素人投資家の株日記
株式投資で生活できるようになりました
08 | 2018/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

中国利上げショック終焉か?米紙記者による表現の誤り?で日本の為替と株が乱高下
株日記は特別な事情がない限り平日の夕方5時頃に更新します ちな♪
株日記はブログに公開してからも訂正を加える時があります。全て完成してからホームページ「素人投資家の挑戦」内にあります新着情報にてお伝えしますので、そちらを先に確認されてからお読み下さいませ。
また「勉強できる私の買い付け」などの更新情報もホームページ上で行っておりますのでご確認下さいませ。

お知らせ

こちらの株日記が、月刊誌に掲載されました。
廣済堂出版
ネットマネー 08年7月号 ~ 今月の最強株ブロガー

○ 掲載内容をご紹介 ⇒ こちら

私の投資法が、月刊誌に掲載されました。
青春出版社
BIG tomorrowビッグ・トゥモロウ 09年 5月号 (3月25日発売)
○ 掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

とても貴重な経験をさせていただき、感謝しております。
この場を借りて、お礼申し上げます。

----------------------------------------------------------------------------------------------
10月21日 木曜日

本日の日経平均は、前日比5円安の9376円になりました。
米国株は129円高の11107ドル。

「米国株について」 
前日の中国利上げショックから一転、買い先行でスタートするとお昼頃にかけて右肩上がりになりました。11150ドル(172ドル高)で上値が重くなったものの、最後まで売り込まれることなく高値揉み合いで取引終了。前日の165ドル安をほぼ取り返しています。

米国株 日中足チャート
101021d.gif

○中国利上げショックは終焉したかも
渦中の中国株(上海総合株価指数)は1.8%安で寄り付いたあと午前中にプラス圏まで浮上。結果は変わらず。
この結果で他国は拍子抜け。警戒感から売り出していた投資家は一斉に買い戻しへ動きました。

昨日の株日記で書いていましたとおり「利上げは正しい判断で好感される」これが反映された中国株だと思いました。

○主要通貨に対してドル下落
昨日は中国利上げショックで主要通貨に対しドル上昇。
本日は、利上げショック終焉でドル下落。
これは自然の流れ。

○ドル安を背景に原油や商品価格も反発
原油はドル建てなので、ドルの下落は買い材料。
(ドル安になれば買い付けコストが低下し、ドル高になればその逆となる。)
原油価格は3%程度上昇し、商品価格も2%の上昇になっています。

○利上げショックからの買い戻しが主因
週間住宅ローン申請指数、地区連銀経済報告(ベージュブック)、主要企業の決算。材料はいろいろとあり、また売り要因になったところもありましたが、利上げショックからの買い戻しで株価は引っ張られています。

・週間住宅ローン申請指数は低下
指数は前週比10.5%低下して803.4になりました。
借り換えに伴う申請指数は11.2%低下して4491.1。
新規購入に伴う申請指数は6.7%低下して169.7。
住宅ローン30年固定金利は0.13ポイント上昇して5.07%

・地区連銀経済報告に波乱は無し。材料視されず。

・モルガン・スタンレーは失望決算でも株価変わらず。
・ウェルズ・ファーゴは好決算で4.3%高。
・ボーイングは好決算で3.4%高。

○MBSの買い取りに伴う業績悪化懸念は一服
「不良債権化した住宅ローン担保証券(MBS)の買い戻しを義務付ける方向で検討されている」この報道で業績悪化懸念が膨らみ銀行株への売り要因になっていたのですが、本日は一服。バンカメが0.4%安、JP・モルガンチェースが1.1%高、シティが1.2%高。

(相場の流れとチャートを合わせて考えた場合)
続落せず一気に買い戻しが入ったので、不安後退。中国利上げショックでの急落は「大きな下落は理想的かも」として書いていましたとおり、良いアク抜けになったのではないでしょうか。ただ、大きな上昇へつながっていくという楽観的な見方はせず、揉み合いに戻ったと控えめな見方が大切。続落という可能性もあったわけですから、揉み合いに戻るだけで十分だと思っています。

米国株 日足チャート
101021d2

目先の下値は11000ドルで、上値は11200ドルになると考えています。


本日「勉強できる私の買い付け」 を更新しています。

タイトルは・・・
政府・日銀による大規模な為替介入
     &
意表を突く介入のタイミング
     &
即、買い付け

是非、ご覧下さいませ。
じー !!

