素人投資家の株日記 為替相場が乱高下!でも、それを逆手に取り株式投資へ利用することが大切。米国株はチャート上で正念場素人投資家の株日記
素人投資家の株日記
投資歴は20年以上、株式投資だけで生活しています
01 | 2024/02 | 03
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

為替相場が乱高下!でも、それを逆手に取り株式投資へ利用することが大切。米国株はチャート上で正念場
株日記は特別な事情がない限り平日の夕方5時頃に更新します ちな♪
株日記はブログに公開してからも訂正を加える時があります。全て完成してからホームページ「素人投資家の挑戦」内にあります新着情報にてお伝えしますので、そちらを先に確認されてからお読み下さいませ。
また「勉強できる私の買い付け」などの更新情報もホームページ上で行っておりますのでご確認下さいませ。

お知らせ

こちらの株日記が、月刊誌に掲載されました。
廣済堂出版
ネットマネー 08年7月号 ~ 今月の最強 株ブロガー

○ 掲載内容をご紹介 ⇒ こちら

青春出版社
BIG tomorrowビッグ・トゥモロウ 09年 5月号 (3月25日発売)
○ 掲載内容に少し誤りがありました ⇒ こちら
○ 掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

とても貴重な経験をさせていただき、感謝しております。
この場を借りて、お礼申し上げます。
----------------------------------------------------------------------------------------------

12月9日 水曜日

本日の日経平均は、前日比135円安の10004円となりました。
米国株は104円安の10285ドル。

「 米国株について 」
格付け会社がドバイの政府系企業6社を格下げしたことを受け、リスク回避の売りが先行。また、上値に対して慎重な姿勢をとる投資家が増えていることもあり取引開始直後から急落しました。一気に安値10249ドル(141ドル安)まで下落した後、お昼頃にかけて緩やかに上昇するのですが15時頃には行って来い。引けにかけて少し買い戻されていますが、100ドル超の大きな下げ幅になっています。

○ドバイショックは再燃しない
債務返済延期要請に端を発したドバイショックでしたが、原油で潤うアブダビが支援に乗り出すなど問題は沈静化しつつありました。そこへきて本日、ムーディーズがドバイの政府系企業6社を格下げ。これを受け、信用不安が広がり売り材料になってしまいました。ただ、債務返済延期要請の時点で格下げされる可能性が高いとされていた為、今回の格下げ発表に大きな驚きはないと思っています。言い換えると、「返済延期要請の時点で格下げを織り込む売りが噴出。相場は既に格下げを織込み済み」です。
このようなことから、格下げによるドバイショックは再燃しないと考えています。

○欧州市場は軒並み大幅安
ドバイへの融資比率が他国と比べて圧倒的に多い欧州では、格下げが大きな影響を及ぼしました。
イギリスが1.65%安
091208f.gif

フランスが1.43%安 
091208c.gif

ドイツが1.66%安
091209d.gif

欧州の下げは米国株へも波及しましたが、目先の影響は欧州だけに留まると考えています。

○リスク回避の動きが広がる?
緩やかながらも景気回復を示す指標が相次いだことで、リスク許容度が上昇。これによって株価は大きな上昇を続けてきたのですが(直近14営業日は揉み合っています)、大きく戻してきたことで売り出したい投資家も増えているはず。また、本日発表された格下げや年末商戦への不安などでリスク許容度が少し低下している状態。
このような環境を踏まえると、「リスク回避=確実なところで一旦売り」という動きが広がっても不思議ではありません。

(チャートで考えた場合)
日足チャート
061208d2

安値が10200ドルで高値が10500ドルの揉み合いが14日間続いてきたのですが、本日の下落で揉み合い下放れになる危険性が高くなってきました。安値では10200ドルですが、ローソク足の実体が10300ドルを下回ったことは一度もありません。10309ドルと10318ドルの2営業日が実体で見る最安値。 わずか15ドル(終値10285ドルなので10300ドルから15ドル)の下抜けですが、「実体が下抜けた影響」と連日書き続けています「10500ドルに控える売り圧力が大きいうえ、慎重な姿勢になっている投資家が増えているので上値は重い」と「リスク回避の動きが広がる」これらの予想を当てはめると少し注意が必要だと感じました。

但し、本日に限れば抵抗はまだ残っていると判断。
日中足のチャート
091208d3

こちらも書き続けてきましたように、10300ドルから10200ドルへかけて下値抵抗は強くなり一旦は上昇へ向かっています。また、高値をつけた後に下げてしまうのですが、急落するのではなく緩やかな下げになったうえ引けにかけてもう一度買い戻されているのでこちらも抵抗の強さを感じました。

目先の上値は10400ドル付近を予想。
実体で見た時のおよそ中央値となる10400ドル付近まで上昇すれば上出来。最悪でも10300ドルを回復すれば、揉み合い継続および10300ドルから10200ドルにかけての抵抗が再び強くなると考えています。

目先の下値は10200ドル付近を予想。
引き続き10300ドルから10200ドルにかけ抵抗が強くなると考えていますが、本日は「午前中の反発」「午後の緩やかな下げ」「引けにかけての買い戻し」の3ヵ所で抵抗を使っていますから、本日よりも抵抗力は低下していると判断。明日も下げるようだと揉み合い下放れの危険性がより高くなると思っています。
下値10200ドルを下抜けるようだと揉み合い下放れ。この場合、15日間揉み合っていますから見切り売りや失望売りが膨らんで下げに勢いがつくかもしれません。

