素人投資家の株日記 素人投資家の株日記素人投資家の株日記
素人投資家の株日記
投資歴は20年以上、株式投資だけで生活しています
04 | 2020/05 | 06
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

素人投資家の株日記
ブログ(株日記)の文章はネットに公開してからも2~3度読み直し、訂正を繰り返しております。その後、完成してからホームページ上「素人投資家の挑戦」内にて更新のお知らせをさせて頂きます。よって、訂正を繰り返している間に読まれますと、完成したものと大きく違う場合がありますので、更新を確認されてからお読み下さいませ。
又、「勉強できる買付」などの更新情報も、ホームページ上で行っておりますので定期的にご確認下さいませ。


お知らせ
私が書いているこのブログが、廣済堂出版 『 ネットマネー 7月号 ~ 今月の最強 株ブロガー 』 にて、紹介されました。
内容はホームページ 「 素人投資家の挑戦 」 上段をご覧下さいませ。
月刊誌なので、1ヵ月に1人。1年で12人しか紹介されませんので、とてもありがたいことだと思っています。


11月18日 火曜日

本日の日経平均は、前日比194円安の8328円となりました。
米国株は223ドル安の8273ドル。

「米国株について」
大手金融の人員削減や業績見通しの悪化が売り材料となり、下げてのスタート。その後、下げ幅を拡大して200ドルを超える下落となりますが、お昼にかけて急騰。一時はプラスに転じるところもありました。しかし、高値を付けた後は再び前日値8500ドルを割り込む水準まで下落。今度は、前日値8500ドル付近が上値で8400ドル付近が下値になる揉み合いとなりますが、引けまで30分を切ったところで揉み合い下放れとなり一気に200ドルを超える下げ幅になってしまいました。

シティ・グループが5万人を新たに削減することを発表。削減は予想されていたようですが、既に2万人以上を削減していたことから、ここまでの人数に膨れ上がったことは想定外となりました。これが投資家心理を悪化させ、金融セクターが売られる要因になっています。ダウ平均が2.6%の下落に対し、金融セクターはマイナス6%と断トツ1位になっています。

ディスカウントストア第2位のターゲットや、住宅関連用品第2位のローズが利益見通しを引き下げたことも売りを誘いました。小売売上高が過去最大の落ち込みになっていたところへ追い打ちをかける形となり、消費への懸念が広がることになったようです。
他に、パソコン大手デルなど主力企業の投資判断引き下げが相次いだことも売り材料となりました。
鉱工業生産指数は市場予想を上回ったものの、前月分が大きく下方修正されたことで目立つ買い材料にはなっていなかったようです。

ビッグ3(経営危機に陥っている米自動車大手3社。GM、フォード・モーター、クライスラー)救済について、議会が審議を始めました。
民主党は金融安定化法を活用して救済したい考えですが、ブッシュ大統領や共和党は公的資金を使うことに消極的とされ意見の対立があるようです。ただ、ビッグ3の拠点になっている中西部で民主党のオバマ次期大統領が勝利していることや、ブッシュ大統領の会談では異例となる「ビッグ3への早急な支援を要望」されており、こういったことが後押しになることは間違いないと思っています。
公的資金の投入で救済されれば株価上昇、救済されなければ株価は暴落するかもしれません。また、資金が投入されたとしても、それについてくる何かの条件が悪材料になる可能性もあり、今は審議の推移を見守る他にないと思っています。

引き続き個別の材料で動く相場になると予想。また、薄商いになっていることで小さな材料でも大きく動く可能性が高く、用心しなければいけないと思っています。
バーナンキFRB議長とポールソン財務長官の議会証言にも注目です。

(チャートでみた場合)
3営業日前に過去3番目の上げ幅を記録していましたが、2営業日の下落で全て帳消しに。一旦は上向き始めた25日線も再び下げ始めていることから、8800ドルから8900ドルの抵抗が一層強くなってきたと思っています。よって、目先は上値を目指すような買い方ではなく、上値抵抗までの値幅を計算しながら売買されるのではないかと考えています。
具体的には、値幅が大きくなれば買いが入り、値幅が小さくなれば買い控えられる。このようなイメージを持っています。

