素人投資家の株日記 下がれば騰がり~騰がれば下がる~これが株式相場素人投資家の株日記
素人投資家の株日記
株式投資で生活できるようになりました
11 | 2019/12 | 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

下がれば騰がり~騰がれば下がる~これが株式相場
株日記は特別な事情がない限り平日の夕方5時頃に更新します ちな♪
株日記はブログに公開してからも訂正を加える時があります。全て完成してからホームページ「素人投資家の挑戦」内にあります新着情報にてお伝えしますので、そちらを先に確認されてからお読み下さいませ。
また「勉強できる私の買い付け」などの更新情報もホームページ上で行っておりますのでご確認下さいませ。

お知らせ

こちらの株日記が、月刊誌に掲載されました。
廣済堂出版
ネットマネー 08年7月号 ~ 今月の最強株ブロガー

○ 掲載内容をご紹介 ⇒ こちら

青春出版社
BIG tomorrowビッグ・トゥモロウ 09年 5月号 (3月25日発売)
○ 掲載内容に少し誤りがありました ⇒ こちら
○ 掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

とても貴重な経験をさせていただき、感謝しております。
この場を借りて、お礼申し上げます。
----------------------------------------------------------------------------------------------

7月20日 火曜日

本日の日経平均は、前日比107円安の9300円になりました。
週末の米国株は261ドル安の10097ドル。
週明けの米国株は56ドル高の10154ドル。

「米国株について」 
本日は、2日分の株日記になります。
尚、週末の米国株については、17日(土)に私からの配信を希望されていらっしゃる方へ(土日祝の配信は例外としながら)配信させていただいた内容になりますので、その時点における予想になっています。

週末の米国株について
経済指標の悪化および決算が利益確定のキッカケとなり大幅安。取引開始直後から売り込まれ、一気に10200ドル(160ドル安)まで下落。その後しばらく揉み合いになりますが、11時頃から弱含み始めると引けまで右肩下がりの展開になってしまいました。

日中足チャート
100717d.gif

○ミシガン消費者信頼感指数は急低下
7月の指数は前月より9.5ポイント急低下して66.5になりました。これは市場予想の74.5を大きく下回る悪い結果。
また先行きの景況感を示す期待指数も9.2ポイント低下して60.6まで急低下。

○主要企業の決算相次ぐ
バンク・オブ・アメリカ、シティグループ、GEなど主要企業の決算が相次ぎました。
結果は強弱入り混じりといったところ。
ただ、前日に発表されたJPモルガン・チェースが好決算だっただけに、1株利益が予想を上回っても減益などの悪い部分で売り材料になってしまいました。とくにバンク・オブ・アメリカはダウ構成銘柄の中で下げが突出しており、ダウ平均を押し下げています。
・バンカメ、9.16%安
・シティ、6.25%安
・GE、4.59%安

○経済指標の悪化が続き、景気回復鈍化を警戒か
前日はニューヨーク連銀景気指数が市場予想を大きく下回る悪い結果。発表直後の相場急落が示す通り、景気回復鈍化を警戒する動きが出始めていました。そして、今度はミシガン大学消費者信頼感指数が同じく市場予想を大きく下回る悪い結果になり、警戒する見方が一気に広がったのかもしれません。

○失望決算ではないような
バンカメなど9%超も下げているので、決算が失望された・・・と書けば簡単に済むのかもしれませんが、少し違うような気がします。「経済指標の急激な悪化で景気回復鈍化を警戒する売りが、(決算内容で)一部悪かった部分に対する売りと重なり下げに拍車をかけた」このように感じました。

○騰がれば下がり、下がれば上がるのが株式相場
振り返れば9686ドルで底を打った後、7日続伸となり10366ドルまで680ドル(上昇率7%)も上昇していたのです。この相場動向を踏まえれば、一気に利益確定が出ても不思議ではありません。まさに相場格言「梯子を外される」という展開。

上を見続けて登ればどれだけ高くなっても(加熱感ある高値になっても)怖くありませんが、ふと下を見ると足がガクガク震え出すのです。そして、怖くなり一斉に飛び降りる(利益確定)。時に下を確認しながら登る(適度な調整)がなく上昇した相場は、経験則では例外なく急落しているのです。
少し話が戻りますが、この状況を考えれば上記しました通り失望決算が主因とは考えにくい気がします。

(チャートで考えた場合)
前日に出現した下ヒゲの長い足(目先強含み)はダマシになりました。それどころか、261ドルも下落する大陰線出現で今度は目先弱含みを示唆。先日、5日線と25日線がゴールデンクロスしましたが、上昇力は続かず2つの線を下回る展開に。抵抗を一気に突破した場合は勢いづいた動きになっている(投資家が冷静な判断を失い、売買する)場合が多い為、すぐに回復することも少なくありません。ただ、今回の場合は大幅上昇した後に数日揉み合って急落という展開なので、続落する可能性は十分にあると考えています。

日足チャート
100717d2.gif


週明けの米国株について
週末の261ドル安を受けて押し目買い優勢でのスタートになりすが、10時に発表された住宅関連指標が予想を下回ったことで失望売り膨らみマイナス圏まで下落しました。その後、早々に切り返して前日値を上回る展開となりますが、上値は重く56ドル高に留まっています。

