素人投資家の株日記 インテル決算控えるも米急騰。日本・様子見から一変、焦ったか。こちらも急騰素人投資家の株日記
素人投資家の株日記
株式投資で生活できるようになりました
11 | 2019/12 | 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

インテル決算控えるも米急騰。日本・様子見から一変、焦ったか。こちらも急騰
株日記は特別な事情がない限り平日の夕方5時頃に更新します ちな♪
株日記はブログに公開してからも訂正を加える時があります。全て完成してからホームページ「素人投資家の挑戦」内にあります新着情報にてお伝えしますので、そちらを先に確認されてからお読み下さいませ。
また「勉強できる私の買い付け」などの更新情報もホームページ上で行っておりますのでご確認下さいませ。

お知らせ

こちらの株日記が、月刊誌に掲載されました。
廣済堂出版
ネットマネー 08年7月号 ~ 今月の最強株ブロガー

○ 掲載内容をご紹介 ⇒ こちら

青春出版社
BIG tomorrowビッグ・トゥモロウ 09年 5月号 (3月25日発売)
○ 掲載内容に少し誤りがありました ⇒ こちら
○ 掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

とても貴重な経験をさせていただき、感謝しております。
この場を借りて、お礼申し上げます。
----------------------------------------------------------------------------------------------

7月14日 水曜日

本日の日経平均は、前日比258円高の9795円になりました。
米国株は146ドル高の10363のドル。

「米国株について」 
インテルの好決算を受け、取引開始直後から急騰。一気に10300ドル(84ドル高)を突破しました。その後も売り込まれることなく、下値を10350ドルとする揉み合いに終始しています。

日中足チャート
100714d.gif

○強気相場に転換か
引け後にインテルの決算を控えていましたが、最後まで手仕舞い出ず強いまま。他国の見方は「アルコア良くてもインテル見てから・・・次は金融大手相次ぐので様子見」こういった感じ。それが、おかまいなしの急上昇です。

ここで少し前に書いていた内容をもう一度
~コピーここから~
○米企業 増益ペース鈍化
~記事より~
米企業の増益ペースが鈍化する公算が大きくなってきた。主要500社の2010年4~6月期の最終利益は、前年同期比27%増と3期連続の増加見通しだが前期の58%増を下回るのは確実。株安やユーロ相場の下落が鮮明になった5月以降、アナリスト予想は緩やかに下方修正されてきた。10年通期では34%増益を見込んでいるが、今下半期にかけては業績が下振れする懸念が出ている。
素材やエネルギーはそれぞれ94%、71%の大幅増を見込む。これは、世界的な景気悪化懸念で資源需要が急減した前年同期の反動が出るため。ハイテクは業績好調で57%増になる見通し。
~記事ここまで~

タイトルだけを見ると失望しそうな雰囲気漂っていますが、「前年同期比27%増で3期連続増加」と「10年通期では34%増を見込む」ここを見れば企業業績は上向き続けており失望する必要は全くありません。そもそも前期の58%増という数値が凄いうえ、その増加率を維持し続けるなんてありえないこと。むしろ、58%増からの反動が含まれたうえで27%増を確保できれば上出来ではないでしょうか。私はそう思います。
~コピーここまで~

これを書いた時の米国株は9686ドルでした。
その後、上昇を続けて今は10363ドル。

もう一つ書いていたことをコピーします。
~コピーここから~
○問題山積でも上昇する~これが相場
「米国における雇用問題、住宅問題、個人消費問題、製造業および非製造業の景気鈍化、欧州財政悪化問題・・・書き出せばきりがないほど問題山積状態ですが、警戒する雰囲気を一気に吹き飛ばすような急騰になりました。(少し乱暴な書き方になりますが)これが株式相場。問題山積だからこそ株価は下げ、後の上昇につながるのです。

