素人投資家の株日記 素人投資家の株日記素人投資家の株日記
素人投資家の株日記
投資歴は20年以上、株式投資だけで生活しています
04 | 2020/05 | 06
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

素人投資家の株日記
ブログ(株日記)の文章はネットに公開してからも2~3度読み直し、訂正を繰り返しております。その後、完成してからホームページ上「素人投資家の挑戦」内にて更新のお知らせをさせて頂きます。よって、訂正を繰り返している間に読まれますと、完成したものと大きく違う場合がありますので、更新を確認されてからお読み下さいませ。
又、「勉強できる買付」などの更新情報も、ホームページ上で行っておりますので定期的にご確認いただければありがたく思います。


お知らせ
私が書いているこのブログが、廣済堂出版 『 ネットマネー 7月号 ~ 今月の最強 株ブロガー 』 にて、紹介されました。
月刊誌なので、1ヵ月に1人。1年で12人しか紹介されませんので、とてもありがたいことだと思っております。


6月23日 月曜日

本日の日経平均は、先週末比84円安の13857円となりました。
米国株は220ドル安。

「米国株について」
金融市場への悪材料(追加評価損や、損失増加、格下げ等)の他、原油価格の急騰が主な下落要因になっています。取引開始直後から急落、午後には一段安となり200ドルを超える大きな下落になりました。

モノラインが追加損失を計上すると指摘された他、先日の格付け会社2社に続いて新たに1社がモノラインの格下げを発表。また、米銀大手の減配を指摘するお話や原油価格の急上昇が売り材料となり、取引開始直後から100ドルを超える下落になっていました。その後は、下値も堅く下げ渋る展開となり長く揉み合う状態になっていたのですが、大手自動車3社に対して格下げの可能性が示されたことや、証券大手のメリルリンチが業績下方修正になる報道が要因となり一段安になりました。午前中の悪材料も加わって、逃げる投げるの弱気相場となり大幅安になっています。

金融市場が大混乱になっていた水準まで下げてくることになりました。大混乱になっていた当時の下げは、金融市場の損失が全く見えてこない状態という恐怖の下げであり、株価急落の最終局面ともいえる行き過ぎた売りになっていました。それに比べて、今は新しい問題が出ているにせよ当時の混乱ほどにはなっておりません。
このようなことから、前回と同じく「逃げる投げるの弱気相場」となっている今の水準が、1月、3月の急落時と同じく、行き過ぎた下げからある程度の上昇が見込める水準になってきたのではないかと考えています。

注意しなければいけないことは、当時(金融市場が大混乱していた時)とは違った新しい問題が出ているという部分です。インフレの上昇と景気の減速が同時に起こるスタグフレーションが一層強くなっている他、それに対する明確な解決策が打ち出されていない(やってはいるが、効果が出ていない)中では、株価の大きな回復は見込めません。よって、「目先の底付近になるかもしれない」という程度に考えておくことが大切だと思っています。

(チャートでみた場合)
まずはチャートをご覧下さいませ
11254658.gif


これは、1年間の推移を示したチャートになります。それぞれの下げ局面における下落率をおおまかに書いてみました。
①は1100ドル下げて8%の下落。
②は1500ドル下げて10%の下落。
③は1800ドル下げて13%の下落。
現在における④では1200ドル下げて9%の下落になっています。

③では、金融市場の大混乱によって下げていたのですが、現在そこまでの混乱にはなっておりません。よって、①と②の下げ幅から判断すれば、9%の下落になっている今の水準は、いつ上昇へ向かってもおかしくないところまで下げてきたと考えられるのではないでしょうか。

次に、それぞれの下落から起こる後の上昇を見てみます。
①の下げでは、後に下げ幅以上の上昇になっています。
②では半値以上。
③では、起点によるのですが半値からそれ以上の上昇になっています。
これらの経験則をもとにすれば、今回は1200ドル下げての600ドル上昇(およそ半値)を見込むことができます。仮に600ドル上昇したとして12400ドル。この水準は25日線とピタリ一致することからも、十分にありえる上昇幅ではないでしょうか。

最後に、1年間の推移を見てみます。
①の下落における終値はおよそ12800ドル。現在は11800ドルなので、1000ドルも下落しています。これが示していますように、長い目でみれば米国を取り巻く環境(金融、原油、インフレ、景気、他)は悪くなってきたと考えられます。また、「米国株について」で書いておりますように、現在においても新しい悪材料が出ていることを踏まえれば、今後も悪化していく可能性は十分にあるのではないでしょうか。
但し、投資(利益を出す)を考えた場合は難しくありません。株価推移を見れば一目瞭然です。①の下げでは終値12800ドル、④の下げでは終値11800ドルになっていますので、①の下げで大底を買っていたとしても1年経てば1000ドルも下げることになってしまいます。しかし、短期および中期でみれば、200ドルから300ドル程度の上昇なら何度もありますし、500ドル以上の上昇になっていることもあります。このように、長期(1年以上)で保有するには難しい相場かもしれませんが、短期および中期(数日から数ヶ月)であれば十分な利益が望めると思っています。
こちらにつきましては、ダウ工業30種の過去1年間をもとにして考えているものであり、長期投資を否定するものではありません。

「日本株について」
米国株の大幅安を受けて、寄り付きは窓を空ける下落になっていました。その後、下げ幅を拡大。一時は200円を超える下げになっていましたが、大口買いがきっかけとなり100円近く戻して前引けとなりました。後場に入ってからも前場の強さが続いて、一時は前日値と変わらない水準まで上昇する展開になっていました。

東証1部の売買代金は2兆円割れ。先週に続いて薄商いが続いている状態であることから、大口の売買には注意が必要かもしれません。本日は上に向かいましたが、いつ売りの仕掛けが入るか分からない(様子見ムードの強い時は、不安心理を利用した仕掛け的な売りが入る)ので用心しておきたいところです。本日に限れば、3日続落の値幅が警戒された(下げ幅が大きいので、近く上昇へ転じる危険性)ことで、売り仕掛けが控えられたのではないでしょうか。

がんばって一人で書いておりますので、ランキングへの応援を宜しくお願い致しますm(_ _)m 
日記がお役に立てる内容であった場合には以下3つのランキング全てをクリックして下さると嬉しく思います。
(皆さまの1クリックが1カウントとなりランキングに反映されます)
はーと オール株式情報ランキング はーと 株ブログ ランキング
はーとFC2 ブログランキング




私が作成したホームページ

私が作成したホームページ
「素人投資家の挑戦」

私の取引

こちらは、私の取引から勉強していただけると判断したものを、1ヶ月数銘柄(1週間に1銘柄程度)限定で紹介しているブログです。
「勉強できる私の買い付け」

プロフィール

【プロフィール】
〇名前 masa
〇年齢 40代
投資歴は20年以上。全くの素人から僅かな資金で株式投資を始めましたが、株式投資だけで生活できるようになりました。運用資金に対して少額分散投資と買値から1割減の損切りを徹底。初心を忘れず、楽しみながら続けています。

Archives

相互リンク 五十音順

検索フォーム

ご注意

この株日記は、私の独断と偏見によって書いているものです。当ブログの運営は購読を目的としたものであり、投資顧問業ではありません。よって、具体的な売買の指示およびご案内は致しかねます。又、内容に関して正確性および安全性を保障するものではありませんのでご理解願います。当サイトをご利用のうえ、被ったいかなる損害についても「素人投資家の挑戦」管理人masaは一切の責任を負いませんので、ご了承下さいませ。