明日は人気コンテンツ「勉強できる私の買い付け」の更新日 さとと-音符ブルー  
楽しみにお待ち下さいませ
じー !!
「勉強できる私の買い付け」とは
勉強していただけると判断した私の取引を、1ヶ月数銘柄(1週間に1銘柄程度)を限定で紹介しているブログです。
私からの配信を希望されていらっしゃる方へは、買い付けた当日に「目先の上値と下値予想」「買い付け理由」などをお伝えする他、相場が動き始めると「私の投資法~狙っている銘柄やセクターなど」も全てお伝えしています。ちなみに、上記しています「米国株について」は、特別な事情がない限り平日の朝8時30分前後に配信。(余談)買い付け後の配信なので買いを煽っているように見えるかもしれませんが、売買する銘柄のほとんどが東証1部の主力なので全く影響はありません。
「勉強できる私の買い付け」は ⇒ こちら
「配信についての詳しい説明」は ⇒ こちら


「 日本株について 」
欧米市場の下落および円高進行が売り材料となり、売り先行でのスタートになりました。取引開始早々一気に1万円(140円安)まで下げ幅を拡大させますが、1万円が下値抵抗となり下げ渋る展開に。ただ、上値も限られ前場は1万円と10050円の間で推移するボックス相場になりました。結局、前場は124円安の10015円で取引を終了。
後場に入ってからも終始安値圏で推移。後場の値幅はたったの30円程でした。
日中足チャート
091209n

○GDP大幅下方修正
内閣府が発表した7-9月期のGDP改定値は、前期比0.3%増(速報値1.2%増)年率換算1.3%増(速報値4.8%増)。
速報値と比べて前期比で0.9ポイント、年率換算で3.5ポイントという02年以来最大の大幅下方修正になりました。
(内訳)
個人消費 速報値0.7 ⇒ 改訂値0.9
住宅投資 ▲7.7 ⇒ ▲7.9
設備投資 1.6 ⇒ ▲2.8
政府消費 0.4 ⇒ ▲0.1
公共投資 ▲1.2 ⇒ ▲1.6
輸出   6.4 ⇒ 6.5
輸入   3.4 ⇒ 3.3
民間在庫 0.4 ⇒ 0.1
名目GDP  ▲0.1 ⇒ ▲0.9
(年率換算)▲0.3 ⇒ ▲3.4

設備投資の落ち込みが大きく影響。また、生活実感に近い名目GDPは0.9%減へ落ち込んでいる為、政府による「デフレ宣言」を裏付ける結果になっています。
この結果を受け、津村啓介政務官は「内需主導の景気回復が各方面へ波及しつつあると見ていたが、今回の数字を踏まえると若干再検証する必要がある」と会見で話されました。同時に、速報値から大きく誤差が出たことについては「統計の信頼性にかかわる為、細かく分析したい」とのこと。

過去(7-9月期)の数字ではありますが、下方修正の幅が現行統計開始以来最大になったインパクトは強く外国人投資家への影響も少なくないかもしれません。

○為替相場は行って来い
為替チャート
091209k.gif

この動きは間違いなく売り材料。
円安傾向で買われていただけに、こういった動きになると売りも多くなってしまいます。
ただ、こういった動きを株へ利用することも大切(とくに大きく動いている時は)なので、私は為替の動きを組み入れた投資法で進めています。今進めている投資法なのでここで詳しく書くことはできませんが、時が経てば「勉強できる買い付け」にて紹介できる時が来るかもしれません。

もちろん、今までの為替動向を見てから書いているのではありません。
私からの配信を希望されていらっしゃる方へは既にお伝え済み
ドバイショックで84円台突入。ここで円高一服 ⇒ 円安へ進み ⇒ 再び円高という流れを予想。90円を突破する円安は想定外でしたが、おおむね予想通りの展開です。

いつも書いていることですが、予想が当たり続けることはありませんし 今進めている投資法も成功するとは限りません。真面目にコツコツと進めているだけです

お忙しいところ申し訳ありませんが、お役に立てる内容だった時には以下 3つのランキング 全てにクリックをお願い致します。応援ボタンを1回押してもらうと1カウントされ、その合計数によってランキングの順位が決まります。
応援ボタン07.gif      にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ  kiss.gif
応援ボタンを押すとランキングサイトへ移動しますが、必要なければ閉じて下さい。




テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー



私が作成したホームページ

私が作成したホームページ
「素人投資家の挑戦」

私の取引

こちらは、私の取引から勉強していただけると判断したものを、1ヶ月数銘柄(1週間に1銘柄程度)限定で紹介しているブログです。
「勉強できる私の買い付け」

プロフィール

【プロフィール】
〇名前 masa
〇年齢 40代
投資歴は20年以上。全くの素人から僅かな資金で株式投資を始めましたが、株式投資だけで生活できるようになりました。運用資金に対して少額分散投資と買値から1割減の損切りを徹底。初心を忘れず、楽しみながら続けています。

Archives

検索フォーム

ご注意

この株日記は、私の独断と偏見によって書いているものです。当ブログの運営は購読を目的としたものであり、投資顧問業ではありません。よって、具体的な売買の指示およびご案内は致しかねます。又、内容に関して正確性および安全性を保障するものではありませんのでご理解願います。当サイトをご利用のうえ、被ったいかなる損害についても「素人投資家の挑戦」管理人masaは一切の責任を負いませんので、ご了承下さいませ。