
20200923d2.gif

〇主要3指数の動向
ダウ平均 0.52%高(140ドル高)
ナスダック 1.71%高
S&P500指数 1.05%高

〇S&P500指数の業種別動向
8業種が上昇、3業種が下落しました。
上昇率の高い順
一般消費財、通信、情報技術、不動産、資本財、生活必需品

下落率の高い順
エネルギー、金融、ヘルスケア

〇ダウ構成銘柄の動向
9銘柄が上昇、 20銘柄が下落、マクドナルドは変わらず。
上昇率の高い順
ナイキ 3.09%高
マイクロソフト 2.41%高
アムジェン 1.77%高
ビザ 1.58%高
アップル 1.57%高

下落率の高い順
ユナイテッドヘルス 1.65%安
ゴールドマン・サックス 1.23%安
JPモルガン・チェース 1.09%安
シェブロン 1.01%安
ジョンソン&ジョンソン 0.61%安

〇経済指標
・8月の中古住宅販売件数は、年率換算で600万戸。
前月比で2.4%増となり、およそ14年ぶりの高水準になりました。
低金利の住宅ローンが追い風になり、購入する人が増加。一方で需要に供給が追いつかない為、住宅価格は上昇し続けて過去最高値の水準という向かい風。冷めた見方をすれば、低金利で買っても割り高物件なら得にならず。

〇ボックス相場を下放れ
前週金曜日が244ドル安、月曜日が509ドル安。2営業日で753ドルも下落。本日は140ドル高と反発しましたが、トータルで613ドルも下落。

金曜日に書かせていただいた懸念が現実に。
----- 金曜日の内容 -----
ダウ平均とナスダックはボックス相場の中で推移していますが、本日売られたことで下抜けに対する警戒感が台頭。
----- ここまで -----

〇大きな節目27000ドルが下値抵抗に
2営業日続けて27000ドルで下げ止まっています。大きな節目と75日移動平均線が重なっていることもあり、同水準で買い戻す投資家が増えている印象。

27000ドルは強い下値抵抗ですが、(強いだけに)下抜けると見切り売りと失望売りが出やすいので注意が必要。

〇目先の下値抵抗と上値抵抗
下値は27000ドルで、上値は27500ドルになると考えています。

勉強できる私の買い付け」を更新しました
タイトルは・・・押し目待ちに押し目あり


テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

日本株は4連休前でも売り込まれず堅調に推移
情報誌に掲載されました
詳しい内容は、HP「素人投資家の挑戦」上段をご覧下さいませ。
----------------------------------------
niko.gif twitter @mm333m 
niko.gif メール
----------------------------------------
ランキングへの応援(バナーをクリック)を、宜しくお願い致します。
  
----------------------------------------

「米国株について」を朝の8時頃、「日本株について」を夕方に(1日2回)更新しています。

9月18日 金曜日

日本株について
本日の日経平均株価は、40円高の23360円で取引終了。
前場は80円ほど上昇した後に前日値を割り込む小幅な乱高下。後場は小高いところでほとんど動かないまま40円高。

日経平均 日中足チャート
20200918j.gif

日経平均 日足チャート
20200918j2.gif

〇東証1部の売買代金と騰落状況
売買代金は2兆7151万株、出来高は14億9974万株。
値上がり銘柄数は1600、値下がり銘柄数は488、変わらずは88銘柄でした。

〇東証1部の業種別ランキング
24業種が上昇、9業種が下落
上昇率の高い順
パルプ・紙、海運、その他製品、陸運、建設

下落率の高い順
情報・通信、ゴム、証券・商品先物、医薬品、保険

〇日経平均採用銘柄の騰落率
値上がり銘柄数は149、値下がり銘柄数は69、変わらずは7銘柄でした。
上昇率の高い順
NTTデータ 7.61%高
いすゞ自動車 4.88%高
富士通 4.42%高
日本電気 4.04%高
電通G 3.74%高

下落率の高い順
KDDI 4.09%安
第一三共 3.40%安
NTTドコモ 2.88%安
コニカミノルタ 2.88%安
セイコーエプソン 2.46%安

〇朝の予想はほとんどハズレ
嬉しい誤算になりました。

〇米国株に対する先行き不安
ダウ平均 0.47%安(130ドル安)
ナスダック 1.27%安
S&P500指数 0.84%安

3指数揃っての下落は売り材料。
ダウ平均とナスダックはボックス相場の中で推移していますが、本日売られたことで下抜けに対する警戒感が台頭。4連休中の値動きに対する警戒感から売り材料になると予想していました(米国株の下落は日本株への売り材料)。

〇欧州株による影響は限定的
ドイツ(DAX) 0.36%安
フランス(CAC) 0.69%安
イギリス(FTSE) 0.47%安
前日の米国株(後半失速)と、本日の米国株(安値で400ドル近い下げ幅)を織込んでこの結果なら上出来。また、前日の先回り売り(本日の欧州株下落を見越した損失補てんの日本株売り)を踏まえると、欧州株安による売り圧力はほとんど無いと考えていました。

〇円高懸念
1ドル104円半ばに近づいてきました。104円50銭が下値抵抗となり戻したところもありますが、105円を完全に上抜けられず。こちらに対しても、4連休中の下抜けを警戒する株売りが出てくると予想していました。

〇4連休前の手仕舞い
外部環境が弱含みの為、リスクを回避する手仕舞い売りが優勢になると予想していました。

〇嬉しい誤算
上記しました朝の予想は、ほぼハズレ。
朝の予想では、手仕舞い売りで日経平均の下値を23050円(269円安)と予想していましたが、結果は安値で23290円(29円安)。売り込まれることなく堅調に推移、嬉しい誤算になりました。

勉強できる私の買い付け」を更新しました
タイトルは・・・押し目待ちに押し目あり


テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

米国株はボック相場の中で
情報誌に掲載されました
詳しい内容は、HP「素人投資家の挑戦」上段をご覧下さいませ。
----------------------------------------
niko.gif twitter @mm333m 
niko.gif メール
----------------------------------------
ランキングへの応援(バナーをクリック)を、宜しくお願い致します。
  
----------------------------------------

「米国株について」を朝の8時頃、「日本株について」を夕方に(1日2回)更新しています。

9月18日 金曜日

米国株について
ダウ平均は130ドル安の27901ドルで取引終了。
午前中は400ドル近い下げ幅から前日値を回復しますが、再び安値圏まで売り込まれる「往って来い」。午後は安値圏で100ドルほどの乱高下を繰り返した後、引けにかけて下げ幅縮小。

米国株 日中足チャート
20200918d.gif

米国株 日足チャート
20200918d2.gif

〇主要3指数の動向
ダウ平均 0.47%安(130ドル安)
ナスダック 1.27%安
S&P500指数 0.84%安

〇S&P500指数の業種別動向
3業種が上昇、8業種が下落しました。
上昇率の高い順
素材、資本財、エネルギー

下落率の高い順
不動産、通信、一般消費財、金融、情報技術、公益

〇ダウ構成銘柄の動向
13銘柄が上昇、 17銘柄が下落しました。
上昇率の高い順
ウォルグリーン 2.56%高
ダウ 2.56%高
キャタピラー 1.83%高
スリーエム 1.69%高
IBM 0.56%高

下落率の高い順
ゴールドマン・サックス 2.92%安
セールスフォース 2.42%安
ナイキ 1.88%安
アップル 1.60%安
ウォルト・ディズニー 1.42%安

〇経済指標
・週間新規失業保険申請件数は86万件。
前週から3万3000人の減少しましたが、市場予想より悪い。

・8月の住宅着工件数は、年率換算で141万6000戸。
7月まで3カ月連続で増加してきましたが、8月は5.1%減(7月は少し下方修正されています)。市場予想も下回っています。

・9月のフィラデルフィア連銀景況指数は15.0になりました。
8月の17.2から低下しましたが、市場予想とほぼ一致。

〇ボックス相場(揉み合い)の中で
ダウ平均は27500ドルから28000ドルの間で推移するボックス相場が続いています。前日は上限となる28000ドルを大きく上抜けるも、引けにかけて売り込まれてしまい28032ドルで取引終了。ローソク足は売り圧力の強さを示す上ヒゲの長い足になりました。

本日は経験則通り売り先行で400ドル近く下落。その後は乱高下しながら下げ幅を縮小させますが、戻りは限られ27901ドルで取引終了。ボックス相場の中央値に近づきました。ローソク足は上下の足が同じ陽線となり、戻りの強さはあるものの迷う投資家が増えている印象です。

ハイテク比率の高いナスダックは10800から11200の間で推移するボックス相場が続いています。前日は上限に到達するも売り込まれて陰線。

本日はお昼過ぎに10783まで売られた後に10910まで戻していますが、大幅に反落。下限となる10800が下値抵抗になっています。このまま戻せば良いのですが、再び売り込まれると下放れするかもしれません。

〇目先の下値抵抗と上値抵抗
下値は27600ドルで、上値は28100ドルになると考えています。

勉強できる私の買い付け」を更新しました
タイトルは・・・押し目待ちに押し目あり


テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

先回り売り&先回り売りで日経平均は0.67%安
情報誌に掲載されました
詳しい内容は、HP「素人投資家の挑戦」上段をご覧下さいませ。
----------------------------------------
niko.gif twitter @mm333m 
niko.gif メール
----------------------------------------
ランキングへの応援(バナーをクリック)を、宜しくお願い致します。
  
----------------------------------------

「米国株について」を朝の8時頃、「日本株について」を夕方に(1日2回)更新しています。

9月17日 木曜日

日本株について
本日の日経平均株価は、156円安の23319円で取引終了。
前場は、さまざまな手仕舞い要因と押し目買いが交錯して100円ほどの値幅で乱高下。後場寄りには203円安まで売られましたが、その後は少し戻した水準で動かなくなり156円安。

日経平均 日中足チャート
20200917j.gif

日経平均 日足チャート
20200917j2.gif

〇東証1部の売買代金と騰落状況
売買代金は2兆35億円、出来高は11億894万株。
値上がり銘柄数は1116、値下がり銘柄数は931、変わらずは127銘柄でした。

〇東証1部の業種別ランキング
10業種が上昇、23業種が下落
上昇率の高い順
倉庫・運輸、繊維、海運、小売、その他金融

下落率の高い順
陸運、空運、非鉄金属、鉄鋼、輸送用機器

〇日経平均採用銘柄の騰落率
値上がり銘柄数は61、値下がり銘柄数は156、変わらずは8銘柄でした。
上昇率の高い順
味の素 3.09%高
川崎汽船 2.31%高
東洋紡 1.74%高
楽天 1.44%高
ヤマトHD 1.41%高

下落率の高い順
西日本旅客鉄道 5.57%安
いすゞ自動車 5.09%安
東日本旅客鉄道 4.67%安
東海旅客鉄道 4.11%安
ヤマハ発動機 3.44%安

〇米国株による影響はハイテクとエネルギー
ダウ平均 0.13%高(36ドル高)
ナスダック 1.25%安
S&P500指数 0.46%安

ハイテク比率の高いナスダックが1.25%安。また、ダウ平均もプラスとはいえ引けにかけて300ドル以上も売り込まれています。

この展開を嫌気する売りが出ています。
とくに、ハイテクは円高と重なり売りが膨らむと予想していました。

原油価格が5%ほど上昇。ダウ構成銘柄ではシェブロンが上昇率トップ。業種別でもエネルギーが突出した上昇率になっている為、日本の石油関連株にも買い材料と予想していましたが、結果は33業種中22位でマイナス。

