素人投資家の株日記 2021年06月15日素人投資家の株日記
素人投資家の株日記
投資歴は20年以上、株式投資だけで生活しています
05 | 2021/06 | 07
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

世界のトヨタ自動車が、初の株価1万円台
未経験から株式投資を始めて20年以上。大昔は資金激減と半減を数えきれないほど繰り返しましたが、株式投資だけで生活できるようになりました。大失敗の経験を元に作成したホームページ「素人投資家の挑戦(情報誌での掲載内容もご紹介)」、私が売買した銘柄を記録している「勉強できる私の買い付け」こちらも、ご覧いただけると嬉しいです。 慎重かつ丁寧な投資を心掛けながら、資金を少しずつ増やし続けている実録です。
----------------------------------------
niko.gif twitter @mm333m 
niko.gif メール
----------------------------------------
  
ランキングへの応援(バナーをクリック)を、宜しくお願い致します。
----------------------------------------

「米国株について」を朝の8時頃、「日本株について」を夕方に(1日2回)更新しています。

6月15日 火曜日

日本株について
本日の日経平均株価は、279円高の29441円で取引終了。
前場は買い先行の後に上げ幅を縮小させますが、後場は高値圏まで戻して揉み合いました。

日経平均 日中足チャート
20210615j.gif

日経平均 日足チャート
20210615j2.gif

〇東証1部の売買代金と騰落状況
売買代金は2兆3725万株、出来高は9億7279万株。
値上がり銘柄数は1218、値下がり銘柄数は841、変わらずは135銘柄でした。

〇東証1部の業種別ランキング
27業種が上昇、6業種が下落
上昇率の高い順
医薬品、金属、精密機器、食料品、輸送用機器

下落率の高い順
空運、証券・商品先物、鉄鋼、その他金融、倉庫・運輸

〇日経平均採用銘柄の騰落率
値上がり銘柄数は165、値下がり銘柄数は57、変わらずは3銘柄でした。
上昇率の高い順
エーザイ 6.59%高
日本電気 5.11%高
太陽誘電 3.75%高
ユニチカ 3.49%高
東洋製罐グループHD 3.37%高

下落率の高い順
鹿島建設 3.25%安
J.フロント リテイリング 2.70%安
IHI 2.45%安
清水建設 2.15%安
ANAホールディングス 2.14%安

〇良好な欧米株と円安が買い材料
米国株主要3指数
ダウ平均 0.25%安(85ドル安)
ナスダック 0.74%高
S&P500指数 0.18%高

ダウ平均は250ドルを超える下げ幅から85ドル安まで戻し、押し目買い意欲を感じさせる展開。ハイテク比率の高いナスダックとS&P500指数は過去最高値を更新。

欧州株主要3市場
イギリス(FTSE) 0.18%高
ドイツ(DAX) 0.13%安
フランス(CAC) 0.24%高

ドイツは小幅に反落しましたが、欧州市場全体では前日に続きほぼ全面高。

ドル円相場
1ドル110円台まで円安進行。
円安株高と言われるように、円安は株の上昇要因になります。逆に、円高になると下落要因。

これらが買い材料となり、およそ1ヵ月ぶりの高値水準まで上昇。

前日までは騰がれば売られ、下がると買われる方向感の出ない展開が続いていました。
一定の値幅で推移するボックス相場です。

本日は大きく上昇して、グイッと上抜けました。
20210615j3.gif

〇日本を代表する世界のトヨタ自動車が1万円台
直近の株価は10000円を前に揉み合い続けてきましたが、本日は10075円まで上昇。初の1万円台です。

2020年の世界新車販売台数は、トヨタが953万台で世界一になっています。
2位はフォルクスワーゲンで931万台。
新型コロナによる影響もあるため微妙ですが(販売の落ち込みが、トヨタに対してフォルクスワーゲンの方が多かった)、そのようなことは深く考える必要はなく、素直に喜びたいところです。

ちなみに、買い付けを狙っていたのですが、その水準まで下げることなく大きく上昇。
買いえないまま今に至ります。

勉強できる私の買い付け」を更新しました
タイトルは・・・華麗なる大底買い 第4弾

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

証券会社の格付け
証券会社による格付けで株価が大きく動いた時、どのように判断しているのかというご質問をいただきました。

私の回答になります

----- ここから -----
ご丁寧なお礼のメールを下さり、ありがとうございます。
また、ご配慮あるメールに感謝しております。

ご質問について
証券会社の格下げはマイナス材料ですが、十分に検証したうえでの買い付けならドンと構えて保有というのが私の考えです。

銘柄にもよりますが、1社は格下げしても他の1社が格上げしたりと、株の売買と同じで判断が分かれることも多々あります。また、格下げと格上げした理由についても「確実にそうなる」というものではありませんし、理由と株価が必ず比例するならその証券会社は世界一のお金持ちになっていることでしょう。しかし、現実はそう簡単ではなく、格下げしても後で株価が上昇したり、格上げしても後で下落することはよくあります。

