素人投資家の株日記 米中貿易問題は、一部の品目に対する追加関税延期だけで解決するものではありません素人投資家の株日記
素人投資家の株日記
投資歴は20年以上、株式投資だけで生活しています
08 | 2020/09 | 10
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

米中貿易問題は、一部の品目に対する追加関税延期だけで解決するものではありません
情報誌に掲載されました。
詳しい内容は、HP「素人投資家の挑戦」上段をご覧下さいませ。
----------------------------------------
 ランキングへの応援(バナーをクリック)
宜しくお願い致します。

にほんブログ村 株ブログ 専業投資家へ  
皆さまからのクリック数で、ランキングの順位が決まります。
----------------------------------------
niko.gif twitter @mm333m 
niko.gif メール
----------------------------------------
「米国株について」を朝の8時頃、「日本株について」を夕方に(1日2回)更新しています。

8月14日 水曜日

日本株について
本日の日経平均株価は、199円高の20655円になりました。
米国株の大幅反発と急激な円安を受けて買い先行。取引開始直後に250円近く上昇しますが、少しずつ上げ幅を縮小させて129円高で前引け。後場は再び買い戻されるも、前場の高値は超えられず199円高で取引終了。

日経平均 日中足チャート
190814j.png

日経平均 日足チャート
190814j2.png

〇東証1部の売買代金と騰落状況
売買代金は1兆9400億円、出来高は10億6324億円。
11営業日ぶりに2兆円を割り込みました。
値上がり銘柄数は1673、値下がり銘柄数は406、変わらずは70銘柄でした。

〇東証1部の業種別ランキング
30業種が上昇、3業種が下落
上昇率の高い順
鉱業、その他製品、非鉄金属、ゴム、石油・石炭

下落率の高い順
空運、陸運、電気・ガス

〇日経平均採用銘柄の騰落率
値上がり銘柄数は173、値下がり銘柄数は47、変わらずは5銘柄でした。
上昇率の高い順
太陽誘電 6.27%高、神戸製鋼所 6.00%高、SCREENホールディングス 5.98%高、DOWAホールディングス 5.65%高、東邦亜鉛 4.58%高

下落率の高い順
小田急電鉄 2.06%安、アドバンテスト 1.86%安、京成電鉄 1.82%安、中部電力 1.81%安、キリンHD 1.55%安

〇米国株の大幅反発が大きな買い材料
ダウ平均は1.44%高(372ドル高)、ナスダックは1.95%高、S&P500指数は1.48%高。3指数揃っての大幅反発は日本株にも大きな買い材料。

米国株の項で書いています通り、米中貿易問題は一部品目の追加関税延期だけで解決しませんが、今日のところは好感する買いが入ると考えていました。

〇欧州株の上昇も買い材料
ドイツ(DAX)0.60%高、フランス(CAC)0.99%高、イギリス(FTSE)0.33%高。3市場揃っての上昇は、日本株にも買い材料。

〇急激な円安は大きな買い材料
朝方は、1ドル105円前半から106円後半まで一気に円安が進んでいました。105円割れに対する警戒感も一気に後退、大きな買い材料になると考えていました。

〇上値は伸びず
米国株の大幅高と急激な円安。外部環境がとても良いので、前日の下げ幅(229円安)は十分に取り返せると思っていましたが、上値は伸びず。

〇米中貿易問題に警戒緩めず
対中追加関税において一部の品目が延期されたことを受け、米国株は大幅反発。
----- 米国株の項で書いていた内容です -----
〇対中追加関税で一部の品目が延期
対象になるのは、携帯電話、ノートパソコン、ビデオゲーム機、靴、衣類など
これが大きな買い材料となり、取引開始から1時間後には500ドルを超える上げ幅になりました。これだけ騰がるとさすがに上値重くなりましたが、372ドル高と大幅に反発。他、ナスダックとS&P500指数も大幅に反発。

米中貿易問題は、一部の品目に対する追加関税延期だけで解決するものではありませんが、大きく売られていただけに買い戻すキッカケになったのではないかと。
----- ここまで -----

このように、追加関税延期だけで解決するものではありませんから、「米国株反落への備え」として日本株を見送る動きもあったのではないかと。(米国株の下落は日本株の売り材料)

〇米国株の動向を注視する投資家が増えそうです
米国株の項で書いています通り、値固め後にボックス相場上放れとなれば日本株にも大きな買い材料。逆に、下放れすると大きな売り材料になるはず。詳しい内容は、朝に更新している株日記をご覧下さいませ。

前者なら良いですが、後者だと日米共に下値模索の展開となりますから、いつもより米国株の動向を注視する投資家が増えそうです。

勉強できる私の買い付け」を更新しています。
タイトルは・・・底打ちの先取り

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー



私が作成したホームページ

私が作成したホームページ
「素人投資家の挑戦」

私の取引

こちらは、私の取引から勉強していただけると判断したものを、1ヶ月数銘柄(1週間に1銘柄程度)限定で紹介しているブログです。
「勉強できる私の買い付け」

プロフィール

【プロフィール】
〇名前 masa
〇年齢 40代
投資歴は20年以上。全くの素人から僅かな資金で株式投資を始めましたが、株式投資だけで生活できるようになりました。運用資金に対して少額分散投資と買値から1割減の損切りを徹底。初心を忘れず、楽しみながら続けています。

Archives

相互リンク 五十音順

検索フォーム

ご注意

この株日記は、私の独断と偏見によって書いているものです。当ブログの運営は購読を目的としたものであり、投資顧問業ではありません。よって、具体的な売買の指示およびご案内は致しかねます。又、内容に関して正確性および安全性を保障するものではありませんのでご理解願います。当サイトをご利用のうえ、被ったいかなる損害についても「素人投資家の挑戦」管理人masaは一切の責任を負いませんので、ご了承下さいませ。