〇欧州株による影響は限定的でも先回りした売り
ドイツ(DAX) 0.29%高
フランス(CAC) 0.13%高
イギリス(FTSE)0.44%安

僅かな上下なので日本株への影響も限定的。但し、FOMC後の米国株失速を織込んでいない為、明日の欧州株下落要因と考えれば欧州投資家が損失補てんの先回りで日本株を売ってくる可能性があると予想していました。

〇円高株売り
1ドル105円の攻防になっています。FOMC前に104円80銭まで下落しますが、FOMC後は105円の攻防に。105円割れでも円高は進んでいませんが、株売り材料になると予想していました。結果は全体の下げ要因、とくに輸出関連が売られています。

〇4連休を前にした早めの手仕舞い
今週は土日月火と4連休になります。米国株が上昇基調なら安心感で買われるところ、揉み合い中なので連休中のリスク(揉み合い下放れで下げが加速すれば日本株への売り材料)を回避する早めの手仕舞い売りが出てくると予想していました。こちらも全体の下げ要因。

〇外需関連株から内需関連株へ
前日と同じく、外部環境の影響を受けやすい外需関連株から、影響を受けにくい内需関連株へ資金がシフトすると予想していました。内需関連(ディフェンシブ性の高い)業種は上昇、もしくは底固いものが多くみられました。

勉強できる私の買い付け」を更新しました
タイトルは・・・押し目待ちに押し目あり


テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

FOMC後もトレンド変換せず
情報誌に掲載されました
詳しい内容は、HP「素人投資家の挑戦」上段をご覧下さいませ。
----------------------------------------
niko.gif twitter @mm333m 
niko.gif メール
----------------------------------------
ランキングへの応援(バナーをクリック)を、宜しくお願い致します。
  
----------------------------------------

「米国株について」を朝の8時頃、「日本株について」を夕方に(1日2回)更新しています。

9月17日 木曜日

米国株について
ダウ平均は36ドル高の28032ドルで取引終了。
午前中に200ドルほど上昇すると高値揉み合いに。FOMC声明後は370ドル高となりますが、引けにかけて一気に売り込まれて上げ幅縮小。

米国株 日中足チャート
20200917d.gif

米国株 日足チャート
20200917d2.gif

〇主要3指数の動向
ダウ平均 0.13%高(36ドル高)
ナスダック 1.25%安
S&P500指数 0.46%安

〇S&P500指数の業種別動向
5業種が上昇、6業種が下落しました。
上昇率の高い順
エネルギー、金融、資本財、不動産、素材

下落率の高い順
情報技術、通信、一般消費財、生活必需品、ヘルスケア、公益

〇ダウ構成銘柄の動向
14銘柄が上昇、 16銘柄が下落しました。
上昇率の高い順
シェブロン 2.89%高
ウォルグリーン 2.86%高
ボーイング 2.43%高
スリーエム 1.77%高
キャタピラー 1.69%高

下落率の高い順
アップル 2.95%安
ダウ 2.68%安
マイクロソフト 1.79%安
ホームデポ 1.38%安
ウォルマート 0.80%安

〇経済指標
・9月の住宅建設業者指数は83になりました。
前月の78から上昇、過去最高を更新。
過去最低水準の住宅ローン金利が追い風になっています。
6ヶ月先の予測指数も上昇。

・8月の小売売上高は前月比0.6%増。
7月の改定値0.9%増から減少。
自動車、ガソリンなどを除いたコア売上高は0.1%減となり、市場予想を大きく下回っています。

〇原油価格急騰でエネルギー株が買われました
原油価格が5%ほど急騰。これが好感され、エネルギーが4%を超える上昇になりました。上昇率2位の金融が1%の上昇なので、突出していることが分かります。ダウ構成銘柄ではシェブロンが上昇率トップ、先日の銘柄入れ替えで除外されたエクソンモービルも4.25%高と急騰。

〇FOMC声明
ゼロ金利を2023年末まで維持。
他、声明にサプライズはなかったものの一時は370ドル高まで買われるところがありました。その後、引けにかけて売り込まるので短期筋(AIなど)が動いただけという感じ。

〇揉み合い継続
取引開始早々、直近の揉み合い上限となる28000ドルを突破。経験則通り買いに弾みがつき28200ドルまで上昇。FOMC声明後は高値で28364ドルまで買われますが、引けにかけて300ドル以上も売り込まれてしまい28032ドルで取引終了。
20200917d3.gif

連日書いています通り、直近は27500ドルから28000ドルの間で推移する揉み合いが続いています。本日も「往って来い」となり、揉み合いの上限付近で終えました。

〇上ヒゲの長いローソク足
大きく買われた後に大きく売り込まれている為、上ヒゲの長いローソク足になりました。売り圧力の強さを示す足で、経験則では弱含み。

〇ナスダックも揉み合い継続
こちらも書いていましたが、直近は10800ポイントから11200ポイントの間で揉み合いが続いています。前日は上限まで上昇していましたが、売り込まれて1.25%安。上値抵抗を上抜けられず揉み合い継続。

〇トレンド転換せず
FOMCは大きな材料ですが、サプライズは無く市場予想の範囲内。
株価は大きく上下しましたが、終わってみれば「往って来い」でトレンド変換せず。

〇目先の下値抵抗と上値抵抗
下値は27800ドルで、上値は28250ドルになると考えています。

勉強できる私の買い付け」を更新しました
タイトルは・・・押し目待ちに押し目あり


テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

日本株も米FOMC待ち
情報誌に掲載されました
詳しい内容は、HP「素人投資家の挑戦」上段をご覧下さいませ。
----------------------------------------
niko.gif twitter @mm333m 
niko.gif メール
----------------------------------------
ランキングへの応援(バナーをクリック)を、宜しくお願い致します。
  
----------------------------------------

「米国株について」を朝の8時頃、「日本株について」を夕方に(1日2回)更新しています。

9月16日 水曜日

日本株について
本日の日経平均株価は、20円高の23475円で取引終了。
小安く寄り付いた後は上昇基調になって32円高で前引け。後場はほとんど動かず20円高。

日経平均 日中足チャート
20200916j.gif

日経平均 日足チャート
20200916j2.gif

〇東証1部の売買代金と騰落状況
売買代金は2兆1398億円、出来高は11億6886万株。
値上がり銘柄数は1357、値下がり銘柄数は732、変わらずは85銘柄でした。

〇東証1部の業種別ランキング
9業種が上昇、24業種が下落
上昇率の高い順
情報・通信、食料品、医薬品、小売、サービス

下落率の高い順
海運、ゴム、鉱業、空運、建設

〇日経平均採用銘柄の騰落率
値上がり銘柄数は48、値下がり銘柄数は173、変わらずは4銘柄でした。
上昇率の高い順
エムスリー 6.38%高
味の素 5.27%高
ソフトバンクG 4.64%高
サイバーエージェント 4.46%高
第一三共 2.60%高

下落率の高い順
日野自動車 4.21%安
いすゞ自動車 4.18%安
川崎汽船 4.04%安
セイコーエプソン 4.02%安
新生銀行 3.64%安

〇米FOMCを控えてリスク回避
米国ではFOMCが始まっています。
声明後の米国株が日本株に大きく影響する為、外部環境の影響を受けにくい内需関連株(ディフェンシブ性の高い業種)に資金がシフト。業種別でも内需関連が上位を占めています。

〇FOMCを控えて様子見ムード
売買代金は2兆1398億円しかありません。日中の値幅も100円ほどで、とくに後場は全くと言ってよいほど動かず様子見ムード。

〇とくに注視するところは無し
「FOMC待ち」これだけでよく、とくに注視するところは無いと思いました。

前日に「勉強できる私の買い付け」を更新しました
タイトルは・・・押し目待ちに押し目あり


テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

米国株はFOMC待ち&揉み合い上限
情報誌に掲載されました
詳しい内容は、HP「素人投資家の挑戦」上段をご覧下さいませ。
----------------------------------------
niko.gif twitter @mm333m 
niko.gif メール
----------------------------------------
ランキングへの応援(バナーをクリック)を、宜しくお願い致します。
  
----------------------------------------

「米国株について」を朝の8時頃、「日本株について」を夕方に(1日2回)更新しています。

9月16日 水曜日

米国株について
ダウ平均は2ドル高の27995ドルで取引終了。
取引開始直後に240ドルほど上昇しますが、下値が同じで上値が切り下がってくる弱含みの三角持合いを形成。午後に下放れると一気に上げ幅を縮小させて2ドル高。

米国株 日中足チャート
20200916d.gif

米国株 日足チャート
20200916d2.gif

〇主要3指数の動向
ダウ平均 0.01%高(2ドル高)
ナスダック 1.21%高
S&P500指数 0.52%高

〇S&P500指数の業種別動向
8業種が上昇、3業種が下落しました。
上昇率の高い順
通信、不動産、一般消費財、情報技術、公益、素材

下落率の高い順
金融、エネルギー、生活必需品

〇ダウ構成銘柄の動向
17銘柄が上昇、 12銘柄が下落、1銘柄が変わらず。
上昇率の高い順
セールスフォース 2.04%高
ダウ 1.96%高
ホームデポ 1.76%高
マイクロソフト 1.64%高
インテル 1.19%高

下落率の高い順
キャタピラー 3.20%安
JPモルガン・チェース 3.11%安
トラベラーズ 2.02%安
ゴールドマン・サックス 1.66%安
シェブロン 1.22%安

〇経済指標
・8月の鉱工業生産は、前月比0.4%増になりました。
7月の改定値3.5%増から大幅に減少、市場予想も下回っています。

・9月のNY連銀製造業景気指数は17.0になりました。
8月の3.7から大幅に増加、市場予想も上回っています。

〇ダウ平均は揉み合い継続
取引開始直後には28231ドルまで上昇しますが、終値は27995ドル。
前日にも書かせていただきましたが、ダウ平均は9月上旬に大きく下げた後は27500ドルから28000ドルの間で揉み合い中。本日も、終わってみれば28000ドルで揉み合い継続。

〇ナスダックも揉み合い継続
ハイテク比率の高いナスダックは1.21%高。他2指数と比べて大きく上昇しましたが、こちらも揉み合い中。9月上旬に大きく下げた後は10800ポイントから11200ポイントの間で揉み合い中。本日は11190ポイントとなり、揉み合いの上限へ。

〇テクニカル的には難しいところ
ダウ平均は揉み合い上限で完全な上抜けにあと一歩。但し、本日の寄り天が示すように戻り売り圧力は強い。ナスダックは大きく上昇しましたが、迷いの十字線(寄り引け同時線)が示すとおり迷いが出ています。

〇FOMC待ち
本日からFOMCが始まっていますので、その内容次第では大きく動くかもしれません。

〇目先の下値抵抗と上値抵抗
下値は27800ドルで、上値は28200ドルになると考えています。

前日に「勉強できる私の買い付け」を更新しました
タイトルは・・・押し目待ちに押し目あり


テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

利益確定売り
情報誌に掲載されました
詳しい内容は、HP「素人投資家の挑戦」上段をご覧下さいませ。
----------------------------------------
niko.gif twitter @mm333m 
niko.gif メール
----------------------------------------
ランキングへの応援(バナーをクリック)を、宜しくお願い致します。
  