これを当てはめた場合、上値8850ドル付近までおよそ500ドルの値幅がありますので、そろそろ買いが優勢になる頃かもしれません。しかし、弱含み(上値が徐々に下がってくる)のチャート形成になっていることや、過去3番目の上げ幅を帳消しにしたことで投資家心理は少し弱気に傾いていると考えられますので、目先の下値は昨日の株日記で書いておりました8100ドル付近を想定しておくことが必要だと思っています。場合によっては、安値ラインになる下値抵抗8000ドルまでの下落もありえると考えています。

本日は、勉強できる買付も更新しています 素人投資家の株日記(勉強できる買付)

「日本株について」
米国株が200ドル以上の急落になるも、寄り付き後は下げ幅を縮小する強い展開に。その後、売りに押されて一時は200円を超える下げ幅になりますが、公的資金とみられる大口買いがキッカケとなり82円安まで下げ幅を縮小して前引け。後場に入ってからも、下落すれば大口の買いが入る強い展開になっていましたが、最後は売り込まれてしまい安値水準で終えることになりました。ただ、終値8328円は大口買いが入っていた水準になりますので、引けにかけて大きく売り込まれたという印象はもっておりません。

様子見ムードがとても強くなっています。
米国株が下落し続けていることや、円高ドル安に振れていることで弱含むところもありますが、8200円から8300円付近では公的資金の大口買い(観測です)が下支えとなり、その水準からは買いが優勢になるパターンが多く見られます。
下値に大口の買いが控えていれば売り急ぐ投資家は少なくなりますし、売り圧力も減っていると思われます。しかし、上記していますように、不安材料があることで上値を追いかける投資家も少ないことから様子見ムードが強くなっていると考えています。売買代金は、たったの1兆4921億円。もう少しボリュームが欲しいところではないでしょうか。

騰がったと思えば下がり、下がったと思えば騰がる・・・荒い値動きになっていますが、自分の気持ちは荒れないように注意しましょう。
先日の株日記でも書いておりますが、『 いろいろな部分を先読みしておく 』 ことが大切だと思っています。但し、外れるよりも当たる確率の高い検証方法で、十分に時間をかけて納得できる内容にしておくことが重要です。そうすることで目先の動きに振り回されることは少なくなると思います。

お忙しい中、申し訳ありませんが 「ランキングへのクリック」 を、お願い致します。
がんばって一人で書いておりますので、ランキングへの応援を宜しくお願い致しますm(_ _)m 
日記がお役に立てる内容であった場合には、以下3つのランキング全てをクリックして下さいませ。
(皆さまの1クリックが1カウントとなりランキングに反映されます)
はーと オール株式情報ランキング はーと 株ブログ ランキング
はーとFC2 ブログランキング





私が作成したホームページ

私が作成したホームページ
「素人投資家の挑戦」

私の取引

こちらは、私の取引から勉強していただけると判断したものを、1ヶ月数銘柄(1週間に1銘柄程度)限定で紹介しているブログです。
「勉強できる私の買い付け」

プロフィール

【プロフィール】
〇名前 masa
〇年齢 40代
投資歴は20年以上。全くの素人から僅かな資金で株式投資を始めましたが、株式投資だけで生活できるようになりました。運用資金に対して少額分散投資と買値から1割減の損切りを徹底。初心を忘れず、楽しみながら続けています。

Archives

相互リンク 五十音順

検索フォーム

ご注意

この株日記は、私の独断と偏見によって書いているものです。当ブログの運営は購読を目的としたものであり、投資顧問業ではありません。よって、具体的な売買の指示およびご案内は致しかねます。又、内容に関して正確性および安全性を保障するものではありませんのでご理解願います。当サイトをご利用のうえ、被ったいかなる損害についても「素人投資家の挑戦」管理人masaは一切の責任を負いませんので、ご了承下さいませ。