素人投資家の株日記
株式投資で生活できるようになりました
10 | 2018/11 | 12
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ウクライナ情勢緊迫で一時400円近い下落。これをどのように考えるかで明暗分かれるかも
株日記は特別な事情がない限り平日の夕方5時頃に更新します ちな♪
株日記はブログに公開してからも訂正を加える時があります。全て完成してからホームページ「素人投資家の挑戦」内にあります新着情報にてお伝えしますので、そちらを先に確認されてからお読み下さいませ。また「勉強できる私の買い付け」などの更新情報もホームページ上で行っておりますのでご確認下さいませ。

お知らせ
こちらの株日記が、月刊誌に掲載されました。
廣済堂出版
ネットマネー 08年7月号、今月の最強株ブロガー

○ 掲載内容をご紹介 ⇒ こちら

私の投資法が、月刊誌に掲載されました。
青春出版社
BIG tomorrowビッグ・トゥモロウ 09年5月号「負けない投資」
○ 掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

こちらの株日記が、All About(オールアバウト)で紹介されました。
11年10月 All About(オールアバウト) マネー 「投資」
「好パフォーマンスの個人投資家」 

〇掲載内容をご紹介 ⇒ こちら

私の投資法が、月刊誌に掲載されました。
青春出版社
BIG tomorrowビッグ・トゥモロウ 13年3月号「株投資の裏ワザ!こんなテクニックで勝ち馬に乗ることができる!」
○ 掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

とても貴重な経験をさせていただき、感謝しております。
この場を借りて、お礼申し上げます。

---------------------------------------------------------------------------
3月3日 月曜日

本日の日経平均は、前日比188円安の14652円になりました。
米国株は49ドル高の16321ドル。

「米国株について」
引き続き、投資家心理と需給関係が強く影響する相場になっています。取引開始直後から右肩上がりになると、126ドル高まで上昇するところがありました。しかし、その後は一気に急落して46ドル安まで下落。最後は再び買い戻されて49ドル高で取引終了。

米国株 日中足チャート
140303d.gif

米国株 日足チャート
140303d2.gif

〇経済指標は材料視されず
・1月の中古住宅販売仮契約指数は、前月比0.1%上昇しました。
市場予想の2.0%を大きく下回っています。

・2月のシカゴ地区購買部協会景気指数は59.8になりました。
市場予想の57.0を上回っています。

・昨年10-12月期GDP改定値は、2.4%増になりました。
市場予想の2.5%増を少し下回っています。

・2月のミシガン大学消費者信頼感指数確報値は81.6になりました。
市場予想の81.3を少し上回っています。

中古住宅販売仮契約指数は大きく落ち込んでいますが、寒波の影響あり。他3指数は市場予想を少し前後する程度で、大きな材料にならず。

〇引き続き、投資家心理と需給関係が強く影響している
揉み合い後の上昇で需給改善、加えて強気になる投資家も増えている状況。これが前半の上昇要因だと考えています。しかし、上値の壁に到達したことで(その水準で買い付けていた投資家による)戻り売り(やれやれの売り)も出てきます。これが後半の急落要因だと思いました。

〇後半失速でも悪くない
126ドル高から46ドル安まで急落していますが、前週末に書いていました「一気に崩すと反動安」この通りになっただけ。急騰のまま終えれば週明けの急落を警戒しなければいけませんが、急騰した日に下げているので少し安心できます。また、最後は買われて49ドル高まで回復しているので、こちらも良し。

〇ウクライナ情勢の緊迫化
ロシアによるウクライナへの軍事介入。それを非難する米国。両国の対立は良くありませんし、注視している投資家も多いはず。でも、今のところは株式相場にどれほど影響してくるのか分からないと思っています。

〇目先の上値抵抗と下値抵抗
上値は16450ドルで、下値は16200ドルになると考えています。

勉強できる私の買い付け」を更新しています onpu07[1]

タイトルは・・・リバウンド狙い 第2弾!