日中足チャート
100720d.gif

○NAHB住宅建設業者指数は予想を下回る
7月の指数は前月から2ポイント低下して14になりました。これは前月と同じ水準16とした市場予想を下回る悪い結果。
・一戸建て販売の現況指数は2ポイント低下して15。
・一戸建て販売見通し指数は1ポイント低下して21。
・購買見込み客指数は3ポイント低下して10。

ここ最近は住宅販売の落ち込みが懸念材料になっている為、軒並み悪化した数値は即売り材料。
住宅購入補助制度終了に伴う落ち込みはある程度予想されていたとはいえ、悪い状況が長引けば景気回復の腰を折りかねません。今後も住宅指標に一喜一憂する展開が続くのではないでしょうか。

○押し目買いが下支え
261ドルも下落した後なので、ある程度の押し目買いが入るのは当然。
住宅関連の指標悪化は懸念材料でしたが、本日は押し目買いに下支えされた相場だったと考えているので注視するところはないと判断。
いつも通り深く考えなければいけない時に時間をかけ、そうでない時は自分の投資に時間をかけたいと考えています。このようなことから、株日記も極端に短くなっています。

(チャートで考えた場合)
日足チャート
100720d2.gif

14時頃まで前日値を下値とする揉み合いが続いていたうえ、上げ幅56ドル高でも週末の261ドル安から考えると僅か。続落は回避しましたが「かろうじてプラスになった」という感じです。


勉強できる私の買い付け を更新しています。

タイトルは・・・
力の溜め込みを感じる
onpu07[1]

是非ご覧下さいませ じー !!

「勉強できる私の買い付け」とは
私の取引から勉強していただけると判断したものを、1ヶ月数銘柄(1週間に1銘柄程度)限定で紹介しているブログです。
私からの配信を希望されていらっしゃる方へは、買い付けた当日に「目先の上値と下値予想」「買い付け理由」などをお伝えする他、相場が動き始めると「私の投資法~狙っている銘柄やセクターなど」も全てお伝えしています。ちなみに、上記しています「米国株について」は平日の朝8時頃に配信。(余談)買い付け後の配信なので買いを煽っているように見えるかもしれませんが、売買する銘柄のほとんどが東証1部の主力なので全く影響はありません。
「勉強できる私の買い付け」は hand02[1]  こちら
「配信についての詳しい説明」は hand02[1]  こちら


「 日本株について 」
連休中の米株安が嫌気され、売り先行でのスタートになりました。9267円(141円安)で寄り付いたあと揉み合いますが、9時30分頃に上放れると急上昇。一時は9350円程(50円安)まで回復するところがありましたが、前引けにかけて売られてしまい9295円(113円安)で取引終了。後場寄りは再び急回復して9378円(30円安)まで下げ幅を縮小しますが、前場と同じく引けにかけて下落。結局は9300円(107円安)となり、往って来いのような相場展開でした。

日中足チャート
100720j.gif

○下がれば騰がり~騰がれば下がる~これが株式相場
日経平均 日足チャート
100720j1

米国株の項で書いていた部分と重複しますが、振り返れば9191円で底を打った後、9795まで604円(上昇率6.6%)も上昇していたのです。この相場動向を踏まえれば、一気に利益確定が出ても不思議ではありません。まさに相場格言「梯子を外される」という展開。

上を見続けて登ればどれだけ高くなっても(加熱感ある高値になっても)怖くありませんが、ふと下を見ると足がガクガク震え出すのです。そして、怖くなり一斉に飛び降りる(利益確定)。時に下を確認しながら登る(適度な調整)がなく上昇した相場は、経験則では例外なく急落しているのです。私は「勉強できる買い付け」でも書いています通り経験則はあまり重要視せず、時々における相場の流れを重要視しています(理由は「勉強できる買い付け」で時々書いているので、そちらを参照下さいませ)。しかし、今回のような展開は例外なく急落しているので、絶対に軽視してはならない相場展開だったのです。もちろん、これは相場が下げてから書いている「後出し」ではなく、相場が上昇する前から私の投資法に組み入れていました。

お役に立てる内容だった時は、以下3つのランキング全てをクリックして下さいね。ランクが上がるとちょっとした充実感が得られるものですから。。。お忙しいところ申し訳ありませんが、宜しくお願い致します。
応援ボタン07.gif   air_rank.gif  にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ  kiss.gif  
応援ボタンを押すとランキングサイトへ移動しますが、必要なければ閉じて下さい。


テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー



カテゴリ 19年12月 から

私が作成したホームページ

私が作成したホームページ
「素人投資家の挑戦」

私の取引

こちらは、私の取引から勉強していただけると判断したものを、1ヶ月数銘柄(1週間に1銘柄程度)限定で紹介しているブログです。
「勉強できる私の買い付け」

プロフィール

【プロフィール】
〇名前 masa
〇年齢 40代
全くの素人から僅かな資金で株式投資を始めましたが、株式投資だけで生活できるようになりました。運用資金に対して少額分散投資と買値から1割減の損切りを徹底。「安くなれば買い、高くなれば売り、安くなるまで待つ」この単純な投資を繰り返しています。

Archives

相互リンク 五十音順

検索フォーム

ご注意

この株日記は、私の独断と偏見によって書いているものです。当ブログの運営は購読を目的としたものであり、投資顧問業ではありません。よって、具体的な売買の指示およびご案内は致しかねます。又、内容に関して正確性および安全性を保障するものではありませんのでご理解願います。当サイトをご利用のうえ、被ったいかなる損害についても「素人投資家の挑戦」管理人masaは一切の責任を負いませんので、ご了承下さいませ。