素人投資家の株日記
株式投資で生活できるようになりました
08 | 2019/09 | 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

日本・4月相場振り返り~今のところ値幅小さく利益得にくい展開
株日記は特別な事情がない限り平日の夕方5時頃に更新します ちな♪
株日記はブログに公開してからも訂正を加える時があります。全て完成してからホームページ「素人投資家の挑戦」内にあります新着情報にてお伝えしますので、そちらを先に確認されてからお読み下さいませ。
また「勉強できる私の買い付け」などの更新情報もホームページ上で行っておりますのでご確認下さいませ。

お知らせ

こちらの株日記が、月刊誌に掲載されました。
廣済堂出版
ネットマネー 08年7月号 ~ 今月の最強株ブロガー

○ 掲載内容をご紹介 ⇒ こちら

青春出版社
BIG tomorrowビッグ・トゥモロウ 09年 5月号 (3月25日発売)
○ 掲載内容に少し誤りがありました ⇒ こちら
○ 掲載内容の一部をご紹介 ⇒ こちら

とても貴重な経験をさせていただき、感謝しております。
この場を借りて、お礼申し上げます。
----------------------------------------------------------------------------------------------
4月23日 金曜日

本日の日経平均は前日比34円安の10914円になりました。
米国株は9ドル高の11134ドル。

「米国株について」
利益確定売りに押され急落してスタートしました。取引開始直後に安値11016ドル(108ドル)を付けた後は買い戻され60ドルほど下げ幅を縮小させますが、お昼前には再び安値まで下落する往って来い。ところが、お昼を過ぎた頃から強含み始めると、13時頃には大口の買いが連発して一気に11100ドル(24ドル安)まで回復しました。その後も堅調に推移し、残り1時間のところからは再び大口の買いが連発。小幅高で取引を終了しています。

米国株 日中足チャート
100423d22.gif

○午前中の下げはギリシャ問題
欧州連合統計局がギリシャの財政赤字を拡大修正。また格付け会社のムーディーズがギリシャ国債の格付けを引き下げたことも急落への引き金になったようです。
ただ・・・後の急回復が示すように「問題自体は大きくなく、利益確定売りのキッカケ」になったと考えています。
実は、昨日の海外勢による日本株売り(クレディがケタ違いに叩き売り)から何か悪い材料でも出るのではないかという嫌な予感が少しありました。
ここから先は経験則として取り入れてはならないお話になりますが、私が感じていた部分なので書かせていただこうと思います。

日本株は21日に189円高となりましたが、これは海外勢による大きな買い戻しが要因で株日記でも指摘していました。
昨日の株日記をコピーここから
最も大きく影響したのは海外勢の押し目買いだと考えています。
先日まで大幅に売り越してきた大口投資家(クレディなど)が一斉に買い戻したことが、凄まじい上げ幅につながったと考えています。
(注)上記している海外の売り越し買い越しとは、株日記で毎朝更新している「寄り付き前の外国証券経由売買動向」を参考にしているものではありません。寄り付き前の外国証券経由売買動向は成り行きだけではなく指値も入っている為、買いが多くても実際に約定されるとは限りません。当然、取引前に指値を変更したり注文を取り消されることもありますから、この数字だけで買いが続いているとか売りが続いていると判断するのは危険です。
(知識)この売買動向は東証などが発表しているのではなく、市場関係者(証券会社のつながりなど)によるヒアリングがもとですから確実な数字ではありません。また8時までの集計ですから、寄り付きまでの1時間で注文内容が大きく変化することもあります。当然ですが、誰がどの銘柄にどれだけ注文しているかは分かりません。
コピーここまで

クレディなど・・・とも書いていたのですが、昨日はそのクレディが日本株を叩き売り。これが大きく影響して140円安になっていました。実は(推測で書き始めるとキリがないので、昨日は指摘していなかったのですが)このクレディの動きが少し気味悪く感じていました。というのも、ケタ違いに日本株を一人売りした後、あのゴールドマンショックとも言える「米証券取引委員会(SEC)がゴールドマンを提訴」が起こったからです。

