素人投資家の株日記 11月14日 火曜日素人投資家の株日記
素人投資家の株日記
投資歴は20年以上、株式投資だけで生活しています
01 | 2024/02 | 03
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

11月14日 火曜日
11月14日 火曜日
本日の日経平均は、前日比267円高の16289円となりました。
注目されたGDPは、マイナス成長を示す数値になることを予想していた投資家は多く、発表前から懸念材料になっていましたが、寄り付き前に市場予想を大幅に上回る数値が発表されました。米国株は23ドル高。外国証券経由の売買動向も小幅売り越しながら、金額では買い越し。外部要因に不安要素はなく、市場予想を大きく上回る数値となったGDPを好感、寄り付きから窓を空ける大幅高となりました。大きく売り込まれることなく、高い水準で推移したまま終える展開でした。

景気減速懸念によって、米国株や外国人投資家の買い越しにも反応薄。世界主要国の株高に反して、異常なほど大きく下落している日本株でした。今回のGDP発表を受けて、短期的には確実に流れが変わると考えられます。

機械受注統計から景気減速懸念が浮上。外国人がいくら買い越してこようとも軟調な展開。少し前の米国株を思い出してください。中間選挙という注目材料の中、米国株は上昇と停滞を繰り返しながら堅調に推移し続けました。そんな中、日本勢は他国(米国)の中間選挙における米国株の推移が日本株にも影響する為、本国(米国)が何も不安視することなく、堅調に推移しているにもかかわらず、他国(日本)は慎重になっていたのです。当時の株日記では、上記したような米国株の相場状況から、全く心配する必要はないとお伝えしておりました。しかし、市場は様子見ムードが強かったのです。
このことを、今の日本株に当てはめてみます。
外国人投資家は、出遅れ感の強い日本株を買い進めていました。本国(日本)が景気減速懸念を感じ始めた頃でも、他国は買い進めていたのです。この辺りは、本国(日本)よりも他国の方が冷静に「日本の景気」をみていたのかもしれません。
「日本が感じるほど景気減速にはならない」もしくは、「適度な減速=言い換えれば軟着陸」、「その程度の減速を考慮しても、今の株価水準であれば買い時」等と考えていたかもしれません。(私は経済に精通しているわけではなく、プロでもありませんが、このような外国的?発想で、連日のように買い付けをおすすめしてきました)そこへ、今回のGDP発表。相場に絶対はありませんが、普通に考えると国内外の投資家が、目先は安心して買える相場環境になったのではないでしょうか。更に外国人が買い越し基調を強めてくると考えられないでしょうか。そうなってくると年末にかけて大幅な上昇は十分に期待できることになります。

連日買いチャンスとして、買い付けをおすすめしてきました。今回、たまたまGDPの発表が良かった為に上昇した。。。と考える必要はありません。市場予想通り景気減速が確認されたとしても、大きく減速するのかどうかは、今回の機械受注とGDPだけでは判断できないのです。又、ここまで景気が上向いてきている中で、いきなり大きく減速するというのは考えにくいと思いました。よって、今回の発表が市場予想通りだったとしても、一旦売り込まれるものの「売られ過ぎている今の水準」により、自立反発。その後は、外国人投資家に引っ張られると考えておりました。大きく調整をつけた中での悪材料出尽くし。私は不安に感じるよりも、その環境を喜んでおりました。この考え方は良い方向へ進みはじめることになりました。

基本的な投資方法
保有です。
連日お伝えしておりますように米国株の基本的な流れは変わらないと考えております。今回のGDP発表を受けて、国内外の機関投資家は「ある程度安心」して買い進んでくると考えられます。このような相場環境で早い利益確定は必要ありません。直近で買い付けられた場合、不安材料が多くある中で、相当な不安を持たれながら買い付けられた方もいらっしゃると思います。(ちなみに私は、株日記で連日お伝えしておりましたように、不安な気持ちは全くありませんでした)
その苦労が報われるのがこれからなのです。当たり前のことですが、個別銘柄では連日急騰していたり、恐ろしく上昇しているものがあるかもしれません。そんな場合は欲を出さない利益確定が必要かもしれませんが、そうでなければ保有をおすすめします。
相場が「好転」したのは本日なのです。まだ1日なのです。これから調整することはあっても、国内外の投資家はこれから買い進んでくるはずです。その手前で買い付ける事ができたのです。
心理戦です
これから買い進めてくる国内外の投資家は、数パーセントの利益を狙っているでしょうか?もっともっと多いはずです。そう考えると、その手前で買っているなら、10%以上の利益は十分に狙えるのです。20%以上狙うことも十分に可能です。
がんばって買い付けたなら、あとはじっくり育つのを楽しんで見守りましょう。「楽(らく)して勝つ」のではなく「楽(たの)しんで勝つ」楽勝の時期がきているかもしれません。

買い付けられなかった場合
慌てる必要はありません。何度もお伝えしていることですが、この上昇スピードが維持できるわけがないのです。必ず調整するのです。その時を待ちましょう。
買い付けられなかったことよりも、「相場が好転」した為に、次の押し目では不安なく買い付けることができるという考え方をしましょう。相場の流れに合わせた考え方が大切です。逆行して悔しいと考えては投資に強くなれません。相場が動く方向へ素直に考えることが大切です。今の相場は良い流れになりかけています。考え方も良いふうになりましょう。

慎重さを欠く楽観的な株日記になりましたが、本日は267円の大幅高。値上がり銘柄数は1455で全体の85%が上昇する展開。本日は楽しい株日記でもいいと思いました。

ブログランキングに参加しております。お役に立てる内容であった場合、1度のクリックをお願いします。(クリックされることで、このブログへのカウントが一つ増え、ランキングの上昇へとつながります。応援宜しくお願い致します)





私が作成したホームページ

私が作成したホームページ
「素人投資家の挑戦」

私の取引

こちらは、私の取引から勉強していただけると判断したものを、1ヶ月数銘柄(1週間に1銘柄程度)限定で紹介しているブログです。
「勉強できる私の買い付け」

プロフィール

【プロフィール】
〇名前 masa
〇年齢 40代
投資歴は20年以上。全くの素人から僅かな資金で株式投資を始めましたが、株式投資だけで生活できるようになりました。運用資金に対して少額分散投資と買値から1割減の損切りを徹底。初心を忘れず、楽しみながら続けています。

Archives

検索フォーム

ご注意

この株日記は、私の独断と偏見によって書いているものです。当ブログの運営は購読を目的としたものであり、投資顧問業ではありません。よって、具体的な売買の指示およびご案内は致しかねます。又、内容に関して正確性および安全性を保障するものではありませんのでご理解願います。当サイトをご利用のうえ、被ったいかなる損害についても「素人投資家の挑戦」管理人masaは一切の責任を負いませんので、ご了承下さいませ。