素人投資家の株日記 円安など外部環境の良さは反映されず(あまり影響せず)、外部環境の影響を受けにくい内需関連株が相場を牽引素人投資家の株日記
素人投資家の株日記
投資歴は20年以上、株式投資だけで生活しています
08 | 2020/09 | 10
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

円安など外部環境の良さは反映されず(あまり影響せず)、外部環境の影響を受けにくい内需関連株が相場を牽引
株日記は特別な事情がない限り、平日の夕方に更新しますちな♪
株日記および「勉強できる私の買い付け」などの更新情報は、ホームページ「素人投資家の挑戦」右上にある新着情報でお知らせしますので、ご確認下さい。

スマートフォンでご覧になる場合、PCサイトの画面に設定すると(PCサイトを表示する設定)、画面下部の広告が表示されなくなります。

---------------------------------------------------------------------------

お知らせ
○ こちらの株日記が、情報誌に掲載されました。
廣済堂出版 ネットマネー 08年7月号
今月の最強株ブロガー

掲載内容をご紹介 ⇒ こちら

○ 私の投資法が、情報誌に掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 09年5月号
逆発想で稼いでいる人達の奥の手

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

○ こちらの株日記が、All About(オールアバウト)で紹介されました。
マネー投資「好パフォーマンスの個人投資家」 
11年10月
 掲載内容をご紹介 ⇒ こちら

○ 私の投資法が、情報誌に掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 13年3月号
株投資の裏ワザ!こんなテクニックで勝ち馬に乗ることができる!

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

○ 私の投資体験記が掲載されました。
ビッグローブ株式会社 サーイ・イサラ
14年8月号 ネット de 資産運用

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

○ 私の投資法が情報誌に掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 16年11月号
投資で勝ち続ける人の黄金リズム masaさんの ヒッソリ投資

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

〇私の「ヒッソリ投資」が増刊号で再掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 17年5月号 増刊
16年11月号で「私のヒッソリ投資」が掲載されたのですが、反響が大きく再掲載されました。


〇投資本との向き合い方が掲載されました。
青春出版社 BIG tomorrow 17年6月号
一生「貧乏脳」の人、「金持ち脳」に変わる人。この習慣が決め手になる。

掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

とても貴重な経験をさせていただき、感謝しております。この場を借りて、お礼申し上げます。

---------------------------------------------------------------------------

NEW twitter (ツイッタ―) 
こちらの株日記と同じ内容で更新してきましたが、2018年8月15日から独り言を書いています。
たまに読んでいただけると嬉しいです。
niko.gif @mm333m

いただいたメールを、(プライベートな部分を省いて)順番に紹介しています。
niko.gif 掲示板 

メールはこちらからどうぞ
niko.gif メール

---------------------------------------------------------------------------

8月24日 金曜日

本日の日経平均は、前日比190円高の22601円になりました。
米国株は76ドル安の25656ドル。

「米国株について」
午前中は高値で30ドルほど上昇するも、1時間後には安値で125ドル安という荒れた値動きに。午後はほとんど動かないまま取引終了。

米国株 日中足チャート
180824d.png

米国株 日足チャート
180824d2.png

〇主要3指数の動向
ダウ平均は0.30%安、ナスダックは0.13%安、S&P500指数は0.17%安。
主要3指数が揃って下落。

〇S&P500指数業種別
情報技術のみ上昇、他10業種は全て下落しました。
下落率の高い順
素材、エネルギー、金融

〇ダウ構成銘柄の動向
13銘柄が上昇、 17銘柄が下落しました。
上昇率の高い順
ビザ 0.68%高、ホーム・デポ 0.60%高、マイクロソフト 0.47%高

下落率の高い順
キャタピラー 2.03%安、ゴールドマン・サックス 1.25%安、エクソンモービル 1.10%安

〇経済指標
7月の新築住宅販売件数は、年率換算で前月比1.7%減の62万7000戸。
9ヶ月ぶりの低水準で、市場予想よりも悪い。
前日に発表された中古住宅販売は4ヶ月連続で減少しており、住宅販売への懸念が強くなりそう。

〇米中貿易協議に進展なく米中双方が追加関税を発動
米中貿易協議に対しての期待は後退。そんな中で、米中双方が追加関税を発動しましたが、全体への売り圧力は限定的でした。

個別銘柄では、中国での売上比率が高いキャタピラーは大きく売られ、ダウ構成銘柄で下落率トップに。

〇全体では底固く
ダウ平均は76ドル下落していますが、ゴールドマン・サックス、キャタピラー、ボーイングの3銘柄で56ドル押し下げています。これを差し引けば20ドルほどの下落。また、ナスダックとS&P500指数は僅かな下落になっており、全体でみると底固い印象です。

〇値幅調整
米中貿易問題や住宅販売の落ち込みなどありますが、これまでの短期大幅高を踏まえると、当然の値幅調整という感じ。

〇目先の上値抵抗と下値抵抗
上値は25750ドルで、下値は25550ドルになると考えています。

勉強できる私の買い付け」を更新しています。

タイトルは・・・回復する業種を先取り

「勉強できる私の買い付け」とは
私の取引から勉強していただけると判断したものを、1ヶ月数銘柄(1週間に1銘柄程度)限定で紹介しているブログです。
「私の取引について」の詳しいご説明はhand02[1]こちら

