素人投資家の株日記 日本・民主が歴史的な圧勝で政権交代、ご祝儀相場。米・個人消費増加も個人所得同じ、ミシガン指数素人投資家の株日記
素人投資家の株日記
株式投資で生活できるようになりました
11 | 2019/12 | 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

日本・民主が歴史的な圧勝で政権交代、ご祝儀相場。米・個人消費増加も個人所得同じ、ミシガン指数
ブログ(株日記)の文章はネットに公開してからも2~3度読み直し、訂正を繰り返しております。その後、完成してからホームページ上「素人投資家の挑戦」内にて更新のお知らせをさせて頂きます。よって、訂正を繰り返している間に読まれますと、完成したものと大きく違う場合がありますので、更新を確認されてからお読み下さいませ。
又、「勉強できる買い付け」などの更新情報も、ホームページ上で行っておりますので定期的にご確認下さいませ。


お知らせ

こちらの株日記が、月刊誌に掲載されました。
廣済堂出版
ネットマネー 08年7月号 ~ 今月の最強 株ブロガー

○ 掲載内容をご紹介 ⇒ こちら

青春出版社
BIG tomorrowビッグ・トゥモロウ 09年 5月号 (3月25日発売)
○ 掲載内容に少し誤りがありました ⇒ こちら
○ 掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

とても貴重な経験をさせていただき、感謝しております。
この場を借りて、お礼申し上げます。
----------------------------------------------------------------------------------------------

8月31日 月曜日

本日の日経平均は、前週末比41円安の10492円となりました。
米国株は36ドル安の9544ドル。

「米国株について」
予想より若干上ぶれる経済指標は買い材料になりましたが、8日続伸の後ということもあって利益確定売りに押されるスタートとなりました。小高くスタートした後は早々に下落。10時に発表された指標も少し買い材料になりましたが、売りに押されて下落。お昼過ぎには安値となる9500ドル(80ドル安)まで下げ幅を拡大しました。それ以上に売り込まれることはありませんでしたが、最後まで9550ドルが上値抵抗になってしまう弱含んだ1日になっています。

○ 個人消費が増加する一方で個人所得は変わらず
・7月の個人消費は前月比0.2%の増加になりました。
政府の自動車買い替え支援策が主な要因。
・個人所得は前月比変わらず。
今回は自動車買い替え支援策という 「 得をする部分が多くあった 」 ことで所得が増加しなくても買い替え(消費)は促進されたのですが、今後はそういった効果が無くなりますので今回限りの数値だと思う方が良いと思っています。

当り前のことですが、所得が増えないと今まで以上の物を買う気にはなれませんので、買い替え支援策が無くなる自動車が落ち込むだけではなく他の消費に関しても所得が増えない状況では厳しいものがあると感じます。また、FRB議長を始めとする多くの方がお話されていますように、今後しばらくの間は失業者が増加するという見立てなので、雇用悪化の中で所得が増えていくというのも無理のあるお話だと思います。
失業率の回復が予想より少しでも早くなれば所得も早く改善すると思いますが、それまでは個人消費も伸び悩むような気がします。

○ ミシガン消費者信頼感指数確報値は悪化
7月のミシガン消費者信頼感指数確報値は65.7となり前月の66からわずかながら悪化。
ただ、速報値の63.2から上方修正されると共に市場予想の64.5を上回っている為、売り材料とはならず。
・景気現況指数は66.6となり、前月の70.5から悪化。速報値の64.9からは上方修正。

○ 個別ではインテルが目立つ動き
第3四半期の売上高が少なくとも88億ドルになる見通しだと発表。7月時点では81億ドルとされていた為、サプライズになり多くの買いが入りました。また、第3四半期の粗利益率予想も引き上げています。
同社の株価は4%高となり、ダウ銘柄の中で上昇率トップ。

○ 利益確定に押される1日
予想を上回る経済指標および個別銘柄で動きはあったものの、一番大きく影響したのは利益確定の売りだと感じました。8日続伸したこともあり、一旦売っておこうという動きが強くなったのではないでしょうか。ただ、悪材料が出たわけではありませんので、それほど大きな売りにはなっていません。株価動向が示していますように、大きく売られた後は売りっぱなしにされるのではなく押し目買いがしっかりと入り小幅な下落に留まっています。

少し乱暴な書き方になりますが)本日に限れば深く検証する必要はないと感じました。
いつものように、深く考えなければいけない時は時間をかけて検証。そうでない時は、監視銘柄の見直し等、自分の投資にゆっくり時間をかけたいと思っています。

(チャートで考えた場合)
「 迷い 」 「 転換点 」 を示す足が連発した後、次は下ヒゲの長い足が出現。それまでの警戒感を払しょくするような 「 目先強含み 」 を意味する展開になっていました。それが今度は一転陰線となり、前日の強含みを相殺する状況に。結果は再び 「 迷い 」 「 転換点 」 という流れになりました。

・良い方へ考えれば9600ドル突破へ向けた調整
株日記で書いていましたように、値幅ではなく日柄で調整していますので9600ドル突破へ向けて売りを吸収している可能性は高くなっていると感じました。
・悪い方へ考えれば上値が重い
週末に発表された経済指標は予想を少し上回る程度でしたが、それまでは予想を大きく上回るものが連発する好材料目白押しの状態でした。それでも9600ドルの上値を超えられずなんとか小幅高で推移する状態だったので、今まで以上にビックリするような良い数字が出ない限りは上値を追いかける投資家は増えないような気がします。逆に言えば、予想通りだったり悪化する数値が出れば大きな下落・・・そんな事も考えられるのではないでしょうか。