----------------------------------------

「米国株について」を朝の8時頃、「日本株について」を夕方に(1日2回)更新しています。

9月15日 火曜日

日本株について
本日の日経平均株価は、104円安の23454円で取引終了。
取引開始から1時間で200円安になりますが、その後は買い戻されて下げ幅縮小。

日経平均 日中足チャート
20200915j.gif

日経平均 日足チャート
20200915j2.gif

〇東証1部の売買代金と騰落状況
売買代金は2兆1351億円、出来高は11億7172万株。
値上がり銘柄数は828、値下がり銘柄数は1248、変わらずは98銘柄でした。

〇東証1部の業種別ランキング
4業種が上昇、29業種が下落
上昇率の高い順
海運、サービス、銀行、その他製品

下落率の高い順
鉄鋼、空運、鉱業、陸運、パルプ・紙

〇日経平均採用銘柄の騰落率
値上がり銘柄数は45、値下がり銘柄数は175、変わらずは5銘柄でした。
上昇率の高い順
東海カーボン 3.05%高
昭和電工 2.37%高
エムスリー 2.17%高
丸井G 1.54%高
サイバーエージェント 1.45%高

下落率の高い順
JFEホールディングス 4.90%安
日本製鉄 4.05%安
日野自動車 4.04%安
フジクラ 3.41%安
J.フロントリテイリング 3.35%安

〇米国株の上昇は買い材料
ダウ平均 1.18%高(327ドル高)
ナスダック 1.87%高
S&P500指数 1.27%高

前日まで軟調だったナスダックが2%近い大幅反発。
これは日本のハイテクに買い材料。但し、円高が水を差す。

〇欧州株による影響は限定的
ドイツ(DAX) 0.07%安
フランス(CAC) 0.35%高
イギリス(FTSE) 0.10%安

僅かな上下なので、影響はほとんど無し。

〇円高進行
1ドル105円70銭まで円高進行。106円前半で揉み合ってきましたが、106円を割り込みました。但し、節目を割り込んでも下げがきつくない為、少しだけ株売り材料という感じ。

〇利益確定売りで反落
前日までの3営業日で500円を超える上げ幅になっている為、利益確定売りが出てきました。米国株の上昇は買い材料ですが、ダウ平均とS&P500指数の上昇率を踏まえると売り優勢。

直近高値は9月3日の23465円。翌4日は260円安の23205円と反落しています。前日は23559円で高値を超えましたが、短期急騰していることから前回同様に利益確定売りが多く出てきました。

〇買戻し
取引開始から1時間で208円安となりますが、その後は戻り基調になって104円安まで下げ幅縮小。

本日「勉強できる私の買い付け」を更新しました
タイトルは・・・押し目待ちに押し目あり


テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

米国株はトレンド転換待ち
情報誌に掲載されました
詳しい内容は、HP「素人投資家の挑戦」上段をご覧下さいませ。
----------------------------------------
niko.gif twitter @mm333m 
niko.gif メール
----------------------------------------
ランキングへの応援(バナーをクリック)を、宜しくお願い致します。
  
----------------------------------------

「米国株について」を朝の8時頃、「日本株について」を夕方に(1日2回)更新しています。

9月15日 火曜日

米国株について
ダウ平均は327ドル高の27993ドルで取引終了。
取引開始から30分で28000ドルを回復。その後は上下100ドル前後の高値揉み合いになりました。

米国株 日中足チャート
20200915d.gif

米国株 日足チャート
20200915d2.gif

〇主要3指数の動向
ダウ平均 1.18%高(327ドル高)
ナスダック 1.87%高
S&P500指数 1.27%高

〇S&P500指数の業種別動向
下げた業種はありません。11業種全てが上昇しました。
上昇率の高い順
不動産、情報技術、素材、ヘルスケア、資本財、金融、公益

〇ダウ構成銘柄の動向
27銘柄が上昇、 3銘柄が下落しました。
上昇率の高い順
アメリカン・エキスプレス 3.78%高
ボーイング 3.20%高
アップル 3.00%高
ユナイテッドヘルス 2.35%高
ビザ 2.14%高

下落率の高い順
シェブロン 0.51%安
ウォルト・ディズニー 0.38%安
キャタピラー 0.21%安

〇ナスダックが11000ポイント回復
ハイテク比率の高いナスダックが2%近い上昇となり、節目となる11000ポイントを回復。前日までの続落で下落トレンドを意識させる展開でしたが、本日の大幅高で一旦歯止めがかかりました。投資家心理も少し改善。

但し、これで底打ちしたと判断するのは時期尚早。
再び売り込まれるようだと、底割れ(下値抵抗になっている10800ポイントを割り込む)に対する警戒感も強くなります。

〇トレンド転換待ち
ダウ平均は9月上旬に大きく下げた後、27500ドルから28000ドルの間で揉み合い中。ナスダックは10800ポイントから11200ポイントの間で揉み合い中。

この上下ラインを抜けてくれば方向感が出てくるかもしれません。
ダウ平均だ上値が28000ドルで下値が27500ドル。

上に抜ければ下値抵抗が強くなりますので、底固さによる買い安心感へ。逆に下抜けると上値抵抗が強くなりますので、上値の重さを嫌気した見切り売りと失望売り。

〇目先の下値抵抗と上値抵抗
下値は27700ドルで、上値は28300ドルになると考えています。

勉強できる私の買い付け」を更新しました
タイトルは・・・大荒れ相場でも怖くない


テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

限られた銘柄や業種がけん引する時は要注意
情報誌に掲載されました
詳しい内容は、HP「素人投資家の挑戦」上段をご覧下さいませ。
----------------------------------------
niko.gif twitter @mm333m 
niko.gif メール
----------------------------------------
ランキングへの応援(バナーをクリック)を、宜しくお願い致します。
  
----------------------------------------

「米国株について」を朝の8時頃、「日本株について」を夕方に(1日2回)更新しています。

9月14日 月曜日

日本株について
本日の日経平均株価は、152円高の23559円で取引終了。
ソフトバンクGが買い気配でスタート。寄り付いたのが9時15分、同時刻の日経平均がほぼ高値となり、後は高値揉み合いのまま取引終了。

日経平均 日中足チャート
20200914j.gif

日経平均 日足チャート
20200914j2.gif

〇東証1部の売買代金と騰落状況
売買代金は2兆1982億円、出来高は11億7631万株。
値上がり銘柄数は1619、値下がり銘柄数は471、変わらずは83銘柄でした。

〇東証1部の業種別ランキング
30業種が上昇、3業種が下落
上昇率の高い順
パルプ・紙、非鉄金属、保険、金属、建設

下落率の高い順
海運、その他金融、証券・商品先物

〇日経平均採用銘柄の騰落率
値上がり銘柄数は179、値下がり銘柄数は44、変わらずは2銘柄でした。
上昇率の高い順
ソフトバンクG 8.96%高
日野自動車 6.45%高
東邦亜鉛 4.77%高
太平洋金属 4.75%高
カシオ計算機 4.41%高

下落率の高い順
川崎汽船 7.68%安
商船三井 5.79%安
日本郵船 3.58%安
KDDI 3.05%安
NTTドコモ 2.73%安

〇ソフトバンクGが相場をけん引
買い材料はトップニュースになっている為、ここでは割愛させていただきます。

上記しています通り、ソフトバンクGが買い気配でスタート。寄り付いたのが9時15分で、その後は高値で動かないまま8.96%高。日経平均採用銘柄で上昇率トップとなり、1銘柄で日経平均を113円押し上げました。2番目に寄与した信越化学工業は9円の押し上げなので、いかに影響したのかよく分かります。

ソフトバンクGが寄り付いたのは9時15分、同時刻の日経平均がほぼ高値になりました(正確には11時23分の23582円が高値)。その後は日経平均も高値で動かないまま152円高。9時15分からの値幅は50円ほどしかありません。

これほど影響するとは想定外でした。
実は、本日の相場は材料難で動意薄を予想していました。ソフトバンクGのニュースは買い材料と分かっていても売られる可能性もあるわけで。実際、買いが続いてストップ高にはならず9%止まりです。(9%も上昇すれば上出来ですが)

とはいえ・・・
9月9日に5500円で買い付けていたのは、ここだけの秘密

このような相場は控えめにみておく
限られた銘柄や業種が買われて相場をけん引する時は、簡単に崩れやすいので要注意。
言い換えれば、限られた業種や銘柄に頼っている為、それが売られると全体が下げてしまう。

〇米国株の下落は終わりに近い?
ゴールドマン・サックスとドイツ銀行が、テクニカル分析から米国株の下落は終わりに近いとみているようです。

勉強できる私の買い付け」を更新しました
タイトルは・・・大荒れ相場でも怖くない


テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

米国株はナスダックが軟調
情報誌に掲載されました
詳しい内容は、HP「素人投資家の挑戦」上段をご覧下さいませ。
----------------------------------------
niko.gif twitter @mm333m 
niko.gif メール
----------------------------------------
ランキングへの応援(バナーをクリック)を、宜しくお願い致します。
  
----------------------------------------

「米国株について」を朝の8時頃、「日本株について」を夕方に(1日2回)更新しています。

9月14日 月曜日

米国株について
前週末のダウ平均は131ドル高の27665ドルで取引終了。
午前中の高値では300ドルほど上昇しますが、午後は売り込まれてマイナスになるところがありました。その後は引けにかけて買い戻されるも、上値は伸びず。

米国株 日中足チャート
20200914d.gif

米国株 日足チャート
20200914d2.gif

〇主要3指数の動向
ダウ平均 0.48%高(31ドル高)
ナスダック 0.60%安
S&P500指数 0.05%高

〇S&P500指数の業種別動向
7業種が上昇、4業種が下落しました。
上昇率の高い順
資本財、素材、金融、生活必需品、ヘルスケア、公益、エネルギー

下落率の高い順
情報技術、一般消費財、通信、不動産

〇ダウ構成銘柄の動向
22銘柄が上昇、 8銘柄が下落しました。
上昇率の高い順
ナイキ 2.80%高
キャタピラー 2.65%高
ダウ 2.36%高
コカ・コーラ 2.12%高
スリーエム 1.85%高

下落率の高い順
セールスフォース 1.90%安
アップル 1.31%安
ウォルト・ディズニー 1.10%安
マイクロソフト 0.65%安
ユナイテッドヘルス 0.62%安

〇ハイテク比率の高いナスダックはバブルがはじけて調整入り
9月上旬まで連日の過去最高値更新。12000ポイントを超えたところでバブルがはじけて、直近は10%下落した11000ポイント付近で揉み合っています。前週末は午前中の高値で1%ほど上昇しますが、前日値との間で乱高下。午後に入ると売り込まれて、安値では1.7%安。引けにかけて買い戻されるも、戻りは鈍く0.60%安。