よって、格付けによる上下で一喜一憂することなく、自分の検証を信じるようにしています。但し、買値から1割減になれば失敗したと判断。潔く損切りします(正確には、終値で確実に1割減と判断すれば損切り、微妙なら持越しです)。

以上が、ご質問の答えになりますが、何か少しでもお役に立てれば幸いです。

・・・・・
・・・・・

このように知り合えたのも何かのご縁だと思いますので、今後も遠慮なくメールを下さいませ。一緒に進むことができれば私も嬉しく思います。

こちらこそ、今後とも良いお付き合いを宜しくお願い致します。
----- ここまで -----
ナスダックとS&P500指数が過去最高値を更新
未経験から株式投資を始めて20年以上。大昔は資金激減と半減を数えきれないほど繰り返しましたが、株式投資だけで生活できるようになりました。大失敗の経験を元に作成したホームページ「素人投資家の挑戦(情報誌での掲載内容もご紹介)」、私が売買した銘柄を記録している「勉強できる私の買い付け」こちらも、ご覧いただけると嬉しいです。 慎重かつ丁寧な投資を心掛けながら、資金を少しずつ増やし続けている実録です。
----------------------------------------
niko.gif twitter @mm333m 
niko.gif メール
----------------------------------------
  
ランキングへの応援(バナーをクリック)を、宜しくお願い致します。
----------------------------------------

「米国株について」を朝の8時頃、「日本株について」を夕方に(1日2回)更新しています。

6月15日 火曜日

米国株について
ダウ平均は85ドル安の34393ドルで取引終了。
小安く寄り付いた後、お昼過ぎまで右肩下がり。安値では250ドルを超えますが、引けにかけて大きく買い戻され下げ幅縮小。

米国株 日中足チャート
20210615d.gif

米国株 日足チャート
0210615d2.gif

〇主要3指数の動向
ダウ平均 0.25%安(85ドル安)
ナスダック 0.74%高
S&P500指数 0.18%高

〇ダウ構成銘柄の動向
10銘柄が上昇、 20銘柄が下落しました。
上昇率の高い順
セールスフォース 2.48%高
アップル 2.46%高
マイクロソフト 0.78%高
インテル 0.59%高
ウォルト・ディズニー 0.45%高

下落率の高い順
JPモルガン・チェース 1.70%安
ウォルグリーン 1.59%安
ダウ 1.53%安
ゴールドマン・サックス 1.36%安
シスコシステムズ 1.10%安

〇2指数が過去最高値を更新
軟調なダウ平均に対して、ハイテク比率の高いナスダックとS&P500指数が過去最高値を更新しました。

〇ダウ平均は軟調
2指数が過去最高値を更新する中、ダウ平均は85ドル安と軟調。但し、250ドルを超える下げ幅から大きく戻している為、押し目買い意欲を感じる展開でした。

〇目先の下値抵抗と上値抵抗
下値は34200ドルで、上値は34600ドルになると考えています。

勉強できる私の買い付け」を更新しました
タイトルは・・・華麗なる大底買い 第4弾

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー



私が作成したホームページ

私が作成したホームページ
「素人投資家の挑戦」

私の取引

こちらは、私の取引から勉強していただけると判断したものを、1ヶ月数銘柄(1週間に1銘柄程度)限定で紹介しているブログです。
「勉強できる私の買い付け」

プロフィール

【プロフィール】
〇名前 masa
〇年齢 40代
投資歴は20年以上。全くの素人から僅かな資金で株式投資を始めましたが、株式投資だけで生活できるようになりました。運用資金に対して少額分散投資と買値から1割減の損切りを徹底。初心を忘れず、楽しみながら続けています。

Archives

検索フォーム

ご注意

この株日記は、私の独断と偏見によって書いているものです。当ブログの運営は購読を目的としたものであり、投資顧問業ではありません。よって、具体的な売買の指示およびご案内は致しかねます。又、内容に関して正確性および安全性を保障するものではありませんのでご理解願います。当サイトをご利用のうえ、被ったいかなる損害についても「素人投資家の挑戦」管理人masaは一切の責任を負いませんので、ご了承下さいませ。