素人投資家の株日記 6営業日ぶり反発、TOPIXは9営業日ぶり。でも力乏しく。素人投資家の株日記
素人投資家の株日記
株式投資で生活できるようになりました
11 | 2019/12 | 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

6営業日ぶり反発、TOPIXは9営業日ぶり。でも力乏しく。
株日記は特別な事情がない限り平日の夕方5時頃に更新します ちな♪
株日記はブログに公開してからも訂正を加える時があります。全て完成してからホームページ「素人投資家の挑戦」内にあります新着情報にてお伝えしますので、そちらを先に確認されてからお読み下さいませ。
また「勉強できる私の買い付け」などの更新情報もホームページ上で行っておりますのでご確認下さいませ。

お知らせ

こちらの株日記が、月刊誌に掲載されました。
廣済堂出版
ネットマネー 08年7月号 ~ 今月の最強株ブロガー

○ 掲載内容をご紹介 ⇒ こちら

青春出版社
BIG tomorrowビッグ・トゥモロウ 09年 5月号 (3月25日発売)
○ 掲載内容に少し誤りがありました ⇒ こちら
○ 掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

とても貴重な経験をさせていただき、感謝しております。
この場を借りて、お礼申し上げます。
----------------------------------------------------------------------------------------------

7月2日 金曜日

本日の日経平均は、前日比12円高の9203円になりました。
米国株は41ドル安の9732ドル。

「米国株について」 
雇用に関する指標が発表されるも売り買い拮抗。揉み合いでのスタートになりますが、10時に発表された経済指標が悪化を示すと売りが膨らみ一気に50ドル下落。一旦は9700ドル(74ドル安)で下げ渋ったものの、需給悪化に伴い(前日、チャートの項で書いていた部分)売りが売りを呼ぶ展開になってしまい、11時頃には安値9621ドル(153ドル安)まで下げ幅を拡大させました。しかし、安値を付けた後は100ドル近く上昇して50ドル下落。そして再び100ドル上昇するという力強い動きとなり、13時頃には9750ドル(24ドル安)まで回復しました。その後は9700ドルと9750ドルの間で揉み合う動きに終始しています。

米国株 日中足チャート
100702d01a.gif

○雇用に関する指標はまちまち
・人員削減数は僅かに増加
チャレンジャーが発表した6月の人員削減数は、前月の3万8810人から僅かに増加して3万9358人となりました。
前日発表されたADP雇用統計では雇用の増加が著しく鈍化。その状況で人員削減大幅増となれば雇用情勢は更なる悪化となり失望感も広がったと思いますが、僅かな増加に留まったことで少し安心感出る結果に。

・週間新規失業保険申請件数は増加
申請件数は前週比1万3000件増加して47万2000件になりました。これは市場予想の45万2000件を上回る悪い結果。
継続受給者数も4万3000件増加して461万6000件。こちらも市場予想の454万件を上回っています。

当り前のことですが、2つの指標は関連性が高いとはいえ全く別。また月間でみる人員削減数と週間でみる失業保険申請件数でも違うのですが、株式の材料としては「あちらが良くてもこちらが悪く、強弱入り混じる内容」となり売り買い拮抗。

○ISM製造業景気指数は低下
6月の指数は前月から3.5ポイント低下して56.2になりました。これは2ヵ月連続の低下であると同時に、市場予想の59.0を下回る悪い結果。本日は朝方に雇用関連の指標が相次いだこともあり、注目度が高まった構成項目の「雇用」が59.8から57.8に低下した部分も売り材料となりました。発表直後に50ドル急落したことで需給悪化を招き、後の急落へ。

指数は低下しましたが、景気の拡大と縮小の分岐点となる50は11ヵ月連続で上回る良い流れ。
もちろん、このまま悪化し続けば大きな売り要因になりますが、今のところは失望するほどではないと考えています。

○需給が強く影響する1日
10時発表のISM製造業指数により9750ドルから9700ドルまで一気に急落。
この9750ドルは昨日「恐怖の下値抵抗」として書いていた水準ですが、ここを下抜けたことで需給も一気に悪化。売りが売りを呼ぶ展開となり153ドル安の9621ドルまで急落させました。
雇用に関する指標はまちまちで、ISM指数は低下するもそれほど失望しなくて良い結果。この状況で下げに拍車がかかる可能性は低いため、やはり9750ドル割れが背景にあったと考えています。

・売られっぱなしではなく、底打ちした後は大きく回復しているところに注視
9750ドルを下回る9732ドルで終えていますが、後で大きく回復しているので下抜けによる需給悪化は本日限りだと感じました。むしろ、下抜けに伴う売り加速で「アク抜け」し、売り圧力が低下しているようにも思えました。