〇乱高下
前週にも書かせていただきましたが、相場が大きく崩れるとAIと投資家の判断も大きく乱れます。これが売買に影響する為、乱高下しやすい状況です。

〇目先の下値抵抗と上値抵抗
下値は27400ドルで、上値は27950ドルになると考えています。

勉強できる私の買い付け」を更新しました
タイトルは・・・大荒れ相場でも怖くない


テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

外需関連株から内需関連株へ
情報誌に掲載されました
詳しい内容は、HP「素人投資家の挑戦」上段をご覧下さいませ。
----------------------------------------
niko.gif twitter @mm333m 
niko.gif メール
----------------------------------------
ランキングへの応援(バナーをクリック)を、宜しくお願い致します。
  
----------------------------------------

「米国株について」を朝の8時頃、「日本株について」を夕方に(1日2回)更新しています。

9月11日 金曜日

日本株について
本日の日経平均株価は、171円高の23406円で取引終了。
米国株の大幅反落を受けて安く寄り付きますが、すぐに前日値を回復。10時から一段高になると高値揉み合いのまま前引け。後場は緩やかな右肩上がりで、ほぼ高値引け。

日経平均 日中足チャート
20200911j.gif

日経平均 日足チャート
20200911j2.gif

〇東証1部の売買代金と騰落状況
売買代金は2兆5640億円、出来高は12億9776万株。
値上がり銘柄数は1601、値下がり銘柄数は480、変わらずは92銘柄でした。

〇東証1部の業種別ランキング
29業種が上昇、4業種が下落
上昇率の高い順
海運、その他金融、陸運、精密、空運

下落率の高い順
鉱業、輸送用機器、鉄鋼、非鉄金属、石油・石炭

〇日経平均採用銘柄の騰落率
値上がり銘柄数は149、値下がり銘柄数は65、変わらずは11銘柄でした。
上昇率の高い順
楽天 5.21%高
ヤマハ 4.31%高
バンダイナムコHD 4.04%高
セイコーエプソン 3.98%高
シチズン時計 3.83%高

下落率の高い順
積水ハウス 4.01%安
スズキ 3.42%安
新生銀行 2.11%安
エムスリー 2.09%安
太平洋金属 2.07%安

〇米国株の反落が売り材料
ダウ平均 1.45%安(405ドル安)
ナスダック 1.99%安
S&P500指数 1.76%安
大きく下げているので、日本株へ大きな売り材料。
ハイテク比率の高いナスダックも下げている為、日本のハイテクにも売り材料。

〇欧州株による影響は限定的
ドイツ(DAX)0.26%安
フランス(CAC)0.38%安
イギリス(FTSE)0.16%安
3市場揃って下げていますが、僅かな下落なので影響は限定的。

〇ドル円相場による影響も限定的
1ドル106円前半で落ち着いており、株式相場への影響も限定的。

〇乱高下
米国株の項でも書いていますが、相場が一旦崩れると(大きく下げると)投資家とAIの判断が大きく乱れます。これが株価に反映される為、崩れた後は乱高下しやすいです。

〇外需関連株から内需関連株へ
外部環境の影響を受けやすい外需関連株から、その影響を受けにくい内需関連株へ資金がシフト。米国株でも外需が売られ、ディフェンシブ性の高い銘柄が下げ渋っていました。

〇嬉しい誤算
本日は米国株の大幅反落で23000円割れもあり得ると予想しましたが、寄り付きの23114円(121円安)が安値となり、後は上昇基調になりました。

前日に「勉強できる私の買い付け」を更新しました
タイトルは・・・大荒れ相場でも怖くない


テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

投資家とAIの判断が大きく乱れて米国株は乱高下
情報誌に掲載されました
詳しい内容は、HP「素人投資家の挑戦」上段をご覧下さいませ。
----------------------------------------
niko.gif twitter @mm333m 
niko.gif メール
----------------------------------------
ランキングへの応援(バナーをクリック)を、宜しくお願い致します。
  
----------------------------------------

「米国株について」を朝の8時頃、「日本株について」を夕方に(1日2回)更新しています。

9月11日 金曜日

米国株について
ダウ平均は405ドル安の27534ドルで取引終了。
取引開始から間もなく200ドルを超える上げ幅になりますが、その後は引けにかけて右肩下がりになってしまい下げ幅拡大。

米国株 日中足チャート
20200911d.gif

米国株 日足チャート
20200911d2.gif

〇主要3指数の動向
ダウ平均 1.45%安(405ドル安)
ナスダック 1.99%安
S&P500指数 1.76%安

〇S&P500指数の業種別動向
11業種全てが下落しました。

下落率の高い順
エネルギー、情報技術、公益、一般消費財、通信、ヘルスケア

〇ダウ構成銘柄の動向
マクドナルドのみ上昇、他29銘柄が下落しました。

下落率の高い順
アップル 3.26%安
マイクロソフト 2.80%安
ユナイテッドヘルス 2.38%安
シェブロン 2.35%安
ウォルマート 2.20%安

〇経済指標
週間新規失業保険申請件数は88万4000件。
前週とほぼ変わらず。

〇ハイテクへの売りが再び強まる
前日は2.71%高と反発しましたが、本日は1.99%安。

ナスダックのバブルがはじけた
----- 9日水曜日に書いていた内容です -----
コロナショックの安値7000ポイントから9月の高値12000ポイントまで70%を超える暴騰になっていました。まさにバブルと言える状況でしたが、3日間で10847ポイントまで10%の暴落。

70%の上昇で10%の下落。
僅かな値幅調整と判断するなら、暴落の始まりに過ぎない。買い意欲は旺盛で上昇が続くと判断するなら、調整終了間近で反発近し。

ナスダックについては、10500ポイントが下値抵抗になりそうです。
----- ここまで -----

現在10919ポイント、私が考えている下値まであと400ポイントです。

〇投資家心理とAIの判断が乱れる
ダウ平均も乱高下しています。29000ドルを突破した後、3営業日続落で27500ドル。前日は439ドル高と反発しましたが、本日は405ドル安。

相場が一旦崩れると(大きく下げると)投資家とAIの判断が大きく乱れます。これが株価に反映される為、崩れた後は乱高下しやすいです。

〇目先の下値抵抗と上値抵抗
下値は27100ドルで、上値は27900ドルになると考えています。

前日に「勉強できる私の買い付け」を更新しました
タイトルは・・・大荒れ相場でも怖くない


テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

欧米株大幅高で日経平均も反発
情報誌に掲載されました
詳しい内容は、HP「素人投資家の挑戦」上段をご覧下さいませ。
----------------------------------------
niko.gif twitter @mm333m 
niko.gif メール
----------------------------------------
ランキングへの応援(バナーをクリック)を、宜しくお願い致します。
  
----------------------------------------

「米国株について」を朝の8時頃、「日本株について」を夕方に(1日2回)更新しています。

9月10日 木曜日

日本株について
本日の日経平均株価は、202円高の23235円で取引終了。
欧米株の大幅反発と円安を受けて買い先行。前場は上げ幅を縮小させますが、後場は買い戻されてほぼ高値引け。

日経平均 日中足チャート
20200910j.gif

日経平均 日足チャート
20200910j2.gif

〇東証1部の売買代金と騰落状況
売買代金は2兆1663億円、出来高は11億5119万株。
値上がり銘柄数は1523、値下がり銘柄数は562、変わらずは87銘柄でした。

〇東証1部の業種別ランキング
33業種全てが上昇しました。
上昇率の高い順
海運、ガラス・土石、その他金融、ゴム、建設

〇日経平均採用銘柄の騰落率
値上がり銘柄数は197、値下がり銘柄数は25、変わらずは3銘柄でした。
上昇率の高い順
商船三井 9.42%高
楽天 7.78%高
川崎汽船 7.66%高
ミネベアミツミ 5.25%高
日本郵船 5.23%高

下落率の高い順
スズキ 1.98%安
東京エレクトロン 1.67%安
アドバンテスト 1.31%安
東宝 1.07%安
ユニチカ 1.04%安

〇米国株の大幅反発は買い材料
ダウ平均 1.60%高(439ドル高)
ナスダック 2.71%高
S&P500指数 2.01%高
とくにハイテク比率の高いナスダックの大幅反発は、日本のハイテクにも買い材料。

〇欧州株の大幅反発も買い材料
ドイツ(DAX)2.07%高
フランス(CAC)1.40%高
イギリス(FTSE)1.39%高
欧州市場が全面高。主要3市場も大幅反発。こちらも日本株の買い材料に。

〇ドル円相場は少し買い材料
1ドル106円台を回復、但し上値は重く円安進まず。
少し円安なので、少し株買い材料に。

〇反発
良好な外部環境が買い材料となり、前日の下げ幅をほぼ取り返しています。
前場に売り込まれたので後場は少し警戒しましたが、杞憂に終わりほぼ高値引け。

〇欧米と比べて控えめ
欧米はおよそ1.5%から2%の上昇率なのに、日本株は0.88%高と控えめでした。

本日、「勉強できる私の買い付け」を更新しました
タイトルは・・・大荒れ相場でも怖くない


テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

米国株は値ごろ感で押し目買い
情報誌に掲載されました
詳しい内容は、HP「素人投資家の挑戦」上段をご覧下さいませ。
----------------------------------------
niko.gif twitter @mm333m 
niko.gif メール
----------------------------------------
ランキングへの応援(バナーをクリック)を、宜しくお願い致します。
  
----------------------------------------

「米国株について」を朝の8時頃、「日本株について」を夕方に(1日2回)更新しています。

9月10日 木曜日

米国株について
ダウ平均は439ドル高の27940ドルで取引終了。
押し目買い優勢で午前中は右肩上がり。午後の高値では700ドルを超える上げ幅となりますが、最後の30分で売り込まれて上げ幅縮小。

米国株 日中足チャート
20200910db.gif

米国株 日足チャート
20200910d2a.gif

〇主要3指数の動向
ダウ平均 1.60%高(439ドル高)
ナスダック 2.71%高
S&P500指数 2.01%高

〇S&P500指数の業種別動向
11業種全てが上昇しました。
上昇率の高い順
情報技術、素材、一般消費財、ヘルスケア、資本財、生活必需品

〇ダウ構成銘柄の動向
26銘柄が上昇、 4銘柄が下落しました。
上昇率の高い順
マイクロソフト 4.26%高
アップル 3.99%高
セールスフォース 3.80%高
ホームデポ 2.89%高
キャタピラー 2.81%高

下落率の高い順
ウォルグリーン 2.08%安
ウォルト・ディズニー 0.63%安
ボーイング 0.19%安
ゴールドマン・サックス 0.13%安

〇値ごろ感による押し目買い
前日までの大幅下落で値ごろ感が台頭。一方で、巨額の売りに対する警戒感もありましたが、売り一服で押し目買い優勢。

〇ハイテクに買い
ハイテク比率の高いナスダックが3%近い反発。
前日までの3日間で10%下落していましたが、ダウ平均と同じく売り一服で押し目買い優勢に。

ダウ構成銘柄では、マイクロソフトが上昇率トップ。2位はアップル。
業種別でも情報技術が上昇率トップ。

電気自動車を主力とする大手自動車メーカーのテスラは10%高。
前日は20%の下落で相場全体の下げに拍車をかけましたが(損失補てんの売りが他銘柄に波及、テスラショック)、本日は一転買い戻され半値戻し。

