素人投資家の株日記
株式投資で生活できるようになりました
08 | 2018/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

トリプルショックで市場大混乱。大きな含み損を抱えていらっしゃる方へ
株日記は特別な事情がない限り平日の夕方5時頃に更新します ちな♪
株日記はブログに公開してからも訂正を加える時があります。全て完成してからホームページ「素人投資家の挑戦」内にあります新着情報にてお伝えしますので、そちらを先に確認されてからお読み下さいませ。
また「勉強できる私の買い付け」などの更新情報もホームページ上で行っておりますのでご確認下さいませ。

お知らせ

こちらの株日記が、月刊誌に掲載されました。
廣済堂出版
ネットマネー 08年7月号 ~ 今月の最強株ブロガー

○ 掲載内容をご紹介 ⇒ こちら

青春出版社
BIG tomorrowビッグ・トゥモロウ 09年 5月号 (3月25日発売)
○ 掲載内容に少し誤りがありました ⇒ こちら
○ 掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

とても貴重な経験をさせていただき、感謝しております。
この場を借りて、お礼申し上げます。
----------------------------------------------------------------------------------------------

2月5日 金曜日

本日の日経平均は、前日比298円安の10057円となりました。
米国株は268ドル安の10002ドル。

「米国株について」
バンカメショック!ガイトナーショック!ギブスショック!これらのトリプルショックで市場は大混乱。取引開始直後から急落すると30分ほどで10100ドル(170ドル安)まで下落。その後、下げの勢いは弱まったものの下落基調は変わらず少しずつ下げ幅を拡大し、引け間際では9998ドルをつけました。最後はなんとか1万ドルを回復していますが、下落率2.61%で下げ幅268ドルにもなってしまいました。
米国株 日中足チャート
100205dow.gif

○週間新規失業保険申請件数が増加
申請件数は前週から8000件増加して48万件になりました。減少を予想していた市場予想に反する結果は失望。ただ、本日においてはトリプルショックによる影響が大き過ぎ、この問題がどれほどの売り要因になっていたのかは分かりません。

○小売売上げは伸びる
国際ショッピング評議会が発表した1月の大手チェーン既存店(31社)売上高は、前年同月比3%の増加になりました。
評議会によると2月も3%の増加となり3ヶ月連続で前月を上回るとの見立て。
個人消費改善を示す今回の数値は普通なら好感されるところ、トリプルショックにより全く材料視されず。

○製造業受注指数は4ヶ月連続でプラス
12月の指数は1.0%となり市場予想の0.5%を大きく上回りましたが、こちらも材料視されず。

○バンカメショック!
バンク・オブ・アメリカの前CEOと前CFOがNY州司法長官から告発されました。
容疑は「救済を得る為の虚偽報告」
金融不安もようやく落ち着き始めたところへ、当時の問題に絡む虚偽報告の疑い。これが大きな売り材料になっています。

○ガイトナーショック!
ガイトナー財務長官が、「ヘッジファンド運用者に対して新たな税の導入を検討している」と発言。
税の導入は資金流出につながりかねないという懸念が一気に広がり、株式相場だけではなく原油や商品などからも資金引き揚げ(売り)になってしまいました。
オバマ大統領が提案した金融新規制案への不安に追い打ちをかける今回の税導入話。火に油を注ぐ格好になりました。

○ギブスショック!
ホワイトハウスのギブス報道官が、「予想していたより失業者が増えた可能性がある」と指摘。また、明日発表予定の雇用統計にも言及し、修正される可能性があると。
この発言により、明日発表される雇用統計への警戒感が膨らみ売りが殺到しています。ただ、お話された時は既に200ドル以上の下落になっていましたから、割安感から買い始めた投資家を押さえ込んだという感じでしょうか。
ISM製造業および非製造業における雇用状況、またADP雇用統計でも大幅に改善。こういった流れから雇用統計への期待が高まっていただけに、下方修正がチラついた今回のお話は大きな失望売りにつながってしまいました。昨日の株日記で指摘していた失望売りが、雇用統計の結果ではなく報道官によるお話で噴出。

(昨日の株日記で書いていたこと)
本日発表されたADP雇用統計がサプライズだっただけに、期待を裏切る数字になれば即売り材料です。
5日に発表される雇用統計では、非農業部門の雇用者数が12月の8万5000人減から一気に回復して5000人増になることが予想されています。
(コピーここまで)

