素人投資家の株日記 素人投資家の株日記素人投資家の株日記
素人投資家の株日記
投資歴は20年以上、株式投資だけで生活しています
04 | 2020/05 | 06
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

素人投資家の株日記
ブログ(株日記)の文章はネットに公開してからも2~3度読み直し、訂正を繰り返しております。その後、完成してからホームページ上「素人投資家の挑戦」内にて更新のお知らせをさせて頂きます。よって、訂正を繰り返している間に読まれますと、完成したものと大きく違う場合がありますので、更新を確認されてからお読み下さいませ。
又、「勉強できる買付」などの更新情報も、ホームページ上で行っておりますので定期的にご確認いただければありがたく思います。


お知らせ
私の株日記が廣済堂出版 『 ネットマネー 7月号 ~ 今月の最強 株ブロガー 』 へ掲載されました
月刊誌なので、1ヵ月に1人。1年で12人しか紹介されませんので、とてもありがたいことだと思っております。
5月21日発売の「 ネットマネー 7月号 損得メール受信トレイ 」 内にあります 「 今月の最強 株ブロガー 」で、私のことが紹介されています。ご覧になって下さいね。ただ、私のことが特集などで大きく紹介されているのではなく 『少しだけ』 です

6月18日 水曜日

本日の日経平均は、前日比104円高の14452円となりました。
米国株は108ドル安。

「米国株について」
注目されたゴールドマン・サックスの決算が買い材料になった他、鉱工業生産指数、住宅着工件数で悪化が示されるものの市場予想とほぼ一致していたことで売り材料にはならず、上昇してのスタートになっていました。しかし、上昇一服になった後は右肩下がりとなり、結局100ドル以上の大幅安になっています。
売りのきっかけになった一つとして、ゴールドマンのアナリストが「金融機関は今後も増資が必要」だとお話されたことが挙げられます。金融機関が今までに行った増資は損失をカバーしたに過ぎず、必要な増資の3分の2程度にしかなっていないと指摘。このお話により金融株が売られています。

ゴールドマン・サックスの決算は市場予想を下回る減益幅となりました。これにより、昨日のリーマンと同じく「懸念材料出尽くし」により少しは買い材料になっていたと思われます。(少しは買い材料=この意味は昨日の日記を参照下さいませ)。鉱工業生産指数は市場予想を下回り、住宅着工件数は市場予想と一致。とくに住宅着工件数は17年間で最低水準となり、景気への不安が広がることになりました。(住宅が売れるということは、家財や電化製品といったさまざまな市場へ影響が波及する為、景気の先行きを大きく左右します)ただ、この3つの材料は取引が始まる前に発表されていた為、上昇してスタートした相場を踏まえれば直接の売り材料にはなっていなかったと考えています。どちらかといえば、需給に左右された間接的な売りだったのではないでしょうか。

上記しておりますように、悪材料はあったものの間接的に作用した部分が多かったと考えています。昨日の日記で書いておりました「12300ドルが高値の抵抗になる」この水準が本日の高値になっていることから、売り圧力が多くなっていたような気がします。原油価格は上昇一服となっていますが、金融市場への不安が和らぐにはもう少し時間が必要(リーマンとゴールドマンの決算は終えていますが、まだ後に続く大手があり楽観はできない状況の為。)であり、そういった環境で上値が重くなれば一旦逃げる動きが強くなってくるのは自然の流れです。そして、少し売りに押される形になると同時に、17ぶりの最低水準となった住宅着工件数やその他の悪い部分が心理に影響することになり、売られていったのだと思います。

(チャートでみた場合)
昨日に書いておりました12300ドルが高値となり下落しています。12300ドル付近は直近で揉み合った水準であり目先の抵抗になっていました。この水準を突破できなかったことで、これから先も上値抵抗になると考えています。目先の下値は変更せず12000ドル付近を想定しています。

「日本株について」
米国株が急落するも、少し下げる程度でのスタートになりました。その後は少し売られる部分もありましたが右肩上がりで前引け。後場は一段高で始まるも14500円が意識されることになり売られる展開。しかし14400円付近で揉み合った後は再び買い優勢となり、緩やかな右肩上がりとなりました。

本日の売買代金は2兆円割れ。この数字が示す通り、多くの投資家は様子見だったのではないでしょうか。このような時には「仕掛け的な買い」が入るのが恒例(様子見ムードが強くなると値動きが悪くなる為、利益が出にくくなる。よって大口の仕掛けが入ることが多くなる。)ですが、昨日に書いておりました通り上下どちらに仕掛けるとしても大きな危険を伴う時です。それが証拠に昨日は上下の値幅が100円にもならない膠着状態になっていました。よって、昨日とあまり変わらない相場環境であれば、本日も仕掛け的な動きが出にくく値動きが悪くなる可能性がありました。しかし、どのような相場環境でも売買せねばならない方がおられます。(代表的な例として、証券会社の自己売買をされるディーラーの方など)。そのような方は、おそらく昨日の例を踏まえ「今日も仕掛けは入れにくい=入ることもない=値が動かない」と判断され、値動きの良いものに投資をなさっておられたのではないでしょうか。「動くものについていく」という方法です。
その結果、環境関連を中心とした材料株へ資金が向かうことになり、そういった銘柄が大きな上昇になったのだと思います。全体的には、外国人投資家を含めた大口の機関投資家が買い向かっていたとは思えず、個別銘柄への物色が強い1日だったように感じました。

個別銘柄の上昇によって相場全体の水準が保たれるのであれば、それは悪いことではないと思っています。後に良い材料が出れば全体に対する買い余力が残っているだけに、全体の底上げにつながる場合があります。既に全体が上げていれば、一段高への警戒や買い余力が問題になってきますが、そういった問題点が少ない間は悪く考える必要はないと思っています。但し、悪い材料が出てくれば(当り前のことですが)買われていた個別銘柄の下落により相場全体の雰囲気が悪化、加えて全体が買われていなかっただけに下落の影響が大きくなるかもしれません。このようなことから、両方の考えを想定した投資法で進めることが大切だと思っています。

がんばって一人で書いておりますので、お忙しいところ申し訳ありませんがランキングへの応援を宜しくお願い致します。
皆さまの1クリックが1カウントとなりランキングに反映されますので、3つのランキング全てにクリックをお願い致します。お手数をおかけすることになりますが宜しくお願い致します。
はーと オール株式情報ランキング はーと 株ブログ ランキング
はーとFC2 ブログランキング




私が作成したホームページ

私が作成したホームページ
「素人投資家の挑戦」

私の取引

こちらは、私の取引から勉強していただけると判断したものを、1ヶ月数銘柄(1週間に1銘柄程度)限定で紹介しているブログです。
「勉強できる私の買い付け」

プロフィール

【プロフィール】
〇名前 masa
〇年齢 40代
投資歴は20年以上。全くの素人から僅かな資金で株式投資を始めましたが、株式投資だけで生活できるようになりました。運用資金に対して少額分散投資と買値から1割減の損切りを徹底。初心を忘れず、楽しみながら続けています。

Archives

相互リンク 五十音順

検索フォーム

ご注意

この株日記は、私の独断と偏見によって書いているものです。当ブログの運営は購読を目的としたものであり、投資顧問業ではありません。よって、具体的な売買の指示およびご案内は致しかねます。又、内容に関して正確性および安全性を保障するものではありませんのでご理解願います。当サイトをご利用のうえ、被ったいかなる損害についても「素人投資家の挑戦」管理人masaは一切の責任を負いませんので、ご了承下さいませ。