素人投資家の株日記 素人投資家の株日記素人投資家の株日記
素人投資家の株日記
投資歴は20年以上、株式投資だけで生活しています
04 | 2024/05 | 06
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

素人投資家の株日記
4月6日 金曜日
本日の日経平均は、前日比6円安の17484円となりました。
米国株は30ドル高。外国証券経由の売買動向は250万株の小幅売り越し。目立つ悪材料はありませんでしたが、欧米の主要株式市場が休場となることから、積極的な売買は控えられることになりました。寄り付きこそ前日比と変わらない水準でしたが、前場終了まで右肩下がり。しかし、後場が始まると同時に大きく持ち直して、前日比と変わらない水準となり、そのまま揉み合いながら終えました。

欧米の主要株式市場が休場になること。週明けも欧州各国が休みとなり、開いているのは(大きな市場では)日本市場だけ。このような状況から売買が控えられるのは当然の事でした。売買代金は2兆937億円。激減したことは仕方のないことだと思います。
よって、売買代金の減少から、先行きを不安視する必要は全くないと思います。

本日の環境であれば、4日に空けた窓を埋める展開になってもおかしくない状況でした。手控えられる相場では、売りが優勢になるのが普通です。しかし、売りに対して買いが強かったのか、売りが弱かったのかはハッキリしませんが、どちらにせよ「売り」をこなしたという点は前向きに捉えることができるのではないでしょうか。
当然ですが、売買を控える環境というのは、目先で株価が大きく上下する可能性のある場合です。米雇用統計の発表。。。週明けには日銀金融政策決定会合。。。米国主要企業決算。。。材料は目白押しです。
これらの事を踏まえて、「本日のところは前向きに評価できる」程度に留めておきましょう。出てくる指数や材料によっては、週明けは本日の流れと全く違ったものになる可能性は十分にあります。

米国株も連休を控えていることや、重要指数の発表を前にしていれば、売買を控える動きから売り優勢となり、株価の下落につながってもおかしくなかったのですが、6日続伸で比較的堅調に推移し続けております。景気減速を示唆する指数が発表されれば、「利下げ」を意識させる為に大きな問題にはならないことを踏まえているのか、それとも週明けから発表される主要企業決算への期待から、先回りした買いが支えているのか、もっと他に多くの要因があるのかもしれませんが、こちらも今のところは前向きに評価できるものだと思います。
評価はできますが、6日続伸です。目先で調整があっても何ら不思議ではありません。

日経のチャートが示す通り、上下の激しい展開になっておりますが、その上下に酔ってはいけないと思います。こんな時こそ、どっしりと構えた投資が大切だと思います。
相場に振り回されない投資金額、および保有銘柄数が大切ですね♪

今週一週間、お疲れさまでした。




私が作成したホームページ

私が作成したホームページ
「素人投資家の挑戦」

私の取引

こちらは、私の取引から勉強していただけると判断したものを、1ヶ月数銘柄(1週間に1銘柄程度)限定で紹介しているブログです。
「勉強できる私の買い付け」

プロフィール

【プロフィール】
〇名前 masa
〇年齢 40代
投資歴は20年以上。全くの素人から僅かな資金で株式投資を始めましたが、株式投資だけで生活できるようになりました。運用資金に対して少額分散投資と買値から1割減の損切りを徹底。初心を忘れず、楽しみながら続けています。

Archives

検索フォーム

ご注意

この株日記は、私の独断と偏見によって書いているものです。当ブログの運営は購読を目的としたものであり、投資顧問業ではありません。よって、具体的な売買の指示およびご案内は致しかねます。又、内容に関して正確性および安全性を保障するものではありませんのでご理解願います。当サイトをご利用のうえ、被ったいかなる損害についても「素人投資家の挑戦」管理人masaは一切の責任を負いませんので、ご了承下さいませ。