○原油および商品価格も軒並み急落。
・原油価格は5%(3.8ドル)も下落して73.1ドル。
・金価格も4.4%下落(49ドル)下落して1063ドル。08年12月1日以来最大の下げ幅になっています。
・CRB指数は2.6%(6.9ポイント)下落して263.7。

○全面安
ダウ銘柄で上昇したのはシスコシステムズ1銘柄のみ。後は軒並み2%から3%の下げになっています。
中でも下げが突出しているのが金融。バンク・オブ・アメリカの前CEOと前CFOが告発された影響から同社は5%安、JPモルガンは4.8%安、シティ・グループが5.6%安、ゴールドマン・サックスが6.6%安、モルガンスタンレーが4.5%安になっています。セクター別でも金融が4.2%の下落になっており、告発による大きな影響が見て取れます。

・原油の急落で石油関連が大幅安
金融の下げに続き石油セクターが3.9%安になっています。
資金引き揚げで原油価格が5%も急落したことを受けてエクソンモービルが2.8%安、シェブロンが2.5%安になっています。

○欧州暴落!
・イギリス(FTSE)2.17%安。
日中足チャート
100205FTSE

・フランス(CAC)2.75%安。
日中足チャート
100205CAC.gif

・ドイツ(DAX)2.45%安。
日中足チャート
100205DAX.gif

構成銘柄の騰落状況
・イギリス(FTSE)値上がり銘柄数が5銘柄で、値下がり銘柄数が96銘柄
・フランス(CAC)値上がり銘柄数が0で、値下がり銘柄数が40銘柄
・ドイツ(DAX)値上がり銘柄数が0で、値下がり銘柄数が30銘柄
3市場共に全面安で大暴落。
下げてスタートするも1%程度の下げに留まり揉み合っていたのですが、米国株が急落してスタートすると一気に連れ安。下げ幅を拡大しました。

○VIX指数は急上昇
20.4%(4.48ポイント)も上昇して26.08ポイントになりました。恐怖心理たっぷりです。
日中足チャート
100205vix1.gif

VIX指数については、私が作成しているホームページ「素人投資家の挑戦」TOPページ中ほどにチャートと解説がありますのでご覧下さいませ。
ホームページはこちら ⇒ こちら
心理を示す指数なので指数自体で売買の材料になることはありませんが、感じとる意味では注視しておきたいところ。

(チャートで考えた場合)
ボックス相場下放れがダブルで起こる?
突入していた「11月中旬から12月中旬にかけて形成したボックス相場(壁)」を完全に下抜けると同時に、直近のボックス相場の下限を下回る水準で終了。ひょっとすると、ダブルの下抜けで売り圧力が強くなるかもしれないと考えています。
但し、これらの展開は今日1日で起こったことなので「オーバーシュート(行き過ぎた売り)」になっている可能性もありますから、下値予想はわずか2ドルしかありませんが1万ドルとします。正確には1万ドルを割り込んでも終値で回復という予想。上値は11月中旬から12月中旬にかけて形成したボックス相場の下限10200ドル付近を予想。


今週も「勉強できる私の買い付け」を更新しています さとと-音符ブルー  
「空売り」9連発!5連発!
から「買い付け」へ移行させた投資法・・解禁 第2弾
是非ご覧下さいませ
じー !!
「勉強できる私の買い付け」とは
勉強していただけると判断した私の取引を、1ヶ月数銘柄(1週間に1銘柄程度)を限定で紹介しているブログです。
私からの配信を希望されていらっしゃる方へは、買い付けた当日に「目先の上値と下値予想」「買い付け理由」などをお伝えする他、相場が動き始めると「私の投資法~狙っている銘柄やセクターなど」も全てお伝えしています。ちなみに、上記しています「米国株について」は、特別な事情がない限り平日の朝8時30分前後に配信。(余談)買い付け後の配信なので買いを煽っているように見えるかもしれませんが、売買する銘柄のほとんどが東証1部の主力なので全く影響はありません。
「勉強できる私の買い付け」は ⇒ こちら
「配信についての詳しい説明」は ⇒ こちら


「 日本株について 」
欧米の2%を超える急落と一気に円高へ進んだ影響で、寄り付きは窓を空ける急落。その後は前場および後場共に10100円(250円安)付近での揉み合いに終始しました。
日経平均 日中足チャート 100205j555.gif