〇目先の下値抵抗と上値抵抗
下値は27600ドルで、上値は28300ドルになると考えています。

勉強できる私の買い付け」を更新しました
タイトルは・・・一発必中銘柄


テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

東証1部の7割が沈む中、船は沈まず船だけに
情報誌に掲載されました
詳しい内容は、HP「素人投資家の挑戦」上段をご覧下さいませ。
----------------------------------------
niko.gif twitter @mm333m 
niko.gif メール
----------------------------------------
ランキングへの応援(バナーをクリック)を、宜しくお願い致します。
  
----------------------------------------

「米国株について」を朝の8時頃、「日本株について」を夕方に(1日2回)更新しています。

9月9日 水曜日

日本株について
本日の日経平均株価は、241円安の23032円で取引終了。
欧米株の大幅安が売り材料となり、10時30分過ぎには400円近い下げ幅になりました。前場は安値付近で終えますが、後場に入ると大きく買い戻されて23000円を回復。終値では241円安まで下げ幅縮小。

日経平均 日中足チャート
20200909j.gif

日経平均 日足チャート
20200909j2.gif

〇東証1部の売買代金と騰落状況
売買代金は2兆4180億円、出来高は13億6045万株。
値上がり銘柄数は588、値下がり銘柄数は1497、変わらずは87銘柄でした。

〇東証1部の業種別ランキング
4業種が上昇、29業種が下落
上昇率の高い順
海運、その他製品、鉄鋼、ガラス・土石

下落率の高い順
鉱業、銀行、不動産、輸送用機器、証券・商品先物

〇日経平均採用銘柄の騰落率
値上がり銘柄数は53、値下がり銘柄数は165、変わらずは53銘柄でした。
上昇率の高い順
川崎汽船 4.93%高
商船三井 3.96%高
日本郵船 3.43%高
東ソー 3.28%高
コナミHD 2.45%高

下落率の高い順
カシオ計算機 4.43%安
サイバーエージェント 4.06%安
ディー・エヌ・エー 3.54%安
コニカミノルタ 3.32%安
あおぞら銀行 3.26%安

〇米国株の大幅安が大きな売り材料
ダウ平均 2.25%安(632ドル安)
ナスダック 4.11%安
S&P500指数 2.78%安
これだけ下げれば大きな売り材料。

〇ハイテクに売り材料
テスラショックが下げに拍車をかけたとはいえ、ハイテク比率の高いナスダック暴落は日本のハイテクに大きなマイナス。ダウ構成銘柄でも、アップル、マイクロソフト、インテルなどが下げています。

テスラショックおよびナスダックの暴落については、朝に更新している「米国株について」こちらでご確認下さい。

〇石油関連株に売り材料
原油価格が7%を超える下落。これを嫌気した売りが出ています。

〇欧州全面安も売り材料
ドイツ(DAX)1.01%安
フランス(CAC)1.59%安
イギリス(FTSE)0.12%安
前日は欧州市場全面高でしたが、本日は真逆で全面安。主要3市場も添って下落しており、日本株への売り材料。

〇少し円高で少し売り材料
1ドル105円90銭まで円高進行。106円割れでも下げに拍車はかからず106円前後で揉み合っています。この程度なら、少しだけ株売り材料。

〇外需関連株から内需関連株へ
海外市場の悪化を受けて、その影響を受けやすい外需関連株から影響を受けにくい内需関連株へ資金がシフト。

〇下げ渋る
欧米株の大幅安から普通に考えると、2%から3%の下落(450円安から700円安)ほどインパクトはありますが、最近の傾向ではそこまで下げず。「アメリカがくしゃみをすれば日本は風邪をひく(米国株が下げれば日本株はそれ以上に下げるという意味)」昔からよく使われる表現ですが、今回も当てはまらず。

〇船が浮く
東証1部の7割が沈む中、船は沈まず船だけに。
日経平均採用銘柄では、上位トップ3が海運。際立つ強さをみせました。

海運の上昇率がトップで3.4%高。
2位の、その他製品は0.32%高。

勉強できる私の買い付け」を更新しました
タイトルは・・・一発必中銘柄


テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

ナスダックのバブルがはじけた
情報誌に掲載されました
詳しい内容は、HP「素人投資家の挑戦」上段をご覧下さいませ。
----------------------------------------
niko.gif twitter @mm333m 
niko.gif メール
----------------------------------------
ランキングへの応援(バナーをクリック)を、宜しくお願い致します。
  
----------------------------------------

「米国株について」を朝の8時頃、「日本株について」を夕方に(1日2回)更新しています。

9月9日 水曜日

米国株について
ダウ平均は632ドル安の27500ドルで取引終了。
前週末にかけての売りが止まらず、取引開始から30分で600ドルを超える下げ幅になりました。安値揉み合いの後、300ドル安まで半値戻しとなりますが、経験則(半値戻しは全値戻し)通りにはならずほぼ安値引け。

米国株 日中足チャート
20200909d.gif

米国株 日足チャート
20200909d2.gif

〇主要3指数の動向
ダウ平均 2.25%安(632ドル安)
ナスダック 4.11%安
S&P500指数 2.78%安

〇S&P500指数の業種別動向
上昇した業種はありません。11業種全てが下落。
下落率の高い順
情報技術、エネルギー、金融、通信、一般消費財、素材、生活必需品

〇ダウ構成銘柄の動向
4銘柄が上昇、 26銘柄が下落しました。
上昇率の高い順
ウォルト・ディズニー 1.67%高
マクドナルド 0.87%高
ナイキ 0.28%高
キャタピラー 0.23%高

下落率の高い順
アップル 6.73%安
ボーイング 5.83%安
マイクロソフト 5.41%安
セールスフォース 5.27%安
ゴールドマン・サックス 4.01%安

〇テスラショック
電気自動車を主力とする大手自動車メーカーのテスラが売られています。S&P500指数に採用されなかったことをキッカケに売りが膨らみ21%安。

株価は8月上旬から66%も暴騰していましたが、500ドルで天井をつけた後は暴落。そして本日21%安となり、上昇分の大半を失うことに。更に、損失を被った投資家による損失補てんの株売りが他の銘柄にも波及。少しオーバーな表現になりますが、テスラショックという感じ。

〇ナスダックのバブルがはじけた
コロナショックの安値7000ポイントから9月の高値12000ポイントまで70%を超える暴騰になっていました。まさにバブルと言える状況でしたが、3日間で10847ポイントまで10%の暴落。

70%の上昇で10%の下落。
僅かな値幅調整と判断するなら、暴落の始まりに過ぎない。買い意欲は旺盛で上昇が続くと判断するなら、調整終了間近で反発近し。

連休前は大きな節目となる11000ポイントを割り込んだところから大きく買い戻され、ローソク足は「下ヒゲの長い足(経験則では強含み)」になっていましたが、連休明けは一転4.11%の大幅安となり「上ヒゲの長い足(経験則では弱含み)」が出現。

ナスダックについては、75日移動平均線が通る10500ポイントが下値抵抗になりそうです。経験則を過信するのは危険ですが、流れと雰囲気を踏まえて10500ポイントに。

〇原油価格も大幅安
7%を超える大幅安になりました。原油も相場なので、大幅安に伴う損失補てんの株売りも出たはず。株と原油が共にリスクオフムード。リスクを回避する目的で現金化という感じ。

〇値ごろ感による押し目買い
ダウ平均とナスダックが大きく下げたことで、値ごろ感による押し目買いが優勢になってくるかもしれません。但し、巨額の売りが控えているなら売り優勢のまま株価は下げ止まらず。

〇目先の下値抵抗と上値抵抗
下値は27000ドルで、上値は28000ドルになると考えています。


勉強できる私の買い付け」を更新しました
タイトルは・・・一発必中銘柄


テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

欧州市場全面高を手掛かりに日経平均反発
情報誌に掲載されました
詳しい内容は、HP「素人投資家の挑戦」上段をご覧下さいませ。
----------------------------------------
niko.gif twitter @mm333m 
niko.gif メール
----------------------------------------
ランキングへの応援(バナーをクリック)を、宜しくお願い致します。
  
----------------------------------------

「米国株について」を朝の8時頃、「日本株について」を夕方に(1日2回)更新しています。

9月8日 火曜日

日本株について
本日の日経平均株価は、184円高の23274円で取引終了。
欧州株の大幅高を受けて買い先行。100円ほど上昇した水準で長く揉み合った後、最後の1時間で上放れ。

日経平均 日中足チャート
20200907j1.gif

日経平均 日足チャート
20200907j2.gif

〇東証1部の売買代金と騰落状況
売買代金は2兆941億円、出来高は10億7485万株。
値上がり銘柄数は1757、値下がり銘柄数は344、変わらずは71銘柄でした。

〇東証1部の業種別ランキング
30業種が上昇、3業種が下落
上昇率の高い順
サービス、食料品、鉄鋼、不動産、非鉄金属

下落率の高い順
その他製品、機械、電気・ガス、輸送用機器、銀行

〇日経平均採用銘柄の騰落率
値上がり銘柄数は169、値下がり銘柄数は51、変わらずは5銘柄でした。
上昇率の高い順
アサヒグループHD 6.91%高
新生銀行 6.62%高
NTN 4.76%高
荏原製作所 4.64%高
ディー・エヌ・エー 4.31%高

下落率の高い順
ヤマトHD 2.83%安
ダイキン工業 2.31%安
日本軽金属HD 2.09%安
リコー 1.93%安
東宝亜鉛 1.61%安

〇欧州株の大幅高が買い材料
ドイツ(DAX)2.01%高
フランス(CAC)1.79%高
イギリス(FTSE)2.39%高

欧州市場全面高で、主要3市場も揃って大幅高。
米国株が休場なので、欧州株高による影響が大きくなりました。

〇ドル円相場による影響は限定的
1ドル106円前半で動かず、株式相場への影響も限定的。

〇反発
米国株は大荒れなので、連休明けの展開を確認したい投資家は多いはず。これは手控え要因になりますが、欧州株の大幅高を好感する買いで3日ぶりの反発。

〇4-6月期GDP2次速報値は前期比7.9%減
年率換算では28.1%減。

勉強できる私の買い付け」を更新しました
タイトルは・・・一発必中銘柄


テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

レイバー・デーで祝日の為、米国株は休場
情報誌に掲載されました
詳しい内容は、HP「素人投資家の挑戦」上段をご覧下さいませ。
----------------------------------------
niko.gif twitter @mm333m 
niko.gif メール
----------------------------------------
ランキングへの応援(バナーをクリック)を、宜しくお願い致します。
  
----------------------------------------

「米国株について」を朝の8時頃、「日本株について」を夕方に(1日2回)更新しています。

9月8日 火曜日

米国株について

レイバー・デーで祝日の為、休場

勉強できる私の買い付け」を更新しました
タイトルは・・・一発必中銘柄


テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

外部環境警戒の中、経験則とは真逆で内需が売られる
情報誌に掲載されました
詳しい内容は、HP「素人投資家の挑戦」上段をご覧下さいませ。
----------------------------------------
niko.gif twitter @mm333m 
niko.gif メール
----------------------------------------
ランキングへの応援(バナーをクリック)を、宜しくお願い致します。
  
----------------------------------------

「米国株について」を朝の8時頃、「日本株について」を夕方に(1日2回)更新しています。

9月7日 月曜日

日本株について
本日の日経平均株価は、115円安の23089円で取引終了。
売りが先行するも1時間足らずで前日値を回復。しかし、ダブルトップをつけると経験則通り大きく下げてしまい78円安で前引け。後場は寄りで少し戻しますが、引けにかけて右肩下がり。

