素人投資家の株日記 日本株とドル円相場の下落は当然の調整。明日の動きで判断。素人投資家の株日記
素人投資家の株日記
投資歴は20年以上、株式投資だけで生活しています
02 | 2024/03 | 04
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

日本株とドル円相場の下落は当然の調整。明日の動きで判断。
株日記は特別な事情がない限り平日の夕方5時頃に更新します ちな♪
株日記はブログに公開してからも訂正を加える時があります。全て完成してからホームページ「素人投資家の挑戦」内にあります新着情報にてお伝えしますので、そちらを先に確認されてからお読み下さいませ。
また「勉強できる私の買い付け」などの更新情報もホームページ上で行っておりますのでご確認下さいませ。

お知らせ

こちらの株日記が、月刊誌に掲載されました。
廣済堂出版
ネットマネー 08年7月号 ~ 今月の最強株ブロガー

○ 掲載内容をご紹介 ⇒ こちら

青春出版社
BIG tomorrowビッグ・トゥモロウ 09年 5月号 (3月25日発売)
○ 掲載内容に少し誤りがありました ⇒ こちら
○ 掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

とても貴重な経験をさせていただき、感謝しております。
この場を借りて、お礼申し上げます。
----------------------------------------------------------------------------------------------
お知らせ
メールアドレスがmncで始まる村松様、ogatで始まる小川様、cieで始まる中根様
メールを送らせていただいたのですが、エラーメッセージが送り返されてきました。
お忙しいところ申し訳ありませんが、一度ご連絡下さいませ。

4月6日 火曜日

本日の日経平均は、前日比56円安の11282円になりました。
米国株は46ドル高の10973ドル。

「米国株について」
良好な経済指標が買い材料となり取引開始直後から一気に急上昇。11時頃には高値となる10988ドル(61ドル高)まで上げ幅を拡大しますが、11000ドルを前に利益確定売りが膨らむと緩やかな右肩下がりになりました。しかし大きく売り込まれることはなく、10970ドル付近で揉み合いながら取引を終了しています。

米国株 日中足チャート
100406d254.gif

○雇用統計が好感される
前週末の米国市場は休場でしたが、雇用統計の発表がありました。
3月の非農業部門雇用者数は前月比16万2000人増になりました。これは市場予想の18万4000人増を少し下回っていますが、増加幅は2007年3月以来3年ぶりの大きさ。また、金融関連が2万1000人減った以外は全業種で増加しているので悪い印象は全くありません。

○中古住宅販売保留指数は上昇
2月の指数は前月比8.2%上昇して97.6になりました。前月比変わらずとする市場予想を大きく上回る好結果。
中古住宅販売は3ヶ月連続で下落していた為、先行指標の保留指数上昇は販売低下に歯止めがかかる期待へつながっています。

○ISM非製造業景気指数
3月の指数は前月より2.4ポイント上昇して55.4になりました。市場予想の54.0を上回る好結果。また、3ヶ月連続で上昇すると同時に、景気拡大と縮小の分岐点になる50も3カ月連続で上回ったことで非製造業の改善を確実視する見方が広がったようです。 項目別でみると、新規受注が7.3ポイント上昇の62.3で新規輸出受注も10.5ポイント上昇の57.5と大きく伸びたほか、伸び率は小さかったものの毎月確実に伸び続けている雇用は安心感を誘いました。新規受注の62.3は2005年8月以来の高水準。

○原油価格の上昇が続く
強い経済指標を受け、景気回復に伴う原油の需要増が買い材料となりました。
2%近く上昇して86ドルを突破。
インフレ懸念が強まっていれば原油価格上昇は悪材料。でも今はそういった心配がありませんので、価格上昇は株式相場の押し上げ要因になっています。

○弱点無しか
中古住宅販売の低下が心配されていると本日の保留指数上昇で不安後退。雇用統計は期待を裏切らない結果。その他、さまざまな指標は改善を示し、原油価格上昇も追い風。こんな好条件目白押し状態は滅多にありませんし気味悪いくらいですが、世界中を震撼させた100年に1度の金融危機後ですからそれくらい良いことが起こっても贅沢な話ではないかもしれません。

(チャートで考えた場合)
11000ドルまであと一歩(高値10988ドル)になりました。本日は上値を抑えられていますが、揉み合い上放れになったとすれば11000ドル到達は時間の問題かもしれません。また、長く揉み合ってきただけに上放れすると上昇に弾みがつく可能性もあると考えています。

