素人投資家の株日記 米国・個人消費支出、中古住宅成約指数、キャタピラー決算素人投資家の株日記
素人投資家の株日記
株式投資で生活できるようになりました
11 | 2019/12 | 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

米国・個人消費支出、中古住宅成約指数、キャタピラー決算
ブログ(株日記)の文章はネットに公開してからも2~3度読み直し、訂正を繰り返しております。その後、完成してからホームページ上「素人投資家の挑戦」内にて更新のお知らせをさせて頂きます。よって、訂正を繰り返している間に読まれますと、完成したものと大きく違う場合がありますので、更新を確認されてからお読み下さいませ。
又、「勉強できる買い付け」などの更新情報も、ホームページ上で行っておりますので定期的にご確認下さいませ。


お知らせ

こちらの株日記が、月刊誌に掲載されました。
廣済堂出版
ネットマネー 08年7月号 ~ 今月の最強 株ブロガー

○ 掲載内容をご紹介 ⇒ こちら

青春出版社
BIG tomorrowビッグ・トゥモロウ 09年 5月号 (3月25日発売)
○ 掲載内容に少し誤りがありました ⇒ こちら
○ 掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

とても貴重な経験をさせていただき、感謝しております。
この場を借りて、お礼申し上げます。
----------------------------------------------------------------------------------------------

8月5日 水曜日

本日の日経平均は、前日比122円安の10252円となりました。
米国株は33ドル高の9320ドル。

「米国株について」
個人消費支出が増加する一方、個人所得が減少したことで売り買い均衡。そこへ急ピッチで上昇してきたことによる利益確定売りが加わり、取引開始直後は小幅安で推移していました。その後、10時に発表された中古住宅成約指数が市場予想を大きく上回ったことで、買い優勢の展開へ。一旦は寄り付き近くまで下げますが、10時30分を境に右肩上がりとなり13時頃には9320ドル付近(35ドル)まで上昇しました。ただ、上値は重く再びマイナス圏まで下げるところもありましたが、最後に大口買いが連発したことでほぼ高値引けになっています。

○ 個人消費支出は0.4%の増加
6月の個人消費支出は、前月に比べて0.4%の増加になりました。市場予想の0.3%を若干上回り、2ヵ月連続の増加。
個人所得は1.3%減少。市場予想の1.0%減を上回ると同時に、05年1月(マイナス2.3%)以来の大幅な落ち込みになっています。ただ、年金受給者への一時給付金など景気刺激策が5月に集中した為で、この一時的な要因を除くと0.1%の減少に留まります。

○ 中古住宅成約指数が上昇
住宅販売成約指数とは
契約は成立しているが所有権の移転は完了していないものを指す為、住宅販売の先行指標とされます。
6月の成約件数は、前月に比べて3.6%の増加になりました。これは市場予想の0.6%増を大きく上回ると同時に、6年ぶりとなる5ヶ月連続上昇になっています。

低価格が購買意欲を誘ったうえに住宅ローン金利底打ち?感から少しでも安い金利の時に買おうとする心理が働いているような気がしました。実際、週間住宅ローン申請件数は大幅に上昇しています。(借り換えを含む為、全てが新規購入ではないものの大幅な伸びは金利を意識した人が多かったと考えています。)
先日にも書いていたことですが、住宅価格の上昇は 「 まず住宅が良く売れるようになってから = 後回し 」 これで良いと思っています。とても簡単な書き方になりますが、住宅が売れると家財(電化製品、家具など)の需要も増えますので住宅そのものの価格は少し低くても、まずは売れることが先決だと思います。
価格が低くても、多くの住宅が売れれば経済効果は計り知ることができません。

ここ最近は住宅関連の改善が相次いでいる為、住宅市場の底打ちから景気回復期待へつながりつつある状況です。今回の数値も間違いなく追い風になったのではないでしょうか。

○ キャタピラーが大幅高
利益見通しが好感され、6.1%の大幅高。 世界景気が正常な回復局面に入れば、5年以内に年間で1株当たり8~10ドルの利益を出すとの見通しを示しました。2009年12月期通期の1株利益見通し1.15~2.25ドルから比べると非常に大きな伸びである為、利益が急拡大するのではないかといった期待から大きく買われたようです。

この結果、7月初旬につけた30ドルからわずか1ヵ月で60%も上昇する凄まじい展開になっています。建設機械最大手であることから景気を先取りする企業として注目されているのですが、この株価推移が示す通り、まさに景気回復期待を先取りです。但し、景気回復は約束されているのではなく今のところは 「期待 」。直近2ヵ月で形成した40ドルの節目を突破したことで勢いづいたと思われますが、そろそろ一服するのではないでしょうか。
当り前のことですが、いくら建設機械最大手であるとはいえキャタピラー1社だけで景気を占うことはできません。ただ、キャタピラーもしくは景気回復期待のどちらか片方が一服すれば、もう片方も連動するような気がしました。