日経平均 日中足チャート
20200907j1.gif

日経平均 日足チャート
20200907j2.gif

〇東証1部の売買代金と騰落状況
売買代金は1兆9245億円、出来高は10億6261万株。
値上がり銘柄数は1277、値下がり銘柄数は817、変わらずは78銘柄でした。

〇東証1部の業種別ランキング
16業種が上昇、17業種が下落
上昇率の高い順
空運、鉄鋼、繊維、非鉄金属、海運

下落率の高い順
情報・通信、食料品、建設、小売、その他製品

〇日経平均採用銘柄の騰落率
値上がり銘柄数は124、値下がり銘柄数は96、変わらずは5銘柄でした。
上昇率の高い順
ファナック 6.80%高
日本精工 5.18%高
ジェイテクト 4.72%高
電通G 4.68%高
オークマ 4.17%高

下落率の高い順
ソフトバンクG 7.15%安
SCREENホールディングス 4.95%安
スカパーJSATホールディングス 3.96%安
東京エレクトロン 3.68%安
キリンHD 3.61%安

〇内需関連株が売られています
米国株など外部環境に対する警戒が高まる時は、外部環境の影響を受けやすい外需関連株から影響を受けにくい内需関連株へ資金がシフトしやすいです。本日は真逆で、下落率の上位を内需が占めました。

〇米国株による影響は限定的
ダウ平均 0.56%安(159ドル安)
ナスダック 1.27%安
S&P500指数 0.81%安
安値から大きく戻した展開は日本株への買い材料になりますが、大荒れなので先行き警戒感は拭えず。米国株が再び売り込まれると日本株への売り材料になりますので、様子見ムードが強くなりました。

〇欧州株による影響も限定的
ドイツ(DAX)1.65%安
フランス(CAC)0.89%安
イギリス(FTSE)0.89%安
3市場揃っての続落は売り材料ですが、米国株の戻りが反映されていないことから、日本株売りは少なかったようです。

〇ドル円相場にによる影響は限定的
1ドル106円前半で動かず、株式相場にも影響せず。株も為替に影響せず。

〇薄商い
米国株は3連休(月曜日はレイバー・デーの祝日で休場)の為、日本株を積極的に売買する海外投資家は少なく閑散相場になりました。売買代金は1兆9245億円しかなく、5日連続で2兆円割れ。日中の値幅も100円ほどしかありません。

勉強できる私の買い付け」を更新しました
タイトルは・・・一発必中銘柄


テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

米国株は旺盛な押し目買い
情報誌に掲載されました
詳しい内容は、HP「素人投資家の挑戦」上段をご覧下さいませ。
----------------------------------------
niko.gif twitter @mm333m 
niko.gif メール
----------------------------------------
ランキングへの応援(バナーをクリック)を、宜しくお願い致します。
  
----------------------------------------

「米国株について」を朝の8時頃、「日本株について」を夕方に(1日2回)更新しています。

9月7日 月曜日

米国株について
前週末のダウ平均は、159ドル安の28133ドルで取引終了。
高く寄り付いた後は右肩下がりになってしまい、お昼前には600ドルを超える下げ幅に。午後は買い戻されて前日値を回復しますが、最後の30分で再び売られています。

米国株 日中足チャート
20200907d.gif

米国株 日足チャート
20200907d2.gif

〇主要3指数の動向
ダウ平均 0.56%安(159ドル安)
ナスダック 1.27%安
S&P500指数 0.81%安

〇S&P500指数の業種別動向
3業種が上昇、8業種が下落しました。
上昇率の高い順
金融、資本財、素材

下落率の高い順
通信、一般消費財、情報技術、ヘルスケア、公益、不動産

〇ダウ構成銘柄の動向
11銘柄が上昇、 19銘柄が下落しました。
上昇率の高い順
JPモルガン・チェース 2.16%高
ゴールドマン・サックス 1.63%高
ボーイング 1.35%高
アメリカン・エキスプレス 1.16%高
コカ・コーラ 1.11%高

下落率の高い順
セールスフォース 3.89%安
ビザ 2.06%安
ホームデポ 1.81%安
IBM 1.73%安
マイクロソフト 1.40%安

〇経済指標
8月の雇用統計は、非農業部門雇用者数が137万1000人増。
前月の173万4000人増から大幅減、市場予想も少し下回っています。

失業率は8.4%となり、前月の10.2%から大幅に改善。
但し、コロナによる休職中のデータを含めると9.1%になります。

〇押し目買い
終値は159ドル安ですが、600ドルを超える下げ幅から縮小。旺盛な押し目買いが入り、ローソク足も下ヒゲの長い足になっています。(戻りの強さを示す足で、経験則では強含み)

大きな節目で押し目買い
大きな節目28000ドルを一気に割り込みましたが、終値は28133ドル。
同じく抵抗として意識されやすい25日移動平均線も28000ドル付近を通っています。

価格帯では27500ドルから28000ドルの間が下値の壁(強い抵抗)になっています。

〇ナスダックも押し目買い
午前中の安値では5%下落しますが、そこから1.27%安まで下げ幅縮小。ローソク足も下ヒゲの長い足になっています。大幅安で大きな節目11000ポイントに到達した為(一気に値幅調整して多くの売りを吸収)、今度は旺盛な押し目買いが入りました。

〇大荒れ
前日に800ドルも下落した反動で買い戻す動きが先行。取引開始直後に250ドル上昇しますが、すぐ右肩下がりになって600ドル安。午後は前日値を回復した後、最後の30分で160ドル安。日中の値幅は900ドル近くなりました。

AIを含む投資家心理と需給が大きく乱れ、大荒れ相場。
当日の値動きを予想するのがとても難しい。

〇目先の下値抵抗と上値抵抗
下値は27600ドルで、上値は28500ドルになると考えています。

勉強できる私の買い付け」を更新しました
タイトルは・・・一発必中銘柄


テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

アメリカがくしゃみをしても日本は風邪ひかず
情報誌に掲載されました
詳しい内容は、HP「素人投資家の挑戦」上段をご覧下さいませ。
----------------------------------------
niko.gif twitter @mm333m 
niko.gif メール
----------------------------------------
ランキングへの応援(バナーをクリック)を、宜しくお願い致します。
  
----------------------------------------

「米国株について」を朝の8時頃、「日本株について」を夕方に(1日2回)更新しています。

9月4日 金曜日

日本株について
本日の日経平均株価は、260円安の23205円で取引終了。
欧米株の下落を受けて売り先行。前場は少し戻しますが、後場は安値圏での揉み合いに終始しました。

日経平均 日中足チャート
20200904j.gif

日経平均 日足チャート
20200904j2.gif

〇東証1部の売買代金と騰落状況
売買代金は1兆8713億円、出来高は10億7480万株。
値上がり銘柄数は617、値下がり銘柄数は1457、変わらずは97銘柄でした。

〇東証1部の業種別ランキング
8業種が上昇、25業種が下落
上昇率の高い順
鉄鋼、空運、銀行、輸送用機器、海運

下落率の高い順
精密機器、情報・通信、医薬品、サービス、食料品

〇日経平均採用銘柄の騰落率
値上がり銘柄数は54、値下がり銘柄数は161、変わらずは10銘柄でした。
上昇率の高い順
新生銀行 6.20%高
神戸製鋼所 5.50%高
日本製鉄 4.83%高
JFEホールディングス 4.76%高
日本軽金属HD 3.31%高

下落率の高い順
大塚HD 4.34%安
アサヒグループ 4.30%安
アルプスアルパイン 4.01%安
エムスリー 3.57%安
ディー・エヌ・エー 3.27%安

〇米国株の大幅安は大きな売り材料
ダウ平均 2.78%安(807ドル安)
ナスダック 4.96%安
S&P500指数 3.51%安
暴落ともいえるような下げは、日本株への大きな売り材料。

〇ハイテクに売り材料
ハイテク比率の高いナスダックが5%近い暴落になっています。これは日本のハイテク(電気機器)に大きな売り材料。

〇欧州株の下落も売り材料
ドイツ(DAX)1.40%安
フランス(CAC)0.44%安
イギリス(FTSE)1.52%安
3市場揃っての下落も売り材料。

〇ドル円相場による影響は限定的
株式相場は大きく動きましたが、ドル円相場は動かず1ドル106円付近での揉み合いが続いています。

〇鉄が飛ぶ
日経平均採用銘柄上昇率上位には鉄が並びました。
神戸製鋼所、日本製鉄、JFEホールディングス

〇上出来
ダウ平均 2.78%安(807ドル安)
ナスダック 4.96%安
S&P500指数 3.51%安
これに対して日経平均は1.11%安、上出来だと思いました。
「アメリカがくしゃみをすれば日本は風邪をひく(米国株が下げれば日本株はそれ以上に下げるという意味)」昔からよく言われる表現ですが、今回は当てはまらず。

日経平均23000円を割り込む可能性もあると考えていましたが、安値で23098円。上出来だと思いました。

〇薄商いが良い方へ
米国株の大幅安を受けて売買も旺盛になるのかと思いきや閑散相場。
大きな悪材料が出ると売り出す人が多くなり、株価下落に伴い押し目買いする人も多くなりがち。でも、本日は閑散相場のままで、日中の値幅も160円しかありません。売り手が少なかったことで下げ幅は大きくならず、押し目買い意欲もそがれ買い手も少なくなりました。

〇今晩の米国株待ち
大きく下げた米国株ですが、戻す展開になるのか売られ続けるのか。
日本株はこの動向に影響を受ける為、今晩の米国待ちといったところ。
戻れば週明けの日本株に買い材料、売られ続けると売り材料に。

勉強できる私の買い付け」を更新しました
タイトルは・・・一発必中銘柄


テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

ダウ平均は一時1000ドル安
情報誌に掲載されました
詳しい内容は、HP「素人投資家の挑戦」上段をご覧下さいませ。
----------------------------------------
niko.gif twitter @mm333m 
niko.gif メール
----------------------------------------
ランキングへの応援(バナーをクリック)を、宜しくお願い致します。
  
----------------------------------------

「米国株について」を朝の8時頃、「日本株について」を夕方に(1日2回)更新しています。

9月4日 金曜日

米国株について
ダウ平均は807ドル安の28292ドルで取引終了。
前日値付近で30分ほど揉み合った後は急激な右肩下がり。お昼ごろにかけて250ドルほど下げ幅を縮小させますが、午後に入ると緩やかな右肩下がりになってしまい、取引終了30分前には1026ドル安になるところがありました。

