素人投資家の株日記 米国株は「ハイテク1強の後は全体が上昇」という流れが交互に素人投資家の株日記
素人投資家の株日記
投資歴は20年以上、株式投資だけで生活しています
08 | 2020/09 | 10
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

米国株は「ハイテク1強の後は全体が上昇」という流れが交互に
情報誌に掲載されました
詳しい内容は、HP「素人投資家の挑戦」上段をご覧下さいませ。
----------------------------------------
niko.gif twitter @mm333m 
niko.gif メール
----------------------------------------
ランキングへの応援(バナーをクリック)を、宜しくお願い致します。
  
----------------------------------------

「米国株について」を朝の8時頃、「日本株について」を夕方に(1日2回)更新しています。

8月28日 金曜日

米国株について
ダウ平均は160ドル高の28492ドルで取引終了。
午前中の高値では300ドルを超える上昇になりますが、午後の安値では100ドル高まで上げ幅縮小。その後は再び高値まで上昇しますが、最後の30分で売り込まれて160ドル高で取引終了。終わってみれば、28500ドルを中央値とする上下100ドルの値幅で乱高下。

米国株 日中足チャート
20200828d.gif

米国株 日足チャート
20200828d2.gif

〇主要3指数の動向
ダウ平均 0.57%高(160ドル高)
ナスダック 0.34%安
S&P500指数 0.17%高

〇S&P500指数の業種別動向
8業種が上昇、3業種が下落しました。
上昇率の高い順
金融、不動産、ヘルスケア、生活必需品、資本財、公益

下落率の高い順
通信、一般消費財、素材

〇ダウ構成銘柄の動向
20銘柄が上昇、 10銘柄が下落しました。
上昇率の高い順
ウォルマート 4.54%高
JPモルガン・チェース 3.29%高
トラベラーズ 3.21%高
アメリカン・エキスプレス 3.18%高
マイクロソフト 2.46%高

下落率の高い順
アップル 1.20%安
ホームデポ 1.13%安
マクドナルド 0.73%安
エクソンモービル 0.67%安
ナイキ 0.62%安

〇経済指標
・週間新規失業保険申請件数は、100万6000件。
前週の改定値110万4000件から減少。

・4-6月期GDP改定値は、前期比 31.7%減。
速報値の32.9%減から少し上方修正されましたが、統計を開始した1947年以来73年ぶりの大幅な落ち込み。

ダウ平均はコロナ前の水準まで回復し、ナスダックとS&P500指数は過去最高値を更新するなど絶好調ですが(本日のナスダックは小幅安)、新型コロナによる経済への影響はとても大きい。

・7月の中古住宅販売仮契約指数は、前月比 5.9%増。
6月の改定値15.8%増から大幅に減少しましたが、市場予想は大きく上回っています。3ヶ月連続で増加。

〇パウエルFRB議長の講演
・平均で2%(一時的に2%超えを容認)のインフレ率を目指す
・低金利の長期維持

株価が上昇したので買い材料とも言えますが、最近の傾向と需給関係を踏まえると「騰がりそうな雰囲気」だったので、講演による影響はそれほど大きくなかったかかもしれません。

ダウ平均は28500ドルを中央値としながら上下100ドルの値幅で乱高下。終値の上昇率は0.57%高で大きく上昇したとはいえません。また、S&P500指数も0.17%高と僅かに上昇する程度なので、影響は限られたのではないかと。

但し、2%超えのインフレを容認したことで金利が上昇、これは金融にプラス材料。
大手金融株
バンク・オブ・アメリカ 1.92%高
シティグループ 1.71%高
ウェルズ・ファーゴ 2.29%高
JPモルガン・チェース 3.29%高
ゴールドマン・サックス 1.41%高
など

〇個別ではウォルマートとマイクロソフトが大きく上昇
動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」の買収が数日中に決定するとの報道を受けて大きく上昇。小売大手のウォルマートが「良い意味での意外感(ポジティブサプライズ)」で買われ、4.54%高。ダウ構成銘柄では上昇率トップとなり、1銘柄でダウ平均を40ドル押し上げました。

元々、ウォルマートはマイクロソフトのデータやネットワークを利用しており、両社は無関係ではありません。

マイクロソフトは、8月上旬に買収検討という事前報道もあり2.46%高とウォルマートに比べて控えめ。ウォルマートの意外感が際立つ展開になりました。

〇最近の傾向
ハイテク一強の後は全体が上昇(ハイテクは控えめに)という流れが交互にやってくることから、前日のハイテク一強から考えると本日の相場は全体が上昇。但し、この流れが続くとは限りませんが。

〇良好な需給関係
28000ドルを完全に突破したことで需給関係が好転。それまでは28000ドルが上値抵抗となり長く抑えられてきましたが、その間に売りを吸収して過熱感を和らげ、突破後は買い安心感が広がる状況に。

〇目先の下値抵抗と上値抵抗
下値は28300ドルで、上値は28700ドルになると考えています。

前日に「勉強できる私の買い付け」を更新しました
タイトルは・・・一発必中銘柄


テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー



私が作成したホームページ

私が作成したホームページ
「素人投資家の挑戦」

私の取引

こちらは、私の取引から勉強していただけると判断したものを、1ヶ月数銘柄(1週間に1銘柄程度)限定で紹介しているブログです。
「勉強できる私の買い付け」

プロフィール

【プロフィール】
〇名前 masa
〇年齢 40代
投資歴は20年以上。全くの素人から僅かな資金で株式投資を始めましたが、株式投資だけで生活できるようになりました。運用資金に対して少額分散投資と買値から1割減の損切りを徹底。初心を忘れず、楽しみながら続けています。

Archives

相互リンク 五十音順

検索フォーム

ご注意

この株日記は、私の独断と偏見によって書いているものです。当ブログの運営は購読を目的としたものであり、投資顧問業ではありません。よって、具体的な売買の指示およびご案内は致しかねます。又、内容に関して正確性および安全性を保障するものではありませんのでご理解願います。当サイトをご利用のうえ、被ったいかなる損害についても「素人投資家の挑戦」管理人masaは一切の責任を負いませんので、ご了承下さいませ。