素人投資家の株日記
株式投資で生活できるようになりました
08 | 2018/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

素人投資家の株日記
ブログ(株日記)の文章はネットに公開してからも2~3度読み直し、訂正を繰り返しております。その後、完成してからホームページ上「素人投資家の挑戦」内にて更新のお知らせをさせて頂きます。よって、訂正を繰り返している間に読まれますと、完成したものと大きく違う場合がありますので、更新を確認されてからお読み下さいませ。
又、「勉強できる買付」などの更新情報も、ホームページ上で行っておりますので定期的にご確認下さいませ。


お知らせ
私が書いているこのブログが、廣済堂出版 『 ネットマネー 7月号 ~ 今月の最強 株ブロガー 』 にて、紹介されました。
内容はホームページ 「 素人投資家の挑戦 」 上段をご覧下さいませ。
月刊誌なので、1ヵ月に1人。1年で12人しか紹介されませんので、とてもありがたいことだと思っています。


11月14日 金曜日

本日の日経平均は、前日比223円高の8462円となりました。
米国株は、552ドル高の8835ドル。

「米国株について」
過去3番目の上げ幅になっています。
午前中は昨日の日記で書いていた8200ドル付近を下値とする動きになっていたのですが、午後に入ってその水準を下抜けると売りが加速、一気に8000ドルを割り込んでしまい一時は300ドル以上の下落になっていました。ここまでは昨日にお伝えしていた予想通りでしたが、その時点から870ドルも上昇することは全く予想外でした。

新規失業保険申請件数が市場予想を大きく上回ったことや、半導体大手の失望決算が売り要因になっています。他に、小売大手ウォルマート・ストアーズは市場予想を上回る好決算となりましたが、通年での見通しは引き下げている為、相場を引っ張るだけの好材料にはなりませんでした。

好材料は原油価格の急騰でした。
原油価格の反発によりエネルギー関連が相場を引っ張っています。ダウ平均6.7%の上昇に対し、エネルギー関連は断トツ1位の11%高になっています。

上記しておりますように、原油価格の急騰は好材料になるも、雇用に関する指標が悪化したことに加えて失望決算も重なっていますので、どちらかといえば売り優勢になる展開だったと思います。ところが、8000ドル割れを押し目の好機とした大口買いをきっかけに反転。あとは買いが買いを呼ぶ展開となり、大きな上昇になりました。この背景には、底打ちの確認および換金売りの減少とG20金融サミット(緊急首脳会合)への期待感があったのかもしれません。
午前中は8200ドルを下値抵抗としながら長く揉み合いますが、多くの投資家は下抜ける危険性を恐れて買い向かうことができなかったのだと思います。午後に入ると心配していたことが現実となり、8200ドルを下抜ける展開に。一気に8000ドルを割り込む水準まで下落しました。そこで買い向かったのが8000ドル割れを押し目の好機と考えた大口。その後、強い抵抗になっていた8200ドルを上抜けたことが底打ちのシグナルとなり、買いが買いを呼ぶ展開になったのだと思いました。

始めのほうで「予想外の大幅高」と書いておりますが、この「予想外」になるエネルギーはとても大きかったような気がします(実際に出来高は急増しています)。出来高の急増は大きな売りをこなしていたと考えられますし、大きな売りをこなしながら記録に残る大幅高になったことを踏まえれば、目先は強含みになるかもしれないと感じました。

注意しなければいけないところ。
米国株が安値から870ドルも回復させている背景には、サミットへの期待感から大きく買われたところがあったのかもしれません。緊急首脳会合なだけに悪い材料が出てくるとは思えませんが、期待が大きければ期待外れということにもなりかねませんし、材料出尽くしになる可能性もありますので注意が必要だと思っています。

(チャートでみた場合)
前日の高値を抜けていることや、8000ドルを割り込む大きな調整をこなしていることから良い環境になったと考えています。また、右肩下がりになっていた25日線が上向きになリ始めたことも売り圧力の減少につながる為、こちらも好材料になると思っています。よって、25日線を突破すれば次の抵抗になる9000ドルも大きな抵抗にはならず簡単に上抜けてしまうかもしれません。仮に25日線と9000ドルを上抜けた場合は、今度はその水準が強い下値抵抗になると考えています。
但し、いつも書いていることですが、大きく上昇した後は調整する可能性が高いことも事実なので、強含みを予想しながらも楽観することなく慎重に進めなければいけないと思っています。