為替チャート ドル/円
100205k.gif

急激な円高が起こりました。

まずは、昨日の株日記で書いていたことをご覧下さいませ
○上昇後の一服に注視するところは無し
日経平均 直近5営業日のチャート
100204j.gif

上昇後に一服するのは良くあることなので、深く検証する必要は無し。
問題は、ここから更に下げた時です。明日の下落を想定してローソク足を適当に描いてみると・・・
最後に陰線を加えたチャート
100204j2.gif

少しヒヤリとするチャート形成になりました

明日以降、上昇していけば言うこと無しですが・・・
下げることを願っているわけではありませんが・・・

下げた時は私の投資法 を少しだけ紹介するかもしれません。
「下げても怖くない状況を作り出す為に、私が一仕事したポイント」です。

昨日の株日記はここまで

次は、1月29日の株日記で書いていたことをご覧下さいませ
○目先の上下に振り回されない投資法で
「相場が強くなれば買いたくなり、逆に弱くなれば売りたい」これが普通の心理。
よって、水曜日の急落で売ってしまう。木曜日の急騰で底を打ったと判断して買ってしまう・・・こんな投資法になりがち
こんなふうに
100129j2

これだとまさに「安値で売って高値で買い」。相場格言にあります「飛びつく魚は釣られる・木を見て森を見ず・早耳の早倒れ」になってしまいますから、目先の上下に振り回されることなくドンと構えた投資法で進める方が良いと考えています。

もちろん、書いているだけではなく私は既に実践済み。
私からの配信を希望されていらっしゃる方へもお伝え済みです

○辛抱が明暗を分けたかも
個人投資家が買い付けてしまうポイントはここ
100129j

直近の下げを見れば「そんなところで買わないよ」と思われるかもしれませんが、普通の心理だと上記しています通り「相場が強くなれば買いたくなり、逆に弱くなれば売りたい」です。よって、赤い○の部分で買い付けてしまいがち。
・初旬のように底堅さが続くと先高感も強くなり買い付けてしまう。
・中旬のように底堅さが続く揉み合いから上昇すると、揉み合い上放れを期待(11000円突破を考え)して買い付けてしまう。
ここを辛抱できたかどうかで1月相場は明暗が分かれたと思います。

直近の株日記で少しだけ私の投資法(配信内容)を紹介していますので参照下さいませ。
1月22日の株日記は ⇒ こちら
1月25日の株日記は ⇒ こちら
1月26日の株日記は ⇒ こちら
1月27日の株日記は ⇒ こちら

1月29日に書いていた株日記は ここまで


ここから本日の株日記
まずは本日のローソク足
100205j5.gif
ブログ村 株式投資情報

昨日の株日記 で、「少しヒヤリとするチャート形成になりました」 このように書いていたのですが・・・
ヒヤリ どころか恐怖 のチャート形成になってしまいました。

でも、それは一般的な見方であり私は こんな感じ。何の驚きや恐怖もありません。
いつも書いていることですが、相場の流れや雰囲気を自分で変えることはできませんが、自分の流れや雰囲気は自分で変えたりつくり出したりできるのです。
(注)利益を出し続けているというお話ではありません。

上記した株価推移を総合すると、こんな推移になっています
100205j2


ポイントについては、上記しました1月29日の株日記を参照して下さい。
次のポイントこういったところでも底打ち感からの買い戻しを進めてしまいがち。
試し買い程度ならまだマシですが、底打ちしたと本腰を入れて買い進めてしまうと本日の急落で多めの含み損になってしまうかもしれません。

もし、で買い付けている場合・・・多くの含み損になる可能性が極めて高くなります。
私は全く手出しせず。

私が仕事をしたところは・・・ポイントからの間です。
この部分で投資法を十分に練り上げておくことが重要だと私は考えていました。
少し乱暴な言い方になりますが、ポイント ① ② ③ はどうでもよかったのです。

仕事は 待ち 買い付け 空売り
この3つのどれかですが、残念ながら今書くことはできません  そして・・・残念ながらここから先も書けません

もちろん、これらの投資法はここで書いているだけではありません。
私からの配信を希望されていらっしゃる方へお伝え済み
本日の朝 にも上記しています「米国株について」と「私の投資法」を、メールさせていただきました。

