素人投資家の株日記 日本・GPIFが08年度に被った損失の半分を取り戻す。完全失業率および有効求人倍率が過去最悪を更新。米・問題のある銀行が急増、GDP改定値は変わらずも個人消費が上方修正素人投資家の株日記
素人投資家の株日記
株式投資で生活できるようになりました
11 | 2019/12 | 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

日本・GPIFが08年度に被った損失の半分を取り戻す。完全失業率および有効求人倍率が過去最悪を更新。米・問題のある銀行が急増、GDP改定値は変わらずも個人消費が上方修正
ブログ(株日記)の文章はネットに公開してからも2~3度読み直し、訂正を繰り返しております。その後、完成してからホームページ上「素人投資家の挑戦」内にて更新のお知らせをさせて頂きます。よって、訂正を繰り返している間に読まれますと、完成したものと大きく違う場合がありますので、更新を確認されてからお読み下さいませ。
又、「勉強できる買い付け」などの更新情報も、ホームページ上で行っておりますので定期的にご確認下さいませ。


お知らせ

こちらの株日記が、月刊誌に掲載されました。
廣済堂出版
ネットマネー 08年7月号 ~ 今月の最強 株ブロガー

○ 掲載内容をご紹介 ⇒ こちら

青春出版社
BIG tomorrowビッグ・トゥモロウ 09年 5月号 (3月25日発売)
○ 掲載内容に少し誤りがありました ⇒ こちら
○ 掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

とても貴重な経験をさせていただき、感謝しております。
この場を借りて、お礼申し上げます。
----------------------------------------------------------------------------------------------

8月28日 金曜日

本日の日経平均は、前日比60円高の10534円となりました。
米国株は37ドル高の9580ドル。

「米国株について」
7日続伸した後ということもあり、取引開始直後から利益確定の売りに押されて下落。10時過ぎには安値9459ドル(84ドル安)まで下げ幅を拡大しましたが、ダブルボトムを形成した後は15時頃まで右肩上がりになりました。ただ、高値9609ドル(66ドル高)をつけると引けにかけて緩やかに下落。結局、37ドル高で取引を終了しました。8日続伸で年初来高値を更新。
8日続伸は、およそ2年5ヶ月ぶり。

○ 週間新規失業保険申請件数は減少
8月22日までの週間新規失業保険申請件数は57万件になりました。これは市場予想の56万5000件を少し上回るものの、前週の58万件から減少していますので悪材料とはならず。また、受給総数も613万3000件となり、4月以来の低水準まで減少しました。
更なる雇用悪化が指摘される中、改善を示す数値は安心感につながりました。

○ GDP改定値は変わらずも、いくつかの項目が上方修正
改定値はマイナス1.0%で、前月発表された速報値と変わらずでした。
・個人消費はマイナス1.0%となり、速報値のマイナス1.2%から上方修正。
・輸出もマイナス5.0%となり、速報値のマイナス7.0%から上方修正。
目立つ買い材料にはなっていませんが、早い回復が望まれる個人消費が上方修正されたところは少し安心感を与えるものでした。

○ 問題のある銀行が急増
FDIC(米国連邦預金保険公社)は、8195行について調査したところ4-6月期に 「 問題あり 」 と判断された銀行が416行に増えたと発表。前期比36%も増加すると同時に、ここまで問題のある銀行が増えるのは、およそ15年ぶりだそうです。
住宅ローンやクレジットカードローンなどの焦げ付き増加が主な要因。

問題のある銀行が増えるのは懸念材料となりますが、一時期のように 「 どれほど悪化するのか全く予測できない 」 という恐ろしい状態ではなく、問題が見えている状態なので売り材料にはなっていません。

○ 米国株37ドル高は、ボーイングの上昇がほとんどを占める
次世代中型ジェット旅客機787の初飛行(年内)および納入の時期(来年の10月から12月)が示されました。 昨年10月に1度目の延期。今年の1月には2度目の延期。そして6月の延期で3度目になっていたのですが、この時は延期を嫌気する売りが殺到して株価は6%近く急落。また、納期の遅れによって生じる損害を賠償させようとする動きも出始めていた為、同社に対する警戒感は強くなっていました。

増収増益でも、納入時期が示されなかったことで 「 業績の先行きが不透明になる 」 として売り込まれたところもあった同社ですが、ようやく納入時期が示され大きな買い材料になりました。
株価は節目となる50ドルを突破。8.4%高となり、ダウ銘柄の中で突出した上昇率になっています。
ボーイング1社で米国株を30ドルほど押し上げている為、同社の上昇がほとんどを占める結果になりました。