(チャートで考えた場合)
大きく売られるも大きく買い戻されているので、下ヒゲの長い足が出現(目先強含みを示唆)。上記していますとおり、恐怖の抵抗線として書いていた9750ドルを下抜けるも売り加速で「アク抜け」したと考えれば、明日に続く売り圧力は少なくなっているかもしれません。仮に予想が当たっているとすれば、大きく下げ続けてきただけに底打ちを意識する投資家も増えてくるのではないでしょうか。

米国株 日足チャート
25日線、ダブルボトム、抵抗などの関係を分かり易くする為、前週末のチャートをコピーしました
ダブルボトムと25日移動平均線
100625d02

3つの抵抗
100625d03

前週末に上記した内容を書いていたのですが、このようになりました
表示している期間が違うので見づらくなっていますが、スタート地点(一番左の日付)は同じなので左側から合わせてもらえれば分かり易いと思います。
100702d02a


勉強できる私の買い付け を更新しています

タイトルは・・・
そんなに待つんですか?そんなに待つんです
onpu07[1]

是非ご覧下さいませ じー !!

「勉強できる私の買い付け」とは
勉強していただけると判断した私の取引を、1ヶ月数銘柄(1週間に1銘柄程度)を限定で紹介しているブログです。
私からの配信を希望されていらっしゃる方へは、買い付けた当日に「目先の上値と下値予想」「買い付け理由」などをお伝えする他、相場が動き始めると「私の投資法~狙っている銘柄やセクターなど」も全てお伝えしています。ちなみに、上記しています「米国株について」は平日の朝8時頃に配信。(余談)買い付け後の配信なので買いを煽っているように見えるかもしれませんが、売買する銘柄のほとんどが東証1部の主力なので全く影響はありません。
「勉強できる私の買い付け」は hand02[1]  こちら
「配信についての詳しい説明」は hand02[1]  こちら


「 日本株について 」
米国株が安く終えるも、押し目買いが入り小幅高でスタート。30円程のプラスで推移していたところ、9時45分頃から大口の売りが連発すると60円急落して9160円(30円安)まで下落しました。しかし、安値をつけた後はV字回復。一旦前日値付近で揉み合った後、前引けにかけて急上昇すると寄り付きの水準まで戻しています。後場は一段高となり9259円(68円高)まで上げ幅を拡大しますが、引けにかけて売り込まれてしまい上げ幅帳消し。

日経平均 日中足チャート
100702j01.gif

○米雇用統計発表前に様子見強く
1日の値幅は100円程度ですが、10時頃と後場寄りの乱高下を除けば9180円から9240円となりますので僅か60円程度の値幅しかありません。雇用に関する注目度が高くなっているだけに内容次第で相場が急変する可能性もあり、動きづらいと感じる投資家が多かったようです。
東証1部の売買代金は1兆1319億円。売買高は15億8933万株。
6営業日ぶりの反発。TOPIXは9営業日ぶりの反発。

○当然の一服か
日経平均 日足チャート
100702j021.gif

これだけ下げてくれば、当然の一服かもしれません。

特別プレゼント としてご紹介していた 「私の投資法」 は、昨日の株日記をご覧下さいませ。

お役に立てる内容だった時は、以下3つのランキング全てをクリックして下さいね。ランクが上がるとちょっとした充実感が得られるものですから。。。お忙しいところ申し訳ありませんが、宜しくお願い致します。
応援ボタン07.gif   air_rank.gif  にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ  kiss.gif  
応援ボタンを押すとランキングサイトへ移動しますが、必要なければ閉じて下さい。


テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー



カテゴリ 19年12月 から

私が作成したホームページ

私が作成したホームページ
「素人投資家の挑戦」

私の取引

こちらは、私の取引から勉強していただけると判断したものを、1ヶ月数銘柄(1週間に1銘柄程度)限定で紹介しているブログです。
「勉強できる私の買い付け」

プロフィール

【プロフィール】
〇名前 masa
〇年齢 40代
全くの素人から僅かな資金で株式投資を始めましたが、株式投資だけで生活できるようになりました。運用資金に対して少額分散投資と買値から1割減の損切りを徹底。「安くなれば買い、高くなれば売り、安くなるまで待つ」この単純な投資を繰り返しています。

Archives

相互リンク 五十音順

検索フォーム

ご注意

この株日記は、私の独断と偏見によって書いているものです。当ブログの運営は購読を目的としたものであり、投資顧問業ではありません。よって、具体的な売買の指示およびご案内は致しかねます。又、内容に関して正確性および安全性を保障するものではありませんのでご理解願います。当サイトをご利用のうえ、被ったいかなる損害についても「素人投資家の挑戦」管理人masaは一切の責任を負いませんので、ご了承下さいませ。