「勉強できる私の買い付け」とは
私の取引から勉強していただけると判断したものを、1ヶ月数銘柄(1週間に1銘柄程度)限定で紹介しているブログです。
私からの配信を希望されていらっしゃる方へは、買い付けた当日に「目先の上値と下値予想」「買い付け理由」などをお伝えする他、相場が動き始めると「私の投資法~狙っている銘柄やセクターなど」も全てお伝えしています。ちなみに、上記しています「米国株について」は平日の朝8時頃に配信。(余談)買い付け後の配信なので買いを煽っているように見えるかもしれませんが、売買する銘柄のほとんどが東証1部の主力なので全く影響はありません。
「勉強できる私の買い付け」は hand02[1]  こちら
「配信についての詳しい説明」は hand02[1]  こちら


「 日本株について 」
米国株の反発が好感され高く寄り付くも、緩やかに下げ幅を拡大。10時過ぎのドル円急上昇に伴い日経平均も高値9479円(98円高)まで急騰するところはありましたが、早々に売り込まれてしまい前引けは18円高の9400円。後場は前日値を少し下回る水準でほとんど動きませんでした。

日本株 日中足チャート
101021j

ドル円 チャート
101021k

○米紙の記者が混乱を招いた?
ドル円が急上昇した為、「為替介入か!」という憶測と、米紙の記者が伝えた「ガイトナー財務長官がドルはこれ以上に下落しなくてもよい」この発言とほぼ同時刻だったのでこの影響だという見方が交錯。すぐに、日本の記者が日本政府に介入の有無を尋ねると「為替についてのコメントは控える」とのこと。そうした中、今度は米紙の記者が伝えた内容について、正確には「財務長官は、ドルの水準は主要通貨に対して適切である」という発言であったと伝わりドル円は急落しました。

「ドルはこれ以上に下落しなくてもよい」と「ドルは適切な水準である」。相場を知らない人が聞けば同じ意味に聞こえるかもしれませんが、ものすごく違います。これが本当に記者のミスだとしたら、致命的かも。
とんでもない大金が動くところですから、この乱高下で巨額の損失を被った機関投資家は少なくないかも。そうなればミスでは済まされないでしょう。

○中国の利上げは正しい道
中国の利上げはバブルを回避する正しい判断だと考えています。利上げに伴い経済成長鈍化という懸念はありますが、勢いづいた景気に少しブレーキをかける程度で景気悪化を招くような政策ではありませんから、「中国利上げに伴う世界同時大幅株安」を心配する必要はないと思っています。
これは欧米の反発を見てから書いている後出しではありません。こちらに関しては前日に私からの配信を希望されていらっしゃる方へお伝え済みでした。

米国株の項でも書いていますが、利上げショックは少しずつ終焉に向かうと考えています。

お忙しいところ申し訳ありませんが、お役に立てる内容だった時には
以下3つのランキングへのクリック(応援)を、宜しくお願い致します。
クリックするとランキングのページが表示される為、画面を閉じたりクリックしたりとお手数をかけることになりますが、どうか宜しくお願い致します。(応援ボタンを押すとランキングサイトへ移動しますが、必要なければ閉じて下さい。)
応援ボタン07.gif   air_rank.gif  にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ  kiss.gif

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー



ランキング

ランキングに参加しています。 クリックの数で順位が決まりますので、応援宜しくお願い致します。

私が作成したホームページ

私が作成したホームページ
「素人投資家の挑戦」

私の取引

こちらは、私の取引から勉強していただけると判断したものを、1ヶ月数銘柄(1週間に1銘柄程度)限定で紹介しているブログです。
「勉強できる私の買い付け」

これまでの道

私は、株式投資に対し全くの素人でした。
そして大の勉強嫌いで、自慢出来る学歴も経歴もありません。その私が株式投資で利益を出し続けている実録です。

全くの素人から投資をスタートさせました。
50万円を元手に始めたものの、利益よりも損失が膨らむ一方で資金は激減。あまりのショックに投資を止めていた時期がありました。
順調に資金が増えた時もあったのですが、「勝ちが続くと調子に乗って大勝負」「負けると一発で取り返そうと大勝負」こんなことを何度も繰り返してしまった為、3歩進んで4歩下がるようなことが続いてしまいました。負ける度に反省するのですが、また同じことを繰り返してしまうのです。
その結果、塩漬け株ばかりとなり力尽きてしまいました。

資金が半減、激減した時・・・忘れもしません。
食欲がなくなり、食べても味がしません。仕事にも影響が出ていたうえに、毎日が損損損という気持ちばかりで楽しいことが全くありません。土日は休場なので本来はゆっくりできるはずなのに、株価が動かないことで逆にストレスが溜まってしまい・・・ 表現できないほど辛い日が続いていました。

時が流れ~
心機一転もう一度頑張ってみようと思い、塩漬け株を全て損切り。再スタートさせました。
大勝負で大失敗して資金半減や激減を数え切れないほど多く経験してきましたが、50万円 ⇒ 100万円 ⇒ 500万円 ⇒ 1000万円 ⇒ ???と、少しずつではありますが確実 に資金は増えることになりました。
投資を始めた頃は1銘柄に数万円のミニ株投資でしたが、今では1銘柄に数百万円の分散投資ができるようになったのです。

FC2

Archives

証券会社の広告

ご注意

この株日記は、私の独断と偏見によって書いているものです。当ブログの運営は購読を目的としたものであり、投資顧問業ではありません。よって、具体的な売買の指示およびご案内は致しかねます。又、内容に関して正確性および安全性を保障するものではありませんのでご理解願います。当サイトをご利用のうえ、被ったいかなる損害についても「素人投資家の挑戦」管理人masaは一切の責任を負いませんので、ご了承下さいませ。

相互リンク

検索フォーム