(チャートで考えた場合)
「 迷い 」 「 転換点 」 を示す足が連発してきましたが、本日は大きく売り込まれるも同じだけ買い戻される下ヒゲの長い足が出現。今までの警戒感を払拭するような展開になりました。「 迷い 」 「 転換点 」 が示す通りに警戒感が強い状態であれば、80ドル安から右肩上がりにはならなかったと思います。
ただ、昨日の株日記で予想していました通り、9600ドルに差し掛かると上値が重くなっていますので警戒感が全くないわけではありません。「 安くなれば買うが上値は追いかけない 」 そんな投資家が増えているような気がしました。

見方を変えると9600ドル突破へ向けた調整とも考えられますが、もう少し値幅か日柄の調整がほしいところです。
下ヒゲの長い足になったことで押し目買いの強さは示されましたが、昨日に続いて上より下を見ておくべきだと思いました。

目先の上値と下値に変更点はありません。
8月に入ってから形成した揉み合いは上抜けたと考えていますので、下げたとしても揉み合いの高値9400ドル付近になると予想。上値は本日の高値9600ドル付近になると考えていますが、9600ドルだとあと20ドルしかありませんので、予想が外れることを期待して上値は9600ドル突破を予想します。


「 日本株について 」
7月の完全失業率および有効求人倍率が過去最悪を更新するも、とくに売り材料とはならず上昇してスタート。その後、10560円(87ドル高)で天井を打つと10520円を下値とするボックス相場に移行。前場は56円高の10530円でした。
後場に入ると一転して売り込まれる展開となり、前日値まで下落。その後、一気に買い戻されるものの前場の下値抵抗10520円が今度は上値抵抗になってしまい 「 行って来い 」。結局、引けにかけて再び大きく買い戻され60円高で取引を終了しました。

○ 完全失業率および有効求人倍率が過去最悪を更新
・7月の完全失業率は5.7%と前月から0.3ポイント上昇して過去最悪を更新しました。
失業率が過去最悪を更新するのは6年3ヵ月ぶり。
・7月の有効求人倍率は前月から0.1ポイント下回る0.42倍となり、こちらは3ヵ月連続で最悪を更新しています。

・就業者数は前年同月比で136万人減。製造業は106万人と大幅に減少。
・完全失業者数は359万人となり、前年同月比で103万人の増加。増加幅は過去最大となり、100万人を超えたのは初めて。
・医療や福祉関係の就業者は36万人の増加。

○ GPIFが08年度に被った損失の半分を取り戻す
公的年金積立金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が発表した09年4~6月期の運用実績によると、市場運用利回りが4.85%となり運用収益は4兆4921億円になったようです。これは08年度に被った損失の半分。

国内外の債券および株式の全てにおいて、運用利回りがプラスになっています。とくに、国内株式が20%超、外国株式が17%超となり収益回復を牽引しました。

お忙しいところ申し訳ありませんが、お役に立てる内容であった場合には以下 3つのランキング 全てにクリックをお願い致します。自分の投資に影響が出ない範囲で書いてはいるものの、日記に多くの時間を要していますので、どうか応援を(1クリックで1カウントされます)宜しくお願い致します。
はーと オール株式情報ランキング はーと 株ブログ ランキング
はーと FC2 ブログランキング




カテゴリ 19年12月 から

私が作成したホームページ

私が作成したホームページ
「素人投資家の挑戦」

私の取引

こちらは、私の取引から勉強していただけると判断したものを、1ヶ月数銘柄(1週間に1銘柄程度)限定で紹介しているブログです。
「勉強できる私の買い付け」

プロフィール

【プロフィール】
〇名前 masa
〇年齢 40代
全くの素人から僅かな資金で株式投資を始めましたが、株式投資だけで生活できるようになりました。運用資金に対して少額分散投資と買値から1割減の損切りを徹底。「安くなれば買い、高くなれば売り、安くなるまで待つ」この単純な投資を繰り返しています。

Archives

相互リンク 五十音順

検索フォーム

ご注意

この株日記は、私の独断と偏見によって書いているものです。当ブログの運営は購読を目的としたものであり、投資顧問業ではありません。よって、具体的な売買の指示およびご案内は致しかねます。又、内容に関して正確性および安全性を保障するものではありませんのでご理解願います。当サイトをご利用のうえ、被ったいかなる損害についても「素人投資家の挑戦」管理人masaは一切の責任を負いませんので、ご了承下さいませ。