「 日本株について 」
前場は100円ほど上昇した水準で揉み合い、後場に入ると右肩上がりになって22600円まで上げ幅を拡大させました。その後は高値揉み合いのまま190円高の22601円で取引終了。

日経平均 日中足チャート
180824j.png

日経平均 日足チャート
180824j2.png

〇東証1部の売買代金と騰落状況
売買代金は1兆7634億円、売買高は9億8377万株。
値上がり銘柄数は1497、値下がり銘柄数は515、変わらずは92銘柄でした。

〇業種別
26業種が上昇、7業種が下落
上昇率の高い順
パルプ・紙、サービス、情報・通信、医薬品、小売

下落率の高い順
鉄鋼、非鉄金属、空運、機械、輸送用機器

〇個別銘柄の動向
上昇率の高い順
トレンドマイクロ 3.93%高、王子HD 3.65%高、リクルートHD 3.16%高、セコム 3.00%高、第一三共 2.78%高

下落率の高い順
千代田化工建設 6.09%安、太平洋金属 2.86%安、ニコン 2.68%安、三菱マテリアル 2.58%安、TOTO 2.30%安

〇米国株が意外と底固い
米中貿易協議への期待は後退していますが、ダウ平均は今のところ値幅調整の範囲内になっています。2営業日で164ドルも下落しているので軽微とは言えませんが、投資家心理と需給関係は悪化していないと判断。これは、日本株への買い安心感につながったと考えています。

〇欧州市場の下落による影響はほとんど無い
イギリス(FTSE)0.15%安、ドイツ(DAX)0.16%安、フランス(CAC)0.02%安。3市場揃って僅かな下落なので、日本株への影響はほとんど無かったと思いました。

〇円安が買い材料にならず
1ドル111円台まで円安が進みました。これは輸出関連株へのプラス材料になると考えていましたが、自動車株では3銘柄だけ上昇、後の7銘柄は下落。下記しますが、予想外の展開になりました。

〇中国での売上比率が高い銘柄にはマイナス
米中貿易協議への期待が後退。これは、中国での売上比率が高い銘柄へのマイナス材料となり、関連銘柄が売られています。

〇外需関連株が主導せず
朝の(私の)予想では、内需関連株から自動車株など外需関連株に資金がシフトして、外需関連株が相場を牽引すると考えていました。結果は逆の展開になり、業種別でも内需関連株が上位に並んで外需関連株が下位に並んでいます。

日経平均採用銘柄では医薬品が全て上昇、個別でも上昇率上位に並ぶものがありました。菅義偉官房長官の電話料金引き下げ発言で売られていた携帯電話大手を含む通信も全て上昇。サービスは2銘柄が下落、他は全て上昇。食品は1銘柄だけ下落、他は全て上昇。

〇銀行株が強い
ダウ構成銘柄ではゴールドマン・サックスが1.25%安、JPモルガン・チェースが0.21%安、他にバンク・オブ・アメリカ 0.45%安、ウェルズファーゴ 0.93%安、シティグループ 0.44% 安と軒並み下落、これは日本の金融株にとってマイナス材料と考えていましたが、日経平均採用銘柄の銀行株は1銘柄が変わらず、他は全て上昇しました。

〇閑散相場が続く
こちらも予想外の展開でした。本日の売買代金は2兆円に乗せてくると考えていましたが、結果は1兆7634億円で閑散相場。

〇上値はアタリ、内容はハズレ
22400円から22800円の間が上値の壁(抵抗)になっていました。前日は、その下限である22400円に到達。ここから更に上昇して終えれば壁の中に突入しますので投資家心理と需給関係が少し改善。逆に押し戻されて反落するようだと、上値の重さを嫌気した売りが出てくると考えていました。

朝の(私の)予想では、続伸で壁の中に突入。また、日経平均の上値予想は22600円としていましたので、ここまではアタリ。但し(上記してます通り)内容はハズレが多くなりました。

 ランキングへの応援(バナーをクリック)
お願い致します。

にほんブログ村 株ブログ 専業投資家へ  

皆さまからのクリック数で、ランキングの順位が決まります。クリックするとランキングサイトへ進みますが、必要なければそのまま閉じて下さい。

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー



私が作成したホームページ

私が作成したホームページ
「素人投資家の挑戦」

私の取引

こちらは、私の取引から勉強していただけると判断したものを、1ヶ月数銘柄(1週間に1銘柄程度)限定で紹介しているブログです。
「勉強できる私の買い付け」

プロフィール

【プロフィール】
〇名前 masa
〇年齢 40代
投資歴は20年以上。全くの素人から僅かな資金で株式投資を始めましたが、株式投資だけで生活できるようになりました。運用資金に対して少額分散投資と買値から1割減の損切りを徹底。初心を忘れず、楽しみながら続けています。

Archives

相互リンク 五十音順

検索フォーム

ご注意

この株日記は、私の独断と偏見によって書いているものです。当ブログの運営は購読を目的としたものであり、投資顧問業ではありません。よって、具体的な売買の指示およびご案内は致しかねます。又、内容に関して正確性および安全性を保障するものではありませんのでご理解願います。当サイトをご利用のうえ、被ったいかなる損害についても「素人投資家の挑戦」管理人masaは一切の責任を負いませんので、ご了承下さいませ。