素人投資家の株日記 日本・注視するところは無し。米国・FOMCはサプライズ無し。素人投資家の株日記
素人投資家の株日記
投資歴は20年以上、株式投資だけで生活しています
01 | 2024/02 | 03
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

日本・注視するところは無し。米国・FOMCはサプライズ無し。
株日記は特別な事情がない限り平日の夕方5時頃に更新します ちな♪
株日記はブログに公開してからも訂正を加える時があります。全て完成してからホームページ「素人投資家の挑戦」内にあります新着情報にてお伝えしますので、そちらを先に確認されてからお読み下さいませ。
また「勉強できる私の買い付け」などの更新情報もホームページ上で行っておりますのでご確認下さいませ。

お知らせ

こちらの株日記が、月刊誌に掲載されました。
廣済堂出版
ネットマネー 08年7月号 ~ 今月の最強 株ブロガー

○ 掲載内容をご紹介 ⇒ こちら

青春出版社
BIG tomorrowビッグ・トゥモロウ 09年 5月号 (3月25日発売)
○ 掲載内容に少し誤りがありました ⇒ こちら
○ 掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

とても貴重な経験をさせていただき、感謝しております。
この場を借りて、お礼申し上げます。
----------------------------------------------------------------------------------------------
12月17日 木曜日

本日の日経平均は、前日比13円安の10163円となりました。
米国株は10ドル安の10441ドル。

「 米国株について 」
小売業協会が発表したデータは少し失望されるも、住宅関連の指標が良かったことやFOMCの声明発表を控えていたこともあり10500ドル(50ドル高)を挟む揉み合いで推移しました。声明発表までの値幅は、わずか30ドル程度で様子見ムード。声明発表後は、わずかな値幅の乱高下を繰り返して安値10427ドル(25ドル安)まで下落しますが、残り30分で10ドル安まで下げ幅を縮小しています。
文章にすると大きく動いたように思えますが、実際のところあまり動いていません。

○住宅ローン申請指数は上昇
週間住宅ローン申請指数は前週比0.3%上昇して667.3になりました。
・新規購入に伴う申請指数は0.1%低下して241.2
・借り換えに伴う申請指数は0.9%上昇して3214
・30年固定金利は0.04ポイント上昇して4.92

○住宅着工件数も上昇
11月の住宅着工件数は前月比8.9%上昇して57万4000戸。
着工許可件数も6%上昇しています。

わずか0.3%の上昇ではありますが、前週に8.5%も上昇していたので上出来だと思いました。
景気を大きく左右する3本柱(住宅、雇用、消費)の一つが上昇し続けている状況は市場に安心感を与え続けています。

○FOMC声明
・金利は長期間低い水準を維持させる
・経済活動は上向いているが、引き続き弱い状況
・インフレは当分の間抑制される
・企業は引き続き人員削減しているが、そのペースは緩やかになりつつある
・労働市場の悪化は和らいでいる
・家計支出は緩やかに拡大しているが、依然抑えられている
・住宅市場は改善の兆し

声明を受けて10490ドルから10460ドルまで下落。その後、一旦10480ドルまで上昇した後に10440ドルまで下落。
発表後の30分間はこのように推移しました。
091217d

正確に見ると下落ですが、わずかな下げ幅なので「実質、影響は無かった」と考えています。予想していた通りの結果でした。
ただ、FOMCが10500ドル突破へ向けたキッカケになると考えていたところはハズレ。需給関係(10500ドル付近に控える売り圧力)と年末商戦への不安に押される格好となりました。

○FOMCのサプライズ無しで、年末商戦へ気持ちが向かう
全米小売業協会の調査では、早い時期から販売促進策(値引き等)を行っているにも関わらず、これまでに買い物を済ませた割合が過去5年間で最低になっているようです。
取引開始前に発表されていましたが、住宅関連の指標が良かったことやFOMCを前にしていたことで売られることなく推移。
しかし、声明にサプライズ(利上げの時期が早まるような内容など)がなかったことで安心感は広がったものの材料視されなかっただけに投資家の目線はすぐ年末商戦へ向かったようです。

ただ、先日の株日記でも書いていたことですが、年末にかけて値引きが一層大きくなるのでそれを待っている消費者も多くいるはず。よって、これから消費が急激に伸びる可能性も十分にあると思っていますので今の状況はそれほど気にしなくてよいと考えています。

