素人投資家の株日記 ダウ平均は34000ドルを超えると厚い壁素人投資家の株日記
素人投資家の株日記
投資歴は20年以上、株式投資だけで生活しています
11 | 2023/12 | 01
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

ダウ平均は34000ドルを超えると厚い壁
「米国株について」を朝の8時頃、「日本株について」を夕方に(1日2回)更新しています。

6月13日 火曜日

メールアドレスが「n」で始まる矢野様
ご連絡下さいませ。

米国株について
ダウ平均は189ドル高の34066ドルで取引終了。
小高いところで長く揉み合いますが、最後の1時間で少しだけ上げ幅を拡大。5日続伸。

日中足チャート
20230613d.gif

日足チャート
20230613d2.gif

〇主要3指数
ダウ平均 0.56%高
ナスダック 1.53%高
S&P500指数 0.93%高

〇ダウ構成銘柄
20銘柄が上昇、10銘柄が下落しました。
上昇率の高い順
インテル 5.5%高
ボーイング 2.0%高
シスコシステムズ 1.7%高
アップル 1.6%高
マイクロソフト 1.6%高

下落率の高い順
シェブロン 1.0%安
P&G 0.8%安
メルク 0.8%安
セールスフォース 0.8%安
アムジェン 0.6%安

〇ハイテク株高
ハイテク比率の高いナスダックが大幅高となり、高値を更新。4営業日前は、高値からの利益確定で大きく下げていましたが、そこから3日続伸。ハイテクへの買い意欲は強いままです。
業種別でも11業種のうち、情報技術が上昇率トップでした。

〇ダウ平均はジリ高で節目突破
5営業日ジリ高で、大きな節目で強い抵抗になる34000ドルを突破。本日は、34000ドルを上値としながら小高いところで揉み合っていましたが、最後の1時間で上抜けました。

〇34000ドルを超えると厚い壁
20230613d3.gif

過去1年間では、34000ドルを超えたあたりが天井圏。利益確定と戻り売りが多く出てきそうで、上値の壁になりそうです。

市場では、利上げ見送りの予想が高まっています。利上げ見送りで上値の壁を突破していくのか、再び下落に転じるのか予想するのが難しいところ。FOMCは13日と14日(結果の公表)の2日間。

〇目先の下値抵抗と上値抵抗
下値は33800ドルで、上値は34300ドルになると考えています。

私の売買を更新しています
勉強できる私の買い付け
タイトル・・・金融不安の中で買い付ける その3

----------------------------------------
niko.gif twitter
niko.gif メール
----------------------------------------

情報誌に掲載されました。未経験から株式投資を始めて20年以上。大昔は資金激減と半減を数えきれないほど繰り返しましたが、株式投資だけで生活できるようになりました。大失敗の経験を元に作成したホームページ「素人投資家の挑戦(情報誌での掲載内容もご紹介)」、私が売買した銘柄を公開している「勉強できる私の買い付け」こちらも、ご覧いただけると嬉しいです。 慎重かつ丁寧な投資を心掛けながら、資金を少しずつ増やし続けている実録です。

----------------------------------------

テーマ:投資日記 - ジャンル:株式・投資・マネー



私が作成したホームページ

私が作成したホームページ
「素人投資家の挑戦」

私の取引

こちらは、私の取引から勉強していただけると判断したものを、1ヶ月数銘柄(1週間に1銘柄程度)限定で紹介しているブログです。
「勉強できる私の買い付け」

プロフィール

【プロフィール】
〇名前 masa
〇年齢 40代
投資歴は20年以上。全くの素人から僅かな資金で株式投資を始めましたが、株式投資だけで生活できるようになりました。運用資金に対して少額分散投資と買値から1割減の損切りを徹底。初心を忘れず、楽しみながら続けています。

Archives

検索フォーム

ご注意

この株日記は、私の独断と偏見によって書いているものです。当ブログの運営は購読を目的としたものであり、投資顧問業ではありません。よって、具体的な売買の指示およびご案内は致しかねます。又、内容に関して正確性および安全性を保障するものではありませんのでご理解願います。当サイトをご利用のうえ、被ったいかなる損害についても「素人投資家の挑戦」管理人masaは一切の責任を負いませんので、ご了承下さいませ。