問題無ければ上昇し続けるので後の急落を警戒しなければいけませんが、逆に問題山積なら下落し続けるので後は反発あるのみ。投資家のポジションにもよりますが、(一般的な見方としては)問題なく安全だと分かる頃には株価は高値ですから安全なのは後者。ここを狙う人が多くなれば相場は上昇へ転じますし(底打ちする)、下げていればいるだけ上げ幅も大きくなるのです。
~コピーここまで~

「決算に対する見立て」「問題山積でも上昇する」
まさに予想通りの展開です。
実は、日本株を買うにあたり、これら2つの要素は投資方法を組み立てる上で外すことができないものでした。
(日本株の項で関連することを書いています)

○ポルトガル格下げは影響無し
ムーディーズがポルトガルの格付けを引き下げましたが、既に周知されていた範囲内で収まっているため影響せず。

○引け後に発表されたインテル決算
売上、1株利益共に予想を上回る好決算。とくに、1株利益は予想を大きく上回っています。
前日はアルコアがアルミ需要見通しを引き上げましたが、インテルも7-9月期の売上予想が市場予想を上回りました。決算だけではなく、見通しも明るい状態が続いているのでとても良い相場環境だと感じました。

(チャートで考えた場合)
昨日に書いていたゴールデンクロスが完成。見事な上昇ぶりです。

ゴールデンクロスとデッドクロス 100714d1

ゴールデンクロスとデッドクロスについては、私が作成しているホームページ「素人投資家の挑戦」TOPページ上段「投資の基本」の中にあります「ゴールデンクロスとデッドクロス」を参照下さいませ。

○引け後に発表されたインテルは好決算。
明日から金融大手の決算になりますが・・・本日の相場展開(インテル警戒をアルコア好決算が封じ込める)が示す通り、警戒した売り圧力をインテルの好決算が封じ込めるような気がします。
いよいよ10500ドル到達かもしれません。


勉強できる私の買い付け を更新しています

タイトルは・・・
失望!見切り売り!恐怖!総悲観を逆手に取る
onpu07[1]

是非ご覧下さいませ じー !!

「勉強できる私の買い付け」とは
私の取引から勉強していただけると判断したものを、1ヶ月数銘柄(1週間に1銘柄程度)限定で紹介しているブログです。
私からの配信を希望されていらっしゃる方へは、買い付けた当日に「目先の上値と下値予想」「買い付け理由」などをお伝えする他、相場が動き始めると「私の投資法~狙っている銘柄やセクターなど」も全てお伝えしています。ちなみに、上記しています「米国株について」は平日の朝8時頃に配信。(余談)買い付け後の配信なので買いを煽っているように見えるかもしれませんが、売買する銘柄のほとんどが東証1部の主力なので全く影響はありません。
「勉強できる私の買い付け」は hand02[1]  こちら
「配信についての詳しい説明」は hand02[1]  こちら


「 日本株について 」
米国株の大幅高および米取引終了後のインテル好決算が買い材料となり、9700円(163円高)を突破してのスタートになりました。その後も緩やかに上げ幅を拡大し、前場は高値引けとなる270円高。後場に入るとほとんど動かなくなりましたが、売り込まれることなく高値圏を維持。258円も上昇する大幅高になりました。

日経平均 日中足チャート
100714j.gif

○円安が追い風に
ドル/円 チャート
T_usdjpy11.gif

ユーロ/円 チャート
T_eurjpy22.gif

株と為替は連動することが多く、為替が株に影響を与えたのか株が為替に影響を与えたのか分からない時も多くあります。でも、本日の場合は株式市場が取引を開始する前に円安へ進んでいたので、明らかに円安が買い材料。

○昨日に書いていたことへ補足します
~書いていたことをコピーします~
○大勢が投資の王道守る
先陣を切ったアルコアは好結果。良いスタートになりましたが、次はインテル、そしてバンカメなど大手金融の決算が相次ぎますので、もう少しだけ様子見したい投資家は多いのではないでしょうか。よほどのことがない限り、決算前に極端な投資は避けるべきですし、これは投資の王道です。とくに、「好決算=株高」を期待して多く買い付けるなんて博打になりかねません。
ただ・・・悪い決算でも懸念後退(心配されたほど悪くない、悪材料出尽くし)で買われ、上昇するのも相場。その辺りを検証そして見極めながら投資法を組み立てていくことが大切だと考えています。
~コピーここまで~

