素人投資家の株日記 11月1日 火曜日素人投資家の株日記
素人投資家の株日記
投資歴は20年以上、株式投資だけで生活しています
01 | 2024/02 | 03
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

11月1日 火曜日
11月1日 火曜日
本日の日経平均は、前日比24円安の16375円となりました。
米国株は60ドルの下落で推移しながらも、大引け1時間前から急速に戻す展開となり5ドル安で引けました。外国人の売買動向は、昨日に続いて売り越しでしたが金額ベースでは小幅になっており、良い条件となりました。
しかし、昨日に続いて米国株の方向性が見えてこないこと。外国人の売買動向は売り越しが続いている。為替は直近で大きく円高に振れている。このような懸念材料から様子見ムードが強くなり、積極的に買い進むことにはなりませんでした。

積極的な売買が控えられる時。そんな時に登場するのが恒例の「先物による仕掛け」です。
買い仕掛けは歓迎ですが、売り仕掛けは個人投資家の売りを呼び込みます。急落に慌てて売却すれば、今度は一気に上昇。板を見ていたばっかりに、罠にハマることも少なくないといえるでしょう。
先物が仕掛ける時は慌てないことです。買い付ける場合はチャンスになりますが、売り付ける場合には前日に決めておくほうがよいでしょう。
含み益が出ている状態では、多少下落しても構えていられますが、含み損になっている場合は、精神状態が先物と同じように乱高下しかねません。取引が終了してから終値とニュースを確認し、明日の行動計画を立てるほうが冷静な投資が行えます。
先物が仕掛ける相場では、取引中に3%ほど下げていても、終値で1%も下げていなかったということは良くあることです。終わってから3%安だったことを確認する方がよいと思います。

米国株は大きな下落から持ち直す展開が2日連続で続いており、底堅いともいえますが、ローソクは「迷いの十字線」気味になっています。大きな調整もなく堅調に推移してきた為、更に上昇するには「キッカケ」がほしいというところでしょうか。
しかし、停滞により調整をつけているなら、いつ上昇へ向かってもおかしくありません。
米国における指数の発表によって上下することになりますが、米国の経済が軟着陸以外のシナリオになるくらいの「多くの材料」が出ない限り、下値は限定的と考えられ、大きく暴落する可能性は低いかもしれません。

先物の仕掛けに振り回されないことが大切です。
肝心な事は、米国株と外国人の売買動向です。
日本市場は、上昇のキッカケを待ち構えています。過熱感が出ていれば、米国株の上昇と外国人の買い越しが絶好の利益確定時期になり、大きな下落になる場合も考えられますが、今は全く違います。米国株が上昇し、外国人の売買動向も買い越しに転じれば、一気に上昇することになるでしょう。
要点を抑えておけば、そんなに難しい相場ではありません。

直近の上昇相場で買い付けた時に注意することは、自分自身が想定したシナリオとは逆の方向へ株価が進み始めた時、早めの見切り売りを必要とする場合があります。米国株は堅調に推移する可能性が高いといえども、いつ急落するか分かりません。相場に絶対はなく、大きな下落が続けば、上昇相場に合わせて買い付けた付近は、高値付近であるともいえるので、下落すれば一気に多くの含み損を抱えてしまう可能性があります。十分に注意する事が必要です。





私が作成したホームページ

私が作成したホームページ
「素人投資家の挑戦」

私の取引

こちらは、私の取引から勉強していただけると判断したものを、1ヶ月数銘柄(1週間に1銘柄程度)限定で紹介しているブログです。
「勉強できる私の買い付け」

プロフィール

【プロフィール】
〇名前 masa
〇年齢 40代
投資歴は20年以上。全くの素人から僅かな資金で株式投資を始めましたが、株式投資だけで生活できるようになりました。運用資金に対して少額分散投資と買値から1割減の損切りを徹底。初心を忘れず、楽しみながら続けています。

Archives

検索フォーム

ご注意

この株日記は、私の独断と偏見によって書いているものです。当ブログの運営は購読を目的としたものであり、投資顧問業ではありません。よって、具体的な売買の指示およびご案内は致しかねます。又、内容に関して正確性および安全性を保障するものではありませんのでご理解願います。当サイトをご利用のうえ、被ったいかなる損害についても「素人投資家の挑戦」管理人masaは一切の責任を負いませんので、ご了承下さいませ。