米国株 日足チャート
100406d222
aicon_219[1] 投資情報

2営業日前は陰線になったうえ懸念材料として取り上げていた5日線割れ。しかし、翌日には懸念を払拭する陽線。そして本日は5日線が下値抵抗となり11000ドルまであと一歩のところまで上昇しました。強い相場を印象付ける結果になっています。

今週の勉強できる私の買い付けについて

タイトルは・・・
2月の日経平均底値予想ドンピシャ!
そこで買い付けた銘柄は
 (6***)*****
今は秘密
4月に入っていますので本来なら2月下旬から3月上旬にかけて買い付けたものを紹介するのですが(1ヵ月遅れを紹介するため)、ほとんど買いつけていないので2月上旬に買い付けた銘柄の紹介がしばらく続きます。
3月はご存じのとおり凄まじい上昇になりましたので、2月上旬に買い付けた銘柄の利益確定および含み益を伸ばすことに集中。その期間はほとんど買いつけていなかったのです。いつも通り「下げれば買って、騰がれば売る」この基本を守りました。

楽しみにお待ち下さいませ じー !!

「勉強できる私の買い付け」とは
勉強していただけると判断した私の取引を、1ヶ月数銘柄(1週間に1銘柄程度)を限定で紹介しているブログです。
私からの配信を希望されていらっしゃる方へは、買い付けた当日に「目先の上値と下値予想」「買い付け理由」などをお伝えする他、相場が動き始めると「私の投資法~狙っている銘柄やセクターなど」も全てお伝えしています。ちなみに、上記しています「米国株について」は、特別な事情がない限り平日の朝8時30分前後に配信。(余談)買い付け後の配信なので買いを煽っているように見えるかもしれませんが、売買する銘柄のほとんどが東証1部の主力なので全く影響はありません。
「勉強できる私の買い付け」は hand02[1]  こちら
「配信についての詳しい説明」は hand02[1]  こちら


「 日本株について 」
米国株高を受けるも買い一服。小幅プラスで寄り付いた後は10時頃にかけて右肩下がりになってしまいました。前場は11250円(89円安)が下値抵抗となり46円安で取引終了。後場はしばらく揉み合いますが、14時過ぎに安値11217(122円安)まで下げ幅を拡大するところがありました。しかし、安値を付けた後は引けにかけて大きく買い戻され56円安になっています。

日経平均 日中足チャート
100406j125.gif

○当然の調整
日経平均 日足チャート
100406j225

本日の下落について深く考える必要はないと思っています。
これだけ上昇してきたのですから、利益確定が膨らんでも不思議ではありませんし当然の調整だと考えています。

○為替も当然の調整
ドル円チャート
100406k111
aicon_219[1] 投資情報

この調整が株式市場への売り要因になりましたが・・・
今までの推移を見ると
100406k222

これほど急激な円安になっていれば、当然の調整。

当然の下落なので注視するところはありません。
明日の動きを見て判断すれば良いと思っています。

お役に立てる内容だった時は、以下3つのランキング全てをクリックして下さいね。
応援ボタン07.gif      にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ  kiss.gif
応援ボタンを押すとランキングサイトへ移動しますが、必要なければ閉じて下さい。


テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー



私が作成したホームページ

私が作成したホームページ
「素人投資家の挑戦」

私の取引

こちらは、私の取引から勉強していただけると判断したものを、1ヶ月数銘柄(1週間に1銘柄程度)限定で紹介しているブログです。
「勉強できる私の買い付け」

プロフィール

【プロフィール】
〇名前 masa
〇年齢 40代
投資歴は20年以上。全くの素人から僅かな資金で株式投資を始めましたが、株式投資だけで生活できるようになりました。運用資金に対して少額分散投資と買値から1割減の損切りを徹底。初心を忘れず、楽しみながら続けています。

Archives

検索フォーム

ご注意

この株日記は、私の独断と偏見によって書いているものです。当ブログの運営は購読を目的としたものであり、投資顧問業ではありません。よって、具体的な売買の指示およびご案内は致しかねます。又、内容に関して正確性および安全性を保障するものではありませんのでご理解願います。当サイトをご利用のうえ、被ったいかなる損害についても「素人投資家の挑戦」管理人masaは一切の責任を負いませんので、ご了承下さいませ。