当り前のことですが、私の予想や投資法が成功し続けることはありません。
でも、地道にコツコツ進めることが資産形成につながる大切な方法だと思っています。

もしも・・・ もしも・・・
もしも
この株日記を読んで下さっている方の中で、ポイント ① ② ③ で買い付けてしまい大きな含み損を抱えられていらっしゃる場合

次回の投資からは、運用資産に対して少額投資を心がけて下さいませ。この ① ② ③ のポイントは利益を得たいと考える普通の心理で買い付けてしまうポイントです。利益を得る為に投資をするので矛盾した書き方になってしまうのですが、利益を得たいと思わない投資法にすることで冷静に相場環境やチャートを見ることができるようになりますから、ポイント ① ② ③ を回避できる確率が高くなると思います。

利益を得たい=儲かったと感じる金額」になりがちなので、自然と運用資産に対して多くの金額を投資してしまうことが少なくありません。この場合、相場環境やチャートの他に心理が大きく左右する為、冷静な判断ができなくなってしまいます。
○まだまだ下がる思って売れば途端に急騰。後で見ると「どうしてこんなに安いところで売ったのだろう・・・」
○まだまだ騰がると思って買えば途端に急落。後で見ると「どうしてこんなに高いところで買ったのだろう・・・」
これらがその1例です。
(注)もちろん、投資で失敗は付きものなのでこの2つが起こったからといって冷静な判断ができなかったとは限りません。

このように書いてきましたが、実は昔の私
自慢できる話ではありませんが、まさにこれのくり返しでした。
「運用資産に対して少額分散投資」これを忘れないようにして下さい。去年のお話ですが、雑誌の中で何度も書かせていただいた内容です。

お役に立てる内容だった時は、以下3つのランキング全てをクリックして下さいね。
応援ボタン07.gif      にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ  kiss.gif
応援ボタンを押すとランキングサイトへ移動しますが、必要なければ閉じて下さい。


テーマ:勝てない人におすすめ投資術 - ジャンル:株式・投資・マネー



ランキング

ランキングに参加しています。 クリックの数で順位が決まりますので、応援宜しくお願い致します。

私が作成したホームページ

私が作成したホームページ
「素人投資家の挑戦」

私の取引

こちらは、私の取引から勉強していただけると判断したものを、1ヶ月数銘柄(1週間に1銘柄程度)限定で紹介しているブログです。
「勉強できる私の買い付け」

これまでの道

私は、株式投資に対し全くの素人でした。
そして大の勉強嫌いで、自慢出来る学歴も経歴もありません。その私が株式投資で利益を出し続けている実録です。

全くの素人から投資をスタートさせました。
50万円を元手に始めたものの、利益よりも損失が膨らむ一方で資金は激減。あまりのショックに投資を止めていた時期がありました。
順調に資金が増えた時もあったのですが、「勝ちが続くと調子に乗って大勝負」「負けると一発で取り返そうと大勝負」こんなことを何度も繰り返してしまった為、3歩進んで4歩下がるようなことが続いてしまいました。負ける度に反省するのですが、また同じことを繰り返してしまうのです。
その結果、塩漬け株ばかりとなり力尽きてしまいました。

資金が半減、激減した時・・・忘れもしません。
食欲がなくなり、食べても味がしません。仕事にも影響が出ていたうえに、毎日が損損損という気持ちばかりで楽しいことが全くありません。土日は休場なので本来はゆっくりできるはずなのに、株価が動かないことで逆にストレスが溜まってしまい・・・ 表現できないほど辛い日が続いていました。

時が流れ~
心機一転もう一度頑張ってみようと思い、塩漬け株を全て損切り。再スタートさせました。
大勝負で大失敗して資金半減や激減を数え切れないほど多く経験してきましたが、50万円 ⇒ 100万円 ⇒ 500万円 ⇒ 1000万円 ⇒ ???と、少しずつではありますが確実 に資金は増えることになりました。
投資を始めた頃は1銘柄に数万円のミニ株投資でしたが、今では1銘柄に数百万円の分散投資ができるようになったのです。

FC2

Archives

証券会社の広告

ご注意

この株日記は、私の独断と偏見によって書いているものです。当ブログの運営は購読を目的としたものであり、投資顧問業ではありません。よって、具体的な売買の指示およびご案内は致しかねます。又、内容に関して正確性および安全性を保障するものではありませんのでご理解願います。当サイトをご利用のうえ、被ったいかなる損害についても「素人投資家の挑戦」管理人masaは一切の責任を負いませんので、ご了承下さいませ。

相互リンク

検索フォーム