素人投資家の株日記 米国株は長期利下げ期待後退で大幅安、但し一時的なショック安かも素人投資家の株日記
素人投資家の株日記
投資歴は20年以上、株式投資だけで生活しています
08 | 2020/09 | 10
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

米国株は長期利下げ期待後退で大幅安、但し一時的なショック安かも
情報誌に掲載されました。
詳しい内容は、HP「素人投資家の挑戦」上段をご覧下さいませ。
----------------------------------------
 ランキングへの応援(バナーをクリック)
宜しくお願い致します。

にほんブログ村 株ブログ 専業投資家へ  
皆さまからのクリック数で、ランキングの順位が決まります。
----------------------------------------
niko.gif twitter @mm333m 
niko.gif メール
----------------------------------------
「米国株について」を朝の8時頃、「日本株について」を夕方に(1日2回)更新しています。

8月1日 木曜日

米国株について
ダウ平均は333ドル安の26864ドル。
好決算のアップルがダウ平均を押し上げ、取引開始から間もなく83ドル高まで買われるところがありました。その後は上げ幅縮小。FOMC声明を控えて前日値付近で全く動かない状態でしたが、声明後のパウエル議長が長期利下げを否定したことで売りが膨らみ、479ドル安まで売られました。その後は買い戻されるも27000ドルが上値抵抗となり、333ドル安の26864ドルで取引終了。

米国株 日中足チャート
190801d.png

米国株 日足チャート
190801d2.png

〇主要3指数の動向
ダウ平均は1.23%安(333ドル安)、ナスダックは1.19%安、S&P500指数は1.09%安。3指数揃って大幅安になりました。

〇S&P500指数セクター別動向
上昇したセクターは無し。11セクター全てが下落しています。

下落率の高い順
生活必需品、素材、情報技術、一般消費財、通信、資本財、ヘルスケア

〇ダウ構成銘柄の動向
4銘柄が上昇、 26銘柄が下落しました。
上昇率の高い順
アップル 2.04%高、JPモルガン・チェース 0.35%高、ファイザー 0.13%高、ダウ 0.08%高

下落率の高い順
マイクロソフト 2.91%安、ベライゾン 2.40%安、ユナイテッドヘルス 2.32%安、インテル 2.22%安、コカ・コーラ 2.03%安

〇米中貿易協議は1日で終了
閣僚級協議では、関税の一部適用除外や交渉を継続することで合意。2日間の予定が1日に短縮され、早々に終了。今回の協議は空振りに終わった印象。次は、9月にワシントンで開催される予定です。

〇経済指標
・7月のADP雇用統計は、前月比15万6000人増になりました。
6月の11万2000人増(改定値)から増加、市場予想も上回っています。

・7月のシカゴ購買部協会景気指数は、44.4になりました。
6月の49.7から低下、市場予想も下回っています。

〇アップルが買われるも上げ幅縮小
好決算のアップルが買われ、2.04%高になりました。ダウ構成銘柄で上昇率トップ、2位のJPモルガンチェースは0.35%高。

取引開始直後の高値では6%の上昇になりますが、その後は上げ幅縮小。長期利下げを否定したパウエル議長の発言で売りが膨らむと更に上げ幅縮小させました。

〇長期利下げ否定で大幅安
FOMCでは、0.25%の利下げとなり市場予想通りになりました。
声明後の反応は限られましたが、パウエル議長が長期利下げを否定すると一気に売りが膨らみ、僅か30分足らずで400ドルを超える下げになりました(安値で479ドル安)。

〇AIとロスカット
そもそも、今の米国経済をみると景気悪化を警戒するほどではありません。予防として利下げするのであり、今の時点で長期利下げを示唆する必要は無いと思います。そんなことは多くの投資家が分かっていますので、(言葉は悪いですが)単純に反応するAIの影響が大きかったと考えています。

AIの売りとロスカット(損切り)
長期利下げ否定を売りと判断するAIの影響で株価急落、加えてプログラム設定されているロスカットも多発し、売りが売りを呼ぶ展開になったのではないかと。

過去最高値水準が災いした
ダウ平均、ナスダック、S&P500指数が過去最高値圏にありましたので、利益確定売りのキッカケになったところもあると考えています。

〇一時的なショック安かも
大きく売られているので(売りに勢いがついているので)下げを拡大させる可能性はありますが、上記していますとおり、当然の議長発言なので不安や恐怖が支配する状況ではありません。このようにみると、近いうちに買い戻しが入ってくるのではないかと。

〇目先の下値抵抗と上値抵抗
下値は26500ドルで、上値は27200ドルになると考えています。

勉強できる私の買い付け」を更新しています。
タイトルは・・・淡々と安値拾い 第10弾

人生と同じで、立ち向かう勇気だけではなく下がる勇気も必要ではないかと。前者はプラスで後者はマイナスに受け取られることも多いですが、下がることで(後から)大きく飛躍することもあるのです。

いつまで続くのか「淡々と安値拾い」シリーズ
無駄に投資せず、チャンスが来れば果敢に投資するのも私流です

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー



私が作成したホームページ

私が作成したホームページ
「素人投資家の挑戦」

私の取引

こちらは、私の取引から勉強していただけると判断したものを、1ヶ月数銘柄(1週間に1銘柄程度)限定で紹介しているブログです。
「勉強できる私の買い付け」

プロフィール

【プロフィール】
〇名前 masa
〇年齢 40代
投資歴は20年以上。全くの素人から僅かな資金で株式投資を始めましたが、株式投資だけで生活できるようになりました。運用資金に対して少額分散投資と買値から1割減の損切りを徹底。初心を忘れず、楽しみながら続けています。

Archives

相互リンク 五十音順

検索フォーム

ご注意

この株日記は、私の独断と偏見によって書いているものです。当ブログの運営は購読を目的としたものであり、投資顧問業ではありません。よって、具体的な売買の指示およびご案内は致しかねます。又、内容に関して正確性および安全性を保障するものではありませんのでご理解願います。当サイトをご利用のうえ、被ったいかなる損害についても「素人投資家の挑戦」管理人masaは一切の責任を負いませんので、ご了承下さいませ。