○為替相場は、主要通貨に対してドルが全面高
声明発表後の為替相場
ドル/円
091217de.gif

ドル/ユーロ
091217dy.gif

ドル/ポンド
091217dp.gif

○欧州は銀行の新資本規制延期で上昇
こちらも書いていたことですが、規制の延期が買い材料となり銀行株を中心に上昇しています。
イギリスが0.7%高、フランスが1.1%高、ドイツが1.6%高。

(チャートで考えた場合)
FOMCは10500ドル突破のキッカケにならず。よって、目先は再び需給関係に強く影響を受けると考えています。
10500ドルを突破できずに上ヒゲの長い陰線。また、ボックス相場の上限で出現していますから目先は弱含み。

目先の上値と下値は変更しません。 上値が10500ドルで下値は10400ドルから10350ドルにかけて下値抵抗が強くなると思っています。

明日は人気コンテンツ「勉強できる私の買い付け」の更新日 さとと-音符ブルー  
楽しみにお待ち下さいませ
じー !!
「勉強できる私の買い付け」とは
勉強していただけると判断した私の取引を、1ヶ月数銘柄(1週間に1銘柄程度)を限定で紹介しているブログです。
私からの配信を希望されていらっしゃる方へは、買い付けた当日に「目先の上値と下値予想」「買い付け理由」などをお伝えする他、相場が動き始めると「私の投資法~狙っている銘柄やセクターなど」も全てお伝えしています。ちなみに、上記しています「米国株について」は、特別な事情がない限り平日の朝8時30分前後に配信。(余談)買い付け後の配信なので買いを煽っているように見えるかもしれませんが、売買する銘柄のほとんどが東証1部の主力なので全く影響はありません。
「勉強できる私の買い付け」は ⇒ こちら
「配信についての詳しい説明」は ⇒ こちら


「 日本株について 」
円安が買い材料となり買い優勢でのスタート。10時頃には高値10260円(83円高)まで上昇しますが、その後は上値が重くなり上げ幅縮小。前場は44円高の10221円で取引を終了しました。後場に入ると10200円(23円高)を下値抵抗とする安値揉み合いで推移しますが、最後にまとまった大口の売りが出てマイナス圏まで下落しています。

○本日の相場で注視するところは無し
FOMCはサプライズ無しで材料視されなかったうえ米国株はわずか10ドル安。日本株では銀行および不動産などが下げを主導したものの前日に急騰していた為、当然の動き。こちらもわずか13円安。値動きと相場環境を合わせて考えると、本日の相場で注視するところはないと判断しました。
いつも通り、深く考えなければいけない時に時間をかけ、そうでない時は自分の投資(監視銘柄の検証など)にゆっくり時間をかけたいと思っています。

お忙しいところ申し訳ありませんが、お役に立てる内容だった時には以下 3つのランキング 全てにクリックをお願い致します。応援ボタンを1回押してもらうと1カウントされ、その合計数によってランキングの順位が決まります。
応援ボタン07.gif      にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ  kiss.gif
応援ボタンを押すとランキングサイトへ移動しますが、必要なければ閉じて下さい。



テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー



私が作成したホームページ

私が作成したホームページ
「素人投資家の挑戦」

私の取引

こちらは、私の取引から勉強していただけると判断したものを、1ヶ月数銘柄(1週間に1銘柄程度)限定で紹介しているブログです。
「勉強できる私の買い付け」

プロフィール

【プロフィール】
〇名前 masa
〇年齢 40代
投資歴は20年以上。全くの素人から僅かな資金で株式投資を始めましたが、株式投資だけで生活できるようになりました。運用資金に対して少額分散投資と買値から1割減の損切りを徹底。初心を忘れず、楽しみながら続けています。

Archives

検索フォーム

ご注意

この株日記は、私の独断と偏見によって書いているものです。当ブログの運営は購読を目的としたものであり、投資顧問業ではありません。よって、具体的な売買の指示およびご案内は致しかねます。又、内容に関して正確性および安全性を保障するものではありませんのでご理解願います。当サイトをご利用のうえ、被ったいかなる損害についても「素人投資家の挑戦」管理人masaは一切の責任を負いませんので、ご了承下さいませ。