素人投資家の株日記 素人投資家の株日記素人投資家の株日記
素人投資家の株日記
投資歴は20年以上、株式投資だけで生活しています
04 | 2020/05 | 06
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

素人投資家の株日記
ブログ(株日記)の文章はネットに公開してからも2~3度読み直し、訂正を繰り返しております。その後、完成してからホームページ上「素人投資家の挑戦」内にて更新のお知らせをさせて頂きます。よって、訂正を繰り返している間に読まれますと、完成したものと大きく違う場合がありますので、更新を確認されてからお読み下さいませ。
又、「勉強できる買付」などの更新情報も、ホームページ上で行っておりますので定期的にご確認いただければありがたく思います。


お知らせ
私の株日記が廣済堂出版 『 ネットマネー 7月号 ~ 今月の最強 株ブロガー 』 へ掲載されました
月刊誌なので、1ヵ月に1人。1年で12人しか紹介されませんので、とてもありがたいことだと思っております。
5月21日発売の「 ネットマネー 7月号 損得メール受信トレイ 」 内にあります 「 今月の最強 株ブロガー 」で、私のことが紹介されています。ご覧になって下さいね。ただ、私のことが特集などで大きく紹介されているのではなく 『少しだけ』 です

6月17日 火曜日

日経平均は、前日比6円安の14348円となりました。
米国株は38ドル安。

「米国株について」
悪化した経済指標や原油価格の急騰により取引開始直後から急落、一時は100ドル近い下落になっていました。その後、原油価格の下落に伴い株価も上昇することになり、一時はプラスになる部分もありました。
ニューヨーク連銀景気指数が市場予想を上回る悪化になったことや、原油価格が最高値を更新する急騰になっていたことが売りを誘いました。警戒されていたリーマン・ブラザーズの決算は、事前に示されていた通りの結果となり売り材料にはなっていなかったようです。むしろ、大手金融株が堅調だったことを踏まえれば、リーマンの決算は悪材料出尽くしとなり少しは買い材料になっていたのかもしれません。「少しは買い材料」という部分は、「明日以降も大手の決算が相次ぐ為にリーマンの決算だけで楽観はできないとしても、本日に限れば買い材料になっていた」という意味になります。

リーマンが事前に示していた内容から金融市場の波乱を巻き起こしていたのですが、決算で新たな悪材料が出ることはなく示されていた内容とほぼ一致したことで少し安心感が出たのではないでしょうか。また、大手投資銀行の決算は相次ぎますが、決算が目前に迫っていることを考えれば今になってビックリするような悪材料が出てくる可能性は低いと考えられます。株価を急落させるような悪材料があるのであれば、既に表へ出ているのではないでしょうか。むしろ決算発表により不安材料が無くなることで買い材料になるかもしれませんし、そういった動きを先回りする買いが既に入り始めていると私は考えています。

今の相場は、原油価格と金融市場への不安が入り混じっている為、とても神経質な状態です。よってリスクも高くなりがちなのですが、投資銀行の決算により金融市場が落ち着きを取り戻し始めることになれば、下値リスクも小さくなってくると考えています。

(チャートでみた場合)
本日の安値は12212ドルでした。やはり昨日に書いておりました通り12200ドルが下値抵抗となっています。上記しておりますように、リーマンの決算が買い材料になっていたとしても、予想よりも悪化した経済指標や原油価格の急騰を考えれば100ドル程度で収まる下落ではなかったように思えます。下落を止めたのは12200ドル付近の抵抗だったのではないでしょうか。
下ヒゲの長いローソク足(大きく売られるも大きく買い戻される強い形)になっています。ただ、始値より終値が下げている為にヒゲの長さにしては弱い部分もありますが、買い意欲は少し強い感じがしています。

直近の揉み合いで形成された高値は12300ドル付近になります。現在は、この水準に限りなく近い状態であることから、この水準を上抜けて推移するようであれば今度は12300ドル付近が下値抵抗になると考えています。仮に12300ドルが下値抵抗になったとして、上値は12500ドル付近。ここ最近の推移を見ても値幅は大きくありません。楽観できる可能性がある場合は上値余地が大きくなり、悲観になる可能性がある場合には下値余地が大きくなるものですが、今は値幅が狭いものになっています。これは、原油価格の動向や景気に対して「判断しづらい環境」そのままが反映されているのだと思っています。

大きく考えれば下値は12000ドル付近、上値は12500ドル付近になると考えています。その中で程よい上下を繰り返す限りは、利益を出しやすい(資金を回転させることができる為)相場になると思っています。

「日本株について」
売買代金が2兆260億円程度という薄商いに加え、上下の値幅が100円にもならない膠着状態が続いた1日となりました。原油価格や経済指標によって米国株が乱高下している為、警戒感が強くなっていたようです。
金融市場への影響が気にされている大手投資銀行の決算も控えており、買い進むには危険が伴い、かといって売り出すほどの悪材料はありません。言い換えれば、大きく上昇する可能性もあれば大きく下落する可能性もあるということになります。そんな状況であることから、薄商いにつきものとされる「仕掛け的な売買」も一つ間違えば大きな損失になりかねず、手控えられていたのではないでしょうか。

為替の動きに注目です。
バーナンキFRB議長が、現時点でインフレ抑制のために利上げをする考えはないと示されたことで利上げ観測が後退、円が107円まで下落しました。また、直近で大きく上昇していた為、いつ下落に転じてもおかしくない状況だったこともあり大きく動くことになっています。
利上げを織り込む形で推移してきた為替相場でしたが、利上げ観測が後退したことで今後は弱含みになる可能性が出てきました。長く利上げが意識されてきましたので、中立に戻るまでには同じだけの動きが必要になるかもしれません。その場合、値幅が大きくなる可能性もありますので心積もりしておきたいところです。目先の下値は、大きく下げて105円付近を考えています。その水準で一旦は下げ止まるのではないでしょうか。

お願いです
がんばって一人で書いておりますので、お忙しいところ申し訳ありませんがランキングへの応援を宜しくお願い致します。
皆さまの1クリックが1カウントとなりランキングに反映されますので、3つのランキング全てにクリックをお願い致します。お手数をおかけすることになりますが宜しくお願い致します。
はーと オール株式情報ランキング はーと 株ブログ ランキング
はーとFC2 ブログランキング




私が作成したホームページ

私が作成したホームページ
「素人投資家の挑戦」

私の取引

こちらは、私の取引から勉強していただけると判断したものを、1ヶ月数銘柄(1週間に1銘柄程度)限定で紹介しているブログです。
「勉強できる私の買い付け」

プロフィール

【プロフィール】
〇名前 masa
〇年齢 40代
投資歴は20年以上。全くの素人から僅かな資金で株式投資を始めましたが、株式投資だけで生活できるようになりました。運用資金に対して少額分散投資と買値から1割減の損切りを徹底。初心を忘れず、楽しみながら続けています。

Archives

相互リンク 五十音順

検索フォーム

ご注意

この株日記は、私の独断と偏見によって書いているものです。当ブログの運営は購読を目的としたものであり、投資顧問業ではありません。よって、具体的な売買の指示およびご案内は致しかねます。又、内容に関して正確性および安全性を保障するものではありませんのでご理解願います。当サイトをご利用のうえ、被ったいかなる損害についても「素人投資家の挑戦」管理人masaは一切の責任を負いませんので、ご了承下さいませ。