米国株 日中足チャート
20200904d.gif

米国株 日足チャート
20200904d2.gif

〇主要3指数の動向
ダウ平均 2.78%安(807ドル安)
ナスダック 4.96%安
S&P500指数 3.51%安

〇S&P500指数の業種別動向
上昇した業種はありません。11業種全てが下落しています。
下落率の高い順
情報技術、一般消費財、通信、資本財、素材、ヘルスケア

〇ダウ構成銘柄の動向
2銘柄が上昇、 28銘柄が下落しました。
上昇率の高い順
ベライゾン 0.13%高
アメリカン・エキスプレス 0.06%高

下落率の高い順
アップル 8.01%安
マイクロソフト 6.19%安
ホームデポ 4.38%安
セールスフォース 4.22%安
アムジェン 3.96%安

〇経済指標
・週間新規失業保険申請件数は、88万1000件。
前週の改定値101万1000件から13万件の減少。
市場予想以上に改善。

・8月のISM非製造業景気指数は56.9になりました。
7月の58.1から低下。

〇ナスダックが暴落
ハイテク比率の高いナスダックが、1日で5%近く下落。
連日の過去最高値更新で凄まじい上昇になっていましたが、本日は一転して利益確定売りに押される展開。業種別でも情報技術が6%近く下落しており、突出した下落率に。2番目に大きく下げたのは一般消費財で3.56%安。

アップルは8月上旬から27%ほど上昇していましたが、8.01%安。マイクロソフトも8月上旬から15%ほど上昇していましたが、本日の下落でほぼ「半値押し」となる6.19%安。

〇採用3銘柄も下落
8月末からダウ構成銘柄に採用されたハネウェル、アムジェン、セールスフォースは共に4%前後の下落。

〇利益確定売り
3指数揃って大幅安になりましたが、「何かの大きな悪材料」がキッカケではなく「異常ともいえる株高からの利益確定売り」だと思っています。もちろん、1日で807ドル安は想定外でしたが。

〇AIとプログラム売買
両方の判断が暴落を招いたと考えています。
前日には分からなかったことですが、一気に利益確定を進めた印象。

〇目先の下値抵抗と上値抵抗
下値は27800ドルで、上値は28800ドルになると考えています。

勉強できる私の買い付け」を更新しました
タイトルは・・・一発必中銘柄


テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

株式相場は、投資家の分析や納得で動くものではありません。逆に、株式相場という大きな山に投資家がお世話になっているのです。
情報誌に掲載されました
詳しい内容は、HP「素人投資家の挑戦」上段をご覧下さいませ。
----------------------------------------
niko.gif twitter @mm333m 
niko.gif メール
----------------------------------------
ランキングへの応援(バナーをクリック)を、宜しくお願い致します。
  
----------------------------------------

「米国株について」を朝の8時頃、「日本株について」を夕方に(1日2回)更新しています。

9月3日 木曜日

日本株について
本日の日経平均株価は、218円高の23465円で取引終了。
欧米株の大幅高を受けて買い先行、その後は一旦売り込まれるもV字回復して前引け。後場は再び売り込まれて上げ幅縮小。

日経平均 日中足チャート
20200903j.gif

日経平均 日足チャート
20200903j2.gif

〇東証1部の売買代金と騰落状況
売買代金は1兆9362億円、出来高は10億2167万株。
値上がり銘柄数は1168、値下がり銘柄数は898、変わらずは105銘柄でした。

〇東証1部の業種別ランキング
26業種が上昇、7業種が下落
上昇率の高い順
証券・商品先物、金属、その他製品、化学、繊維

下落率の高い順
水産・農林、鉱業、海運、石油・石炭、鉄鋼

〇日経平均採用銘柄の騰落率
値上がり銘柄数は169、値下がり銘柄数は53、変わらずは3銘柄でした。
上昇率の高い順
スカパーJSATホールディングス 15.66%高
SCREENホールディングス 4.65%高
宝HD 3.74%高
信越化学工業 3.74%高
日本化薬 3.72%高

下落率の高い順
ヤマトHD 2.70%安
シチズン時計 2.16%安
サイバーエージェント 2.02%安
川崎汽船 1.81%安
日本水産 1.50%安

〇米国株の大幅高が買い材料
ダウ平均 1.59%高(454ドル高)
ナスダック 0.98%高
S&P500指数 1.54%高
これだけ上昇すれば大きな買い材料。

〇欧州株の大幅高も買い材料
ドイツ(DAX)2.07%高
フランス(CAC)1.90%高
イギリス(FTSE)1.35%高
3市場揃っての大幅高も大きな買い材料。

〇ドル円相場による影響は限定的
引き続き、1ドル106円付近での揉み合いが続いている為、日本株への影響は限定的。

〇日経平均V字回復でコロナショック分を取り返す
20200903j3.gif

下落を望むわけではありませんが、新型コロナウイルスによる業績悪化と景気悪化を踏まえると、説明するのが難しいV字回復。でも、株式相場は投資家の分析や納得で動くものではありません。逆に、株式相場という大きな山に投資家がお世話になっているのです。

〇押し目待ちに押し目なし
有名な相場格言です。
日経平均はコロナ禍でも堅調に推移。まさに、押し目待ちに押し目なし。

〇踏み上げ相場
これだけ上昇してくると、空売りしたくなる気持ちも分かります。
でも、下げずに上昇基調となっている為、空売りした投資家による損失覚悟の買い戻し(買いなので上昇要因)もあり。

〇持たざるリスク
上昇基調となっている為、買わないことで利益を取り損ねる「持たざるリスク」による買いも入っているはず。
こちらは、運用成績を求められる機関投資家に多い。一方で、他人のお金を預かって運用しない個人投資家は自己責任なので、運用成績は求められず「いつまでも待てる」強さあり。

〇上値追い
朝に更新した「米国株について」でも書かせていただきましたが、日本株も上値追い。
「やめられないとまらない、かっぱえびせん」ではありませんが、「売りたい買い控えたい、でもやめられないとまらない、株式相場」という感じ。

経済と株価の大きな乖離は誰もが分かっていること。
それでも「騰がるから買う、買うから騰がる」の好循環、そこへ「持たざるリスクによる買い」と「踏み上げによる買戻し」も加わり大きく上昇。

勉強できる私の買い付け」を更新しました
タイトルは・・・一発必中銘柄


テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

米国株は、やめられないとまらない
情報誌に掲載されました
詳しい内容は、HP「素人投資家の挑戦」上段をご覧下さいませ。
----------------------------------------
niko.gif twitter @mm333m 
niko.gif メール
----------------------------------------
ランキングへの応援(バナーをクリック)を、宜しくお願い致します。
  
----------------------------------------

「米国株について」を朝の8時頃、「日本株について」を夕方に(1日2回)更新しています。

9月3日 木曜日

米国株について
ダウ平均は454ドル高の29100ドルで取引終了。
午前中は28900ドルを上値としながら揉み合いますが、午後に上放れると大幅高。

米国株 日中足チャート
20200903d.gif

米国株 日足チャート
20200903d2.gif

〇主要3指数の動向
ダウ平均 1.59%高(454ドル高)
ナスダック 0.98%高
S&P500指数 1.54%高

〇S&P500指数の業種別動向
エネルギーのみ下落、他10業種は上昇。
上昇率の高い順
公益、素材、不動産、通信、ヘルスケア、生活必需品、資本財

〇ダウ構成銘柄の動向
28銘柄が上昇、2銘柄が下落。
上昇率の高い順
コカ・コーラ 4.21%高
ダウ 4.13%高
IBM 3.87%高
メルク 2.96%高
アムジェン 2.89%高

下落率の高い順
アップル 2.07%安
セールスフォース 1.62%安

〇経済指標
・8月のADP雇用統計は、民間部門の雇用者数が42万8000人増。
7月は16万7000人増から21万2000人増に上方修正。

市場予想の半分程度しかありませんが、前月から倍増したことが好感されて買い先行。

・7月の製造業受注は、前月比6.4%増。
6月の改定値6.4%増から横ばい、市場予想とほぼ一致。

・地区連銀経済報告
経済活動は小幅に拡大、雇用は概ね増加。
但し、コロナ前の水準を大幅に下回っていると指摘。

〇上値追い
「やめられないとまらない、かっぱえびせん」ではありませんが、「売りたい買い控えたい、でもやめられないとまらない、株式相場」という感じ。

経済と株価の大きな乖離は誰もが分かっていること。
それでも「騰がるから買う、買うから騰がる」の好循環、そこへ「持たざるリスクによる買い」も加わり、大きな節目29000ドルを突破。

ハイテク比率の高いナスダックは他2指数と比べて控えめですが、それでも1%近い上昇で4日続伸、本日はダウ平均とS&P500指数が共に1.5%超の上昇でした。

〇大きな節目突破でもアテにならない
経験則では、大きな節目は大きな抵抗になります。株価が下にある時は上値抵抗に、株価が上にある時は下値抵抗に。前者は上値の重さにつながり、後者は下値の強さから買い安心感が広がり易い。

29000ドルを突破、経験則では強含みですが・・・
8月下旬から1000ドル上昇した後、僅か数日揉み合った程度で(僅かに売りを吸収した程度で)454ドル高と急騰。調整不足(売りが吸収されずに)の株高なので、29000ドルが下値抵抗になると判断するのは時期尚早かもしれません。

〇目先の下値抵抗と上値抵抗
下値は28900ドルで、上値は29300ドルになると考えています。

〇欧州証券市場監督機構が経済と株式市場の乖離を指摘
新型コロナウイルスによる経済への甚大な影響が出ている中、ユーロ圏の株価は大きく上昇。

国際通貨基金(IMF)は、今年のユーロ圏のGDPが10%以上減少し、来年も小幅な回復しか見込めないと予想しています。それでも、ユーロ圏の株式市場は3月中旬の安値から40%急騰。これらを踏まえ、大幅な株価調整(下落)が起こる可能性を指摘。

欧州に限らず、日米欧揃って同じ状況になっています。
注意したいところですが、とまらない株式相場。

勉強できる私の買い付け」を更新しました
タイトルは・・・一発必中銘柄


テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

日経平均はナスダックの上昇と連動してハイテク主導
情報誌に掲載されました
詳しい内容は、HP「素人投資家の挑戦」上段をご覧下さいませ。
----------------------------------------
niko.gif twitter @mm333m 
niko.gif メール
----------------------------------------
ランキングへの応援(バナーをクリック)を、宜しくお願い致します。
  
----------------------------------------

「米国株について」を朝の8時頃、「日本株について」を夕方に(1日2回)更新しています。

9月2日 水曜日

日本株について
本日の日経平均株価は、109円高の23247円で取引終了。
米国株の上昇を受けて買いが先行するも、10時頃から右肩下がりになって上げ幅縮小。後場は買い戻されて109円高で取引終了。

日経平均 日中足チャート
20200902j.gif

日経平均 日足チャート
20200902j2.gif

〇東証1部の売買代金と騰落状況
売買代金は1兆8785億円、出来高は9億7648万株。
値上がり銘柄数は1228、値下がり銘柄数は846、変わらずは97銘柄でした。

〇東証1部の業種別ランキング
24業種が上昇、9業種が下落
上昇率の高い順
電気機器、海運、その他製品、その他金融、水産・農林

下落率の高い順
鉱業、保険、石油・石炭、輸送用機器、空運

〇日経平均採用銘柄の騰落率
値上がり銘柄数は102、値下がり銘柄数は113、変わらずは10銘柄でした。
上昇率の高い順
エムスリー 4.09%高
サイバーエージェント 3.48%高
カシオ計算機 3.44%高
ディー・エヌ・エー 3.41%高
SCREENホールディングス 3.26%高