下げる方を重要視した書き方になっていますが、結論は 「 迷い 」 「 転換点 」だと思っています。
よって、目先の上値と下値予想は先週と変わらず。
8月に入ってから形成した揉み合いは上抜けたと考えていますので、下げたとしても揉み合いの高値9400ドル付近になると予想。上値は9600ドル付近になると考えています。


「 日本株について 」
衆院選で民主党が圧勝。政権交代による期待感および予想を上回る経済指標が買い材料となり、大幅高でのスタート。また、米国株が小幅な反落に留まったことも安心感につながっていました。しかし、わずか20分足らずで買いの強さは失速。前場は、高値10767円(233円高)から36円安まで急落する展開になってしまいました。
後場に入ると一段安となり、10423円(111円安)まで下げ幅拡大。その後は買い戻される動きになりますが、前日値が上値抵抗となる弱い動きに終始しました。

○ 民主圧勝で政権交代
480議席のうち308議席を獲得する歴史的な圧勝となり、民主党政権が誕生しました。

民主党政権が今後行う政策
・中学校卒業まで子供1人あたり月2万6000円を支給(10年度は半額)。
・公立高校は無償。私立高校も相当額支給。
この財源を捻出する為に配偶者控除と扶養控除が廃止されます。子供を持つ親は手当により負担が軽くなる一方、子供を持たない又は子供が成人している親は、控除されてきたものが廃止されますので負担増となります。

・高速道路の無料化(10年から段階的に進め、12年度から完全無料化)
・暫定税率の廃止(ガソリン税の廃止で1リットル25円引き下げ)
国内輸送の9割がトラックですし、島国である日本は漁業も盛んなので影響は計りしれないと思います。もちろん、自動車を保有している人にとっては出費が激減するので、とても喜ばしいこと。

一方、高速道路の無料化とガソリン価格の下落で今以上に車が利用されることになる為、地球温暖化への懸念も出ています。ただ、高速道路の利用が多くなることで 「 一般道で起こる渋滞が回避される(渋滞によって引き起こされる排気ガスの削減) 」 という側面もありますので、正確な影響については実際に無料化と価格低下が起こってからの判断になりそうです。当り前のことですが、GWなどで大きく取り上げられた 「 高速料金1000円が引き起こした渋滞 」 という類は一時的な渋滞を取り上げたもので日常起こるものではありません。
これらの財源を捻出する為、(車の)保有の有無にかかわらず納めた税金が使われます。

・消費税については、4年間凍結。
・満額で7万円の最低保障年金を創設。
・75歳以上が入る後期高齢者医療制度を廃止し、現役世代と同じ制度に加入。
・介護報酬を引き上げ、職員の賃金を月額4万円引き上げ。
・全ての労働者に適用する全国最低賃金(時給800円)を設定。全国平均で時給1000円を目指す。
・法人税率を現行の18%から11%に引き下げ。
・温暖化ガスを20年までに90年比25%削減。

○ ご祝儀相場
9時17分に10767円をつけた後、わずか1時間ほどで10500円まで下落。1時間で267円安。更には後場寄りが111円安となりましたので、実際のところは400円近い下げになっています。
まさにご祝儀相場だと感じる展開でした。

○ 鉱工業生産速報は5ヶ月連続の上昇
7月の鉱工業生産速報は前月比1.9%上昇して82.4となりました。これは市場予想の1.4%上昇を上回ると同時に5ヶ月連続での上昇。
生産予測指数は、8月が2.4%の上昇で、9月が3.2%の上昇。

お忙しいところ申し訳ありませんが、お役に立てる内容であった場合には以下 3つのランキング 全てにクリックをお願い致します。自分の投資に影響が出ない範囲で書いてはいるものの、日記に多くの時間を要していますので、どうか応援を(1クリックで1カウントされます)宜しくお願い致します。
はーと オール株式情報ランキング はーと 株ブログ ランキング
はーと FC2 ブログランキング



カテゴリ 19年12月 から

私が作成したホームページ

私が作成したホームページ
「素人投資家の挑戦」

私の取引

こちらは、私の取引から勉強していただけると判断したものを、1ヶ月数銘柄(1週間に1銘柄程度)限定で紹介しているブログです。
「勉強できる私の買い付け」

プロフィール

【プロフィール】
〇名前 masa
〇年齢 40代
全くの素人から僅かな資金で株式投資を始めましたが、株式投資だけで生活できるようになりました。運用資金に対して少額分散投資と買値から1割減の損切りを徹底。「安くなれば買い、高くなれば売り、安くなるまで待つ」この単純な投資を繰り返しています。

Archives

相互リンク 五十音順

検索フォーム

ご注意

この株日記は、私の独断と偏見によって書いているものです。当ブログの運営は購読を目的としたものであり、投資顧問業ではありません。よって、具体的な売買の指示およびご案内は致しかねます。又、内容に関して正確性および安全性を保障するものではありませんのでご理解願います。当サイトをご利用のうえ、被ったいかなる損害についても「素人投資家の挑戦」管理人masaは一切の責任を負いませんので、ご了承下さいませ。