銘柄は2つのランキングのどちらかで公開しています。(期間限定)
FC2 ブログランキング
株日記ランキング
共に5位前後なので、その辺りをご覧いただくと私のブログがあると思います。

「勉強できる私の買い付け」とは
私の取引から勉強していただけると判断したものを、1ヶ月数銘柄(1週間に1銘柄程度)限定で紹介しているブログです。
私からの配信を希望されていらっしゃる方へは、私の取引(私の投資法、狙っている銘柄と狙う水準、買い付け銘柄と買い付け銘柄の上値と下値予想)などを、お伝えしています。尚、こちらで書いている「米国株について」は平日の朝8時頃に配信。「日本株について」も同時刻に配信していますが、こちらで書いている内容とは異なります。

「勉強できる私の買い付け」は hand02[1] こちら
「配信についての詳しい説明」は hand02[1] こちら

「 日本株について 」
ウクライナ情勢を巡るロシアと米国の対立が売り材料になりました。取引開始直後から急落すると、10時頃には400円近く下落。その後は少しずつ買い戻され、188円安まで戻して取引終了。

日経平均 日中足チャート
140303j.gif

日経平均 日足チャート
140303j2.gif

〇ウクライナ情勢を巡るロシアと米国の対立が売り材料
軍事介入を進めるロシアと、反対する米国の対立。これがリスク回避の動きにつながりました。
軍事的衝突はどこの国で起こっても懸念材料ですが、米国が絡むとリスク回避の動きも強くなります。

〇大きく下げたところは押し目買い
14500円から15000円まで短期急騰していただけに、強いと考える投資家も増えていました。その後、調整が進んでいたところで本日の400円近い下落となれば、押し目買いチャンスと考える人も出てきます。それが後半の戻しにつながったと思いました。

〇ウクライナ情勢の緊迫をどう考えるか
・軍事介入がどんどん進み、ロシアと米国の対立が増す。そして、リスク回避の動きも続いて株価暴落。
・軍事介入が限定的で、ロシアと米国の対立も解消。株価戻す。
前者なら、早めに売って現金比率を高めておくのが得策。後者なら買い付けるか保有株のままで進めるのが得策。この投資判断が明暗を分けるかもしれません。

最後にランキングへの応援(2つのランキングをクリック)お願いします。
FC2 ブログランキング
株日記ランキング
(皆さまからのクリックの数で、ランキングの順位が決まります)
クリックするとランキングサイトへ進みますが、必要なければそのまま閉じて下さい。

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー



私が作成したホームページ

私が作成したホームページ
「素人投資家の挑戦」

私の取引

こちらは、私の取引から勉強していただけると判断したものを、1ヶ月数銘柄(1週間に1銘柄程度)限定で紹介しているブログです。
「勉強できる私の買い付け」

これまでの道

私は、株式投資に対し全くの素人でした。
そして大の勉強嫌いで、自慢出来る学歴も経歴もありません。その私が株式投資で利益を出し続けている実録です。

全くの素人から投資をスタートさせました。
50万円を元手に始めたものの、利益よりも損失が膨らむ一方で資金は激減。あまりのショックに投資を止めていた時期がありました。
順調に資金が増えた時もあったのですが、「勝ちが続くと調子に乗って大勝負」「負けると一発で取り返そうと大勝負」こんなことを何度も繰り返してしまった為、3歩進んで4歩下がるようなことが続いてしまいました。負ける度に反省するのですが、また同じことを繰り返してしまうのです。
その結果、塩漬け株ばかりとなり力尽きてしまいました。

資金が半減、激減した時・・・忘れもしません。
食欲がなくなり、食べても味がしません。仕事にも影響が出ていたうえに、毎日が損損損という気持ちばかりで楽しいことが全くありません。土日は休場なので本来はゆっくりできるはずなのに、株価が動かないことで逆にストレスが溜まってしまい・・・ 表現できないほど辛い日が続いていました。

時が流れ~
心機一転もう一度頑張ってみようと思い、塩漬け株を全て損切り。再スタートさせました。
大勝負で大失敗して資金半減や激減を数え切れないほど多く経験してきましたが、50万円 ⇒ 100万円 ⇒ 500万円 ⇒ 1000万円 ⇒ ???と、少しずつではありますが確実 に資金は増えることになりました。
投資を始めた頃は1銘柄に数万円のミニ株投資でしたが、今では1銘柄に数百万円の分散投資ができるようになったのです。

FC2

Archives

証券会社の広告

ご注意

この株日記は、私の独断と偏見によって書いているものです。当ブログの運営は購読を目的としたものであり、投資顧問業ではありません。よって、具体的な売買の指示およびご案内は致しかねます。又、内容に関して正確性および安全性を保障するものではありませんのでご理解願います。当サイトをご利用のうえ、被ったいかなる損害についても「素人投資家の挑戦」管理人masaは一切の責任を負いませんので、ご了承下さいませ。

相互リンク

検索フォーム