下落率の高い順
日本化薬 9.94%安
シチズン時計 4.71%安
ニコン 3.60%安
三井E&Sホールディングス 2.82%安
日野自動車 2.81%安

〇米国株高が買い材料
ダウ平均 0.76%高(215ドル高)
ナスダック 1.39%高
S&P500指数 0.75%高

3指数揃っての上昇は買い材料。
本日もハイテク比率の高いナスダックが大幅高。

この展開は日本のハイテクに買い材料となりますが、直近は連動しないことも多い。
----- 前日に書かせていただいた内容です -----
ハイテク比率の高いナスダックが続伸で過去最高値を更新。
ナスダックがあまりにも勢い良く上昇し続けている為(上昇トレンド)、日本のハイテクがついていけない状況(連れ高にならず)。
----- ここまで -----

本日は連動して、日本のハイテクが買われて相場をけん引。
業種別でも33業種中、電気機器が上昇率トップになりました。

〇欧州株による影響は限定的
ドイツ(DAX)0.22%高
フランス(CAC)0.18%安
イギリス(FTSE)1.70%安
休場明けのイギリスは大幅安ですが、前日にドイツとフランスが大きく下げている為、後追いで連れ安した印象。一方で、本日のドイツとフランスは小幅に上下。この展開だと、日本株に与える影響は限定的。

〇ドル円相場による影響も限定的
1ドル106円付近での揉み合いが続いるため、株式相場への影響も限定的。

勉強できる私の買い付け」を更新しました
タイトルは・・・一発必中銘柄


テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

米国株は外需主導で主要3指数が揃って上昇
情報誌に掲載されました
詳しい内容は、HP「素人投資家の挑戦」上段をご覧下さいませ。
----------------------------------------
niko.gif twitter @mm333m 
niko.gif メール
----------------------------------------
ランキングへの応援(バナーをクリック)を、宜しくお願い致します。
  
----------------------------------------

「米国株について」を朝の8時頃、「日本株について」を夕方に(1日2回)更新しています。

9月2日 水曜日

米国株について
ダウ平均は215ドル高の28645ドルで取引終了。
小安く寄り付きますが、すぐに前日値を回復すると28500ドル付近での揉み合いに。その後、上放れると215ドル高まで上げ幅を拡大させました。

米国株 日中足チャート
20200902d.gif

米国株 日足チャート
20200902d2.gif

〇主要3指数の動向
ダウ平均 0.76%高(215ドル高)
ナスダック 1.39%高
S&P500指数 0.75%高

〇S&P500指数の業種別動向
7業種が上昇、4業種が下落しました。
上昇率の高い順
素材、情報技術、一般消費財、通信、資本財、金融、生活必需品

下落率の高い順
公益、ヘルスケア、エネルギー、不動産

〇ダウ構成銘柄の動向
13銘柄が上昇、 17銘柄が下落しました。
上昇率の高い順
ウォルマート 6.29%高
ダウ 4.77%高
アップル 3.98%高
セールスフォース 3.15%高
ナイキ 2.64%高

下落率の高い順
ウォルグリーン 3.31%安
ジョンソン&ジョンソン 1.23%安
トラベラーズ 1.16%安
シェブロン 1.01%安
メルク 0.99%安

〇ウォルマートとセールスフォースが寄与
先日、マイクロソフトとウォルマートが手を組み、動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」を買収すると発表。良い意味での意外性からウォルマートが急騰。

本日は会員サービス「ウォルマート+(プラス)を9月15日から開始すると発表。年会費をアマゾンプライムより安く設定したことも大きな買い材料となり6.29%高と大幅に反発。ダウ構成銘柄で上昇率トップとなり、ダウ平均を57ドル押し上げました。

8月末からダウ構成銘柄になったセールスフォースは3.15%高。
ダウ平均を56ドル押し上げています。

〇経済指標
8月のISM製造業景気指数は56.0になりました。
7月の54.2から上昇、2018年11月以来、1年9ヶ月ぶりの高水準。
市場予想も上回っています。

〇外需関連が主導
本日の相場は外需関連株が主導、一方でディフェンシブ性の高い銘柄が控えめ又は下落。

〇目先の下値抵抗と上値抵抗
下値は28500ドルで、上値は28800ドルになると考えています。


勉強できる私の買い付け」を更新しました
タイトルは・・・一発必中銘柄


テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

ウォーレン・バフェットさんによる初の本格的な日本株投資
情報誌に掲載されました
詳しい内容は、HP「素人投資家の挑戦」上段をご覧下さいませ。
----------------------------------------
niko.gif twitter @mm333m 
niko.gif メール
----------------------------------------
ランキングへの応援(バナーをクリック)を、宜しくお願い致します。
  
----------------------------------------

「米国株について」を朝の8時頃、「日本株について」を夕方に(1日2回)更新しています。

9月1日 火曜日

日本株について
本日の日経平均株価は、1円安の23138円で取引終了。
小安く寄り付いた後は92円安まで売られますが、11時過ぎには67円高まで急騰。しかし、後場寄りでは急騰前の水準まで戻ってくる「往って来い」。後場は少しずつ上昇しますが、上値は重く1円安で取引終了。

日経平均 日中足チャート
20200901j.gif

日経平均 日足チャート
20200901j2.gif

〇東証1部の売買代金と騰落状況
売買代金は1兆8612億円、出来高は10億2769万株。
値上がり銘柄数は915、値下がり銘柄数は1162、変わらずは94銘柄でした。

〇東証1部の業種別ランキング
8業種が上昇、25業種が下落
上昇率の高い順
その他製品、精密機器、卸売、サービス

下落率の高い順
陸運、水産・農林、倉庫・運輸、不動産、繊維

〇日経平均採用銘柄の騰落率
値上がり銘柄数は72、値下がり銘柄数は146、変わらずは7銘柄でした。
上昇率の高い順
アルプスアルパイン 4.09%高
エムスリー 3.42%高
三菱商事 3.12%高
住友金属鉱山 2.87%高
ディー・エヌ・エー 2.49%高

下落率の高い順
キヤノン 4.09%安
日本板硝子 3.76%安
日本製鋼所 3.73%安
ニコン 3.25%安
KDDI 2.65%安

〇米国株による影響はハイテクですが・・・
ダウ平均 0.78%安(223ドル安)
ナスダック 0.68%高
S&P500指数 0.22安%

ハイテク比率の高いナスダックが続伸で過去最高値を更新。
この展開は日本のハイテクに買い材料ですが、ナスダックがあまりにも勢い良く上昇し続けている為(上昇トレンド)、日本のハイテクがついていけない状況(連れ高にならず)。

〇欧州株の下落は売り材料
ドイツ(DAX)0.67%安
フランス(CAC)1.11%安
イギリス(FTSE)休場
ドイツとフランスの下落は、日本株の売り材料。

〇ドル円相場による影響は限定的
前場で1ドル106円台から、お昼ごろには105円半ばまで下落。50銭の円高ですが、日経平均はその間に大きく上下しています。本日は株と為替が連動せず(経験則の円安株高、円高株安にならず)。

〇バフェット氏が買い付けた商社株に注目
前日の相場は商社株が急騰。著名投資家ウォーレン・バフェットさん率いるバークシャー・ハザウェイが、5社の商社株について発行済み株式数の5%超を取得したと伝わり買いが集まりました。詳しくは、前日の「日本株について(2020年8月31日の株日記)」をご覧下さいませ。

本日は材料不足なので、商社株に注目する投資家は多くなると考えていました。また、ウォーレン・バフェットさんによる初の本格的な日本株投資となるため、そういった意味でも注目度は高い。

〇予想通り閑散相場
東証1部の売買代金は1兆8612億円しかなく、閑散相場になりました。

勉強できる私の買い付け」を更新しました
タイトルは・・・一発必中銘柄


テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

ダウ構成銘柄入れ替え、アップル株式分割
情報誌に掲載されました
詳しい内容は、HP「素人投資家の挑戦」上段をご覧下さいませ。
----------------------------------------
niko.gif twitter @mm333m 
niko.gif メール
----------------------------------------
ランキングへの応援(バナーをクリック)を、宜しくお願い致します。
  
----------------------------------------

「米国株について」を朝の8時頃、「日本株について」を夕方に(1日2回)更新しています。

9月1日 火曜日

米国株について
ダウ平均は223ドル安の28430ドルで取引終了。
午前中は下げ幅を拡大させて300ドル近く下げますが、午後は少し戻した水準で長く揉み合いました。後半は100ドル安まで戻すも、最後に大きく売られて「(元値まで戻ってくる)往って来い」。

米国株 日中足チャート
20200901d.gif

米国株 日足チャート
20200901d2.gif

〇主要3指数の動向
ダウ平均 0.78%安(223ドル安)
ナスダック 0.68%高
S&P500指数 0.22%安

〇S&P500指数の業種別動向
4業種が上昇、7業種が下落しました。
上昇率の高い順
情報技術、ヘルスケア、公益、一般消費財

下落率の高い順
エネルギー、素材、金融、資本財、不動産、通信、生活必需品

〇ダウ構成銘柄の動向
7銘柄が上昇、 23銘柄が下落しました。
上昇率の高い順
アップル 3.39%高
インテル 1.03%高
セールスフォース 0.57%高
トラベラーズ 0.13%高
アムジェン 0.08%高

下落率の高い順
ウォルト・ディズニー 2.71%安
JPモルガン・チェース 2.51%安
ボーイング 2.26%安
ダウ 2.02%安
シェブロン 1.99%安

〇ダウ構成採用3銘柄は高安まちまち
本日から3銘柄が採用されました。
セールスフォース 0.57%高
アムジェン 0.08%高
ハネウェル 1.68%安

〇アップルの寄与度が低下
アップルの株式分割により、ダウ平均への寄与度が低下。
ダウ平均は223ドル安となりましたが、アップルによる影響もあり。

〇8月は記録的な上昇率
8月のダウ平均は7.6%高となり夏枯れ相場にならず。上昇率は36年ぶりの大きさ。S&P500指数は34年ぶりの大きさに。コロナによる影響を全く感じさせないパフォーマンス。

〇ナスダックの勢いが止まらない
ハイテク比率の高いナスダックは続伸、過去最高値を更新しました。

〇目先の下値抵抗と上値抵抗
下値は28250ドルで、上値は28600ドルになると考えています。

勉強できる私の買い付け」を更新しました
タイトルは・・・一発必中銘柄


テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー



私が作成したホームページ

私が作成したホームページ
「素人投資家の挑戦」

私の取引

こちらは、私の取引から勉強していただけると判断したものを、1ヶ月数銘柄(1週間に1銘柄程度)限定で紹介しているブログです。
「勉強できる私の買い付け」

プロフィール

【プロフィール】
〇名前 masa
〇年齢 40代
投資歴は20年以上。全くの素人から僅かな資金で株式投資を始めましたが、株式投資だけで生活できるようになりました。運用資金に対して少額分散投資と買値から1割減の損切りを徹底。初心を忘れず、楽しみながら続けています。

Archives

相互リンク 五十音順

検索フォーム

ご注意

この株日記は、私の独断と偏見によって書いているものです。当ブログの運営は購読を目的としたものであり、投資顧問業ではありません。よって、具体的な売買の指示およびご案内は致しかねます。又、内容に関して正確性および安全性を保障するものではありませんのでご理解願います。当サイトをご利用のうえ、被ったいかなる損害についても「素人投資家の挑戦」管理人masaは一切の責任を負いませんので、ご了承下さいませ。