(余談)
キャタピラーとはイモムシのこと。
戦車やブルドーザーに利用される足まわり(無限軌道と呼ばれる)独特の進み方が、イモムシの進み方と似ていることからこのような社名がつけられたのかもしれません。ちなみに、イモムシとは、芋の葉を食べる虫(幼虫)を指し 「 芋虫 」 と書きます。
社名については私の想像で、芋虫については確かなお話です。

(チャートで考えた場合)
昨日、「 揉み合い上放れ 」 になる可能性を書いていましたが、連続して上昇し続けていますので上放れした可能性が出てきました。この場合、ひょっとしたら目先の上値抵抗となる9500ドルを一時的に突破するかもしれません。
但し、加熱感を和らげることなく上昇を続けていることや、目先の上値抵抗となる9500ドルまであと180ドルに迫っていますので、7月初旬の揉み合い上放れ(大幅高になっていく)ようなことはないと考えています。
目先の下値と上値に変更はありません。
目先の下値は9150ドル付近。その次が、壁を形成する高値9100ドル付近になると考えています。
上値は9500ドル付近になると予想。


「 日本株について 」
米国株の上昇および強い地合いを好感する追随買いが相場を押し上げるも、寄り付き1万406円(31円高)で早々に天井を打つと緩やかな下落へ向かいます。ただ、1万350円付近に差し掛かると強い押し目買いが入る底堅い動きとなり、前場は8円安の1万366円で終了。
後場も1万350円付近を下値とする底堅い動きで推移しますが、14時頃から大口の売りが連発すると急落。およそ30分で50円ずつ下げ幅を拡大し、結果は安値引けになってしまいました。

○ 花火大会は株価を上げる?
~ 記事より ~
神宮外苑花火大会を対象に、1990年以降の花火大会当日における日経平均株価を調べたところ、平日開催の14回中 8回が上昇(勝率57.1%)。花火大会の翌日は33%まで勝率が下落。
「 夜空に上がる花火の華麗さや迫力が、投資家の気持ちを前向きにさせるのでは 」 との見解。
今年の同花火大会は6日の予定。今年はどうなるか。
~ 記事ここまで ~

お忙しいところ申し訳ありませんが、お役に立てる内容であった場合には以下 3つのランキング 全てにクリックをお願い致します。自分の投資に影響が出ない範囲で書いてはいるものの、日記に多くの時間を要していますので、どうか応援を(1クリックで1カウントされます)宜しくお願い致します。
クリックが多くいただけた場合
○ お礼の意味を込めて、私の取引を1週間に1銘柄紹介しているブログ「素人投資家の株日記(勉強できる私の買付)」 こちらで取引した銘柄を、3つのランキングのどれかで ご紹介します。( まず、ランキングで私のブログを見つけて下さい。そのすぐ下に銘柄を書いています。)
○ 土曜日から金曜日まで6日間のクリック数で判断します。
クリック数の増減は、ランキング下のクリックメーターを参照下さいませ。クリックメータ-とは、クリックの増減に合わせてハートマークも増減。金曜日に10個点灯していれば条件クリアとなり、土曜日に銘柄紹介です。
はーと オール株式情報ランキング はーと 株ブログ ランキング
はーと FC2 ブログランキング

クリックメータ-
前日に比べて 2個 プラス。銘柄紹介まであと 5 個 です。




カテゴリ 19年12月 から

私が作成したホームページ

私が作成したホームページ
「素人投資家の挑戦」

私の取引

こちらは、私の取引から勉強していただけると判断したものを、1ヶ月数銘柄(1週間に1銘柄程度)限定で紹介しているブログです。
「勉強できる私の買い付け」

プロフィール

【プロフィール】
〇名前 masa
〇年齢 40代
全くの素人から僅かな資金で株式投資を始めましたが、株式投資だけで生活できるようになりました。運用資金に対して少額分散投資と買値から1割減の損切りを徹底。「安くなれば買い、高くなれば売り、安くなるまで待つ」この単純な投資を繰り返しています。

Archives

相互リンク 五十音順

検索フォーム

ご注意

この株日記は、私の独断と偏見によって書いているものです。当ブログの運営は購読を目的としたものであり、投資顧問業ではありません。よって、具体的な売買の指示およびご案内は致しかねます。又、内容に関して正確性および安全性を保障するものではありませんのでご理解願います。当サイトをご利用のうえ、被ったいかなる損害についても「素人投資家の挑戦」管理人masaは一切の責任を負いませんので、ご了承下さいませ。