素人投資家の株日記 米国株は1週間下げることなく上げ幅は1200ドルに素人投資家の株日記
素人投資家の株日記
投資歴は20年以上、株式投資だけで生活しています
09 | 2020/10 | 11
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

米国株は1週間下げることなく上げ幅は1200ドルに
情報誌に掲載されました。
詳しい内容は、HP「素人投資家の挑戦」上段をご覧下さいませ。
----------------------------------------
 ランキングへの応援(バナーをクリック)
宜しくお願い致します。

にほんブログ村 株ブログ 専業投資家へ  
皆さまからのクリック数で、ランキングの順位が決まります。クリックするとランキングサイトへ進みますが、必要なければそのまま閉じて下さい。
----------------------------------------
niko.gif twitter @mm333m 
niko.gif メール
----------------------------------------
「米国株について」を朝の8時頃、「日本株について」を夕方に(1日2回)更新しています。

メールアドレスが「bpq]で始まる前川様
お伝えしたいことがございますので、ご連絡くださいませ。

メールアドレスが「yuta」で始まる渡部様
メールを送らせていただいたところ、エラーメッセージが送り返されてきました。
お時間のある時に、一度ご連絡いただけると助かります。


6月10日 月曜日

米国株について
ダウ平均は263ドル高の25983ドル。
午前中は買い先行で右肩上がり。26000ドルを回復した後はほとんど動かないまま263ドル高で取引終了。

米国株 日中足チャート
190610d.png

米国株 日足チャート
190610d2.png

〇主要3指数の動向
ダウ平均は1.02%高(263ドル高)、ナスダックは1.66%高、S&P500指数は1.05%高。3指数揃って続伸。ハイテク比率の高いナスダックは、他2指数と比べて大きく上昇しています。

〇S&P500指数業種別動向
9業種が上昇、2業種が下落しました。
上昇率の高い順
情報技術、一般消費財、通信、ヘルスケア、生活必需品、資本財

下落率の高い順
公益、金融

〇ダウ構成銘柄の動向
27銘柄が上昇、 2銘柄が下落、1銘柄が変わらず。
上昇率の高い順
マイクロソフト 2.80%高、アップル 2.66%高、インテル 2.06%高、ユナイテッドヘルス 2.05%高、ウォルグリーン 1.94%高

下落率の高い順
JPモルガン・チェース 1.10%安、ベライゾン 0.52%安

〇経済指標
5月の雇用統計は、非農業部門雇用者数が7万5000人増になりました。
市場予想の18万5000人増を大幅に下回り、3月と4月も合わせて7万5000人分下方修正されています。

本来ならネガティブサプライズで売り材料になるところ、ADP雇用統計が大幅に悪化していたので「雇用統計も悪い」という見方も多くあったのではないかと。いわゆる「織込み済み」という印象。

〇利下げは時期尚早
パウエル議長の「状況を見ながら適切に行動する」この発言を受け、経済が悪化すれば利下げ期待が出てきます。但し、今回の雇用統計を受けて利下げというのは時期尚早。

前週発表された地区連銀経済報告(ベージュブック)では、12地区のほぼ全てで経済活動が拡大。貿易摩擦による影響を懸念する地区もありましたが、FRBの判断は「全般的に緩慢なペース」として、前回の表現より良くなっていました。このようなことから、今の時点で7月に利下げというのは時期尚早だと考えています。利下げ期待というよりも、景気が悪くなれば利下げが救うという安心感。

〇値ごろ感からの買戻し、持たざるリスク、長期資金の流入
連日同じような事ばかり書いていますが、同じ見方です。
----- 書いていた内容です。ここから -----
〇値ごろ感からの買戻し
短期暴落で悪材料に対する耐性がついたといいますか、値ごろ感から「安値を拾っておきたい」と考える投資家とAIが増えている印象です。僅か10日ほどで1000ドルも下げましたから、「持たざるリスク」を感じている機関投資家も増えているのではないかと。個人と違い、他人のお金を預かって運用している機関投資家は、戻りに乗せられないと責任問題となります。

〇循環物色
前日は主力の外需を中心に暴騰しましたが、本日はディフェンシブ性の高い業種が上昇率の上位に並んでいます。主力の外需も堅調なので、単純に外需からディフェンシブ性の高い業種へ資金がシフトするのではなく、新規の資金流入を感じさせることから長期保有目的の投資という印象。そのような流れを見ても、「安値を拾っておきたい」「持たざるリスク」を感じる投資家とAIが増えていることを感じさせます。

----- ここまで -----

大きな買い材料は「値ごろ感からの買戻し、持たざるリスク、長期資金の流入」だと思い続けています。振り返ると前週1週間(5営業日)は全て上昇。上げ幅は1200ドルになりました。

〇達成感からの利益確定と戻り売り
これも前週末に書いていましたが、これだけ上昇してくればいつ反落してもおかしくありません。5営業日で1200ドルも上昇、そして大きな節目となる26000ドル到達で「達成感からの利益確定と戻り売り」も出てくるはず。

〇目先の下値抵抗と上値抵抗
下値は25800ドルで、上値は26200ドルになると考えています。

勉強できる私の買い付け」を更新しています。
タイトルは・・・日本株が暴落する中で淡々と安値拾い 第3弾
恐怖と失望が支配する中で、淡々と安値を拾い続けていました

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー



私が作成したホームページ

私が作成したホームページ
「素人投資家の挑戦」

私の取引

こちらは、私の取引から勉強していただけると判断したものを、1ヶ月数銘柄(1週間に1銘柄程度)限定で紹介しているブログです。
「勉強できる私の買い付け」

プロフィール

【プロフィール】
〇名前 masa
〇年齢 40代
投資歴は20年以上。全くの素人から僅かな資金で株式投資を始めましたが、株式投資だけで生活できるようになりました。運用資金に対して少額分散投資と買値から1割減の損切りを徹底。初心を忘れず、楽しみながら続けています。

Archives

相互リンク 五十音順

検索フォーム

ご注意

この株日記は、私の独断と偏見によって書いているものです。当ブログの運営は購読を目的としたものであり、投資顧問業ではありません。よって、具体的な売買の指示およびご案内は致しかねます。又、内容に関して正確性および安全性を保障するものではありませんのでご理解願います。当サイトをご利用のうえ、被ったいかなる損害についても「素人投資家の挑戦」管理人masaは一切の責任を負いませんので、ご了承下さいませ。