「日本株について」
米国株が記録的な上昇になるも、少し物足りなさを感じる上昇になりました。
取引開始直後は軒並み買い気配になっていましたが、8700円付近まで上げ幅を広げると伸び悩む展開に。少し売られた後もう一度8700円をつけるのですが、ダブルトップとなり急落、一気に8500円まで上げ幅を縮小しました。その後、8500円付近を下値とする動きになるのですが、14時前に下抜けると次は8400円まで下落。結局、引けにかけて買い戻されましたが、米国の上昇に比べると控えめな上げ幅になっています。

上値を追いかける投資家が少なかった背景には、米国株が記録的な上昇となっていただけに、次は売られるのではないかといった警戒感が強くあったようです。米国株の項で書いておりましたように、サミットへの期待で買われたところが大きくあれば材料出尽くしで大きく下げるかもしれません。米国株が大きく上昇したことは好感されるものでしたが、過去の上昇よりも先で上昇するのかを考える相場になっている為、警戒されたのだと思います。

為替相場も、買い控えさせる一つの要因だったと考えています。
米国株高に連れて95円台から98円台まで円安が進みました。その後、97円64銭付近を下値とする揉み合いになりますが、下抜けたことで一気に97円まで下落。ただ、95円台から98円台まで上昇する間に97円付近で一旦調整していることから、その水準が抵抗になって一服する形になっていました。
揉み合い下放れで勢いが付けば、前日の抵抗になる96円台まで円高が進むことも考えられた為(円高が進めば株が売られる要因になる)、午前中は買い控える動きになっていると感じていました。
しかし、午後に入ってからも97円台で長く揉み合っていた為、下抜ける可能性は少しずつ低くなっていたのですが、買い手は警戒感を弱めなかった為に積極的に上値を追う形にはならなかったようです。

その他、週末のサミットを控え、一旦手仕舞う動きもあったと思われます。

お忙しい中、申し訳ありませんが 「ランキングへのクリック」 を、お願い致します。
がんばって一人で書いておりますので、ランキングへの応援を宜しくお願い致しますm(_ _)m 
日記がお役に立てる内容であった場合には、以下3つのランキング全てをクリックして下さいませ。
(皆さまの1クリックが1カウントとなりランキングに反映されます)
はーと オール株式情報ランキング はーと 株ブログ ランキング
はーとFC2 ブログランキング





ランキング

ランキングに参加しています。 クリックの数で順位が決まりますので、応援宜しくお願い致します。

私が作成したホームページ

私が作成したホームページ
「素人投資家の挑戦」

私の取引

こちらは、私の取引から勉強していただけると判断したものを、1ヶ月数銘柄(1週間に1銘柄程度)限定で紹介しているブログです。
「勉強できる私の買い付け」

これまでの道

私は、株式投資に対し全くの素人でした。
そして大の勉強嫌いで、自慢出来る学歴も経歴もありません。その私が株式投資で利益を出し続けている実録です。

全くの素人から投資をスタートさせました。
50万円を元手に始めたものの、利益よりも損失が膨らむ一方で資金は激減。あまりのショックに投資を止めていた時期がありました。
順調に資金が増えた時もあったのですが、「勝ちが続くと調子に乗って大勝負」「負けると一発で取り返そうと大勝負」こんなことを何度も繰り返してしまった為、3歩進んで4歩下がるようなことが続いてしまいました。負ける度に反省するのですが、また同じことを繰り返してしまうのです。
その結果、塩漬け株ばかりとなり力尽きてしまいました。

資金が半減、激減した時・・・忘れもしません。
食欲がなくなり、食べても味がしません。仕事にも影響が出ていたうえに、毎日が損損損という気持ちばかりで楽しいことが全くありません。土日は休場なので本来はゆっくりできるはずなのに、株価が動かないことで逆にストレスが溜まってしまい・・・ 表現できないほど辛い日が続いていました。

時が流れ~
心機一転もう一度頑張ってみようと思い、塩漬け株を全て損切り。再スタートさせました。
大勝負で大失敗して資金半減や激減を数え切れないほど多く経験してきましたが、50万円 ⇒ 100万円 ⇒ 500万円 ⇒ 1000万円 ⇒ ???と、少しずつではありますが確実 に資金は増えることになりました。
投資を始めた頃は1銘柄に数万円のミニ株投資でしたが、今では1銘柄に数百万円の分散投資ができるようになったのです。

FC2

Archives

証券会社の広告

ご注意

この株日記は、私の独断と偏見によって書いているものです。当ブログの運営は購読を目的としたものであり、投資顧問業ではありません。よって、具体的な売買の指示およびご案内は致しかねます。又、内容に関して正確性および安全性を保障するものではありませんのでご理解願います。当サイトをご利用のうえ、被ったいかなる損害についても「素人投資家の挑戦」管理人masaは一切の責任を負いませんので、ご了承下さいませ。

相互リンク

検索フォーム