提訴される前後の株価推移はこうでした。
16日の米国株は21ドル高、日本株は171円安
ゴールドマンを提訴
19日の米国株125ドル安、日本株194円安

日米の株価が同じように動くとは限りませんし、そういった見方をするのは少し乱暴かもしれません。ただ、16日の米国21ドル高に対して日本株171円安(海外勢の叩き売り)は普段感じない嫌な予感がしていたのです。相場が動かない時に使われる「仕掛けの売買」なら安心できるのですが、今は乱高下しているため仕掛ける必要はないはずです。何かあるのでは?そんなことも考えていました。

ゴールドマン提訴が漏れていたのか?一部がその情報を掴んだのか?もしくは全くの偶然だったのかもしれませんが、いずれにせよ今回の日本株叩き売りは「売った後に悪材料噴出」という経験則を感じさせるものでした。
そして・・・「欧州連合統計局がギリシャの財政赤字を拡大修正」と「格付け会社のムーディーズがギリシャ国債の格付けを引き下げ」という悪材料噴出です。嫌な予感は的中しました。

私からの配信を希望されていらっしゃる方へ
上記した「普段感じない嫌な予感」については予感を書き始めるとキリがないので指摘していなかったのですが、16日と翌営業日の19日に配信させていただいた「私の投資法」その他についてはアタリ。予感通り週末の米国株は100ドル超の大幅安で週明けの日本株も200円近い急落になりました。予感は書いていませんでしたが、予感を「私の投資法」にしっかりと組み入れていたので良しとして下されば幸いです。

・注意
先に書いた事と重複しますが、海外勢の売買だけを見て投資法に取り入れるのはとても危険です。
こういった投資法はテクニカル分析などと同じで「過去の経験則」に過ぎません。私の場合、海外勢の動きを注視しますが、今回のような「日本株を売ったから米国も売られる」といった単純な見方はせず、いろいろな状況を踏まえて大きく捉えるようにしています。

○中古住宅販売件数は上昇
3月の中古住宅販売件数は前月比6.8%増となり535万戸になりました。これは市場予想の528万戸を上回るものでしたが、今月末で期限切れとなる住宅税控除による駆け込み需要だと冷静に受け止められたようです。ギリシャ問題をキッカケとする利益確定に押されてしまい、この指数がどれほど材料になったのかは全く分かりません。

○オバマ大統領の演説は材料視されず
ニューヨークでオバマ大統領が金融関係者を含む聴衆を前に演説。金融関係者を相手としているだけに新金融規制案について何かお話されるかもしれないという不安はあったものの、具体的なお話はなく材料視されず。

(チャートで考えた場合)
凄まじい回復となった相場が示すとおり、下ヒゲがすごく長い足になりました。最近は11000ドルと11200の間で推移する揉み合いになっていますが、上限に近づいていることを考えると上抜け期待も少し出始めているような気がしました。但し相場に期待は禁物。明日にでも一転して下限へ近づけば下抜け懸念も膨らみます。


昨日「勉強できる私の買い付け」を更新しています

タイトルは・・・好業績銘柄の押し目買い

4月に入っていますので本来なら2月下旬から3月上旬にかけて買い付けたものを紹介するのですが(1ヵ月遅れを紹介するため)ほとんど買いつけていないので2月上旬に買い付けた銘柄の紹介がしばらく続きます。 3月はご存じのとおり凄まじい上昇になりましたので、2月上旬に買い付けた銘柄の利益確定および含み益を伸ばすことに集中。その期間はほとんど買いつけていなかったのです。いつも通り「下げれば買って、騰がれば売る」この基本を守りました。

是非ご覧下さいませ じー !!

「勉強できる私の買い付け」とは
勉強していただけると判断した私の取引を、1ヶ月数銘柄(1週間に1銘柄程度)を限定で紹介しているブログです。
私からの配信を希望されていらっしゃる方へは、買い付けた当日に「目先の上値と下値予想」「買い付け理由」などをお伝えする他、相場が動き始めると「私の投資法~狙っている銘柄やセクターなど」も全てお伝えしています。ちなみに、上記しています「米国株について」は平日の朝8時頃に配信。(余談)買い付け後の配信なので買いを煽っているように見えるかもしれませんが、売買する銘柄のほとんどが東証1部の主力なので全く影響はありません。
「勉強できる私の買い付け」は hand02[1]  こちら
「配信についての詳しい説明」は hand02[1]  こちら