このように書いていたのですが、「これは決算直前に多く買い付けることを対象にしています。よって、既に保有株が含み益になっている場合は含み益がリスクをカバーするので、多く保有していたとしても全く問題ありません。

○様子見から一変、焦ったか
前日の相場を振り返ってみると・・・
アルコア好決算でも、インテル決算控えて様子見強まる展開。加えて、インテル終えれば大手金融の決算が控えているので「もう少しだけ様子見したい=決算を確認したい」というのが大勢の見方。そういった投資家心理を反映する相場展開になっていました。
ところが、本日の米国株は引け後にインテル決算控えているにも関わらずおかまいなしの大幅高。こうなると「もう少しだけ様子見したい=決算を確認したい」とは言っておれず、「慌てて一気に買い進まれた」そんな動きを感じました。また「保有せずに上昇すれば利益の取り損ね」いわゆる「持たざるリスク」を回避する為の動きも多くあったのではないかと。

私の投資法を少しだけご紹介
ここまで急騰すればお話しても良いでしょう。

日経平均は6月30日に直近安値を割り込む「底割れ」となり、7月に入ると更なる下落という展開。
底割れは需給悪化につながりますので、更なる下落を警戒する動きが強くなります。
実は・・・そんな時に私は、いつも通り「経験則だけではなく相場の流れ」を重要視。検証に検証を重ねて投資法を組み立て、30銘柄近く買い付けていたのです。

底割れ
100714j5

その後に起こった急上昇はご覧の通り
100704j2

本日の相場急騰にも連動しています。
買い付けていた銘柄(本日の上昇率)
銘柄A、7.6%
銘柄B、5.1%
銘柄C、4.5%
銘柄D、4.4%
銘柄E、4.3%
銘柄F、4.2%
銘柄G、4.1%
銘柄H、4.0%
  ・
  ・
  ・

当り前のことですが、「私の投資法」が常に的中することはありません。

ただ、失敗を恐れていては投資できません。
検証に検証を重ね、投資法を組み立て、実際に投資する・・・これが株式投資の醍醐味
今後も慎重な姿勢で取り組み続けていきます。

お役に立てる内容だった時は、以下3つのランキング全てをクリックして下さいね。ランクが上がるとちょっとした充実感が得られるものですから。。。お忙しいところ申し訳ありませんが、宜しくお願い致します。
応援ボタン07.gif   air_rank.gif  にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ  kiss.gif  
応援ボタンを押すとランキングサイトへ移動しますが、必要なければ閉じて下さい。


テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー



カテゴリ 19年12月 から

私が作成したホームページ

私が作成したホームページ
「素人投資家の挑戦」

私の取引

こちらは、私の取引から勉強していただけると判断したものを、1ヶ月数銘柄(1週間に1銘柄程度)限定で紹介しているブログです。
「勉強できる私の買い付け」

プロフィール

【プロフィール】
〇名前 masa
〇年齢 40代
全くの素人から僅かな資金で株式投資を始めましたが、株式投資だけで生活できるようになりました。運用資金に対して少額分散投資と買値から1割減の損切りを徹底。「安くなれば買い、高くなれば売り、安くなるまで待つ」この単純な投資を繰り返しています。

Archives

相互リンク 五十音順

検索フォーム

ご注意

この株日記は、私の独断と偏見によって書いているものです。当ブログの運営は購読を目的としたものであり、投資顧問業ではありません。よって、具体的な売買の指示およびご案内は致しかねます。又、内容に関して正確性および安全性を保障するものではありませんのでご理解願います。当サイトをご利用のうえ、被ったいかなる損害についても「素人投資家の挑戦」管理人masaは一切の責任を負いませんので、ご了承下さいませ。