「 日本株について 」
取引開始直後は売りに押されるも早々にV字回復。ところが、前日値を上回る水準まで上昇すると今度は一転売り込まれてしまい往って来い。前引けは34円安と下げ幅こそ大きくありませんでしたが、乱高下する荒れた展開。後場は一段安で始まると、一時は安値10865円(84円安)まで売り込まれるところがありました。その後すぐに回復しますが、上値は重く10900円付近で揉み合う展開に終始しています。

日経平均 日中足チャート
100423j112.gif

続いて、4月1日からの推移をご覧下さい
100423j555

4月1日から15日までの高値は11300円付近で安値が11200円付近。
15日までの値幅はたったの100円しかありません。
ワンチャンスになった5日の高値では10400円に到達していますが、それでも200円の上げ幅。正確には、高値が10400円で終値は10339円ですから高値で売れて200円の値幅。終値だと130円の値幅。

次にドンと下げて、4月19日から本日23日までの値幅はわずか50円程しかありません。
ワンチャンスになった21日は11100円まで到達していますが、こちらも200円の上げ幅程度。

ワンチャンスの前に買ってワンチャンスの高値で売る・・・これなら利益は出るかもしれませんが、たったこれだけの値幅で利益を得るのはとても難しいと思っています。逆に15日までの揉み合いで買い進めていれば、300円から400円下げているので大損する可能性が高くなります。

こんな時は利益を得ようとしてチョロチョロ動くよりも、ドンと構えた投資が大切。
騰がれば下がり~下がれば騰がる~こんなことが繰り返し起こると利益が得にくくなる為、あっちの株サイトをウロウロ~こっちの株サイトをウロウロ~。何か利益が得られそうな銘柄はないか?何が勢いあるのか?そんなふうに動きまわっても大きな流れは上記した値幅が示すとおりとても緩やかなのです。もちろん、動きまわるのも一つの投資法ですから否定するつもりは全くありませんが、下手に動きまわると得てして勝率を悪くするのも事実。

たまには私の投資を少しご紹介
4月は「負けない投資法」を優勢させたので利益は出せていません。
コツコツと利益を積み重ねているところへドカンと負ければ利益はパーになりますが、負けなかったりコツンと負ける程度なら確実に資産は少しずつ増えていくのです。相場が大きく上下したり上昇を続けているのに利益を出せなければ反省ですけど、こんな展開で利益が出せなくても何とも思いません。むしろ、負けない投資法で進めていますから納得しているくらい。

利益は出ていないと書いていますが・・・成功するとは限りませんが、ガッチリと決めた投資法で進めています。
常に勝負できる相場はありませんから、勝ちにいく時は勝負する 勝てない時は待つ このメリハリが大切だと思っています。

それ以上の「私の投資法」は・・・今は秘密です

お役に立てる内容だった時は、以下3つのランキング全てをクリックして下さいね。
応援ボタン07.gif      にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ  kiss.gif
応援ボタンを押すとランキングサイトへ移動しますが、必要なければ閉じて下さい。


テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー



私が作成したホームページ

私が作成したホームページ
「素人投資家の挑戦」

私の取引

こちらは、私の取引から勉強していただけると判断したものを、1ヶ月数銘柄(1週間に1銘柄程度)限定で紹介しているブログです。
「勉強できる私の買い付け」

プロフィール

【プロフィール】
〇名前 masa
〇年齢 40代
全くの素人から僅かな資金で株式投資を始めましたが、株式投資だけで生活できるようになりました。運用資金に対して少額分散投資と買値から1割減の損切りを徹底。「安くなれば買い、高くなれば売り、安くなるまで待つ」この単純な投資を繰り返しています。

Archives

相互リンク 五十音順

検索フォーム

ご注意

この株日記は、私の独断と偏見によって書いているものです。当ブログの運営は購読を目的としたものであり、投資顧問業ではありません。よって、具体的な売買の指示およびご案内は致しかねます。又、内容に関して正確性および安全性を保障するものではありませんのでご理解願います。当サイトをご利用のうえ、被ったいかなる損害についても「素人投資家の挑戦」管理人masaは一切の責任を負いませんので、ご了承下さいませ。